SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  律「唯!」唯「むぎ!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「唯!」唯「むぎ!」#前編 【ホラー】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249400084/

律「唯!」唯「むぎ!」#前編
律「唯!」唯「むぎ!」#後編




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:44:19.07 ID:Wd07VaTXO

律「え…ムギ、悪いけど私が好きなのはさっき言った通り唯なんだ」

唯「…私が好きなのはムギちゃんだよりっちゃん!聞いてたでしょ?」

紬「唯ちゃん///…でも私はこの通り、りっちゃんの事が…」

律「三角関係かよ!」

澪「」





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:05:32.94 ID:Wd07VaTXO

唯「え~っ、ムギちゃんなんでりっちゃんが好きなの?私のこといつもかわいいって…」

紬「唯ちゃんはあくまで観察対象って感じなの…ごめんね」

律「だってよ唯、諦めて私とねんごろになろうぜ!」

紬「りっちゃんこそ…どうしたら振り向いてくれるの?」

律「私さあ、ダメなんだ」

紬「え?」

律「太眉」

紬「」

唯「ひ…ひどい!ムギちゃんのチャームポイントを!っ…りっちゃんのデコッ!」

律「!! ゆ、唯…そんなこと言わないでくれよ~…分かったよ前髪おろすよぉ;;」

澪「」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:19:17.33 ID:Wd07VaTXO

澪『前髪をおろした君も見てみたい』

澪(…律ぅ~っ…なんで唯なんかの為におろすんだよぉ…うう…)

紬「な、なら私も眉毛剃るわ!眉毛剃る!大事なことだから二回言ったわ!」

唯「えっ!だめだよムギちゃん、剃っちゃやだあ…ぇうぅ…」

律「ゆ、唯… おいムギっ、唯が泣いちゃうだろ!剃るなよ!剃ったら120%ムギは無し!」

紬「うっ…そ、そんな、りっちゃん…りっちゃんの嫌いな太眉のままでいろっていうの…うう…」

澪「お…お前らいい加減にしろ!練習するぞ!」

律唯紬「!?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:32:56.08 ID:Wd07VaTXO

律唯紬「………」ヒソヒソ

澪「な、なんだよ」

唯「み、澪ちゃん居たんだ…気付いてた?」ヒソヒソ

紬「いえ全然…私達の分しかお茶出してませんし…」ヒソヒソ

律「あっちゃ~…今の全部見られてたのかな…恥ずかしいぞ…」ヒソヒソ

澪「……」

澪「ち、ちなみに私は律が好きだ!(うわ~っ///言っちゃったぞ///キャーッ)」

律「練習しようぜ」

唯「うん!ぎゅい~ん♪栄養補給かんりょ~!」

紬「あらあら唯ちゃんたら♪ふふっ」

澪「えっ」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 04:38:02.76 ID:Wd07VaTXO

律「おい、何してんだ澪。練習するんだから早く準備しろよー」

唯「そうだよ澪ちゃん、せっかくこっちがやる気出してるのに~」

澪「…なん…なんだよ…ぐぅ~っ…」ブルブル

ガチャ

澪「!!」

梓「遅くなりましたー …ってなんですかこの空気」

唯「やっほーあずにゃん!あのね」

澪「わ、私がいじめられていたんだッ!」

律唯紬「!?」

梓「は?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 04:49:27.45 ID:Wd07VaTXO

梓「あのすいません、ちょっと何言ってるのか…」

澪「梓!信じてくれないのか!?」ズイッ

梓「ま、まずは詳しい話を聞いてみないことには…(近っ…こわ)」ヒクヒク

律「ていうか誰がいじめてたんだ?」

唯「え~、私知らないよー」

紬「…あっ!もしかしてさっき私が澪ちゃんに気付かないでお茶出しそびれたから…」

律「なんだよそれー、澪心せめ~っ」

唯「アハハ澪ちゃん食い意地まじん!はは」

紬「ごめんね澪ちゃん…」

梓「なんだ、そんなことですか…澪先輩、意外と子供ですね」

澪「」ブルブルブル



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:04:18.81 ID:Wd07VaTXO

梓「まぁとりあえず解決ってことで…何か律先輩達も珍しくやる気出てるみたいですし、早速」

唯「れんしゅうだ~!」

紬「はい♪澪ちゃん、お茶は次の休憩でね♪」

律「よっしゃー行くぞ!ワン、ツー」カッカッ

澪「違うだろッ!もっとちゃんとしたいじめだったろ!」バン!

律唯紬梓「!?」

梓「ち、ちゃんとしたいじめ って…何ですかそれ(意味不明過ぎ…)」

律「おい澪、次の休憩までお茶我慢できないのかよ…」

唯「澪ちゃんこわぃ…」

澪「…む、無視!…しただろ…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:12:02.79 ID:Wd07VaTXO

律「は?いやだからお茶はムギが気付かなかったからって謝ったろ…」

澪「ち、違う!それじゃない!」

紬「?じゃあ…えっと… …他になにかあったかしら」

唯「わかんな~い」

梓「何を無視されたんですか?」

澪「えッ!?ぁの…いやっその……ぇと…///」カアァ

律「なんだよ澪。もったいつけずに言えよ。人のこといじめよばわりしといて」

澪「わ…私の事無視して練習するぞって言った…」

唯「え?だって澪ちゃんが」

律「そうだぞお前が練習するぞって怒鳴ったからじゃん、無視してないぞ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:20:08.61 ID:Wd07VaTXO

澪「ち!ちがぅ…そのあとの…」モジモジ

律「え?唯なんか聞いたか?」

唯「ううん、ムギちゃんは~?」

紬「わ、私も何も…」

澪「うっ 嘘つくな!聞こえてたは…はず…」

梓「ええと…なんて言ったんですか?」

澪「ゎ…私は律が好きだっ……て、言った…///」カアァ

梓「は?」

律「そ、そうだったのか…聞こえてなくてごめん…」

梓「ていうかそのタイミングで何なんですかその発言は」

澪「じ、実は律達が…」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:26:24.08 ID:Wd07VaTXO

澪「…というわけなんだ…」

律(やっぱ聞かれてたのかはずかち~っ)

唯「あれだよっ、恋はもくもく?ていうの?私達この三角関係の事で頭いっぱいで…」

梓「盲目、ですね。それで聞こえなかった感じですか」

梓(っていうか何それ…唯先輩は私の事が好きだったんじゃないの…!?)

澪「……」

律「み、澪ごめんな~」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:34:00.68 ID:Wd07VaTXO

紬「確かに私達ちょっと白熱しすぎちゃってたわね…澪ちゃんごめんね」

唯「ムギちゃんが私の気持ちに応えてくれてればすむ話だったんだよ~、もー」

梓「(ムッ)ゆ、唯先輩!先輩はいつからムギ先輩に乗り換えたんですか?」ズイッ

唯「えっ?の、乗り換えって…あずにゃん人聞きが悪いよ、私最初からムギちゃん一筋なのに…」

梓「!?!?」ピキッ

梓「な、なんですかそれ!あれだけ過剰に私にスキンシップとって…
  あずにゃん大好きって…全部遊びだったんですかッ!?」

唯「わっ あ、あずにゃん…こわいよ…」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:42:53.60 ID:Wd07VaTXO

梓「答えてッ!」バンッ

唯「ひぃっ」

唯「…あ、あずにゃんは…なんていうか……
  部活の間の代理憂っていうか…その…あのぅ…」ガクブル

梓「なっ…」

梓(だ、代理憂って…何それッ…!)ブルブル

唯「うぅ…あずにゃんこわい…」

律「梓!唯怯えさせるな、許さないぞ!」

律「…っていうかお前も唯好きだったのかよ。絶対に渡さないからな」

梓「なっ…や、やってやるです!」バチバチ

紬「りっちゃん!私の事忘れないで!りっちゃんが振り向くまで諦めないから!」

澪「」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 05:52:31.51 ID:Wd07VaTXO

澪(やばいまた私一人だけ…なんとか入らないと)

澪「り、律好きだ!」

唯「ムギちゃん太眉の良さが分からないりっちゃんなんかにいつまでも構わないでよ、私を見て!」

律「ゆ、唯っ…」

澪「り、律、わた」

梓「ププ。『なんか』呼ばわり」

律「!?あずさァっ!」

澪「」

紬「りっちゃあああん」

澪「わ、わた…あの、律…わたし…わっ…」

澪「わひゃあああぁああッッッ!!!!」

律唯紬梓「!!??」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 06:21:19.09 ID:Wd07VaTXO

律「あ…澪ごめん、えっと…お、お茶か?ムギ」

紬「はっ はい今煎れるわ!ごめんね澪ちゃ」

澪「好きだって言ってるだろッ!律ぅッ!!!」

澪「私は律の事なら何でも知ってるんだぞ!今朝は何時何分何秒に起床して家出たか
  学校まで何歩かかったか朝昼夜何食べたか何回噛んだかその日の身長体重誤差ミリ刻みで把握してるし
  デコの面積下着の色などは言うに及ばずッ!!!」

律「」

澪「足音どころかウンコの臭いデコと大気の摩擦音1km先のデコの反射光でだって律と気付けるんだ!」

律「」

澪「好きなんだッ!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 06:36:23.33 ID:Wd07VaTXO

律「み…みお…」

澪「届いたか!私の気持ち!!」

律「………ォエ」ビチャビチャ

澪「はあああああああ!!?」

唯「あわわあわあわ」

紬「み、澪ちゃん落ち着いて!今お茶を…」コポコポ

紬「はい、レモンティー…」

澪「うるさいッ!」バッ

紬「きゃっ!」

ガチャーン

澪「あ」

紬「…お気に入りの…ティーカップ…」ジワッ

澪「」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 06:42:49.16 ID:Wd07VaTXO

唯「むぎちゃんっ… …澪ちゃんひどい!むぎちゃんに謝って!」

梓「そうですよ!何黙ってるんですか!最低ですよ!」

澪「」

律「ぅォエェ…はぁはぁ…ぅぷ」ビチャベチャ

澪「」

紬「い、いのよ唯ちゃん…また買えばいいから…」

唯「…そういう問題じゃないよ!澪ちゃん早く謝ってよ!」

梓「ほんとです!見損ないました!」

澪「」

澪「あう」

澪「あが」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 07:06:44.07 ID:Wd07VaTXO

澪「りつ」

律「ひっ!」ビクッ

律「…かー…!」ボソッ

澪「えっ」

律「ストーカーっ!」

澪「な、何言ってるんだ はは」

律「ストーカーっ!!」

澪「」

唯「なんで謝らないの澪ちゃんっ!むぎちゃんがいいって言っても私は…!」

梓「こんな先輩を尊敬してたなんて私…!」

紬「りっちゃん…大丈夫…?」

律「あぅ…むぎ…ぁあう…」

澪「」

澪「帰る」

ガチャ バタン



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 07:34:23.78 ID:Wd07VaTXO

唯「……」プルプル

梓「……」

律「ぅ…ハァハァ…」

紬「りっちゃん…」サスサス

梓「今日はもう帰りましょうか…」

紬「そ、そうね…りっちゃん立てる?」

律「ぅう……うん…」

唯「……」カチャカチャ

紬「あ、いいわよ唯ちゃん私が片付けるから…」

唯「ううん、私やる…りっちゃんみててあげて…」

梓「先輩、手伝います」カチャカチャ

紬「唯ちゃん…」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 07:44:56.97 ID:Wd07VaTXO

澪「…」スタスタ

?「あれ?澪姉!」

澪「…?」

聡「やっぱり澪姉だ」

澪「聡…」

聡「部活帰り?だよね…今日は姉ちゃん一緒じゃないの?」

澪「」ピク

聡「ということは…久しぶりに澪姉と二人で喋れるのか~///照れるなあ」

聡「姉ちゃんいるといっつも茶化されたりとかしてちゃんと話せないもんねー全くあのデコ…」

澪「…だよ」

聡「えっ?何?」

澪「なんでお前律の弟なんだよ」

聡「」

澪「私の方が律の近くに居るべきなのに」

聡「み、澪ね…」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 07:58:28.76 ID:Wd07VaTXO

澪「あやまれ」

聡「な、なにを…」

澪「律の弟に生まれてきてすいませんってあやまれ」

聡「何言ってるんだよ澪ね…」

バシッ

聡「いた!」

澪「あやまれ」バシバシ

聡「いッ やめっ 澪ね…いたっ!」

紬「大丈夫りっちゃん?もう少しよ…」

律「うぅ…ありがとうムギ…ぅっ、まだ吐き気が…」

紬「あら?あれは…」

律「え? ……!!」

澪「あやまれッてっ!言ってるダロっ!」ドカッ

聡「ひ…!もっ…やめ…」

律「聡ッ!!…澪ぉ~っ…!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 08:07:41.79 ID:Wd07VaTXO

澪「私の代わりに律の家族に生まれてしまってごめんなさいってあやまれッ!」ブンッ

聡「ひぃいいごめんなさ…」

律「やめろこのっ!聡から離れろ!」

澪「!!? 律…!と…ムギ…」

聡「わあああっ姉ちゃ~ん!うわ~ん」ダダッ

律「聡…大丈夫か…」ギュウ

聡「うう…姉ちゃ…うぅう~っ」

澪「律…そいつ、お前のことデコなんて言ったんだ、だから」

律「やめろ!近寄るなッ!」

澪「」

紬「……」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 08:17:10.01 ID:Wd07VaTXO

澪「うぐ」

律「…」キッ

澪「あぐ」

律「…」

澪「う…うわああーッッッ!!」タッタッタッ…

律「…聡、帰ろう」

聡「う゛ん゛…ぇぐ…」

律「ありがとなムギ、もう大丈夫」

紬「そう…それじゃまた明日…」

律「ああ。ホントありがとな」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 08:31:27.50 ID:Wd07VaTXO

・ ・ ・

唯「あずにゃん無理に付き合ってくれなくて良かったのに…悪いよ」

梓「いえそんな。私が勝手についてきてるだけです。
  …それに先輩の手持ちだけじゃ絶対買えませんよ、そのカップ」

唯「えへへ、そうかも…面目ないでごわす///」

唯「えぇと…どこにあるんだろぉ」キョロキョロ

梓「店員さんにその破片見せた方が早くないですか?」

唯「そうだね!あずにゃん頭いい☆」ナデナデ

梓「やっ やめてください(幸せ…///)」

唯「店員さ~ん!」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 08:45:12.07 ID:Wd07VaTXO

唯「これなんですけど…」

店員「申し訳ありません、こちら当店では扱っておりませんね」

梓(そりゃドンキにはないよ)

唯「あう…あの、こういうの詳しいお店ってこのあたりにありますか?」

店員「えぇと…というかこれ、エインズレイの廃盤品かと…」

唯「?」

梓「手に入りにくいってことですよ」

唯「あぅ…そうなんだ…どうしよぅ…」

梓「…(唯先輩が壊したんじゃないのに…)」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 13:51:32.76 ID:Wd07VaTXO

店員「ありがとうございました~」

唯「よーし!同じの買うのは無理だったけど、これで…」

梓「せ、先輩!あの、お茶していきませんか?」

唯「えっ う~ん…そだねぇ、まだ晩御飯まで時間あるし」

梓「(やった!)私ちょっと行ってみたいお店あって…」

唯「え~どこどこ?えへへ楽しみ!」キャッキャッ

・ ・ ・

律「……」

聡「姉ちゃん、ご飯だって…」

律「……(い、今も見られてるのか?)」キョロキョロ

聡「姉ちゃ~ん…」

律(と、盗聴機とか…カメラとか)キョロキョロ



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 14:03:15.33 ID:Wd07VaTXO

律(私がこうしてる様子も全部見られてるのか…)

律「み…澪ぉっ…!」

律「聞こえてンだろっ…わかってんだからな!…ここかっ!?」バッ

律「こっちか!!」ガタンッ

律「ハァハァ…ばーか!たこなす!みそかつやろーっ!」

部屋中のいたる方向に中指をつきたてる律

聡「ね…姉ちゃ~ん…うう…どうしちゃったんだよ…澪姉も…」パタン



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 14:27:52.54 ID:xw4t0RiRO

澪「あ゛ー…」ダラン

澪「なんでこんなことに…」

澪「私か?私が悪いのか?あ゛う゛…」

澪母「澪~、ご飯よ」

澪「…いらない」

澪(りつ…今日の晩御飯何なのかな)

澪(何でも知ってるなんて変な嘘言って…ただムギなんかより
  私の方が律の事想ってるって分かって欲しかっただけなんだ)

澪(どうしてこうなっちゃったんだ私…うう)



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 14:46:45.54 ID:xw4t0RiRO

梓「じゃあ私ここで」

唯「うん。あずにゃん今日はありがとね」ナデナデ

梓「明日…部活ありますよね…」

唯「大丈夫だよ!澪ちゃんともちゃんと話して…皆と仲直りしてもらうもん」

梓「そ、そうですよね!」

唯「だから私は今日これ…頑張るね!」ガサッ

梓「はい!手伝ってあげられなくてすいません…」

唯「いいよお。じゃあね~」

梓「また明日」

唯「ありがとー!」

梓「先輩…///」




律「唯!」唯「むぎ!」 より
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249459878/




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:32:49.63 ID:oNbBPLgcO

唯「ただ~いまっ」ガチャ

憂「おかえり~お姉ちゃん。もうご飯出来るよ~」

唯「ほ~い」

・ ・ ・

唯「モグモグ…ングッ」カッチャカッチャ

唯「ごひほうはま!ういおいひかったよ、ングっ ぷあ」ガタン

唯「ど、どうしたのお姉ちゃん食べるのはや~いぃ」

唯「うん!じゃ私部屋行くね」

憂「テレビみないの?やすきよだよ」

唯「うっ! …い、いい!」タタタ

ガチャ バタン

唯「よ~し!」ガサガサ

唯「むむ…どこからやろう…ぅ~」

憂(何してるんだろお姉ちゃん)ジーッ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:48:59.82 ID:oNbBPLgcO

澪「…そういえばムギにも謝ってないし…」

澪「い、今から電話… …する気にもならないし、明日学校行ってから謝ろう…」

澪「今日はつかれた…」ドサリ



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:42:47.05 ID:oNbBPLgcO

・ ・ ・

憂「おね~ちゃ~ん、朝だよ」キィ…

憂「あっ… …机で寝てる…」

憂「おねえちゃ~ん」ユサユサ

唯「ばぅっ!!」ガバ

唯「あっ朝だ遅刻だー!!」

憂「まだ大丈夫だよ~、ちゃんと時計見て…朝ご飯もう出来てるよ」

唯「ほんとだ!た、たすかった!」

憂「ふふ(かわいいお姉ちゃん!)下行ってるねー」

唯「ほいほー」

唯(皆今日ちゃんと来るかなあ…あずにゃんにはあんなこと言ったけど不安だよぅ)



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:53:53.36 ID:oNbBPLgcO

キーンコーンカーンコーン

唯(……りっちゃん来てない…)

唯「あっ、ムギちゃん!おはい~す」

紬「あらおはよう唯ちゃん」

唯「…りっちゃん来てないね…」キョロキョロ

紬「そうね…(りっちゃん…大丈夫じゃないじゃない…)」

唯「遅刻かなあ」

紬「…実は昨日、りっちゃんを送っていった時にね…」

唯「…そ、そうなんだ、澪ちゃんが…」

唯「澪ちゃんは来てるのかな」

紬「さあ…」

唯「後で和ちゃんに聞いてみよ」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:01:48.97 ID:oNbBPLgcO

生徒「真鍋さん、友達が呼んでるよ」

和「あら、唯?何かしら…入ってくればいいのに」ツカツカ

唯「のどかちゃ~ん」

和「どうしたの唯。まだ1限目終わったばかりじゃない」

唯「え、えと…澪ちゃん来てるのかなって」キョロキョロ

和「澪?来てないわよ」

唯「そ、そっか来てないんだ…か、風邪でもひいたのかなあ~」

和「うーん、学校には何も連絡なかったみたいだけど…唯あなた何か知ってるの?」

唯「えっ」

和「だっていきなり来て澪の事聞いて」

唯「し、しらないよ!じゃあねありがと!」ソソクサ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:09:37.93 ID:oNbBPLgcO

紬「おかえり唯ちゃん、どうだった?」

唯「きてなかった…」

紬「そ、そう…」

唯「………」

紬「きっと部活には皆来るわよ。ね?唯ちゃん」

唯「うん…」

・ ・ ・

唯「ふぅ」

紬「唯ちゃんおかわりいる?」

唯「いいや…」

梓「…来ませんね、二人とも…」

唯「う、ごめんねあずにゃん…」

梓「そんな、なんで唯先輩が謝るんですか
 (唯先輩まで悲しませて…律先輩はともかく、澪先輩…!)」

梓「そういえばムギ先輩、あれから澪先輩からは何か?」

紬「何も…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:16:34.66 ID:oNbBPLgcO

・ ・ ・

澪「うう、結局学校休んでしまったぞ…どうしよう」

澪「もう部活始まってるなあ。皆来てるのかな…」

澪「時間が経つほど謝りにくくなっちゃうぞ…とりあえずムギには謝ろう」

ピッピッ

『ムギ 携帯』

澪「…なんか話辛いな…」

ピ ピ

澪「メールにしとこ…会った時に改めてちゃんと謝ろ」

澪「と、り、あ、え、ず、…ごめん っと」ピッ

澪「ふううう~っ… …寝よ」ドサッ



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:25:10.39 ID:oNbBPLgcO

・ ・ ・

梓「何も?電話の一つもですか」

紬「え、ええ…あら」ピロリロリン♪

紬「メールだわ。澪ちゃんから」

唯「ほんと!?」

梓「なんです?」

紬「待ってね…」ピ

『とりあえず、ごめん』

唯「」

梓「な、なんですか、これっ…言うに事欠いて『とりあえず』て…しかもメールで謝罪…」プルプル

紬「い、いいのよ^^;澪ちゃんほら…えと…澪ちゃんだから^^;」

梓「良くないですよ。なんでそんな良い人なんですか」

紬「ほんとにもう怒ってないのよ…カップも唯ちゃんが一生懸命直してくれたし」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:34:28.05 ID:oNbBPLgcO

紬の手には、接ぎ痕だらけの所々欠けのあるカップが握られていた。

唯「ぅう…ごめんねムギちゃん、もっときれいに直そうって頑張ったんだけど…」

唯「頑張りたりなかったよおおぅうっ…ぇう」

紬「その気持ちだけで十分過ぎるわよ唯ちゃん…ありがとうね」ナデナデ

唯「ほあぁ…///」

梓「」ピク

梓(し、幸せそうな顔っ。くそぅ)

梓「り 律先輩は!?どうしたんでしょう」

紬「あぁ…あのね」

梓「…なるほど…それじゃ仕方ないかもしれませんね…」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:42:11.78 ID:oNbBPLgcO

梓「じゃあどうしましょう。今日は待ってても二人とも来ませんね」

紬「そうね…終わりにしましょうか」

唯「うっ うん…」

梓「律先輩の様子、見に行きます?」

紬「そうしようか。唯ちゃんも行こ?りっちゃん励ましてあげて」

唯「えっ あれ以上禿げ増したら大変だよ~」

紬「」プルプル

梓「あはは何言ってるんですか先輩!プハハ!プーックスクス」

唯「え」

梓紬「」

唯「…」

紬「い、行きましょう」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:46:07.87 ID:oNbBPLgcO

・ ・ ・

和「結局休みだったわね、澪…」

和「何かあったのかしら。あの唯の様子からみるとそう考えるのが自然よね」

和「…家、寄ってみようかしら…」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:05:30.17 ID:oNbBPLgcO

紬「ここ?」

唯「うん!ごめんく~ださいっ」ピンポン



ガチャ

聡「…はい…」

唯「ほぁ!?(お、男の子だ!)」

紬「お、弟さん…かしら」

梓「デコ的にそれっぽいですね」

聡「あの…皆さんは…」

紬「あ、ごめんなさい。私達律さんの友人で…軽音部の…」

聡「そ、そうですか!姉ちゃんに会いに来てくれたんですか、ありがとうございます!ど、どうぞ」

唯「んん?」

梓「なんか…やばそうですね…」

紬「だ、大丈夫よ。お邪魔しま~す」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:17:22.72 ID:oNbBPLgcO

聡「姉ちゃんの部屋は二階です…」ギッ ギッ

梓「既に空気重くないですか…」

唯「さ、さむひ」

紬「だっ大丈夫、大丈夫(よね…)」

聡「姉ちゃん…軽音部の人達が来てくれたよ…」コンコン

シーン

聡「…」

紬「りっちゃん!ムギです。唯ちゃんに梓ちゃんも居るの。澪ちゃんはいないから安心して…」



紬「あ、開けるね?…」ギィッ

梓「暗っ」

紬「電気…これかな」パチ



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:30:33.84 ID:oNbBPLgcO

唯「ひっ!」ガサッ

梓「」

紬「りっちゃん!」

聡「う…うぅ」

律の部屋は家具がひっかき回され物が散乱し凄惨たる有様だった。
だがそれ以上に唯達の目をひいたのは…

梓「なんですかこれは…」

貼り紙。部屋中にされている。
壁はもちろん、天井や床にまで…びっしりと隙間無く。

そしてそれら一枚一枚に

『気付いてるぞ澪』
『見るな卑怯者』
『気持ち悪いんだよ、死ね』

等々のメッセージが書き殴られていた。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:48:16.37 ID:oNbBPLgcO

紬「りっちゃんは…」

律の姿は見当たらない。
ベッドの上に毛布のかたまりがあったが…
それが毛布にくるまった律であろうことは確かだったが、
三人は異様な雰囲気にのまれ立ち尽くすばかり。

紬「り…りっちゃん…」

ムギは意を決し歩を進める。

紬「……顔、見せて…」

毛布の端を摘むと、恐る恐る持ち上げる。

律「……ぅ…」

憔悴しきり、生気を失った律の顔がそこにあった。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 19:57:56.14 ID:oNbBPLgcO

律「むぎ…か…」

紬「りっちゃん…ここまで…」

律の顔を見て唯達も駆け寄る

唯「りっちゃあああん…ぇうぅ…」

梓「律先輩…デコが濁ってますよ…」

律「お前ら…気をつけろ、澪に監視されてるぞ…」

紬「大丈夫よ、りっちゃん。そんなの考え過ぎよ…」

唯「そ…そうだよ~…出ておいでよぉ…デコ磨いてあげるよっ…うう」

梓(そうかな)

律「…ううう…」モゾモゾ

律「…だ、だめだ…こわい…」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:10:41.07 ID:oNbBPLgcO

紬「とりあえずここを出ましょう」

唯「そうだよ!そうしよう」

梓「まずは学校に戻れるようにしましょう」

紬「りっちゃん、うちに来ない?」

律「え…」

唯「」ピクリ

紬「落ち着くまでうちから学校に通いましょう…その間にうちの者にりっちゃんの家調べさせるわ」

紬「盗聴機やカメラの類…無いとは思うけど…そうすれば安心出来るよね」

律「う、うん…」

紬「ね。じゃあ出よう」

律「うう」ズリズリ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:23:51.76 ID:oNbBPLgcO

紬「じゃあ…えっと」

聡「あ、聡です。姉ちゃんをよろしくお願いします」

紬「分かったわ聡くん。ご両親にもよろしくね」

紬「行こう、りっちゃん。二人ともまた明日」

唯「うん、また…」

梓「またです」

唯「……」

梓「大丈夫ですか?」

唯「えっ」

梓「…何もいいませんでしたね。ムギさんが律さんを家に呼んだのに」

唯「あ、あ~…今はこれが皆にとって一番いいんだよ…だからこれでいいんだあ」

梓「優しいですね」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:31:36.93 ID:oNbBPLgcO

唯「へへ、あずにゃんも心配してくれて優しいよ~」ナデナデ

梓「先輩の影響です」キリ

唯「あずにゃ…」

梓「好きです。先輩」

唯(あぅ…)

唯「あ、もうこんな時間!憂が心配しちゃう!じゃ、じゃあねあずにゃんまた明日!」タッタッタ

梓「……ふぅ」

・ ・ ・

和「澪の家…ここね」

ピンポン

澪母「はい…あら」

和「あ、私澪さんの友人で、真鍋といいます。澪さんいますか?」

澪母「ええ…どうぞ上がって」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:40:36.11 ID:oNbBPLgcO

澪母「澪~?お友達よー」

澪「律っ!?」ダダダ

和「はい。澪」

澪「あっ 和…か」

和「何よその反応…嫌だった?今日学校休んでたから気になって」

澪「う、ううん!部屋で話そ!」

ガチャ

澪「そ、それでえ~と…」

和「最近学校で何かあった?…軽音部、とか」

澪「え!?な、なんで?ははっ…」アセアセ

和「どうみても体調不良じゃなさそうだし…それに今日唯がね」

澪「ゆ」ピクリ

和「(……)私のところ来て、澪来てるか聞いてきたのよ」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:49:25.14 ID:oNbBPLgcO

澪「そ、それで…」

和「それだけなんだけど…なんか妙にソワソワしてたのよね」

澪「ほ、他に何か聞かれたりとか…」

和「何も言ってなかったわ。私も澪が何で休んでるか心当たりあるのかって聞いたんだけど…」

澪「けど?」

和「何も知らないって慌てて帰ってったわ」

澪(唯…まだ怒ってるのかやっぱり… …で、でもムギにメールで謝ったし)

澪「そ、その後は?和、軽音部に顔出したりとか…した?」

和「唯とは今日はそれだけよ」

澪「う…そうか…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 22:00:08.33 ID:oNbBPLgcO

和「唯達と何かあったの?」

澪「何も!何もないよ!…私今日あれなんだよ…えと…感染性の胃炎だって医者に言われてさ」

澪「明日も1日様子見ろって言われてるから…明日も休むんだ」

和「え、そうだったの」

澪「あ、ああ!部活でお茶した時のお菓子に当たったのかなー…」

和「ああ。それで唯は何か言ってなかったかって?」

澪「そ、そうなんだ!(そこまで考えてなかった…丁度いいや)」

澪「でさ…私休むしお菓子余るだろうから…和、軽音部でお茶したらどうだ?」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 22:09:16.87 ID:oNbBPLgcO

和「でも…私生徒会の仕事が」

澪「ちょっとぐらいなら大丈夫だろ?唯喜ぶぞ!」

和「そうね…最近唯と遊んだりしてなかったし…行ってみようかしら」

澪「でしょ!あ、あとで皆の様子聞かせてね!」

和「ええ。澪の事もちゃんと言っておくわ」

澪「いやっ 私の事はいいよ!ムギとかもしかしたら自分のせいかもって気にするかもしれないし!」

和「そう?ならいいけど…あ、私そろそろ行くわね」

澪「ああ、今日はありがとな!」

ガチャ

澪「ふぅ…しばらくは和に様子探ってもらおうかな…」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 22:12:25.88 ID:oNbBPLgcO

澪母「あら、お帰り?」

和「はい、お邪魔しました」

和「あ。澪さん胃炎おだいじに」

澪母「え?」

和「…いえ、なんでも…それでは」ガチャリ

和(やっぱり。…ふ~む…)



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 01:52:45.14 ID:eKV+ouP7O

キーンコーンカーンコーン…

唯(りっちゃんきてない…)キョロキョロ

紬「唯ちゃんおはよう」

唯「あっ!おはようムギちゃん!」

唯「…りっちゃんは?」

紬「まだ来たくないって…うちに居るわ」

唯「そっか…ムギちゃんついててあげれば良かったのに」

紬「私まで休んだら唯ちゃん心配しちゃうでしょ?」

唯「それはぁ…そうだけど~」

唯「澪ちゃんは来てるのかなあー うぅ」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:02:28.68 ID:eKV+ouP7O

・ ・ ・

唯「今日も三人だね…」

梓(でも澪先輩が来たところでどうするんだろ)ズズ

紬「そうねえ…唯ちゃんおかわりは」

ガチャリ

唯紬梓「!!」

唯(澪ちゃ…)

和「こんにちは」

唯「あっ。のどかちゃーん!」

和「ちょっと遊びに来てみたわ。いいかしら?」

唯「へへ おいでおいで~♪いいよねムギちゃ~ん」

紬「ええ、もちろん。このままじゃお菓子も余っちゃうもの」

唯「和ちゃんここ座って!ここ!」ポンポン

和「ふふ…はいはい」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:13:43.25 ID:eKV+ouP7O

和「今日は三人だけ?」

梓「あ…そうみたいです」

和「そうなの…澪が休みなのは知ってたけど」

梓「あ、澪先輩と同じクラス…なんですよね」

和「それもあるけど…昨日会った時に」

唯紬梓「」ピクリ

和「…今日も休む、て言ってたから(反応したわね)」

紬「……」

梓(澪先輩…和先輩使って探りでも入れようってハラかしら…相変わらず…)

唯「の、和ちゃん澪ちゃんに会ったの?」

和「ええ。無駄欠席だったし気になったから」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:23:11.67 ID:eKV+ouP7O

唯「……」モグモグ

梓「……」カチャ ズズー

紬「……」

和「聞かないの?澪の事」

唯「えっ!」カチャン「あっ あぅう」

和「何動揺してるのよ、唯」

梓(…澪先輩は何を喋ったんだろ)カチャカチャ


和「やっぱり何か隠してるでしょ、あなたたち」

紬「え、えっとね、あのね」

和「澪の事…部活ぐるみでいじめてるんじゃないの!?」

唯紬梓「え゛」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 02:33:51.08 ID:eKV+ouP7O

・ ・ ・

澪「……」ソワソワ

澪「部活始まってる時間だよ…和行ってるのかなあ」ソワソワ

澪「やっぱり自分で行けば良かったかも…ああー何かどんどん行き辛くなっちゃうぞ…」ピピ

澪「む…ムギからは何も返信ないな…あれから…」

澪「やっぱり直接謝らないとだめか~…う…」

キリキリ

澪「い、胃が痛む…明日でいっか…はは…」

澪「…和来るまで寝よ」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 04:22:41.00 ID:eKV+ouP7O

紬「い…いじめ…?」

唯「私達が、澪ちゃんを?」

梓(澪先輩…和先輩にどんな空気入れたんですかっ…!)

和「澪、特に体調が悪くて休んだ様子じゃなかったし」

和「唯が澪の事聞きに私の所に来たって言ったら妙に落ち着きなかったわ」

和「軽音部の様子探って欲しそうにしてて…自分の事は何も言わないでくれってお願いされた」

和「まさか唯が…あなた達がそんな事しないとは思ったけど、澪の話題出したら妙に動揺してるじゃない」

和「どうなの!?唯!」バンッ



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 04:36:00.22 ID:eKV+ouP7O

唯「えっえっ そんなっ」

和「そういえば律も休んでるのよね?
  あの二人は幼馴染みだし…律がいじめられてる澪をかばって、それで律まで…」

梓「な な なんでそうなるんですか!大体は全部澪先輩の…」

紬「梓ちゃんっ!」

梓「!?」

紬「(ヒソッ)確かに澪ちゃんが悪いけど…
  これで事実を喋ったら澪ちゃん、完全に味方がいなくなっちゃうわ」

紬「これ以上澪ちゃん追い詰めたら…何しでかすか…(ヒソヒソ)」

梓「…かっ…」プルプル

紬「えっ」

梓「関係ないですッその時は私がやってやるですッ!!」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 04:44:46.57 ID:eKV+ouP7O

唯「あずにゃ…」

梓「唯先輩悔しくないんですかッ!?ムカつかないんですか!
  幼馴染みで親友の和先輩に…自分を疑わせるような真似されてッ」

唯「で、でもまだわざとってわけじゃ…」

梓「わざとに決まってるですッ当然ですッッッ!!澪せ…秋山先輩は!そういう人ですッ!」ダンッダンッ

和「ちょ ちょ…な、何…どういうこと…えっ…」

梓「和先輩は利用されたんです!本当の悪は秋山澪なんですーッ!!」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 04:55:02.92 ID:eKV+ouP7O

澪「ペクチッ!」ズズ…

澪「グズ… な、なんか気になって眠れない…」

澪「和…うう、早く来ないかなあ…話聞きたいよ」

澪「そ、そうだ!もしかしたら和の事だからある程度感付いてて…
  うまく私のこと取り繕ってくれてるかも?」

澪「それで明日になったらみんな元通り!へへ、和って気が利くもんな!あるかも!へへへ…」

澪「もしそうなったら和にお茶でもおごって…唯もついてくるかな!それでそれで…」

澪「あは、楽しくなってきたぞー!ベースでも弾くか」

澪「あ、部室に置きっぱか…ふー」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 07:13:20.46 ID:eKV+ouP7O

和「…それっ…本当なの…?」

梓「本当ですッ!秋山澪はクズっ!クズカスなんですよッ!!」ハァハァ

紬「あ、梓ちゃん落ち着いて…そんな汚い言葉… …でも本当よ。澪ちゃんのせいでりっちゃんは」

和「そんなまさか、澪が…昨日話した感じだととても…こんなにも深刻な問題の核であるようには…」

梓「あの人にはその程度の認識なんじゃないですかっ、単純なことですよ」

唯「あずにゃ…言い過ぎじゃ…」

梓「言い過ぎも何も!ストーカーなんてどこかしら頭がおかしいものですよッ!」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 07:58:54.08 ID:eKV+ouP7O

和「…そ、そろそろ行くわ…まだ生徒会の仕事残ってるし…」フラッ

唯「あ、のどかちゃ…」

バタン

梓「フーッ!フーッ!」ガッ

おもむろに部室に置き忘れられていた澪のベースを手に取る梓。

紬「!?」

梓「あンな人がッ!音楽なんてェーっ!!」ブオッ

唯「だめーーッ!!!」ガシッ

梓「は、離してください!こんな…物ぉッ…」

唯「だめ!だめっ!だめぇ…!」

紬「唯ちゃん…梓ちゃん、楽器をおろして!」

梓「……」

梓「な…なんなんですか…」プルプル



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 08:09:34.64 ID:eKV+ouP7O

梓「なんであんな人かばうんですか!」

唯「ヒック…ぇぐっ ぅ…」グスングスン

紬「……」

梓「な、泣かないでください!泣かれると私…っ」

唯「みおちゃ…は…悪いこと…したっ…ヒック…けどっ… だけど…私っ い…」

紬「元の軽音部を取り戻ししたいのよ。唯ちゃんも…私も。唯ちゃんおいで…」

唯「う゛ん゛…う゛っ…ん゛…グスッ…」

梓「そんなのっ…」

紬「梓ちゃんは違うの?もう、戻れないの?」

泣きじゃくる唯の背中を優しくさすりながら、梓に問掛ける。



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 08:17:10.46 ID:eKV+ouP7O

梓「私だって気持ちは同じです…」

紬「だったら」

梓「でもッ!!」

梓「私は…先輩達のようにはなれません」

紬「梓ちゃん…」

梓「帰ります。さようなら」

唯「うう…ヒグっ…」

梓「……」ガチャリ

梓「澪先輩は責任を取るべきなんだッ…」バタン



紬「……」サスサス

唯「う~っ…ぇう…」グスッグスン

紬「唯ちゃん…帰ろっか…」ポンポン



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 08:38:22.20 ID:eKV+ouP7O

唯「…ムギちゃん」ショボン

紬「なあに?」

唯「て…つないでいい…?」

紬「はい。どうぞ」きゅっ

唯「……」

・ ・ ・

紬「…じゃあ唯ちゃん、私こっちだから」

ギュウ

紬「唯ちゃん?」

唯は握った手を離そうとしない。

唯「…むぎちゃんち行きたい…」グスン

紬「…はい。どうぞ」

唯「……」ギュウ

二人はまた、連れだって歩き出す。

唯は俯いたままだった。



関連記事

ランダム記事(試用版)




律「唯!」唯「むぎ!」#前編
[ 2011/06/21 21:22 ] ホラー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6