SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#中編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#中編 【クロス】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1245810142/

雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#前編
雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#中編
雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#後編




244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:08:31.90 ID:0ePgIhMe0

唯「平日だけど…この辺は弾き語りの人がおおいねぇ~」

律「あたしらも今度やってみようぜ!」

澪(イヤだ人の視線怖い人ごみ怖い…)

梓「…」

ゆう子「どうしたの梓ちゃん」

梓「あの人の…ギターなんですけど…」





245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:11:32.98 ID:0ePgIhMe0

澪「あのアコースティック?」

梓「はい、多分マーティン社のそれも年代モノです。」

律「いくらぐらいすんの~?」

梓「多分なん百万円も…」

山岡「そりゃすごい…あの人、金もってるように…」



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:13:10.49 ID:0ePgIhMe0

山岡「!!」

山岡「おっおいあれ…あれは…」

ゆう子「どうしたの?」

ゆう子「あっ…!」

「「金上!!(さん!!)」」




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:16:01.65 ID:kkYAZRH1O

誰だっけ





248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:19:55.16 ID:0ePgIhMe0

さわ子「金上というのはコミックス50巻代に登場したいわゆる悪役よ。
    極亜テレビという会社の社長で、まあ、やりたい限りの非道を行って
    結局は失脚→退場になったのよね。」

律「さわちゃん、誰に話してんの?」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:22:25.95 ID:0ePgIhMe0

金上「♪~ ♪~」

山岡「…」

ゆう子「あ、あなた…」

金上「?」

金上「お前達はっ!?」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:26:01.62 ID:0ePgIhMe0

金上「いや、もうどうでもいいことか…」

金上「一曲聴くか?」

山岡「ああ。ついでに、あんたがなぜここでこうしてるのかも…」

金上「…」

金上「わかった…」



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:31:57.37 ID:0ePgIhMe0

金上「極亜を追われたあと、個人的にやっていた事業を潰し、
   俺も自己破産。くだらない転落者の末路だ。」

ゆう子(あの悪魔みたいだった人がすっかり毒気を抜かれて…)

金上「でも、このギターだけは手放せなくてな。」

金上「お前は思ってるんだろう?悪逆の限りを尽くした俺が音楽だなんて…
   しかしな、すべてを失った今こそ、やりたいことをしたくなったんだ。」

さわ子(ふふぁーあ…何この三文昼どら…)



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:32:41.88 ID:0ePgIhMe0

金上「♪~♪~」

山岡「…」

ゆう子「…」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:41:39.49 ID:w40fMIltO

金上「家が近くなんだが、よかったら寄っていかないか?
   これも何かの縁だろう、罪滅ぼしにもならないが、茶でも出す。」

ゆう子「あなた…」

山岡「ああ、お言葉に甘えるよ。」

さわ子(なんか美味しんぼによくあるパターンね…)



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:46:10.30 ID:w40fMIltO

金上のアパート

金上「5畳一間フロトイレ共同…」

金上「汚いところで悪いが…」

ぐ~~

さわ子(カーバンクル?)

金上「す、すまん、昼飯がまだでな。すぐ適当なもの掻き込むから…」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:47:51.13 ID:w40fMIltO

憂「なら私が何か作りますよ!」

金上「いや、客にやらせるのも…」

憂「いいんです!さっきの歌のお礼ってことで♪」

金上「すまん…」



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:51:46.89 ID:w40fMIltO

憂「冷蔵庫のなか失礼しますね~」

憂「えっと、材料は卵とお葱だけかぁ…あ!麺汁もある…」

憂「卵を溶いて…お葱をみじん切りに…」

トントン…

憂「あっ!今朝もらった山椒を使お!」



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 07:57:07.75 ID:w40fMIltO

さわ子(憂ちゃんイイ尻(ケツ)してるわぁ…)

紬(ああ…汚いボロアパートで台所に立つ憂ちゃん…
  これで後は裸エプロンだったらどんなに…ハァハァ)

憂「山椒をほんの少しだけ煎って…そのあと…」

憂「すり鉢のかわりに包丁の腹で、粗めにすって…」

ぐりぐり…



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:00:00.63 ID:w40fMIltO

憂「麺汁を沸騰させて…」

憂「これをお醤油のかわりに、溶いた卵とまぜて…」

憂「とんぶりのご飯にかける…」

憂「最後にお葱と山椒をかけて…」

憂「できた!」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:05:27.23 ID:w40fMIltO

山岡「へぇ…麺の汁と山椒をねぇ…」

憂「辛味が強いお醤油よりはと…、本当はだしから作るといいんですけど…」

金上「いや…十分過ぎる。ありがとう。」

ゆう子「山椒の香りがなんとも言えないわね…」

唯「おいしそう…ジュル」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:08:57.92 ID:w40fMIltO

金上「パクっ…」

金上「!!」

金上「う…うまい…!!」

金上「モグモグガツガツ…」

金上「う…うまい……う…うう…」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:11:52.53 ID:w40fMIltO

金上「うっ…ううう…うう…」

憂「どっ…どうしたんですか!?」

ゆう子(あの冷血な獣みたいだった金上さんが…
    こんな年若い女の子の作った卵かけご飯に感動して涙を流している…)

さわ子(こういうシーンだと、美味しんぼopがスローテンポで流れてるところかしらね…)



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:17:49.36 ID:w40fMIltO

山岡「いやぁ…さすがだ、憂ちゃん!これなら男子もほっとかないだろう…」

憂「そんなことないですよっ!?私は身も心もお姉ちゃんのモノですから…」

唯「えへへ~照れるなぁ~」
紬「キマシタワ~☆」









ゆう子「えっ…なにそれこわい」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:22:22.84 ID:w40fMIltO

山岡「そうだ、金上さん、折り入って頼みが…」

金上「なんでも言ってくれ!できる限り協力したい!」

山岡「実は…」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:28:26.35 ID:w40fMIltO

数日後 都内某所のライブハウス


山岡「お邪魔しまーす…」

ゆう子「こういう所は…はじめてだから緊張するわね…」

澪「あっ!ここあのバンドがここでライブやってる…」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:36:24.28 ID:w40fMIltO

山岡「えーと、金上さんの紹介で…」

ライブハウスのマスター「お話は聞いてますよ、どうぞどうぞ!」

唯「ど…どきどきする…」

律「こういうとこでライブ開くにはいくらぐらいかかるんんかなぁ…」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:43:05.64 ID:w40fMIltO

マスター「うちはポップスからハードなのまで広いジャンルでやってましてね…」

山岡「ほ~」

マスター「今日も今赤丸急上昇中の、いわゆるメタルバンドのライブがあるんですよ。」

マスター「よかったら是非観ていって下さい。」

ゆう子「ありがとうございます。」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:49:21.46 ID:w40fMIltO

山岡「さっそくですけど、こちらで出される飲食物について…」



唯「わぁ…すごいなあ…」

紬「武道館を目指す前に、まずこういうライブハウスで人気をとらないとね…」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 08:53:38.37 ID:w40fMIltO

梓「やっぱり私たちも、学園祭や新歓以外でライブをやったほうがいいと思うんです!」

律「っていってもさぁ…学校の外でわたしらがやっても結局恥かくだけじゃないか~…」

梓「先輩たちがそんなだから何時までたっても…」


ガラッ!

「邪魔をするぞ!」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 09:16:52.26 ID:w40fMIltO

マスター「あっ!さっそくお見えになりましたよ!」


ゆう子「といいますと?」

マスター「今日、ライブを開くメタルバンドの方々です!」

山岡「へ~…え?」

山岡「!」

唯「あーーー!!!」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 09:29:10.55 ID:w40fMIltO

唯「げいばらゆうざん!!!」

雄山「かいばらだっ!!!」

雄山「第一わしはれっきとした異性愛者だ!」

雄山「!」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 09:40:53.29 ID:w40fMIltO

雄山「きっ貴様は…この間……桜ヶ丘高校の大馬鹿娘ではないか!?」

唯「わたしがバカっ…!?バカって言ったほうがバカなんだよっ!!」

雄山「ぐぬぬぬぬ…」

中川「せ、せんせい…穏便に…」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 09:54:43.75 ID:w40fMIltO

山岡「親父…」

雄山「士郎!?なぜお前もここに…」

山岡「今回の勝負は、桜ヶ丘高校軽音部の面々に協力してもらうことになった…」

雄山「!」

雄山「そうか…そういうことか…その馬鹿娘の…」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:11:25.10 ID:w40fMIltO

唯「だーかーらー馬鹿って…むぐっ…」

律「唯、それ以上しゃべるな…」

紬「海原さんにお願いがあります!」

雄山「お前は…」

雄山「!」

雄山「その沢庵眉毛!琴吹家の…」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:26:55.31 ID:w40fMIltO

紬「その節は父がご無礼を。海原さん、お願いというのは…」

紬「どうか理事長先生の美食倶楽部出入り禁止を解いていただきたいのです。」

雄山「がっはっはっはっ!!」

紬「!」

雄山「それに応じたとして、わしになんの利点がある?」

紬「くっ…」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:40:56.80 ID:w40fMIltO

雄山「まあいい。一応斟酌はしておこう。」

紬「本当ですか!?」

雄山「うむ。今日は、U斬×B.SHOCK CLUBの初らいぶだ。」

雄山「わしも高揚していて気分が良いのでな。」




289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:41:26.76 ID:Ja3piHtI0

結局このU斬はどんな格好なんだよwww





290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:42:59.11 ID:w40fMIltO

>>289
この時点では、まだいつもの和服ということで



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 10:54:34.64 ID:w40fMIltO

雄山「士郎、ゆう子ちゃん、よく見ておくがいい。」

雄山「ロックの真髄にして進化した形、我がU斬×B.SHOCK CLUBのメタルをな…」

山岡「親父…」

ゆう子「お義父さん…」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 11:09:49.99 ID:w40fMIltO

ゆう子「良三君、おチヨさん…」

良三「若…ゆう子さん…」

おチヨ「は…恥ずかしい…」
山岡「お…おチヨ?」

おチヨ「はずかしいいいい!!!士郎さまとゆう子ちゃんにぃぃぃ…」

おチヨ「天国の奥様に申し訳がぁぁぁぁ!!!」

ドタドタドタ…

律「行っちゃった…」

山岡・ゆう子「「…」」




295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 11:12:46.78 ID:EbAIzJW60

廃部を免れるための行動だったはずじゃ…いつの間に理事長のことに





296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 11:18:49.85 ID:w40fMIltO

>>295
それはもう少し後のほうで解説を入れます



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 11:24:18.93 ID:w40fMIltO

MC『This night… supreme and aggressive beasts show up…』
(今宵、至高にしてアグレッシブな野獣どもが現れる…)
MC『HEy!!U斬×B.SHOCK CLUB!!!』



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 11:37:44.48 ID:w40fMIltO

MC『U斬×B.SHOCK CLUBの最終兵器にして究極の遅漏COCK…』

MC『ryozo!!!』

ryozo「///」


ゆう子「遅漏なんだ…」

唯「ちろうってなーにー?」

憂「お姉ちゃんは知らなくていいのっ!」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 13:31:12.84 ID:w40fMIltO

MC『孤高の男…言葉にかわり…ドラムの一撃食らわすcool lunatic…』

MC『dr.』

MC『N.riv.!!!』

N.riv.「…」(目をつぶり、無言のまま右手のドラムスティックで天を指す)


女性客「きゃー!!N.riv.かっこいーー!!」

女性客「N.riv.!!!目茶苦茶に犯してぇぇぇ!!」

山岡「中川…」

澪「かっこいい…///」

律「マジで…?」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 14:01:38.29 ID:w40fMIltO

MC『N.riv.の淫乱猥婦…U斬×B.SHOCK CLUBの肉便器…
  そしてパワフルなvocalと地獄最強のshamisenプレイ…』

MC『el.shamisen and 2nd vocal』

『CHIYO!!!』

CHIYO『FUUUUUUUUCK MEEEEEEEE!!!!!!』

山岡「あは…あはははは…」
ゆう子「頭痛い…」




注el.shamisen エレクトリック三味線



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 14:16:54.92 ID:w40fMIltO

MC『そして…いよいよ…』

MC『アポカリプスにある666の獣…』

MC『rocking魯山人…』

MC『サプリームメターーールビーーーーストぉぉぉぉぉ!!!!』

M『オーーーールハイーーーーールぅぅぅぅ!!!!』



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 14:36:03.74 ID:w40fMIltO

MC『U斬〈ユウキル〉!!!!!』

MC『vocal and guitar』


U斬「熱 燗 ぬ る 燗 人 肌 姦 ! ! ! 」


山岡「やっぱり…この前の時より…酷く…なってるな…」

ゆう子「…」

唯「超クーール!!かっくいぃぃ!!!」

さわ子「やっぱり将来の人間国宝はやることが違うわ(感慨深)」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 15:01:27.33 ID:w40fMIltO

さわ子「見た目的にはkissとカブキロックスを足して2で割らなかった感じね。」

律「どんな感じなんだよそりゃ…」

澪「格好はメタル王道だけど、メイクは歌舞伎みたいな…」

山岡「藍の隈取か…。歌舞伎の悪役によく使われるな…」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 15:28:13.60 ID:w40fMIltO

U斬「わしはU斬…」

U斬「日本文化を破壊して破壊しつくすために来た…」

U斬「破壊こそ最大の創造なりぃ…」

U斬「Destruct…Burn out…to…naught…」



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 15:46:47.17 ID:w40fMIltO

U斬「ゆくぞっ!!」

U斬「魯山人恋コクHONEY!!」

観客「「「「うぉぉぉぉぉ!!!!」」」」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 16:02:11.24 ID:w40fMIltO

山岡「親父…」

ゆう子「お義父さんは、あなたと和解したことで心に巣くっていた…
    
ゆう子「お母様への申し訳無さや秘めた鬱屈感、淋しさといったものから解放されて
    一気に芸術の本質へと飛翔し…」

山岡「…」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 16:18:21.89 ID:w40fMIltO

ゆう子「…たんだとしたらどんなに良かったことか…。はぁ…」

ゆう子「うちのお母さんが今のお義父さんみたら卒倒するわきっと…」

山岡「…」

さわ子「よくいるのよねぇ…年取ってから色事やギャンブルに狂う人。」



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 16:36:00.56 ID:w40fMIltO

♪拝啓 魯山人先生 食のためには 命をburn out

CHIYO「ANISAKIS!ASCARIS!YOKOGAWA!TAENIASAGINATA!」

観客「「「「ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!」」」」

唯「ARAI!ARAI!ARAI!」

紬「ARAI♪ARAI♪ARAI♪」

梓(もうやだこの部活…)



319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 16:55:46.35 ID:w40fMIltO

♪Dumb 書画の心 筆先にあり 貴様の筆先 covered up

CHIYO「KINYA JA NAI!KINYA JA NAI!KINYA JA NAI!」

ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!

澪「Nさま…ARAI!///」

律「こりゃ武道館公演も意外と楽に実現できっかもな~」



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 17:15:33.49 ID:w40fMIltO

CHIYO「SHIROU―SAMAAAAAA!!!」

山岡「え…」

山岡「え?」

山岡「えーーーーっ!!!」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 17:32:32.60 ID:w40fMIltO

CHIYO「SHIROU―SAMAA!FUCKINFUCKIN!!」

山岡「だ、だずげで…」

山岡「ギャーーーーー!!!」

律「お!ローリングソバットだ。」

さわ子「格好が格好だからプロレスのヒールみたいねぇ…」



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 17:47:54.69 ID:w40fMIltO


ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!

唯「ARAI!ARAI!ARAI!ARAI!」

こうして、あっという間にU斬×B.SHOCK CLUBの
初ライブは大歓声のもと終了したのであった。




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 17:53:56.84 ID:bP/y+K9/O

ARAIwwwww
この美食倶楽部もうダメだwwwww



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 18:08:19.29 ID:ihHnp1AXO

B.SHOCK CLUBってのがツボ過ぎる





333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 19:17:40.60 ID:w40fMIltO

山岡(親父…俺…親父が何を目指してるのかぜんぜんわからないよ…)

唯「あ、あの…海原さん…」

雄山「ん?…なんだお前か。」

唯「いえっ…」



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 19:31:34.99 ID:w40fMIltO

唯「U斬!」

唯「私、あなたのことを誤解してました!」

雄山「!」

唯「U斬×B.SHOCK CLUBの歌をナマで聞いて…」

唯「こんなスゴイ歌を歌う人のお話がつまらないわけ…ないかったんです…」



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 19:44:57.45 ID:w40fMIltO

唯「あのときは本当に…ごめんなさいっ!」

雄山「お嬢さん、平沢君だったか…」

雄山「わしも少し前までは、ロックを鼻で笑って軽蔑してし、
   真面目に取り合おうとしなかった…」

雄山「ところがどうだ?」



339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 19:58:58.19 ID:w40fMIltO

雄山「今では、骨の髄までメタルビーストよ。」

雄山「一時期は絶縁状態だった倅とも、今では和解した。」

山岡「親父…」

ゆう子「お義父さん…」

梓(なんぞこれ…)



343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:12:43.12 ID:0ePgIhMe0

雄山「悔い改めればよいのだ。人はいつでも己の路を修正できる…」

唯「うう…U斬…(涙)」

雄山「泣くな、平沢君。桜ヶ丘高校軽音部は
   メタルビッチの集団なのだろう?」

唯「は…  憂・律「そんなわけありませんからっ(ねーっつーーーの)!!」



345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:26:08.35 ID:0ePgIhMe0

唯「うい?りっちゃん?」

雄山「まあいい。」スッ…

右手を差し出す雄山

唯「!!」

握り返す唯

ガシッ!!

今、世代を超えて一つの友情が育まれた…



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:43:26.84 ID:0ePgIhMe0

雄山「士郎。」

山岡「親父…」

雄山「今回の対決は心して挑んでくるがよい。」

山岡「…」




348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:45:15.99 ID:2TpJrHATO

プロローグなげぇw



349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:47:16.89 ID:20zakmTK0

こっから料理対決かw





350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 20:58:40.89 ID:0ePgIhMe0

雄山「中川!深川めしを食って帰るぞ!」

中川「ハッ…」

良三(転職しよう。)

おチヨ「FUUUUUUUCK!!!!」

律「結局、化粧も衣装もそのままで帰るのかよ…」

澪「N様…」


そして、対決の日がやってくる…



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 21:10:55.24 ID:0ePgIhMe0

対決当日  会場(日本武道館の近くのホテル)


唐山陶人「…」

京極「やはり唐山先生、難しい顔してはるな…」

審査員A「高弟の海原先生がああいったことになってしまわれては…」

審査員B「嶺山社長、海原先生はなぜあのような…」

嶺山社長「い、いや、私も最初、ロックを始められたと耳にしたのですが…
     まさか、あのように性格異常者のごとく…」



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 21:28:14.97 ID:0ePgIhMe0

山岡「…」

憂「いいんでしょうか、私がお料理対決に参加したりして…」

ゆう子「謙遜する必要はないのよ。山岡さんはあなたの腕を
    高く評価してるんだから。」

律「…マジ場違いだわこりゃ…」

三河編集長「海原先生が会場内に入られました!」


※三河編集長…週間タイムの編集長、究極vs至高対決においては
司会、進行を務める。ヒゲメガネ。



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 21:45:36.03 ID:0ePgIhMe0

♪ズンズンズンズン!!!!!ズンズンズンズン!!!!

大原社主「なんだ!?この喧しい音は!!」

ガラッ!!

U斬「…」ヌッ…

小泉局長「ヒッ…ば…化け物ぉっ!!」

秀山局長(帝都新聞)「こ、小泉さん…海原先生を指して化け物などと…」



360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 21:58:26.34 ID:0ePgIhMe0

N.riv.「…」

ryozo「///」

CHIYO「LICK MA CUMMMMMMMMMMMMMMMMMMM!!!!!!」

唯「りっくまかむってどーゆー意味なのぉ?」

さわ子「CUMってのは、女の人がお股を弄られると出てくる液体のことね。」

澪「唯に変なこと教えないでください…////」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 22:13:13.74 ID:0ePgIhMe0

団社長(厚手の皮製上下に、歌舞伎の隈取のようなメイク…
    髪も、整えずにぼさぼさと流したまま…)

団社長(まさにへヴィメタルやハードロックの…)

団社長(海原先生に一体何が…)

陶人「…」



362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 22:24:07.08 ID:0ePgIhMe0

陶人「雄山。」

U斬「はっ…」

陶人「お前のやることだ。わしゃ何も言わん。」

陶人「今回の勝負、期待しとるぞ。」

U斬「はっ。」




375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:10:25.23 ID:Ja3piHtI0

なんか陶人先生と話してるときも舌出しながらヘッドバンティングしてるイメージしかうかばねぇwww





371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 22:59:21.21 ID:0ePgIhMe0

三河編集長「そ、それでは…」

三河編集長「究極vs至高の対決、番外編としまして…」

三河編集長「『ロックと美食』という題で行うことといたします。」

三河編集長「進行といたしましては、従来のそれを一新し…」
 
三河編集長「究極側と至高側、それぞれ二品ずつのメニューを用い、」

三河編集長「この二品の間に楽曲演奏による対決(バトル)を挟みたいと思います。」



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:06:57.06 ID:0ePgIhMe0

そして、究極のメニュー…

山岡「今回のメニューを考えるにあたって、
   我々究極のメニュー側は京都は桜ヶ丘高校の皆さん、」

山岡「特に、この平沢憂さんに協力していただきました。」

憂「よ、よろしくお願いします…////」



376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:18:25.24 ID:0ePgIhMe0

板橋社長「まだわかいのにえらいねぇ…」

陶人「うひょーー!!かわいいのぉぉぉ!!!
   あっちの、髪を二つに縛っとる子もばっちりたいぷじゃぁぁぁ!!」

梓「ヒッ…」

ゆう子(はぁ…陶人先生のロリコン癖がまた…)



377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:30:31.72 ID:0ePgIhMe0

山岡「とりあえず、まずは椀を運ばせるので…」

山岡「早速賞味していただきたいと思います。」

~そーれから♪~

U斬「ほう…」

陶人「おっ!?こりゃぁ!!」

板山社長「『ねこまんま』か!三日と置かずに食べてるよ!!
     これが好きなのは小さいころから変わってないなあ…」

団社長「私もお恥ずかしながら大好物でして…//」



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:43:47.53 ID:0ePgIhMe0

京極「山岡はん…これは…
   ね、ねこやいぬに食わせるもんやないか…」

唯「えっ…」

陶人「えっ…」

板山社長「えっ…」

団社長「えっ…」

梓「考えた憂がかわいそう…」

京極「えろぉすんまへん…」



382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/25(木) 23:59:42.71 ID:0ePgIhMe0

陶人「…だがな、士郎、ここに居られる方々に
   コレを出すということはじゃ…」
   
陶人 「一般に持て囃されるモノに少し工夫を加えて出し、まあの…
    意表をついて奇を衒うとでもいうか…ちと子供だましのような気も…」

山岡「陶人先生のお言葉も最もです。しかし…」ヒラヒラ…

つ 憂と梓のメアドを書いた紙を分かるようにちらつかせる。

陶人「!!」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 00:07:55.05 ID:c1xGCEjU0

陶人「…の、ような気がしたが士郎は
   そ、そんな手など絶対に使わん…じゃろうからのぉ…」

山岡「ゴホン!変な横槍が入りましたが…」

さわ子(やるわねぇ…)

紬(あのおじいちゃん………潰す♪)

陶人「ブルッ…」



387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 00:23:17.68 ID:c1xGCEjU0

山岡「みなさん、さっそく、賞味のほうよろしくお願いします。」

京極「豆腐…となんや青菜みたいな…はあ…
   (畜生の食いモンか…)パクッ…」

京極「!!」

京極「こ、こりゃああ!!うまいっ!!」

板橋「うんうん!うまい!!この域まで来ると、
   煮詰めてはないけど、雑炊みたいだよねぇ…」



388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 00:34:57.84 ID:c1xGCEjU0

澪「雑炊か…、軽快な苦味と絡みがマッチしたハーモニーの中に
  豆腐の存在感がかもし出されて…まるで不思議の国のアリスの
  トランプの女王をやり過ごすアリスのような…」

律(プッ…澪もここまでくるとビョーキだなwww)

唯「モグモグ…おいしーー!!でも、
  憂がいつも作るのとはちょっと違うような…」

梓(やっぱりおいしい…憂と私の差がまた開いた…)

団社長(いや、この野菜は青菜いうより一種類のものではなくて
    何種類かの野菜をまぜた…しかしこの味はあまり口にしたことのない…
    少々辛味が引き立つような…)



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 00:48:52.15 ID:c1xGCEjU0

山岡「それでは、憂さんから、今回の料理の解説をお聞きください。」

憂「今回は…山岡さん…た…ちと…」

陶人(緊張してる顔もかわいいのぉ…!!!!)

唯「憂ぃいい!!がんばれぇぇぇ!!!」

紬(sis魂ktkr!!)

憂(おねぃちゃん…!)



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 01:03:11.56 ID:c1xGCEjU0

憂「ご飯も味噌自体も特別なものは使ってません!」

紬(…その割には、お米もお味噌もうちで使うものに近い気が…)

憂「具材の野菜…、山岡さん、これって、野菜って呼んでいいんでしょうか?」

山岡「これにつかったモノも野菜も、食べられる植物って点では同じだが…」

山岡「かといって、山林で取ったわけでもないから、
   もったいぶって山菜っていうのもねえ…」

陶人「士郎!おまえの解説はいいんだってぇ!もっと憂ちゃんを…」



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 01:13:55.63 ID:c1xGCEjU0

山岡「では、憂ちゃん、続きを」

憂「青菜に見えるのはいわゆる"野草"です。」

谷村「野草というと七草のような…」

憂「はい。でも、七草はご存知ぞのとおり由来は古くて、香りはよいですけど…」

憂「皆、儚いんです。味噌なんかとまぜたら
  一瞬で味が死んじゃう…から…」



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 03:25:14.33 ID:c1xGCEjU0

山陶人「いいのぉ…いいのぉ…」

秀沢局長(いいですなぁ…このはかなげな表情…)

さわ子(危険な…買春を助長する雰囲気だわ…)

山岡「しかし、まあ、それなりに、山菜といううか、
   身近に生えているから『里菜』とでもよべばいいのか…
   憂ちゃん、これに使われている『里菜』を説明してくれるかい?」

憂「はい!モミジガサ、ユキノシタ、セイヨウカラシ、ヨモギです。」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 06:35:23.22 ID:c1xGCEjU0

憂「肉厚なモミジガサとユキノシタを主菜に、
  セイヨウカラシとヨモギを香味付けに使いました。」

山岡「酸味があり少々味が粗野になりますが、セイヨウカラシのかわりに
   ヤナギタデを用いてのいいかもしれません。」

憂「よく洗ったあと、えっと、里菜を沸騰した湯に潜らせます。
  長時間、湯にさらすと風味が無くなるので注意します。」



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 06:52:35.34 ID:c1xGCEjU0

山岡「分量は、おおよそ、主菜が7 セイヨウカラシが2、
   ヨモギを0.5以下です。ヨモギの分量を少しでも誤ると調和が崩されて
   大変なことになるので注意が必要です。」

山岡「味噌は赤味噌ではなく、白味噌、
   それも塩味の少ないものを使いました。」

憂「主菜は歯ざわりが残るぐらいに細かく、
  香味野菜はみじん切りにして加えます。」

京極「確かに、歯ざわりがなんともいえんなぁ~」



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 07:08:35.51 ID:c1xGCEjU0

山岡「豆腐はその辺の豆腐屋のものです。」

大原「は、山岡?おまえ、今なんと…?」

山岡「そのへんの豆腐屋、といいました。」

大原「ぐぬぬぬ…究極のメニューにその辺の豆腐屋だと…
   山菜は許せるとして…その辺の豆腐屋だとぉぉぉぉ!?」

小泉「社主…周囲の目がありますからここは…」

大原「ハッ…く…くそ…」



417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 07:27:43.86 ID:c1xGCEjU0

山岡「もちろん木綿豆腐を使用しますが、小さめの角切りにして
   形は崩れるに任せます。」

澪「おいしくて安い豆腐屋と、お味噌売ってる店探すために
  毎日味噌汁はお豆腐だったからな。嫌ではなかったけど…」

谷村(都内いや日本全国の良質な食料品店を
   多く知りつくしているはずの山岡がなぜ…)

山岡「ユキノシタとヨモギは新宿の繁華街の周辺で、
   セイヨウカラシは荒川の土手、モミジガサは八王子の方まで
   足を伸ばして手に入れました。」



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 07:36:07.56 ID:c1xGCEjU0

山岡「さすがにユキノシタは新宿にはないと思いましたが、意外と見つかるものです。」

嶺山「ん?新宿の繁華街だと!?」

陶人「そんな空気が悪くて…車の排気ガスなどが…」

山岡「ニヤッ…」

陶人「とおもったが、き、気のせいじゃあ~。
   う、憂ちゃんもあずにゃんもかわいいのぉ!!」

梓「!!////」



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 07:49:31.42 ID:c1xGCEjU0

唯「えへへ…さっき唐山のおじいちゃんに
  憂とあずにゃんのことを色々教えてあげたんだよぉ~」

さわ子(人間国宝があずにゃん呼ばわり…シュールね。)

嶺山「そんな酔っ払いが粗相をするような場所で…」

山岡「むしろ、酔っ払いに小便を引っ掛けられたほうがおいしくなるのでは?
   とくに中高年の尿は高栄養でしょう。」

ゆう子「山岡さん!!」



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 08:03:02.56 ID:c1xGCEjU0

大原「や、やまおか…ぐぬぬぬ…」

小泉「社主、ここは…」

秀沢「それは衛生的にどうなのかね!?」

山岡「秀沢局長、美食対決を行うこの場でそれを口にするのは…」

秀沢局長「なんだと!?」



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 08:17:36.89 ID:c1xGCEjU0

山岡「ますます有機栽培が盛んになっている昨今、
   どのようなものが肥料として使われているかご存知でしょう?」

秀沢局長「ハッ…」

山岡「人糞蓄糞…根菜にいたってはどうですかね。
   古来より、まあ、肥料というものは…、おっとこれ以上の説明は必要ありませんでした。」

山岡「洗浄し湯さらしをして、
   しかも味噌汁の具材料となっているので、まったく衛生的に問題ありません。」

山岡「というか、これを問題にしましたら、この対決の存在そのものが成立しません。」

秀沢局長「////」

小泉局長「ニヤッ…ヤマオカイイゾモットヤレ…ニヒヒ」



424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 09:00:48.75 ID:EEpY4k/lO

京極「それで、山岡はん、このねこまんまを出したのは…」

山岡「了解しました。まず…」

山岡「ご飯物を液体に浸して食べるというやり方は…」

山岡「粥、茶漬け、湯漬け、雑炊…」

山岡「などがありますが、これらの味付けを考えてみますと…」



425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 09:18:58.58 ID:EEpY4k/lO

山岡「粥、湯漬けは薄味、茶漬けは具材次第、雑炊は濃い目まです。」

山岡「ねこまんまは、味付けの濃さにおきましては。茶漬けと雑炊の間ぐらいです。」



426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 09:40:39.55 ID:EEpY4k/lO

山岡「なので、粥に使うような繊細な具材は使いづらい。」

京極「たしかにな…七草をねこまんまなんかにいれたら…」

山岡「わたしは少し前に、この憂さんが、
   卵かけごはんにネギと山椒をかけたものを作るところを目撃しました。」



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 09:51:55.81 ID:EEpY4k/lO

板橋「まだこんな若いのにねぇ…」

憂「///」

陶人「嫁にほしぃのぉぉぉ!!」

ゆい子(孫ぐらい年の離れたヨメがいんだろが…)

山岡「『里菜』を使うことはすでに決定していたので…」



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 10:08:27.72 ID:EEpY4k/lO

山岡「今回、ごはんものをお出ししようと思いついた次第です。」

山岡「そこで、ねこまんまです。」

山岡「愛好する人も多いですが、表だって食するのは憚られる。」



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 10:20:54.19 ID:EEpY4k/lO

山岡「憂さんはその日とれたての山椒を、卵かけご飯にかけました。」

山岡「そのため、辛味を加えてみては、と思いついたのです。」

山岡「次に、食感です。」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 10:41:49.08 ID:EEpY4k/lO

山岡「前にもいったとおり、そのために主菜の二つ、
   木綿どうふを使うことにしました。」

板橋「ほぅ…」

京極「ギョウジャニンニクを加えてもええかもな。ついでにミョウガもや。」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 11:05:31.68 ID:EEpY4k/lO

山岡「そして肝心の、なぜ『里菜』を使うかです。」

山岡「音楽で身を立てることを志す若者も
   おいしいものを食べたいと考えることにかわりありません。」

唯「ざっつらい!」

律「うんうん!」

紬「おいしいもの大好き♪」
澪(ムギは毎日いいものたべてるんだろな…)



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 11:27:00.54 ID:EEpY4k/lO

山岡「たしかにそれは拭えませんけれども、偏見という面があるのも確かです。」


山岡「お金をかければ、確かにおいしいものを食べられるでしょう。」

山岡「今回あるライブハウスを取材しましたが、
   音楽を志す若者たちは、その敏感な感性ゆえか…」



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 11:50:25.43 ID:EEpY4k/lO

山岡「やはり人一倍、うまいもの、ウマいではなく旨いです、を求めるのです。しかし…」

山岡「一品豪華主義をつきつめたようなもので、
   食事のバランスに関しても人一倍、壊滅的ですけれども。」

山岡「バランスの欠如、これはおおいに懸念され続けており、またされ続けるべきです。」



442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:06:02.63 ID:EEpY4k/lO

山岡「さて、本題です。ロック音楽家の詩やメッセージには、
   雑草、野生といったものが比喩的に多々用いられます。」

山岡「自分たちを、野生や雑草に、重ね合わせてです。」

山岡「一方、『里菜』にしろ、山菜にしろ、一般的には雑草、というイメージがつよい。」



444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:22:19.71 ID:EEpY4k/lO

山岡「考え方を変えてみますと、野菜は人間が農耕文化を生み出して以降、
   改良を加えられ、栽培されている草です。」

山岡「しかし、野に生えているため、
   山菜や里菜に対しては偏見を持っている…」



445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:32:12.68 ID:EEpY4k/lO

山岡「そして事実、我々は、そのような多くの偏見や矛盾の中に生きています。」

山岡「しかし…それを音楽で打破、昇華しようとしているのが、
   ロッカーという人たちなのです。」

山岡「そのようなロッカーたちに捧げるために、
   『里菜』を使ったねこまんまを出した次第です。」




446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:34:20.35 ID:fRTbw+kfO

さすが山岡はん
綺麗にまとめた



447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:41:58.98 ID:kMZjFZK40

綺麗というよりいつも通りの力技に見えるwww
だがそれがいいwwww





448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 12:50:46.79 ID:EEpY4k/lO

京極「野草か…」

板橋「雑草根性は忘れちゃいかんよ!」

紬「その通りね…雑草根性は忘れちゃダメだわ!」

澪「ムギ…お前に言う資格はない…」

山岡「前半はここまで、以降は後半に…」



関連記事

ランダム記事(試用版)




雄山「軽音部だと!?嗤わせるなっ!」#中編
[ 2011/07/02 10:37 ] クロス | 美味しんぼ | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6