SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  紬「笑顔が素敵」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「笑顔が素敵」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309698428/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[代理 ID:h4U/xGurO]:2011/07/03(日) 22:07:08.94 ID:9UxGlW8N0





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:09:36.79 ID:h4U/xGurO

代理ありがとうございます。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:11:10.00 ID:h4U/xGurO

3月下旬。

無事にN女子大への入学を果たした私は、自室に籠もり入寮に向けての準備を進めていた。

辞書や部屋着等の荷物を無理矢理バッグに詰め込み、チャックを閉じる。
しかし、なかなかチャックは締まりきってはくれなかった。

数十分の試行錯誤の末、なんとかスーツケース一つとボストンバッグ一つに荷物は収まった。

紬「ふぅ」

手の甲で額を拭うとじんわりと湿っていた。
何時の間にか汗をかいてしまったようだ。





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:15:26.22 ID:h4U/xGurO

暑さを紛らわす為、ベランダに出てみると肌寒い風が私の火照った体を包み込んだ。

汗が蒸発し体温が下がってゆく感覚がとても心地良い。

ベランダから望む庭園の大部分を占める花壇に目を向けると、

気の早い花達が早速自己主張を始めていた。

色とりどりの花が咲き乱れその様子はまるでカラフルな絨毯のようだ。

風が吹く度に模様を変えるその絨毯は、なんとも儚げで、

これから始まる新しい生活への不安を更に煽った。

高校三年間を共に過ごした親友達の顔を思い浮かべると、

不思議と不安は和らいだが、次第に漠然とした虚無感が押し寄せてくる。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:20:24.44 ID:h4U/xGurO

紬「誰かに会いたいな……」

寂しさに胸を圧迫され、自然と口からそんな台詞が漏れた。

……少し涼み過ぎたようだ。
部屋に戻ろう。

ベランダから戻り改めて自室を眺めるとそこはもう私の部屋ではなかった。

幾年か私のプライベートを守っていたこの部屋はすっかり片付き、

生活臭は消え失せている。まるでモデルルームだ。

紬「……」

いきなり世間に放り出されたような気分になり、寂しさが限界を迎えた。

誰かに電話を掛けようと携帯を取り出すと、丁度着信を知らせるランプが光った。
私はワンコールで応答する。

紬「はい、もしもし」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:25:19.48 ID:h4U/xGurO

電話の相手は父だった。

声に雑音が混じり忙しい様子が伝わってくる。
父は数分間、一方的に要件を話し電話を切ってしまった。

父の話を要約すると『ある女の子の面倒をみてくれ』とのこと。

その後携帯にメールが届き、女の子の詳細な情報を知った。
そして添付された画像にて女の子の容姿を知った。

紬「斎藤……?」

いつの間にか寂しさは女の子への興味に擦り変わっていた。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:31:22.99 ID:h4U/xGurO

名前の漢字が読めなかったので調べてみると菫とは「すみれ」と読むらしい。

幼稚園の組み分けにありがちな名前だ。
確か私のクラスもすみれ組だった。
いやひよこ組だったか。

幼稚園の頃の私はとても社交的とは言えない内気な女の子だった。
そんな私を大きく成長させてくれたのは言うまでもなくHTTのみんなだ。

あの4人と同じ大学に通えることを本当に嬉しく思う。

そんなことを考えていると不随意に目頭が熱くなってしまった。

閑話休題。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:36:36.37 ID:h4U/xGurO

容姿は金髪に碧眼と私が言うのもなんだが日本人離れしている。
どうにも他人とは思えない。

歳は私の3つ下……?

その瞬間携帯を握る手が汗ばんだ。

断っておくが私はロリコンではない。

ロリコンではないのだが、この少女と仲良くなりたいと思ってしまったのだ。

人生は一度切り。

常に一期一会の精神でご縁のある女の子には全力で向かい合わなくてはならない。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:41:48.96 ID:h4U/xGurO

しかし歳下の女の子との接し方など心得ていない……。

致し方ない。
あの御仁にご協力願おう。
歳下キラーの異名を持つあの方に……。



唯「うーん、よくわかんないケド、私に白羽の矢が立ったんだね」

紬「そうなの、こんな事を頼めるの唯ちゃんしかいなくて。忙しい所ごめんね」

唯「準備は憂が手伝ってくれたがら全然忙しくないよ。
  とにかくあずにゃんと普段通り遊びに行けばいいんだね?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:45:48.21 ID:h4U/xGurO

紬「えぇ、お願いできるかしら」

唯「任せて~あずにゃんに電話してくる」

そう言って携帯を取り出し行ってしまった。
流石、後ろ姿にも貫禄がある。

唯ちゃんが電話を終え、二十分程経った頃、梓ちゃんが待ち合わせ場所の公園にやってきた。

二人はベンチに座り話し始めたようだ。

私は襤褸に身を包み二人の観察に専念した。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:49:19.20 ID:h4U/xGurO

耳をすまし二人の会話を断片的に拾ってゆく。

唯「あずにゃん久しぶり~」

梓「お久しぶりです。それより遊んでて大丈夫なんですか?」

唯「1日くらい大丈夫だよ~」
会話に全く乱れがないので気付かなかったが、少し目を離した隙に早速抱きついている。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:55:18.30 ID:h4U/xGurO

その無駄の無い洗練された抱き付きはここが公の場である事を忘れさせる。

対する梓ちゃんはすました表情をしているが、抵抗は見られない。

寒空の下で唯ちゃんの体温を享受しているのだろうか。

梓ちゃんの服装からは気合いが伺えた。
ギンガムチェックのプリーツスカートで太腿はいつもより露出している。

暫く体温を分け合った後、二人はベンチを立ち上がった。
次はショッピングに行くらしい。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:00:23.91 ID:h4U/xGurO

いつもの商店街まで足を運ぶと二人は手を繋いだままデパートに入店した。

梓ちゃんは入り口から直ぐの場所に店を構えるアクセサリーショップに興味を示したようだ。

ここから梓ちゃんのテンションの上がりっぷりが顕著になる。
はしゃいでいると形容しても問題ないだろう。

梓「この指輪可愛いですね!」

唯「だね。あずにゃんの指は七号位かな」

梓「あ、薬指にぴったり……」

唯「私は八号かな~」

そんな微笑ましい会話に聞き耳を立てていると警備員さんに声をかけられてしまった。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:05:29.76 ID:h4U/xGurO

怪しい者ではない証明に手こずってしまい。
解放される頃には完全に二人を見失ってしまった。

七階建てのデパートで二人を探すのは非常に困難だ。
疲労困憊の私がトイレで休憩していると、携帯に連絡が入った。

紬「はい、紬です」

唯『あ、ムギちゃん?これからあずにゃんが夕飯作ってくれるみたいだから家に行くんだケド』

紬「そう、私の我が儘に付き合ってくれてありがとう。
  梓ちゃんにもお礼を言いたいから、替わってもらっていい?」

唯『うん、あずにゃん、ムギちゃんがお礼言いたいってさ』

梓『え?ムギ先輩が?』

私が事情を話すと梓ちゃんは唯ちゃんを攻撃し始めた。

梓『ゆーいーせーんーぱー』

そこで通話は途切れてしまった。
この埋め合わせはいつかするつもりだ。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:10:16.44 ID:h4U/xGurO

今日1日で沢山の収穫を得た私は自宅に戻り復習を始めていた。

唯ちゃんと梓ちゃん。
一見対照的なこの二人はなんだかんだで息がぴったりである。

遊びにも一生懸命な頑張り屋の梓ちゃんは唯ちゃんの世話を焼くことで癒やしを得ているようだ。

同様に唯ちゃんは背伸びをして時たま空回りする
可愛い後輩を可愛がることで癒やしを貰っているのだろう。
打算の無い唯ちゃんだからこそ梓ちゃんに幸せを運べるのだろうか。

とにかくスキンシップや誉め言葉等、その愛情表現の方法は多岐にわたる。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:15:31.84 ID:h4U/xGurO

その愛情表現の一つひとつが、梓ちゃんにとってくすぐったくもあり、心地良くもあるのだろう。

紬「うーん……」

なにか単純で根本的なことを忘れている気がする。
二人を繋ぐ見えない根っこのような物が別にある筈なのだが、上手く頭に出てこない。

どんなに記憶を辿っても結局解らず終いで、菫ちゃんがやってくる日を迎えてしまった。

知らさせた時間を過ぎてもなかなか菫ちゃんが来ないので、
そわそわと家の中を徘徊していると、防災さんの宿直室から話し声が聞こえた。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:21:13.95 ID:h4U/xGurO

扉が開いていたので中を覗いてみるとそこにウチの警備員と菫ちゃんを発見した。

私は慌てて中に入り事情を訊くと、
菫ちゃんは正面玄関から敷地内に入り警備員に捕らえられてしまったらしい。

紬「正面玄関はお客様と琴吹家の人間用の通路だから、今度から裏口から入ってね」

菫「は、はい、ごめんなさい……」

「すみません」でも「申し訳ありません」でもなく「ごめんなさい」と言う所が既に可愛い。

菫「あ、あの、始めまして。斎藤菫です」

菫ちゃんはそう言ってぺこりと頭を下げると綺麗な髪を靡かせた。
写真ではわからなかったが、想像以上に背が高い。

素晴らしき哉、新女子高生の初々しきこと。
できておる喃、菫は。
儂は心の奥底で感嘆した。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:25:14.27 ID:h4U/xGurO

紬「事情は聞いてるわ、私は紬。よろしくね」

菫「はい、紬お嬢様ですね。宜しくお願いします」

早速私の名前を手帳にメモっていた。
紬お嬢様とは呼ばれ慣れているが、なぜか鼻血が出そうになった。

それより気になる事が一点ある。

紬「菫ちゃんは何故桜高の制服を着ているの?」

菫「あ、私服は貸していただけると聞いたので制服で来たのですが」

紬「?」

菫「……?」

紬「もしかして今春から桜高に通うのかしら?」

菫「えぇ、はい」

きょとんと首を傾げる菫ちゃんが可愛いのは言うまでもないのだが、
まさか桜高に通うとは思わなかった。



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:30:29.07 ID:h4U/xGurO

曲がりなりにも令嬢の通っていた高校なのだが……
私は無性にかきふらいが食べたくなった。

紬「じゃあ私の後輩になるのね。桜高は良い高校よ」

菫「紬お嬢様って桜高のOGなんですか。偶然ですねー」

なるほど、この子は紛うことなき天然だ。
それ以外の形容詞が見つからない。

紬「えーと、お父様から何か指示とか聞いてる?」

菫「はい、紬お嬢様に家の中を案内して貰えと」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:35:34.46 ID:h4U/xGurO

私に投げたか。

菫「あと、このメモを渡せって言ってました」

そう言って一枚のメモ用紙を私に寄越した。

用紙には事細かに菫ちゃんの屋敷での立場が書かれていた。
居候兼お手伝い。

紬「居候……寝る所は?」

菫「紬お嬢様の寝室だそうです」

紬「ぶふっ」

従業員ではないので従事者の寮に入れることはできない。
のは理解できるが、客室にいくらでも余っている部屋があるだろう。
態々私の部屋で寝かせる事もあるまい。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:40:24.26 ID:h4U/xGurO

紬「えぇ、まぁ、わかったわ。お腹は空いてない?まずは休憩にしましょ?」

菫「大丈夫です!何かお手伝いできる事は無いですか?」

菫ちゃんはふんすと鼻から空気を吐いて拳を握りやる気アピールを始めた。

紬「お腹は空いてないのね」

私はメモ用紙にもう一度視線を落とした。
菫ちゃんの服がリネン室に届いているらしい。

紬「じゃあまずはお洋服を取りに行きましょうか」

菫「はいっ!」

うん、返事も可愛い。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:45:28.68 ID:h4U/xGurO

指定の場所に移動すると大きく『斎藤菫』と書かれたタグを見つけた。

このハンガーラック一帯が菫ちゃんのエリアらしい。

そこでまず目を引いたのが三着のメイド服だ。

紬「……」

それは琴吹家のエンブレムが肩に刺繍された見慣れないデザインのメイド服だった。

菫ちゃんは目を眩しい程に煌めかせ私の指示を待っている。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:50:22.39 ID:h4U/xGurO

紬「メイド服に……着替えようか」

菫「はいっ!」

私は透明なビニールを破き新品のメイド服を空気に晒した。

菫「わぁ!可愛いですねっ」

紬「可愛いね」

はしゃぐ菫ちゃんにハンガーとメイド服一式を手渡し隣の試着室に移動させた。

十分程待っただろうか。
漸く菫ちゃんが扉を開けた。

菫「紬お嬢様ぁ……」

扉の隙間から顔だけ覗かせた菫ちゃんは何故か涙ぐんでいた。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:55:09.70 ID:h4U/xGurO

紬「どうかしたの?」

菫「着方が……わからないです」

紬「あ、ごめんね……今、教えて……」

菫「手伝って下さい……」

紬「え……?」

菫「着替えるの手伝って下さい」

紬「え、うん」

そんなこんなで私も試着室に入る事になった。

試着室に入るなんて初めての事だが、
それよりも下着姿で羞恥に顔を紅く染める菫ちゃんの方が私の興味をそそった。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:00:27.99 ID:h4U/xGurO

紬「えっと、まずはこのブラウスを着て」

菫「は、はい」

紬「次はこのタイを締めて」

菫「締め方解りません……」

紬「やってあげるね」

私はタイを手に持ち菫ちゃんの首に廻した。

紬「……」

お互いの鼻息がかかる程に近づいて細かい作業をしてると、
どうしてもチラチラと目が合ってしまって恥ずかしい。

そして焦れば焦る程、小さなボタンに翻弄され、なかなかタイを締めることができない。

紬「なんか恥ずかしいね」

菫「えへへ、そうですね」

一度落ち着いてもう一度挑戦するとすんなりボタンは締まった。




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:05:17.19 ID:tbF2EGHjO

紬「次はペティコートとパニエね」

菫「それはなんですか?」

紬「えーと、輪骨って言うものが中に入っていて
  スカートの下に履くの。スカートをふんわりさせる役割ね」

菫「へー、なんか本格的ですね」

紬「まぁ、本物のメイド服だからね。ちょっと足上げてもらえる?」

菫「はい」

私は菫ちゃんの足元に跪いてパニエを持った。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:10:32.62 ID:tbF2EGHjO

紬「私の肩に手を置いていいよ」

菫「あ、失礼します」

そう言って少し屈んだ菫ちゃんの髪が、目の前で揺れて間違いを起こしそうになった。

紬「私は着替えを手伝ってるだけ……手伝ってるだけ」

なんども復唱し自分に言い聞かせる。
しかし菫ちゃんの波状攻撃は止まない。

菫ちゃんが私の肩に手を置き片足を上げると私の目の前でショーツががっつり食い込んだ。

紬「あとはエプロンドレスとホワイトブリムとパンプスを……」

なんとかそう言い残し私の意識は途絶えた。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:15:51.48 ID:tbF2EGHjO

次に目覚めた時、そこは私の部屋の見慣れた天井だった。

菫「あ、おはようございます」

紬「おはよう、態々運んでくれたの?」

菫「はい、お父さんが」

紬「え?」

菫「あ、自分でメイド服、着られました」

スカートの裾を指先で摘んで恭しくお辞儀をする菫ちゃんは清々しい程にどや顔だった。

紬「そう、偉いわ」

そんな菫ちゃん見て、私は自然と菫ちゃんの頭を撫でていた。

菫「えへへ」

くすぐったそうに目を閉じて微笑むその少女はまさに天使の様だ。



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:20:14.93 ID:tbF2EGHjO

紬「ごめんね、それじゃあ屋敷を案内するね。
  さっきの場所がリネン室、シーツとかテーブルクロスとか
  そのメイド服とかがクリーニングされて戻ってくるの」

菫「イエス、マイロード!」

紬「ふふ、なにそれ、執事の真似?」

菫「そうです、ご主人様」

紬「お姉ちゃん感覚で良いのに」

菫「滅相も御座いません。紬お嬢様に粗相などしようものなら、我が斎藤家の矜持が……」

などと意味不明な供述をしておりとても可愛いです。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:25:55.75 ID:tbF2EGHjO

次は容姿を誉める。

紬「えーと、そのメイド服、可愛いね」

菫「え、はい、そうですね」

いやメイド服を誉めても仕方がない。
菫ちゃん誉めないと。

紬「あ、あのね……」

菫「?」

紬「えーと、なんというか……菫ちゃんって、か、かわ」

菫「かわ……?」

首をコテンと傾けて頭の上に疑問符を浮かべる菫ちゃんは本当に可愛いのに、それを言葉にできずにいる。



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:30:43.86 ID:tbF2EGHjO

私は一度深呼吸をして覚悟を決めた。
菫ちゃんの碧い瞳を見つめただ思った事を言う。
簡単なことだ。

紬「Kawaii」

菫「はい?」

紬「菫ちゃんKawaiiわ」

菫「え、え?そんな……」

頬を両手で抑え狼狽える菫ちゃんの姿を見てとうとう吹っ切れた。

紬「抱き締めさせていただきます」

菫ちゃんの返事を待たずに私は最敬礼をした後、両手を広げその少女の華奢な体をきつく包みこんだ。



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:36:05.42 ID:tbF2EGHjO

最初は体を強ばらせていた菫ちゃんも次第に体の力が抜けて行きホクホクし始めたようだ。

どれ程の時間そうしていただろうか。
辺りは暗くなり始めていた。

私は胸の中にじっと収まっていた菫ちゃんを解放し、証明のスイッチを入れた。

菫ちゃんは一気に明るくなった倉庫を眩しそうな目で見渡し呟いた。

菫「そういえばここはなんですか?」

ソムリエから逃げる際に駆け込んだこの倉庫は主に会食に使うアイテムを保存しておく場所だ。

折角なのでここも案内しておこう。




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:42:47.87 ID:tbF2EGHjO

紬「ここはお皿とか色々仕舞っておく場所ね」

菫「へー、凄く広いですね」

紬「えぇ、パーティールームに500名のお客様を招待したりするからね」

菫「500人ですかぁ……」

紬「お皿も和食・洋食・中華で分けないといけないし、大きさもマチマチだからね」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:51:09.20 ID:tbF2EGHjO

紬「これがボンチャイナ、これがスクェアミート、これがマフィン皿で」

菫「天井も高いですねぇ」

紬「パーティールームも見せてあげたいんだけど
  今日はシャンデリアとカーペットの清掃が入ってるから……」

菫「紬お嬢様、これは何ですか?」

紬「あぁ、それはシャンパンの保存に使う器具ね」

菫「不思議な形ですね」

何にでも興味を示す菫ちゃんに頬が緩んでしまった。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:58:02.57 ID:tbF2EGHjO

母屋から唯一地下へ続く階段を下るとそこにワインセラーがある。

そこは薄暗くちょうど良い湿度で保たれていた。
小さい頃には良くここに隠れたものだ。

菫「ほぇ、ここがワインセラーですか」

ここでは菫ちゃんの声も良く響く。

紬「暗いから足元に気を付けてね」

菫「はーい!」

元気な返事を返してくれた菫ちゃんだが、私の事はお構いなしにどんどん奥へ進んでいってしまった。



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:05:21.09 ID:tbF2EGHjO

菫「紬お嬢様ー!」

紬「はーい!」

私が菫ちゃんに追い付いた時、そこはワインセラーの際奥だった。

菫「ワインも凄い量ですね」

紬「これはお父様の趣味のようなものだからね。無駄に集めてるだけよ」

菫「飲まないのに集めてるんですか。なんだか勿体無いですね」

紬「大人の趣味は良くわからないわね。
  葡萄の醸造の仕方や産地や収穫した年の違いで何十万円も値段に違いがでるんだもの」

菫「お酒は良く解りませんね」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:15:49.74 ID:tbF2EGHjO

紬「この屋敷でお手伝いするならいつかワインの知識が必要になるかもね。
  他にもカクテルのリキュールや日本酒、焼酎、ビールとか、知っておいて損は無いかも」

菫「触ってみてもいいですか?」

紬「どうぞ、気を付けてね」

菫ちゃんが無造作に選んだ扉を開けると冷気が漏れてきた。

菫「これは何ワインですか?」
そしてその中から一本を取り出しラベルを見るため顔を近付けた時、ワインセラーの入り口の扉が突然開いた。

ソムリエが入って来たのだ。

それに驚いた菫ちゃんの手からツルリとワインボトルがすり抜けた。

菫「あ……」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:27:02.73 ID:tbF2EGHjO

それに反応する間もなく床に落ち砕け散るビン。
パリンと言う小気味良い音がセラーに響いた。

菫「どうしよう……」

菫ちゃんは今にも泣き出しそうな表情で目を潤わせている。

そんな事はお構いなしに今の音を聞きつけたソムリエがコツコツと急ぎ足で向かって来た。

紬「あぁ……」

どうしようもない状況だった。
菫ちゃんのエプロンには思い切りワインが掛かっており、ソムリエは矢継ぎ早に叱責を始めた。



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:37:04.51 ID:tbF2EGHjO

菫ちゃんはとうとう泣き出してしまい、ただ平謝りを続けている。

私はそんな光景にだんだんと腹が立ってきた。

紬「煩い。いいから拭く物とちりとりを持ってきなさい」

ソムリエを一旦外に出した私は泣きじゃくる菫ちゃんに肩を貸し自室へと足を運んだ。

ワインセラーから自室まで五分程歩いたが菫ちゃんは未だに泣き続けていた。



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:45:26.72 ID:tbF2EGHjO

紬「菫ちゃん……そんなに泣かないで」

菫「でも……さっきの紬お嬢様……凄く怖くて……」

紬「菫ちゃんに怒ったわけじゃないの。後でお父様に謝っておくから問題無いわよ」

菫「それと折角のメイド服に……ワインが……」

紬「白ワインだから直ぐに洗えば染みにならないよ」

菫「……」

紬「白ワインは赤ワインと違って冷やして保存するから結露で滑っちゃったんだよね」

紬「とにかく濡れた服を脱ごうか」

私はエプロンドレスの裾を掴んで強引に上に引っ張った。

紬「はいバンザーイ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:56:04.08 ID:tbF2EGHjO

そこには何とも不格好な菫ちゃんが残った。
鼻をズルズル鳴らしただ立ち尽くしている。

紬「ふふ、変な格好」

私が冗談を言っても表情は変わらず眉をハの字にしたままだ。

紬「ほら、笑って!スマイルスマイル!」

菫「うふふ」

やっと少し笑ってくれた。

菫「あはは、それってスミレとsmileをかけてるんですか?」

紬「え、えぇ、まぁね」

意図せぬ場所でギャグをかましてしまった。
しかし菫ちゃんが笑顔になってくれたならそれでいい。

私はポケットからハンカチを取り出し菫ちゃんの鼻を拭うとドサクサに紛れて本日二回目の抱擁を交わした。



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:01:46.82 ID:tbF2EGHjO

紬「やっぱり笑顔が素敵ね」

菫「えへへ、紬お嬢様、ありがとございます」

スキンシップと誉め言葉を同時に成功させた時、頭の片隅に突っかかっていた物が急に取れた。

そうだ唯ちゃんと梓ちゃんを繋ぐ見えない繋がり。

それは渾名だった。

唯ちゃんが唯一渾名でその名を呼ぶ女の子。
それが「あずにゃん」なのだ。

それは愛情表現の一つであり。
無意識での「あずにゃんは自分の物」との主張なのかも知れない。

私も菫ちゃんに渾名を付けよう。

なにがいいかな……



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:08:27.06 ID:tbF2EGHjO

長考し素晴らしい渾名を思いついた。

紬「菫ちゃん」

菫「なんですか?」

菫ちゃんも私の背中に腕を回してくれた。

紬「今度からスマイリー斎藤って呼んでもいいかしら?」

それを聞いた菫ちゃんは盛大に吹き出し、咳き込みながら笑い始めた。

紬「うん、やっぱり笑顔が素敵だわ」

今日1日でスマイリー斎藤との距離をだいぶ縮めることができたと思う。

唯ちゃん、梓ちゃん。
本当にありがとう。
これからもお幸せに。

おわり



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:09:27.78 ID:tbF2EGHjO

ムギゅうー
誕生日に間に合わなくてごめんねー




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:14:09.00 ID:kOoTLV2b0

乙ムギ
二人ともきゃわわ



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:15:24.45 ID:LFDTAZuR0


これはいい



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:17:32.00 ID:5xr9fMij0

韮ちゃんかわいい



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:24:18.80 ID:81GQSQD/0





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 02:26:29.12 ID:dEla1LZa0

菫可愛いよな。てか下級生組の方が面白い。





関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「笑顔が素敵」
[ 2011/07/04 10:54 ] 非日常系 | 紬菫 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6