SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#前編 【クロス】


唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」 より
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309066210/l50

唯「マヨナカテレビ?」#前編
唯「マヨナカテレビ?」#中編
唯「マヨナカテレビ?」#後編

上3つは安価ありバージョンで、未完です。
下3つは書き直して完結しています。

唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#前編
唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#中編
唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:30:10.65 ID:wsiSRYmP0

─────

───

>聞いたことのある声がする…

唯「んん、ここどこだろ……」

>床に紅いタイルが敷き詰められている
 周りは霧で覆われているためそれ以外のことは分からない

唯「うう、霧でなにも見えないよお」

────

>また声が聞こえてきた…
 霧の奥から聞こえてくるようだ

唯「私を呼ぶのはだれ?」

────

唯「こっちにきてって言ってるのかな…」

───!

唯「そうなの?じゃあ今からそっちにいくからねー!」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:30:31.11 ID:wsiSRYmP0

>声が聞こえてきた方向に進んでいくと、人影が見えた
 霧のせいでその姿ははっきりと見えない

唯「私を呼んだのはあなただよね」

?「…うん」

>どこかで聞いたことのある声だ
 しかし頭がぼんやりして思い出すことができない

唯「どうして私を呼んだの?ここはどこなの?」

?「真実を」

唯「え?」

?「どうか……」

>意識が遠くなるのを感じる…

?「……探し……たす」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:31:01.98 ID:wsiSRYmP0

憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん起きて!」

唯「……あれ?」

憂「お早うお姉ちゃん。そろそろ支度しないと遅刻しちゃうよ?」

唯「……どちらさま?」

憂「ええ!?私だよ!妹の憂だよ!」

唯「はぅ!?そうでした……」

憂「大丈夫?昨日も具合悪そうだったけど、熱でもあるのかなあ」

唯「う~、寝ぼけてたみたい。変なこと言ってごめんね憂~」スリスリ

憂「くすぐったいよ、お姉ちゃ~ん」

唯「よいではないか、よいではないか~」ベタベタ

憂「もう~」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:31:37.05 ID:wsiSRYmP0

──学校(教室) 午前 雨

唯「ギリギリセーフッ!」ダダ!

律「おはよ、唯。今日は遅かったな」

澪「寝坊でもしたのか?」

唯「そうなんだよお。朝から変な夢見ちゃって、たぶんあれが原因!」

紬「どんな夢だったのかしら?」

唯「それは…」

律「それは?」

唯「…忘れちゃった」

律「だと思ったよ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:32:45.93 ID:wsiSRYmP0

>教室に和の姿が見えない
 まだきていないのだろうか…

唯「和ちゃんまだきてないね。もしかして遅刻!?」

澪「律じゃないんだから」

律「どーゆー意味だよー」

澪「言葉通りだ」

律「なんだとー!」

澪「だいたい律は……」クドクド

紬「和ちゃんなら生徒会室よ。ほら、今忙しいから」

唯「そっか、生徒会長さん死んじゃったんだよね……」

>雨が上がった霧の朝、鉄塔に吊るされた生徒会長の死体が見つかった

紬「もう一人の副会長さんも数日前から行方不明って話よ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:33:26.76 ID:wsiSRYmP0

唯「和ちゃんも副会長さんなんだっけ…」

>生徒会長、もう一人の副会長がいなくなった負担が和に降りかかっているのだろう

紬「こんなときでも生徒会の仕事を投げ出さない和ちゃんはすごいと思う」

唯「うーん、なにか和ちゃんのお手伝いができないかな?」

紬「いいアイディアかも~♪」

唯「和ちゃんには日頃からお世話になってるもんね」

紬「そうね。せっかくだから私もお手伝いするわ!」

唯「ほんと!?ありがとムギちゅわ~ん」

紬「困ったときはお互い様だもの~」

唯「りっちゃんと澪ちゃんも……」

 コナイダナンテ律ガ寝坊スルカラ私マデ遅刻シタンダゾ!

 ショウガナイダロ!目覚マシ鳴ラナカッタンダカラ!

 ショウガナクナイ!律ハウッカリガ多スギルノ!

>まだ喧嘩している
 …そっとしておこう



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:42:11.02 ID:wsiSRYmP0

──学校(教室) 昼休み 雨

律「待ちにまったランチタイムだー」

唯「だー!」

和「あなたたち、元気がいいのは分かるけどふざけて怪我なんてしないでよ?」

律「大丈夫だって。和も一緒にご飯食べようぜ」

唯「食べよ食べよ~」

和「ごめんなさい。まだ生徒会の仕事が残ってるから」

澪「お昼休みも仕事なのか?大変なんだな」

紬「なにかお手伝いできないかしら?」

唯「和ちゃんすごーく大変そうだから、力になりたいんだ!」

律「たまにはいいこと言うな唯!私も手伝うよ。和には部活関係で色々迷惑かけてるから」

澪「な、なら私も手伝おうかな……」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:42:36.19 ID:wsiSRYmP0

和「ありがとう。気持ちだけ受け取っておくわ」

紬「でも人が少なくて大変じゃない?」

和「他の生徒会役員の子たちにも頑張ってもらってるから平気よ」

和「それじゃあ私生徒会室に行くね」

>和は教室から出て行ってしまった…

律「大丈夫かな、和」

澪「ちょっと顔色悪かったよね」

紬「やっぱり仕事が忙しいんだと思う」

唯「(和ちゃん…)」

律「…私たちだけでご飯にするか」

澪「そうだな」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:42:49.39 ID:wsiSRYmP0

>みんなもくもくとお弁当を食べている
 どことなく気まずい雰囲気だ…

律「そーいやさ、最近物騒だよなー」

紬「生徒会長さんが殺されたり、副会長さんが行方不明になったりね」

澪「ほんとに殺人事件なのかな…」

律「事故じゃなさそうだよな」

紬「警察は殺人事件と断定して捜査を開始したってテレビで言ってたわ」

律「…犯人はどうしてあんなことしたんだろ」

紬「見せしめとか?」

律「狂ってるな…」

澪「うう…」ブルブル



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:43:07.61 ID:wsiSRYmP0

紬「副会長さん心配よね」

澪「ゆ、行方不明なんだよね…」

律「実は会長殺しの犯行現場を目撃していて犯人に……」

澪「ひぃい!!」ガタガタ

律「冗談だよ澪。ほんとに怖がりだな~」

紬「噂で聞いたんだけど、副会長さんは会長さんの事件を調べてたらしいの」

律「初耳だな…」

澪「や、やっぱり犯人に連れていかれたんだ」ブルブル

紬「……」

律「……」

>さらに気まずくなってしまった…



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:43:46.79 ID:wsiSRYmP0

律「話変わるんだけど…マヨナカテレビって知ってる?」

澪「し、知らない」

紬「聞いたことがあるような…ないような……」

律「唯は知ってるか?」

唯「……」

律「唯?」

唯「あ、ごめん。ぼーっとしてたよ。えへへ」

律「もお、唯ちゃんたら~」

紬「りっちゃん、マヨナカテレビってどんなお話なの?」

律「しとしと…雨の降る深夜0時に消えたテレビ画面を見つめていると…」

澪「あわわ…」ガクガクブルブル

律「運命の人が映るらしいぜ?」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:44:01.11 ID:wsiSRYmP0

澪「そ、そんなのくだらない噂話だよ」

律「怖い話じゃないと分かった途端強気になりましたね~」ニヤニヤ

澪「怖がってない!」

律「へいへい」

紬「面白そう♪今夜も丁度雨だし、みんなでやってみない?」

律「いいな!澪は怖いだろうから、やらなくていいぞー」

澪「怖くないって言ってるだろ!くだらない噂話だって証明してやるよ!」

唯「澪ちゃんかっくい~」

紬「私の運命の人は誰かしら~」

唯「私は面白い人がいーなー!」

律「ああ、言い忘れてたんだけど…」

唯「なーに?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:49:45.17 ID:wsiSRYmP0

律「テレビに映るのは運命の人じゃなくて、近々死んじゃう人だって噂もあるんだ」

澪「ええ!?」

紬「…私の顔が映ったらどうしよう」

澪「やめてくれよムギ~」ガクブル

律「生徒会長が映ったのを見た人がいるんだよ」

唯「マヨナカテレビに?」

律「うん。はっきりとじゃないけど、似てたらしい」

澪「怖くない怖くない」ブツブツ

唯「ほんとかなー?」

律「今夜みんなで噂の真相を確かめようぜ!」

紬「怖いけど、私も気になるから見てみるね」

律「澪ももちろん見るんだよな?」

澪「えっ!?」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:50:25.87 ID:wsiSRYmP0

律「さっき証明してやるって意気込んでたろー。やっぱり怖いのか?」

澪「ち、違う!私の部屋にテレビないから…」

律「リビングで見ればいいじゃん」

澪「お父さんとお母さん起こしちゃうかもだろ!だからやめたほうがいいと思うんだ!」

律「そっか。怖いなら仕方ないな」

澪「だから怖くないって言ってるだろ!!」

>律と澪はまた喧嘩を始めてしまった

紬「チャイム鳴るから私はそろそろ席に戻ってるね~」スタスタ

 怖ガリ怖ガリー

 ウルサイウルサイ!

>二人をとめたほうがかいいだろうか
 …そっとしておこう



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:50:39.06 ID:wsiSRYmP0

──通学路(下校中) 午後 雨

梓「……そんな話をしてたんですか」

>梓にみんなでマヨナカテレビの真相を確かめる話をした

梓「私も下らない噂話だと思いますよ」

唯「そうかなあ?私はなんだか気になるんだー」

梓「なぜです?」

唯「うー、それを聞かれると困っちゃうんだよ」

梓「唯先輩の勘、ですか?」

唯「かな!私のしっくすせんすがね、ざわざわ騒ぐんだよー」

梓「唯先輩の勘はアテにならないので大丈夫そうですね」

唯「あずにゃんひどい…」

アルバイトの女の子
 「よろしくお願いしまーす」

>大学生ぐらいの女の子が傘を差しながらチラシを配っている



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:51:05.48 ID:wsiSRYmP0

アルバイトの女の子
 「お願いします」スッ

唯「あ、これはご丁寧に」ペコペコ

梓「唯先輩は丁寧すぎます」

アルバイトの女の子
 「あはは」

>チラシには『近日ケーキショップオープン!』と書かれていた
 色とりどりのケーキの写真が掲載されている。どれもおいしそうだ

唯「ケーキ屋さんだってあずにゃん!すっごくおいしそーだよ!」

梓「分かりましたから、はしゃがないでください。私が恥ずかしいじゃないですか」

アルバイトの女の子
 「ケーキ好きなの?」

唯「はい!大好きです!」

アルバイトの女の子
 「私も大好きなんだ。だからここでバイトしてるの」

唯「ケーキ屋さんでアルバイトかー。いいないいなー」

アルバイトの女の子
 「まだバイト募集してるからよかったらウチにきてね」スッ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:52:01.30 ID:wsiSRYmP0

>女の子が手を差し出す…
 友好の握手を求めているのだろう

唯「はい!そのときはよろしくお願いします!」ギュッ

>手を握り返した

アルバイトの女の子
 「ふふ、こちらこそ。私はまだここでチラシ配らないといけないから」

唯「はい、さよーならー」

アルバイトの女の子
 「気をつけて帰ってね」

梓「……」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 14:52:13.65 ID:wsiSRYmP0

唯「ねえねえ、あずにゃん!ケーキ屋さんでアルバイトしたらケーキ食べ放題にしてくれるかな」

梓「それは無理だと思いますよ」

唯「えー!そうなの?」

梓「真面目に働きましょうよ…」

唯「うう……へっくしゅん!」

梓「大丈夫ですか唯先輩?雨で冷えたのかな」サスサス

>梓が背中をさすってくれている

唯「えへへ、大丈夫だよ」

>…気分が悪くなってきた
 雨で冷えて風邪をひいてしまったのかもしれない

梓「顔色悪いですよ?無理しないでください」

唯「うん、ありがとあずにゃん」

梓「今日は夜中まで起きてないで早く休んだほうがいいですよ」

>梓に釘を刺されてしまった



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:00:36.19 ID:wsiSRYmP0

──平沢宅 夜 雨

唯「ご馳走様でしたー!」

憂「お粗末様です」

唯「う~い~、デザートにアイス食べたいな~」チラチラ

憂「また今度ね。それよりお姉ちゃん今日は平気なの?」

唯「大丈夫だよ~」

>いつの間にか具合がよくなっている
 これなら遅くまで起きていても大丈夫だろう

憂「それならいんだけど。念のために今日は夜更かししないで早く寝るんだよ?」

唯「も、もちろんだよ!ばっちりだよ!」

憂「なんだか心配だなあ」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:02:02.99 ID:wsiSRYmP0

──平沢宅 深夜 雨

>そろそろ0時になる
 憂を起こさないようにこっそりリビングに行こう

唯「(とうちゃ~く)」スタッ

唯「さっそくテレビを見てみよ」

>覗き込むとテレビ画面に人の顔が映っていた!

唯「うひゃあ!!」

>…映ったのは反射した自分の顔のようだ

唯「寿命が100年は縮まったよお。…でもそうなると私死んじゃうんじゃ」ブツブツ

唯「あ、そんなことよりもう0時じゃん!」

>テレビ画面を凝視する。しかし何も映らない
 やはり単なる噂話に過ぎなかったのだろうか…

唯「…ん~?」

>砂嵐と共にテレビになにか映りだした
 砂嵐がひどくて見づらいが、映っているのは女性のようだ



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:02:19.25 ID:wsiSRYmP0

唯「噂はほんとだったんだ…」

>よく見ると女性は桜が丘高校の制服を着ている

唯「うちの生徒?だ、誰なんだろ」

>食い入るように画面に顔を近づけると…
 なんと!顔がテレビの中に入ってしまった!

唯「うわわ!どど、どうなってるの!?」

>テレビ画面から慌てて顔を引き離した

唯「はあ…はあ…び、びっくりした~。でもなんで……」

唯「ハッ!もしや私エスパー!?」

憂「お姉ちゃん!!」パタパタ

唯「う、憂!」

憂「すごい声がしたけど、大丈夫!?」

唯「なんでもないんだよ!少し寝ぼけてたみたい、でへへ」

憂「そ、そう…」

>すごい体験をしてしまった
 明日みんなにこのことを話してみよう



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:02:31.57 ID:wsiSRYmP0

──学校(教室) 午前 晴

唯「おっはよー」

律「やっときたか~!」

澪「唯は昨日テレビ見た!?」

唯「うん!見たよ!」

>昨日見たことをみんなに話した

律「唯も同じものを見てたか」

澪「あの子うちの高校の制服着てたよね」

紬「間違いないと思うわ。それと映ってた女の子だけど…」

唯「ムギちゃんのお知り合い?」

紬「行方不明の副会長さんに似てた気がするの」

律「…マジかよ」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:02:50.08 ID:wsiSRYmP0

澪「副会長がみんなの運命の人ってことはないよな…」

律「あってたまるかっての」

紬「じゃあ、副会長さんは……」

唯「うん!副会長さんはテレビの中に吸い込まれちゃったんだよ!」

澪「……」

紬「……」

唯「あれ?」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:03:08.07 ID:wsiSRYmP0

律「だから、それは唯が寝ぼけてただけだって」

澪「テレビの中に入ったって話は信じられないなあ」

唯「ほ、ほんとなんだってば!ほんとにテレビの中に、頭からずぼーっと!」

律「で、テレビの中はどうなってた?」

唯「案外広かったよ~」

律「ぷっ!」

澪「あははは!やっぱり夢だよ、唯」

唯「ほんとなのに~!」

さわ子「こ~ら。あんたたち何騒いでるの?SHR始めるわよ~」

>テレビの中に入ったことは信じてもらえなかった
 釈然としないまま朝のSHRが始まった



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:09:06.88 ID:wsiSRYmP0

さわ子「…点呼おしまいっと。うんうん、みんな元気ね」

さわ子「今日の連絡事項だけど…」

 ピンポンパンポーン

 『先生方にご連絡します。緊急職員会議を行いますので至急職員室にお集まりください』

さわ子「なにかしら?ちょっと行って来るから、指示があるまで教室で自習ね!」タタッ

>さわ子先生は駆け足で出て行ってしまった

 ザワザワ ガヤガヤ

律「緊急会議だってさ。なんだろな?」

澪「一応授業中なんだから、出歩くなよ」

律「かたいこと言うなよ~。ほら、唯とムギもきたぞ」

唯「また事件かな」

紬「不安ね…」

澪「じ、事件!?」ガクガク



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:10:01.82 ID:wsiSRYmP0

和「自習中に出歩いちゃだめじゃない」

律「和だって出歩いてるだろー」

和「まあそうなんだけど。それにしてもさっきの放送気になるわね」

澪「や、やっぱりまた事件なのかな」

和「そうかしれないわ。さっきパトカーのサイレンが聞こえたし」

唯「うそ!?」

律「そういえば鳴ってたような…」

澪「本当に事件があったのか…」

和「おそらくね」

>一時間後、生徒は急遽下校することになった
 さわ子先生が言うにはこの近くでまた事件があったらしい…



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:10:23.28 ID:wsiSRYmP0

──通学路(下校中) 午前 晴

唯「事件ってなにがあったんだろ…」

澪「も、もしかして副会長が……」

紬「……」

律「な、ないない!きっと別件だって」

紬「だといいのだけど…」

律「それよりさ、ここのまま真っ直ぐ帰るのは勿体無くないか?」

唯「寄り道?この時間帯ならお店とかすいてるし、いいかも~」

澪「い、今はやめたほうがいいよ!危ないし、先生に見つかったら怒られるだろ!」

律「まだ午前中だぜ?日が高いうちに帰れば平気だよ」

唯「うんうん!ばっちりだよ!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:10:53.57 ID:wsiSRYmP0

澪「寄り道はダメだったら!ムギも言ってやってよ」

紬「ごめんなさい。今日は用事があるからお付き合いできないの~」

澪「そうじゃなくて!」

律「残念だな」

唯「ムギちゃんとイケナイ寄り道したかったのに~」

紬「うふふ、また今度誘ってね!また明日~」タタッ

>紬は帰ってしまった

澪「む、ムギ~!」

律「頼みの綱のムギは行っちゃったぞ、澪ちゃん」

唯「もう逃げられないよ~」

澪「ひぇっ!?」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:11:21.21 ID:wsiSRYmP0

──ジュネス桜が丘店 午前 晴

>最近オープンしたショッピングセンター、ジュネスにやってきた

律「なかなかよかったろ、ここのCDショップ」

澪「ああ!探してたCDがやっと見つかった♪」

唯「商店街のCDショップと比べてずいぶん広いね~」

澪「またこよーな♪」

唯「来る前はあんなに嫌がってたのに~」

律「澪ちゃんはイヤラシイ子ね」

澪「だ、だって…ジュネスきたことなかったし…」モジモジ

律「エブリディ・ヤングライフ♪」

唯「ジュネス♪」

澪「ば、馬鹿にしてるだろ~!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:11:37.07 ID:wsiSRYmP0

律「ちょい待ち。向こうの家電売場見て行かない?」

唯「いいよー」

澪「なに買うんだ?」

律「家のテレビたまに映りが悪くなるから、買い換えようと思ってたんだ~」

唯「せっかくだからこの店で一番大きいの買おうよ、りっちゃん!」

律「一番おっきいテレビください!」

唯「まいど~!」

律「って買うか!そもそもそんな金ないっつーの。下見だよ」

唯「ちぇ~」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:17:12.34 ID:wsiSRYmP0

澪「家電売場は人がいないな…」

律「ショッピングセンターの家電は売れないって聞くしな」

唯「テレビも品揃え少ないね」

律「……ぷっ!」

澪「どうしたんだよ律」

律「今朝のこと思い出しちゃってさ~」

唯「今朝のことー?」

澪「あ…唯がテレビに入ったっていう」

律「そんなことあるわけないよな~」

澪「きっと3Dテレビの隠れた機能なんだよ。くくく」

律「そんな機能あるかーい!あはは!」

唯「ひどいよ、二人とも~」

律「悪い悪い。さて、ここだといくらぐらいするのかな~っと」

澪「…高いな」

律「買うなら家電量販店行ったほうがいいな…」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:17:57.18 ID:wsiSRYmP0

唯「(もー!本当に入れたのに!)」プンスコ

>目の前には50インチのテレビがある
 この大きさなら人も楽々入れるだろう。試しにテレビ画面に触れてみた

唯「わわっ!」ズブゥ

律「どしたー、唯。テレビにでも入っちゃったのかー?」

澪「お、おい律!唯!唯の手!」

律「……はい?」

唯「ほ、ほら!テレビに入れたでしょ!」

律「どーなってんだそれ!手品か!?手品だよな!?」

唯「違うよ!ほんとにテレビに入っちゃってるんだよ!」

澪「めまいが……」

唯「中覗いてみるね!」

律「覗くっておまえ!」

澪「頭ずっぽり入っちゃってる!?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:18:10.58 ID:wsiSRYmP0

唯「なんかね、ひろーい空間が続いてるー!」

律「テレビの中にかよ!?」

澪「し、信じられない」

唯「うわわ!?引っ張られるよ~!りっちゃん澪ちゃん助けて~!」

律「わ、分かった!澪、唯を引っ張りだすぞ!」

澪「う、うん」

唯「のおおお!もうダメかも!?」

律「諦めるの早っ!!」

澪「うわああああ!!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:18:22.76 ID:wsiSRYmP0

──テレビの中(???)

澪「唯!起きてよ唯!」ユサユサ

唯「ううん…ケーキはもう入らないよムギちゃ~ん…」デヘヘ

澪「寝ぼけてる場合か!律がいなくなっちゃたんだよ!」

唯「はえ?……ここどこ?」

澪「信じたくないけど、テレビの中…。私たちも一緒に吸い込まれちゃったんだ」

>だんだんと記憶がよみがえってきた
 …そういえば律の姿が見えない

唯「り、りっちゃんは!?」

澪「だからさっきから言ってるだろう!起きたら律がどこにもいないんだ!」

唯「なんですと!?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:18:42.67 ID:wsiSRYmP0

唯「りっちゃんを探さなきゃ!」

澪「うん」

唯「…霧でよく見えないけど、近くにはいないみたいだね」キョロキョロ

澪「たぶんあっちの方に行ったんだと思う」

唯「じゃあ行ってみようよ!」

澪「……」

唯「澪ちゃん?」

澪「う、うん、行こう」ビクッ

>律の捜索を開始した



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:19:06.70 ID:wsiSRYmP0

>霧で視界が悪い…

唯「霧がすごいねー。来た道がもう見えないよ」

澪「そうだな…」

唯「りっちゃんこっちにいるかなあ?」

澪「たぶん」

唯「なんでこっちにいるって分かるの?」

澪「気配って言うか、うまく言えないんだけどそういうのを感じるんだ」

唯「テレパシー?私全然感じないのに澪ちゃんすごいな~」

澪「……」

>澪の元気がない
 どうしたのだろう…



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:26:31.55 ID:wsiSRYmP0

──テレビの中(生徒会室)

唯「ここには霧がないね。それに学校の教室みたい」

澪「桜が丘高校の生徒会室に似てる」

唯「そういわれればそうかも…」

>長机の上には何十枚もの紙が散乱している
 血のような赤い文字でなにか書いてあるが、読み取ることはできない

唯「うわ…血みたいで気持ち悪い…」

澪「……ひっく…うっ…」

>澪は泣き出してしまった

唯「だ、大丈夫だよ澪ちゃん!こんなのへっちゃらへーだよ!」

澪「もぉやだ…うちに帰りたいよ…うう…」

唯「りっちゃん見つけないと!勇気だして頑張ろ?ね?」

澪「でも、怖い…」グスン



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:26:49.90 ID:wsiSRYmP0

唯「私も側にいるから大丈夫だよ~」

澪「……」

唯「じゃあこうしよ!私と手を繋ぐの!」ギュッ

澪「あ…」

唯「これでどんなことがあっても離れないんだ~。むしろ二度と離れられないかも!?」

澪「そ、それは困る」

唯「怖いのは一緒だよ。りっちゃんだって何処かで怖がってると思う」

澪「……うん…私…頑張って探す」

唯「よーし!りっちゃん捜索隊再しゅっぱーつ!」

澪「…っ!」

唯「どうしたの?」

澪「あ、あそこ…!」

>澪が前方を指差す
 なにか気味の悪いものがうごめいている



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:27:04.83 ID:wsiSRYmP0

persona_mon1_aa.png



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:27:23.19 ID:wsiSRYmP0

唯「なにあれ…お、お化け…?」

澪「やだやだ!もう嫌ー!」

>澪は座り込んで泣き出してしまった

影A「……?」

影B「ギー!」

>影たちに気付かれた!

唯「澪ちゃん逃げよう!食べられちゃうよ!?」

澪「怖いよ、助けてよ!律うう!!」

>澪は恐怖のあまり混乱している!

唯「(こ、こうなったら私がなんとかしないと!)」

影A「グバアアアア!」

唯「っ!!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:33:27.43 ID:wsiSRYmP0

────我は汝──汝は我


>頭の中で声がする…


──双眸見開きて汝──今こそ発せよ


唯「…ペ…ル…ソ…ナ」

唯「ペルソナッ」カッ!




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:34:47.90 ID:wsiSRYmP0

persona_per1_aa.png



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:35:15.53 ID:wsiSRYmP0

persona_per2_aa.png



BGM:Reach Out To The Truth -First Battle-
    (http://www.youtube.com/watch?v=pnLR8-bW_hA&feature=watch_response)
BGM http://www.youtube.com/watch?v=pnLR8-bW_hA&feature=watch_response






56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:35:36.85 ID:wsiSRYmP0

唯「これが私の心の力…イザナギ…」

影A「グギャババババ!」

>影Aが雄たけびをあげながら襲いかかってきた

唯「き、きたな!弾きかえしちゃえー!」

>イザナギは剣で影Aを弾き飛ばした!
 影Aは彼方へ吹き飛んだ

唯「すっごい!すっご~い!よーし、向こうのべろんちょもやっつけるぞ!」

>イザナギの剣が影Bを襲う!
 影Bはなす術もなく彼方へ吹き飛んだ

唯「やったあ!大勝利だよ、イザナギ~!」

>影A、Bを倒した!



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:35:49.53 ID:wsiSRYmP0

澪「怖い怖い怖い…」ブツブツ

唯「澪ちゃんもう平気だよ。怖いお化けはやっつけたから」

澪「ほ、ほんと?……ひっ!」ビクッ!

>澪はイザナギに怯えている

唯「ぎ、ギー太は違うよ!味方だよ!?」

澪「ギー太…?」

唯「ほんとはイザナギって言うんだけど、それだとかわいくないからギー太!」

澪「…?」

唯「うーん、名前が一緒だとややこしいかなあ。ギー太MKⅡにしようかな…」

澪「やっぱり怖い~!」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:36:02.94 ID:wsiSRYmP0

唯「ギー太はね、私のボディーガードなんだよ!」

澪「唯の?」

唯「澪ちゃんも守ってくれるよ!それにギー太ってかっこいーんだー♪」

澪「……ちょっとかっこいいかも」

唯「でしょ!」

澪「ほ、ほんとに怖いお化けじゃないんだよな?」

唯「うん!逆に守ってくれるナイトさんなんだから」

澪「ナイト…」

唯「だから頑張ってりっちゃん探そう?」

澪「…う、うん」

澪の声?
 「あははは!強がっちゃって!」

唯「だ、だれ!?」

澪「…っ!」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:43:28.49 ID:wsiSRYmP0

澪の影
 「だいたいなんで私が律を探さないといけないんだ…」

唯「澪ちゃんが二人!?」

澪「そんな…」

澪の影
 「こんなことになったのは唯のせいだろう?私は悪くない」

澪「な、なに言ってるんだ…」

澪の影
 「律も律でさー、毎回後先考えずに行動するからこういうことになるんだ」

澪の影
 「私はいっつもけいおん部のこと考えてるのに遊びたいだのお茶しようだの…」

澪の影
 「勇気を出せ?怖がるな?普段ふざけてるくせに、こんなときだけいい子ぶらないでよ」

澪「私そんなこと考えてない!!」

澪の影
 「考えてるだろ?私には分かるんだ。だって私はあなたなんだから!あはは!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:43:47.55 ID:wsiSRYmP0

澪「違う…私じゃない…あなたは私じゃない!!」

澪の影
 「…あはは!そーだよ!もう私はあなたじゃない!」

>自身に否定されたことにより澪の影が暴走する

唯「うわわ!」

澪「あなたは私じゃ…私じゃない…」バタリ

>澪は気絶してしまった

澪の影
 「あなたを消して、私は私になる!」

唯「澪ちゃんが危ない!助けるよ、ギー太!!」

澪の影
 「ォオオオオオオオオ!!」カッ



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:44:16.10 ID:wsiSRYmP0

persona_mon2_aa.png



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:44:36.88 ID:wsiSRYmP0

唯「これが澪ちゃんの影の正体…」

澪の影
 「唯…邪魔するならあなたもタダじゃおかない…」

唯「友達を見捨てられないよ!」

澪の影
 「あっそう。じゃあ絶好だ!」

>澪の影の爪が唯に襲い掛かる!

唯「ギー太避けるよ!」

>イザナギが後方に跳び、引っ張られるように退いて回避した

唯「すかさず反撃だ!いっけー!」

>イザナギのスラッシュ攻撃!

澪の影
 「ぐっ!大人しくしていれば楽に死なせてあげようと思ったのに!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:44:53.23 ID:wsiSRYmP0

澪の影
 「私には分かるんだからね…。唯のペルソナは風の魔法に弱いって!」

>突風が唯とイザナギを襲う!
 
唯「わっ!……あいたた」ドシン

>唯はダウンした!

澪の影
 「あはは!泣いて謝ったら許してあげてもいいよ?」

唯「全然へっちゃらだよ!これからなんだから!」スクッ

澪の影
 「強がらないで!」

>再び突風が唯たちを襲う!
 唯はダウンした!

唯「きゃああー!」

唯「……う」バタリ

澪の影
 「あっけない。結局唯も口だけだったんだ……」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:45:10.04 ID:wsiSRYmP0

唯「……はあ…はあ」ムクリ

澪の影
 「…どうして、どうして立ち上がるの」

澪の影
 「死ぬかもしれないんだよ!?怖いでしょ!?逃げなさいよ!!」

唯「すっごく怖いよ…」

澪の影
 「ならなんで…」

唯「怖いけど、友達を失うほうがもっと怖いもん!」

澪の影
 「……っ!」

唯「だから逃げるわけには行かないんだよ!」

>イザナギの捨て身の一撃!
 澪の影に大ダメージを与えた!

澪の影
 「きゃあああああ!!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:52:46.65 ID:wsiSRYmP0

唯「…澪ちゃん、澪ちゃん」

澪「んあ…唯?」

唯「大丈夫?」

澪「うん…平気……あ」

>元の姿に戻った澪の影が静かに佇んでいる

澪「あなたは私じゃ…」

唯「理由は分からないけど、あの子は澪ちゃんの中から出てきたんだと思う」

澪「私の心の…?」

唯「うん。澪ちゃんが認めてあげないと、また暴走しちゃうよ」

澪「……」

澪「あなたは私じゃないよ…」

唯「…澪ちゃん」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:52:58.02 ID:wsiSRYmP0

澪「……」

澪の影
 「……」

澪「今だって足がガクガク震えるんだ。人一倍臆病だから…行動力のある律が妬ましくて…」

澪「律とどんどん仲良くなる唯に嫉妬して…」

澪の影
 「……」

澪「そんな心が私にもあったんだな……」

澪「あなたは私。認めるのはやだけど、目を逸らしちゃだめなんだよね」

澪の影
 「……」ニコッ



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:53:08.57 ID:wsiSRYmP0

>自分と向き合える強さが力へ変わる
 澪は「ヒミコ」のペルソナを手に入れた!

澪「……ふう」

唯「よかったね、澪ちゃん!」

澪「唯のおかげだ」

唯「私はちょっとお手伝いしただけだよ!自分の心に向き合うことができたのは澪ちゃんの力だもん!」

澪「本当にありがとな、唯」

唯「え?いやー!あははー!照れちゃうなー///」

澪「…気を取り直して律を探そう」

唯「りょーかいだよ!でもりっちゃんどこにいるのかな?」

澪「大丈夫、私に任せて。…ヒミコ!」カッ

唯「澪ちゃんのペルソナは女の子なんだね。かわゆいな~」

澪「あ、ありがと。今からペルソナの力を借りて律を探す」

唯「そんなことができちゃうの?」

澪「私のペルソナには探索能力があるんだ」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:53:19.07 ID:wsiSRYmP0

>澪は精神を集中している…

澪「…あっちの方向から律の気配を感じる。すぐ近くだ」

唯「さっすが澪ちゃん!私だけだったら霧の中で迷子になってたよ~」

唯「頼りになりますな~」

澪「そ、そうかな…///」テレテレ

律の声
 「なんなんだよおまえは!!」

唯「今のってりっちゃんの声!?」

澪「急ごう!」

唯「がってん!!」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:53:30.83 ID:wsiSRYmP0

唯「りっちゃん!」

澪「律!」

律「唯、澪!」

>律の目の前にもう一人の律がいる
 澪のときと同じだ

律の影
 「ようお二人さん!」

律「黙れてって言ってるだろ!」

唯「りっちゃん落ち着いて!」

澪「冷静になるんだ!」

律の影
 「はあ?何言ってるんだよおまえら。いっつもいっつも思ってたけど…」

律「だ、黙れよ!」

律の影
 「おまえらうぜーんだよ!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 15:53:48.39 ID:wsiSRYmP0

律の影
 「澪は勉強しだの練習しろだの、いちいち指図しやがってよ。姑かっての」

律の影
 「唯はいっつもふわふわしててさ、空気読めないっての?たまにイラっとするんだよねー」

律「そんなこと…思ってない…」

律の影
 「思ってんだろー?おまえのことはなーんでもお見通しなんだぜ?」

律「違う…こんなの…」

律の影
 「あん?よく聞こえなかったな。もう一度大きな声ではっきり言ってくんない?」

唯「りっちゃん、それ以上言っちゃだめ!」

澪「よせ!」

律「おまえなんか私じゃない!!」

律の影
 「……そう、その言葉が聴きたかったんだよ!ははは!!」カッ

律「う……」バタリ

>自身に否定されたことにより律の影が暴走する!



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:00:54.44 ID:wsiSRYmP0

persona_per3_aa.png



BGM:I'll Face Myself -Battle-
    (http://www.youtube.com/watch?v=_58-XYXuJMs&feature=related)
BGM http://www.youtube.com/watch?v=_58-XYXuJMs&feature=related





74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:01:08.93 ID:wsiSRYmP0

澪「律…!」

律の影
 「ひゃははは!どけどけどけどけー!うぜーものは全部ぶっ壊してやるよ!」

唯「りっちゃんを助けるめに力をかして澪ちゃん!」

澪「わ、わかった!いくよ、ヒミコ!」カッ

唯「ギー太!」カッ

律の影
 「隙だらけだっての!こいつをくらいなっ!」ブワッ!

>激しく吹き荒れる風が二人を襲う!

唯「うわわわ……わあ!」ドシン

>唯はダウンした!

澪「くっ!唯大丈夫か!?」

唯「いたた、思いっきりお尻うったよ…」

>澪は唯を助け起こした



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:01:27.06 ID:wsiSRYmP0

澪「唯のペルソナとは相性が悪いな…」

唯「そうみたい…あいたた…」サスリサスリ

澪「唯のペルソナに弱点があるように、律の影にも弱点があるはずだ」

澪「ヒミコの力を借りて私が探ってみる」

唯「それまで時間稼ぎすればいいんだね?」

澪「お願い!」

律の影
 「こそこそなにしてんだ?うざってーんだよ!」ブン!

>平手が唯を襲う!

唯「ほっ!」ピョン

>イザナギの跳躍を駆使してすんでのところで避けた

律の影
 「うらあああ!!」ブンブン!

>律の影の連続攻撃!

唯「わわっ!?」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:01:39.65 ID:wsiSRYmP0

律の影
 「ちっ、ちょこまかとウゼー…」

唯「ふぅ…ふぅ…澪ちゃんできれば早くして欲しいかも」

澪「あとちょっとだ!」

律の影
 「めんどくせー。またこいつを食らわせてやるよ!」ブワッ!

>激しく吹き荒れる風が唯を襲う!

唯「よ、避けられないかも~!?」

澪「唯!!」バッ

>澪は唯をかばった

唯「澪ちゃん大丈夫!?」

澪「…平気だ。それよりあいつの弱点が分かった!雷だ!電撃の魔法を使え!」

唯「ええ!?電撃の魔法なんて私…」

澪「唯のペルソナなら使えるはずだ。自分を、ギー太を信じろ!」

唯「ギー太を…うん!」

律の影
 「泣かせる友情ごっこだな~。そろそろクライマックスと洒落込もうぜ!」ゴッ!



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:02:04.95 ID:wsiSRYmP0

唯「ギー太あああ!!」カッ!!

>イザナギが放った電の刃が律の影に直撃する!

律の影
 「ぐあああ!?なんだこりゃ…身体が痺れて力がはいらねー…」ドシーン

>律の影はダウン!
 総攻撃のチャンス!

唯「今がチャンスだ~!」ドカドカ

澪「え~い!」ビシビシ

>律の影に大ダメージ!

律の影
 「ち、ちくしょう……」

>律の影を倒した!



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:07:42.65 ID:wsiSRYmP0

律「……唯と澪じゃん…おはよ」

澪「お早うじゃないだろ!どれだけ心配させるんだ!」

唯「勝手に出歩いちゃメッ、なんだよ~?」

律「あはは、ごめん」

澪「…謝る相手がもう一人いるぞ」

>律の影が静かに佇んでいる

律「まいったな。おまえにも謝らないとだめか…」

律「…私めちゃめちゃかっこ悪いよな」

唯「りっちゃん…」

律「正直認めたくないよ。こんなやつが私の中にいたなんてさ」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:07:55.10 ID:wsiSRYmP0

澪「…私の中にも弱い自分がいる」

律「澪?」

澪「今まで目を逸らして逃げてたけど、今日のことで向き合わなきゃって思った」

澪「かっこ悪いけど、それは間違いなく自分なんだから」

律「……」

澪「勇気を出して」

律「勇気か…。澪にそんなこと言われるとは思わなかったぜ」

澪「私は強くなったからな!……少しだけね」

律「そっか…」

律の影
 「……」

律「自分と向き合うのってきっついな……」

律「おまえは私だ。否定してごめん。もう目を背けたりしない」

律の影
 「……」コクン



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:08:12.89 ID:wsiSRYmP0

>自分と向き合える強さが力へ変わる
 律は「ジライヤ」のペルソナを手に入れた!

律「これが私のペルソナ…」

澪「やったな、律」

唯「りっちゃんなら大丈夫だと思ってたよー」

律「…二人ともサンキューな。一人じゃ無理だった」

唯「珍しくりっちゃんがしおらしいですね~」ニヤニヤ

澪「はは、らしくないよな」

律「うるせー!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:08:56.53 ID:wsiSRYmP0

律「んー!少しだけ心が軽くなった気がするよ」

澪「そうだな……」

律「しっかし、ここもおかしな所だよな。ほんとにテレビの中なのか?」

唯「たぶん?」

澪「考えても仕方ない。みんな揃ったことだし、ここから出よう」

唯「最初にいた場所まで戻る?」

律「そうすっか。きっとのその近くに入り口が、そして出口もあるはずだ」

唯「澪ちゃん、最初にいた場所の位置分かる?」

澪「任せて。ヒミコ!」カッ

律「それが澪のペルソナかー」

唯「かっわいいよねー」

律「澪にぴったりだな」

澪「……む、向こうだ///」テレッ

律「うし、んじゃ行きますかー」

唯「あいあいさー!」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:09:11.54 ID:wsiSRYmP0

──テレビの中(生徒会室)

唯「あ、ここさっき通ったね」

澪「うん。やっぱりこっちであってたな」

律「…この部屋桜が丘高校の教室に似てるな」キョロキョロ

唯「なんでだろーねー」

律「あ!」

唯「お化け!?」

澪「ひっ!!」ビクッ



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:16:59.24 ID:wsiSRYmP0

律「これ……」

>長机の下に一足の上履きが落ちている…

唯「桜が丘高校指定の上履きだよね」

澪「上履きのカカトに書いてある名前…」

律「うちの生徒会長と同じ名前だ」

澪「珍しい名前だから、偶然ってことはない…よね?」

律「たぶんな…」

唯「どういうことなんだろ」

律「例の殺人事件とこの世界は関係あるのかもしれない」

澪「と、とにかく今は元いた場所に戻ろ?ここに長居するのは危険だ」

律「そだな。行こう」

唯「うん…」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:17:16.82 ID:wsiSRYmP0

──テレビの中(???)

唯「霧でよく見えないけど、たしかここだったよね」

澪「うん、間違いない」

律「しょーじき私は分かんねー」

唯「近くに出口あるのかな」

律「探してみよう」

澪「みんなあまり離れないようにね」

唯「あーい」

律「了解~」

澪「(不安だな…)」

律「ああ!!」

澪「どしたんだ律!?」

唯「出口あったの!?」

律「100円落とした~」

澪「(不安だ…)」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:17:51.62 ID:wsiSRYmP0

唯「んん~?」

>前方に人影が見える
 近づいてみると、それは大きなクマのヌイグルミだった

唯「りっちゃん、澪ちゃんしゅーごー!」

律「なんだなんだー?」

澪「今度は10円落としたとか言わないよな」

唯「あはは、りっちゃんじゃないんだから~」

律「…おい」

澪「…これは…ヌイグルミか?」

>クマは珍妙なポーズをとって立っている

律「みたいだなー」ポンポン

澪「ち、近づいて平気か?危なくないか?」

律「平気だって」

唯「何気にかわいいよね!」ナデナデ



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:18:43.54 ID:wsiSRYmP0

律「張り紙が貼ってあるぜ。なになに……」

>『ご自由にお持ちくださいクマ』

唯「この子持って帰っていいってこと!?わーい!」

>クマを持ち上げようとすると、首が外れてしまった

澪「ゆ、唯!?」

唯「クマさんの首がとれちゃったよ~!」ブンブン

澪「ひっ!こっちに向けるな~!」

唯「澪ちゃーん!」バタバタ

澪「くるなー!」バタバタ

律「…首は元から取れるようになってたいみいだぞ」

唯「そうなの?」

律「ああ。クマの中身は…」

>クマのヌイグルミの中にたくさんの眼鏡が入っている



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:18:57.50 ID:wsiSRYmP0

律「ご自由にお持ちくださいって、眼鏡のことなのかも」

唯「クマさんは眼鏡屋さんだったんだね!」

澪「違うと思う…」

律「この状況で眼鏡かけてもな…」

唯「ジュワッ!」スチャッ

澪「ウルトラマンかっ!」

唯「りっちゃん、澪ちゃん!この眼鏡すごいよ!?」

律「ただの眼鏡だろ?」

唯「いーからかけてみてよ!」

>唯に言われたとおり眼鏡をかけてみる…
 霧が消えて通常の視界を確保することができた

澪「はっきり見える…!」

律「ただの眼鏡じゃなかったのか…」

唯「びっくり眼鏡だよ~!」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:19:28.30 ID:wsiSRYmP0

>改めて周囲を見回す
 どうやらここはステージのようだ

唯「スポットライトもあるよー」

律「今度ここでライブするかー」

澪「絶対嫌だ!」

>ステージの隅に古風な形のテレビがある
 あれが出口だろうか…

律「あのテレビが一番怪しい」

澪「出口らしい出口っていったらこれしかないぞ」

唯「迷わず行こう!行けば分かるさ!」フンス

律「他に道はないしな…」

澪「す、少し怖い」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん!お手手つないであげるよ!」

澪「ひ、一人で平気だ!」

唯「あ~、置いていかないでよ~」

律「最後は私か…よっ!」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:25:41.86 ID:wsiSRYmP0

──ジュエス桜が丘店 午後 晴

>無事に帰ってくることができた

澪「…助かった」

唯「スリリングな体験だったね~」

律「死ぬかと思ったぜ」

唯「安心したらお腹すいてきちゃった」

澪「そう言われれば…」

律「げ!もうお昼過ぎてるよ!」

澪「ほ、ほんとだ」

唯「こんなに長い時間テレビの中にいたの!?」

律「実感ないけど、そうみたいだな」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 16:26:04.95 ID:wsiSRYmP0

澪「夢じゃないんだよね…」

唯「うん」

律「信じられないことばかりだったな…」

>テレビの中の世界、影の怪物
 そして被害者の遺留品…

>分からないことだらけだ
 明日また学校で話し合う約束をして、解散することになった




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ペルソナ?マヨナカテレビ?」#前編
[ 2011/07/04 23:32 ] クロス | P4 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6