SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「かたつむりとねこ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「かたつむりとねこ」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309968512/l50




1 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:08:32.32 ID:ZFfpNZ6q0

ある日、私のかたつむりがうまく生きてくれなくなった。
それは部活を終えて、みんなで帰っていたときのことだった。
何の前触れもなく、私はバランスを崩して段差も何もない平らな道の真ん中で転んでしまった。

唯「いたたた…」

律「うわっ!?唯、大丈夫かよ!?」

澪「ど、どうしたんだ!?いきなり転んだぞ?大丈夫か?」

紬「怪我してない!?唯ちゃん!!」

唯「えへへ…だ、だいじょうぶだよ…、ちょっところんじゃった!」

転んで地べたに座る私をみんなが取り囲む。

唯「あ!?」

私の声にみんながさらに私を見下ろす。





3 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:10:03.15 ID:ZFfpNZ6q0

唯「ギー太!?今のでもしかしたらギー太ぶつけちゃったかもしれない!?ど、どうしよう!?」

ギー太は私の大切な相棒だ。どうしよう…もしぶつけて傷ついていたりしたら…。

律「ギー太もっといてやるよ、ほら、かしな」

唯「あ、ありがとう…りっちゃん」

りっちゃんにギー太を預かってもらう。とたんに肩が軽くなった。
あずにゃんがりっちゃんのところへ行って、ギー太をソフトケースから取り出す。

唯「あずにゃん…ギー太、大丈夫かな?ぶつけてない?」

あずにゃんは無言でギー太を見渡して、私のほうを見てホッとしたような顔を見せた。
ギー太は大丈夫だったんだろうか。

律「お!!よかったな!ギー太なんともないってさ」

唯「ほんと!?よ、…よかった…よかった…」

律「あ、そう?唯、梓がギー太持つってー、私じゃ心配なんだってさー、はははは、中野ぉ!」

私の後方あたりでりっちゃんとあずにゃんが騒いでいるようだった。

唯「ありがとねー、あずにゃん、むったんも持ってて重たいのに」



5 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:11:39.72 ID:ZFfpNZ6q0

ちょっとだけ振り返る。
あずにゃんの首をふざけてしめてるりっちゃんがおや、?という顔をした。
あずにゃんも、なんだか変に困ったような顔をしていた。

その2人の様子をすこし不思議に思いながら私は前を向いた。

澪「たたた、た、たしか・・・こないだもらったのをいれていたような・・・」

澪ちゃんは、私の前方右側でバッグをなにやらゴソゴソして、
駅前で配られているのをもらったのであろう、ポケットティッシュを渡してくれた。

澪「とととと、と、とりあえず、…そ、それ!!ふ、拭いてくれっ!!」

見ると、右足をすりむいたらしく、ひざ小僧のあたりからふくらはぎの部分まで血が垂れていた。

唯「あ、ご、ごめんね?澪ちゃん、痛いのとか、血とか見るの嫌いなのに」

私にティッシュを渡すと、自然に澪ちゃんは一歩退いた。

律「ったく…あいかわらずだなー、澪は!」

澪「し、しかたないだろぉ!!痛いのだけは見るのも聞くのもダメなんだから!…っち、血とか…」

りっちゃんがからかうように言うと、澪ちゃんが恥ずかしいのか少しりっちゃんを怒る。

いつもとかわらない光景だった。



8 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:15:51.25 ID:ZFfpNZ6q0

ティッシュを1枚取り出して、血を拭いた。
ティッシュはすぐに赤く染まった。

紬「はい、唯ちゃん、こればんそうこう」

私がある程度血を拭き終わると、私のすぐ左横にしゃがんでいたムギちゃんが絆創膏をくれた。

唯「あ、…ありがとう、ムギちゃん」

紬「どういたしまして」

そう言って、私に優しく笑いかけてくれた。

こういう気配りができるムギちゃんも、いつもと変わらなかった。

絆創膏をはる。
右ひざは怪我をしたことを嫌にでも自覚せざるをえない外見になった。
「私はひざを怪我したんだ」とわかってくると、しだいにひざがズキズキと痛み出した。
でも、みんなに心配をかけさせるわけにもいかないから、痛いのは顔には出さないようにして
出来るだけ自然に見えるようにゆっくりと立ち上がる。

唯「よいっしょ・・・っと、てへへ、みんなごめんね?あ、あずにゃん、ギー太ありがとう!」

振り返ってあずにゃんからギー太をもらおうとした。



9 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:20:09.62 ID:ZFfpNZ6q0

振り返ってみると、あずにゃんはさっきよりもっと変に困ったような顔をしていた。

律「というか、唯!」

唯「え?なに?」

澪「さっきから梓が話しかけてるのに、どうして無視してるんだ?」

唯「・・・っえ?」

澪ちゃんの言っていることが、よくわからなかった。
あずにゃんは、さっきから一言も私に話しかけてなんていない。

律「澪の言う通り!梓がさっきから、『大丈夫ですか?』とか
  『ギー太なんともなくてよかったですね』って話しかけてただろ?なんでシカトするんだよ?」

唯「えっ?えっ?」

戸惑う私をよそに、私の目の前であずにゃんがなにやら口をパクパクしていた。

唯「え?…あ、あずにゃん?なにそれ。トンちゃんの真似かなにか、かな?」

出来るだけ、笑顔で、明るい感じにいってみたけど、
あずにゃんはギョッとした顔で私を見た。



12 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:24:27.37 ID:ZFfpNZ6q0

そして、何かを私にむかって、叫んだように口を大きく開けたり、閉じたりを繰り返す。

その行動を見ているたびに、私の心臓の拍動が早くなっていく。
その拍動とシンクロして、右ひざもズキズキとする。
そのひざの痛みから、これが夢なんかではないと知らされる。
でも、うそだ・・・なんで・・・?

あずにゃんが、突然泣き出した。
でも、その泣き声も聞こえない。
消音にしたテレビを見てるような感じがした。
目の前にいるのに、自分の目の前で起こっている出来事には思えなかった。

紬「唯ちゃん・・・ふざけてるの・・・?梓ちゃん、さっきから、ずっと唯ちゃんに話かけてて…」

唯「…そ、そんな・・・だって、・・・私・・・あずにゃんの声・・・聞いてないよ・・・?」

澪「え・・・?」

律「ど・・・どういうことだよ、唯!?
  さっきから梓、何回も唯のこと呼んで、それに怒鳴って、泣き出してるんだぞ!?」

紬「と、とにかく、な、泣かないで、梓ちゃん!?」

ムギちゃんがあずにゃんに駆け寄って、慰める。
両手で顔を覆ってて、その顔は見えない。



16 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:30:15.62 ID:ZFfpNZ6q0

ムギちゃんと、あずにゃんが何かをしゃべってる。

紬「大丈夫よ、梓ちゃん、大丈夫だから、そんなに泣かないで。ね?」

唯「・・・」

だけど、やっぱりムギちゃんの声しか聞こえなかった。

唯「そんな・・・」

澪「ど、どうしたんだよ、唯?・・・ゆい?」

私の目の前で、澪ちゃんが左手を2、3回左右に振った。

唯「・・・・・私・・・あずにゃんの声が・・・」

澪「梓がどうしたんだよ?てか、本当に冗談も大概にしてさっさと梓に謝ってきなよ」

唯「・・・・・聞こえなくなっちゃった」

澪「え・・・?」

律「どういうことだよ・・・梓の声が聞こえないって・・・ゆい・・・?」

唯「わからない、わからないよっ!!でも、全然聞こえないんだもん!!あずにゃんの声!!」

唯「なに言ってるのか、わからないんだもんっ!!どうしよう・・・どうしよう、りっちゃん!?」



20 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:35:09.07 ID:ZFfpNZ6q0

りっちゃんにしがみついた。両肩あたりを両手でつかんだ。
制服がくしゃっとなる。突然のことにりっちゃんが驚いて声を出す。
いきなり動いたから、右ひざに痛みが走って、立っていられなくて体制を崩した。

律「おわぁあっと!?」

りっちゃんがそのまま私を抱きすくめるようにして私を地面に座らせる。
いったい、なにが起こっているんだろう。

律「お、落ち着けよ、唯?」

澪「そ、そそそうだよ、唯、落ち着けよ。ほ、ほんとうに、梓の声が聞こえないのか?」

律「そうだよ、もしかしたら、間違いかもしれないだろ?」

唯「で、でも・・・2人とも、今、あずにゃんの声・・・き、きこえてるんだよね?」

りっちゃんと澪ちゃんが無言で顔を互いに見合わせる。
その顔はとても困っていた。なんといえばいいのかわからないようだった。
聞こえてるんだ・・・。

律「む、ムギ!!それに梓も、そろそろ泣き止んでこっちこい!!」

紬「・・・う、うん。いこ、梓ちゃん」

唯「ムギちゃん・・・あずにゃん・・・」

目の前まで来たあずにゃんが、泣き顔を一生懸命手でぬぐいながらまた口をパクパクする。



23 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:40:07.42 ID:ZFfpNZ6q0

唯「・・・」

どうしよう、本当に聞こえない。

紬「唯ちゃん・・・本当に、梓ちゃんの声、聞こえないの?」

唯「う、うん・・・律「あ、あずさ!!ちょっと唯の耳元で叫んでみろ!ほら、はやく!!はやく!!!」

りっちゃんがあずにゃんの右手をつかんで私の耳元の近くまでひっぱった。
勢いがあったのか、あずにゃんとぶつかりそうになる。

律「そんな怒るなよ、いきなり引っ張ってわるいっ!でも、しかたないだろ?」

澪「梓、と、とにかく、唯の耳元でなにか言ってみて!」

あずにゃんが困った顔をする。なにか言ってみろと突然言われても困るのは当たり前だ。

律「そんな考えるなって、ほら、なにか言ってみろって・・・てか、今の会話も聞こえてないのか、唯?」

唯「えっ!?・・・あ、う、うん・・・きこえない・・・」

澪「さっきより全然近くにいるのに・・・なんで・・・」

あずにゃんがつらそうな顔をした。
どうしよう。



25 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:45:06.71 ID:ZFfpNZ6q0

紬「なんでもいいのよ・・・梓ちゃん」

数秒して、言う言葉が決まったのか、あずにゃんの顔が左耳に近づいた。

律「いや、もう少し近づけって!!ほらっ!!」

りっちゃんにせかされて、とたんにあずにゃんが騒ぐ。

澪「梓~いま、そんな恥ずかしがってるばあいじゃないだろ?」

紬「がんばって、梓ちゃん!!」

りっちゃんになにか文句を言って、意を決したのか。
さっきよりあずにゃんの顔が私の左耳のすぐそばまで来た。

唯「えっ!?い、いや、あ、あずにゃん!?こ、これ以上はちょっと恥ずかしいっていうか!?」

左耳にふわふわっと、あずにゃんの吐息がかかった。

唯「ふぁわわわ!?」

そのくすぐったさに思わず声が出た。

律「おぉ!?唯!聞こえたのか!?」

唯「えっ!?」

なぜか、りっちゃんがとっても生き生きした顔をして私に聞いてきた。



27 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:50:14.80 ID:ZFfpNZ6q0

澪「今、梓がすっごいこと叫んだんだけど・・・」

唯「えぇ・・・す、すごいことって!?」

澪ちゃんはものすごく顔を赤くして、モジモジと私にそう言った。

紬「梓ちゃん・・・今そんなこというなんて・・・なんて大胆なの・・・」

唯「だ、だいたんって・・・!?」

ムギちゃんはうっとりして私を見ていた。

ど、どうしよう・・・き、きこえなかった・・・くすぐったくて声をあげちゃっただけで、
聞こえてないのに、なぜかみんなには聞こえてると勘違いされてしまった。

横を見ると、あずにゃんは下を向いていた。
あずにゃん・・・ホントにちょっと、なにさけんだの・・・?

唯「え・・・、あ、あずにゃん?」

私の声に反応して、あずにゃんが顔をあげた。
ものすっごく顔を真っ赤にして肩で息までしている。
さっき泣いたから、目もまっかっかだ。

またあずにゃんが口をパクパクさせた。



30 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:53:08.54 ID:ZFfpNZ6q0

私の反応を見て、気づいたのだろうか。
途中で、あっ、とした顔をして、また下を向いてしまった。
あずにゃんにこんなこというなんて、気がひける。
でも、言わなきゃ。
右手であずにゃんの左手を掴んだ。
その手はとっても冷たかった。

唯「ご、ごめん・・・さっきの聞こえてなくて・・・」

唯「というか、やっぱりあずにゃんの声がどうしてだか・・・聞こえないんだ」

言ったとたん、あずにゃんが走り出した。
いてもいられなくなったんだろう。

律「あ、っこら!?あずさ!?」

澪「あ、梓!?どこ行くんだ!?」

紬「あずさちゃん!?」

唯「あ、・・・ま、まって!?あずにゃん、さっきなんて言ったの!?」

追いかけようとして、立ち上がる。右ひざの痛みが電撃を受けたように体中を駆け巡る。
しまった、また忘れてた。

右足に力が入らずに、立ち上がった勢いのまま私はまたその場で転んだ。

今度はうまく受身が取れなくて、私は頭から地面に倒れこむ。



33 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:56:44.90 ID:ZFfpNZ6q0

律「ゆ、ゆい!?」

澪「大丈夫か?」

紬「ゆ、ゆいちゃん!?」

みんなが叫ぶ、その声で、走っていたあずにゃんがこっちを振り向いた。

澪「ひっ!?・・・あ、頭から・・・っち、血がっ!?」

唯「いてててて・・・足怪我してるのすっかり忘れてたよ・・・」

律「ゆ、唯!?大丈夫か!?む、む、むぎ、き、きゅ、救急車呼べ!?救急車!?」

紬「う、うん!?わ、わかった!?」

澪「」



34 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:58:06.92 ID:ZFfpNZ6q0

律「唯!?大丈夫か!?しっかりしろよ!?」

唯「えへへ~りっちゃん・・・頭いたい・・・」

律「だろうな・・・頭かrちgd・・・」

唯「え・・・なに・・・りっちゃん・・・聞こえないよ・・・」

律「え?・・なn・・いっtんだ・・y・・・」

地面から、タッタッタッタと小刻みに振動が頭に伝わってきた。

唯「・・あ・・・あずny・・・」









そこで私の意識は途切れた。



36 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 01:59:17.30 ID:ZFfpNZ6q0

――――――

「はいるぞー」

「はーい」

律「ちょりーっす」

澪「律、静かにしろよ。ここは病院なんだぞ?」

紬「元気唯ちゃん?」

唯「みんなーきてくれたんだーー!!」

律「おぉお~~!!来てやったぞ~~!!そら、これおみあげ!!」

唯「わぁ!!!プリンだそれに5個も!!!!ありがとう!!りっちゃん!!」

律「いいってことよ!!唯のためだもんな!!」

澪「なに言ってんだよ、
  『金が足りないからかしてくれ』ってなきついてきたやつはどこのどいつだよ」

律「いいじゃん、いいじゃん!!みんなで割り勘なんだしっ!!
  細かいことは気にしない、気にしない!!」

紬「プリン、冷蔵庫にいれとくね?」

唯「あ、うん。ありがとう、ムギちゃん!!・・・あ」



37 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:00:19.62 ID:ZFfpNZ6q0

律「つーか、梓もしゃべれよ!!せっかくきたんだからさ!!」

澪「り、りつ・・・」

唯「・・・」

唯「あずにゃん・・・」

私はあの後、病院に運ばれた。
今はあのとき、頭を少し強く打って怪我をしたからそれの治療で入院をしている。
入院ついでに、耳の検査もした。
お医者さんからは説明を受けたけど、よくわからなかった。
なんでも、私の耳の中にあるかたつむりの調子がおかしくて
『ある』周波数の音だけまったく聞こえなくなったというのだ。
原因は全くの不明。日常生活に支障はないものの、途方にくれるしかなかった。


その『ある』周波数の音はまさしく―――



41 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:02:33.87 ID:ZFfpNZ6q0

唯「ちょっと、みんなあずにゃんと2人っきりにしてもらってもいいかな?」

あずにゃんが、えっ、という顔をした。
だけど、そんなの気にしない。

律「あ、お、おう!」

澪「わかった」

紬「じゃあ、私たち下の待合室にいるから。梓ちゃん、話終わったら、呼びにきてね」

あずにゃんが、ムギちゃんたちにむかって口をパクパクする。

ドアがしまる音がして、部屋の中が静かになった。

唯「・・・そこにイスあるから、座ってほしいな」

あずにゃんはうなずいて、イスにゆっくりと座った。
そして、バッグをガサゴソして筆記用具とメモ帖をとりだした。

唯「あ、そうか・・・・どうやって話すればいいんだろうって思ってたけど、紙に書けばいいんだね」

唯「あずにゃんは、頭いいなぁ~~、私、思いつかなかったや」

あずにゃんが、途方にくれたような笑い方で笑った。



42 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:07:06.48 ID:ZFfpNZ6q0

唯「・・・」

唯「まさか・・・あずにゃんの声だけ聞こえなくなるなんて・・・こんなこと、考えてもみなかったな」

カリカリと、シャーペンの走る音だけが部屋に響く。

唯「うん・・・そうだよね。あずにゃんもそんなこと考えたことないよね」

唯「・・・というか、本当にごめんね・・・私のかたつむり・・・こんなことになっちゃって・・・」

唯「気にしないでって言われてもなぁ・・・現にもうあずにゃんの声、聴けなくなっちゃったし・・・」

唯「好きだったのに・・・あずにゃんの声・・・」

唯「あ、ちょ、ちょっと!?な、泣かないで、・・・ごめんね?あずにゃん・・・・」

唯「・・・泣き止んだ?」

唯「そっか・・・よかった。私、あずにゃんの頭なでるぐらいしか、今してあげられることないから」

唯「頭けがしちゃったからまだ自由に身体動かせないし・・・」

唯「・・・・えへへ・・・あ、ご、ごめん、笑っちゃって」

唯「いや、その、・・・笑顔がかわいいなって・・・思って・・・」

唯「あずにゃん照れてる~、ふふふ~~」


唯「・・・あ」



47 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:14:10.21 ID:ZFfpNZ6q0

唯「え、いや、別にたいしたことじゃないんだけどね」

唯「え・・・いうの・・・笑わない?」

唯「じゃ・・・じゃあ。こほん。あ、・・・あのね」

唯「声が聴こえなくなっても、あずにゃんが笑ってくれたらね・・・」

唯「その・・・なんだかあずにゃんの笑い声が聴こえた気がするなって思って」

唯「うん・・・なんだろう。頭の中であずにゃんの声が反響してる感じになるの」

唯「そうだね・・・人間の記憶ってすごいねぇ~・・・えへへ」

唯「あ、ねぇ、あずにゃん」

唯「あのね、私の耳が聴こえなくなった日にさ、私の耳元で何を叫んだの?」

唯「・・・え?なんでいきなりあわててるの?」

唯「え~~!?教えてよぉ~~!!さっき私も言ったじゃん!!教えてよぉ~~!!」

唯「笑わないよ!笑わないっ!!さぁ・・・いってみなさい!!」



51 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:18:03.34 ID:ZFfpNZ6q0

カリカリカリ

唯「・・・・」

カリカリカリ

唯「・・・・」

カリカリカリ

唯「・・・え」

唯「・・・本当に?」

カリ、・・・カリカリ

唯「・・・」



53 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:20:34.38 ID:ZFfpNZ6q0

唯「・・・わ、私も・・・」

唯「あずにゃんが・・・すき・・・」

カリ

唯「うん、本当だよ」

唯「・・・っていうか、そんなことあのとき叫んだの?」

唯「澪ちゃんがまっかになってるわけだよ・・・あずにゃん・・・すごいね・・・」

唯「・・・あはは、怒んないでよ!!」

カリカリカリ

唯「え・・・でも、私、あずにゃんの声聴こえないよ・・・?」

カリカリカリ

唯「ふぁわわわわわ・・・あ、ありがとう・・・///」

唯「わ、わたしでよければ・・・よろしくおねがいします・・・///」

唯「あの・・・こっちきて・・・」

ぎゅっ

唯「えへへ・・・あずにゃん、・・・大好き」



54 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:21:09.45 ID:ZFfpNZ6q0

ある日、私のかたつむりがうまく生きてくれなくなった。
だけど、かわりに私の隣にはねこがいてくれるらしい。
私の横で、ずっとずっとそばにいてくれるらしい。

だから、もう『その』音を聴く必要はないんだって。

ありがとう、あずにゃん。


おわり



58 名前: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/07(木) 02:22:56.58 ID:ZFfpNZ6q0

こんなおそくまでありがとうございました。

おやすみなさいます。




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:23:19.45 ID:359UtMTl0

おつ



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:27:30.31 ID:ZKrcZLKb0

>>58
otu



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:45:03.90 ID:3cXom9Bu0

おつ



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 02:58:17.14 ID:U5d6kaH/0

おつ




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「かたつむりとねこ」
[ 2011/07/07 12:35 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6