SS保存場所(けいおん!) TOP  >  スポンサー広告 >  非日常系 >  梓「七月七日、雨のち...」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

梓「七月七日、雨のち...」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1310043122/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:52:02.98 ID:pjPKjv7h0


「雨かぁ……」

私は、窓の外を眺め、ため息をついた。

今日は七月七日、七夕。
織姫と彦星が、一年に一度会えると言う、ロマンチックな日。

「はぁ……」

もう一度ため息をついて、カーテンを閉める。

今までの私は、七夕なんか気にしなかったのにな。
好きな人と、離れ離れになってしまったせいか、それともロマンチストの恋人の影響なのか、
柄にもなく、お伽噺の恋人達のデートの心配しているなんて―――





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:55:57.33 ID:pjPKjv7h0


「はぁ……」

未練がましく、カーテンを開け、もう一度空を確認して、ため息をつく。
なんでこんなに憂鬱なんだろう?
自分が寂しい分、織姫と彦星には、幸せなデート、して欲しいとか思っちゃってるのかな、私。

出来れば私だって、澪に会いたいけれど……それは出来ないんだよね。
澪は、今は遠く離れた大学の寮。
明日だって、平日だから講義もあるだろうし。
とてもそんなわがままは言えない。
私達は、織姫と彦星よりはたくさん会えるし、声だけなら、毎日だって聞ける。
だから我慢できるはず。
ううん、しなきゃいけないんだよね。
でも、やっぱり寂しくって、弱気な心が顔を出してしまう。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:57:46.64 ID:pjPKjv7h0


(去年までは、何も考えなくても毎日会えたのにな)

そう呟くと、じんわりと瞳に涙が滲んだ。

「もういいや、寝ちゃおう寝ちゃおう寝ちゃおう」

私が、ちょっと自棄になり、ベッドに潜り込んだ時だった。
玄関のチャイムが大きく響いた。

「こんな時間に誰だろう?」

今日、両親はライブで不在なのに。
私は、夜遅くの訪問者に用心をし、恐る恐るインターフォンの受話器を取った。

「どなたですか?」
「私だよ」
「え?」

スピーカーから聞こえた、聞き覚えのある声に、私は思わず、勢い欲ドアを開けてしまった。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:00:27.35 ID:pjPKjv7h0


「お、おい梓、そんな風にいきなり開けたら危ないじゃないか。
知らない人だったらどうするんだ?」
「私が澪の声、間違えるわけないじゃない」

さっきまで、会いたいと思い、あえないと思っていた、澪が目の前にいる。
私は、嬉しさのあまり、そんな生意気な口を効いてしまった。

「でもどうして?」

私が問いかけると、澪は、優しく微笑んで応えた。

「織姫に会いたくなって」
「え?」
「私の大切な織姫に会いたくなったから、来ちゃった」

そう言うと、澪はそっと私を抱きしめた。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:03:01.86 ID:pjPKjv7h0


「あ、あの……」
「だめ……だったかな?」
「そんなこと……ないけど……」

頬が熱くなる。
いつもは恥ずかしがり屋の癖に、こんな時だけは、ストレートなんだから。

「でも、明日、講義は大丈夫なの?」
「うん、7時ぐらいに出れば」
「え?7時にでればって、まさか?」
「え?まさか泊めてくれないの?」
「えっと……そうじゃなくって、まさか泊まっていってくれるなんて思ってなかったから」
「そうか、よかった」

安心したように微笑むと、澪はもう一度私を抱きしめた。

「ねぇ澪……さすがに玄関先じゃぁ恥ずかしいよ」

私が、俯きそう言うと、澪は、ちょっと恥ずかしそうに笑った。

「ごめんごめん、じゃぁ、お邪魔していい?」
「うん」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:06:26.80 ID:pjPKjv7h0


―――

「梓」
「ちょ、ちょっと澪、んぅ」

澪は、部屋に上がるなり、私を抱き寄せ、唇を重ねる。
どうしちゃったんだろう?
今日の澪はいつもより大胆。

「ねぇ、澪、どうしたの?
今日は変だよ」

私が、疑問を口にすると、澪は私を抱きしめたまま答えた。

「うん……今日は七夕だろ?
大学のみんなが、恋人の話ばかりしててさ。梓に会いたくてたまらなくなったんだ」
「澪……」

私は、澪も同じ思いでいてくれたことが嬉しくって、澪の瞳を見つめる。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:09:09.82 ID:pjPKjv7h0


「ははは、こんなんじゃだめだよな」
「うぅん、そんなことない」

澪の自嘲気味の告白に、私は首を振る。

「梓」
「私も、ずっと澪に会いたかったもん。
来てくれて本当に嬉しいよ」

今度は私から唇を重ねる。
さっきよりも深く、甘く。

「梓、大好きだよ」

澪のその言葉と同時に、視界が変わり、天上の木目が見えた。

「私も大好き」

私は、応えると、澪の頭を自分の胸に抱き寄せた。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:13:31.14 ID:pjPKjv7h0


―――

あれからどれくらいの時間が経ったのだろうか?
甘い気だるさの中、そっと隣を見ると、
カーテンの隙間から差し込む月明かりに照らされた、澪のきれいな寝顔があった。

「……織姫と彦星も会えたんだね」

私は、空の二人も、私と同じく幸せなんだと思い、小さく微笑んだ。

「ありがとう、澪、会いに来てくれて。
大好きだよ」

私は、澪の白い頬に、優しく唇を押し当てると、そっと瞳を閉じた。



   おわり



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:19:14.06 ID:pjPKjv7h0

読んでくださったみなさん、ありがとうございました。




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:23:28.22 ID:OiCLKTDp0







関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「七月七日、雨のち...」
[ 2011/07/08 00:42 ] 非日常系 | 澪梓 | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3392 [ 2011/07/29 23:39 ] [ 編集 ]

ため口梓いいね

タイトル:
NO:3394 [ 2011/07/30 00:06 ] [ 編集 ]

澪梓の純愛は最高だぁね

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。