SS保存場所(けいおん!) TOP  >  スポンサー広告 >  ジョジョの奇妙な冒険 >  梓「しゃぶれよ」 唯「」#中編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

梓「しゃぶれよ」 唯「」#中編 【ジョジョの奇妙な冒険】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1250541485/

梓「しゃぶれよ」 唯「」#前編
梓「しゃぶれよ」 唯「」#中編
梓「しゃぶれよ」 唯「」#後編




300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:17:02.07 ID:rgqqifsU0

律「とりあえず次食べさせたらやめにしよう」

唯「え?でもそれじゃあずにゃんまた…」

律「大丈夫、いざとなったらまた皆でおさえればいいし。
  第一このままじゃムギの言うとおりだよ、何の解決にもなってない」

紬「それより澪ちゃんの能力は結局何だったの?」

澪「わからない…夢中だったから…」

律「使ってみてよ、澪」じいっ…

澪「う、うん…」

唯「…?どしたの澪ちゃん、使わないの?」

澪「え?つ、使ってる…と、思う…」

律「み、澪?どこだ!?」キョロキョロ

紬「りっちゃん?…これはさっきの梓ちゃん状態ね」





302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:17:57.25 ID:rgqqifsU0

唯「澪ちゃんはここだよりっちゃん」フニフニ

澪「ひゃっ!?ゆ、唯やめろっ!//」

唯「へへ、ごめんごめ…あっ!?き、消えた…」

律「お?出た。澪出た!」

紬「…おぼろげだけど、どういうものか見えてきたわね…」


梓「ごちそうさまー♪」


唯律澪紬「!!」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:28:10.01 ID:rgqqifsU0

梓「ふぅ~とってもおいしかっ………はっ!?」ババッ

澪「梓……」

梓「……と、トドメを刺さなかったなんて…おっ…お、愚かな先輩達ですね…」

唯「あずにゃん、どうしてそんなこと言うの?私達あずにゃんが大好きなのに」

梓「!! …うっ…うぅ……」

律「梓…私達、何か悪い事しちゃってたか?だから怒ったのか?だったらごめんな…直すよ…」

梓「…先輩達はいっつも真面目に練習しないし…」

梓「私、納得したつもりでしたけど…実際には後輩だし立場弱いから遠慮してるだけだったみたいです…」

梓「だって先輩達を言う通りにさせられるかもしれないって力を手に入れたら、暴走しちゃったもん…」グスッ

梓「本当の私はこんな最低人間だったんです…うぅ…グスン……許されていいわけ無い…」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:28:57.81 ID:rgqqifsU0

紬「何を言うの梓ちゃん…」

梓「グズ…ムギ先輩、マドレーヌ投げてごめんなさい… …私、自分の髪で首を絞めて死にます…」シュル

澪「梓っ!?やめ…」

唯「うぅうんたたたたたたたたたたたたたたたほわったァっ!!!!!!1」ズドッバシィ!

パラパラ…

梓「あっ… な、なんで邪魔するんですか唯先輩…」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:31:06.15 ID:rgqqifsU0

唯「あずにゃんっ!!!」

梓「ひっ!?」ビクッ

唯「あずにゃんだいすきだよ!だいすきなんだ!!」ギュウッ

梓「ゆ、唯先輩っ…//」

澪「私も大好きだ梓!」ガバッ

梓「みおせんぱ…ぁう//」

紬「私もよ!梓ちゃんっ!!」ガッバ

梓「た…た…たくあ……//」

律「ワタシも、ダイスキダー!」ガッバァーナ

梓「デコ先輩…皆……私も先輩達が大好きですっ…!」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:42:47.02 ID:rgqqifsU0

律「よーし!じゃあ仲直りも出来たところで!」

梓「はい!れんs」
律「帰るかーーー!!」

梓「」

ゴゴゴ…


唯澪紬「あっ…」

律「や、やっべ…」



梓「…もー!しょうがないですね~」



律「たはっ♪脅かしやがって~☆」コツン

梓「ふふふふでも明日から練習ちゃんとしましょうね!」

唯「あ、でも私音楽室の床に穴あけちゃったよ~」

紬「斉藤に直させておくわ♪一晩で♪」

唯律澪梓(さ、さすがお嬢様だ~!)



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:47:14.12 ID:rgqqifsU0

紬「あら?そういえば…」

律「どしたムギ?」

紬「私、矢じりここに置いてなかったっけ?」

澪「え、そうなの?」

梓「私知りませんよ」

唯「私も知らないよー」

紬「うーん…気のせいかなぁ…」

律「気のせいじゃないか?帰ろうぜー」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:54:18.80 ID:rgqqifsU0

・・・

唯「ただいまー!うーい!」ガチャ

憂「お帰り~お姉ちゃん。遅かったね」

唯「うんちょっと色々あったから…疲れたよー」

憂「そ、それもその色々っていうのでなったの…?」

唯「え?」

憂「お姉ちゃんの制服。べたべただよー。蟻がたかってるよ」

唯「あ、うわっ!ほんとだ!(アイスの霧とかやったからなぁ…)」

憂「もー、とりあえずお姉ちゃんお風呂入って!ブレザーはクリーニングに出すよ」

唯「ご、ごめんうい~…」ヌギヌギ「はい」

憂「じゃあすぐお風呂行っちゃってね~、家の中まで蟻きちゃうよ…」

唯「ほいほー」トントントン



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 01:55:22.27 ID:rgqqifsU0

憂「…もー」ゴソゴソ

憂「生徒手帳入れっぱなし。このまま出したら大変だよー」

憂「お姉ちゃん他にも色々入れてそう、全部チェックしないとね」ゴソゴソ

憂「ん~~… …い゛っ!?」サッ

憂「あぅ、血が…な、何?」ゴソソ

憂「なにこれ…危ないなぁ、こんなの持ち歩かないでよお姉ちゃん…」

憂「とりあえず絆創膏~ …あれ。傷なくなってる」


憂「変なの。まぁいっか、ご飯の支度しないとお姉ちゃんお腹すいてるよ」



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:13:09.58 ID:rgqqifsU0

・・・

――その晩――

憂「ぅう……あぅっ…お姉ちゃ……ハァハァ」


唯「んん~ぅ うーぃい…あーいーしゅうう……フシュルシュル」Zzz


憂「ぁぅう……ハァハァ……ぅううぅ……あ、熱い……!……」


唯「むにゃむにゃ」



349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:15:02.78 ID:rgqqifsU0

・・・


チュン…チュンチュン……


唯「あ、朝だ飴!」ガッバァ

唯「うーぃいー、朝ごはん~」

憂「出来てるよ!お姉ちゃんッ!!!!!!」

ズバッギャア~ンッ!!!!

唯「ど、どしたのうい…朝一でそういうのやめてほしいです…」

憂「」

憂「遠慮なく食べてよッ!お姉ちゃんッ!!!!!」

唯「」



350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:16:27.71 ID:rgqqifsU0

・・・

律「結局矢じり見つからなかったのな」

紬「そうなの……どこに行ったのかしら、うう」

唯「でもこれでよかったのかも!」

澪「そ、そうだな……あの矢じりのせいでこれ以上変な事が起きてもかなわないぞ」

梓「そうですね(と、しれっと言う私って嫌な奴って思われてるんだろうか…)」



351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:19:14.06 ID:rgqqifsU0

梓「そういえば唯先輩、憂何か良いことでもあったんですか?」

唯「え?何で?」

梓「いや…なんか今日一日中テンション高かったんで……」

唯「そういえば今朝おかしかった!なんかおかしかったよ!!ズバッギャーンとかいってた!!」

梓「やっぱりですか。でも聞いても何でも無いっていうんですよね」

律「まぁ憂ちゃんだってたまにハジけたい時あるんだろ。いつも姉ちゃんばっかハジけてるもんで」

唯「むむ、私はういに何もガマンなんかさせてないよ~!」

澪「はは、おいおい」

唯「お、おいおいって…何その冗談はよしこさんみたいな言い方っ」



354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:23:01.19 ID:rgqqifsU0

紬「まぁまぁ唯ちゃんケーキでも食べて♪」

「メッシャアアアーッ!」

唯「わーい♪」モグモグ

唯「んぁあああずにゃああぁあん♪アフンッ…」

律(なんかもうここまで当たり前のように使われると逆にスガスガしいな……)

澪「まぁ平和なのはいいことだな」

梓「そうですね」

唯律澪紬「」

梓「……(や、やっぱり昨日の事気にしてるじゃないですか…うう…水に流れてないじゃないですか…)」

律「さて練習するか」

梓「は、はい!(やったー♪)」



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:24:09.26 ID:rgqqifsU0



ガチャ


憂「おね~えちゃんっ♪」

唯「あ、うい~。どうしたの?」

律「やぁ憂ちゃんこんちは~」

憂「お姉ちゃん帰ろ♪買い物付き合ってよ~」

律(あ、あれ、無視ですか)

唯「え、今?」

澪「憂ちゃんごめん、私達今から練習するんだ」

憂「そうですか!頑張ってくださいね!お姉ちゃん帰ろ?」

唯「……うい、澪ちゃんの話聞いてた?今から練習なんだ。だからだめ」

憂「…………」



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:24:50.09 ID:rgqqifsU0

――――

ガチャ


憂「おね~えちゃんっ♪」

唯「あ、うい~。どうしたの?」

律「やぁ憂ちゃんこんt」
憂「お姉ちゃん大変だっ!和さんが事故にあったんだ!!帰ろう!!」

唯「う、うそ!和ちゃんが!?」

憂「そうなの!はやく病院に行こう!!」

澪「の、の、和が事故!?私も行く!!」

律「そうだ皆でお見舞いに行かなきゃ!」

憂「だめっ!!お姉ちゃんだけです!!!」

唯「!? う、うい皆も心配してるんだよ、皆一緒に行くの!」

憂「…………」



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:25:33.85 ID:rgqqifsU0

――――

ガチャ


憂「おね~えちゃんっ♪」

唯「あ、うい~。どうしたの?」

律「やぁ憂ちゃんk」
憂「お姉ちゃん大変だよ!やすきよ復活ライブがあるんだ、すぐ行こう!!」

唯「ほ、ほ、ほ、ほ、ほんまでっかぁ~っ!?行く行く!すぐ行く!皆ごめんね私帰る!!」

律「お、おい唯」

バタム!

律「な、なんだ唯のやつ」

澪「はぁ、しょうがないから唯抜きで練習するか」


梓「…………」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:35:13.51 ID:rgqqifsU0

律「しっかし昨日梓とちゃんと練習するって約束したばっかなのにな!なぁ梓」

梓「……いいですよ別に。練習しましょう」

澪「ま、まぁやろうよ」

紬「……ねぇ、皆……なんか変な感じしない?」

澪「え、別に。しない……と思うけど……」

梓「……練習しましょうか」

――――

憂「おねえちゃ~ん!」スリスリスリスリスリ

唯「う~い~」スリスリ

唯「それでやすきよ復活ライブどこでやってるの!?」

憂「えーとスーパーでやってるって言ってたよ!
  ついでに一緒にお買い物しようねお姉ちゃん♪」

唯「うん、そうしよう!」

憂「えへへへへへ」



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 09:54:21.81 ID:rgqqifsU0


・・・

唯「今日はしふぉんけーき!やった~」

紬「唯ちゃんクリーム乗せたかったらあるからね♪」

梓「今日は早めに練習しますよ。唯先輩昨日しなかったんだから」

唯「わ、分かってるよ~ぅ」

律「ホントか唯?梓がまた怒っちゃうぞ~w」

梓「も、もうあんなことしませんよ……」

唯(結局やすきよライブやってなかったし皆にはお小言もらっちゃうし…うう)



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 10:02:26.63 ID:rgqqifsU0


ガチャ

憂「おね~えちゃんっ♪」

唯「あ、ういー」

律「やぁ憂ちゃん」

憂「帰ろう!今日こそやすきよライブあるんだってさ!」

唯「ごめんうい、今日は練習するよぉ…」

―――

憂「お姉ちゃんほら急いで急いで!」

唯「ご、ごめん皆じゃあね!」ガチャ バタン


梓「ゆ、唯先輩……」ワナワナ

澪「ま、まぁ仕方ないだろ家に泥棒入ったかもしれないっていうんだから」

梓「そうですけど……二日連続……あ、明日は練習してもらいますっ……」



376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:21:46.77 ID:rgqqifsU0

―――――


律「よーし、今日は唯も入れて練習するぞー!」

澪「なんだかんだで四日ぶりか?」

唯「うん!私も久々にギー太アンプに繋いで弾きたいよぉ~」

梓「じゃあ早速練習しましょう!」

澪「んんん…な、なんか軽音部って感じだな!」

ガチャ

憂「おね~えちゃんっ♪」

唯「あ、うい」

憂「大変だよっ、家g」

梓「また嘘ついて唯先輩連れて帰るの?憂」

憂「え」



377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:22:27.15 ID:rgqqifsU0

梓「やすきよ復活、空き巣未遂、昨日は火災誤探知……今日は何?ありえないよはっきり言って」

憂「……」

唯「ごめんねぇ憂、私も今日こそはギー太弾きたいから…今日は絶対練習する…」

憂「わかったよお姉ちゃん」

梓「唯先輩偉いです、見直しました」

唯「え~そう?wもーあずにゃんったらぁ~w」スッ

梓(また抱きつきですk)
憂「ほわった!」ダッ ドン!

唯梓「!?」

憂「あ、ごめんね!でも練習するんだよね!抱きついてる場合じゃないよお姉ちゃん!じゃあね~」

律「な、なんだ今の超絶反射神経は……」

澪「まるで抱きつくの分かってたみたいな感じだったな」



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:23:23.73 ID:rgqqifsU0

紬「唯ちゃんのこと好きすぎてなんでも分かっちゃうんじゃない?」

梓「な、なんか違うような……」

唯「それじゃあ練習しよー!」

律「おー!いきなり合わせちゃうぞぅ!ひぃ、ふー!」カッカッ



・・・

唯「たっだいまー!」

憂「お帰りお姉ちゃん」

唯「久しぶりに荒れ狂うギー太の舞って感じでスカっとしたよぉお」

憂「……部活楽しそうだね」

唯「楽しい!うへーはらへった」

憂「ご飯すぐ作るから待っててね」



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:24:47.91 ID:rgqqifsU0

キーンコーンカーンコーン…


梓「終わった!部活行こ!」ガタッ

憂「梓ちゃん嬉しそうだね」

梓「ん?うん、昨日の唯先輩はかなり気合入って練習してたからね。今日も期待できそうだよ」

憂「そうなんだ」

梓「あ、憂昨日はキツめな事言っちゃってごめんねー」

憂「……今日はお姉ちゃん連れて帰るよ」

梓「え。だめだよ練習があるんだから。昨日の一体感凄かったなー、
  お茶なんていいから早く演奏したいなー!」

憂「梓ちゃん」

梓「な、何?憂……だから唯先輩は帰れないって …!?」

憂「……」ゴゴゴ…



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:27:18.56 ID:rgqqifsU0

憂「……軽音部はお姉ちゃんを振り回しすぎだよ、お姉ちゃんはもっと私といるべきなんだ」



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


梓「こ、これって……!」

憂「ん?梓ちゃん…“見える”の?」

梓「う……憂ぃっ……いつの間にっ……」

憂「私達姉妹がずっと一緒にいられるように神様がくれた力なんだ。凄いでしょ?」

梓「……身勝手な解釈してっ…まるでこの前の私だ……!」

憂「お姉ちゃん連れて帰るから邪魔しないでね」

梓「だめだよ。唯先輩の意思を尊重してあげなよ!」

憂「お姉ちゃんの意思は私と一緒に居たいって」

梓「だめだ、力が手に入って欲望に歯止めが利かなくなってる……!」

憂「そういえば梓ちゃんのこと前からちょっとムカついてたんだよね」

梓「!!」



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:30:57.80 ID:rgqqifsU0

憂「お姉ちゃんにべたべたされてさ。それだけならまだしも
 『唯先輩はくっつきすぎてきてちょっと……』って何それ。何様なの」

憂「丁度いいや、梓ちゃんたたんじゃうよ」ギュンッ

梓「くそっ……もうこんなことに使わないって決めてたけどっ…!」ザワッ

憂「? 髪が……?梓ちゃんそれ」
梓「先手必勝だッ!!」ドギュル!

憂「!! な、何これっ……絡みついてっ……!」

梓「よ、よし!このまま静かにしててもら……」
憂「……『一度目』だッ!!!」

梓「は?」

―――

憂「『お姉ちゃん』連れて帰るから邪魔しないでね」

梓「だめだよ。唯先輩の意s」
憂「いいから」ドギャン!

ドゴムッ!


梓「えっ」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:33:47.78 ID:rgqqifsU0

梓「ごは……!(はっ?何?何が……)」


梓「ぅぐ……」ドサリ


憂「じゃあね梓ちゃん。ゆっくりお休み。髪伸ばしても無駄だよ」

梓「……!?(わ、私の力のこと…知ってる!?え!?なん……)」

梓(な、何かヤバイっ!?良く分からないけどヤバイ感じがビンビンする!
  混乱するな私の頭、とにかく今はっ……!!)

梓「憂ぃいいーーーーっ!!!」ズバァッ!

憂「馬鹿な梓ちゃんだね」


憂「お姉ちゃん好き好き好き好き好き好き好き好き好きィイイイイアアヤァッダーバァアーッ!!!!」

ズドドドドドドドドドドドドゴッバァーーッ!!!!!

梓「うわあああああああああああああ」

ドッバァアアアアン!



           (リタイア)
――中野 梓  再 起 不 能 ――



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:19:54.25 ID:rgqqifsU0


・・・

唯「今日も練習がんばるぞー!さっそく音楽室に行こうよ~」

律「お、唯やる気ありまくりまくりすてぃだな(ププ、自信作のダジャレだぞw)」

唯「え、なんて?」

律「……」

唯「らくりま?え?まくりま?」

律「……」

紬「実は二人に凄いお知らせがあるの!」

唯「わぁっ!」

律「な、なんだムギいきなり!」



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:21:24.50 ID:rgqqifsU0

紬「すっごく唯ちゃんやる気出してるし、今日はスタジオを借りてみたのよ」

律「えっ、マジで!?」

唯「すごーい!」

紬「ふふ、うちの系列がやってるところだk」
律「あ、そういうのいいから」

紬「」

紬「……たまには環境を変えて練習してみるのも刺激になりそうでしょ?どうかな~」

律「いいよ、いい!そうしようぜぇ」

唯「じゃあ澪ちゃんにも言いにいかないとね!」

律「そうだな、澪の教室行くか。一階だったよな」



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:25:28.54 ID:rgqqifsU0

・・・

律「しっつれいしゃーす」

和「あら、律。唯も」

紬(私も居ますが)

唯「やほーのどかちゃん!澪ちゃんは?」キョロキョロ

和「? 澪ならもう部活行くって出てったわよ。唯がやる気出してるから楽しみだって急いで」

唯「あれ、そうなのかー」

律「入れ違いかぁ」

紬「じゃあとりあえず私達も……あら?」

ざわざわ

律「なんか廊下騒がしいな。どうしたんだ」

唯「1年生の教室の前、人だかりできてるよ」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:26:25.15 ID:rgqqifsU0



「梓っ…梓ぁ…!ぅうっ……」


唯「あずにゃんの名前が聞こえたけど…」

律「い、行ってみよう!」ダッ



紬「……!これはっ……!!」


純「あずさぁああ~!何があったの…こんな……ひどいっ……!!」


唯「あず…にゃん……!?」

律「梓!!ひどい……まるでボロクズじゃないか…… …!!」

律「ま、まさかこれって」

紬「りっちゃんもそう思う……?」

律「だってこんなのさぁっ…!私達以外にもまだいるってのかよ……!」

唯「え、何?なにが?」



436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:28:55.28 ID:rgqqifsU0

紬「梓ちゃんの力は唯ちゃんだって身をもって知っているでしょ?」

唯「そうだけど… あっ!!」

律「あぁ……梓の“力”に“勝てる奴”ってのは考えらんねーぜ……」

唯「わ……私達と同じ側の人、ってこと……?」

紬「そう考えて良さそうね……しかもかなり強力よ、これは」

律「……と、とりあえず梓を病院に運ぶのが先だろ!119番!!」

救急「どいてください!通ります!!」

唯「あ、もう誰か呼んでたみたい。当たり前か……」

紬「私達もついていきましょう!」

律「あぁ!!ちくしょう、一体誰が……!」

唯「あずにゃん……ぅうっ……」



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:29:53.18 ID:rgqqifsU0

・・・


澪「なんだよー、皆昨日のやる気はどうしたんだ?おっそいなぁ」

澪「……ムギも居ないからお茶して待つこともできないしいいぃ」

ガチャ

澪「! やっと来たか、もぉ遅い …って」

憂「あれ、澪さんだけですか?」キョロキョロ

澪「う 憂ちゃん?」



439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:31:16.76 ID:rgqqifsU0

憂(お姉ちゃんや他の皆はどこだろう……クソッ……)ゴゴ…

澪(あれ……なんだ?この感覚は……)ピリピリ

憂(まぁでも丁度いいや、梓ちゃんだけじゃ物足りなかったんだ。澪さん締め上げて聞き出そう。ふふっ)

憂「澪さん、ちょっといいですか?おねえ… !?」

憂「あ、あれ?消えた!?」

澪「!?」

澪(えっ、私今消えてるのか!?)

憂「……」

憂「ど…どこですかーー、澪さん。いるんですか~?」

澪(こ、答えるか?……でも私の力が無意識に反応したということは……)



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:32:26.06 ID:rgqqifsU0

澪(嫌な予感だよ、これ。当たらなきゃいいけど……)

憂「……」


シーン……


憂「反応ないなぁ…… おねひゃ!」ズキュンッ

澪(!!!で、出たぁーっ!)

憂「……くそ、やっぱりだめだ。この状況じゃ力も使えないよ…戻れない……」

憂(澪さん私が入ってきた時は確かにいたよね……まさかこれは澪さんの何かの力?)

憂「最初はお姉ちゃんだけかと思ってたけど、梓ちゃんも“持ってた”わけだし…」ボソッ

澪(ん?今なんて)

憂「気になるけど仕方ない、お姉ちゃんは自分で探そう」ガチャ


バタム



澪(まさか憂ちゃんまで……矢じりは無くなったんじゃなかったのか?)



443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 17:35:26.61 ID:rgqqifsU0


澪「はぁ、何がなんだか……」

ピリリリリッ

澪「あ」

澪「もしもし律?聞いてよ!今憂ちゃんが部室来たんだけど…… …え!?」


澪「梓が!!?」

澪「わ、わかったすぐ行くよ!」ピッ



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 18:02:05.74 ID:rgqqifsU0

・・・


澪「梓っ!」ガラッ

律「澪……」

澪「うっ!ひ、ひどい……まるでボロクズじゃないか……!」

唯(それもうりっちゃんが言ったよ)

唯「あずにゃん!あずにゃん!澪ちゃんが来てくれたよ!!」

紬「梓ちゃん!」

梓「……」

律「……だめか、まだ意識が……」


梓「…ぅ……」


律「!!」



449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 18:03:36.66 ID:rgqqifsU0

澪「梓、私だ!気が付いたのか!?」


梓「……ぃ………」


紬「え?」

梓「…ぅう………ぃ……」

律「ぃ…なんだ?痛いって言いたいのか? おーい、先生ぇーっ!」

唯「うい」

律「えっ」

唯「あ、えっと……ういって言ったのかなぁなんて……」

澪「!!」

紬「そうかなぁ……」

澪「いや、唯の言ってる事当たってるかも。私さっき学校で…音楽室で憂ちゃんに会ったんだ」



450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 18:04:35.13 ID:rgqqifsU0

律「え、なんで憂ちゃんが」

澪「分からないけど、多分唯に会いに来たんじゃないか?ここ最近ずっとそうだったし」

唯「何か用だったのかな。ちょっと電話してみよっかな」ゴソゴソ

澪「あ、待て!」

唯「えっ、なんで?」

澪「……今から話す事は落ち着いて聞いて欲しいんだけど」

澪「実は音楽室に憂ちゃんが来たときに……」

・・・



515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:03:07.40 ID:yCbli49U0

・・・

澪「……って感じでさ。小声だからはっきり聞き取ったわけじゃないけど、でも多分……」

紬「あ、梓ちゃんをこんなボロクズにしたのは憂ちゃんだっていうの?」

唯「嘘だっ!!そんなことないよッ!!!!」

律「……唯、気持ちは分かるけどな……」

澪「私の力が半自動で働いたんだ。少なくともあの憂ちゃんは敵意を持ってた」

唯「なんかの間違いだよ!澪ちゃんうい怒らせるようなこと言ったんじゃないの!?」

澪「いや、名前呼んだだけだってば」

唯「でも……!」

律「と、とりあえず落ち着けって。な」



516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:04:09.68 ID:yCbli49U0

紬「それにしても梓ちゃんをここまでにする憂ちゃんの力って一体どんな……」

律「澪、見たのはそのヒトガタだけか?」

澪「うん。唯や私のやつみたいなのだよ。ただ出しただけだからどういう事するのかは分からない」

紬「使えない、って言ったのよね」

澪「それもよくわからないけど……使えない状況ってのが何なのかよく分からないからな」

律「周りに誰もいないと目標が無いからなんにもしようがないって事じゃないか?デコーズだってそうだし」

澪「いや、明らかに何かするつもりで出してたよ。でも出来なかった」

紬「戻れない、っていうのがポイントなのかな。澪ちゃん自体に直接何かしようとしたわけじゃなさそうね」

律「唯どう思う?」

唯「……そ、そんな皆みたいに冷静にぶんせきなんかしてられないよ……
  ういがおかしくなっちゃったかもしれないのに……ぅう……」



517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:05:19.23 ID:yCbli49U0

律「憂ちゃんに何があったか聞きたいけど今のままじゃ絶対無理だ、梓の時の事忘れたのか?唯」

唯「忘れてないけど……う、ういなんだよ……」

紬「今日は皆うちに来る?唯ちゃん家に帰るのは危ないと思う」

唯「う、ういに会うなっていうの?」

澪「その方が賢明だと思うよ、私唯に何かあったら嫌だ……」

唯「澪ちゃん……わ、わかったよ今日はムギちゃんちに行く……」

紬「みんなも来ない?どうするか作戦立てましょう」



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:06:11.36 ID:yCbli49U0

・・・

紬「さぁ皆上がって~」

律「でけー!トイレだけで私の部屋ぐらいありそうな家だなー」

澪「お、落ち着かないなぁこんなに広いと……」ソワソワ

ピリリリリ ピリリリリ

唯「あっ、うい!」

律澪紬「!!」

唯「ど、ど、どうしたらいい?」



520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:07:31.87 ID:yCbli49U0

律「……黙ってんのもモロあやしいしとりあえず普通に出て
  今日は友達の家泊まるって言おう」

澪「そうだな、それがいい」


唯「うん、わかっ」
律「ただし私んちに泊まるって言え」


澪「律?」

律「……なぁ澪、私の事好きか?」

澪「え゛!?な、なんだいきなり// っその…す、す……」

紬(キマシタワー)ジュンッ


律「頼む!もう一度だけ頑張ってくれッ!!!」パンッ



澪「は」



526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:18:49.35 ID:yCbli49U0

・・・


澪「うぅ……律のやつ……私をなんだと思ってるんだよぉお……」ガサッ

澪「……さ、さむい」


コツコツ…


澪「!!き、来た……!ホントに来ちゃったよぉお……ぅうっ」


憂「……」ピンポーン

「は~い」

ガラッ

聡「ん。どなたですか?」

憂「律さんの友人の妹です。姉がお邪魔してると聞いたので」

憂「平沢唯っていうんですけど、来てますか?」



532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:30:42.36 ID:yCbli49U0

聡「え?き、来てませんけど……ていうかまだ姉ちゃん帰ってきてないですし……」

憂「……」

憂(罠?)キョロキョロ

澪(!!)ビクッ

澪(だ、大丈夫大丈夫…私は今消えてるんだ……)

憂(嘘なんかついて、かなりあやしいよ。もしかして梓ちゃんが無事で喋ったとか?
  しぶといね梓ちゃん……流石ご○○りだね……いまいましい)

憂(いずれにしてもこの警戒っぷり、
  加えて律さんも居ない、もう軽音部全員同じ力を持ってるとしか思えない)

憂(…………それなら)



534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:32:03.60 ID:yCbli49U0

聡「あの……姉ちゃん帰ってくるまで上がって待ってますか?」

憂「いえ。どうもありがとうございました」スッ

聡「あ、いや~別に……//(なぜ握手)」ギュッ

聡「あだッ!!?」

澪(!? な、なんだ!?)

スッ


澪「!!! あ、あれは!“矢じり”だっ!!」



憂「誰ッ!?」バッ



澪「はっ!(しまっ、驚いて解除しちゃった!!)」



538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:33:45.10 ID:yCbli49U0

憂「! 澪さん!?いつからそこにッ……」ドギュン!


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


澪「あわわっ」スーッ

憂「き、消えっ……(間違いない、消えた!やっぱり澪さんも!軽音部ぅううッ……!)」

憂「今度は逃がしませんよ!お姉ちゃんはどこッ!?」

憂「……くそ、完全に見えない!」

澪(はっ…!はっ…!はっ…!)タッタッタッ


憂「『一度目』ッ!!!」

ズキュウウウウウン

澪「!?」


――――



546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:43:28.34 ID:yCbli49U0

・・・


バンッ!!


律澪紬「!!」


澪「はぁっ!はぁっ!ング……はぁっ…!」

唯「澪ちゃん!」

律「澪!ど、どうだった?」

澪「き、き、き、きたっ……憂ちゃんきたっ……!」

唯「」

律「そ、そうか……やpp」
澪「“矢じり”を持ってたッ!!!」

紬「!? う、憂ちゃんが!?」

律「なんだって……」

澪「さ、さ、聡に傷をッ……!」

律「はぁ!?」



547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 00:44:09.40 ID:yCbli49U0

――――

憂「……チクショウッ!!!!」ガンッ!

聡「ひ!」

憂(既に澪さんが消えてたタイミング……肝心な時にホント何してるんだ私はっ!!)

聡「あ、あ、あの…(郵便受け殴らないで欲しいな……)」

憂「……これ、私の携番です」

聡「は?」

憂「明日の朝起きたときまるで新しいパンツを(ry な気分だったら連絡して」

聡「は、はぁ……」

憂「じゃあこれで」




561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 01:01:43.76 ID:3Y8KvnOl0

>憂(既に澪さんが消えてたタイミング……肝心な時にホント何してるんだ私はっ!!)

澪がすでに消えた時に戻ってしまったということだね
でも複数回できる描写があった

・すでに澪が消えた時までしか戻れない
 (例:6秒前に戻る能力。澪が消えたのは7秒前)

・一度戻ったらその時にしか戻れない
 (例:x秒前に複数回戻れる能力。ただしxを一度指定すると変更不可)

かな?



562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 01:05:33.99 ID:paLazjnJ0

>>561
それはそうと、梓を倒した能力も気になる
時系以外にもなにか特殊能力があるのかそれともザ・ワールドみたいにパワー型なのか……





565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 01:15:43.53 ID:yCbli49U0

澪の時はあの後複数回時を戻しています
結果的に無理だったので憂は諦めましたが



622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 11:05:39.38 ID:yCbli49U0

――――

ピンポーン

「はーい、今出ます」

ガチャ


憂「どうも」

和「あら、憂。どうしたの?珍しいじゃない」

憂「和さん……軽音部のことどう思ってます?」

和「どうって別に……皆仲良さそうでいい部活じゃない」

憂「本当にそう思ってますか?」

和「……なんなの?」

憂「お姉ちゃんのこと取られちゃって妬いたりしてるんじゃないですか?」

和「そんなことないわよ」



623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 11:06:24.99 ID:yCbli49U0

憂「嘘ですね。心のどこかにそんな気持ちも無いわけじゃないはず」

和「…………ねぇ、わざわざそんなこと言いに来たの?」

憂「ほら、ちょっとイラっと来てますよね今。思い当たるフシがあるからですよね」

和「憂……あなたねえ、いい加げn」
憂「それなら!」ズッパァッ!

和「い゛っ!?」ポタタ

和「な…何するの!いきなり人の事切りつけるなんてっ!何持ってるの!?それっ!」

憂「大丈夫ですよ。傷は消えてるはずです」

和「えっ…… あ。な、無い」

和「あ、あ、あなた一体何をしたの……」



624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 11:07:15.39 ID:yCbli49U0

憂「何も。ただお姉ちゃんを軽音部から取り返したいと思っているなら…
  そのための“力”を和さんにあげようと思って」

和「ちっ、力?」

憂「ええ。言葉そのままに“力”です。もし明日の朝起きて新しいパン(ry 連絡ください」

和「…………」

憂「それじゃあ私はこれで。おやすみなさい和さん」


憂(私一人じゃ不公平だもんね…こっちも駒を用意させてもらうよ……)



625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 11:10:13.71 ID:yCbli49U0

・・・

律「……じゃあ聡も何かしらの力を…」

澪「私も流石に驚いてさ、一瞬力を解除しちゃって見つかっちゃったんだ……焦ったよ」

紬「えっ、憂ちゃんに?」

澪「うん。私の事見るなりすっごい顔して力出してきてさ。ホント血の気が引いたよ……
  でもすぐまた消えてこうして全力ダッシュで逃げてきたってわけ。疲れた……」

律「今回も出しただけか?何もされなかったのか」

澪「わ、わかんない……消えてすぐ逃げたから……怖くて振り返ってる余裕もなかったし」

紬「まぁ澪ちゃんだし、恐怖で卒倒しなかっただけでも頑張った方よ」

澪「ごめん……」

唯「澪ちゃん頑張ったね!よしよし」

澪「ちょっ…ゆ、唯ぃ……//」

律「聡……憂ちゃんは聡を味方につけようって魂胆なのか」

紬「多分私達の事も能力者だと疑ってるのよ。梓ちゃん、澪ちゃんとくれば当然ね」



626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 11:11:20.80 ID:yCbli49U0

律「……私の弟だ、私の言う事聞かせてやるさ」

紬「だといいけど……梓ちゃんをあんなにしたパワー、その気になれば脅してでも従わせると思う」

律「……」

唯「むぎちゃんおなかへったよぉおー」

律「」ガクッ

律「ひ、人が真面目に考え事してるのにキンチョー感の無い」

紬「まぁまぁまぁまぁ……とりあえずご飯でも食べてゆっくり休んで明日に備えましょう」

澪「が、学校どうするんだ?」

律「休むしかないよなぁ……流石にこの状況でノンキに登校なんて迂闊すぎるだろ」

紬「そうね」




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「しゃぶれよ」 唯「」#中編
[ 2011/07/08 18:26 ] ジョジョの奇妙な冒険 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。