SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ジョジョの奇妙な冒険 >  承太郎「…俺はボーカル」#12

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






承太郎「…俺はボーカル」#12 【ジョジョの奇妙な冒険】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1282087157/

けいおん!×ジョジョの奇妙な冒険#index




901 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:45:42.30 ID:goNrUIDO

大晦日の朝の駅前!

スタスタ

唯「お待たせ~!」

憂「すみません、遅くなっちゃいました!」

律「お、三人ともきたな」
 「まだ来てないのもいるし大丈夫だよ」

和「まだって…あとは」

スタスタ

承太郎「…やれやれ、また最後か」

花京院「5分の遅刻だ」

承太郎「お前らが来るのが早すぎるんだ」

律「私達が早すぎたとしても、お前は時間的に遅刻だけどな…」





902 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:46:04.16 ID:goNrUIDO

純「えと…私はお呼ばれしても良かったんですか?」
 「軽音部でも生徒会でもないんですけど…」

承太郎「全員がお前を呼びたいと思ったからお前を呼んだんだ」
   「そんなくだらねーことを考えてないで、これからどうするかを考えてくれ」

純「!」
 「はい!」
 (いいな、承太郎先輩…)
 (私も軽音部入れば良かったよ…)

紬「それじゃあ今日はどうしましょうか?」
 「一日中遊べるから何でもできるわね」

澪「それなら学ラン組の服を見に行かないか?」
 「今日もジョジョと花京院は学ランだし」



903 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:46:26.40 ID:goNrUIDO

承太郎「…別にまだ学ランでいいんだが」

花京院「ああ」
   「残り少ない学ラン生活を楽しまなくちゃあね」

梓「今はいいですけど大学ではどうするんですか?」
 「さすがに学ランは着れませんよ?」

承花「……」

律「何も考えてないのかよ…」
 「そんじゃあ服見に行くか!」



904 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:46:50.35 ID:goNrUIDO

デパートの服屋!

唯「おお~、男の人のマネキンいっぱいあるね!」

律「男物ばかり売ってるとこだからな」
 「何かここはイタリア人に人気あるらしいぞ」

梓「イタリア人ですか」
 「日本人の感覚と合うんですかね?」

律「多分大丈夫だろ」
 「そんじゃあみんなで選ぼうぜ!」

唯澪紬梓和憂純「おおーっ!」



905 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:47:13.29 ID:goNrUIDO

憂「ん~…あ、花京院さん、これなんかどうですか?」スッ

花京院「試着してくるよ」スタスタ

律(長袖か。まあ時期が時期だしな)

スタスタ

花京院「どうだい?」

律「…セクシーだな」
 「…ヘソ出しちゃって」

和「ええ…」
 「何ていうか…イタリアのマフィアにいそうね」
 「とりあえずやめた方がいいと思うわ」

憂「そうですか…」シュン



906 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:47:37.76 ID:goNrUIDO

純「これとかどうですか?」スッ

花京院「少し待っててくれ」スタスタ

律(今のはコートっぽかったな。さすがに大丈夫だろ…)

スタスタ

花京院「こんな感じだが…」

律「全然大丈夫じゃねェェエーーーッ!」

唯「どうしたのりっちゃん?大声出しちゃって」

律「花京院を見てみろ!」

唯「ん?」クルッ
 「あ…」ポカーン
 「コートの下…ばってんがあるだけ…?」
 「あ、暗殺チームのリーダーにいそうだね…」

律「それはダメだ!」
 「私達が恥ずかしい!」

純「過激すぎましたね…」



907 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:48:01.86 ID:goNrUIDO

紬「これなんかどうかしら?」スッ

花京院「それじゃあ行って来るよ」スタスタ

律(…布地…あったか…?)

スタスタ

花京院「…ただいま」

律「ボスゥゥゥーーーーーッ!」

唯(ボス?りっちゃんいきなりどうしたんだろ)

律「ダメだそれは!さっきの以上にダメだ!」
 「ていうかそれは服じゃなくて網だろ!」

澪「さっきからうるさいぞ律」
 「お店に迷惑がかかるだろ?」

律「!」
 (ヤバイ!澪が今の花京院を見たらぶっ倒れるに決まってる!)



908 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:48:25.84 ID:goNrUIDO

澪「律?どうしたんだ?」スタスタ

律「な、なんでもない!」
 「それよりジョジョの服を選んでたらどうだ!?」

澪「…何か隠してるだろ。イタズラしてるんじゃないだろうな」スタスタ

律「ち…違う…」
 「来るな…」
 「私のそばに近寄るなああーーーーーッ」

澪「何だよそれ…」スタスタ
 「一応確認す…」クルッ

花京院「…や、やあ」

澪「網…」バタッ

律「だから言ったじゃん…」



909 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:48:50.41 ID:goNrUIDO

和「花京院君、こっちに来てくれるかしら?」

花京院「ああ…」
   (まさか怒られるんじゃあないだろうな…)

承太郎「……」ジーッ

憂「その白いコート気に入ったんですか?」

承太郎「まあな」
   「だが値段がな…」

純「そんなに高いんですか?」ピラッ
 「…2万円」

承太郎「ああ」
   「この前金を使っちまって金が全然なくてな」
   「まあ我慢するぜ」

梓「バイトしなきゃですね」

承太郎「気が向いたらな」

梓(あ…そういえばもうすぐ…)
 (…後で相談してみよう!)



910 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:49:18.20 ID:goNrUIDO

澪「うーん…」ムクリ

律「お、やっと起きたな」
 「あれ?そういえば和と花京院は?」

紬「さっき一緒にどこか行ってたけど…」

スタスタ

花京院「すまない、待たせてしまったようだね」ガサガサ

和「澪、大丈夫?」

澪「うん、なんとか」



911 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:49:57.31 ID:goNrUIDO

承太郎「…お前は何か買ったのか」

花京院「ああ、これはサングラスだよ」
   「真鍋さんに似合うんじゃないかって言われてね」

律(…せめて服買えよ)
 (ていうかこいつらほんとに仲いいよな)

唯「次は何しよっか~」

承太郎「…腹が減った」

澪「それじゃあ昼ごはん食べながらどこに行くか考えるか」

梓「そうですね」



912 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:50:23.21 ID:goNrUIDO

昼食中!

律「どっかいいとこないかな~」

唯「カラオケとかは?」

和「まあ無難なところね」

承太郎「今思い出したんだが」

澪「どうしたんだ?」

承太郎「近くにアミューズメント施設ができたらしいぜ」
   「体を動かしたりカラオケ何かもできるらしい」

梓「それ私も聞きました!」
 「結構おもしろそうですよね」

純「行ってみたいかも…」

律「そんじゃあそこに行くか!」



913 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:50:47.05 ID:goNrUIDO

アミューズメント施設!

紬「すごい…本当になんでもあるわね」キラキラ

唯「ほんとだね!来て良かったよ~」

憂「それじゃあ最初はどこに行きますか?」

花京院「僕は少し体を動かしたいな」

承太郎「花京院に同じだ」
   「勉強でストレスが溜まって仕方ねーぜ」

律「それじゃあそこ行こうぜ」

体動かせるとこ!

紬「本当になんでもあるわね…」

和「サッカー場にバッティングセンター、テニスコートにバスケットコート…」
 「有名どころのスポーツは大体できるのね」

承太郎「…バッティングセンターに行って来る」

憂「あ、私も行きます!」



914 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:51:10.51 ID:goNrUIDO

バッティングセンター!

承太郎(…結局全員来やがったぜ)

シュゴッ

律「おらっ!」ブンッ
 「くぅ~っ!難しい!」

承太郎「下手くそだな」ニヤッ

律「うるせー!」
 「そんじゃあジョジョやってみろよ」

承太郎「やれやれ、お手本ってやつを見せてやるか」

シュゴッ

承太郎「オラァ!」カキィーン!

律「おお…」

承太郎「こんなもんだ」
   「お前はもっと精進することだな」

律「くっそぉ…」



915 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:51:34.83 ID:goNrUIDO

憂「承太郎さん、どうやって打つんですか?」
 「なかなかあたらなくって…」

承太郎「そうだな…」
   「バットを振る時に前に壁があるように意識して脇をしめるんだ」
   「あとはボールをよく見ることだな」

憂「ありがとうございます!」

純「憂、頑張って!」

憂「うん!」

シュゴッ

憂(ボールをよく見て引き付けて…)
 (壁を意識して…)
 (振り抜くッ!)ブンッ

カキィーン!



916 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:52:03.61 ID:goNrUIDO

憂「!」
 「やった!やりましたよ承太郎さん!」

承太郎「ああ、ナイスバッティングだ」

憂「ありがとうございます♪」

純「憂って…飲み込み早いですよね」
 「初っぱなからあれですよ…」

唯「うんうん、鼻が高いよ♪」

憂「えへへ~♪」

シュゴッ

花京院「……」コンッ

シュゴッ

花京院「……」コンッ



917 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:52:26.89 ID:goNrUIDO

梓「…何やってるんですか?」

花京院「バントの」

シュゴッ

花京院「……」コンッ
   「練習だ」

梓「ストレス…解消できますか?」

花京院「まあね」
   「いい所に転がった時なんか最高の気分さ」

梓「はあ…」
 まあ…人それぞれだよね…うん)

シュゴッ

花京院「……」コンッ
   「!」クルッ
   「中野さん、今の見てたかい!?」
   「すごくいい所に転がった!ナイスバントだ!」

梓「お、おめでとうございます…」



918 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:52:56.11 ID:goNrUIDO

シュゴッ

梓「あ!花京院先輩危ないです!」

花京院「え?」クルッ
   「ゲフッ!」ドゴォ!

ドサッ

梓「やっちゃった…」

シュゴッ

梓「え!?まだ残ってるの!?」
 「しかもこのボールは低めッ!花京院先輩にまた当たっちゃう!」
 「花京院先輩避けて!」

花京院「すまない…無
   「理だァァァアアアアア!」ドゴォ!

シュゴッ

花京院「……」ドゴォ!

梓「……」スッ

花京院は風になった――
梓が無意識のうちにとっていたのは『敬礼』の姿であった―――
涙は流さなかったが無言の詩があった――
奇妙な友情があった――



919 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:53:21.27 ID:goNrUIDO

和「何やってるのよ…」

紬「いい汗かいたわ♪」
 「次はどこに行こっか?」

承太郎「花京院があの様子だからな…」
 「のんびりできる所がいいだろう」

釣り堀!

律「釣りなんて久しぶりだな~」

唯「私糸に何つけるかとかわかんないよ…」

承太郎「重りなんかはもう付けられてるから俺達は餌をつけるだけだ」
   「針が隠れるくらいにちぎって針に付けたら終わりだ」

紬「これくらいで大丈夫?」

承太郎「ああ、大丈夫だ」
   「あとは水に投げ込んで待っておくだけでいいぜ」

紬「うん、わかったわ」

ポチャン



920 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:53:44.57 ID:goNrUIDO

澪「なあ、鯉以外のもう一匹、この魚何ていうんだ?」

承太郎「鮒だ」

澪「鮒…」

唯「食べられるの?」

承太郎「ああ。鮒寿司なんかもあるぜ」

唯「お寿司!?」キラキラ

和「相変わらず食べ物のことばかり考えてるのね…」

純「全然釣れない…」

承太郎「今入れたばかりだろう…」

紬「……」ジーッ

ピクッ



921 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:54:08.56 ID:goNrUIDO

紬「!」
「承太郎君!竿が動いた!」

承太郎「まだ引くんじゃあないぜ…」

ピクピク

紬「……」ゴクリ

グィーッ!

承太郎「今だッ!」

紬「うん!」グイッ!

ザバァーン

鯉「…」バタバタ

紬「釣れた…」キラキラ
 「やったぁ♪」ニコッ

承太郎「良かったな。一番乗りじゃあないか」

紬「承太郎君のおかげよ♪」

承太郎「お前が焦らないでいたからさ」
   「針は自分で外すか?」

紬「うん、やってみる!」
 「そーっと…」ピトッ

鯉「!」バタバタ

紬「わっ!びっくりした…」ドキドキ



922 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:54:49.44 ID:goNrUIDO

承太郎「ケガするんじゃあないぜ」

紬「ええ」
 「……」グイグイ
 「うーん…」グイグイ
 「取れない…」グイグイ

鯉「……」

紬「承太郎君…お魚が動かなくなっちゃった…」

承太郎「…お前が時間をかけすぎて死んじまったのかもな」

紬「そんな…」

承太郎「仕方ないさ…最後に撫でてやるなりしてやったらどうだ?」

紬「うん…」
 「ごめんね…」ピトッ

鯉「……」バタバタ!



923 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:55:09.27 ID:goNrUIDO

紬「きゃっ!」ビクッ

承太郎「……」ニヤッ

紬「び、びっくりした…」
 「承太郎君わかってたの?」

承太郎「ああ」
   「そいつも疲れてたんじゃあないか?」ニヤッ

紬「もう!」プクーッ

承太郎「悪かったな」

紬「今回だけよ?」ニコッ

承太郎「ああ、もうひっかかるとは思えないしな」グイッ
   「ほら、外したぜ」
   「お前が釣り堀に帰してやってくれ」

紬「うん♪」
 「それじゃあまた釣られないように気をつけてね、バイバイ♪」

ポチャン



924 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:55:41.89 ID:goNrUIDO

カラオケ!

梓「最初は誰が歌いますか?」

律「やっぱりここは我らがボーカル、ジョジョだろ!」

唯「賛成!」

承太郎「やれやれ…」
   「曲は…」
   「これでいいか」ピッ

ジャカジャーン♪

承太郎『まわれまーわれメリゴーラウンド♪』
   『もうけしーて止まらないように♪』
   『動き出ーしたメロディ♪』
   『LA・LA・LA・LAーLA・LOーVE SOーNG♪』

唯澪律紬梓和憂純花「おおーっ!」

~~~♪

パチパチパチパチパチパチパチパチ

紬「すごくかっこよかったわ!」

憂「そうですね!聞き惚れちゃいました♪」

唯「私達の歌以外の歌を歌ってるの初めて聞いたよ~」
 「コピーとかもいいかもね!」

澪「そうだな!」
 「ジョジョの歌唱力なら何でも大丈夫だな!」



925 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:56:32.34 ID:goNrUIDO

律「さあ、次は誰だ!」

花京院「僕だね」
   「承太郎の後に歌うのは気が引けるな…」

憂「花京院さんなら大丈夫ですよ」
 「頑張ってください♪」

花京院「ああ、ありがとう」フフッ
   「それじゃあ少し本気を出すとしようか」ヌギヌギ

純(学ランを脱いだ…すごく本気じゃん…)

シャララララ♪

花京院『I LOVE YOUとーどーいて このおーもいー♪』
   『きーっといつーかはー叶ーうよねー♪』
   『こんーな気ー持ーち 切なすぎーるのーーー♪』スーッ

律(本気すぎて手が…本物の歌手みたいだな)



926 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:56:56.55 ID:goNrUIDO

ジャカジャカジャカジャカ♪

花京院『……』バッバッ
   『……』バッバッバッバッ

律(振り付けだァァァーーーーーッ!)
   (かなり速いッ!)
   (本気って振り付けの本気かよ!)

花京院『始まりなんてわからないの♪』バッバッ
   『名前も平凡でどこにでもいそう♪』バッバッ
   『でも何万人いても私 きーっとキミを見つけるよー♪』バッバッ

梓(これがバッティングセンターで苦しんでた人の動き!?)

花京院『キーミーはーなーにーをー願ーうのー♪』
   『そばにいてほしい♪』
   『ずーっとーずーっとー それだけーなのにーー♪』
   『ドキドキ♪』バッバッ

唯(も…萌え萌えキュンだ)



927 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:57:18.44 ID:goNrUIDO

花京院『恋の抑ー止力ー ほらGameが始まるー♪』バッバッ
   『見つめあえばわかーるでしょー はーじまーりの ベールが鳴ーる♪』バッバッ
   『Listen to my heart こーえになーらないこーの声ー♪』バッバッ
   『とめて恋の抑ー止力ー♪』バッバッ
   『伝えたーい 私のすーべてーー♪』

~~~♪

パチパチパチパチパチパチパチパチ

梓「花京院先輩すごいじゃないですか!感動しました!」

律「ほんとだよ!最初は何だこれって思ったけど歌も良かったし!」

紬「これをコピーしない!?」
 「私達が演奏して、花京院君達が周りで踊るの!」



928 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:57:39.86 ID:goNrUIDO

憂「おもしろそうですね♪」

純「うん!」
 「私達も協力させてください!」

和「そういうことなら私も協力するわ」

承太郎(何だこの流れは…)

花京院「そうだ承太郎、君にも踊ってもらうよ」

承太郎「何ッ!?」
   「どういうことだッ」

花京院「この歌はボーカルの人も踊ってるんだ」
   「ちゃんとセンターで頼むよ」

承太郎「やれやれだぜ…」

唯(承太郎君の萌え萌えキュンが見れるんだ…)

律「大学が楽しみになったな♪」
 「よーっし!次は…」





929 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:58:05.14 ID:goNrUIDO

外!

律「いや~、遊んだな~♪」

唯「そだね。もう真っ暗だよ~」

承太郎「6時か…」
   「一旦解散して、7時に俺の家に集合でいいか?」

澪「うん、それでいいと思う」

花京院「それじゃあみんな、気をつけて帰ってくれ」

7時の空条家!

ゾロゾロ

和「みんなぴったりに来たわね」
 「それじゃあ呼びましょうか」ポチッ



930 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:58:22.82 ID:goNrUIDO

ピンポーン

?「少し待ってくれ」スタスタ

紬「?」
 「承太郎君の声じゃなかったわね」

澪「もしかしたら貞夫さん?」

梓「いえ…この声は…」

ガララ

ジョセフ「おっ!みんなお揃いじゃな!」

梓「やっぱり!」
 「こんばんは、ジョセフさん」ペコリ

唯澪律紬和憂純花「こんばんは」ペコリ

ジョセフ「おお、こんばんは」
    「んー、梓ちゃんと憂ちゃんと純ちゃんはわかるんじゃが…」



931 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:58:44.75 ID:goNrUIDO

憂「あ、紹介します」
 「お姉ちゃんの唯、澪さん、律さん、紬さん、和さん、花京院さんです」

律「今日はよろしくお願いします!」

唯澪紬和花「よろしくお願いします!」

ジョセフ「そんなにかしこまらんでもいいよ」
    「フレンドリーにいこうじゃあないか」
    「あ、わしはジョセフ・ジョースターじゃ」

紬(ジョースター…?)
 (どこかで聞いたことがあるような…)

ジョセフ「まあ、立ち話もなんだし入ってくれ」



932 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:59:05.84 ID:goNrUIDO

空条家のリビング!

ホリィ「あら、みんないらっしゃい♪」ニコッ

唯澪律紬梓和憂純花「こんばんは!」

ホリィ「今日は楽しんでいってね!」

さわ子「はい!」

律「さわちゃん!?」

澪「な、何でいるんですか?」

さわ子「何でって…」

承太郎「俺が呼んだんだ」

唯「でもさわちゃんよく来れたね」
 「彼氏とかは大丈夫なの?」

澪律紬梓和憂純承花ジホ「!」ドドドドドドドドドドドド



933 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 20:59:30.92 ID:goNrUIDO

梓(ゆ…唯先輩…)

ジョセフ(な、何てことを言うんじゃこの子は…)
    (この感じ…ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ…)

さわ子「唯ちゃん…」

唯「どうしたの?」

さわ子「そんなことを言ったのはこの口かァァァアアアアア!」グィーッ

唯「ひょっ!さわひゃん、いはいいはい!」グニン

承太郎「あの二人は置いておくとするか」
   「それじゃあ適当に座ってくれ」

さわ子「ちょっと!置いとかないでよ!」



934 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:00:51.52 ID:goNrUIDO

承太郎「お前がふざけてたんだろう」
   「よし、飯にするぜ」

ジョセフ「ちょっと待つんじゃ承太郎」
    「こういう時は何か挨拶をするもんじゃあないのか?」

承太郎「それならてめーがしな」

ジョセフ「え?わしが?やっていいのか?」
    「ここはお前がやった方が

承太郎「じゃあ手短にするぜ」

ジョセフ「え?わしにやらせてくれんのか?」
    「そこはやっぱりわしにやれって言うところじゃ…」

承太郎「今日は今年最後の日だ。少しぐらい羽目を外しても罰は当たらないだろう」

ジョセフ「なあ承太郎?本当にやらせてくれんのか?」

承太郎「それじゃあ乾杯だ」

梓(ぜ…全部無視!?)

承太郎「乾杯ッ」

唯澪律紬梓和憂純さ花ジホ「かんぱーい!」



935 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:01:51.48 ID:goNrUIDO

ホリィ「みんな、遠慮しないでどんどん食べてね♪」

唯「うん!」

澪「すごく美味しそうだな!」

純「実際美味しいですよ!」モグモグ

澪(手つけるの早…)

唯「ん~、おいしい~♪」
 「憂~、今度これ作って~」

憂「それじゃあ後で作り方教えてもらっていいですか?」

ホリィ「ええ♪」



936 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:02:16.07 ID:goNrUIDO

承太郎「おいジジイ、そのドレッシングを取ってくれ」

ジョセフ「これか?」ガシッ
    「ん…?」チラッ
    (シーザードレッシング…)
    「シーザー…」ボソッ

梓「どうかしましたか、ジョセフさん?」

ジョセフ「……」ウルッ
    「シーザァアアアアアアーーーーーーーッ!!」

梓「何がァアアアアアアーーーーーーーッ!?」

和「ジョースターさん大丈夫ですか!?」

ジョセフ「ああ…すまん」
    「取り乱してしまった…」

紬(そんなにシーザードレッシングを手放したくなかったのかしら…)



937 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:02:41.53 ID:goNrUIDO

ジョセフ「ん?わしの箸が無くなったぞ?」

花京院「さっきジョースターさんが取り乱した時に落ちたような…」

ジョセフ「どれ…お、一本あったぞ」
    「あともう一本は…」

紬「承太郎君、トイレ借りていいかしら?」

承太郎「ああ」
   「突き当たりを右だ」

紬「ありがとう♪」スクッ

ジョセフ(……)チラッ
    (ほう…)
    (…そうじゃ!)ピコーン
    「箸はどこかの~」
    「こたつの中も探してみるとするか」モゾモゾ

承太郎(…何をしてるんだ?ジジイ…)



938 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:03:10.34 ID:goNrUIDO

ジョセフ(おほっ!)
    (想像通りじゃ!)
    (脚!脚!脚!グンバツじゃああああああああああ!)

唯「ん~、脚痺れちゃった…」モゾモゾ

ジョセフ「!」
    (何だと!?見える!あと少しッ!)
    「あと少しッ!」

承太郎「!」
「ジジイッ!出やがれッ!」グイッ



939 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:03:40.03 ID:goNrUIDO

ジョセフ「な、何だ承太郎!」

承太郎「…てめー…何してやがった」

ジョセフ「な、何ってこたつの点検じゃ」
    「異常はなかったぞ」

承太郎「…嘘ついてんじゃあねーぜ」ボソッ
    「次こんなことしてみろ…さすがに怒るぜ…」ボソッ

ジョセフ「あ…ああ…」

ホリィ「はいパパ、新しい箸よ」スッ

ジョセフ「おお、悪いな」

紬「ふぅ、遠くてちょっと疲れちゃった」トスッ
 「こたつあったか~い♪」

律(ムギが遠いって思うってことはかなり遠いんだろうな…)



940 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:04:09.50 ID:goNrUIDO

さわ子「これからプレゼント交換しましょう!」

ジョセフ「そうか、それならわしは少し外すよ」
    「いろいろ用意があるもんでな」スタスタ

憂(用意?何するのかな…)

さわ子「それじゃあ承太郎君、歌お願い」

承太郎「…なぜ俺なんだ」

さわ子「だってボーカルじゃない」

承太郎「やれやれ…」



941 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:04:40.36 ID:goNrUIDO

承太郎「あたーまの中ー想ーいでいーっぱい♪」
   「あふーれそうなのちょーっと心配♪」
   「とりーあえずヘッドホーンでふさーごぉ♪」

唯「Don't stop the present♪」

澪(唯、いいこと繋いだな…)

承太郎「いきなり!チャンス到来 偶然同じ帰り道 wow♪」
   「ふくらむ 胸の風船♪」
   「急に足が 宙に浮くの 上昇気流にのーってー♪」
   「とーんでいーっちゃえ キミのもとへーわたーしの♪」
   「プレゼントうーけとーめて くれるならストップッ!」

律(さりげなく歌詞かえたよな…?)

さわ子「それじゃあ今持ってるのが自分のものって人はいる?」

憂「多分大丈夫です」



942 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:05:02.99 ID:goNrUIDO

さわ子「それじゃあそれぞれ開けてね」

律「これ誰のだ?」

紬「あ、私の~♪」

律(…かなり高級なのが入ってるんじゃないだろうな)パカッ
 「……」
 「…うまい棒、わさびのり太郎、きな粉棒、キャベツ太郎、水飴、ココアシガレット」
 「えびせん、ふがし、コーンポタージュスナック、ベビーコーラ…」
 (駄菓子しかねえ…)
 (しかも大量に…)

紬「駄菓子気に入っちゃって♪」

律「ああ…私も好きだぞ、駄菓子…」



943 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:05:27.13 ID:goNrUIDO

承太郎「田井中、それを一本くれないか?」

律「これか?別にいいけど」スッ

承太郎「悪いな」パクッ
   「……」スゥーッ
   「……」ハァーッ

律「…言っとくけど、ココアシガレットじゃニコチンは摂取できないからな」

承太郎「…気分だけだ」
   「それなりに落ち着くもんだぜ」

律「そりゃ良かった…」

純「えっと、私のは…」パカッ
 「せ…洗剤…」

和「それは私のね」

澪(和の中じゃ『プレゼント=お歳暮』なんだろうな…)

憂「私は…」パカッ
 「すごい!ゲームソフトがたくさん!」

花京院「それは僕からだ」
   「そこにあるのは全部やりこんだから処分に困ってたんだ」
   「よければ使ってくれ」



944 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:05:58.57 ID:goNrUIDO

純「これ…プレミアもの…こっちのも!」

花京院「おや、そんなものがあったか」
   「まあ売ってくれてもいいけどね」

憂「いえ、全部やらせていただきます♪」

花京院「そうか」フフッ
   「さて、僕は…」パカッ
   「…何だ…?」

さわ子「あ、それは私のね」
   「メタルやってた時の仮面よ」
   「なかなかファンキーじゃない?」

花京院「ええ…とても…」



945 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:06:59.21 ID:goNrUIDO

承太郎「俺も開けるとするか」パカッ

律「あ!そんなに顔近づけたら!」

ドヒュン!

承太郎「ッ…」ドゴッ

律(遅かったか…)

唯(びっくり箱…)

澪(また面白いぐらいにジャストミートしたな…)

承太郎「…秋山、お前の持ってるそれ、少し貸してくれ」

澪「黒髭危機一髪を?」
 「いいけど何するんだ?」スッ

純(あ、私のプレゼント)

承太郎「少しな…」
   「…田井中、黒髭の真上に自分の顔面を固定しておけ」

律「え?うん」



946 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:07:24.92 ID:goNrUIDO

承太郎「…絶対に動くんじゃあないぜ」

律「あ…ああ…」
 (何する気だ…)

承太郎「……」グサッ

シーン…

律「ちょっと待てェェェエエエエエエ!」

承太郎「やかましいッ!動くんじゃあないッ!」ガシッ

律「やめろって!本当に怖いから!」

紬(黒髭がいつ顔に向かってくるか分からない恐怖…)
 (一種の拷問ね…)



947 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:07:53.23 ID:goNrUIDO

律「ジョジョ!頭から手を離せ!」

承太郎「……」グサッ

シーン…

律「無視すんなよ!」

承太郎「……」グサッ

カチン

ドヒュン!

律「!」ドゴォ
 「いったァァァァァアアアアアアアアアア!」ジンジン

承太郎「すっきりしたぜ」
   「欲を言えばもう少しびびらせたかったがな」

律「十分怖かったわ…」



948 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:08:32.12 ID:goNrUIDO

スタスタ

ジョセフ「おお、やっとるの~」

唯「あ、おじいちゃん!」クルッ
 「お帰りなさ…」
 「…い……」

和「唯?」クルッ
 「どうした…」
 「の……」

ジョセフ「テキーラ酒をもってまいりましたの~」クネクネ

唯澪律紬梓和憂純さ承花ホ「……」ポカーン

ジョセフ「なんじゃ?女装が完璧すぎてわしってわからんのか?」

ホリィ「パ…パ……?」



949 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:08:55.32 ID:goNrUIDO

ジョセフ「ああ、ジョセフ・ジョースターじゃ」
    「どうじゃ、先生。テキーラ酒は飲めるか?」

さわ子「え、ええ…いただきます…」

ジョセフ「そうか!今日は飲み明かそうじゃあないか!」

さわ子「はぁ…」ゴクゴク

唯(こ…これはかわいくないよ…)

律(ていうか…さわちゃんが圧倒されてる…)

承太郎「…すまない」

紬「そんな、承太郎君が謝ることじゃあ…」

花京院「そうさ」
   「まあ、目の保養にはならないから問題だが」フフッ



950 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:09:54.24 ID:goNrUIDO

ジョセフ「いい飲みっぷりじゃな!」

さわ子「ええ、まあ」ゴクゴク

ジョセフ「ほれ、どんどん飲め!」

さわ子「……」ゴクゴク

ジョセフ「?」
    (いきなり静かになったの…)

さわ子「……」バンッ!
   「ちょっとあんたァァァアアアアア!」

ジョセフ「な、なんじゃ!?」

梓「り、律先輩…先生酔っ払っちゃったんじゃ…」

律「多分な…」



951 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:10:19.73 ID:goNrUIDO

さわ子「何なのよそのコスプレッ!」
   「中途半端すぎるのよッ!」

ジョセフ「あ…ああ…」

律「…すまん梓、ありゃ嘘だった」
 「確実に酔っ払ってる…」

さわ子「大体その衣装かわいくないのよ!」
   「ちょっとこっちきなさい!」ガシッ

ジョセフ「…承太郎、これから先生がわしに何をしようと…決して…」ズルズル
    「…逆上するんじゃあないぞ……」ズルズル

承太郎「するわけないだろう」

ガチャッ バタン



952 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:11:04.72 ID:goNrUIDO

澪「ジョースターさんは…犠牲になったんだな…」

梓「どんな衣装を着させられることか…」

花京院「…メイド服とかじゃあないか?」

承太郎「…R指定をした方がいいかもな」

ガチャッ!

さわ子「みんな!できたわよ!」

ジョセフ「……」

律「ネコ耳メイドだァァァーーーーーッ!」

唯「誰得!?何得!?」



953 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:11:29.19 ID:goNrUIDO

さわ子「どうかしら!?」

律「唯…」

唯「うん…」

唯律「萎え萎え~シュン…」

さわ子「ダメってことね…」

ジョセフ「…当然じゃろう……」

さわ子「ん~、もういいわ!」
   「次はゲームをしましょう!」

純(飽きるの早…)

承太郎「俺の家にはゲーム機なんかないぜ?」

さわ子「そのゲームじゃないわ」

律「それじゃあ何すんの?」

さわ子「……」ニヤッ
   「王様ゲームよ!」

唯澪律紬梓和憂純花ジホ「!」



954 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:11:54.79 ID:goNrUIDO

承太郎「…くだらねー…俺はやらないぜ」

さわ子「…逃げるの?」

承太郎「!」

さわ子「まあ、賢い選択だと思うわ」
   「見てるだけなら楽しいだけだし」
   「でも…それってつまらない人間じゃない?」
   「承太郎君がそれでもいいってなら別にいいけど」

承太郎「……」
   「チッ…」
   「やってやろうじゃあねーか!」

さわ子(ちょろいわね)ニヤッ

ホリィ「さすがに私達は見ておくわね」

ジョセフ「わしはやるぞ?」

さわ子「それじゃあジョースターさんは参加で」
   「聖子さんは手伝いとかしてもらっていいですか?」

ホリィ「ええ♪」
   「くじは用意しときました」

さわ子「あら、ありがとうございます」
   「それじゃあみんなくじ引いて」

ゴソゴソ



955 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:12:24.03 ID:goNrUIDO

さわ子「いくわよ~」
   「王様だ~れだ!」

律「お、私だ」
 「それじゃあ最初は軽めで…」
 「誰か一人笑うまで3番は一発芸な」

唯「3番だれ~?」

純「…はい」

さわ子「それじゃあどうぞ!」

純「……」
 「よし、運指の練習をしよう」
 「1・2・3・1・2・3…」パッパッ
 「うっ…く…薬指が…」
 「う~…」
 「カニ!」シャキン

シーン…



956 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:12:48.14 ID:goNrUIDO

純「……」スタスタ

梓(?)
 (私の方に来た…)

純「……」
 「カニ!」シャキン

梓「ッ!」
 (め…目の前で…)プルプル

純「カニ!」シャキン

梓「ブフォッ!」

澪(ゴ…ゴリ押し!?)

さわ子「はい、お疲れさま」
   「それじゃあ次よ」

ゴソゴソ

さわ子「王様だ~れだ!」

純「あ、私です」
 「それじゃあ2番が一発芸で」
 「そうそう、5人笑うまでお願いします」

憂(道連れ!?)
 (ていうかハードル高くない!?)



957 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:13:13.19 ID:goNrUIDO

花京院「2番は誰だい?」

紬「…私ね」

承太郎「お前…一発芸なんかできるのか?」

紬「大丈夫よ、この前斎藤がやってくれたの覚えてるから♪」

唯(斎藤って誰…?)

紬「それじゃあいくわね…」
 「……」フゥー…
 「タイトル…『これが私の一週間』」
 「『月曜日』から『日曜日』まで英語で言います」
 「ただし…『水曜日』にバカになって『木曜日』に紅茶をいれて」
 「『金曜日』にスプーンで砂糖をかきまぜて『土曜日』に飲み干します」
 「『日曜日』は安息日です」

澪(ちょっとこの時点で笑いそうなんだけど…)プルプル



958 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:13:50.14 ID:goNrUIDO

紬「それじゃあいくわよ」
 「Monday」

答.Monday

紬「Tuesday」

答.Tuesday

紬「ウェーーーェ…」
 「何だったかしら忘れたわァァァッ!」

唯澪律紬梓和憂純さ承花ジホ「ブフォッ!」

答.Wednesday

紬「何だったかしら!何だったかしらァァァァァ!?」コポコポ

澪「や、ヤバイムギ!」プルプル

答.Thursday

紬「えっと何かしらァァァーーーッ!えへへへへへへへへ」グルグル

純「やば…い…息が…」プルプル

答.Friday

紬「ぜんぜん忘れちゃったわァァあはははははははは」グビッ

花京院「琴吹さんやめてくれェェーーッ!」ゲラゲラ

答.Saturday

紬「Sunday」グッスリ

答.Sunday

律「ひぃー…笑い死ぬかと思った…」プルプル

和「本当…ねじれ腸になるところだったわ…」プルプル



959 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:14:23.97 ID:goNrUIDO

紬「みんな笑ったわね♪」

承太郎「ああ…やられたぜ」プルプル

さわ子「それじゃあ…ブフォッ…つ、次にいきましょう」プルプル

ゴソゴソ

さわ子「……」フゥー…
   「王様だ~れだ!」

憂「あ、私です!」
 「それじゃあ…今日が終わるまで1番の人は『ちゅー言葉』でお願いします」

律(命令がかわいい…)

澪「1番は誰だ?」

承太郎「…俺だ」

唯澪律紬梓和憂純さ花ジホ「ブフォッ!」



960 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:14:49.25 ID:goNrUIDO

憂「そ、それじゃあお願いします」プルプル

さわ子「じゃあ承太郎君、次の合図をかけてくれるかしら」
   「私もう疲れちゃったわ」ニヤニヤ

承太郎「…てめーがやれ」

澪「ジョジョ?」ニヤッ

承太郎「…てめーがやれ…ちゅー…」

唯澪律紬梓和憂純さ花ジホ「ブフォッ!」

梓「承太郎先輩、その調子です!」プルプル

承太郎「チッ…」
   「…早くひちゅんだ」

律「くっ…」プルプル



961 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:15:16.96 ID:goNrUIDO

ゴソゴソ

承太郎「王様だーれちゅーッ!」

紬(もうやけくそね…)プルプル

さわ子「あ、私ね」

唯澪律紬梓和憂純承花「!」ドドドドドドドドドドドド

さわ子「それじゃあ…」
   「3番と6番がポッキーゲームをして」
   「負けた方はこのミニスカサンタの衣装を着てもらいます!」

律(もう合コンじゃん…)

唯「3番は誰~?」

花京院「…僕だ」

唯澪律紬梓和憂純さ「!」

さわ子(これは…)
   (かなり面白いことになるかも!)
   「6番は誰!?」

ジョセフ「…わしじゃ」



962 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:15:53.52 ID:goNrUIDO

梓「こ…これは…」

承太郎「かなり…ヘヴィでちゅー…」

紬(承太郎君だいぶ慣れたわね…)プルプル

さわ子「それじゃあ両端をくわえてください…」

純(先生もテンション落ちてるし…)

花京院「…」パクッ

ジョセフ「…」パクッ

さわ子「それじゃあ…よーい…」

唯澪律紬梓和憂純承ホ「……」ゴクリ

さわ子「スタート!」

花京院「……」レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ

唯「すごい勢いでチョコをなめとってるよ!」



963 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:16:22.70 ID:goNrUIDO

律「挑発だ…自分はこんなことをしてもポッキーを離さないという挑発だッ!」

花京院「……」ポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリ

紬「食べ始めたわ!かなり早いペースよッ!」

承太郎「やるな…花京院」
   「ジジイをびびらせるちゅもりなんだろう」
   「いい駆け引きだちゅ…」

梓「…フフッ」プルプル

ジョセフ「……」



964 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:16:56.08 ID:goNrUIDO

花京院(少しはびびってくれると思ったが…)
   (……)
   (…子供の時から思っていた)
   (一生で真に気持ちが通いあう人達が、いったい何人いるのだろうか…?)
   (自分にはきっと一生、誰一人としてあらわれないだろう)
   (承太郎、平沢さん、秋山さん、田井中さん、琴吹さん)
   (中野さん、平沢さん、鈴木さん、山中先生)
   (…真鍋さん)
   (みんなに出会うまでずっとそう思っていた)
   (みんなのことを考えると背中に鳥肌が立つのはなぜだろう)
   (それは、僕にとっての初めて気持ちが通いあった仲間だからだ)
   (花京院典明は「ミニスカサンタの衣装」を見て考える!)
   (あれを着た姿は絶対に見られたくないッ)
   (このゲームで…)
   (この花京院典明に精神的動揺は決してない!と思っていただこうッ!)



965 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:17:17.67 ID:goNrUIDO

ジョセフ「……」ジーッ

花京院「…?」ジーッ

ジョセフ「…///」ポッ

花京院「ブフォッ!」スポン

さわ子「花京院君の負けよ!」

花京院「な…何ということだ…」

ジョセフ「年季が違うんじゃよ、闘いの年季が」ニヤッ

花京院「頭を使った…というわけですか…」

律「まあ…あんな格好した人にほっぺた染められたら誰でも離すよ…」

澪「かなり至近距離だったしな…」



966 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:17:44.10 ID:goNrUIDO

さわ子「さあ、お着替えターイム!」ガシッ

花京院「うわあああああああああああ!」ズルズル

さわ子「女装するぐらい怖がらなくてもいいじゃない」
   「安心しなさい…安心しなさいよ、花京院君」

ガチャッ バタン

梓「花京院先輩…今日は厄日ですね」

和「ええ…まあ、おもしろそうだからいいわ」

梓(おもしろそうだからって…)



967 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:18:40.64 ID:goNrUIDO

ガチャッ

さわ子「できたわよ!」

花京院「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」

承太郎「…気持ちゅ悪いな」

花京院「承太郎、悪いが僕は自分を知っている…バカじゃあない」

承太郎「じゃあ聞くな…」

花京院「おや、あと少しで今年も終わり…」

唯澪律紬梓和憂純さジホ「…」スースー

花京院「みんな寝てしまったか」フフッ
   「先生は一瞬で寝たみたいだね」

承太郎「そうだな…相変わらずグダグダだぜ」フッ

花京院「ちゅー言葉はどうしたんだい?」ニヤッ

承太郎「グダグダだちゅー…これで満足か?」

花京院「ああ」フフッ



968 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:19:03.27 ID:goNrUIDO

ボーンボーンボーン…

花京院「…終わったな」
   「いや、始まったというべきかな」

承太郎「どっちでもいいさ」

花京院「そうだね」フフッ
   「あけましておめでとう、承太郎」

承太郎「ああ」
   「おめでとう、花京院」

花京院「……」コポコポ
   「それじゃあ、新年を祝って…」
   「乾杯」

カーン…



969 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:19:35.88 ID:goNrUIDO

花京院「…ずいぶん久しぶりじゃあないか?こうやって二人で話すのは」

承太郎「まあな…」
   「絶対と言っていいほどこいつらと一緒にいたからな」

花京院「そうだね」
   「軽音部はみんな君にべったりだからな」フフッ

承太郎「そのおかげでタバコもすえなけりゃあ酒も飲めない」
   「迷惑この上ないぜ」

花京院「それは承太郎、君が軽音部のみんなを気遣ってのことだろう?」
   「何だかんだで承太郎も軽音部にべったりってことさ」フフッ

承太郎「…俺があいつらの傍に立っておかないと何をするかわからないんでな」

花京院「そういうことにしておくよ」フフッ



970 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:20:05.82 ID:goNrUIDO

承太郎「…そういうお前も真鍋にべったりじゃあないか?」
   「この間判定の紙がちらっと見えたが真鍋と同じ大学になってたぜ」

花京院「まあ…同じ生徒会だからね」
   「彼女とは気があうのさ」

承太郎「そうか」
   「…少し待ってくれ」

スタスタ

花京院(トイレか?)

スタスタ

承太郎「……」ファサッ

花京院(みんなの毛布か…)

承太郎「…だらしないやつらで困ったもんだな」

花京院「……」フフッ

承太郎「どうした?」

花京院「いや、みんなのことになると優しくなると思ってね」



971 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:20:54.66 ID:goNrUIDO

承太郎「…風邪をひかれたら俺にも迷惑がかかるからな」

花京院「そうか」フフッ
   「乾杯したばかりですまないが承太郎、僕も眠くなってしまった」
   「僕も一眠りするとするよ、おやすみ」

承太郎「ああ」

シーン…

承太郎(…暇だな)
   (こういう時に限って眠くならないってのはどうにかならねーかな…)
   (…田井中、もう一本もらうぜ)パクッ
   (…ベビーコーラももらうか)プシュッ
   (お…当たったぜ)
   (…琴吹はよっぽど運がいいんだろうな)
   (…平沢が見てたらかなりはしゃぐな)フッ
   (そして秋山と中野はそれを見て呆れて、琴吹は笑ってるんだろうな)
   (田井中は勝手に菓子をとったことに文句を言ってるだろう…)



972 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:21:25.33 ID:goNrUIDO

唯澪律紬梓「……」スースー

承太郎(…こいつらがいないと暇だな)
   (…べったり…か)
   (花京院…お前の考え…間違いじゃあないかもな)フッ

唯澪律紬梓「……」スースー

承太郎(…俺はこいつらの傍にいて、本当の宝ってのを知った)
   (慈しむってのはこういうことをいうのか…?)
   (毎日が早すぎる…かなりもったいないが、その後の日も待ち遠しい…)
   (…秋山の歌詞、琴吹の曲、この二つが作る歌が好きだ)
   (…お茶をしてる時間もな)



973 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:22:44.90 ID:goNrUIDO

唯澪律紬梓「……」スースー

承太郎(もし一年のあの日…花京院に軽音部をすすめられてなかったら)
(こいつらと出会っていなかったら、どんな日を過ごしていたんだろうな…)
(コンビニで立ち読みして…一人でマックスバーガーに行って…)
(今日だって一日が昼寝で終わってたかもな…)



974 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:23:21.73 ID:goNrUIDO

唯澪律紬梓「……」スースー

承太郎(……)
   (…このままで)
   (いや…このままがいい…)
   (俺達だけの歌を歌って…)
   (琴吹の淹れた茶を飲んで)
   (平沢と田井中と菓子を取り合って)
   (秋山と中野に呆れられて…)

唯澪律紬梓「……」スースー

承太郎(…今ならはっきりで言えるな)
   (俺は…)
   「…幸せ者だぜ」

唯「ん…」ムクリ



975 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:23:49.32 ID:goNrUIDO

承太郎「…悪いな、起こしたか?」

唯「ううん、何となく目が覚めただけ…」ゴシゴシ

承太郎「…そうか」

唯「承太郎君はずっと起きてたの?」

承太郎「ああ」
   「さっきまで花京院も起きてたんだがな」

唯「花京院君かぜひかないかな?」
 「あの衣装、毛布かぶっても寒そうだったけど…」

承太郎「大丈夫だろう」
   「俺達が着替えさせるわけにもいかないしな」

唯「それならいいけど…」



976 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:24:13.92 ID:goNrUIDO

承太郎「……」

唯「……」

シーン…

唯「…久しぶりだね、こうやって二人で話すの」

承太郎「…去年の修学旅行だったな」

唯「あっ、もう去年なんだ」
 「あけましておめでとう♪」

承太郎「ああ、おめでとう」

唯「起こしてくれても良かったんだけどね」

承太郎「あんなに気持ちよさそうに寝てたら起こす気にもならないぜ」

唯「まあ…疲れちゃってたもので…」



977 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:24:45.74 ID:goNrUIDO

承太郎「…だいぶはしゃいでたからな」フッ

唯「遊び疲れもあるけど…」
 「ちょっと待ってね」ゴソゴソ

承太郎「?」

唯「はい、これあげる!」スッ

承太郎「なんだ?」

唯「開ければわかるよ~♪」

承太郎「……」パカッ
   「これは…マフラーか」

唯「うん!」
 「ずっと徹夜して作ってたら疲れとれなくて~」エヘヘ

承太郎「作る…?」

唯「そうだよ」
 「ビデオ撮影の時、マフラー持ってないって言ってたから」
 「憂に教わりながら編んだんだ~♪」

承太郎「きれいに編めてるじゃあないか」



978 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:25:36.93 ID:goNrUIDO

唯「ありがとう♪」ニコッ

承太郎「礼を言うのはこっち

バタッ

唯「……」スースー

承太郎「…やれやれ」フッ

唯「たくあん…」スースー

承太郎(どんな寝言だ…)
   (しかし…また暇になったな)

澪「ジョジョ…?」ムクリ

承太郎「…目が覚めたか」

澪「何か…物音がしたから」ゴシゴシ



979 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:26:40.34 ID:goNrUIDO

承太郎「平沢が倒れこみながら寝たからな」

澪「……」
 「唯と…二人で起きてたのか…?」

承太郎「さっきまでな」
 「起きたと思ったらすぐに寝ちまったぜ」

澪「そっか」
 「ジョジョは寝ないのか?」

承太郎「眠くならないもんでな」

澪「たまにあるよな、そういうこと」フフッ

承太郎「ああ」
   「おかげでしっかり年越しの瞬間に立ち合えたぜ」

澪「一人で年を越したのか?」
 「起こしてくれても良かったのに」

承太郎「いや、花京院がいたからな」

澪「そっか…」
 「……」

承太郎「……」



980 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:27:10.69 ID:goNrUIDO

澪「…ジョジョ」

承太郎「…どうした?」

澪「…ジョジョってさ…今好

唯「うまい!」スースー

澪承「……」

承太郎「…たくあんがうまかったのか」ボソッ

澪「?」

承太郎「…こっちの話だ」
   「それで…なんだ?」

澪「あ…えと…」
 「そうだ、渡したいものがあるんだ」ゴソゴソ

承太郎「なんだ?」



981 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:27:38.90 ID:goNrUIDO

澪「これ…なんだけど…」スッ

承太郎「空箱ならいらないぜ」

澪「ちゃんと中身も入ってるよ!」

承太郎「これは今開けた方がいいのか?」

澪「ん~…どっちでもいいよ」

承太郎「そうか」パカッ
   「…マフラーじゃあないか」

澪「うん」
 「良かったら…使ってほしいなって…」

承太郎「ああ、使わせてもらうぜ」

澪「ほんとか!?」
 「良かった~♪」
 「頑張ったかいがあったよ♪」

承太郎「そんなに悩んだのか?」

澪「実はそれ…私が編んだんだ」
 「クリスマスプレゼントと、ジョジョへの感謝も込めて」

承太郎「そうか」
   「わざわざ悪いな、大事にするぜ」

澪「うん、ありがとな♪」



982 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:28:01.43 ID:goNrUIDO

承太郎「ああ…」ドサッ

澪「ジョジョ?」

承太郎「……」グーグー

澪「…寝ちゃったか」フフッ
 「ほら、かぜひいちゃうぞ」ファサッ
 「まあ私も人のこと言え…」
 (そういえば…私達の劇でこんな場面あったな…)
 (あの時は私がロミオで、ジョジョがジュリエット。いや、ジョリエット)
 (今の立場じゃ、私がジュリエットでジョジョがロミオ…)

承太郎「……」グーグー



983 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:29:02.52 ID:goNrUIDO

澪「……」スゥー…
 「……」フゥー…
 「なあジョジョ…」
 「ジョジョはあの日…私を助けてくれたよな」
 「自分の身を犠牲にしようとしてまで」
 「ジョジョは遠い存在だって思いかけてたけど…」
 「すっごく回りくどい言葉で、私をジョジョの隣に並ばせてくれた」
 「まるで、『俺は傍にいる』って言ってるようで…」
 「夏フェスでの言葉…本当なんだなって思った」

承太郎「……」グーグー



984 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:29:40.94 ID:goNrUIDO

澪「ジョジョ…」
 「私な、見つけたよ」
 「…ロミオを」
 「私にとってのロミオを…」
 「それはジョジョ…空条承太郎なんだ」
 「なあジョジョ…」
 「ジョジョには…ジュリエットはいるのか…?」
 「私は…」
 「…ジョジョにとっての……」
 「…ジュリエットに…なれるかな…?」

承太郎「……」グーグー

澪「…私は何を言ってるんだろうな」
 「わかってる…わかってるよ……」
 「でも…諦めたくない…」
 「すごく苦しいけど…」
 「いつかは振り向いてもらえるように…」
 「私…頑張るよ!」

承太郎「……」グーグー



985 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:30:34.22 ID:goNrUIDO

澪(…私も寝るか)ファサッ

承太郎「……」グーグー

澪(…今日ぐらい…隣…いいよな)
 (……)ギュッ
 (ジョジョの手…こんなに大きかったんだ…)
 (……)ギューッ
 (…さすがに手を繋いで寝たらダメだよな)パッ
 (……)
 「おやすみ、承太郎♪」ニコッ

承太郎「……」グーグー

澪「……」
 「///」カァッ
 (寝よう!///)



986 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:31:19.40 ID:goNrUIDO

日の出前!

唯「みんな起きて!」

律「う~ん…どうしたんだよ…」

唯「初日の出を見に行こう!」

承太郎「…一人で行ってこい」

唯「ええ~!いいじゃん行こうよ~!」ユサユサ

承太郎「…わかったから揺らすな」
   「…それと、こいつをどかしてくれないか?」

澪「…スースー」ギュッ

紬「あらあらあらあら♪」

和「澪…承太郎君の腕に抱きついて寝ちゃってるのね」フフッ



987 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:31:41.62 ID:goNrUIDO

花京院「秋山さん、みんなで初日の出を見に行くそうだ。起きてくれ」

澪「……」スースー

承太郎「…引き剥がしてくれ」
   「早くしないと見れなくなるぜ」

律「おい澪、起きろ!」グイグイ

澪「う~ん…」ギューッ

憂「手強いですね…」

承太郎「…やれやれ」グニッ

梓(鼻をつまんだ…?)

澪「……」スースー
 「…ぐっ……」ピクピク
 「く…苦し…」ピクピク
 「ぶはっ!」ムクリ

唯「やっと起きたね~」

澪「なあ…何かすごく苦しかった気がするんだけど…」

承太郎「…気のせいだ」
   「それよりも準備しろ。初日の出を見に行くぜ」



988 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:32:09.04 ID:goNrUIDO

外!

純「ちょっと明るいですね」

唯「急ごっか」
 「私いい場所知ってるんだ~♪」

スタスタ

承太郎「しかし寒いな…」

紬「そうね」
 「あ、ちょっと待ってて!」タタタタ

承太郎(…家に戻りやがった)
   「おい、先に行っててくれ」
   「すぐに追いつく」

梓「そうですか?」
 「それじゃあちゃんと追いついてくださいね」

承太郎「ああ、大丈夫だ」



989 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:32:35.10 ID:goNrUIDO

スタスタ

承太郎(琴吹のやつ忘れ物でもしたのか?)

タタタタ

承太郎(…戻ってきたか)

紬「他のみんなは?」

承太郎「先に行かせた」
   「どれくらい時間がかかるかわからなかったからな」

紬「そう」
 「承太郎君、はい♪」スッ

承太郎「なんだ?これは」

紬「クリスマスプレゼントよ♪」
 「開けてみて?」

承太郎「ああ」パカッ
   「マフラーか」

紬「ええ♪」
 「マフラー持ってないって言ってたから編んでみたの」

承太郎「そうか、悪いな」
   (…三つ目か)
   (まあ、悪いもんじゃあないが)



990 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:33:10.59 ID:goNrUIDO

紬「承太郎君、少ししゃがんでくれるかしら」

承太郎「こうか?」スッ

紬「それとマフラーを貸して?」

承太郎「ああ」スッ

紬「ありがとう」
 「……」グルグル
 「はい、できたわよ♪」

承太郎「…温かいな」

紬「良かったぁ♪」
 「それじゃあ行きましょうか♪」



992 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:43:39.91 ID:goNrUIDO

丘!

スタスタ

花京院「二人ともきたようだね」

梓「よく迷いませんでしたね」

承太郎「平沢がメールで教えてくれたんでな」

憂「伝わったみたいで良かったです♪」

澪(ジョジョマフラーしてる…)
 (私のじゃない…)
 (…私より先にあげた人いるのかな……)

花京院「みんな!日の出だ!」

ピカーン!

紬「きれい…」

律「ほんとだな…」

唯「でしょ~?ここ穴場なんだよ♪」



993 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:44:00.18 ID:goNrUIDO

和「花京院君…」

花京院「何だい?」

和「あなたいつまでその格好してるのよ…」

花京院「……」
   「…もっと早く教えてくれてもいいんじゃないかな?」

純「もう気づいてるものだと…」

唯「それじゃあ初詣行こう!」

花京院「一回帰らせてくれ…」



994 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:44:24.83 ID:goNrUIDO

一回承太郎の家に帰った後の神社!

律「すごく人多いな~」

唯「あ!屋台がたくさんあるよ!」

和「はいはい、お参りが終わったらね」

花京院「それじゃあお参りに行こうか」

澪「気を抜いたら流されそうだな…」スタスタ



995 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:44:54.79 ID:goNrUIDO

憂「すごく歩きづらい…」スタスタ

梓「まさかこんなに混ん

ドンッ

梓「きゃっ!」フラッ

ゾロゾロ

梓(またはぐれちゃった…)
 (どうしよう…)

承太郎(…中野はどこだ?)

その頃の唯達!

紬「あと少し…」スタスタ

唯「ん~…」スタスタ
 「ふぅ…やっと開けたところに来れたね~」



996 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:45:38.90 ID:goNrUIDO

純「疲れた…」

花京院「少し休憩してから並ぼうか」

澪「なあ…」

律「どうした?」

澪「ジョジョと梓は…?」

憂「そういえば見ませんね…」

和「…はぐれたみたいね」

花京院「最も恐れていたことが起こってしまったか…」

律「でも…まさかジョジョがはぐれるなんてな」

澪「ここで待っとくか…」
 (二人とも大丈夫かな…)



997 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:46:04.36 ID:goNrUIDO

その頃の梓!

梓(あ~あ…)
 (どうしよっかな…一人でこの人ごみを抜けれるか…)
 (先に戻っとこうかな…)

ガシッ!

梓「!」ビクッ

承太郎「…何はぐれてるんだ」

梓「承太郎先輩!」パァッ

承太郎「お前ははぐれるのが好きなのか?」
   「できればやめてほしいんだが」

梓「好きなわけないじゃないですか…」



998 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:47:00.24 ID:goNrUIDO

梓「……」

承太郎「どうした?」
   「早くしないと置いていくぜ」

梓「…今度は……」

承太郎「?」

梓「今度は見つけてくれましたね♪」ニコッ

承太郎「…もう文句を言われたくないんでな」

梓「そうですか」フフッ
 「承太郎先輩、渡したいものがあるんです」

承太郎「何だ?」

梓「これ…クリスマスプレゼントです!」スッ
 「あの…汚いところがあるかもしれませんけど…」

承太郎「リサイクルショップででも買ったのか?」



999 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:48:03.15 ID:goNrUIDO

梓「違いますよ!」
 「マフラー…編んでみたんです…」
 「この前持ってないって言ってたので…」
 「迷惑…でしたかね…?」

承太郎「いや、迷惑じゃあない」
   「ありがたく使わせてもらうぜ」

梓「本当ですか!?」パァッ
 「ありがとうございます♪」

承太郎(…しかし…マフラーが4つか)

梓「……」
 「…承太郎先輩っ///」ギュッ

承太郎「…何だ?」
   「それより手を握られてたら歩きにくいんだが」

梓「あの…」
 「ほら!もうはぐれないようにです!」モジモジ

承太郎「…やれやれ」ギュッ

梓「!///」カァッ

承太郎「あいつらは先にいるはずだ」
   「さっさと見つけるぜ」

梓「はい♪」
 (…こんなことになれるなら)
 (承太郎先輩が私だけを捜してくれるなら…)
 (はぐれるのも…いいかな)
 (…なんてね)フフッ



1001 名前:1001[]:Over 1000 Thread
nip_1000_res_aa.png






唯紬「承太郎君が!」澪律梓「ボーカル!」 より
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288010373/




2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:49:27.75 ID:goNrUIDO

少し後!

スタスタ

唯「あ!承太郎君とあずにゃんだ!」

律「どこ行ってたんだよ~!」

承太郎「こいつが迷子になってたんでな」

梓「すみません…」

花京院「僕達からとったら承太郎、君も迷子に変わりはないよ」フフッ

承太郎「その迷子が自力でお前らを見つけたんだ」
   「褒めてくれてもいいんじゃあないか?」

律「開き直るなよ…」

澪「それじゃあみんな揃ったし、お参りするか」



3 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:49:52.05 ID:goNrUIDO

お参り後の神社の外!

唯「昨日と今日と楽しかったね~♪」

紬「そうね」
 「すごく充実してたわ♪」

花京院「それじゃあ、名残惜しいがここで解散としようか」

憂「あの!承太郎さんに花京院さん!」

承花「?」

憂「これ、良かったら…」スッ

花京院「なんだいこれは?」



4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:50:19.09 ID:goNrUIDO

憂「手袋です」
 「うまくできてるか分からないんですけど…」

花京院「もしかしたら手編みかい?」

憂「はい」
 「なのでお気に召すかどうか…」

花京院「……」パカッ
   「すごくいいじゃあないか!」
   「大切に使わせてもらうよ」

承太郎「花京院に同じだ」
   「わざわざ悪かった、礼を言うぜ」

憂「いえ、こちらこそありがとうございます♪」

純「憂~、私には~?」

憂「ごめんね純ちゃん…」

純「あはっ、冗談だよ♪」

澪「それじゃあ解散するか」

梓「みなさん勉強頑張ってくださいね」

唯律「うぐっ…」



5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:50:44.23 ID:goNrUIDO

少し後!

花京院「楽しかったね…すごく」

和「そうね」
 「勉強ばかりだったから、いい時間だったわ」

花京院「そうだね」
   「軽音部のみんなには感謝しないと」

和「……」
 「これ…」スッ

花京院「これは…?」

和「…クリスマスプレゼントよ」

花京院「!」
   「開けてもいいかい?」

和「ええ」

花京院「それじゃあ…」パカッ
   「これは…マフラーじゃないか!」
   「ありがとう真鍋さん!」

和「喜んでもらえたみたいで良かったわ」フフッ
 「私も休憩の時間を削ったかいがあったわね」

花京院「どういうことだい?」

和「勉強の合間にそれを編んでたの」

花京院「!」
   「ありがとう!家宝にする!」

和「ふふっ、大げさすぎよ♪」ニコッ



6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:51:25.50 ID:goNrUIDO

その頃の空条家!

ピンポーン

承太郎(誰だ…?)
   (そういえば、おふくろもジジイもまだ寝てたな…)
   (やれやれ…)スタスタ

ガラッ

律「よっ!」

ピシャッ

ガラッ!

律「何で閉めるんだよ!」

承太郎「…用件はなんだ」

律「忘れ物したんだけど…」



7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:52:00.74 ID:goNrUIDO

承太郎「忘れ物?そんなものなかったはずだが…」

律「これ…」スッ

承太郎「どういうことだ?」

律「ク…クリスマスプレゼント!」
 「ジョジョに渡すの忘れてたからさ…」

承太郎「…嵐がくるな」

律「私も一応そういうところはちゃんとしてるんだ!」

承太郎「冗談だ」フッ
   「礼を言うぜ」

律「いいってことよ♪」ニコッ



8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:52:23.23 ID:goNrUIDO

承太郎「中身はなんだ?」パカッ

律「あ!ちょ!」

承太郎「…マフラーだな」
   「これは結構いいものなんじゃあないか?」

律「…作った」

承太郎「…何?」

律「私が…作った」

承太郎「おいおい…お前はチマチマする作業が嫌いだったはずだぜ?」

律「うん…」
 「すっげぇ嫌いだけど…」
 「頑張れたっていうか…」ボソッ



9 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:52:48.78 ID:goNrUIDO

承太郎「最後が聞こえなかったんだが」

律「いいんだよ、聞こえなくて」
 「そんじゃ、用はこんだけだから帰るな」

承太郎「…おい」

律「何だ?」

承太郎「お前に言いたいことがあるんだが…」

律「!」
 (こ、これってまさか…)ドキドキ

承太郎「田井中…」

律(こ…告は

承太郎「お前が寝てる間にココアシガレットとベビーコーラをもらったぜ」



10 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:53:39.92 ID:goNrUIDO

律「…え……?」

承太郎「ベビーコーラは当たりだったな」
   「蓋は袋に入れておいた」

律「……」

承太郎「?」
   「おい、どうし

ゲシッ

承太郎「いきなり蹴るなッ!」ジンジン

律「うるせーバーカ!」ベー
 「そんじゃあまたな!」タタタタ

承太郎「待ちやがれッ!」タタタタ

律(くっ…早い!)タタタタ
 (こうなったら!)クイッ ガサッ



11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:54:42.18 ID:goNrUIDO

承太郎「おい田井中ッ!」クイッ
   「…いない」
   「見失ったか…」スタスタ

律(戻ったか…)
 (誰かさん家の庭に隠れてなきゃやばかったな…)
 (……)
 (ジョジョ…マフラー使ってくれるかな…)

承太郎(くそ…寒いな…)スタスタ
   (……)カサッ
   (…マフラー持ってきちまったか)
   (使わせてもらうか)パカッ
   (……)グルグル
   (…温かいじゃあないか)

律(…遠目からだけど見送るか)ヒョコッ
 (!)
 (ジョジョ…マフラー巻いてくれてる!)
 「ジョジョー!」



12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 21:55:17.60 ID:goNrUIDO

承太郎「ん?」クルッ

律「ありがとなー♪」
 「また学校でな!」フリフリ

承太郎(でかい声出しやがって…)
   「……」フリフリ
   (…何であいつはお礼を言ったんだろうな)
   (まあ、どうでもいいか)
   (しかしマフラー5本か…)
   (……)
   (一週間飽きないぜ)



13 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 22:02:45.00 ID:goNrUIDO

ということで今日は終わりです

自由にやらせていただきました
主にジョセフと花京院を

けいおんキャラの承太郎に対する反応を想像するってのはなかなか楽しかったです
ちなみに、これ書いてて澪が好きになりました

まあ、男にべったりで不快に思う方もいらっしゃるかもしれないですが、ご容赦を

マフラーの件は、最後の承太郎のセリフを言わせたいがためです

花京院が水樹さんが好きかどうかはわかりません

これから毎日午後9時に来ます
この調子ならおそらく金曜で終わるかと
ぜひ、それまでお付き合いください

ではまた明日




14 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 22:04:49.68 ID:XpQdLcAO

毎回楽しみにしてます!



続編はないの?orz



15 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/25(月) 23:12:33.75 ID:MdtijWc0

乙、楽しみにしてる

あんな頼りになる男がいたらべったりになるのもしゃーないww
自分も澪は好きだけど、2期で影が薄くなって凹んだからこういうSSで頑張ってほしいと
思ってるよ






関連記事

ランダム記事(試用版)




承太郎「…俺はボーカル」#12
[ 2011/07/09 23:27 ] ジョジョの奇妙な冒険 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6