SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  澪「・・・・・・も、もう限界!漏れちゃうぅぅぅううううう!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「・・・・・・も、もう限界!漏れちゃうぅぅぅううううう!」 【カオス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1250666312/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:31:38.40 ID:hmYcp5t80

文化祭当日、緊張の空気が張り詰めた軽音部部室。

唯「なんか緊張するね~」

律「そだな、それより唯、声大丈夫か?」

唯「コーラスだから大丈夫じゃない?」

澪「そういう問題か!」

唯「澪ちゃんすごい落ち着いて見えるよ~すごいな~」

律「そらあめずらしいなあww」

紬「みんな~お茶が入りましたよ~」

わーーーー





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:34:08.63 ID:hmYcp5t80

澪「さぁお茶飲んで落ち着きましょ!」

ガクガクガクガク・・・・・・・・

律「って、澪・・・・ぜんぜん緊張とけてないじゃん・・・」

澪「みんなの前で歌なんてはずかしすぎる!やだっ!」

唯「ありゃりゃ~大丈夫かな」

律「もともとお前が原因だろ」

紬「まあまあまあまあまあまあまあ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:36:36.45 ID:hmYcp5t80

和「唯、そろそろ準備してね、
  このプログラム通り進んでるから、あと30分くらいで始まるわよ」

律「いよいよだな!今までの練習の成果を出すぜ。いこうぜ唯」

唯「お~~うぅぅ」

紬「お、お~う」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:39:50.02 ID:hmYcp5t80

唯「あ、私これ運ぶよ、りっちゃんはこっちよろしくね」

律「あいよ~、」

紬「なんだか張り切ってますね」

澪「そ、そうだな、私も落ちついてやらないと!」

唯「・・・おちゃ・・・・みおち・・・澪ちゃん!!」

澪「・・・・・ハッ!!なんだよ唯」

唯「えへへ・・・なんかボーッとしてたからさ、ささ、準備準備」

澪「あ、あごめん・・」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:44:05.72 ID:hmYcp5t80

律「よし・・・っと。運び終わったな」

澪(さっき緊張してお茶飲み過ぎちゃった・・・トイレ行ってこようかな)

唯「澪ちゃん!ちょっと練習しようよ!」

澪「えっ?私ちょっとさきにt・・・」





和「ご、ごめん!プログラム間違ってた!けいおん部、この次だった!」

唯「・・・・・ふぇ?どどどどどうしよう・・・」

律「大丈夫だろwwwいけるってwwwなあ澪!?」

澪(まずいまずいまずいまずい・・・絶対に我慢できないよ・・・・)

律「・・澪?」

澪「っ!ああ!ここここまで練習したんだしなっ!!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:46:40.07 ID:hmYcp5t80

(・・・・5分後)

澪(なによ・・・トイレ行く時間あったじゃない・・これなら今のうちに行けちゃったり・・・)

澪(やだっ・・そんなこと考えてたらどんどんトイレ行きたくなってきちゃった・・・)

澪(今行かなかったら・・・絶対・・・もら・・・)

・・・・

澪(だめだぁ・・・トイレ行ってる間に始まったらと思うと・・・
  とても抜け出せない・・・はやく始まって・・・)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:49:14.34 ID:hmYcp5t80

(さらに10分後)

和「唯、出番だよ!」

唯「やっとか~疲れちゃったよ~」

和「ごめんごめん、さ、心の準備はいい!?」

唯「おっけ~、みんないくよ!」

律「よし、大成功で終わらせようぜ!な、ムギ!澪!」

澪「ううっうん!」(ガクガクガクガク・・・)

律(げっ!まさか澪のやつ・・・・)



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:52:34.58 ID:hmYcp5t80

澪(やばいやばいやばいやばい・・演奏時間は30分・・・絶対無理だぁ・・)

澪(・・・っも、もう漏らすよりはマシだし、ちょっと内股で・・恥ずかしいけど・・)

―続いて軽音部です

ブイーーーーーーーーーーーン

澪(ビクッ・・が、我慢しないと!!!まだ我慢!・・・もれ・・・)

澪(漏らすわけにはいかない・・高校生にもなって"おもらし"なんてできるわけないでしょ・・)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:55:02.59 ID:hmYcp5t80

澪(なんとか・・・辛いけど・・我慢しきれるかも・・・)

律「ワンツースリーフォーワンツースリー」(カンカンカン)

(演奏開始)

澪「君を見てるといつもハートドキドキ♪」(ズキズキズキズキ・・)

澪(うっ・・・おなかがきついよぉお・・・)



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 21:57:50.97 ID:hmYcp5t80

澪(だめだ・・・お茶のせいで・・どんどんおしっこがぁ・・・もうもたないよ・・)

澪「ゅ・・も・・い・・・・・マsy・・・わ・わ・・・・・・」

律「?」

唯(ありゃりゃ・・・澪ちゃんやっぱり緊張してて歌詞忘れちゃったかー)



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 22:00:18.49 ID:hmYcp5t80

澪「・・・グスッ・・・ヒック・・・ヒク・・・」

澪(・・もももう・・出ちゃう・・・出ちゃっ・・あああぁ・・)

(シュゥゥウウゥウウ・・・・ビチビチビチビチ・・・)

律(な、なんで澪ないてんだよ)

唯(え?ちょっと歌詞忘れたくらいで・・)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 22:04:42.77 ID:hmYcp5t80

澪の体内にとどまりきらなくなったおしっこは、
我慢に我慢を重ねた彼女の意志とは無情にも反し、必死にこすり合わせていた
太ももを伝い、パンツだけにとどまらず、せっかくの衣装のスカートもびしょびしょにし、
しぶきをあげて床にたたきつけられ、あっというまに巨大な水たまりを作ってしまった。

観客「・・・ざわざわ・・・・ざわ・・」

律「ちょっと!澪、歌詞なんてわすr・・・・え?」

唯「み・・・・澪ちゃんそれってひょっとして・・」

澪「・・・グスン・・・グスン・・・」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 22:06:15.79 ID:hmYcp5t80

澪「・・・・おもらししちゃった・・・」

唯・律・紬「・・・うわ・・・」




けいおん! 2期:おもらし!
―完





以下、書いている方が変わります。
色々と変わります。





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 22:15:33.97 ID:LFkXXHzrO

律「お、おいおい…」

唯「み、澪ちゃん…」

紬「まぁ…」

澪「………ひっく………ぐす………」

ざわ…ざわ…

律「と、とにかく掃除しようか。唯、モップと雑巾もってきてくれ」

唯「う、うん」

紬「とりあえず一旦幕を降ろすわね」

澪「皆…ごめ…ぐす…ん…」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:04:59.90 ID:LFkXXHzrO

澪「うっ…うぅ…」

律「おい澪。もう気にするなよ、な?」

澪「でも…あんな公の場で…」

律「誰も気付いてないって」

澪「そんなことあるもんか…みんなざわざわしてたし…」

律「……」

紬「あれは澪ちゃんが急に歌を歌うのをやめたからみんな不思議に思ってたのよ」

律「そ、そうだよ!だから気にするな澪!」

澪「…帰る」

律「え?」

澪「もう今日は帰る!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:15:02.93 ID:LFkXXHzrO

律「ありゃしばらくは立ち直れなそうだな…」

紬「そうねぇ…」

唯「澪ちゃんかわいそう…」

律「なんで催してること言わなかったんだ澪のやつ」

唯「一人我慢大会?」

律「澪がそんなことするわけないだろ…」

律「とりあえず今日は帰るか」

唯「あい」

紬「そうね」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:18:02.12 ID:LFkXXHzrO

-澪宅-

澪「はぁ…まさかこの歳でおもらしなんて…」

澪「明日から学校いけないよぅ…」

澪「…きっとみんな内心馬鹿にしてるんだ」

澪「とりあえず明日は休もう」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:39:27.28 ID:LFkXXHzrO

紬「お茶入れたわよ♪」

律「サンキュー」

唯「ムギちゃんありがとー♪」

澪「あ、律待って」

律「ん?」

澪「律にはこれがあるんだ」

コトッ

律「ん?なんだこれ」

澪「私のオシッコ」

律・唯・紬「!!!!!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:44:13.53 ID:LFkXXHzrO

律「ちょ…冗談だろ…?」

澪「本気だ」

澪「の、飲んでくれるよな…////」

律「い、いや。ほら、今はムギが入れてくれたお茶があるし…」

澪「え…」

律「だから…な?今日は遠慮…」

澪「…あ、そうか…」

律「?」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:48:52.56 ID:LFkXXHzrO

澪「そうやって遠慮してる風に見せて…」

澪「コップ一杯じゃ嫌だ。直飲みしたいってことなんだろ////」

紬「まぁ///」

唯「りっちゃん大胆///」

律「ちょ!なんでそうなるんだよ!」

律「てかお前らさっきまで黙ってたのにこういうときだけ出てくるな!!」

澪「私…律の為ならいいよ///」

澪はパンツを脱ぎだした!!

律「ま、まてまてぇ!!!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:52:06.32 ID:LFkXXHzrO

律「私は澪のオシッコなんて飲みたくないんだよ!!!」


律「ムギの(お茶)が飲みたいんだ!!!!」

澪「!!!!!」

紬「あらあら♪」

唯「ひぁ///」

紬はおもむろにパンツを脱ぎだした!!!!!



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:55:08.73 ID:LFkXXHzrO

律「し、しまった!!!言葉が足りなかった!!!」

澪「そ、そんな…な、なんでだよ律ぅぅぅ…私の飲んでよぉぉぉ」

紬「~♪」ジョボボボ

唯「ムギちゃんのオシッコ綺麗…」

律「なんなんだお前らはよぉぉぉ!!!!!」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/03(金) 23:57:48.05 ID:LFkXXHzrO

紬「オシッコ入れたわ///」

コトッ

澪「律ぅぅぅ…水筒にも入れてきたんだぁぁ…」

ドンッ

律「くぅ…!」

律は唯に目で助けを求めた!!!!

唯「~♪」

何故か唯もパンツを脱ぎ捨てていた!!!!!!

律「うわあああああああああああああ!!!!!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:02:22.45 ID:FfH4lgM0O

唯「なんかしたくなっちゃった☆」ジョロロ

紬「唯ちゃんのも綺麗ね♪」

唯「ムギちゃんには負けるよぉ♪」

澪「律ぅぅぅ…なんなら樽にもあるからぁぁ…そんなに直飲みが嫌なのかぁ…」

律「も、もうダメだ…!というかこれは3人分飲まないとダメなのか…?」

律「って諦めてどうする…なんとか逃れる術を考えるんだ…落ち着け私…」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:08:38.95 ID:FfH4lgM0O

ガラッ

梓「すみません。遅れまし…」

律「梓!!!いいところに!!!!」

梓「こ、これは一体!?」

律にオシッコ入り水筒を持ち迫る澪、
オシッコ入りコップを持ち笑顔で迫る紬、
オシッコとウンコのトッピングをした丼を両手で持ち迫る唯

どうみても異様な光景だった

律「おいいいぃ!!!!唯はなんか増えてるぞぉぉぉ!!!」

唯「我慢できなかった☆」

紬「とりあえず梓ちゃんもこちら側にいらっしゃい♪」

澪「律ぅぅ…」

律「梓!!!惑わされるな!」

梓「は、はい!!」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:14:29.90 ID:FfH4lgM0O

律「くぅ!しかしどうするか!!」

梓「律先輩!それよりなんでこんな…」

律「話は後だ!見ろ…梓の分も用意し始めたぞ…」

梓「いやあああぁぁ」

唯「あずにゃんには特別に鼻糞もつけました☆」

紬「まぁかわいい♪」

澪「…よし…私も律の為にウンコ鼻糞耳糞その他もろもろつけよう…!」

律「やめろおおおお!!!!」

律「マズイ…さっきまでゾンビ状態だった澪が元気になってきている…!」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:20:18.54 ID:FfH4lgM0O

澪「ど、どうだ律!特製のゲロウンコオシッコその他もろもろDXパフェだぞ!今なら特別に…」

律「いらん!!」

澪「そ…そんな…無理して吐いたのに…頑張ったのに律ぅぅ~…」

澪は律の足にしがみつこうとした!!!

律「うぁ!!あぶね!!」

律「動きが遅いとは言え油断できないな…」

澪「律ぅ~…」

律「よし。とりあえず私は澪を…」

そのときだった

梓「きゃああああああ」

律「!?」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:28:03.56 ID:FfH4lgM0O

梓の方を振り向くと紬のオシッコを頭から被され紬に羽交い締めにされている梓がいた
羽交い締めにされた梓の数メートル先にはさっきの丼を持った唯がジリジリと歩み寄っている

梓「た、助け…!」

律「し、しまったぁぁ!!!」
グンッ

梓を助けに駆け出そうとした律だが目を離している隙に澪に足を取られてしまった

律「ぐはっ」ビターンッ

唯「あずにゃ~ん♪これが私の愛だよぉ♪」

梓「こ、こんなの愛じゃないです…!目を覚ましてください!」

必死に抵抗する梓だが紬の力が思った以上に強く逃れられない

唯「あーずにゃん♪」

梓「ひ、ひぃぃ…」

律「あ、梓ぁぁぁぁ!!!!」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:35:24.87 ID:FfH4lgM0O

律「は、離せこのっ…!」

律は澪のことをおもいっきり蹴ろうとした…
が、こんな風になってしまっても澪は親友であり幼なじみ
そんな親友を蹴るなんてことを律にはできるはずもなかった

澪「律…お願いだ…飲んで…」

律「く…そんな目で見るな…!」

澪「律ぅ…」

梓「むむぐぅぅ!!!」

唯「あずにゃんが私の特製丼食べてくれたぁ♪」

紬「よかったわね唯ちゃん♪」

梓「うげぇぇぇぇ!!!おぇっえええぇ!!!!!」

当然の如く梓は嘔吐した!!

唯「えー!あずにゃんどうして…」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:40:20.30 ID:FfH4lgM0O

梓「………」

梓はぐったりしている

唯「あーずーにゃん?」

紬「まだ刺激が強すぎたみたいね。いきなりウンコは…」

唯「えぇ!?ムギちゃん先にそれ言ってよぉ!」

紬「ごめんなさい」ニコッ

唯「どうしよう…私もムギちゃんもさっきしちゃったから出ないよ…」

紬「澪ちゃんに分けてもらいましょ♪」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 00:47:16.76 ID:FfH4lgM0O

澪「律ぅ…大人しくなったな…やっと飲んでくれるんだな…!」

律「(梓もやられた…もう覚悟を決めるしか…!)」

唯「澪ちゃーん!お取り込み中申し訳ないんだけども」

紬「オシッコ分けて♪」

澪「な、なんだよ今いいところだったのに」

唯「私は大も小もスッカラカンなの!」

紬「私は大は残してあるわ♪」

澪「ムギの大でいいじゃないか」

唯「あずにゃんに大はまだ早いんだってー」

紬「早く水分を摂らせてあげないと危険なの」

澪「しょうがないなぁ」

律「…!今だ!!」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 07:07:38.76 ID:FfH4lgM0O

ダッ

澪「あぁ!律ぅ!」

律「おい!梓起きろ!」

しかし梓は起きそうもない!

律「くっ…!担いで逃げるしかないか…!」

律は梓をおんぶした

澪「待てよ律ぅ…私達の時間はこれからだろ?」

律「付き合ってられるかぁぁぁぁ!!!」

ダッ

澪「りつぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

紬「あらあら」

唯「りっちゃん恥ずかしいんだね☆」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 07:18:34.71 ID:FfH4lgM0O

律「ハァ…ハァ…」

律は保健室に来ていた

律「とりあえず無事脱出はできたな…」

律「さて、なんとか梓の目を覚まさせないと…いつまでもここにはいられないしな」

律「水、水…っと」

律が水をコップに汲んでいると

梓「ん…」

律「お」

律「梓!起きたか。大丈夫か?」

梓「律先輩…」

律「とりあえず水飲んどけ」

梓「先輩…私水よりアレが飲みたいです…」

律「ん?ジュースか何かか?買ってきてやるぞー」

梓「オシッコ」

律「は?」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 07:23:00.44 ID:FfH4lgM0O

律「お…おま…!何言って…」

梓「律先輩のオシッコ飲みたいんです。私は本気です」

律「あ、梓まで…でも今度は飲みたがっているだと…?」

梓「飲ましてください」

ドンッ

律「ぐわっ」

律は油断していた。ベッドに押し倒されてしまった!



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 07:27:12.73 ID:FfH4lgM0O

律「や、やめろ梓!目を覚ませ!」

梓「目なら覚めてます」

律「嘘つけ!」

梓「さぁ先輩。早くオシッコしてください///」

梓「出ないならゲロでもいいですよ///」

律「だ、誰が出すかぁぁぁぁぁぁ!!!!」

律「(マズイ…かなりマズイぞこれは…)」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:08:50.40 ID:FfH4lgM0O

律「……」

梓「先輩?」

律「…とりあえず梓が上に乗った状態じゃ飲ませたくても飲ませられないだろ?」

律は冷静だった

梓「あ…そうですね。今代わります」

律「よし。じゃあとりあえずそこに寝て」

梓「は、はい…////」ドキドキ

律「よーし…それじゃあ…」

梓「///」アーン

梓は口を開けて待機している

律「さよなら!!」ダッ

律は当然の如く逃げ出した!!!!



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:16:00.27 ID:FfH4lgM0O

律「ハァ…ハァ…ハァ…!」

律「くそっ!なんで澪のオシッコを飲まなかっただけなのにこんなことに…」

梓「律先輩!!オシッコPleaseです!!」

律「うぁ!?こっち来るなあああああ!!!」

律「(もう嫌だ!このままとりあえず郊外に出よう!)」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:30:49.09 ID:FfH4lgM0O

律は走った。捕まったら今度こそ終わりだろう

梓「待ってください先輩!」

律「梓意外と足速いな…!」

そうこうやっているうちに校門が見えてきた

律「よし!郊外に出ればもう大丈夫だろ!」

梓「ニヤリ」

ザッ!



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:49:12.60 ID:FfH4lgM0O

律「!!」

澪「みつけたぞ律ぅ」

唯「りっちゃんみーつけた♪」

紬「うふふ♪」ジョボボボ

紬はオシッコを垂れ流している

律「お、お前らどうしてここが…」

唯「あずにゃんが携帯で教えてくれたんだよー。ね♪あずにゃん♪」

梓「はい」ニコッ

紬「梓ちゃんにはあとでご褒美オシッコね♪」

澪「律!入れたてホカホカのオシッコだぞ!飲んでくれ///」

律「き、気が狂ってる…!」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:55:35.48 ID:FfH4lgM0O

澪「さぁ律さぁ!」

唯「あずにゃんには私のオシッコをね♪」ジョロロ

梓「ありがとうございます♪」ゴクゴク

紬「いい飲みっぷりねぇ♪」

唯「ウンコもいる?」

梓「もちろんです!」

唯「でも私出ないや…ムギちゃんのでもいい?」

梓「いいですよ♪」

紬「あらあら♪」ブリュリュッ ニチッ

律「おぇ…ヤバイ吐きそう…」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 08:59:29.41 ID:FfH4lgM0O

紬「できたわ///」

梓「お、美味しそうです!いただきます!!」ガツガツムシャムシャ

唯「あずにゃんウンコ食べれるようになったね♪」

律「ウンコをあんな美味そうに…うぐ…っ」

澪「律?顔色が悪いぞ?そういうときは私のオシッコを…」

律「もう…限界だ…」

律「う…げえええぇぇ!!!!おぇげろおおおぉ!!」ビチャチャビチャッ

律は耐え切れず嘔吐した!!



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 09:04:45.64 ID:FfH4lgM0O

澪・唯・紬・梓「!!!!!」

律「ハァ…ハァ…おぇ…」

澪「り、律…」

澪「律のげろおおおおおおぉぉぉぉ!!!!!」

澪は律が地面に吐いたゲロにダイブし蜜を吸うカブトムシのように啜った

澪「ジュルル…」

唯「あ!澪ちゃんずるぅい!私も♪」ジュルル

紬「~♪」ジュルル

梓「先輩達ばっかりズルイです!」ジュルル

律「…なんなんだ…こいつらは…!げほっ」

端から見たら異様な光景だ
女子高生4人がカブトムシ状態でゲロを啜っているのだから!!



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 09:20:20.00 ID:FfH4lgM0O

律「い、今のうちに…うぇ…」

自分のゲロを啜る4人を見てまた吐き気を催していた律だが
なんとか耐えて逃げようとした…が

ガシッ

律「!!」

澪「どこ行くんだよ律」

律「う、うるさい!離せ!」

バシッ

澪「痛!」

律は澪の手を振り払った

律「ご、ごめ…そんな強くやったつもりは…」

ガシッ

律「し、しま…!」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 13:06:19.49 ID:FfH4lgM0O

律「くそおおお!!!!離せええええ!!!」

澪は律を羽交い締めにした

澪「もう逃がさないぞ律☆」

律のゲロを飲み干した他の3人も集まってくる

唯「澪ちゃんやっとオシッコ飲んでもらえるねー♪」

紬「うふふ♪」

梓「澪先輩おめでとうございます!」

澪「やめろよ照れるだろ///」

澪「ゆ、唯。オシッコ入り水筒とってくれ///」

唯「あいあいさー!」

律「万事休すだ…!」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 13:19:11.97 ID:FfH4lgM0O

~場所は再び保健室~

トプトプッ

澪「ごめんな律。本当は出したてホカホカを飲ましてあげたかったんだけど…」

澪「もう私のオシッコは出し切ってしまったんだ」

唯「澪ちゃんはい♪」

スッ

澪「ありがとう。律には私の手でオシッコを飲ませてあげたいからな…///」

紬「時は満ちたのね///」

梓「…」ドキドキ

律「くぅ…!」

律はベッドに縛り付けられていて動けない!!



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 13:46:38.82 ID:FfH4lgM0O

澪「ほら律…口開けて…」

律「絶対嫌だ!」

澪「な…なんで…なんでだよ…なんでだよ律ぅぅぅぅぅ!!!!!」

律「ぐぇっ!」

澪は無防備な律の上に馬乗りになった

澪「こんなに…こんなにオシッコ飲んでほしいのに!!!!」

ガバッ

澪は自分の「オシッコの出るところ」を律の顔に押し当てた

律「むごぉぉぉ!!」

紬「まぁ…///ハァハァ///」

唯「ジュルリ…」

梓「こ、これは…///」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 13:52:06.48 ID:FfH4lgM0O

律「ふごぉふごご!!!」

澪「そ、そっか…律はやっぱり直飲みがいいんだな…」

澪「でもさっきも言ったとおり私はもうオシッコ出し切っちゃったんだ…」

澪「だから…」

ジョロロ…

澪は自分の下腹部辺りから水筒オシッコを流し始めた

澪「気分だけでも…さ///」

律「!!」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 17:37:34.81 ID:FfH4lgM0O

澪の下腹部から徐々に滴り落ちてくるオシッコ

律「むぐぅぐぅー!!!」

そ し て

ゴクン…

澪「あは…!律が私のオシッコ飲んでくれた!!」

澪「直飲みじゃないのは残念だけど…」

紬「おめでとう澪ちゃん♪」

唯「おめでとー☆」

梓「おめでとうございます!」

律「………」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 17:44:01.44 ID:FfH4lgM0O

澪「律…大好きだ!」ギュッ

律はぐったりしている

紬「ハァハァ///」

唯「愛だねぇ♪」

梓「見てるこっちが恥ずかしいくらいです////」

唯「今日はりっちゃんも仲間になったことだし私ん家でお祝いしよう♪」

紬「いいわね♪」

澪「あぁ!律もきっと喜ぶ!」

梓「賛成です!」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 17:50:36.10 ID:FfH4lgM0O

~唯宅~

澪「さて…お祝いの準備はできたんだけど…」

唯「りっちゃん起きないね…」

紬「そうねぇ…」

律「(うぅ…飲んだフリして死んだフリしたのはいいんだが…)」

律「(ここからどうするか…!)」

律は澪のオシッコをかろうじて回避していたようだ
口を上手く固く閉じ、オシッコを顔面に受けるだけの軽傷で済んでいた

紬「また澪ちゃんのオシッコ飲ませるっていうのはどうかしら?」

唯「いいね♪」

律「(!!!!!!)」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 17:58:52.23 ID:FfH4lgM0O

澪「そ…そうだな!ちょうどオシッコ出そうだし!」

律「(ま、マズイ!)………ん…んんー…!」ムクッ

律は大きく伸びをした

唯「あ!りっちゃん起きた!」

澪「…残念だ…」ボソッ

紬「おはようりっちゃん♪」

律「あ、あぁ!おはよう!」

唯「もう少しで澪ちゃんの目覚めの黄金シャワーが炸裂しそうだったんだよ~」

律「そ…そうだったのかぁ!残念だったなぁ!なーんて…」

澪「残念!?じゃあ今からでも…!」ヌギッ

律「あー…はは!とりあえず今回はいいよ…」

澪「そっか…」シュン…



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:04:31.61 ID:FfH4lgM0O

唯「でわ!りっちゃんが起きたので始めますかぁ♪」

澪「あぁ!」

紬「ええ♪」

律「おぅ!」

憂「お鍋もちょうどいい感じですよ~」

唯「憂ごくろう!」

律「(料理は普通なんだな…さっさと食って帰ろう…)」

律「よし!じゃあ早速いただくぜー」

憂「あ!律さん待ってください!」

憂「まだオシッコとウンコ入れてないんです」

律「んなっ!?」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:09:46.38 ID:FfH4lgM0O

唯「ウンコとオシッコ入れないと鍋じゃないよねぇ♪」

憂「待ってくださいね。よいしょっと」ジョボボボ…ブリッニッチィ…ブリュリュドブッ

律「………」

唯「私の鼻糞も入れよう」

紬「私の歯糞も入れるわ♪」

澪「じゃあ私はマンカス」

憂「豪勢になりましたねー」

澪「律もなんか入れるだろ?」

律「い、いや…私はいいよ…十分豪勢だしな!」

澪・唯・紬・憂「え?」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:21:43.67 ID:FfH4lgM0O

澪・唯・紬・憂「…………」ヒソヒソ

律「(ヤバイ!なんか疑われてる!?)」

律「あ…あー…じゃあ起きたばっかりだしこの目糞入れようかな!」ポイッ

澪「おぉ!律!やればできるじゃないか!」

紬「立派な目糞ね♪」

唯「私の鼻糞よりおっきぃ!」

憂「じゃあ食べましょうかー」

澪・唯・紬・憂「いただきまーす!」

律「い、いただきます…おぇ…」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:29:46.91 ID:FfH4lgM0O

加熱されたことにより部屋にはなんともいえぬ臭いが充満している

唯「うぅ~ん♪おいひぃ~♪」グチャニチャ

澪「オシッコとウンコが絶妙だな!」ニチャズチュ

紬「皆が入れた材料もおいしいわよぉ♪」クチャニチュ

憂「あ!すみません飲み物忘れてたました…入れてきます」

律「(こ、こんなの食えるかよ…)」

憂「う!おっげえええぇぇぇ…!」

憂「……」

憂「飲み物おまたせしました♪」

律「(もう嫌だ…)」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:51:17.42 ID:FfH4lgM0O

唯「りっちゃんあんまり食べないね」

律「あ…あぁ。ちょっと食欲なくてな…」

澪「なんか辛そうだな…大丈夫か律?」

律「だ、大丈夫だよ…(うぅ…皆口くせぇ…)」

紬「薬あるけど…」アセアセ

律「だ、大丈夫だって!」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:51:59.37 ID:FfH4lgM0O

すまんあずにゃん忘れてた
お祝い最初からいたことにしといてくれ



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 18:59:52.53 ID:FfH4lgM0O

律「(やべ…この臭いのせいで頭クラクラしてき…た…)」バタッ

澪「!!おい!律!」

唯「りっちゃん!」

紬「あらあら!」

梓「どうしたんですか!」

憂「ウンコ足しときますね」ビチッチッ…ミリュブニュリュゥ…

澪「!?」

澪「すごい熱だ…!」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:08:16.27 ID:FfH4lgM0O

唯「ど、ど、どうしよう!!??」

憂「お姉ちゃん落ち着いて!」ブチミリュッ

唯「はぅ…憂のウンコ温かぁい…」スヤスヤ

澪「…唯はそのままにしておこう」

憂「私ウンコごとお姉ちゃんの部屋に運んでおきます。心配なので様子見ておきますね」

澪「あぁ、頼むぞ」

澪「さてと…………律…律ぅ…」ポロポロ

紬「澪ちゃん落ち着いて!りっちゃんは大丈夫よ」

澪「で、でもぉ!」

紬「…そういうときはオシッコ治療法よ…」ワクワク

澪「そ、そうか…!!」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:14:32.65 ID:FfH4lgM0O

澪「オシッコはさっきから我慢してたからたっぷり出るぞ!!!」

紬「さすが澪ちゃんね♪」

梓「もし足りないときは私も出します!実は膀胱破裂寸前です!!」

澪「梓…気持ちはありがたいけど律は…私だけのオシッコで助けたいんだ!!」

梓「で、でも!」

澪「大丈夫!もしオシッコが無理なら…ゲロ治療法もあるしな!」

澪「だから安心してオシッコしてきていいぞ!!」

梓「もう出ちゃったんです!」ジョロロシュワァァ…

紬「ん…おいし…///」ピチャピチャ



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:22:21.18 ID:FfH4lgM0O

律「うぅ…ぅ…」

澪「律ぅ…死なないで…」ジョボボボ

律「…ん…?」

律「!!」ガバッ

律の視界に飛び込んできたのは洗面器にオシッコを溜めている澪の姿だった

律「な…!」クラッ バタッ

紬「りっちゃん!」

澪「り、律!目が覚めたのか!」ジョボボボ

律「ハァ…ハァ…」

紬「でも熱は全然下がってないわ…無理しちゃダメよ」

律「(な、なにをする気だ澪のやつ…)」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:39:36.43 ID:FfH4lgM0O

澪「律…今助けてやるからな…!」

澪は洗面器にたっぷりと溜まったオシッコを雑巾に染み込ませ絞った

そしてそれを律の額へ

ビチョッ

律「(うぅ…!)」

澪「律…大丈夫…?」

律「あぁ…なんとか…」ヒクヒク

澪「次はお粥作るから…」

紬「私も手伝うわ」

律「(もう帰してくれええええ)!!!」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:46:42.62 ID:FfH4lgM0O

~数分後~

澪「できた!」

紬「うふふ♪」

澪「律!ほらあーん」

律「じ、自分で食えるから!」

律「…一応聞くけど…どやって作った?」ゴホッ

澪「オシッコ」

律「やはり!!」

澪「私のオシッコ」

紬「私の頭皮の脂も含ませておいたわ///」クネクネ

澪「本当は私のオシッコだけがよかったんだけど」

澪「ムギの頭皮の脂は熱冷ましに効くらしいから今回だけ協力してもらった」

紬「頑張ってボリボリしたわ…///フケも混ざってるかも」

律「えーっと…私もう帰っ」

澪・紬「ダメだ!!!!!」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:54:36.51 ID:FfH4lgM0O

~そのころ平沢姉妹は~

憂「はぁ…お姉ちゃん…可愛いよぉ…」ブリュリュッチ

唯「うぅーん…ウンコぉ♪」スヤスヤ

憂「お姉ちゃんが私のウンコに頬ズリしてる…♪」ビチュンビッチィ…

唯「あぅ…でちゃうよぉ…♪」ブッバ!!!バッチギィ!!!ブッバビィズバ!!!!

憂「きゃあ!お、お姉ちゃんの寝っ屁すごいぃ…♪」チュッチュ



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 19:58:38.46 ID:FfH4lgM0O

律「い、いや…ほんとにもう大丈夫だから…」ゲホッ

澪「大丈夫なもんか!咳込んでるぞ!!」

紬「嘘はよくないわ」

梓「私もそう思います」ジョロロ
紬「澪ちゃん。こうなったらオシッコ治療法最終手段しかないわ」

澪「…だな…!」

律「い、一体何が…」ゴホッ



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:08:26.46 ID:FfH4lgM0O

バッ

澪は瞬時に全裸になった

律「なっ!?澪お前何してんだ!!」ゲホッゴホッ

そして澪は自らのオシッコを全身に塗りたくった

澪「ムギ、梓。律の服を脱がしてくれ」

紬・梓「はい♪」

律「なんだと!」ゴッホ

澪「オシッコ治療法最終手段…互いに裸になり全身にお互い自分のオシッコを塗りたくり…」

澪「そのあとは…恥ずかしくて言えないよぉ///」

紬「それが熱を出したときの最善の治療法だと聞いたわ♪」ニヤリニヤリ

律「嘘つくなあああああああああああ!!!!」

梓「いいから脱いでください」ジョボボボ



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:16:53.17 ID:FfH4lgM0O

律「くぅ…」

律は全裸になっていた

澪「さて…あとは律のオシッコが必要だ…///」

律「誰が…!というか寒いから服を…」ガクブル

紬「ぶっちゃけ熱とかどうでもいいの」

梓「はい」

律「は!?」

紬「私は澪ちゃんとりっちゃんの絡みがみたいのよ///」クネクネ

梓「私もみたかったんです/////」

紬「りっちゃん熱出してくれたから上手くここまでもってこれたわ///」

梓「オシッコにローション混ぜておいたです」

澪「どおりでヌメヌメするわけだ…////」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:30:27.36 ID:FfH4lgM0O

律「お、おいおい冗談じゃないぞ…」

律「(マズイ…身体が冷えてトイレ行きたくなってきた…)」

紬「りっちゃん出るのね」

律「!!」

紬「私の目はごまかせないわ」

澪「律ぅ早く…オシッコローション塗れで待ってるんだぞぉ」

律「し、したくなんかねぇ!」

紬「だから嘘はダメよ♪」サワッ

紬は律のオシッコが出るところに軽く触れた!!!

律「ぐはっ!!!」

ショワワァァァ…

梓「洗面器準備okです」

ジョボボボ

律「ぐぁぁぁ////」

梓「ローション投入ok」
紬「あとはぶっかけね♪」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:35:15.40 ID:FfH4lgM0O

律「もうだめだ…」ガクッ

膝をついてうなだれる律
その頭上から

紬「そぉれ♪」

律のローション混ぜオシッコが律にぶっかけられる

律「はぁ…もういいや…ウンコとか食わされるよかマシだよなきっと…」

澪「律!」ヌメッ

律「……」

澪「律ぅ~♪」ヌルヌル

紬「ハァハァ////」

梓「こ、これは…ハァハァ…ン…」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:38:43.27 ID:FfH4lgM0O

澪「律…」チュパチュパ

律「……」

澪「律ぅ」ヌルチュパ

このあと澪と律はオシッコローションプレイで一夜を共にした
紬、梓はそれをみて勝手に自慰した。姉妹はウンコベッドの上で愛を育んだ

おわり



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:40:59.08 ID:FfH4lgM0O

ごめんオチが思いつかなかったから諦めた
やっぱSSは向かないわ




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:45:33.22 ID:YVuWM7xw0

じゃあ律は最終的にどうなったかだけお願い





212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:49:42.17 ID:FfH4lgM0O

~数日後~

律「おいーす」

唯「おいすー!」

紬「こんにちは♪」

梓「こんにちはです」

澪「遅かったな律」

律「ちょっといろいろと準備してたんだよ」

澪「なんの?」

律「これをみろ!」バッ



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:55:58.20 ID:FfH4lgM0O

澪「そ、それは!」

唯「はぅあぁ!!」

紬「ま、まさか!!」

梓「伝説の!」

律「そ♪さわちゃんのオシッコ!」

律「摂るの苦労したんだぜ?皆で味わって飲もうか!」

唯「大人の味がしそうだぁ…」

紬「さすがりっちゃんね…♪」

梓「…ゴクリ」

澪「律…大好きだ!」ガバッ

律「おっとと…もういいから温かいうちに飲むぞ!」

一同「おー♪」

お わ り



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 20:56:55.80 ID:FfH4lgM0O

これでマジでおわり gdgdでスマン




217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 21:02:41.91 ID:433mHk4JO

乙!



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 21:23:35.15 ID:uFGHPj1J0

今更だが乙です



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/04(土) 21:44:10.33 ID:2UE2gMSJ0

乙でした
世の中のスカトロ同人も、コレくらい過激になってくれればいいのに






関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「・・・・・・も、もう限界!漏れちゃうぅぅぅううううう!」
[ 2011/07/11 23:26 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6