SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ジョジョの奇妙な冒険 >  唯紬「承太郎君が!」澪律梓「ボーカル!」#1

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯紬「承太郎君が!」澪律梓「ボーカル!」#1 【ジョジョの奇妙な冒険】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288010373/

けいおん!×ジョジョの奇妙な冒険#index




16 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:11:24.55 ID:QoV7xsDO

冬休み明けの最初の土曜の空条家!

承太郎「……」カキカキ
   「……」カキカキ
   「……」カキカキ
   (…秋山と琴吹はいいとして……)
   (平沢と田井中はちゃんと勉強してるんだろうな…)ピッピッ

唯『もしも~し』
 『どうかしたの?』
 『あ、まさか勉強教えてほしいとか!?』

承太郎「…お前に聞いてもどうしようもないだろう」





17 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:11:51.79 ID:QoV7xsDO

唯『むっ!私だって頑張ってるんだよ~?』

承太郎「勉強してるってことか?」

唯『そうだよ~』
 『さっき用事が終わったにも関わらずに!』
 『私って偉いね~♪』

承太郎「平沢に言われたんだろう?」

唯『えへへ、まあそんなところ』

承太郎「あいつがいて良かったぜ」
   「それじゃあ頑張ってくれ」

唯『うん!承太郎君も頑張ってね♪』

ピッ

承太郎(…一応やってるのか)
   (…次は田井中だな)



18 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:12:15.22 ID:QoV7xsDO

ピッピッ

律『よっ、どうした?』

承太郎「ちゃんと勉強しているか気になってな」

律『!』
 『し、してるぞ!もちろん!』

『姉ちゃん早く投げろよー』

承太郎「…勉強してるのに何を投げるんだ?」

律『あ…ティ、ティッシュ!』
 『私の机の上にあるんだ!』

承太郎「…お前の部屋は弟と共有じゃあなかったはずだが」

律(やっべ…)
 『あ、あれだよ!私の部屋に遊びにきてるんだ!』

承太郎「…さっき勉強してると言っていたはずだが」

『もう俺が操作するぞー!』

律『あ!ちょっと待て聡!』
 (ってしまったァァアアアーーーッ!)



19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:12:40.92 ID:QoV7xsDO

承太郎「…本当のことを言え」
   「…何をしている」

律『OH!THAT'S A BASEBALLです…』

承太郎「……」

律『…勉強します』

承太郎「そうか。じゃあな」

ピッ

承太郎「……」

ピッピッ

律『何か言い忘れか?』

『ちょっとまたかよ姉ちゃん!早くしろよ!』

律『ちょ!』



20 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:13:05.16 ID:QoV7xsDO

承太郎「……」

律『さっき用事が終わりまして…』

承太郎「ああ」

律『息抜きに…』

承太郎「…平沢もさっき用事が終わったらしい」
   「それでもあいつは勉強していたが」

律『…すみません』

承太郎「…俺は別にお前が落ちても構わないが」
   「他の連中がうるさいと思うぜ」
   「秋山なんかは泣き出すと思うが」

律『…はい』

承太郎「勉強するか?」

律『…はい』

承太郎「そうか」
   「それじゃあ頑張ってくれ」

律『頑張ります…』

ピッ

承太郎(やれやれ…)
   (しかし二人揃って用事か)
   (受験前なのに忙しいやつらだぜ)



21 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:13:35.15 ID:QoV7xsDO

試験一週間前の2年1組!

憂「純ちゃん何見てるの?」

純「これ」スッ

梓「お菓子作りの本…」
 「純ってお菓子作るんだね」

純「梓、バレンタインというものを知ってるかね?」

梓「ああ、そういえばもうすぐだね」

憂「純ちゃんは誰かに渡すの?」

純「今のところジャズ研の先輩にあげよっかなって」
 「梓は軽音部の先輩にあげないの?」

梓「そういえば渡したことない…」



22 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:14:03.84 ID:QoV7xsDO

憂「今年は渡しちゃえば?」

純「そうだよ!絶対先輩達喜んでくれるよ~」

梓「うん…」

音楽室!

ガチャッ

梓「こんにちは~」
 「あれ?花京院先輩達はいないんですか?」

紬「お家に帰っちゃったわ」
 「これから最後の追い込みをかけるって」

梓「そうですか」

唯「who…?」

律「バンド名か?」

承太郎「それは『フー』じゃなくて『世界保険機構』だ」

唯「なるほど!」

澪「文字は一緒だけどどう間違えばそうなる…」



23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:14:33.70 ID:QoV7xsDO

律(勉強飽きたな…)
 (そうだ!)ブチッ

承太郎(田井中…消しゴムをちぎって何する気だ)

律(……)スッ

承太郎(なるほどな…)スッ
   (こいッ!)

律(くらえ!)ピンッ

承太郎(オラァ!)カキィーン!

律(ぐふぉっ…)スポン

唯澪紬「…フフッ」プルプル

澪(ピッチャー返しで律の鼻に…)プルプル

梓「……」
 (バレンタインどうしよっかな…)
 (改めて渡すのも何だかな…)



24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:14:56.79 ID:QoV7xsDO

唯「?」
 「あずにゃん、どうかしたの?」

梓「!」
 「い、いえ!何でもないです!」

承太郎「暇ならギターでも弾いてたらどうだ?」
   「俺達を気にする必要はないぜ」

澪「そうだぞ梓」
 「私達が使わせてもらってる側なんだし」

梓「それじゃあ遠慮なく…」

ジャカジャカジャカジャン♪

律「~~♪」

唯「~~♪」

澪「勉強に集中しろ…」



25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:15:27.18 ID:QoV7xsDO

承太郎「もうそろそろ休憩するか」

紬「それじゃあお茶いれてくるわね♪」

律「よし、ドラム叩いてこよ!」スタスタ

唯「私も~」スタスタ
 「出番だよ、ギー太!」

梓「何かすみません…」

澪「大丈夫だよ」
 「音楽あったほうが雰囲気もいいし」

ジャカジャカダムダム♪

澪「……」スタスタ

承太郎「あいつもか…」



26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:15:57.91 ID:QoV7xsDO

承太郎「おい、こっちに来たらどうだ?」

梓「あ、はい」スタスタ

ジャカジャカダムダムベンベン♪

紬「はい、今日はクッキーよ♪」コトッ

承太郎「悪いな」

梓「ありがとうございます」

紬「本当はチョコレートにしたかったんだけど…」

承太郎「お前はチョコレートが好きだったか?」

紬「好きだけど…」
 「ほら、もうすぐバレンタインじゃない」

承太郎「そういえばそうだな」
   「去年のベルギーのチョコレートは今年も食えるのか?」

紬「ごめんね…勉強で忙しくて頼むの忘れてたの…」

承太郎「そうか…」
   「まあ仕方ないな」



27 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:16:22.95 ID:QoV7xsDO

翌日の2年1組!

純「梓も作るって決めたんだ」

梓「うん」
 「ムギ先輩のチョコレートの差し入れもないみたいだし」
 「一回ぐらいは渡そうかなって」

憂「いいな~、梓ちゃんの手作りチョコ」

梓「憂にも持ってくるよ」

憂「ほんと?ありがとう♪」
 「私も持ってくるね」

梓「ありがとう、憂」

純「いいなぁ~、梓ちゃんの手作りチョコぉ~」

梓「純にはあげないよ?」

純「えっ!?」

梓「冗談だよ」フフッ

純「は…はは…」
 (冗談に聞こえなかった…)



28 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:16:53.65 ID:QoV7xsDO

試験当日の朝の平沢家!

ピンポーン

憂「はーい」

ガチャッ

憂「承太郎さん!」
 「こんなに朝早くどうしたんですか?」

承太郎「平沢が起きてるか気になってな」

憂「わざわざありがとうございます♪」

梓「憂、唯先輩起きてる?」

憂「梓ちゃん!」

澪律紬「おはよう」

憂「澪さんに律さんに紬さん!」



29 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:17:25.27 ID:QoV7xsDO

澪「唯はもう起きてる?」

憂「これから起こしに…」

ピリリリ

憂「すみません」パカッ

和《おはよう》
 《唯はもう起きたかしら?》

ピリリリ

花京院《おはよう》
   《平沢さんはもう起きたかい?》

憂(お姉ちゃん…)
 (愛されてるんだよね…?)

スタスタ

唯「あ、みんな~」
 「おはよ~♪」

梓「唯先輩!」
 「自分で起きれたんですね!」

唯「うーん…下が騒がしかったから…」

律「悪うござんした…」

憂(和ちゃんと花京院さんに返信しとかなきゃ)カチカチ



30 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:17:55.88 ID:QoV7xsDO

その頃の和!

ピリリリ

和(憂から…)パカッ
 (唯は起きたみたいね)

ガヤガヤ

和(もうそろそろ会場ね)

花京院「……」スタスタ

和「!?」
 「花京院君!?」

花京院「おや、真鍋さんじゃあないか」

和「何でここにいるのよ!」
 「あなたは違う大学だったでしょ!?」

花京院「まさかそんなに驚くとはね」フフッ
   「僕もここを受けることにしたんだ」



31 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:18:20.55 ID:QoV7xsDO

和「…何も聞いてないわよ」

花京院「黙っていたからね」
   「ドッキリってやつさ」

和「何でここにきたのよ…」

花京院「……」
   「挑戦さ」

和「…そう」

花京院「そうそう、これをあげるよ」スッ

和「お守り…」

花京院「ああ」
   「何の神様かは知らないが、あったほうがいいと思ってね」

和「……」フフッ
 「ありがたくいただくわ」
 「……」
 「花京院君…」

花京院「何だい?」

和「落ちたら承知しないわよ!」ニコッ

花京院「真鍋さんもね」フフッ



32 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:18:51.83 ID:QoV7xsDO

その頃の唯達!

唯「それじゃあここら辺でお別れだね」

梓「そうですね…」

憂「これお守りです」スッ
 「良かったら…」

承太郎「悪いな、持っていくぜ」

澪「憂ちゃんの手作りか」

紬「すごくご利益がありそうね♪」

律「それじゃあ行きますか!」

唯「平沢唯、玉砕覚悟で行ってまいります!」

梓「玉砕しちゃダメじゃないですか…」

承太郎「もうすぐ電車の時間だ。急ぐぜ」

澪「そうだな」
 「それじゃあ梓、憂ちゃん、また」

梓「あの…みなさん頑張ってください!」

憂「応援してます!」

唯「うん!」



33 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:19:32.42 ID:QoV7xsDO

スタスタ

憂「行っちゃったね…」

梓「うん…」
 「私達は祈るしかないよ!」

憂「そうだね!」
 「純ちゃんも呼んでお菓子作りしよっか♪」

梓「うん!」
 「喜んでもらえるようなのを作らなきゃ!」

憂「ふふっ」ニコッ



34 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:20:29.96 ID:QoV7xsDO

バレンタインデー当日の2年1組!

ザワ…ザワ…

憂「何か…男子の空気が違うね…」

梓「うん…」
 「何か…殺気立ってるというか…」

ガチャッ

純「二人共ー!渡してきたよー!」

ザワッ!

憂(今日一日中この空気なのかな…)

純「あれ?梓はまだ渡してないの?」

ドドドドドドドドドドドド

憂(クラスの緊張感が一気にはね上がった…)



35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:21:23.04 ID:QoV7xsDO

梓「私はまだ…」
 「何ていうか照れくさいし…」

純「それじゃあカバンとか机の中に入れとけばいいじゃん」

ゴソゴソスタスタスタスタ

憂(クラスの男子がみんな一人で外に…)
 (机を空にしてカバンを全開にして…)

スタスタスタスタ

純「!」
 「梓!廊下!」

唯「午後の紅茶飲みたいね~」

承太郎「リプトンだろう」



36 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:21:50.94 ID:QoV7xsDO

律「そこは紅茶花伝じゃね?」

澪「お前らムギの紅茶を忘れてないか?」

唯律承「!」

承太郎「盲点だったぜ…」

律「確かにムギの紅茶が一番だな!」

唯「うんうん、ムギティーが一番美味しいよ♪」

紬「あらあら、ありがとう♪」

梓(食べ物の話ばかり…)

純「渡しに行かないの?」

梓「…ん……」



37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:22:15.14 ID:QoV7xsDO

昼休み!

憂「梓ちゃんまだ渡してなかったの?」

梓「うん…」

純「早く渡さないと承太郎先輩とか絶対に一杯貰ってるよ?」

憂「あ…去年お姉ちゃんが言ってた」
 「承太郎さんすごかったって」
 「確か紙袋5袋はあったらしいよ」

梓「ううん…6袋」

純「すご…」
 「ていうかだったら尚更早く渡さないと!」
 「去年はムギ先輩の差し入れがあったから良かったけど」
 「今年は無いからみんなで食べちゃってるかもよ!?」



38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:22:38.90 ID:QoV7xsDO

梓「そんなに一度に食べないよ…」

純「早い者勝ちって言いたいの」
 「……」
 「渡してこよっかな」

憂「誰に?」

純「承太郎先輩と澪先輩」
 「それと花京院先輩にも」

憂「!」
 「それじゃあ私も行くよ」

梓「じゃあ…私も…」

憂純「……」ニヤッ



39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:23:03.25 ID:QoV7xsDO

3年2組!

コンコン ガチャッ

梓憂純「すみませ~ん…」

花京院「おや、どうしたんだい?」

憂「承太郎さん達いますか?」

花京院「承太郎達は職員室にいるよ」
   「受験の結果を聞きにね」

純「それじゃあとりあえず花京院先輩に…」
 「あ、あと和先輩呼んでもらっていいですか?」

花京院「?」
   「ああ」
   「真鍋さん、鈴木さん達が呼んでる」



40 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:23:30.51 ID:QoV7xsDO

和「あらあなた達」スタスタ
 「何か用かしら?」

梓憂純「これ、良かったら食べてください!」スッ

花京院「これは…」

憂「バレンタインです♪」
 「チョコレートケーキなのでお二人で分けてください」

和「ええ、ありがたくいただくわ」

花京院「ありがとう、三人共」
   「少し背後からの視線が痛いが」フフッ

純「義理だから大丈夫ですよ」フフッ

花京院「それは残念だ」フフッ

憂「それじゃあ承太郎さん達にも渡さないといけないので…」

花京院「ああ、ありがとう」
   「それじゃあ」

梓憂純「それでは失礼しました」ペコリ



41 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:23:55.34 ID:QoV7xsDO

職員室!

ガチャッ

唯澪律紬承「……」

梓「あ…」

純「いた?」

梓「うん…」

さわ子「唯ちゃんとりっちゃんは第三志望に合格」
   「澪ちゃんとムギちゃん、承太郎君は第二志望まで合格ね」
   「相変わらず本番には強いわね」フフッ

承太郎「それだけが取り柄だ」

律「おい…」



42 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:24:34.46 ID:QoV7xsDO

さわ子「あとは第一志望の海洋大学ね」
   「発表はいつだったかしら?」

承太郎「明日か明後日じゃないか?」

澪「明後日だろ…」

さわ子「そう」
   「みんな受かってるといいわね」ニコッ
   「それに試験も終わったし、卒業までのんびりしなさい♪」

承太郎「いつもみたいに過ごせばいいんだな」

さわ子「まあそうね…」



43 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:25:02.93 ID:QoV7xsDO

梓「卒業か…」ボソッ

憂純「?」

紬「あら、梓ちゃん!」

タタタタ

唯「どうしたのあずにゃん?」
 「何か用事でもあるの?」

梓「えっと…」

純「ほら、梓!」ボソッ

梓「うん…」

純「……」
 「あのっ…」

澪承「?」

純「これ、受け取ってください!」スッ

澪「あ…ありがと…」

承太郎「悪いな」

純「先輩方もどうぞ」スッ

唯律紬「ありがとう♪」

律(澪達に比べてちっちゃくね…?)



44 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:25:40.37 ID:QoV7xsDO

憂「あの、私からも…良かったらどうぞ」スッ

唯「おお!ありがとう、憂~♪」

澪律紬「ありがとう♪」

承太郎「悪いな」

紬「承太郎君去年の記録更新するんじゃない?」

律「今何袋あるんだ?」

承太郎「…8袋だ」

澪「すでに超えてるし…」



45 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:26:02.11 ID:QoV7xsDO

梓「……」

純「ほら梓も」ポンッ

唯「あずにゃんもチョコレート作ってきてくれたの!?」

梓「あの…えと…」

唯澪律紬「……」ワクワク

梓「……」
 「…私…トイレに…」タタタタ

純「ちょっと梓!?」タタタタ

憂「梓ちゃん!」タタタタ

さわ子「青春ね~♪」



46 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:26:29.40 ID:QoV7xsDO

昇降口!

梓「……」

タタタタ

純「梓!」

憂「梓ちゃん…」
 「そんなにはずかしがらなくても…」

梓「違うよ…」

憂純「え?」

梓「…卒業」
 「…卒業…しちゃうんだなって」

憂純「……」

梓「みんな……」
 「…いなくなっちゃうんだなって」

スタスタ

承太郎「…一生のお別れってわけじゃあないだろう」

梓憂純「!」



47 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:26:59.68 ID:QoV7xsDO

純(憂…)ソロソロ

憂(うん)ソロソロ

澪「そうだよ梓」
 「ほんの少し会えないだけだ」

律「夏休みとか会えるしさ」
「大学生の夏休みは長いんだぞ~」

紬「そうよ」
 「また私の別荘でお泊まりすればいいわ♪」

唯「あずにゃんの学園祭も見に行くし♪」

承太郎「夏フェスにも行くんだろう?」
   「忘れちまったのか?」



48 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:27:28.29 ID:QoV7xsDO

梓「…忘れるわけ…ないじゃないですかッ…」
 「私だって…会いに行きます…」
 「受験勉強なんかより…みなさんと合宿して…」
 「また…夏フェスに行きたいですッ…」
 「私の演奏を…みなさんに聞いて欲しいですっ…」

律「これは来年も多忙だな~」フフッ

澪「本当、卒業しても関係ないな」フフッ

梓「!」

唯「あずにゃん」

梓「何ですか…?」

唯「ぎゅーっ」ギューッ

梓「!」

唯「いい子いい子♪」ナデナデ

梓「唯先輩…」



49 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:27:51.47 ID:QoV7xsDO

唯「はい、澪ちゃん」

澪「ああ、わかった」フフッ
 「……」ギューッ

梓「!」
 (澪先輩…)

澪「梓…梓は一人じゃないんだからな?」ナデナデ

梓「はい…」

澪「おい、律」

律「はいよ!」
 「おらーっ!」ギューッ

梓(律先輩…)

律「よーしよしよしよしよし」ナデナデナデナデ

梓「もう…」フフッ

律「ムギ!」

紬「ええ」
 「それじゃあ…」ギューッ

梓(ムギ先輩…)

紬「私一度梓ちゃんを抱きしめてみたかったの♪」

梓「そうですか…」フフッ



50 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:28:52.48 ID:QoV7xsDO

紬「はい、承太郎君の番♪」

承太郎「やれやれ…」
   「……」ナデナデ

梓(承太郎先輩…)

承太郎「お前にはあと何回一人じゃあないって言えばいいんだ?」ナデナデ

梓(何ていうか…くすぐったいな…)フフッ
 (それでいて…落ち着く…)
 「…何回でもです♪」

律「寂しがりやだな~、梓は」ニヤッ

紬「ハムスターみたいね♪」

唯「ハムにゃんだね~♪」

澪「もうそれ梓関係ないだろ…」

梓「あの…」

承太郎「何だ?」

梓「みなさんに渡した

キーンコーンカーンコーン



51 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:29:15.62 ID:QoV7xsDO

紬「あ、チャイムなっちゃった」

梓(タイミング悪…)
 「それでは放課後に…」

唯「うん、またねあずにゃん!」

放課後の音楽室前!

梓「……」フゥー…
 (…大丈夫…渡せる!)

ガチ… ゴンッ

唯「いたた…」ジンジン

梓「唯先輩!?」
 「何でこんなところにいるんですか!?」

唯「あずにゃんの気配がしたから驚かせようと思って…」



52 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:29:38.67 ID:QoV7xsDO

律「梓、そんなとこにつったってないで早く入れよ」

梓「あ、そうですね」

バタン

梓「その紙袋…何ですか…?」
 「10個ありますけど…」

澪「それは今日のジョジョの戦果だよ」

梓「すご…」
 「学園祭でだいぶファンが増えたんですかね…」

紬「そうかもね」
 「はい、お茶♪」

梓「ありがとうございます」

律「そういえばムギ、今日のお菓子は?」

紬「今日は梓ちゃんが用意してくれてるみたいなの♪」

梓「え!?」
 「何で知ってるんですか!?」

承太郎「誰でも気づくさ」
   「あんなに騒いでたらな」

梓「はは…」



53 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:30:07.50 ID:QoV7xsDO

梓「あの…これなんですけど」パカッ

唯「チョコレートケーキだ!」

澪「すごいじゃないか梓!」

梓「ありがとうございます…///」モジモジ
 「でも…承太郎先輩は…飽きたりとか…」

承太郎「そいつらに絶対にチョコレートを食うなと言われてな」
   「飽きる以前の問題だ」

梓「そうですか!」パァッ
 「良かったです♪」



54 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:30:31.34 ID:QoV7xsDO

律「それじゃあ」

唯澪律紬「いただきま~す!」

承太郎「いただくぜ」
   「…うまいじゃあないか」モグモグ

紬「うん、とてもおいしいわ♪」モグモグ

澪「そうだな、お菓子作りの才能あるよ梓は」モグモグ

唯「あずにゃん天才だよ!」モグモグ

律「これはいい嫁さんになるな~」モグモグ

梓「えへへ…///」

承太郎「今のうちにお返しをしとくか」スッ

梓「飴ですか…」

承太郎「不満みたいだな」
   「それじゃあホワイトデーも兼ねてお前ら全員にプレゼントだ」スッ



55 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:30:55.42 ID:QoV7xsDO

梓「これって…」

律「今日貰ったやつじゃないか」
 「しかも一人一袋…」

澪「くれた人に悪いんじゃ…」

承太郎「糖尿病にはなりたくないんでな」

紬「確かに一人で食べたらなりそうね…」

承太郎「俺はこいつと平沢と鈴木のを食ったら十分だ」
   「あとクラスのやつらの分だな」

梓「クラスの人達で思い出したんですけど、唯先輩達はあげてないんですか?」

唯「うん」
 「本当はあげたかったんだけど…」

澪「受験勉強がな…」

梓「なるほど…」



56 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:31:17.01 ID:QoV7xsDO

唯「それにしてもさわちゃん遅いね~」

澪「あ!」

律「どうしたんだ?」

澪「雪だ…」

梓「本当ですね…」スタスタ
 「すごい…真っ白…」

スタスタ

律「うわ~、すげぇ…」

澪「ちょうどバレンタインに降るなんてな」

紬「すごい偶然ね…」

承太郎「雪が降ったのは、なるべくしてなった奇跡だ。偶然じゃあない」
   「『選ばれた』…『奇跡』だ」

紬「そうかもね♪」



57 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:31:49.85 ID:QoV7xsDO

梓「何か…いいですね」
 「こうして先輩達といると…」
 「何だか温かくて…心地いいです」
 「あ、ココちゃんとスタプラちゃんもですけど」

唯澪律紬承「……」

唯「……」ドサッ

梓「おっと…」
 「どうしました?」

唯「あったかあったかだよ、あずにゃん♪」ニコッ

梓「!」
 「……」フフッ



58 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:32:13.01 ID:QoV7xsDO

律「あったかあったかー!」ギューッ

紬「あったかあったか~♪」ギューッ

承太郎「…離せ」

律「いいんだよ」
 「みんなひっついてあったまるぞ!」

唯律紬「あったかあったかー♪」ギューッ

梓「あったかあったかです」ギューッ

澪「まったく」フフッ

承太郎「やれやれ…」フッ



59 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:32:34.70 ID:QoV7xsDO

翌日の神社!

梓(憂はお百度参りしてるって言ってた…)
 (……)ピラッ
 (さようなら!野口英世さん!)ピラピラ

ガランガランガランガランガランガランガランガランガランガランガランガラン

梓「先輩達が絶対!絶対にッ!みんな揃って海洋大学に行けますように!」
 「そして…」
 「卒業式まで…みんなで笑って過ごせますように」

スタスタ

梓(うぅ…寒い…)スポッ
 (……)カサッ
 (ん…これ…承太郎先輩がくれた飴…)
 (……)パクッ
 (………)コロコロ
 「……甘っ♪」



60 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:32:56.03 ID:QoV7xsDO

翌日の音楽室!

梓「まだかな…」

さわ子「待ってる方の身にもなってほしいわね…」

憂「合格した人がくるんですよね…?」

さわ子「ええ…」

純「大丈夫!みんな合格してるよ!」

憂「うん…」

ガチャッ

梓憂純さ「!」

花京院「おや…」

和「二年生はお揃いね」

梓「花京院先輩に和先輩!」



61 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:33:22.67 ID:QoV7xsDO

さわ子「確かあなた達…今日は…」

花京院「ええ、合格発表でした」
   「…おかげさまで無事、合格でした」

和「私も合格でした」

さわ子「本当!?」
   「良かったわね!おめでとう!」

憂「おめでとう和ちゃん!」ギューッ
 「花京院先輩、おめでとうございます!」

梓純「二人共おめでとうございます!」

和「ありがとう、みんな」フフッ

花京院「ありがとう」
   「あとは承太郎達か…」

梓「はい…」



62 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:33:44.87 ID:QoV7xsDO

ガチャッ

梓憂純和さ花「!」

律「よっ、みんな」

純「みんな…」

唯澪律紬承「?」

梓「揃ってる!」
 「唯先輩!」

唯「どうしたの、あずにゃん?」

梓「澪先輩!」

澪「どうした?」

梓「律先輩!」

律「おいおい、どうしたんだよ?」

梓「ムギ先輩!」

紬「なぁに、梓ちゃん?」

梓「承太郎先輩!」

承太郎「何だ?」

梓「みんな…」
 「みんないる!」

律(点呼かよ…)



63 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:34:31.99 ID:QoV7xsDO

さわ子「それで…結果は?」ニコッ

承太郎「平沢、秋山、田井中、琴吹、俺」
   「軽音部5人、全員合格だ」

憂「お姉ちゃんっ!」ギューッ
 「よ…良かった…」グスッ

唯「よしよし、ありがとね、憂♪」ナデナデ

憂「みなさんもおめでとうございます!」

純「おめでとうございます!」

さわ子「みんな受かるって信じてたわ」ニコッ

律「ありがとな、みんな!」

唯澪紬「ありがとう♪」

花京院「おめでとうみんな」

和「みんな揃って受かって良かった…」
 「おめでとう」

承太郎「お前らもな」

紬「そうよ。あのK大に受かるなんて」

花京院「大したことじゃないさ」

律「謙虚ですな~」



64 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:34:54.59 ID:QoV7xsDO

梓「みなさん…」

唯澪律紬承「?」

梓「おめでとうございますっ…」
 「良かったです…」
 「みなさん同じ海洋大学に行けて…」
 「本当に…良かったです!」ニコッ

承太郎「ああ」
   「良かったぜ…」

唯「ありがとう、あずにゃん♪」

澪「ありがとな、梓」

律「ま、当然だけどな♪」
 「ありがとな!」

紬「ありがとう、梓ちゃん♪」

律「よーし!祝杯をあげるぞー!」

紬「お茶淹れてくるわね♪」

梓(結局いつもの放課後と変わらない…)
 (でも…そんなところがいいよね)フフッ



65 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:35:26.94 ID:QoV7xsDO

土曜日の空条家!

承太郎(チョコレートは平沢や鈴木に一袋ずつやって残り一袋になったが…)
   (曽我部…まさか段ボールで送ってきやがるとは…)
   (しかし…)
   (いざ受験が終わると暇だな…)

ピリリリ

承太郎(…平沢か)パカッ
   「何だ?」ピッ

憂『承太郎さんですか!?』

承太郎「ああ」



66 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:35:57.51 ID:QoV7xsDO

憂『お姉ちゃんが大変なんです!』

承太郎「…どういうことだ?」

憂『とりあえず急いで家に来てください!』ピッ

承太郎(何があったんだ…)
   (平沢のあの取り乱しよう…ただ事じゃあないぜ)
   (…急ぐか)

平沢家の玄関前!

承太郎(静かだな…)
   (…呼ぶか)

ピンポーン

シーン…

承太郎(?)



67 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:36:23.45 ID:QoV7xsDO

ピンポーン

シーン…

承太郎(なぜ誰もでないんだ…)
   (…鍵は…)

ガチ…

承太郎(開いてるな…)

ガチャッ!

承太郎「平沢ッ!」

パァーンパァーンパァーン!

承太郎「!」

唯「承太郎君!」

憂「お誕生日!」

唯澪律紬和花「おめでとう!」

梓憂純「おめでとうございます!」



68 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:36:46.78 ID:QoV7xsDO

承太郎「何だ…これは…」
   「俺はそいつが危ないって聞いたから来たんだが…」

澪「実は、全部憂ちゃんの演技なんだ」

紬「憂ちゃんの演技すごかった~♪」

憂「えへへ♪ありがとうございます」

承太郎「…つまりこういうことか?」
   「俺は平沢にいっぱいくわされた…」

梓「そういうことです」フフッ

承太郎「やれやれだぜ…」

唯「まあまあ、立ち話もなんだし入りなよ~♪」

承太郎「…そうだな」



69 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:37:10.92 ID:QoV7xsDO

リビング!

承太郎「…何だこれは」
   「飾りつけに鍋まであるじゃあないか」

律「飾りつけは私達がやって、鍋は憂ちゃんが作ってくれたんだ」

承太郎「悪いな…何から何まで」

憂「いえ、いいんです♪」

澪「それじゃあ食べよっか」

和「そうね」
 「それじゃあ飲み物をついで」

コポコポ

律「そんじゃあジョジョの誕生日と合格を祝して!」
 「かんぱーい!」

唯澪紬梓憂純和花「かんぱーい!」



70 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:37:39.34 ID:QoV7xsDO

梓「どうせすぐなくなるでしょうし今のうちに具追加しときますか?」

澪「そうだな、そっちの方がいいかも」

梓「それじゃあ…」スッ…

紬「梓ちゃん!」

梓「は、はい!?」

紬「すぐに煮えるのは後でいれて!」

梓「は…はい…」
 (びっくりした…)

律「もうそろそろあったまってき

紬「りっちゃん!」
 「まだ灰汁を取ってないから食べちゃダメ!」

律「は、はい!」

憂「灰汁とりおわりました」

承太郎「それじゃあ肉団子でも

紬「承太郎君!」
 「それはまだちゃんと煮て!」

承太郎「あ…ああ」

澪(な…鍋奉行だッ…)



71 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:38:59.77 ID:QoV7xsDO

鍋の後!

紬「おいしかった~♪」

律「そうだな…」
 (怖かった…)

承太郎(…今日わかったぜ)
   (琴吹を怒らせちゃあダメだな…)

唯「ここで私達から承太郎君にプレゼントがあります!」

承太郎「別に良かったんだが…」

花京院「みんなからの好意さ」
   「喜んで受け取ったらどうだ?」

承太郎「まあ、そうだな」



72 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:39:58.87 ID:QoV7xsDO

憂「あの…まずは私と純ちゃんからです」

純「憂と二人で選んできました」

憂純「誕生日おめでとうございます♪」スッ

承太郎「ああ」
   「ところでこれは何だ?」

憂「開けてみてください」

承太郎「……」パカッ
   「イルカのブローチじゃあないか」
   「…礼を言うぜ」フッ

憂純「!」パァッ

唯「次は私達からだよ」

澪「軽音部と和、花京院とで買ってきたんだ」



73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:40:28.65 ID:QoV7xsDO

紬「梓ちゃん♪」

梓「はい」
 「承太郎先輩、誕生日おめでとうございます♪」スッ

唯澪律紬和花「おめでとう!」

承太郎「ああ、悪いな」

花京院「承太郎、あけてみてくれ」

承太郎「そうだな」パカッ
   「これは…帽子にコートじゃあないか」

紬「梓ちゃんがそれがいいんじゃないかって♪」

梓「承太郎先輩、ずっとそれ見てたので…」
 「帽子はそのコートに合うかなって思って、みなさんと選びました」

澪「みんなすごく悩んだんだぞ」

唯「そうそう、血眼になって探したよ~」

承太郎「探しすぎだろう…」

和「それが冗談でもないのよ?」フフッ

律「ありがたく着るんだぞ!」

承太郎「ああ、ありがたくいただくぜ」
   「…ありがとう」



74 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 21:44:05.66 ID:QoV7xsDO

今日は終わりです

今日含め、これからの話の内容といいますか、解説みたいなのは最後の日にちょっと話そうかな、と

続編を希望してくれてるっぽい方がいますが、今のところは続編は考えてません
非常に申し訳ないです
まあ、そのことも含めて、最終日はいろいろ話します

ではまた明日




75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/26(火) 22:19:53.09 ID:w.57qkM0



続編よりもこんな一日みたいな番外編もいいと思うよ



77 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/10/27(水) 01:52:19.36 ID:Cjeo1REo







関連記事

ランダム記事(試用版)




唯紬「承太郎君が!」澪律梓「ボーカル!」#1
[ 2011/07/12 16:49 ] ジョジョの奇妙な冒険 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6