SS保存場所(けいおん!) TOP  >  スポンサー広告 >  非日常系 >  梓「結局、音楽は暇つぶしですから」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

梓「結局、音楽は暇つぶしですから」#前編 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1250951354/

梓「音楽は暇つぶし」
梓「音楽は暇つぶしに」#前編
梓「音楽は暇つぶしに」#後編

梓「結局、音楽は暇つぶしですから」#前編
梓「結局、音楽は暇つぶしですから」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:29:14.18 ID:eapnWfLn0

himatubusi_start_aa.png



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:30:55.15 ID:eapnWfLn0

冬の日のそれから……


憂「梓ちゃん、起きて」

梓「む……」

憂「もう、授業中ずっと寝てるんだから。これ、返ってきたテストだよ」

梓「ねむい……起きたくない……」

憂「もう放課後です!」

梓「ジーザスみたいに死にたい、JFKみたいに死にたい」

憂「はいはい、ほら、軽音部行かなきゃでしょ」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:35:42.87 ID:eapnWfLn0

唯「期末テストも終わったし、もうすぐ冬休みだねー」

律「あとはクリスマスを待つばかり」

唯「今年もみんなでクリスマスパーティーやろうよ!」

律「去年はプレゼント交換したから、今年は景品にするとかどう? ビンゴとかでさ」

唯「おおう、いいねー」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:39:12.37 ID:eapnWfLn0

澪「ところで、唯はテスト大丈夫だったのか?」

唯「んな」

紬「それがねー」

律「まあ、なんというか」

唯「う~ふ~ふ~
  みんなのおかげで、すべて赤点を免れました!
  英語、国語、数学、えとせとら! オール60点! シックスナインです!」

澪「それは逆にすごいな……」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:43:47.81 ID:eapnWfLn0

律「一つでも、あと1点足らなかったら追試だったけどな」

紬「でも、今年になってからの唯ちゃん、がんばってるもの」

律「澪はー?」

澪「私は和というすばらしい味方がいるので、去年より成績が上がったのです」

唯「そっかあ。和ちゃん、頭いいもんねー」

澪「梓はどうだった? テストは」

梓「……Zzz」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:46:44.42 ID:eapnWfLn0

律「おーい、梓ちゃーん、起きてくださーい」ユサユサ

梓「む……ああ、お茶菓子ですか?」

唯「さっき、マカロン食べたばっかりだよ~」

澪「期末テストの話。梓はどうだった?」

梓「テスト……」

律「うん」

梓「あ~……そういえば、今日返却されたのがここに」ペラ



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:50:00.81 ID:eapnWfLn0

  英語14点 国語29点 数学3点etc...

澪「これは……」

律「まさか、去年の唯を上回るとは……」

紬「あらー……」

唯「ほうほう」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:54:33.15 ID:eapnWfLn0

澪「これは当然追試だろ」

梓「あ~……そういえばそんなこと言ってたような」

律「ノンキだなぁ」

唯「でも、解答欄は全部埋まってるね」

紬「でも、ここ、座標を求めよってとこ、kgで答えてる」

澪「憂鬱が有打つになってる……」

律「日本語訳で書けってあるのに、英語で答えてる。しかもスペルミス」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 23:58:23.22 ID:eapnWfLn0

梓「空欄を見ると、埋めたくなるんです」

律「確かに、途中の計算式すっ飛ばして、答えが書いてある。ペケだけど」

澪「全教科追試……大変だぞ、これは」

紬「そうねぇ」

梓「はぁ」

唯「あずにゃん、私が勉強教えてあげる!」

律「おお、先輩っぽい」

澪「しばらく、梓はギター禁止! ちゃんと追試の勉強すること!」

梓「えー……」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:02:15.72 ID:cvHRbvSu0

平沢家


憂「うん、梓ちゃん、普段から授業中は寝てばっかりで」

唯「へ~音楽室でも寝てるけど、よく寝る子だねぇ」

憂「午前中はほぼ寝てて、ご飯食べた後、2回に1回は起きてるかな」

唯「よく怒られないね」

憂「うん、最初の頃はもちろん、先生も注意してたけど……最近は気にしなくなったみたい。
  なんだか入学したころ思い出すなぁ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:06:06.48 ID:cvHRbvSu0

4月


憂「(わぁ、ちっちゃくてかわいい子だなー)」


友達「梓、ジャズ研の見学いこー」

梓「む……」

友達「ほら、おきてよ」

梓「あー……めんどくさい。明日にしよう」

友達「それ昨日も聞いたよ。いつもそれでズルズル先延ばしなんだから。ほらー」

梓「今日はグリーンマインドが戸棚から出てこないから、エサをやれなくて」

友達「はいはい、カエルの話はいいから」


憂「……かえる?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:08:40.39 ID:cvHRbvSu0

ジャズ研


―中野さんは楽器できるの?

梓「ギター、ベース、ドラムができます」

―すごいじゃん! ジャズ研に来たってことは好きか、もしくは興味があったんだよね?

梓「父がジャズバンドをやっていました」

―へえ。じゃあ、その影響で楽器を?

梓「小学生のとき、『ひこうき』のビデオでエンジン音を聴いたり、
  テレコで工事現場を録ったのを聴き続けていたら、ギターを渡されました。
  好きにうるさい音を出してよくなったのでとてもうれしかったです」

―へえ……好きなジャズミュージシャンとかアルバムとかある?

梓「マイルス・デイビスの『ゲット・アップ・ウィズ・イット』が好きです」

―ふうん……マイルスは知ってるけどそれ知らないや。

梓「ふにゃ~わうわうつくたんつくたん」

―は?

梓「言葉にするとこんなカンジです」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:11:05.13 ID:cvHRbvSu0

―そう……えと、部に入ったらこんなのやってみたいとかある?

梓「あー……特には」

―特にはって……演奏とかしたいんじゃないの?

梓「演奏……なんでもいいです。暇つぶしになれば」

―あのさ、なんでここ来たの?

梓「他にすることがないからです」

―他にも部活があるから、ウチ以外のとこも見てきた方がいいと思うんだけど。

梓「そうですか?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:13:50.26 ID:cvHRbvSu0

―あと、もう少し気をつかってしゃべった方がいいよ。

梓「木?」

―だからね、その人をバカにした態度をやめろって言ってんの。

梓「莫迦?」

―あのねえ、こっちは怒ってるんだよ。

梓「はぁ」

―ちょっと、もう帰ってくれない?



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:16:43.00 ID:cvHRbvSu0

下校


友達「どうだった? ていうか……」

梓「む……ジャズっていうのとは少し違ったかな」

友達「まあ、梓は人に誤解されやすい……わけじゃなくて、そのまんまなんだけど、うーん」

梓「……ギターの音が聴こえる」

友達「ああ、音楽室からか。確か軽音部があるって」

梓「けいおん部……けいおんって何?」

友達「ああ、女子高生がダラダラ食っちゃお喋りするアニメ……じゃなくて。
   軽い音楽で軽音」

梓「軽い音楽……トライアングルとか使うのかな?」

  ウン、チーン♪ ウン、チーン♪



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:18:55.86 ID:cvHRbvSu0

友達「バンド組んだりするんだと思うけど」

梓「ふーん」

友達「ジャズ研がダメだったから、こっちでもいいんじゃない?」

梓「バンドはめんどくさい」

友達「あっそ……まあ、梓なら外でも音楽やれるしね」

梓「早く帰らなきゃ」

友達「あー、なんだっけグリマイとやらにエサをやるんだっけ?」

梓「今日はアニマックスでフリクリを見なきゃ」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:20:49.92 ID:cvHRbvSu0

教室


憂「え! 決めちゃったの?」

純「うん、ジャズ研究会にすごいかっこいい先輩がいて……ごめんね」

憂「そ、そっかあ。しょうがないよ。どこに入るかは自由なんだし」

純「えへっ、じゃあ」


憂「ハァ……ん?」

梓「……む」

憂「あ、あの!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:24:05.08 ID:cvHRbvSu0

梓「なに?」

憂「えっと、確かジャズ研の見学に行くって話してたよね」

梓「話して、それから行った」

憂「は、入るの?」

梓「ううん」

憂「よかったら、これから軽音部の新歓ライブ見に行かない?」

梓「ライブ?」

憂「うん、もう始まっちゃってるかもしれないけど」

梓「ライブができるの?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:27:35.20 ID:cvHRbvSu0

憂「うん!」

梓「でも、トライアングルとかカスタネットとかで何やるの?」

憂「え? それは使わないんじゃないかな、ギターとかドラムだと思うけど……」

梓「ふうん……行く」

憂「ホント!? ありがとう! わたし、平沢憂です。よろしくね」

梓「うん」

憂「ええっと、あなたは?」

梓「あー……中野梓」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:30:34.76 ID:cvHRbvSu0

憂「中野さんは音楽系の部活に入るの?」

梓「さあ? なんでもいいけど」

憂「でも、ジャズ研の見学には行ったんでしょ?」

梓「行ったけど、他のとこも見たほうがいいって言われた」

憂「そっかー。あとは吹奏楽部とかあるけど」

梓「おなかすいたな」

憂「え、う、うん。そう?」

梓「たい焼き食べたい」

憂「(なんか……マイペースな子だなあ)」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:35:12.19 ID:cvHRbvSu0

憂「軽音部にね、お姉ちゃんがいるの。ひとつ年上の」

梓「ふうん」

憂「だから、お姉ちゃんが演奏してるとこ見たくて。
  でも、誰かと行きたかったんだ……あ、やっぱりもう始まってる!
  わあ、けっこういっぱいだぁ」

唯「(お水おいしいよー)」

憂「わあ、お姉ちゃん、ボーカルなんだぁ」

梓「(そういえば、ノドも乾いたな)」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:39:22.20 ID:cvHRbvSu0

唯「わたし、最初、軽音部って聞いて、軽い音楽だと思ってたんですよー。
  それで、カスタネットが出来ればなーなんて、軽い気持ちで入部しました」

梓「(やっぱり、軽音ってそういう意味なのか)」

憂「(おねえちゃんかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい)」

唯「なので、みなさんも、軽い気持ちで入部してください。
  じゃあ、次の曲、『わたしの恋はホッチキス』!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:43:11.76 ID:cvHRbvSu0

唯「またあした~♪」


憂「(お姉ちゃん歌い方かわいいお姉ちゃんの声かわいい
   お姉ちゃんの腰フリかわいいお姉ちゃんギターの弾き方かわいい
   お姉ちゃんライトの当たり方かわいいお姉ちゃんの立ち方かわいい
   お姉ちゃんの存在そのものかわいい存在かわいい)」

梓「(見えない……)」

憂「(前の人たち邪魔だなわたしの目線にあわせて
   スパッとカットしたいなお姉ちゃんかわいいな……ん?)」

梓「(みえ……ない)」

憂「(うふふ、中野さんも楽しんでるみたい)」

梓「(背伸びしても見えない……か)」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:47:10.36 ID:cvHRbvSu0

平沢家


憂「もう半年かーはやいなー」

唯「うーいー、あずにゃん、授業中はどんなカンジなの?」

憂「えっと、そうだねー。
  朝いつのまにか来てて、それで顔を机に突っ伏してて、お昼までそのまま。
  だから、その日最初に話すのもお昼なの」

唯「音楽室だと、目開けたまま寝てるよ」

憂「そうそう、たまにやってるよ。どうしたら出来るんだろう?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:51:03.95 ID:cvHRbvSu0

4月
国語の授業中


教師「あさ、眼をさますときの気持ちは、面白い」

梓「Zzz……」

教師「日の光がどっと来て」

梓「Zzz……」

教師「まぶしさ、それから、へんな間の悪さ」

梓「Zzz……」

教師「急にむかむか腹立たしく……いや、ちがう、あの感じでもない……」

梓「……たい焼き」

教師「なんだか……もっと、やりきれない……」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:55:53.56 ID:cvHRbvSu0

教師「ちょっと、中野さん、起きなさい」

梓「む……」

教師「朝、眼をさましたこの女生徒の気持ちはどういうものですか?(机に何も出さずこのガキャァ)」

梓「……『意地悪』、ですね」

憂「(合ってる……)」

教師「……結構」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:00:38.33 ID:cvHRbvSu0

昼休みにて


憂「梓ちゃん、さっきの授業、どうしてわかったの?」

梓「なにが?」

憂「ほら、先生に聞かれて答えてたよね、女生徒の気持ちはって」

梓「ああ……寝てるとこ起こされて意地悪な人だと思ったから」

憂「へえー」

梓「このあんぱん、つぶが足りないんだな」

憂「(なんか、ちょっと、お姉ちゃんみたい)」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:04:09.39 ID:cvHRbvSu0

平沢家


憂「でも、これはめずらしい方だよ。寝てるときはほぼ起きないの。
  無気力大王とか山を降りた仙人とか言う人もいるんだけど」

唯「へ~」

憂「でも、今度の梓ちゃんの追試は私も心配で。
  私も出来るだけ協力するから、お姉ちゃんたちも梓ちゃんを助けてあげて!」

唯「まかせなさい!」

憂「お姉ちゃん、頼りになる~」

唯「ナッハッハッハッ」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:07:01.29 ID:cvHRbvSu0

秋山家


「父にありがとう」「母にさようなら」「そしてすべての子供たちに」「おめでとう」


律「……これが最終回?」

澪「いや、梓によると映画に続くらしい」

律「はー、映画に……」

澪「アイデアはあってもそこまでできなかったらしい、時間とかいろいろ」

律「ふーん、まあ、続きがあるんだったら、やった方がいいよなー」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:11:19.31 ID:cvHRbvSu0

律「そういや、ウチって女子高だけど噂とかないよな」つポテチ

澪「サンキュ。噂って?」

律「いや、ほら、誰と誰がーってさ」ばりぼり

澪「はぁ?」

律「だから、手をつないで歩いてたとか、二人きりで教室いたとか」

澪「仲いいな」ぽりぽり

律「だぁからそうでなくて! ああ、もういいや……」

澪「なんだよ、話ふっといて!」

律「この話題はムギに話そう」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:14:50.32 ID:cvHRbvSu0

よくじつ!
音楽室にて


澪「1299年、現在のトルコにできた国は?」

梓「ホフマン帝国」

律「破戒を書いた人は?」

梓「松尾芭蕉」

唯「x2 " 3x + 2を因数分解すると?」

梓「斜め上にある数字は何なんですか?」

紬「lakeは日本語で?」

梓「銀行?」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:17:52.77 ID:cvHRbvSu0

澪「これは困ったぞ……」

紬「そうね……」

梓「ローリングサンダー作戦とかサーチアンドデストロイとかならわかるんですが」

唯「さーちあ……ろい?」

律「こういうときのために、今日は助っ人を呼んだぞ!」

和「生徒会の仕事の途中なんですけど……」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:21:04.19 ID:cvHRbvSu0

和「これは唯よりも苦労しそうね」

唯「えへぇ、そうかな~」

律「そのリアクションはなに?」

澪「英語と国語以外、全部一桁なんだ……」

和「……」

澪「どうしたらいいんだか」

梓「どうするんですか?」

律「うん、マイペースだねぇ、あんたは」

和「……なんとかなるんじゃない?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:24:32.35 ID:cvHRbvSu0

澪「ホントか!?」

律「去年の唯よりひどいんだぞ!」

和「中学のころは、これよりもっとひどいの見たから」

律「あんた……」

唯「え? え?」

和「見てみると、英語はほとんどケアレスミスね。
  まあ、間違ってるのも多いんだけど。英語は多分ちょっとやればできるんじゃない?」

澪「そっか、考えてみたら、梓は普段から洋楽聴いてるから英語には慣れてるのか」

律「なんか覚えてる英語の歌詞とかある?」

梓「はぁ、ウチにあるのは歌詞は全部頭に入ってますけど」

律「なん、だと……」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:28:35.45 ID:cvHRbvSu0

紬「例えば?」

梓「あー、I try my best to be just like I am, but everyone wants you to be just like them」

澪「訳は?」

梓「僕は僕でいるためにベストをつくしてる、けど、みんなは君がみんなと同じようになることを望んでる」

唯「おお……」

律「ちなみにこれは誰の歌なの?」

梓「ボブ・ディランですね」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:33:33.80 ID:cvHRbvSu0

和「まあ合ってるけど、ちょっと簡単ね。もう少し長いのはない?」

梓「……This happened once before, when I came to your door, No reply
  They said it wasn't you, but I saw you peep through your window
  I saw the light, I saw the light
  I know that you saw me 'cos I looked up to see your face」

和「うん?」

梓「前にもこんなことあった。君のうちのドアに行ったら、返事がない。
  あれは君じゃないって言われたけど、君が窓から覗いてるのが見えた。
  明かりがついてたよ、明かりがついてたよ。
  君も僕を見たよね。だって、目があったんだから」

澪「相手にされてないんだな」

律「ストーカー?」

梓「これはビートルズ」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:37:02.01 ID:cvHRbvSu0

和「それだけ覚えてるなら、テストくらい楽勝よ」

梓「そうですかね」

和「国語も間違ってるのは漢字で、設問はちゃんと答えてるのよ。とにかく漢字を覚えること」

澪「けっこう本読んでたりする?」

梓「中学生までなら……」

紬「なんだかいけそうじゃない?」

唯「うんうん、あずにゃん、いけるよ~」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:39:32.51 ID:cvHRbvSu0

和「他の教科は範囲をもう一度見直すこと。追試はほとんど同じ問題が出るんだろうし。
  とにかく頭に入れなさい」

梓「はぁ……」

澪「よし、じゃあ、今のアドバイスに従って始めるぞ」

唯「あずにゃん、がんばって!」

梓「……めんどくさ」

紬「まあまあ。今日のお菓子はたい焼きよ。甘いものは脳にもいいから」

梓「む……たい焼き」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:42:23.05 ID:cvHRbvSu0

よくじつの教室


憂「梓ちゃん、勉強してる」

梓「うん……」カリカリ

憂「漢字の練習?」

梓「先輩が休み時間にやれって……」カリカリ

憂「そっかぁ。がんばって! わたしも応援するから!」

梓「……同じ漢字書いてると、冠とかへんとか、文字に見えなくなってくる」カリカリ

憂「あ~そうかも」

梓「なんだか気持ち悪い……」カリカリ



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:45:18.46 ID:cvHRbvSu0

音楽室


澪「光合成を行うのは?」

梓「緑黄色素?」

律「は~い、因数分解してね~」

梓「エックスの二乗はエックスかけるエックスでつまりエックスが二つで?」

唯「も~んご~るて~こくち~んぎ~すは~ん♪」

梓「も~んご~るて~こくち~んぎ~すは~ん♪」←歌って覚える

紬「今日はクリームのたい焼き~♪」

梓「ムグムグ……」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:51:11.41 ID:cvHRbvSu0

―最近、中野さんが勉強してる

―午前中に起きてるだけで奇跡なのに!

―まさか何かが起こる前触れ!?

―私も追試あんのよね……

―なんかご利益あったりして

―そうよ、今のうちに中野さんの消しゴムのカスをもらって運をもらうのよ

―なんかー中野さんと握手すると成績良くなるんだってー

―あたし、もう髪の毛もらってきたもんねー



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:57:42.67 ID:cvHRbvSu0

教師「今日は中野さんお目覚めのようですね。机に教科書もノートも出てるし」

梓「……」

教師「では、一つ。元が興ったのはいつ?」

梓「ワン、ツー、ロクオー、フビラーイハーン」

皆「ワン、ツー、ロクオー、フビラーイハーン!!」

教師「!?」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 02:01:12.50 ID:cvHRbvSu0

そして……


澪「さて」

律「結果が出たわけですが」

紬「とうとう……」

唯「ふむふむ」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 02:04:31.89 ID:cvHRbvSu0

英語80点 国語79点 以下60、62、61…点


澪「国語と英語はすごいいいのに、他はギリギリだったな」

紬「まあまあ、よかったじゃない」

律「梓選手から試合を終えて一言、どうぞ」

梓「つかれました……ねむい」

唯「あずにゃん、よかったねぇ」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 02:06:23.67 ID:cvHRbvSu0

律「よーし、今日は記念にもんじゃ焼きを食べに行こう!」

澪「練習じゃないのか。ま、いーか」

唯「わあ、久しぶりだ!」

紬「わーい♪」

梓「わーい……?」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:00:19.33 ID:cvHRbvSu0

もんじゃ焼き屋


紬「わあ、鉄板だ!」

唯「ムギちゃん、もんじゃ焼き食べたことないの?」

紬「うん、初めて。これで焼くの?」

律「そう、これでじゅわじゅわ~って」

紬「楽しそう」

梓「……焼肉?」

澪「梓も初めて?」

梓「はい。もんじゃのもんじゃってなんですか?」

澪「えっ」

律「そういえばなんなんだろ」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:04:40.47 ID:cvHRbvSu0

―豚玉でーす


律「さあ、焼くぞー」

唯「あ、私、やりたいやりたい!」

律「じゃあ、唯が先で、次のイカが私ね」

唯「先に具を焼いて……」

  ジュウウウウ……

唯「汁かけてー」

  ジュワワワワワー……

紬「わあ!」

唯「ソース、青ノリ……これでちょっと待てば出来上がり」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:08:05.36 ID:cvHRbvSu0

紬「唯ちゃん、すごーい」

唯「そんなことないよー。ムギちゃんもやってみなよ」

紬「うん。どれくらい待つの?」

律「適当だよ」

澪「まあ、のんびりやろうよ」

紬「じゅわわわわわ……」

梓「なんだか……ゲ」

澪「言ったら食べさせないぞ~」

梓「にあー」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:12:41.24 ID:cvHRbvSu0

皆「いただきまーす!」


唯「あむあむ」

律「もうちょっと焼いてもよかったかな」

唯「私これくらいムニムニしてても好きだよ」

紬「おいしー」

澪「唯、ソース取って」

唯「ほい」

梓「あむあむ」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:15:48.94 ID:cvHRbvSu0

律「そういえば、こないだ澪と話してたけど、ウチの女子高って噂とか立たないのかね」

紬「あら……りっちゃんたら」

唯「噂って?」

律「誰さんと誰さんが、とかさ」

唯「そういえば聞かないねー。中学のとき、女子高はそういうこともあるって聞いたけど」

澪「なんで皆すぐに話がわかるんだ……そういうことってなんだ?」

律「だからーウチの学校で誰かつきあってるかって話だよ」

澪「そりゃー彼氏いる人もいるだろう」

律「だからねー澪ちゃん、この学校の中でっつう話ですよ」

澪「は!? だ、だって女子高だぞ?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:19:23.52 ID:cvHRbvSu0

律「だってっても、なぁ?」

紬「女の子同士もいいものよ」

澪「え、だ、だって」

紬「先輩と後輩、仲良しの二人、教師と生徒……美しい」

澪「それは、男女でもあることなのでは」

紬「女の子だからいいの!」

唯「おこげ~」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:22:50.67 ID:cvHRbvSu0

律「澪なんかファンクラブがあるんだからさ、そのうち下駄箱に何か入ってるかもよ~?」

澪「な、何かって……」

律「いや、そんな怯えなくても。ラブレターとかさー」

澪「えーっ」

律「ああ、愛しの秋山先輩、こんなお手紙で気持ちをお伝えするのも気が引けますが、それでもっ」

澪「うーん……」

律「実際、中学でも同姓からモテたし」

澪「何それ?」

律「ほら、いっこ下に可愛くて有名なのいたじゃん。あれ名前なんだっけ……」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:27:22.55 ID:cvHRbvSu0

紬「まず具を焼き」

  ジュウウウウ……

紬「汁を」

  ジュワワワワワー……

紬「できたー」

澪「梓もやってみなよ、べビスタ」

梓「にゃ」

律「面倒見がいいなー。案外、お似合いかもよー」

澪「まだ言うか」

紬「……」

律「ほら、ムギも熱い目で見てるぞ~。そのうち、あずにゃん、タイが曲がっていてよ、てな」

澪「はいはい」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:31:27.94 ID:cvHRbvSu0

紬「もういちまい~♪」

律「えーもっと焼いてせんべいにしてくれよう」

紬「ゲル状がいいの~♪」

唯「次、お好み焼きにしよー」

澪「……」

梓「あむあむ」

澪「(律がバカ言うから、変に意識しちゃうじゃないか)」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:36:11.83 ID:cvHRbvSu0

澪「あー、梓」

梓「はい」

澪「ど、どう? もんじゃ焼き」

梓「はぁ。なかなかいいんじゃないでしょうか」

澪「そう、なかなか……」

澪「(うわー今少しどもったよなんだよやめろよもー)」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:42:30.52 ID:cvHRbvSu0

唯「お好み焼きだー!」

律「マヨを、かけるんだ!」

紬「ぺったんぺったん♪」


澪「……あのさ、これ話したっけ」

梓「はい?」

澪「そのうちさ、外でライブやりたいなって。あ、外っていうのは路上って意味じゃなくて」

梓「はぁ、ライブハウスですか」

澪「うん。そうだな、年明けあたりに出来れば」

梓「いいんじゃないですか? ライブは疲れますけど」

澪「そっか」

梓「照明が熱いとこもあるし」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:48:57.98 ID:cvHRbvSu0

律「いやぁ、食った食った」

唯「さすがにご飯はいらないかも」

紬「楽しかったー」

律「そうだ、クリスマスはどうする? また唯の家に集まる?」

唯「私はいいよー」

梓「あのー……私、クリスマスには予定が……」

律「彼氏ですよ奥さん」

唯「若い子はいいわねぇ」

梓「彼氏ではありません」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:52:27.70 ID:cvHRbvSu0

梓「クラスの人の猫を預かることになっていて」

律「クリスマスの日に?」

梓「はぁ。それで外出は出来ないんです」

紬「その日は梓ちゃんのお家では用事はないの?」

梓「その日は両親共に出かけるんです」

律「なんだ、じゃあ、梓んちでパーティーやればいいじゃん」

梓「え」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:54:33.76 ID:cvHRbvSu0

唯「あずにゃん、いい?」

梓「はぁ……いいですけど」

律「よーし、決まり! あ、プレゼント買わなきゃな」

唯「りっちゃん、交換じゃなくて景品にするっていうのどうする?」

紬「ウチにビンゴがあるから。それ持っていくね」

梓「……」

澪「みんな、梓と遊びたいんだよ」

梓「はぁ」

澪「わたしだって、梓と遊びたいしね」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:59:16.27 ID:cvHRbvSu0

中野梓 小学4年生のころ


  ビュウウウウウウウウウウウウウ
  ゴオオオオオオオオオオオオオオ
  キイイーーーーーーーーーーンン

「逃げる奴はベトコンだ!逃げない奴は訓練されたベトコンだ!」
「ガキの頃から俺の後ろばっかチョロチョロついてきやがって!」
「ワーグナーだ!」「これがジャンボジェット」「ユング少佐は?」

梓「…………ブツブツ」


―梓はテレビばっかり見てるけど、なんだあれは?

―それがね、教育番組とか映画とかアニメとかで写る飛行機のシーンだけ録画して、
 ずうっっと、そればっかり見てるんですよ。



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:03:40.71 ID:cvHRbvSu0

現在
クリスマスの中野家


猫「ニャーン」

梓「……」

猫「ニャッ」

梓「……にあー」

猫「……」

梓「にあー」

猫「……」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:07:56.74 ID:cvHRbvSu0

梓「にあーにゃにゃにゃ」

猫「……」

梓「にあーにあーにあーにあー」

猫「ニャー」

梓「にあー」

猫「ニャーッ!」

梓「にゃ……」

猫「……」

梓「あ、いっちゃった……」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:11:31.45 ID:cvHRbvSu0

中野梓
小学4年生
工事現場にて


カーンカーンカーンカーン
ガガガガガガガガガガガガガガガ

梓「……」つテレコ

梓「へへっ、ここはいい工事だ」

梓「わあ、セミみたいな音だ」

梓「ぐっふっふっふっ」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:16:31.45 ID:cvHRbvSu0

現在
中野家

梓「あわぁずぶらぁ~いん、なぁきゃんすぃ~♪」

猫「……」

梓「……なんだ、どっかいったんじゃないのか」

猫「ニヤーウ」

梓「サラミ食べる? ペットショップガールズで買ったやつ」

猫「ナゥ……」ガツガツ

梓「猫語は通じなくて、日本語は通じるのか」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:21:40.20 ID:cvHRbvSu0

カッチコッチカッチコッチ……


猫「……」

梓「メトロノームに釣られて首を振っているな」

梓「ダンス、ダンス、ダンス♪」カチャカチャ

Pet Shop Boys - Go West
http://www.youtube.com/watch?v=UNFwQmZvnuw

梓「かもかもかも……」ユラユラ



http://www.youtube.com/watch?v=LNBjMRvOB5M





124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:29:05.97 ID:cvHRbvSu0

梓「ジタバタして疲れた……ねむい」

猫「ニャー」ピョン

梓「……膝に乗られた」

猫「……」

梓「ま、いいや。おやすみ、あずにゃん84号……」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:36:59.67 ID:cvHRbvSu0

中野梓
小学4年生

―梓、なんの本を読んでるんだい?

梓「さんてぐじゅぺり」

―ほー、星の王子様か。

梓「ううん、夜間飛行」

―それじゃあ、梓は飛行機が好きなんだねー。

梓「飛行機の飛んでる音が好きなの。
  でも、これは本だから音がしない。あと、爆発の音も好き」

―ほー。

梓「パパのギターの音も好き」

―ほほー。



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:42:44.28 ID:cvHRbvSu0

―梓、これは梓のギターだよ。今度からは梓の好きなときに弾いていいぞー。

梓「わーい」

 ジャラアアアアアアアン
 …ィィィイイイイイイイイイイイイイイイ!!

―おっと、いきなり大きな音が出てビックリしたねー。

梓「きゃっきゃっ」




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「結局、音楽は暇つぶしですから」#前編
[ 2011/07/13 21:57 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。