SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  紬「出会い系喫茶・・・ですか?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「出会い系喫茶・・・ですか?」  【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1251725888/



管理人:タイトル通りです。閲覧にご注意下さい。





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:38:08.31 ID:sV9qgD/4O

唯「むぎちゃん出会い系喫茶知らないのん?」

紬「え、ええ・・・」

唯「お菓子も飲み物も全部タダのマンガ喫茶みたいなものかな♪今日部活休みだし行こうよ~」

紬「ぜっ、全部無料?!」

唯「うんっ♪女の子はね!」

紬「それってそのお店に需要はあるんですか?」

唯「あるんじゃ~ん?まっ、細かいことは気にしないでっ!行こうよ~」

紬「律さんや澪さんは誘わないんですか?」

唯「あー・・・りっちゃんはちょっと・・・
  澪ちゃんは見た目いいからトーク持ってかれても困るし・・・」

紬「何をボソボソ言ってるんです?」

唯「ん?あ、あぁ。今日はりっちゃんと澪ちゃんは用事あるみたいだから2人で行こう~!!」


紬「そうですか・・・ちょっとよく分からないけどたまにはマンガ喫茶もいいですね」

唯「よーし!今日も頑張るぞ~」

紬(・・・?)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:42:25.42 ID:sV9qgD/4O

ガチャ
店員「おっ!りっちゃんちわー!」
唯「よっ!今日はお友達連れてきたよ~」
紬「り、りっちゃん・・・?」
唯「あ、りっちゃんはここでの源氏名だよーりっちゃんの名前使わせて貰ってるんだー♪」

紬「源氏名・・・?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:43:46.12 ID:sV9qgD/4O

唯「むぎちゃんはむぎちゃんでいいと思うよ♪」

店員「へぇーりっちゃんも可愛いけどお友達もCawaii!じゃん!」

唯「でしょ~?見た目も中身も清楚だからオヤジに人気でそうだよね!」

紬「オヤジ・・・?人気・・・?」

店員「ま~た、りっちゃんは説明もなしにお友達連れてきちゃったの?!」

唯「えへへ」

店員「じゃあ、むぎちゃん?だっけ?
   とりあえずシステム説明するわぁ。りっちゃんはプロフィール書いといて~」

紬「は、はい」

唯「いってらっしゃーい」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:44:34.77 ID:sV9qgD/4O

店員「まず、ここが女の子の部屋」

紬(か、鏡張り・・・?!)

店員「お菓子・飲み物は全部タダだから!で、マンガと雑誌。
   向こうのフロアにはコテとかヘアスプレーもあるから自由に使っちゃってね!」

紬「は、はぁ・・・」

店員「で、この鏡はマジックミラーになってて向こう側には男性がいるし」

紬「男性・・・?」

店員「うん。気に入った子がいたら指名してトークが出来るシステムなんだよ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:45:30.86 ID:sV9qgD/4O

紬「指名・・・ですか」

店員「そっ!だから指名されたら必ず男性と10分間はトークしてもらうよ?」

紬「必ずしないといけないんですか?」

店員「うん。必ず。
   もし条件が合ったら外出してデートしてきてもいいから!ちなみに交通費は5千円」


店員「カフェでお茶したりカラオケするだけで5千円貰えちゃうんだよ?
   だからバンバン指名取って男性とトークしなきゃ損だよ?」

紬「・・・」

店員「まぁ最初は分からないと思うけど、詳しくはりっちゃんから聞きなよ!」

紬「は、はあ・・・」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:47:21.40 ID:sV9qgD/4O

店員「じゃ、この契約書に名前、住所書いて。んで、こっちがプロフィールね。
   来ている男性に提示するだけだから!テキトーでいいよ!じゃ、書けたら持ってきて」

紬(ど、どうしよう・・・何だかとんでもない所に来てしまったんじゃ・・・?)

紬(けど、唯ちゃんも一緒だし大丈夫かな・・・)



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:48:27.38 ID:sV9qgD/4O

紬「あの、書きました」

店員「ほーい、じゃコレ」

紬「え?お金?」

店員「友達の紹介で来てくれた子には三千円プレゼント!」

店員「で、紹介してくれた子には五千円!はい、りっちゃん」

唯「やっりぃ~ありがと~!」

紬「あの。これって・・・」
唯「別に変なお金じゃないから受け取っておきなよ!」

紬「あ、ありがとうございます・・・」

唯「よし、部屋行こっか!ソファー空いてるかな~」
紬「・・・」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:49:49.66 ID:sV9qgD/4O

唯「やった!ソファー空いてる!ラッキー」

紬「あの、必ず男の人とデートしなきゃいけないんですか?」

唯「別に嫌なら断ってもいいんだよ?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:50:30.42 ID:sV9qgD/4O

紬「あの・・・出るならあたしも一緒にでる!」

唯「あ?うんうん!じゃあ2人で出ようね!」

紬「よかった・・・あ、お手洗いいってきます」

唯「奥を右がトイレだよ~」

紬「ありがとう」

~~~
店員「りっちゃん!トーク入りましたぁ~」

唯「おっ!やったね~」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:51:27.85 ID:sV9qgD/4O

紬(本当に大丈夫かな・・・)

紬(男の人とデートするだけでお金が貰えるって・・・)

紬(まさか・・・これって援助交際じゃないわよね?)

紬(大変!!唯ちゃんに知らせなきゃ!!!!)



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:52:17.33 ID:sV9qgD/4O

紬「唯ちゃんっ!やっぱり帰りま・・・!!居ないっ!」

紬「唯ちゃんっ!どこ?唯ちゃんっ!」

唯「あ、むぎちゃん!ごめん、ごめん。トーク入っちゃってさ~」

紬「ねぇ、唯ちゃん!これは援助交際よ?!男の人とデートしてお金を貰うなんて援助交際よ?!」

唯「ちょ・・・落ち着いて!!むぎちゃん!!」

紬「ね?帰りましょう??こんな事が学校にバレたら・・・軽音部は部活停止になっちゃうよ!!」

唯「大丈夫だって~♪そんな簡単にバレないよ!それにデートしてるだけだもん!」

紬「・・・唯ちゃん」

唯「あたし新しいギター欲しくってさぁ~お金も必要なんだよね」

紬「じゃあ、またみんなでバイトして・・・」

唯「あ、無理無理!こっちの方が全然稼げるし、楽だもん!それよりちょっと外出してくるね」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:54:45.81 ID:sV9qgD/4O

紬「じゃあ・・・あたしは?」

唯「まぁ一時間だけカラオケ行ってくるし、むぎちゃん待ってて!ね?」

紬「あたし帰る・・・」

唯「・・・え?」

紬「唯ちゃんこんなのおかしいよ!知らない人についていくなんて・・・しかもカラオケって・・・!」

唯「あはは~むぎちゃんどうしたの?みんなこれくらいやってるよ?」

紬「・・・っ!!」

唯「とにかくあたしはカラオケ行ってくるから!ねぇ?むぎちゃんも一回お客と出てみなよ?ね?」

紬「あたしはしないっ!!」

唯「あっそ。むぎちゃんはいいよね。お嬢様だし交通費の五千円なんてちっぽけな金額だもんね」

唯「けど、やりもしないでとやかく言わないでよね!」

唯「じゃ、いってきます!一時間後には戻ってくるから!ねっ?むーぎちゃん♪」

紬「唯ちゃん・・・」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:56:05.58 ID:sV9qgD/4O

紬(唯ちゃん・・・どうしちゃったんだろう・・・)

紬(確かに最近お金に余裕がある様に見えたけど・・・まさか援助交際だなんて・・・)

紬(でも、みんなもやってるって言ってたし・・・少し言い過ぎたかしら・・・)

紬(けど!ダメよ!学校にバレたら間違いなく部活は停止!律ちゃんや澪ちゃんにも迷惑かけちゃう・・・)

店員「むぎちゃん!トーク入りました」

紬「えっ?あ、あたしは・・・」

店員「交通費は五千円ね!三番のトークルームへどうぞ」

紬(どうしよう・・・そ、そうだ!適当にお話しして断ろう・・・
  とりあえず唯ちゃんが帰ってきたら一緒に連れて帰ろう!)



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:10:38.76 ID:sV9qgD/4O

客「こ、こんにちわっ!」

紬(え?若い・・・もっと年上かと思ったのに・・・)

客「むぎちゃん・・・だよね?俺、今日初めて来てさ・・・
  プロフィールに18歳って書いてたし年も近かったからつい指名しちゃった!」

紬「あ、あたしも実は初めてなんです。友達に誘われて・・・」

客「そうなんだ?よかった~俺、めちゃくちゃ緊張してさ・・・ホラ、手汗やばい」

紬(なんだろう・・・すごく好い人っぽい)

紬「うふふっ」

客「え?どうしたの?俺、顔になんかついてる?」

紬「いえ、あたしも凄く緊張してて・・・ドキドキしてたんです」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:11:38.82 ID:sV9qgD/4O

客「そっかぁ!むぎちゃんの笑顔可愛いね!何だかずっと怖い顔してたから気になってたんだ!」

紬「え?」

客「あ、マジックミラー越しに見てたんだけどね!むぎちゃん笑ってる方が可愛いよ!」

紬「///」

客「あ、さっきの友達は外出しちゃったの?」

紬「え・・・あ、はい。カラオケに行っちゃったみたいで」

客「そうなんだ!じゃあさ、もし良かったら俺達もカラオケ行かない?」

紬「え・・・」

客「別に嫌なら大丈夫!さっきの友達戻ってくるまで暇ならどうかな?って」

紬「でも・・・」

客「俺、もう少しむぎちゃんと話してみたい!お願いしますっ!」

紬(なんだろう・・・あたしももう少しお話ししてみたい・・・けど・・・唯ちゃんどうしよう)



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:13:33.39 ID:sV9qgD/4O

店員「盛り上がってる最中に申し訳ございません!トーク終了のお時間になりますがどうなさいますかー?」

客「ね?友達帰ってきたらまた戻ればいいんだしさ」

紬(そ、そうよね。この人好い人そうだし・・・唯ちゃんが戻るまでなら・・・)

紬「じ、じゃあ一時間だけなら・・・」

客「よし!行くか!」

店員「ありがとうございます。では外出料三千円いただきます」

客「はいよ~」

紬(カラオケだけだし・・・大丈夫よね?)



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:22:05.52 ID:sV9qgD/4O

客「いや~今日はラッキーだったな♪むぎちゃんみたいな可愛い子に出会えて!」

紬「そ、そんな・・・///」
客「よし!じゃあ歌おっか!」

紬「実は・・・あたしカラオケ初めてなんです・・・」

客「え!?そうなの?またまたぁ~今時の女子高生はカラオケよく行くんじゃないの?」

紬「いえ・・・行きませんね」

客「そうなんだぁ・・・やっぱりむぎちゃんは見た目通りだね!」

紬「え?」

客「すっごい清楚で・・・なんて言うか純粋?みたいな」

紬「そ、そんなんじゃ・・・」

客「よし、じゃあカラオケはやめてお喋りしよっか?むぎちゃんの事・・・もっと知りたいしさ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:29:44.58 ID:sV9qgD/4O

客「むぎちゃんは部活とかやってるの?」

紬「ええ・・・まあ」

客「へぇ?なに部?」

紬「け、軽音部です」

客「カッコいいじゃん!見た目からは想像つかないなぁ」

紬「えーそれってどう言う意味ですか?」

客「冗談だよ!見た目は大人しそうでも結構激しいんだね」

紬「まぁ、激しいって言えば激しいですけど・・・」
客「うっわ!興奮すんな~!!
  俺、むぎちゃんみたいに見た目は清楚だけど中身は激しい子好きだよ!」

紬「いえ、あたしはキーボードなんで別に激しくは・・・」

客「むぎちゃん・・・キスしていいかな?」

紬「え?」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:36:20.31 ID:sV9qgD/4O

客「なーんてね!冗談だよ!冗談♪」

紬「あ、あはは」

客「俺、すっげーむぎちゃんと仲良くなりたい!よかったら友達にならない?」
紬「え・・・あ、はい。わたしでよければ」

客「わーまじうれしいわ!じゃ赤外線で交換しよーぜ」

紬「はい・・・」

紬(あ、唯ちゃんから電話きてる・・・)

客「あ、もう一時間か。友達から連絡きてた?」

紬「うん」

客「じゃあ、射精しまーす」
紬「!!!!????」

客「あはは~赤外線を送信しますって意味だよ(笑)ほら、受精しまーすって言ってみ?」

紬「・・・じゅ、受精させていただきます・・・」

客「ほんっとむぎちゃんっておもしろいね!可愛いなぁ。
  はい、交通費の五千円!じゃまた連絡するわ!今日はありがとう」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:39:27.85 ID:sV9qgD/4O

紬(どうしよう・・・たった一時間お喋りしただけで五千円なんて・・・)

紬(けど、あの人面白いひとだったし久しぶりにパパ以外の男性と話した気がする・・・)

紬(結構悪くないかも・・・)

紬(あ!いけない!唯ちゃんに電話しなきゃ!!)



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:45:44.47 ID:sV9qgD/4O

紬「もっ、もしもし?」

唯『あ!むぎちゃ~ん?どこ~?』

紬「ごめんなさい。ちょっと外出してて・・・」

唯『あ~店員から聞いた聞いた!で、どうだった?』
紬「カラオケに行ったんですが、とても素敵な方でした」

唯『あーっはっはっはっ』
紬「?」

唯『ごめん!ごめん!今の奴、初めて来たって言ってたぁ?』

紬「ええ」

唯『うっわ!ウケる~あいつ常連だよ?
  しかも2ちゃんとかにも書き込むからあんまり関わらない方がいいよー?』

紬「2ちゃん・・・?」

唯『とにかく店に戻ってきてー2人で外出出来る客捕まえるし』

紬「・・・うん。わかった」
唯『早く来てね』



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:50:18.61 ID:sV9qgD/4O

店員「おかえり~どうだった?いくら貰ったの?」

紬「え、交通費だけ頂きました・・・」

店員「まじで?!あっち系もなし?!」

紬「あっち・・・系?」

唯「こらぁ~むぎちゃんに変な事吹き込むなよ~!」
紬「唯ちゃん!」

唯「おかえり♪むぎちゃん。どうだった?別に平気だったでしょ?」

紬「うん・・・最初は緊張したけど凄く話しやすい方で安心しました」

唯「一人にしてごめんね~!次はあたしと一緒に外出しよっ?ね?」

紬「うんっ!」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:55:20.30 ID:sV9qgD/4O

唯「あー月末はやっぱないわー全然トークかかんない」

紬「あの、さっき言ってた2ちゃんって何ですか?」

唯「ああ、2ちゃん?掲示板だよ!掲示板!キチガイしか居ないけどね」

紬「キチガイ・・・?」

唯「そうそう!交通費だけでエッチしようとしたり、
  誰が茶専だエッチいくらだとか・・・とにかくセコいキモヲタの集まりだよ」

紬「・・・その、さっきの方もキチガイなんですか?」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 23:59:08.67 ID:sV9qgD/4O

唯「あはっ(笑)どうかな?とにかくここに来てる奴は金としか見ない方がいいよ?」

唯「うっかり信じたら最後!痛い目みるからむぎちゃんも気を付けなね♪」

紬「う、うん。けどチョットエッチだったけど悪い人には見えなかったけどな・・・」

唯「・・・これだから処女は(笑)」

紬「ん?」

唯「いや、なんでもない(笑)」

?「あーーー!!やっぱり唯センパイだったんだーーー!!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:04:52.32 ID:j9GDF/2WO

唯「わーーー!!あっずにゃーんっっ!!」

梓「カウンターから唯センパイの声聞こえたんで、もしかして?って思って!!」

唯「相変わらずあずにゃんは忙しそうだね~」

梓「えへっ、今日はもう五回転しました~」

唯「うっわ~いいなぁ~さすがあずにゃん」

梓「唯センパイもお店ハシゴした方が絶対いいですよー!」

唯「えー、だってめんどくさいもんっ。客被るとダルいしさー」

梓「あはっ確かに(笑)えっ・・・紬センパイ・・・?」

唯「気付くの遅っっ!」

梓「すみませんっ!!こんにちは。紬センパイ」

紬「こ、こんにちわ」

梓「へぇ~意外だなぁ~紬センパイでもこんなとこ来るんですね」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:08:47.05 ID:j9GDF/2WO

紬「今日は唯ちゃんに誘われて・・・」

梓「まーた唯センパイ紹介料稼ぎですかぁ??あたしの時も紹介料目当てでしたよね~!」

紬「?!」

唯「ちがうよぉ~そんなんじゃないもん!」

梓「まぁ、あたしも唯センパイに教えてもらわなかったら
  こんなおいしいお小遣い稼ぎ知りませんでしたよ(笑)」

唯「へっへーん!感謝しなさい!」

梓「あーさすがに五回転もするとトイレ近いや~ちょっとトイレ行ってきますね!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:13:36.53 ID:j9GDF/2WO

紬「梓ちゃんも唯ちゃんが紹介したの?」

唯「あ?うんうん。けどあずにゃんは売り専だよー」
紬「売り専?」

唯「そっ!エッチしてお小遣い貰ってるの」

紬「う、嘘でしょ?!」

唯「ねー、びっくりだよねーおかげであたしの客があずにゃんに流れちゃってさ」

紬(梓ちゃんが・・・体を売るなんて・・・そんな・・・)

梓「ただいま~!ねぇ、唯センパイ!久しぶりにあれやりません?」

唯「えーあれ?んー、いいけど・・・むぎちゃん居るしなぁ」

紬「アレ?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:18:19.14 ID:j9GDF/2WO

唯「誰かいい客いるのー?」
梓「任せてください!丁度頼まれてたんですよ!」

唯「いくら?」

梓「1人50kです!」

唯「まっじ?!やるやるやるぅ~♪」

梓「さっすが唯センパイ♪あ、でも・・・紬センパイどうしよう」

唯「いいじゃん連れてこうよ」

梓「そうですね。じゃアポとってきまーす」

紬「あの・・・アレって一体・・・」

唯「んー、とりあえずついてきて?むぎちゃんは何もしなくていいから」

紬「・・・うん」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:21:34.64 ID:j9GDF/2WO

梓「唯センパイ!アポとれました!30分後にはつくらしいです(笑)」

唯「わーい♪月末だし、携帯代やばかったんだよねー!これで払える~」

梓「唯センパイは秋刀魚ンじゃ動きませんからね(笑)じゃ行きましょうか」

唯「むぎちゃん、いこっ!」

紬(一体・・・これから何がおこるのかしら・・・)



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:26:19.24 ID:j9GDF/2WO

紬「あの・・・これから誰かと待ち合わせ?」

唯「うん!とりあえずむぎちゃんは部屋でテレビでも見てて」

紬「部屋・・・?」

梓「え?紬センパイってもしかして天然??」

梓「今からホテル行くんですよー!」

紬「ほ、ほ、ホテルッッ?!」

梓「え?まさか行ったことないんですか??」

紬「・・・!!」

唯「こらこらあずにゃん!むぎちゃんは処女なんだからあんまりいじめないのっ!」

梓「あっはははははは!処女って!!紬センパイウケる~!!」

唯「ちょ!!あっははははははバカにしちゃダメだってあっはははははは」

紬「・・・」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:30:32.13 ID:j9GDF/2WO

紬「わたし・・・帰ります」

唯&梓「え?」

紬「・・・こんなこと、学校にバレたら・・・軽音部は停止・・・
  いえ、廃部になっちゃうかもしれませんよっっ?!」

紬「こ、こんなの普通じゃないっ!!二人ともおかしいよ!!!!
  か、か、体を売ってお金を貰うなんて!!援助交際じゃないっっ!!」

紬「・・・とにかくあたしは帰りますっ・・・じゃあ」

唯「待てよ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:35:59.22 ID:j9GDF/2WO

唯「さっきからごちゃごちゃうるせーよ」

紬「唯・・・ちゃん?」

唯「むぎちゃんはさーお金持ちのお嬢様だからいいけどさーあたし達は違うの!」

唯「部活、部活でバイトする暇もないしお小遣いも自分で稼がなきゃやってらんないの!!」

唯「分かる?分からないよねっ?!むぎちゃんにはさぁ?!?!
  部活ではマイク、外ではエコーの効かないマイク握って
  一生懸命歌ってるあたしの気持ちなんてさぁっ?!」

紬「・・・唯ちゃん」

梓(ウケるww)



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:38:05.89 ID:j9GDF/2WO

梓「お、落ち着いてくださいよっ!プッ・・・ほら、ここじゃ目立つしホテル入りましょ?」

紬「・・・あたしは絶対しないから」

唯「むぎちゃんは見てるだけでいいよ。さっ、サクサク終わらせて帰ろ」

梓「あwwwwもう着いたみたいwwww行きましょww行きましょww」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:42:41.27 ID:j9GDF/2WO

ガチャ

唯&梓「こんにちわー」

客「やぁ、澪ちゃん・・・久しぶり!おや、お友達2人も連れてきたの?」

唯「律でーす!えへっ」

紬「つ、紬です・・・」

梓「学校のセンパイなの!紬センパイは見学だから」
客「うわぁ~澪ちゃんのお友達可愛いねぇ~おじさんすぐいっちゃいそうだよ~」

梓「さっ、シャワーいこっあたしたちも時間ないし」
紬「あの・・・」

唯「むぎちゃんは隣の部屋でテレビ見ててー、ねっ?」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:47:06.42 ID:j9GDF/2WO

紬(ど、どうしよう・・・ここまで来ちゃった・・・)

紬(それにしても梓ちゃんは澪ちゃんの名前を借りていたのね・・・)

紬(そんな事より、この状況を律ちゃんや澪ちゃんに知らせるべきかしら・・・)

紬(で、でもっ・・・この事が原因で唯ちゃんと梓ちゃんが辞めるって言ったら・・・?)

紬(ダメよ!せっかくうまくいってるのに!!ああ!どうすればいいのっっ?!)



客「うわ~律ちゃんのまんまんつるつるだぁ~」



紬(?!?!?!)



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:50:42.58 ID:j9GDF/2WO

紬(え!?隣の部屋から・・・?!)


客「よ~し、じゃあまずは澪ちゃん~いつもの様に足開いて~」

客「そうそう!上手上手~じゃあ、自分で開いてごらん?ピラピラ開いてごらん?」

客「さいっこうだなぁ~澪ちゃんのまんまんもつるつるだぁ~しっかりピンク色だね~うわ~綺麗だなぁ」

紬(・・・!!いやっ!!怖い!!一体何がおこっているの?!)



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 00:56:39.72 ID:j9GDF/2WO

客「よ~し・・・じゃあ澪ちゃんにはおチンチン舐めてもらおっかな~」

客「どれ、律ちゃん・・・おじさんの顔の上に跨がってみようか・・・」

客「ま、まだダメダメ!!上に跨がって律ちゃんのつるつるまんまん開いてごらん?
  そうそう・・・はぁはぁ・・・すっごくよく見えるよ・・・綺麗だぁ・・・はぁはぁ」


紬(いや!!いや!!気持ち悪いよぉ!!いやぁああ!!)


客「澪ちゃん・・・はぁはぁ・・・カリを丁寧に・・・
  はぁはぁ・・・いいよっ・・・すっごく気持ちいいよ・・・」

客「じゃあ律ちゃん・・・はぁはぁ・・・ゆーっくり腰を落として・・・
  そう、そう・・・ジュブブブ・・・うわぁ・・・おいしいよ律ちゃん!!ジュブブブ・・・ジュブブブ」


紬(いやっ・・・いやっ!!聞きたくないっ!!)



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:00:04.08 ID:j9GDF/2WO

客「よ~し交代だ・・・はぁはぁ・・・もうすぐにイッちゃいそうだよ・・・はぁはぁ」


客「澪ちゃん・・・おじさんの顔の上に跨がって・・・はぁはぁ」


客「よーし、律ちゃんのお手並み拝見しようかな・・・はうっっ・・・
  す、すごいよっ・・・律ちゃん・・・ああ・・・ダメだよ!
  もっとゆっく・・・ジュブブブジュブブブ・・・はうっっジュブブブ」



紬(・・・早く終わればいいのに・・・)




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:00:48.33 ID:q8nbPnbZ0

客が自分でジュブブブジュブブブ言ってるの想像したらワロタwwww





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:02:56.78 ID:j9GDF/2WO

客「ねぇ・・・さっきの子は暇してないのかなぁ・・・?」

紬(あ、あたし・・・?!)

客「えっ?処女なの・・・?!ほう~僕の大好物だよ~」

紬(・・・え?ま、まさか・・・?!)



ガチャ
客「紬ちゃん・・・おーいーでっ」

紬「いやぁああ!!いやぁああ!!こないでぇっ!!!」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:09:21.40 ID:j9GDF/2WO

紬(気が付くと、私の上におじさんが股がっていました)

紬(どうやら私は殴られて気を失っていたみたいです)

紬(涙が頬を伝う度に熱くて熱くて・・・痛い・・・)

紬(私の上で一生懸命腰を動かすおじさん・・・・・・)

紬(途中、唯ちゃんと梓ちゃんの声が聞こえました・・・
  何を言っているのか聞き取れなかったけど・・・凄く楽しそうにお喋りしています・・・)


客「・・・あーっ!!キツキツまんこ!!キツキツまんこ!!
  紬ちゃんのキツキツまんこぉ!!!!あーっ!!イクゥ・・・っっ!!」


紬(頬も・・・股も・・・心も・・・イタイ・・・)



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:15:16.95 ID:j9GDF/2WO

唯「わーい♪こんなにくれちゃった♪」

梓「携帯代楽勝じゃないですか♪唯センパイ♪」

紬「・・・」

梓「紬センパイ!ホラ!これ紬センパイの分です!」

紬「・・・」

梓「そんな落ち込まないでくださいよ?あたしなんてもっとひどかったんだから(笑)
  唯センパイに騙されて初体験が5Pですよ?!(笑)」

唯「まぁいいじゃん!今じゃ複数じゃなきゃ興奮しないんでしょ?」

梓「えへっそれはそうかも(笑)」

紬「・・・ふっ・・・ばっかみたい・・・」

唯&梓「え・・・?」

紬「あーっはっはっはあーっあーっあーっはっはっはっはっはっはっあーっあーっ
  ばっかみたいバカみたいあーっばっかみたいはっはっあーっ!!!!」


唯「・・・むぎちゃん」
梓「・・・紬センパイ」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:20:27.86 ID:j9GDF/2WO

紬(それからの私は自分一人で出会い系喫茶に通うようになりました・・・)

紬(ポイントでiPodも手に入れたぐらい・・・)


紬(たくさんの男性とデートしてエッチして・・・お金を貰って・・・
  もちろん、唯ちゃんや梓ちゃんと一緒に行く日もあります・・・)


紬(もう私は戻れない・・・この気持ちを・・・この屈辱を・・・誰かにも味わってほしい・・・!!)






澪「え?出会い系喫茶?なんじゃそりゃ」

紬「澪ちゃん知らないんですか?マンガ喫茶みたいなところですよ」





~完~



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:24:01.64 ID:j9GDF/2WO

付き合ってくれてありがとうございましたー!


最近、深夜なのに出会い系喫茶に入り浸ってるJK見てたら書きたくなった


好い人もいるかもしれないけど、悪い人もいるみたいだからみんな気を付けてくださいね!




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:22:53.52 ID:w+36Fspc0

1お疲れ

はぁ・・・



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:28:11.39 ID:w+36Fspc0

欝展開に入る前は紬ssが珍しいのもあって面白かったわ
次回はほのぼの頼む




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:28:14.66 ID:n9mA+EUzO

貴様…むぎになんてことを……



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:24:48.27 ID:w+36Fspc0

>>79
なるほどお前さんの実体験か…





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:27:10.85 ID:j9GDF/2WO

>>81
実体験じゃないよwww




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「出会い系喫茶・・・ですか?」
[ 2011/07/20 15:20 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3432 [ 2011/08/03 01:18 ] [ 編集 ]

これは黒唯

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6