SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「憂に言いつけるよ!!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「憂に言いつけるよ!!」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1251978235/



管理人:イジメを含む内容です。閲覧にご注意下さい。





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:43:55.93 ID:w7vwG3tSO

夏休みも残り少ないある日


唯「うんたん♪うんたん♪」

憂「お姉ちゃんどうしたの?ご機嫌だね」

唯「うん、明日からムギちゃんの別荘にみんなでお泊まりに行くんだよ!」

憂「そうなんだ~(お姉ちゃんいじめられないかしら…)」

唯「うんたん♪うんたん♪」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:46:02.39 ID:w7vwG3tSO

憂「あっ!お姉ちゃんお金ないでしょ!?おこづかいあげるね♪」

唯「えっ?いいの!?」

憂「はいどうぞ♪」

唯「こんなにくれるの!?ういーありがとー♪」

憂「いっぱい楽しんできてね♪」

唯「うんたん♪うんたん♪」

憂「……(池沼のお姉ちゃんかわいい♪)」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:50:02.89 ID:w7vwG3tSO

琴吹家別荘


紬「じゃあみんな!お風呂も入ったし、お夜食でも召し上がって♪」

唯「やったぁ」

律「よっしゃぁあああ!!」

澪「ムギには世話かけっぱなしだな」

梓(鯛焼きかな)ドキドキ

紬「ショートケーキでいいかしら?」

唯「わーい♪」





唯「……あれ?」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:52:18.72 ID:w7vwG3tSO

梓「あれ?先輩食べないんですか?」

唯「わたしのケーキがない…」

紬「あ!ごめんね唯ちゃん、ケーキ1つ足りなかったの…」

紬「代わりを用意するから待っててね♪」

唯「ありがと~ムギちゃん」


澪(キムチ食べたかった…)モグモグ

梓(何持って来るんだろ?)モグモグ

唯「うんたん♪うんたん♪」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:56:16.83 ID:w7vwG3tSO

紬「はいどうぞ♪」

唯「……」

唯「……何これ?」

唯の目の前に置かれた物は、どんぶりに山盛り一杯の塩だった

紬「塩よ♪」

唯「……」

紬「唯ちゃん甘いものばっかり食べるから、しょっぱいものもしっかり摂って中和しないと♪」

澪「ムギがせっかく用意したんだ!しっかり食べろよ!」

律「唯 あんま嬉しそうじゃないな」

唯「!!」

唯「そ、そんなことないよ」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 20:59:13.64 ID:w7vwG3tSO

塩を食べはじめて2時間後

唯「……」

唯(もう食べれないよぉ…)

唯(憂のご飯食べたいよぉ…)

ガチャンッ

律「唯!まだ食ってんのか!?もうみんな寝るからな!」

唯「しょっぱくて食べれないよぉ~」グス

律「全部食ってから寝ろよ!じゃあな」

バタンッ

唯「……」

唯「う……」ポロポロ






憂(お姉ちゃん……ちゃんとご飯たべてるかな…)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:02:37.73 ID:w7vwG3tSO

翌朝


唯「……」グッタリ

澪律梓「おはよー」

唯「おは…よ……」

澪「おっ全部食べれたじゃん」

梓「唯先輩ならやればできると思ってました!」

紬「まぁ//」

律「唯!朝飯だぞ!」ユサユサ

紬「すぐ用意するわ♪」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:04:43.43 ID:w7vwG3tSO

紬「唯ちゃん、どうぞ♪」

唯「……」

唯「何これ?…」

紬「塩よ♪」

唯「うっおおぇええええええええええええええええぇぇぇゲロゲロロロロロロ」

梓「きゃああああああああぁ!!」

澪「梓かかってるぞww」

律「梓くっせぇwwww」

唯「ハァ……ハァ……」グッタリ

梓「……」プルプル

梓「死ねェ!!」ドスンッ

唯「ぎゃっ!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:07:59.92 ID:w7vwG3tSO

唯「……」ギロリ

梓「なんですか?その目は?」

唯「わたし、ホントに怒ったよ?」

梓「は?」

唯「……」ガシッ

梓「ちょ、ちょっと髪引っ張んないで下さい!!」

ドカッ バキッ ボコッ


澪律紬「……」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:10:53.18 ID:w7vwG3tSO

唯「うわぁぁああああああああああああん
  あずにゃんがぶったああああああああああああびぇえええええええん!!」

澪「梓って強いんだな」

梓「池沼には負けません!」

律「しかし唯はダメだな~」

唯「びえええええええええん!!!!ういいいいいいい!!!ういいいいいいい!!」

律「ははw 憂ちゃん呼んでるぞww」






憂「!?」

憂「おねえ…ちゃん?…」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:12:34.32 ID:+TBOckFF0

憂がアップを始めたようです





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:16:14.06 ID:w7vwG3tSO

PM8:00

澪「唯!唯!!」ユサユサ

唯「ん……」

澪「やっと起きたか?みんな待ってるぞ」

唯「澪ちゃん…(わたし泣き疲れて眠っちゃったんだ…)」

澪「律がさ、麻雀やろうって。」

唯「麻雀?」

澪「唯はできるよな?ムギができなくて…」

唯「うん、一応出来るよ…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:18:24.63 ID:w7vwG3tSO

律「唯ー起きたかー?」

唯「あ、律っちゃん」

律「早速やろうぜ」



ジャラ ジャラ

律「あ、唯 財布持って来たか?」

唯「え?お金賭けるの?」

律「当たり前だろ?」

澪「唯、金は大丈夫か?」

唯「う、うん一応あるよ」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:21:06.16 ID:w7vwG3tSO

オーラス

ジャラジャラ

唯(ヤバイ…わたしビリだ……)

唯(ここで頑張らないと…)

澪「なぁ唯。頼みがあるんだけどいいか?」

唯「え、何?」

澪「一筒鳴かせてもらえないか?」

唯「急に言われても…(わたしが、上がれなくなっちゃうよぉ…)」

律「あ~あ、唯は澪の頼みも聞けないのか~」

梓「これだからイジメられるんですよ」

唯「うぅ…わかったよぉ…」パチ

澪「ロン!国士無双!」

唯「……」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:24:21.03 ID:w7vwG3tSO

唯(憂からもらったお小遣全部取られちゃったよぉ…)グス

澪「おい唯!あと2万足らないぞ!」

唯「でも…もうお金ないよぉ…」

律「これは体で払ってもらうしかないな!」

唯「何する気なの?…」

梓「……唯先輩の爪……一枚1000円ってのはどうですか?」

律「お、それいいな♪」

澪「痛そう…」ブルブル

唯「ヤダよ……冗談だよね?」ビクビク

律「悪いな唯……勝負の世界は厳しいんだ……」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:26:57.88 ID:w7vwG3tSO

律「じゃあ行くぞ~」

唯「ヒ、ヒィ…」ブルブル

律「えいっ」ブチッ

唯「ぎゃぁあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

律「唯暴れるな!梓押さえろ」

梓「は、はい!」

この後、唯は1時間にわたり20枚ある全ての爪をペンチで引っこ抜かれた


澪(爪なんかいらないよぉ…)ブルブル



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:30:34.82 ID:w7vwG3tSO

唯「うぅ…いたいよぉ……もうギー太弾けないよぉ…」ポロポロ

律「唯は大袈裟だな~また生えてくるって!」

梓「ライブやる時は部室でお菓子でも食べてて下さい!ギターは2人もいらないです!」

唯「そんなぁ…ひどいよ」

澪「唯は下手くそだからな!梓も入ったし2学期になったら別に辞めてもいいぞ?」

唯「うぅ…」ポロポロ

唯は肉体的にも精神的にもすでに限界だった
信じていた仲間に裏切られ、もはや軽音部に居場所はなかった…
だか神は唯を見捨てていなかった…


プルルルル、プルルルル、

着信

『憂』




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:32:06.47 ID:+TBOckFF0

キターーーーーーーーーーーーーーwwwwww





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:35:22.82 ID:w7vwG3tSO

プルルルル、プルルルル

唯「憂だぁ!憂からだぁ!」

澪律梓「!」

先程までの苦痛を忘れ笑みがこぼれる。それほど唯にとって憂は大きな存在だった…

律「そのニヤニヤした顔をやめろ!!」ドカッ

唯「ギャッ」

澪「電話どうする?」

梓「出ないと怪しまれますよ?」

プルルルル、プルルルル

律「………唯、電話出ていいぞ…」

唯「!」

律「ただし、余計な事言ったら…」ギロリ



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:39:33.21 ID:w7vwG3tSO

唯「もしもし…」

憂『あ、お姉ちゃん?』

唯「どうしたの?」

憂『どうしたの?じゃないよー。寝る前には電話してって言ったじゃん!』

憂『昨日とか心配したんだよ?』

唯「ごめんね…(昨日は塩食べてたから忘れてたよ…)」

唯「…………」

唯「うぅ……」ポロポロ

律「おい、泣くなよ?」ボソ

憂『お姉ちゃんどうしたの?声が枯れてるみたいだけど体調でも悪いの?』

憂『あ、まさか暑いとか言ってお腹出したまんま寝てたでしょー?』



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:42:20.94 ID:w7vwG3tSO

憂『ダメだよ?ちゃんとお布団かけないと…』

唯「うぅ……」ポロポロ

憂『……お姉ちゃん?』

唯「………ういぃ…ダメなお姉ちゃんでごめんね……ホントごめんね……」ポロポロ

憂『え?』

唯「うわぁあああああああああああ」

プッ―――プッ―――



律「おい、泣くなって言っただろ?」

唯「ヒッグ…ヒッグ…」

澪「お仕置きだな」

梓「体で教えてやるです!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:47:37.43 ID:w7vwG3tSO

憂(お姉ちゃん、普通じゃなかった…)

憂(わたしがなんとかしなきゃ!)





紬「律っちゃん、次は何して遊ぶの?」

律「そうだな……よし、花火しよう!」

紬「まぁ」キラキラ

澪「律にしてはいいアイデアだな!」

梓「じゃあ、わたし花火買ってきます」

紬「わたし花火って初めてやりますわ♪」

澪「唯ー外いくぞ!」

唯(足の指が痛くて歩けないよぉ…)



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 21:51:50.52 ID:w7vwG3tSO

田井中家

ピンポーン

聡「はーい」ガチャ

憂「聡君だよね?…」

聡「あ、はい。そうですけど…」

憂「律さんたち、どこにいるか分かる?」

聡「確か紬さんの別荘に…」

憂「それは知ってるの!!場所を聞いてるの!!!!」

聡(何なんだ?この人?)

憂「知ってるの?知らないの?」

聡「まぁ一応知ってますけど…」

憂「じゃあ今すぐ案内して!!」

聡「え?今からって、もう真夜中で…」

憂「いいからお前はさっさとタクシー呼べええええええええ!!!!!!」

聡「ヒィィ!!」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:00:21.94 ID:w7vwG3tSO

梓「買ってきましたよー」

律「お、いっぱい買って来たなー」

澪「打ち上げ花火ばっかりだな」

紬「これはどうやって遊ぶの?」

律「これはなーまず導火線に火をつけて…」

唯(もう…動けない…)ハアハア

律「よし!火がついたらそれを唯に向けるんだ!」

紬「こう?」ヒョイ

唯「!!」

ボンッ!



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:03:56.42 ID:w7vwG3tSO

唯「ぎゃああああああああああづいよおおおおおおおおお」バタバタ

澪「ははっ面白いなwわたしもやる!」

梓「的当てみたいですねw」

律「よーし、みんなで勝負だ!」

唯(こ、殺される!)

唯は生まれて初めて命の危険を感じた。
もはや指の痛みに構っている暇はなく、残り少ない体力で走りはじめた。

ボンッ! ボンッ! ボンッ!

花火は唯目掛けて飛んでくるがギリギリで、かわして行く。

唯「ハァッ… ハァッ…」

澪「くそ、当たらないな」

梓「……」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:09:09.09 ID:w7vwG3tSO

唯(花火が無くなるまで逃げなきゃ…)

ゴチンッ

唯「痛ッ!!」ドサッ

梓「しゅッ」

梓「しゅッ」

飛んでくる物は花火だけではなかった。梓が拳大の石を投げて来たのであった。
転倒してしまった唯は、すぐに立ち上がろうとするが脳震盪を起こしてしまいその場から動けなかった。

律「動きが止まったぞ!!みんな囲めー!!」

唯「ひぃッ」

ボンッ!ボンッ!ボンッ!ボンッ!



タクシー

憂(お姉ちゃんもう少しで着くよ……)

聡(なんで俺がこんな目に…)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:15:34.46 ID:w7vwG3tSO

唯「…………………………」

律「死んだか?」

澪「いや、かろうじて生きてるよ」

梓「ひどい火傷ですね…」

紬「大変!すぐにお薬塗らなきゃ!!」

ヌリヌリ…

唯「…………」

唯「ぎゃぁあああああああああああああしみるぅぅううううううしみるよぉおおおおおおおおお」

澪「…ムギ、何塗ったんだ?」

紬「え?塩に決まってるじゃない?」

律「ぶふwwまた塩かよwww」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:19:07.46 ID:w7vwG3tSO

唯「……ハァ………ハァ」

律「お!生き返った!」

唯「……憂が……憂が来たら………」

澪「なんか言ってるぞw」

唯「……みんな……おしまいだよ………
  そしたら……みんな…………わたしに…………謝ることに……なるんだよ………」

梓「何言ってるんですか?おしまいなのは、唯先輩の方ですよ?」

梓「唯先輩が死んだら次は憂の番。姉妹仲良く埋葬してあげますね」

唯「憂は……あんた達が…………何十人………何百人いても……負けないよ?
  …………憂の………凄さを………知らないんだ……」

律「御託は聞き飽きたからそろそろ黙らせようぜw」

澪「そうだなw」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:23:35.79 ID:w7vwG3tSO

憂「ごめんね……お姉ちゃん……わたし気づいてあげれなくて……」

聡「あの……憂さん?」

憂「お姉ちゃん……きっとイジメられて……一人で泣いてるよ…」

聡「………」

憂「ねぇ…聡君……まだ着かないの?」

聡「もう少しなんですけど別荘まではいけないんですよ…」

聡「別荘の周辺は琴吹家の敷地なんで途中から歩かないと。」

憂「そっか…」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:26:57.58 ID:w7vwG3tSO

運転手「着きましたよー」

憂「!!」ガチャッ ダッ!!

聡「あ、憂さん!」

ガシッ

聡「!」

運転手「お客さん、お代は?」

聡「え?おれ?」




憂「お姉ちゃん……今行くよ……」タッタッタッ

聡「憂さん待って~」タッタッタッ



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:30:13.31 ID:w7vwG3tSO

ドカッ バキッ

唯「うぅ……」

澪「まだ生きてるよ…」

梓「人間って意外と丈夫なんですね…」

律「もう飽きちゃったな~」

紬「じゃあそろそろ終わりにしましょ?」

梓「そうですね…このまま家に帰したら、わたし達が警察に捕まっちゃいますからね…」

律「1つ良い案がある」

梓「なんですか?」

律「それはな……」ボソボソ

唯(………次で……死んじゃうのかな………)



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:35:22.62 ID:w7vwG3tSO

律「よし!じゃあムギ、早速鉄串100本用意してくれ」

紬「はい♪」

澪「ちょっと何するか分からないんだけど…」

律「だから、唯で黒ひげ危機一発やるの!」

律「順番に唯に鉄串を刺していって、唯の心臓を止めた人が負け」

澪「そういうことか」

唯「ヤダ……ヤダ……」プルプル

唯「ういぃ…ういぃ…グスッ」
紬「みんな!用意できたわ♪」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:42:01.42 ID:w7vwG3tSO

梓「わ、わたしからいいですか?」

律「梓が一番手か~。あ、最初に言っとくけど、手と足と頭は反則な!」

梓「はい!じゃあいきますよ」

唯「あずにゃん、やめてよぉ…」ポロポロ

30センチほどの長さの鉄串が唯の腹部に狙いを定めてる。
今の弱っている唯なら一発で死んでしまうかもしれない。
唯は死を覚悟した。

唯「憂……ごめんね……わたしもう堪えられないよぉ」

ガサガサガサ………

唯澪律紬梓「!!」

物音のする方へ全員が目を向けた

唯「あ……あ……」

そこには……………………



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:51:30.47 ID:w7vwG3tSO

唯「う……ういぃぃいいいいいい!!!!!」

憂「お姉ちゃん!!」

唯「うわぁああああああああああああああああああん!!!ういぃいいいいいい!!」

唯「もうだめかと思ったよおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

憂「酷い……どうしてこんなになるまで……」

律「チッ めんどくせーのが来たな…」

梓「律先輩!ここはわたしに任せてください!!」

梓「先輩達が手を出すまでもないですよ」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:52:31.14 ID:5gRYQedDO

小物臭がぱねぇwwww



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:52:54.17 ID:3LEbOdvSO

完全にやられ役のセリフwww



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 22:53:25.10 ID:dpYi8PyS0

死亡フラグktkr





120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:06:34.20 ID:w7vwG3tSO

憂「お姉ちゃん…ちょっと待っててね……」

唯「うん……あとは頼むね…」
憂「帰ったらまた一緒にゴハン食べようね」

唯「うい…」

憂「ん?」

唯「憂が来てくれて嬉しかったよ」

憂「うん、ゴミ掃除してくるから待っててね…」


澪「おい梓!ホントに一人で大丈夫か?」

梓「何びびってるんですか?澪先輩!」

梓「何も心配するこ………………………………………………………



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:14:33.93 ID:w7vwG3tSO

ゴロッ―――――――

澪律紬「!!!」

澪たちには何が起きたか理解できなかった
ただ一つわかるのは、梓の首と胴体が2つに別れたことだけだった……

澪「あ………あ……」ガタガタ

律「ひ、人を見かけや思い込みで判断するなっていい見本だったな……」ガタガタ

紬「に、逃げないと……」ガタガタ

憂「お姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃん………………」

3人は金縛りにあったかのように動くことができなかった………



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:23:12.29 ID:w7vwG3tSO

律「に、逃げろおおおおおおおおお!!!」

澪紬「!!」

紬「そうだ…逃げないと……」ブルブル

澪「ちょ、腰が抜けて動けないよ…」ガタガタ

律「バカあああああ早く逃げろおおおおおお!!!」

紬「り、りりり律っちゃん……澪ちゃんはもうダメよ………助からない………」

律「あ?澪を置いていけっていうのか?」

澪「ひ、ひぃ!!」

憂「お姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃん……」

憂はもう澪の目の前にまで来ていた…



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:30:57.04 ID:w7vwG3tSO

紬「律っちゃん!今逃げなきゃみんな無駄死によ!!」

紬「澪ちゃんや梓ちゃんの気持ちを考えて!!」

律「うぅ………澪ごめん!!」ダッ

澪「あ、ああああ!」ガタガタ
人間は死に直面すると思いがけない行動をとる
それは澪も例外ではなかった……

澪「如日月光明能除諸幽冥 斯人行世間能滅衆生闇善学菩薩道不染世間法如蓮華在水従地而涌出 善哉善哉釈迦牟尼世尊能以平等大慧教菩薩法仏所護念妙法華経為大衆説 …………」ブツブツ

経を唱えはじめた…



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:36:42.56 ID:w7vwG3tSO

律「あ、あいつ……何やってんだ……」

紬「律っちゃん早く!!澪ちゃんが時間稼ぎしてるうちに!!」

澪「 如是如是釈迦牟……」ブツブツ

憂「………」 ジィー

澪「き、経を唱えたらおとなしくなったぞ…」

澪「尼世尊如所説者皆是真実
  ……………」ブツブツ






憂「モウイイ?」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:46:55.06 ID:w7vwG3tSO

澪「ぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

タッタッタッタッ―――

律「今の声………澪?……うぅ……」

紬「律っちゃん!この先をまっすぐ行くと、斎藤が車を用意して待ってるわ……早く行って!!」

律「ムギ!お前は!?」

紬「………もうすぐ後ろまで来てるわ…」

律「!!」

紬「わたしが止めておくから早く!!」

律「そ、そんな……」

紬「斎藤に………今までありがとうって伝えて置いて……」

律「う、うん………」ダッ

ガサガサ―――

紬「ふぅぅぅ澪ちゃん、梓ちゃん、わたしもすぐ行くわ……」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:54:24.69 ID:w7vwG3tSO

律「あ、あの車か……」タッタッ
律「斎藤さん!!!開けてくた……!!!!」

運転席に座っていた斎藤は、もう斎藤ではなかった…

律「さ、斎藤さんまで…」ブルブル

律「そうだ、警察に…」

プルルルル、プルルルル


その頃

聡「…………」

憂の無双乱舞を目の当たりにし、恐怖のあまり首を吊ってしまった。



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:09:35.21 ID:qUAwr9YcO

律「もしもし!!警察ですか!!助けてください!!」

律「友達がみんな殺されたんです。…………はいっ……………はいっ…………わかりました!」

律「2、3人じゃ話にならないんで50人くらいで来て下さい!!」

律「はい!わかりました!!すぐに来て下さい!!」ピッ

律「ふぅ…ふぅ…早く来てくれ………」

ガサガサ―――

律「!!」

憂「お姉ちゃんの苦しみは……………こんなもんじゃなかった…………」

律は土下座して必死に謝った
だが憂に気持ちは届かなかった…
律「あ、ああ……ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」

憂「お姉ちゃんも泣いて謝ってたはず………」

律「そ、そんな……」

憂「さよなら」

シュンッ!!



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:17:08.11 ID:qUAwr9YcO

憂「ふぅーふぅーまだ怒りがおさまらない……」

ピーポーピーポー

憂「!!」

憂の周りを警察官が50人ほど取り囲んだ

警官「動くな!!殺人の現行犯で逮捕だ!!」

憂「………」

憂「もうちょっとあそんでやるか……」


その後、憂は三日三晩暴れ回った……

数日後

憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん!起きて!!」ユサユサ

バッ―

唯「ゆ、夢か…」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:22:43.12 ID:qUAwr9YcO

憂「もう……お姉ちゃん何寝ぼけてるの?」

唯「あ、うい~おはよ~」

憂「朝ゴハン作るから手伝って!」

唯「うん!」


唯「あれ?テレビつかないね?電気も着かないよ?」

憂「うん!ついでに言うとガスも水も出ないよ!」

唯「ほぇ?」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:31:58.17 ID:qUAwr9YcO

憂「そのうちわかるよ!これから大変だけどがんばろうね♪」
唯「?」

憂「じゃあまずは川に水くみに行こ?」

唯「おぉー!」


この地球上に、唯と憂以外の人間は誰一人残っていない……
2人にとってこれからが本当の戦いだ……
そして、後のアダムとイヴだということは誰も知らない――――――

FIN.




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:32:09.82 ID:MhE49KJH0

ええええええええええええええええええ



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:33:20.82 ID:/+F0w36/0

三日三晩で人類全滅!!
さすが憂選手っす!!!



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:33:39.94 ID:YFEgs6LSO

サードインパクトなら仕方ない



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:34:19.18 ID:Rr0Abk2f0

なんだサードインパクトか



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:35:24.68 ID:v3CyDvKv0

どうしてこうなった………



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:36:55.44 ID:fVYrtjfU0

てことは、あのイチローさんや室伏アニキにも勝ったというのかっ!?



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:37:04.52 ID:kqj6MQlAO

イヴとイヴしかいないのに、姉を孕ませるためにふたなり化してアダムになったのだろうか





216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:38:27.45 ID:qUAwr9YcO

え?だめだった?

最初からこのオチで、いこうと思ってたよ
ちなみにこのSSはおれの初フライトです
最後まで読んでくれてありがとう




217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:39:43.37 ID:TbeKMr1s0

初フライトとは思えん面白さだったwww



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:39:52.90 ID:6I2cPCc5O

なかなかよかった。





221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 00:47:39.67 ID:qUAwr9YcO

>>217

ほんとは>>4あたりで心が折れてやめようかと思いました

明日仕事なのでもう寝ます。
みんな読んでくれてありがとう。
イジメは絶対ダメだよ?




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「憂に言いつけるよ!!」
[ 2011/07/22 20:50 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3317 [ 2011/07/24 18:25 ] [ 編集 ]

あわわわわゎゎゎ…

タイトル:
NO:5935 [ 2012/03/16 06:07 ] [ 編集 ]

池沼はまとめたらアカン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6