SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  けいおん!の真鍋和ちゃんはマツダオールスタ-ゲーム観戦中かわいい 和「Sleeping snow」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






けいおん!の真鍋和ちゃんはマツダオールスタ-ゲーム観戦中かわいい 和「Sleeping snow」 【非日常系】


けいおん!の真鍋和ちゃんはマツダオールスタ-ゲーム観戦中かわいい より
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1311325048/l50

けいおん!の真鍋和ちゃんは過去スレ可愛い




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:46:31.58 ID:Fm/aokpy0

人がいないうちにSS書いたので投下します

和「Sleeping snow」




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:46:31.58 ID:Fm/aokpy0


「息、真っ白だね」

そう呟いた唯の声も、重い雲の広がった白い空の中に、同じくらいの白さでとけていった。

受験を控えたこの季節、高校も自由登校となって、こうやって唯と一緒に帰るのも珍しい。
ちらつく雪と空を覆う雲はまるで街を包み込むようで、帰り道の公園も一面の雪に埋もれてしまっている。

公園の入口にさしかかったところで、
唯はまるで親におもちゃをねだる子供のような目でこちらを振り返ってみせた。

「ねえ、和ちゃん」

唯の言わんとすることは、その表情から十分に読み取れる。
なんだかんだで、私は、唯のこの目に弱い。

「はいはい、あんまり長居はしないからね」

昨夜から降り続いていた雪のせいか、公園には人影もない。

私の返事を聞くや否や、唯は足跡ひとつない公園へと駆け出した。





153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:48:16.08 ID:Fm/aokpy0

積もった雪を蹴立てて、唯は走っていく。 
綺麗な雪景色に不揃いに残された足跡をなぞる様にして、一歩ずつ、私はその背中を追う。

傘も差さずにはしゃいでいる唯の背中へと指を伸ばしかけて、結局止めてしまった。

多分それは、私の中の迷いのせいなのだろう。

本当なら夕日が差し込んでもおかしくない時間だけど、厚い雲がそれを遮ってしまっている。

それはまるで、私の心の中に広がる未来への不安のようで、ひとり溜息をつく。
できることなら誰にも見られないよう隠しておきたいそれは、白い姿を数秒だけ現わしてすぐに消えていった。


唯と一緒にいる未来が、今の私にはもう上手く想像することができない。



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:50:43.48 ID:Fm/aokpy0

昔は何も躊躇うことなくずっと一緒だなんて言えたのに。

唯と離れ離れだなんて考えられなかったのに。

唯が変わってしまったのか、私が変わってしまったのか。
答えはおそらく両方だろう。時間の流れは残酷で、何もかも変えてしまう。

私の唯への気持ちの中には、ただの幼馴染では割り切れない何かがあった。

それは今、こうやってしんしんと降りしきる淡雪が街を沈めていくように、
静かに、ゆっくりと、でも確実に私の中で眠りに就こうとしている

それは埋もれてしまうということかもしれないし、大切にしまっておくということなのかもしれない。
ただ、いずれにせよ、それは二度と目覚めることはないだろうという漠然とした予感はあった。

変わってしまったこと、あの頃のままでいられないことへの罪悪感に、胸を締め付けられる。

思わず見上げた空は、ただただ白くて、そのまま見つめていたら吸い込まれてしまいそうだった。



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:53:10.18 ID:Fm/aokpy0

いつまでもそうして空を眺めていたかったけれど、そんなわけにはいかないから、
再び視線を地上に降ろし、目の前ではしゃぎまわる唯に声をかける。

「ほら、もう帰らないと風邪ひくわよ」

「はーい」

「もう、手が真っ赤じゃない」

雪で遊びすぎて冷え切った唯の手に、私の手を重ねる。
本当は手袋があるのだけど、今は手袋越しじゃなくて、こうして肌と肌とを触れ合わせていたかった。

温かいね、なんて言いながら笑う唯の顔を見て、じわりと胸の中に痛みが広がっていく。

この手は、いつまでつないでいられるのだろう。

私のこの気持ちは、この痛みは、いつの日か、融けて無くなってしまうのだろうか。

でも、全てが変わってしまって、もう戻れないとしても、
二人で過ごした日々だけは、ずっと私たちの中に残るはずだから。

思い出と痛みを胸に秘めて、合わない歩幅で、違う道を歩き出そう。

ただの我儘に過ぎないのかもしれないけれど、それが、私なりの選択。



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:55:11.34 ID:Fm/aokpy0

以上です。
タイトルにもあるように、茶太の「Sleeping snow」を元にしています。というよりそのまんまです。

失礼しました。




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 03:56:27.37 ID:ocns+bKb0

偶然開いたが感動したよ

また書いてくれ



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/23(土) 04:54:40.42 ID:EFoHpyOf0

>>156
乙乙!






関連記事

ランダム記事(試用版)




けいおん!の真鍋和ちゃんはマツダオールスタ-ゲーム観戦中かわいい 和「Sleeping snow」
[ 2011/07/27 09:39 ] 非日常系 | 唯和 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6