SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「真・けいおん転生!!」 ~M・PROJECT編~#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「真・けいおん転生!!」 ~M・PROJECT編~#3 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1310309553/



第七章 キノウノテキハ!?
第八章 マサカド!?
第九章 ホンソウ!!
第10章 ウタノキモチ!

唯「けいおん転生!」#index




220 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:02:01.10 ID:tAr8K0Wlo

―――大教会

唯「あ、折れたアタックナイフ……」

唯(あの時も和ちゃんに助けてもらったんだっけ……)

「平沢 唯!!」

律「なんだぁ!?」

唯「あ、梓ちゃん!」

梓「今度こそ負けないです!覚悟!!」



221 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:02:41.50 ID:tAr8K0Wlo

戦士 中野 梓が 1体出た!

梓「今度こそ……この名刀で!」バッ

唯「!!」

梓(刀……忘れちゃった……)

律「なんなんだお前は!!」

梓「う、うるさいです!
  でこっぱちは黙っててください!!」

律「でこっぱちだあぁぁ!?」

ざっぱ~~ん……



222 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:03:09.74 ID:tAr8K0Wlo

梓「きゅう……」

唯「…………」

ケルベロス「お、恐ろしや……」

律「さて、行くか」



223 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:04:36.23 ID:tAr8K0Wlo

……
………

律「これが地下世界行きのエレベーターだな!」ポチッ

プシューッ……

唯「えーと……お、おお……」

律「B60F……」



224 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:06:36.51 ID:tAr8K0Wlo

地下世界……
相次ぐ地盤沈下により
断層ごと地下に沈んでしまった旧東京の姿である
ミレニアムはこの地下世界を塞ぐように建てられているため
太陽の光が旧東京に届くことはない
この地下世界で生きる者たちは悪魔のほか
小さなコミュニティを作りながら細々と生活する
人間もわずかながら存在した
いつの日か、地下世界に光が届くことを信じて……


唯「真・けいおん転生!!」 ~M・PROJECT編~
PROJECT2:地下世界! 



225 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:07:16.25 ID:tAr8K0Wlo

第七章 キノウノテキハ!?


唯「空が……無いね……」

律「あぁ、地下だからな…息が詰まりそうだ」

唯「街……ボロボロだね」

律「あぁ、話には聞いてたけどこれほどとは……」

唯&律「これが……トウキョウ……」



226 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:08:05.92 ID:tAr8K0Wlo

老人「お前さん方……上から来たのか?」

唯「はい……そうです」

老人「言い伝えで聞いた話じゃが……
   昔数人の女の子がどこからか現れ
   破壊後のトウキョウを駆け抜けて
   去っていった……
   ここがその場所なんじゃよ」
   
唯「数人の女の子?」

老人「なに、お前さん達を見たら
   急にその言い伝えを思い出しての……ふぁっふぁっふぁ」

唯「……?」

律「い、行こうぜ唯」



227 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:09:01.98 ID:tAr8K0Wlo

……
………

唯「ねぇ…りっちゃん」

律「んー?」

唯「地下世界の人達……どんな気持ちで住んでるのかな?」

律「さぁ……私だったら絶対ゴメンだね」

唯「そっか……」

律「お……標識があるな」



228 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:12:12.44 ID:tAr8K0Wlo

ジゴク[←旧新宿] [旧赤坂→]ジゴク

律「な、なんだこの趣味悪い落書きは……」

唯「ここには天国は無い…ってこと?……」

律「…………」

唯「よ、よぅしりっちゃん!!どっちの地獄にする~~!?」

律「はは………」

……
………

唯「行くよ!りっちゃん!!」

律「思いっきりな!!」

唯「とりゃああああ!!」ぽーん

唯は離れた場所から看板に向かって

思い切り靴を飛ばす

ボテッ ボテッ

律「……新宿だな!」

唯達は道の選択を靴に託した

全人類の明日への希望は

唯達の小さな体が

背負うことになろうとは

今はまだ知る由もなかった



229 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:13:33.71 ID:tAr8K0Wlo

―――旧新宿

妖精「あ、こ…ここは魔界から来た
    妖精や地霊
    地上から逃げてきた人間が
    住んでいるところです……」
    
妖精「あ、あの!どこから来たんですか!?
    ミ、ミレニアムから?」
    
律「あ、あぁ……まぁね……」

唯「りっちゃん!壁を見て!」

律「ん?」

[ここより妖精王オベロンの治める地
王の命に従うこと]

律「ここは妖精の国ってか?」



230 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:15:04.84 ID:tAr8K0Wlo

……
………
   
「本当に成功するんでしょうね?」

「任せとけって……」

「あ!……来た!」

唯「喉乾いたなぁ~…」

ケルベロス「腹減った……」

律「お、お前らは……」

梓「平沢 唯!
  今度こそあなたの邪魔をしてやるです!」
  
律「またか!いい加減しつこいぞ!!」



231 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:18:09.11 ID:tAr8K0Wlo

梓「今度はあなたにダメージは与えない……
  邪魔された事さえわからないでしょう
  だけど今までで1番効くはずです!」
  
梓「さあパック!!」

妖精パック「よーし!今気持ちよくしてやる!
        そーれ!浮気草のつゆだ!!」
      
唯「わわわっ……」

律「ばか!よけろ!!うわっぷ……」

浮気草のつゆは律にかかった



232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:19:19.65 ID:tAr8K0Wlo

妖精パック「しまった失敗した!
        ゴメンゴメン……
        じゃ……さよなら~」

梓「も~っ!
  パックの奴失敗するなんて!!」

唯「………」

律「あぁ……長いツインテール……
  小さな体……じゅる…
  ぐへへへへへへ」

唯「げげ……りっちゃん!?」  
  
梓「ま、まずい…
  来ないで!私に近づかないでえええ!」

梓は逃げていった

律「待ってあたしのマイスウィートハニー!」

梓「いやああああ!!」

唯「り、りっちゃーーん!!」

律は梓を追いかけて行ってしまった



233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:20:17.43 ID:tAr8K0Wlo

唯「あら~……」

「あ、あの……」

唯「ほぇ?あ!さっきの!!」

唯の後ろにはいつの間にか

旧新宿の入り口にいた妖精が立っていた

妖精の少女「あ、あの…実は……
        パックがかけた浮気草のつゆは
        一目で相手を惚れさせてしまう
        魔法のクスリなんです」

唯「えええええ!?」

妖精の少女「本当はあなたにかけて…
        わ、私アヌーンといいます!
        私に惚れさせるはずだったんです!」

唯「へっ……///」

アヌーン「私、本当は……
      …ご ごめんなさい!」



234 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:21:35.07 ID:tAr8K0Wlo

唯「どうすればりっちゃんは元に戻るの!?」

アヌーン「浮気草のつゆで
      かかった魔法を解けるのは
      妖精王オベロン様だけです
      そ、その……お困りでしたら
      私からオベロン様に 
      魔法を解いてくれるよう
      お願いしてもいいんですけど……」

唯「お願い!!私達、やらなきゃいけないことがあるの!」

アヌーン「で、では私からオベロン様に
      お願いしてみましょう」

ケルベロス「このままだと逆にあの梓ってヤツが危ないかもな」

唯「それはどういう……」



235 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:22:59.10 ID:tAr8K0Wlo

……
………

オベロン「アヌーンから話は聞いた……
      またパックの奴めがイタズラを
      しおって……」
     
オベロン「私にしかられるとでも思ったか
      1階を出て旧東新宿の方へ逃げていったようだ」
     
唯「な、なんとかなりませんか!?」


―――旧東新宿


……人間よ…まずパックを捕まえて……
……浮気草のつゆを手に入れるのだ……
     ……よいな……

唯「どこだ~!パック出てこい!!」

唯「こっちかな!?」

唯「なにこの迷路……」

ケルベロス「方向音痴っぷり全開……ぷぷ」

唯「ひ、ひどいなぁもぅ~」



236 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:23:49.54 ID:tAr8K0Wlo

唯「こうなったらしらみつぶしに!!」

ドンッ

唯「きゃっ!!」

「あいた!!」

唯「パック!!」

パック「げげ!!……勘弁してくれよ~!
    悪気はなかったんだよ~!!」

唯「りっちゃんを元に戻しなさい!!」

パック「ひゃ~~!!……くらえっ!!」ポイッ

ケルベロス「……手榴弾だ!!隠れろ!!」

唯「わあああああ!!」

しゅ……シャアアアアアァァ……

唯「花火……」

唯「やられたーーー!!」



237 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:24:35.41 ID:tAr8K0Wlo

……
………

パック「おらーーー!!」ポイッ

唯「きゃあああ!!クモがシャツの中に入ったあああ!!」

唯「取って!!ケルベロス取ってええ」

……
………

パック「そら!!取ってこい!!」ポイッ

ケルべロス(骨!!!!!)

ケルベロス「ワンワン!!!」

唯「ちょ……どこ行くのケルベロス~!!」



238 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:25:30.97 ID:tAr8K0Wlo

……
………

パック「はぁ…はぁ……参った……」

唯「う、浮気草のつゆ……ちょうだい」ぜーぜー

パック「10000魔貨で譲ってやるよ……」

唯「はぁ!?そんな大金持ってないよ!」

パック「じゃああーげない」

ケルベロス「俺は腹が減ってるんだ……
      オマエ オイシソウ……」ガルルルル

唯(ナイス!!)

パック「わわわわかった!!これやるから!!
     助けてーー!!」

唯は浮気草のつゆを手に入れた



239 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:26:22.18 ID:tAr8K0Wlo

―――旧新宿

オベロン「浮気草のつゆを取ってきたか 
      御苦労であったな……
      では、律の魔法を解いてやろう」

オベロン「さあ、律の元へ行け」

唯「あ、ありがとうございます!」



240 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:27:23.97 ID:tAr8K0Wlo

……
………

「あ!ゆ、唯さん!」

唯「アヌーンさん!どうしたのこんなトコで?」

アヌーン「あ、あの…この先の部屋に
      梓さんがいるんです
      わ、私オベロン様に言われて
      ここまで来たんですけど……
      お願いです!唯さん!
      一緒に入ってください!」

唯「もちろんだよっ!」

唯(この部屋?)

アヌーン(はい、おそらく……)

二人はドアに近づき聞き耳をたてる



241 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:28:43.86 ID:tAr8K0Wlo

……いやっ!!ベタベタしないでください!!……

……あぁ……なんでそんなに可愛いんだ梓……

……ちょ……近い近い!!……アッー!……

ケルベロス「oh……」

……はっ!!……てめぇ!!あたしに何をした!!……

唯「戻った!!今だ!!」バーン



242 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:29:33.81 ID:tAr8K0Wlo

梓「何を!!そっちが勝手に付いてきたんじゃないですか!!
  私は何もしてないです!!」

唯「りっちゃん!!」

律「おお!唯!!なんとかしてくれよこいつを!!」

アヌーン「あ、梓さん!!えいっ!」パシャっ

唯「へ……」

梓「……あぁ……あなたはなんて美しい妖精なんですか…
  私のすべてをあなたに捧げ……」

律「げええぇっ!?あたしこんなんだったのか!?」

唯「う、うん(もっとヒドかったけど…)」



243 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:30:34.74 ID:tAr8K0Wlo

アヌーン「あ、あの……
      梓さんがそんな事言ってくれるなんて
      う、うれしいわ……」

アヌーン「唯さん……
      ありがとうございました
      律さんを大切にしてね!」

唯「アヌーンさん……」

梓「平沢 唯!!」

唯「え!?」

梓「私……ここにとどまって
  妖精たちを守ることにします!」

律「えぇ!?」

梓「私…大切な何かを取り戻したような
  気がするんです……」

唯「………」

アヌーン「ダメよ、梓さん」



244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:31:59.01 ID:tAr8K0Wlo

唯「!?」

アヌーン「わたしを愛してるなら
      妖精たちを守りたいなら……
      唯さんの力になってあげて」

アヌーン「唯さん達は大きな運命を
      背負ってるように見える……
      私達の世界も…巻き込むような」

アヌーン「だから…妖精たちを救いたいなら
      唯さんの力になってあげて!」

梓「わかりました……平沢 唯、私で良ければ
   一緒に行かせてください」

唯「アヌーンさん……これは一体?」

律「浮気草のつゆじゃ……」

アヌーン「うふふ……秘密のクスリよ!」

アヌーン「唯さん、律さん……頑張ってください!」

唯「ありがとう!アヌーンさん!!」

律「アヌーンも元気でな!」



245 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:34:00.06 ID:tAr8K0Wlo

……
………

梓「そういえば……
  前にあなた達と戦って
  かせいのピラーを落としたけど
  あれは魔界へ行くための道具だったんです」

律「なんだって!?あのピラーが!?」

梓「あの時はすごく悔しかったけど
  今の私には無用の物です……
  ……そういえば同じようなピラーが
  ファクトリーの発掘現場から
  出てきたって聞いたことがあります!」

律「同じようなピラーが何個もあるってことか……」



246 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 02:35:13.60 ID:tAr8K0Wlo

梓「それと、平沢 唯……真鍋 和のこと……
  なんて謝ったらいいか…私…」

唯「もういいよ………生きて」

梓「え?」

唯「和ちゃんの分までうーんと長生きして!」

梓「はい……!!ありがとう!平沢 唯!」

唯「唯でいいよ!」

律「あたしも律でいいぜ!
  そんなシケたツラしてたら
  可愛い顔が台無しだな!」

梓「なんで……そんなに優しくするんですか……
  私、ヒドイことばっかりしてたのに……」

律「顔を見りゃわかる」

梓「え?」

唯「そんなに悪い子じゃない!ってねっ」

律「しっかり戦ってもらうぞー!!」

梓「や、やってやるですっ!!」


第七章 キノウノテキハ!? 完




247 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 04:26:36.34 ID:4eGHsxN/o

おつ~
金剛深界編はありますか?





248 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/15(金) 04:34:58.38 ID:tAr8K0Wlo

>>247

おはよう

今まさに構想中
ちょっとフラグ立てちゃったしww

どうなるかはまだわかりませーん



250 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:01:26.41 ID:rAUoHTxKo

律「よーし次は旧赤坂に行っくぞー!!」

梓「あ、あの!!」

律「んー?」

梓「みなさんは…おいくつなんですか?」

唯&律「17歳だよ!」

梓「私の一つ年上……先輩ですね!」

梓「でも意外です!律さんはもっと年上かと思いました!」

律「老けてるって言いたいのかああぁぁん!?」ギリギリ

梓「く、苦し……嘘です!…律先輩!!」

唯「あははは律先輩だって~!」

梓「笑いごとじゃないです唯先輩!!
  律先輩の馬鹿力は……はっ」

律「きーこーえーたーぞー」ギリギリ

梓「に゛ゃあああああああ」

唯「あはは!梓ちゃん……猫みた~い!」

唯「あーずにゃん!」

梓「にゃん!?笑ってないで助けてええええ」



251 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:02:41.79 ID:rAUoHTxKo

第八章 マサカド!?


唯「あ!あそこ……なんかの現場みたいだよ!」

律「ちっちゃいオッサンがいっぱいいるな」

ドワーフ「お!!おーいそごのでけぇの!!」

律「でけぇの!?あたしたちのことか……」



252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:03:50.87 ID:rAUoHTxKo

……
………

ドワーフ「こご掘ると武器出でくるだよ
      売り飛ばせばいい儲けだ
      いっぱい出でくっから掘りつぐせねぇだ」

ドワーフ「実は手が足りねぇだよ……
      そこの一番力強そうな姉ちゃん手伝ってくれっか?」

律「誰のことだ」

梓「………」

唯「………」

律「あ、あたしかよっ!!」

ドワーフ「自分の手ぇ汚して働かねえと
     バチ当たっぞ!!ほれっ」

律「わかったよっ!やりゃいいんだろやりゃ!!」



253 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:04:44.02 ID:rAUoHTxKo

……
………

律「」

唯「りっちゃんすごーい!!」

梓「意外なところで才能発揮ですね!」

ドワーフ「いやぁごぐろうさん!
      おがげで助かっただよ
      お礼にこれやるだよ!」
     
律「武器じゃないのかよ~」

梓「あ!!これ!」

唯「ピラーだよりっちゃん!!」

唯はどせいのピラーを受け取った

ドワーフ「まだ手が足んねぇ時は手伝っでくれや」



254 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:05:24.56 ID:rAUoHTxKo

―――旧赤坂

労働者「まったく地霊の奴ら
     人使いが荒くてもうヘロヘロだぜ……」

労働者「おっ姉ちゃん達も働かされたクチだな?」

律「はは…まぁね……」

律はふと壁を見る

[地霊族の街 働き者は大歓迎]



255 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:07:04.81 ID:rAUoHTxKo

……
………

……おい!親方はどこ行った!!……

……ばかやろう!それはそっちじゃねぇ!……

梓「あ、慌ただしい街ですね……」

唯「みんなよく動くねぇ~」

律「あんまり長居しない方がよさそうだな」

ブラウニー「ねぇねぇ!」

唯「ほぇっ?」



256 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:09:41.65 ID:rAUoHTxKo

ブラウニー「あんたら上の世界の人間だね……
        戦っちゃったりする人だろ?」

唯「え?」

ブラウニー「カッコ見りゃ分かるよ!
       そこの出口から人間たちの集まっている
       ロッポンギに行けるよ!
       奴ら人間にしてはカッコいいんだ」

ブラウニー「まあ言っちゃ悪いがあんたとは
       くらべモンにならないね!
       だけどあんなにカッコいいのに
       地上から逃げてきたらしいんだ」

律「六本木か……!」

唯「ありがとう!行ってみるねぇ~!」

ブラウニー「あ!ここでサボってることは親方には
       内緒だよ!!」



257 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:11:04.70 ID:rAUoHTxKo

―――旧六本木

[ミュータント・コミュニティー]
[地上の人間入るべからず]


唯「ミュータント?」

梓「環境破壊で突然変異を起こした……
  元は人間だった人達です」

律「センターがな……
  昔地上から追放しちまったんだ」

唯「…………」



258 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:12:25.15 ID:rAUoHTxKo

……
………

ミュータント「お前ら何しに来た?
        ここはお前らのような普通の
        人間が来る所とは違う
        さっさと立ち去りな!!」

「やめんか……」

ミュータント「長老!」

ミュータント長老「地上の人間よ……ここに来たということは……」

唯「?」

唯「あの!私達アバドンを倒さないといけないんです!!」

長老「な、なんじゃと!?……その刀は坤竜丸!!
    ただごとではなさそうじゃの」

長老「この奥にヒルコ様がおられる……
    あの御方ならきっと力になってくれるはずじゃ
    ……ヒルコ様が心を開けばな」

唯「……?」

梓「行きましょう、唯先輩!」

唯「あ!う、うん!!」



259 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:13:47.62 ID:rAUoHTxKo

……
………

ミュータント「なんだ!お前らは!!」

……!?来るな!!私に近づくなあああ……

ミュータント「帰れ!おとなしく帰らぬと
        ただではすまんぞ!!」

律「ちょ…ちょっと待ってくれ!!私達は
  アバドンを探してるんだ!!
  ヒルコって人に話を聞きたいだけだよ!」

……!?……アバドンだと?………

……入れ……そこにいる者……

ミュータント「ヒ、ヒルコ様!?」



260 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:15:08.36 ID:rAUoHTxKo

……
………

ヒルコ「お前達は私の命を狙う者
    ではないようだな……
    地下世界に来た人間か…」

ヒルコ「さきほどアバドンとか申しておったな」

律唯梓「アバドンをヴァルハラが探して飲み込まれちゃった
     地下世界に来たんだ倒さないと!!」

ヒルコ「いっぺんに喋るでない……」



261 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:15:45.39 ID:rAUoHTxKo

……
………

ヒルコ「そうか……
    残念ながら魔王アバドンは地下世界にはおらん……」

唯「そ~なの~!!?」

律「じゃああたし達何しにここへ来たんだ……」

ヒルコ「今こそ復活の時か……」

梓「?」

ヒルコ「1つ頼み事を聞いてくれんか?」

唯「は、はい!」

律「おい……唯」

ヒルコ「そうか、聞いてくれるか唯とやら」



262 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:16:39.74 ID:rAUoHTxKo

……将門公を復活させるのだ
トウキョウの守り神平将門公は
その身体を6つに引き裂かれたのだ
大和神族の間のいさかいが
公を犠牲にしてしまった

……大和の地はイズモのオオクニヌシ
の国ゆずり以来天津神が国津神の
上に位して治めるところであった
だが世紀末を迎え悪魔の群れが
大和にも現れ混乱をまき起こすと
国津神たちは好機と考えた
長く地の神にあまんじた
自らの地位を覆す好機だと



263 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:18:02.64 ID:rAUoHTxKo

……そして国津神たちは天津神たちを
封印し大和の地を再び手に
するはずであった
ところが国津神の悲願は
悪魔たちに利用されてしまった
将門公はバラバラに引き裂かれ
国津神たちもこの地下世界の
ほこらに封印されてしまった

……だが国津神たちは
封印される前に密かに公の身体を
集めていた
封印された国津神はそれぞれ
公の身体の部分を持っている
国津神の封印を解き将門公を
復活させねばトウキョウの混乱は
おさまらぬであろう

……天津神を裏切り
悪魔の付け入るスキを作った
この私の罪もつぐなわれぬ……



264 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:19:09.60 ID:rAUoHTxKo

……魔界の地をを目指すのだ……

     
律「と、とんでもないことになったな」

梓「でも…アバドンを倒すには魔界に行かないと……」

唯「………」

唯「行こう!!りっちゃん!あずにゃん!!」

唯「もうヴァルハラを救うのは私達しかいないんだよ!」

唯「トウキョウの人達にも……平和になってもらいたい!!」

律「そうだな……」

梓「将門公を復活させましょう!」



265 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/16(土) 01:20:00.50 ID:rAUoHTxKo

唯達はヴァルハラを救うため

そしてトウキョウの混乱を鎮めるため

平 将門を復活させるべく

国津神が封印されているほこらへと向かう


第八章 マサカド!? 完



266 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:29:04.23 ID:X/Vjzm4Ko

梓「そういえばここに来る途中に
  神社みたいな建物がありましたね!」

律「時間に余裕も無さそうだ……手分けしていこう!」

唯「おぉ~!!」

律「じゃあ六本木で落ち合おう!!」

梓「みなさん気を付けて!!」

唯「急げや急げ~」

律「おい、唯……」

唯「はーーい?」

律「ほこら……あっちだぞ」

唯「あ…あはははは」

律(大丈夫か……)



267 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:30:07.20 ID:X/Vjzm4Ko

第九章 ホンソウ!!


―――コトシロヌシの祠

律「まずはあそこだな!」

律(こんなちっちゃいほこらに国津神がいるのか?)ギィ……

律「うわわ!?吸い込まれ……」



268 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:30:46.62 ID:X/Vjzm4Ko

律「……って……おぉ!?」

そこには国津神 コトシロヌシをかたどった

石像があった

―――コトシロヌシは石にされ封印された―――

律「ひ、ヒルコの声!?」

―――石の封印を解いてくれ―――



269 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:31:28.39 ID:X/Vjzm4Ko

律「と、解いてくれって……」

律(ど、どうしよ……)

律「あ!!そういや石化を治す魔法があったな!」

律「なんだっけ……ああああちゃんと覚えときゃよかった……」

……よって、これが石化を治す魔法、……だ……

……田井中!聞いてるのか!……

……だ、大丈夫でーすっ………

律「たしか……パ……いや違うな……」

律「ポ……?」

律(うむむむむむむ)



270 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:32:43.07 ID:X/Vjzm4Ko

……石化を治す魔法、…トラディだ……

律(思い出した!!!)

律は恐る恐るコトシロヌシの石像に両手をかざす

律「ペトラディ!」

律(………)

律「お??」

石化したコトシロヌシの体が徐々に元の色を取り戻していく



271 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:33:28.07 ID:X/Vjzm4Ko

コトシロヌシ「う……うぬぬ……」

コトシロヌシ「そなたが石化を解いてくれたのか?
       礼を言うぞ」
       
律「あ、あの!!ヒルコから頼まれて将門公の体を……」

コトシロヌシ「ヒルコから?そうか……その時がきたか……
       わかった、公の胴体をやろう」
       
律(ひぇ……えっ、こんなに小さいの!?)

コトシロヌシ「将門公を頼んだぞ……」



272 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:34:03.45 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

律「あれ……外?
  今ほこらにいたはずなのに……」

律「なぁ!!これって……」グッ

律「あれ、開かない……」

律「まぁいいや!次だ次!!」



273 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:34:54.29 ID:X/Vjzm4Ko

―――オオナムチのほこら

梓「あったあった!あの建物だ!!」

……すぐに立ち去れ……

梓「!?……誰!?」

バフォメット「すぐに立ち去れと言ったのだ……」

バフォメット「さもなくば黄泉の国でヨモツシコメと
        デートさせてやるぞ」
       
梓「遠慮したいですね!」

バフォメット「そうか……ならば生かしては帰さん!!」



274 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:35:30.82 ID:X/Vjzm4Ko

堕天使 バフォメットが 一体出た


バフォメット「貴様、俺に勝てると思うのか?」

梓「それはこっちのセリフです!!」チャキッ

梓「でやああああ!!」

スッ

ガシッ

梓「!?」

バフォメットは梓の一撃を腕を掴み止めた

梓(ち、力が抜ける……!?)



275 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:36:13.10 ID:X/Vjzm4Ko

梓「は、離して!!」バッ!

バフォメット「ふん……貴様の力、吸い尽くしてくれる」

梓(……一か八か…)

バフォメット「ザンマ!」

キイイイィィィ…… ボゴォ!!

梓「くうぅっ!!」

バフォメット「捉えた……」

ガシッ

梓「………」



276 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:36:52.62 ID:X/Vjzm4Ko

バフォメット「ふふふ……このまま黄泉の国へ堕ちよ」

梓「………かかりましたね」

バフォメット「!?」

梓「この至近距離なら!!」

梓は刀に一点の力を込める

梓「冥界波ああああ!!!」

バフォメット「しまっ……!!」



277 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:37:30.20 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

オオナムチ「奴を倒したのか……ご苦労だった
       ヒルコから話を聞いたのだな?」
      
梓「はい!」

オオナムチ「ではこれで何をすればいいかはわかってるな」

梓「これが……将門公の……」



278 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:38:05.54 ID:X/Vjzm4Ko

―――サルタヒコのほこら

律「唯と梓…大丈夫かな」

律「きっと大丈夫だよなっ!」ギィ…

サルタヒコ「………」

律「あの~……」

律「ヒルコに頼まれて将門公の……」

サルタヒコ「……渡さん………」

律「へっ……」



279 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:39:12.96 ID:X/Vjzm4Ko

サルタヒコ「これは渡さん!誰にも渡さん!
       絶対渡さん!」チャキッ
      
サルタヒコ「うおおおおおお!!」

律「うわわわわ!!」


国津神 サルタヒコが 一体出た


サルタヒコ「だあっ!!!」バゴーン

律「危ねっ!!おい!!やめてくれ!!」

サルタヒコ「渡してなるものか!!!」

律(話して通じる相手じゃなさそうだ……)



280 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:39:54.00 ID:X/Vjzm4Ko

律「しゃーないなもう~!!」

律「燃えろ!!マハラギ!!」

ゴオオォォォ

サルタヒコ「ぐうっぬおおお」プスプス

サルタヒコ「だああああ!!」ブン

律「まだまだぁ!!」パチ…パチ……

律「ジオンガ!!」

バリバリバリ

サルタヒコ「がああ……!!」



281 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:40:34.65 ID:X/Vjzm4Ko

サルタヒコ「………ぬああっ!!」ブンッ

バゴッ

律「いっ……てえええ」

律「可愛い乙女の顔に傷付いたら
  どう責任取っちゃられらっ!!」

律の鉄拳パンチ!!

サルタヒコ「ぐわっ」



282 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:41:19.36 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

サルタヒコ「」

律「はぁ…はぁ……」

サルタヒコ「はっ!私は……何をしていたのだ……」

律「正気に戻ったかよ~?」

サルタヒコ「そうか、そなたがわたしを……」

サルタヒコ「!?なぜ公の胴を持っている!」

律「これから将門公を復活させるのさ!」

サルタヒコ「おぉ……ついにこの時が!!」

サルタヒコ「では…これを持って行け」

律は公の左腕を受け取った

律「よし!次ぃ!!」



283 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:42:22.58 ID:X/Vjzm4Ko

―――オオヤマツミのほこら

梓「な……」

梓「なんでこんなに中が広いの!?」

梓「これじゃまるで迷路……」

「とっとっと!!」

「梓!」

梓「え…律先輩!!」

律「お前もこのほこらに来てたんだな!」

梓「はい!」

律「うわぁ~なんだここは……」

律「おーーーーい誰かいるかぁ~!?」



284 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:42:57.07 ID:X/Vjzm4Ko

律「……」

梓「……」

律「おーーーーーーい!!!」

……助けてくれ~ぃ……

律「お!!誰かいるみたいだ!!」

律「行くぞ梓!!」

梓「り、律先輩!!ちゃんと来た道……」

梓「ま、待ってくださいよ~!」



285 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:43:40.68 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

律「おーいどこだー!?」

「こっちじゃこっち!」

律「こっちってどっち……あっいた!」

オオヤマツミ「おお、そこの者!助けてくれ!
        迷って出られないのだ……
        連れていってくれ…頼む……」
       
律「こ、ここあんたのほこらじゃないのか?」

オオヤマツミ「気晴らしに散歩しとったら
        帰れなくなってしもた」
       
律&梓「………」



286 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:44:40.03 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

梓「律先輩……一応聞きますけど」

律「な、なんだよっ……」

梓「来た道……覚えてます?」

律「も、もっちろん!!こっちだ!!」

梓「行き止まりじゃないですか」

律「………スマン」

梓「だから言ったのに~~~!!」

律「大丈夫!!こういう時は野性の勘を頼りにだな!」

梓「何言ってんですかもうっ!」



287 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:45:25.21 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

律「な、なんとか……」

梓「戻ってこれましたね……」

オオヤマツミ「いやぁ~助かった!!
        ではこれをそなたらに授けよう!」

律と梓は公の右足を手に入れた

律「胴体に両腕に右足……と」

梓「あとは左足と頭だけですね!」

律「唯……大丈夫かな……」



288 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:46:33.66 ID:X/Vjzm4Ko

―――スクナヒコナのほこら

唯「え!?なんでこの階はアームターミナル使えないの~!?」

唯(もっと早くにケルベロス呼んでおけばよかった……)

唯「うぅ……どっちに行けば……」

唯(これは……迷子ってやつでしょうかあああ)

唯「こっちかな……いや、こっち?」

唯「うぇぇぇんもうやぁだ~~!」



289 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:47:40.70 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

唯「また行き止まり……」

唯(戻るか……)

「貴様、何者だ」

唯「ひゃあ!!……誰もいない」

「ここじゃ」

唯「え?え?」キョロキョロ

「ここじゃと言っておろう!」

プスッ

唯「い!!!ったーーーい!!」

針のようなもので刺された感触が

唯の太ももに伝わる

唯「へ………えぇ!?ちっちゃ」

視線を落とすとそこには

唯の足首くらいまでしかないであろう

小人がいた

「無礼な!!」



290 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:49:55.24 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

「私はスクナヒコナ……
 どうやら邪悪のものではないようだな」
 
スクナヒコナ「実はここに閉じ込められてしまい
         困ってるのだ……
         私を外まで連れて行け」ピョンッ

そう言うとスクナヒコは唯の肩に乗る

唯「あの……」

スクナヒコナ「なんだ」

唯「私も……迷っちゃったんですけど」

スクナヒコナ「………」



291 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:52:13.64 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

唯「」ぜーぜー

スクナヒコナ「外に出られたな」

スクナヒコナ「これしきで音を上げるとは情けない……」

唯「私の…肩に……乗ってただけだったくせに……」ぼそっ

スクナヒコナ「なんだと」プスッ

唯「あいた~~!!何でもございませぬぅ!!」

スクナヒコナ「ならよい」

律「おーーい唯!!」

梓「唯先輩!!」

唯「りっちゃん!!あずにゃん!!」



292 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 00:54:23.45 ID:X/Vjzm4Ko

唯「よくここにあたしがいるってわかったね!」

律「残るはこのほこらだけだからな!」

唯「えっ、じゃあ後は全部?」

梓「集めましたよ!」

スクナヒコナ「そうか…そなたらは将門公を
        復活させるのであったな」

スクナヒコナ「礼を言うぞ唯とやら…これを収めよ」

唯「ありがとうございます!」

唯は公の左足を手に入れた

律&梓「え……?」



294 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:45:46.82 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

唯「足りないって何が~?」

梓「頭です!」

律「ほこらはこれで全部のハズなんだ!」

唯「ということは……」

唯「ど、どこにあるんでしょう?」

律「知るかー!」

梓「困りましたね……」

唯「あずにゃんあたし疲れたよぉ~……」

梓「せ、先輩!もたれかかたないでください!」

律「地下にはないってことはミレニアムか!?」

梓「でもヒルコさんは地下に散らばったって……」

唯(地上……地下……)

唯(地上の……地下?)



295 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:47:06.87 ID:X/Vjzm4Ko

……さっき へんな なまくびひろった……

……ぶきみ うれない おまえら いるか?……

唯「あーーーーーーー!!!」

梓「に゛ゃあああぁぁぁ!?」

梓「唯先輩耳元で叫ばないでくだ……」

唯「ホーリータウンだぁ!!」

梓「はい?」

律「唯、心当たりあるのか!?」

唯「うん……首を拾ったって人がいたの!」

律「……行ってみよう!!」



296 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:47:58.99 ID:X/Vjzm4Ko

―――ホーリータウン 大教会

唯「おじさん!!」

住民「なんだ? このくび ほしいのか? ほしいのか?」

唯「どうしてもそれが……むぐぐ」

律(バカ!唯!!私にまかせろ)

律「なぁおっちゃん!それ、処分に困ってるんだろ?
  私達が引き取ってやってもいいぜー?」

住民「いい つぎの なまごみのひ だす」

律「ば……やめろ!」



297 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:48:46.96 ID:X/Vjzm4Ko

住民「? ………」

住民「20000魔貨で どうだ」

律(金取る気かこのオッサンはぁ~!)

律「ちょ、ちょっと待ってくれ」

律(おい!唯いくら持ってる?)

唯(………魔貨)

律(ゲッ……梓は!?)

梓(……魔貨です)

律(でかした梓!!)



298 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:49:29.78 ID:X/Vjzm4Ko

住民「いる いらない はっきりしろ」

律「8000魔貨だ!」

住民「すてるか」

律「ああああ9000!!」

住民「10000だ」

住民「10000魔貨で うってやる」

律「わ、わかったよっ!ほら」

律(くぅ~~!!)

じゅうみん「くび おまえに わたす ありがと」



299 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:50:28.49 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

律「これか!」

梓「ぽいですね」

―――揃えたようだな―――

律「ヒルコ!」

―――公の体を一つにするのだ―――

―――ロッポンギの邪教の館へ行け―――

梓「ようやくこれで……」



300 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:51:37.63 ID:X/Vjzm4Ko

―――邪教の館―――

館の主「何と!!将門公の体が全て
     揃っているではないか!!
     ぜひ合体させてくれ!!」
    
館の主「合体で将門公を復活させられるとは
     合体師冥利に尽きるというもの
     頼む!!この通り!!」
    
唯「む、むしろこちらこそお願いします」

将門の体が合体装置に収められる

館の主「おお……そなたらもしかと見届けるがよい!
     ……将門公復活の瞬間を!!」



301 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:52:15.60 ID:X/Vjzm4Ko

唯「………」

ゴポポポポポポ……

将門公の体が徐々に消えていき

中央にある魔法陣が輝き始めた……

カッーーーーーー!!

律「うわぁっ!!」



302 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:53:08.95 ID:X/Vjzm4Ko

……
………

将門「我は…平 将門……なるぞ……」ブルブル

律「な、なんか様子がおかしいぞ?」

将軍「ぐは……苦しい……なんだこれは……」ガクッ

唯「!?」

館の主「か、体はできたが……
     まだ何か足りないのではないか?」
    
律「えええ!?」

梓「と、とりあえずヒルコさんの所へ連れて行きましょう!」

将門「」

律「いいか?担ぐぞ!!せーのっ!!」



303 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 01:54:58.24 ID:X/Vjzm4Ko

唯達の手によって

平の将門は再びこの世に舞い戻ったかに見えた……

しかし平 将門は復活を遂げた直後に倒れてしまう

一体何が足りないというのだろうか……


第九章 ホンソウ!!  完




305 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/07/17(日) 01:57:19.88 ID:u1ulhANEo

おつ



306 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 02:47:57.15 ID:HImDEp02o

おつおつ
テンポいいな



307 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/17(日) 09:28:20.90 ID:l5vestyDO


サクサク進んでテンポ良いな





308 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:05:09.22 ID:IoY7WJOBo

律「はぁ…はぁ…ヒルコはいる!?」

ミュータント「なんと……」

ミュータント「ヒルコ様!!将門公が!将門公が!!」



309 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:06:13.09 ID:IoY7WJOBo

第10章 ウタノキモチ!


ヒルコ「よくぞ将門公の体を集めてくれた……」

将門「」

唯「で、でもこれじゃ…」

ヒルコ「将門公を復活させるには……
     実は私が持っている公の御霊がいる」
    
律「な……それを早く言ってくれよ!!」

ヒルコ「だが……将門公の御霊は今も眠りつづけておる」

ヒルコ「私達が何度呼びかけても
     魂は目覚めてくれぬ……」

梓「そんな……」

ヒルコ「昔…一度だけ将門公の御霊が反応を示したことがあった」

律「なんだ!?」



310 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:07:34.65 ID:IoY7WJOBo

ヒルコ「……[歌]だ…一度だけアマテラスの歌声が地下世界に
    聞こえたことがあった……」
    
ヒルコ「気持ちが込められた歌声に御霊が震えたのだ」

唯「…………」

ヒルコ「歌なんぞ……古の昔に忘れてしまったよ…」

すうーっ

唯「いま―わたしの― ねがいごとが―」

律「ゆ、唯?」

唯「かなうならば―つばさがほしい―」

梓「………」

ヒルコ「なんと……綺麗な歌声じゃ……」

―――この背中に 鳥のように―――

―――白い翼 つけてください―――



311 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:09:11.31 ID:IoY7WJOBo

……
………

ドッ…クン…   ドックン……

律「!!」

梓「御霊が!!」

ヒルコ「おお…将門公よ……」

ヒルコ「将門公の身体に御霊を入れて
     公は復活する!」
    
ヒルコ「今すぐ御霊を入れよう」



312 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:11:22.28 ID:IoY7WJOBo

……
………

将門「…ぬ……」

将門「おおっ……我が身体の隅々に
    力がみなぎってくるぞ……」
   
ヒルコ「将門公が復活された……」

将門「ヒルコか?我を再び蘇らせたのは?」

ヒルコ「公よ、ここに控えし
     唯達が働きによるものだ」
    
唯「あ……えへへ…」

律「どーもどーも……」

将門「そうか……そなただな?歌っていたのは?」

唯「あ……はい!」

将門「心の隅々まで染み渡ったぞ……」

将門「唯とやら……礼を言う
    …ところでヒルコよ
    急がねばならぬのであろう?」

ヒルコ「ただちに封印の岩戸へ参ろう」

ヒルコ「唯達も来るがよい」

唯「は、はい!」



313 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:12:05.46 ID:IoY7WJOBo

……
………

……ま、将門公!!!……

……おお……ついに復活された!!……

……トウキョウに光あれ……



314 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:13:14.85 ID:IoY7WJOBo

―――封印の岩戸(旧皇居)

ヒルコ「公よ、ここを開けて下され」

将門「承知した……」

将門が岩に手をかざすと

将門の体からまばゆい光が放たれる


ゴゴゴゴ……


ヒルコ「さぁ…天津の神々よ!出てくるがよい!!」

将門の力により洞窟を塞いでいた岩はどかされ

中から次々と天津神が顔を出す



315 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:13:59.57 ID:IoY7WJOBo

タヂカラオ「いやぁかたじけない
       わしの力も役に立たず 
       みすみす封印されたのは情けなかった」

タケミカヅチ「おのれ!!
        このわしをたばかって封印した奴に
        目に物見せてやる!そこをどけい!!」

律「おわぁっ!!」

タケミカヅチは走り去っていった……

ヒルコ「残るは最後の一人……」



316 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:15:29.00 ID:IoY7WJOBo

アマテラス「わらわの封印を解いてくれたのか?」

アマテラス「はっ……ヒルコ……」

ヒルコ「アマテラス…やはり
     そなたは光り輝いておる
     光が無くてはこの世は闇…」

アマテラス「ヒルコよ……そなたも
       苦しんだのだな……我々の封印まで
       解かれるようその者たちに頼むとは……」

アマテラス「そんな力を持つ人の子とは一体何者じゃ?
       唯、律、梓……
       今のそなたたちこそ光り輝いて見える
       重ねて礼を言うぞ」

アマテラス「ではヒルコよ…共に参ろう
       我らの傷ついた身体を癒すため
       あの金剛神界へ……」



317 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:16:47.76 ID:IoY7WJOBo

……
………

将門「どうやら私の仕事はすんだな
   しかし復活したばかりの私には
   ちとこたえたぞ……」

将門「だが身体を取り戻してくれた
    唯達に改めて礼をしたい……
    二つの品をそなたに授けよう」

唯「えっ…コレ…もらっていいんですか!?」

唯達はたいようのピラーと将門の刀を受け取った

将門「では私もしばしの間
    金剛神界で休ませてもらうとしよう…さらばだ」



318 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:17:54.06 ID:IoY7WJOBo

……
………

梓「みんな行っちゃいましたね……」

唯「これで…少しはトウキョウも良くなるのかな!?」

律「だといいな!」

律「さて……と…六本木にでも戻るか!」

唯「私お腹空いちゃったよ~!!」

梓「唯先輩……お金持ってるんですか?」

唯「あ……」

律「私達首を買ったせいでスッカラカンだろうが!!」



319 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:19:55.22 ID:IoY7WJOBo


―――六本木

ルイ・サイファー「おや、ユイ・ヒラサワ……奇遇だね」

唯「な、なんでここに!?」

ルイ・サイファー「かの平 将門公が復活されたと聞いてね」

ルイ・サイファー「そうだ…地上ではミオ・アキヤマが
          動き回っているようだな」

唯「澪ちゃん……」

律「そうだった……あいつ、大丈夫かな」

ルイ・サイファー「ファクトリーで何か問題が起きたらしいが」

律「なんだって!?」

梓「唯先輩!」

唯「律ちゃん!!ファクトリーに行こう!」



320 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:21:15.54 ID:IoY7WJOBo

―――ファクトリー


……~♪……

唯(やっぱり歌が聞こえる!!)

澪「唯!律!!来てくれたか!」

唯「澪ちゃん!!」

澪「えっと……そちらは…?」

梓「あ!な、中野 梓です!!」

律「こっちも色々あってな……
  一緒に戦ってくれる仲間だ!」

澪「そうか!よろしくな、梓!」

澪「みんな聞いてくれ……ここはセンターが
  ファクトリーなんて言ってるが実は……
  強制収容所なんだ!」

唯「うそ!?」

律「ど、どういうことだ……」



321 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:22:18.38 ID:IoY7WJOBo

澪「入れられた人はみんな死ぬまで
  働かされている
  何とかしなければ犠牲者は増えるばかり……」
  
澪「あそこを見てくれ」

唯達は澪が指差した方角を見た

唯「あの建物……」

澪「監視塔だ……
  そこにきっと何か原因があるはず!」
  
澪「一緒に来てくれ!」



322 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:22:52.30 ID:IoY7WJOBo

……
………

澪「妙だな……見張りがいない……」

律「チャンスじゃないか!正面突破しちまおうぜ~!」

澪「あ、あぁ……」

……~~♪……

唯(この塔から……歌が聞こえる?)



323 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:23:31.95 ID:IoY7WJOBo

―――監視塔

梓「誰もいませんね……」

澪「静かすぎる……」

澪「……!!……出てこい」

「ハッハッハ……」

ベルフェゴール「良く分かったな」

律「監視塔に悪魔!?」

ベルフェゴール「残念だがここを通すわけにはいかん」

ベルフェゴール「おとなしく死ね!!」



324 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:24:48.54 ID:IoY7WJOBo

魔王 ベルフェゴールが 一体出た


唯「いくよ……坤竜丸」スラァ

……出番か……

……いいだろう……

澪「くそっ!こんなトコで!!」

ベルフェゴール「うりゃぁ!!」ブン!

唯「ぐっ……」ガキィッ

律「ザンマ!!」

キイイイィィィ 

ベルフェゴール「そうはいくか!」サッ

ボゴォ



325 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:25:42.45 ID:IoY7WJOBo

律「澪!!今だ!早く行け!!」

唯「あたしたちが何とかするから行って!」

澪「みんな……すまない」ダッ

ベルフェゴール「一匹逃したか……」

律「お前の相手はあたし達だろ?」

唯「あずにゃん」チャキッ

梓「はい」チャキッ

唯梓「だああああ!!」



326 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:26:39.96 ID:IoY7WJOBo

……
………

澪「はぁ……はぁ……」カンカンカン

……~~♪……

澪「これは……」



327 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:29:04.81 ID:IoY7WJOBo

……
………

律「もうすぐだ!!」カンカンカン

澪「唯達か!?」

唯「!!……澪ちゃん!!」

澪「こっちに来てくれ!!」

唯「これが……原因?」

そこには妖鳥 セイレーンが牢屋にいた

扉はすでに澪の手によって開けられていた

しかしセイレーンななおも悲しげな歌声で歌い続ける

澪「やめろ!歌うのをやめてくれ!!」

~~♪



328 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:30:12.47 ID:IoY7WJOBo

澪「どうしたらいいんだ!?」

唯「あきらめよう……」

澪「な……!?」

唯「あ、いや……あんなに我を忘れるほど歌うなんて……
  きっと何かあるんだと思う」

唯「人の心を奪うくらいの悲しい歌……」

梓「どうします?」

澪「しょうがない……一旦ホーリータウンに戻ろう」



329 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:31:03.37 ID:IoY7WJOBo

―――ホーリータウン BAR

澪「おい……私達未成年だろ!
  しかもこんなことしてる場合じゃ……」
  
律「固いこと言わなーいの!マスター!牛乳くれ!」

律「ここは情報が飛び交ってるからな……
  何か得られるかもしれないだろ?」
  
澪「なるほどな……」

梓「あー!!私のお肉食べないでください!!」

唯「腹が減っては戦ができぬだよあずにゃん!」

梓「だからって人の分まで……ダメです!
  これは絶対ダメ!楽しみに取って……」

澪「………」



330 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:31:57.93 ID:IoY7WJOBo

……街頭テレビを見たか?……

……地下世界の……

律「………」

……おい!おかわりまだか……

……ファクトリーの歌……

澪「!!」

律「澪、行くぞ!」



331 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:33:25.63 ID:IoY7WJOBo

律「おい、その話詳しく聞かせてくれ!!」

男「なんだぁ~!?」

男「話が聞きたいならこれっ!もう一杯!
  おごってもらおうか」

澪「マスター!」

……
………

男「どうもありがとよ!
  それじゃあ話を聞かせてやろう
  ファクトリーに流れてるのは聞く者の心を
  奪うというセイレーンの歌さ」

男「セイレーンは魔界で恋人と幸せに
  暮らしていたのを引き離され
  ファクトリーに連れてこられたんだ
  それ以来ファクトリーにはセイレーンの
  歌が流れそこの人々は操られて
  暮らすようになった」

男「だがセイレーンには人々を操るつもりは無く
  ただ悲しみのあまり歌っているだけなのさ……」

男「もう一つ教えてやろう……
  魔界で思い出したんだが
  大教会で人形を使って魔界へ行こうと
  している奴がいるらしい……」

律「!!」

律「唯!!ちょっと来い!!」

澪「梓も!!」

……大好物は一番最初に食べるのが……

……いいえ!違います!!最後まで大事に……

律澪「お前らいい加減にしろっ」

ゴスッ
ゴンッ



332 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:34:43.09 ID:IoY7WJOBo

―――大教会

男「何?俺がここで何をしてるか知りたいのか?」

男「俺ははだな……魔界へ行こうという
  高い志をもった男なのだ
  ……まだ成功はしていないがな
  お前達も魔界へ行く方法を
  知りたいのか?」

澪「ぜひ教えてもらいたいです!!」

男「そうか、お前達も高い志を持っているのだな」

男「では教えてやろう
  不思議な力を持った人形4体を集め
  その人形を現界と魔界が
  近づいている場所に置く……
  すると魔界の入口が開くのだ
  ところが俺は4体のうち
  たったの1体しか集められなかった
  ……というわけで
  おれが持ってる”ねむるにんぎょう”
  どうだい?欲しいかい?」

律「ね、眠る人形!!」

唯「ジャンク屋さんが言ってたやつだ!」

唯「私達も実は……」



333 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:35:51.53 ID:IoY7WJOBo

男「こりゃたまげた!!3体揃ってるじゃないか!!
  負けたよ……
  魔界へ行くというおれの志はお前達に託した!」

男「このねむるにんぎょうをあげよう……
  じゃあ頑張れよ!
  実験室はこの真上の部屋だ」

男は去っていった

律「よーし!人形を使ってってのがちょっと
  怪しいけど……やってみる価値アリだな!」



334 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:37:10.14 ID:IoY7WJOBo

……
………

唯「じゃあ、置くよ?」

澪「あぁ……」

唯は4体の人形を順番にセットした

カッ――――――!!

壁に次元の裂け目が出現し……

魔界への入り口が開いた



335 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:37:41.78 ID:IoY7WJOBo

澪「………で?」

律「と、飛び込めってか……」

唯「私……行ってみる!!」

梓「ゆ、唯先輩!?」

唯「おっ先ぃ~!」ぴょんっ

シュンッ……



336 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:39:20.23 ID:IoY7WJOBo

澪「消えた……」

澪「待って唯!!私も行く!!」ぴょん

シュンッ……

梓「………」

律「どーした梓」

梓「ほ、ホントに飛び込むんですか?」

律「行くしかないだろ」

梓「これ……この下どうなってるんですか?
  高い所は……無理なんです」

律「上とか下とかあるのかな?
  転送ターミナルだと思えば大丈夫だ!」

梓「そんな無茶な……ちょっと心の準b」

律「いーから早く行け」ゲシッ

梓「アッー!」

シュンッ……

律「ったく……」ぴょん

シュン……



337 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:40:12.18 ID:IoY7WJOBo

ファクトリーの人々を洗脳していたのは

セイレーンの歌だった

唯達は引き裂かれたという

セイレーンの恋人を探すべく

次元の裂け目より魔界へ旅立つ


第10章 ウタノキモチ! 完




339 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 00:45:29.57 ID:BAiAAyHXo

おっつ~



340 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/18(月) 05:22:35.97 ID:CXRFYcuto

期待






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「真・けいおん転生!!」 ~M・PROJECT編~#3
[ 2011/08/01 16:20 ] クロス | 女神転生 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6