SS保存場所(けいおん!) TOP  >  妄想 >  俺「た、大変なことになりましたにょ」菖「にょ?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






俺「た、大変なことになりましたにょ」菖「にょ?」 【妄想】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1312693263/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:01:03.41 ID:jo+bSsQw0

俺「なりましたよ?」

菖「にょ?」

俺「大変だー!大変だー!!」

菖「にょ?」

俺「てーへんだー!!てーへんだー!!!」

菖「にょにょにょ?」

俺「噛んだだけだよ!!そんなに食いつくなよ!!バーカ!!」

菖「あはははははははは!!!にょだって!にょ!あはははは!!」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:05:21.76 ID:jo+bSsQw0

菖「それで?何が大変なのかにょ?」

俺「まだ引っ張るかこのアマ」

菖「いえいえ私も噛んだだけですにょ」

俺「……」

菖「……」

俺「うるせーバカヤロー!!!」

菖「あはははははははは!!!だってにょだよ!?にょー!!」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:10:04.35 ID:jo+bSsQw0

俺「いいよいいよ!そんないじわるするなら何が大変か教えてやんないかんね!!」

菖「別に聞きたくないしー」

俺「絶対教えないからな!!」

菖「はいはい」

俺「……」

菖「……」

俺「……」

菖「……えっ、ホントに教えてくれないの?」

俺「ぜーったい教えねー」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:15:03.62 ID:jo+bSsQw0

菖「教えてよ」

俺「やだ」

菖「教えなさいよ」

俺「やだですよー」

菖「……」

俺「……」

菖「お、し、え、な、さい!!」

俺「やーだね!!悔しかったら捕まえてみろー!!」ピョンピョン

菖「このぉー!!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:17:05.97 ID:jo+bSsQw0

菖「あっ」

菖「という間に捕まえちゃった」

俺「……」

菖「運痴だなぁ」

俺「……ほっといてくれ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:19:50.47 ID:jo+bSsQw0

菖「さっ!約束通り教えてもらえるかな?」

俺「約束?俺は悔しかったら捕まえてみろって言っただけで
  捕まえたら教えてやるなんて一言も言ってませんよ?」

菖「……」

俺「やーいやーい!早とちりしてやんのー!!」

菖「ぐ……」

俺「いやあ、まさか嘘もつかないうちに一人で勝手に騙されるとは!!アホだねぇ!!」

菖「……」ピキピキ

俺「世の中からアホを三人選べと言われたら俺は真っ先に菖ちゃんを……」

菖「……」プルプル

俺「……」

俺「……と、というわけで逃げます逃げます」ダダッ

菖「ま、待ちなさいよこのアホー!!」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:23:41.30 ID:jo+bSsQw0

ドタバタドタバタ

菖「待てー!待ちなさい!!ひっぱたいてあげるから!!」

俺「待てと言われて誰が待つか、って今まで何万回言われてきたと思ってんだよ!!
  やっぱり菖ちゃんはアホだなぁ!!アホーアホー!!」

菖「うるさーい!!」

俺「やーいやーい!!」

恵「ずいぶん楽しそうね」

俺「えっ、まっさか!俺は今悪魔に追っかけ回されt

恵「……」

俺「……」

恵「ここ、女子寮なんだけど」

俺「そ、そうですネ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:25:44.70 ID:jo+bSsQw0












梓「それで、出禁になったと」

俺「……大変だぁ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:29:20.91 ID:jo+bSsQw0

純「まあ、たまにはいいんじゃない?桜高も楽しいよ?」

俺「ダメだよ……俺は高校と名の付くものは例外なく嫌いなんだ……」

憂「ええー」

俺「俺の高校時代には思い出がない。楽しかった記憶がない。すっからかんだ
  たまにあずまんが大王とか読むとあとから死にたくなる」

菫「……」

俺「というかもう俺が本当に高校に通っていたのかすら疑わしい」

直「……」

俺「高校はダメだ……ダメなんだよ……」

梓「前々から思ってましたけど俺さんってたいがいダメ人間ですよね」

俺「よせやい」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:33:33.42 ID:jo+bSsQw0

梓「でも出禁なんですよね?しょうがないじゃないですか」

俺「うん。今度見つかったら多分曽我部さんに八つ裂きにされる」

菫「そ、そんな先輩がいるんですか……大学って怖いところなんですね」

直「なんで本気にしてるのよ」

俺「んあ」

直「は、はい?」

俺「……」

直「?」

俺「ちょく」

直「 な お です!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:34:35.08 ID:jo+bSsQw0

俺「おー奥田ちゃんじゃないか!ついに下の名前も解禁したんだね!!」

直「はい。私の名前、直だったみたいです」

俺「な、なんでそんな他人事……?」

直「?」

俺「ま、まあいいか!よろしく直ちゃん!」

直「何をよろしくかはわかりかねますがよろしくお願いします」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:39:17.32 ID:jo+bSsQw0



俺「N女子大の寮に帰還するために俺は曽我部さんを懐柔せねばならないのだ!!!」

純「怪獣とな」

俺「懐柔!うまく手なづけ自分に従わせることだよ!!」

菫「あ、悪魔の所業です……」

俺「い、いや辞書の引用だから。別にそんな手なづけたりはしないから」

純「鬼畜ー」

俺「いやだから……」

梓「けだものー」

直「悪鬼羅刹ー」

俺「……な、なんだってこんな敵だらけなんだ……
  これだから高校は嫌いなんだ……くそぅ…くそぅ……」

憂「あ、あはは」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:43:31.05 ID:jo+bSsQw0


俺「とにもかくにも曽我部さんと接触しないことには始まらないんだよ!!」

菫「その……曽我部先輩は今どこに?」

俺「N女子大の寮だよ!」

菫「あれ?でも俺さんって……」

俺「出禁だね!!」

菫「……」

俺「……」

純「もう諦めたら?」

俺「そ、そんなこと言うなよ!!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:47:51.28 ID:jo+bSsQw0

純「じゃー選択肢は二つに一つってとこかなー」

俺「おおっ!さすが純ちゃんいざという時頼りになるなるぅ!!」

純「へっへー」

俺「してその選択肢とは?」

純「一つ目は出待ち!
  曽我部先輩が寮から出てくるまで玄関先で待ってよー!」

俺「ふむふむ」

純「二つ目は潜入!
  こっそり部屋に忍び込んで曽我部先輩を懐柔しよー!」

俺「なるほどー!」

純「どう?多分もうこれしかないと思うけどなー」

俺「どうもなにも不審者として通報されるENDしか見えないよ。バカかお前は」

純「こんな状況を作った自分を恨むべきだと思うよ、私は」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:51:16.24 ID:jo+bSsQw0


俺「じゃあちょっと潜入してくるから!!」

梓「そ、そっちを選びますか……」

俺「俺は人を待つのが嫌いだからね!せっかちさんなんだよ!!」

梓「はぁ」

俺「具体的な話をするとね。俺は人を待っていると
  そのうち自分はもしかして騙されたりして
  置いてけぼりにされているんじゃないかという妄想に駆られてしまうから
  人を待つという行動は極力避けたいんだよ」

直菫「……」

純「ネクラか!」

俺「うるせー!!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:53:24.04 ID:jo+bSsQw0


俺「とにかく行ってくる」

憂「い、いってらっしゃーい」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:55:36.62 ID:jo+bSsQw0






恵「……」

俺「……」

恵「出入り禁止のあなたがどうして私の部屋の前で正座してるのかしら?」

俺「いや、これには深い事情がありまして」

恵「その事情はお巡りさんにお話してね」ピポパ

俺「待って!やめて!!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 14:59:32.58 ID:jo+bSsQw0



恵「和平交渉?」

俺「そーなんです!!今日は曽我部さんと親睦を深めて出禁を解いてもらいに来たんです!!」

恵「ふーん……」

俺「さあ俺と親睦を!」

恵「でも……」

俺「?」

恵「寮に入りたいだけなら私に見つからないように
  こっそりしてればいいんじゃないの?わざわざこんな面倒くさいことしなくても」

俺「なっ!友達はたくさんいた方がいいに決まってるじゃないですか!!
  何言ってんですか曽我部さん!!」

恵「……どの口がそれを言うのかしらね」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:03:37.82 ID:jo+bSsQw0

恵「親睦を深めるといっても具体的には何をするつもりなの?」

俺「ノープランです」

恵「……交渉決裂ね」

俺「ああっ!待って!!頑張ります頑張りますから!!」

恵「はぁ……それで?」

俺「か、形から入りましょう!!友達になろうとするんじゃなくて友達っぽいことから始めましょう!!
  どうです?名案でしょう!!?」

恵「じゃあその友達っぽいことって?」

俺「えー……あー……」

恵「……」

俺「……ざ、雑談とか?」

恵「雑談ねぇ」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:06:53.12 ID:jo+bSsQw0



俺「い、いい天気ですねー」

恵「そうね。それこそ暑いくらい」

俺「あー……」

恵「……」

俺「さ、最近どうです?何かいいことありました?」

恵「私は特に……俺君は?」

俺「まっさか!そんな最近いいことだなんて
  せいぜい自販機のお釣りのとこで10円ゲットしたとかそんくらいのものですよ!!」

恵「結構貧乏くさいことするのね……」

俺「……すいません」

恵「別に謝らなくてもいいんだけど……」

俺「はいすいません……」

恵「……」

俺「……」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:10:14.78 ID:jo+bSsQw0

俺「話弾まねー!!」

恵「いきなり難易度が高すぎたのかもね」ケラケラ

俺「す、助っ人を!助っ人を呼びましょう!!」

恵「助っ人?」

俺「はい!よく考えてみたら俺は人の目を見て話すことが超苦手でした!」

恵「ダメダメね」

俺「ダメダメですよ!」

俺「ダメダメだから一人助っ人を連れて来てカウンターパートになってもらいましょう!!
  そうすればきっとうまくいきますよ!!」

恵「そうかしら……でも誰を呼ぶの?」

俺「俺と曽我部さんの共通の知り合いで
  なおかつ曽我部さんの心を解きほぐしてくれそうな人なんて……一人しかいないでしょー!!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:14:16.99 ID:jo+bSsQw0






恵「(熱っぽい視線)」

澪「(助けを求める眼差し)」

俺「(寝たふり)」

恵「……」

澪「……」

俺「……」

恵「……」

澪「……」

俺(……じ、人選ミスだ。完全な人選ミスだ)



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:18:19.07 ID:jo+bSsQw0

澪「……おい!おい!」ヒソヒソ

俺「zzz」

澪「そういうのいいから!」ゴチン!

俺「ぎゃあ!?」

澪「これどういうことだよ!呼ばれて来たのになんでこんなことに!?」

俺「いやーすまない完全に俺のミスだった。もう帰っていいよ」

澪「はあ!?」

俺「というか帰ってくれないと曽我部さんの意識が俺に向かないでしょー!!
  澪ちゃんが入って来てから見つめっぱなしじゃん!!仲良くも何もあったもんじゃないよ!!」

澪「だからワケを教えろって言ってるんだよ!
  こっちはなにがなんだかさっぱりわからないのにいきなり帰れってどういうことなんだよ!!!」

恵「あら?もう帰っちゃうの?もーっとゆっくりしていってもいいのよ?」

澪「……」ゾワワッ

恵「ジー」

澪「か、帰りますっ!」

俺「おつかれさーん」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:22:18.91 ID:jo+bSsQw0




恵「……」

俺「き、機嫌治してくださいよ曽我部さん」

恵「……別に?機嫌を損ねたりはしてないけど?」

俺「つ、次の助っ人をもう呼んでますから!!ね?ね?」

恵「……」

俺「ムギちゃーん!!!早く来てくれー!!!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:41:35.03 ID:jo+bSsQw0

紬「雑談がしたい?」

俺「yes!yes!だからムギちゃんにはおいしいお茶とナイスな相槌を提供してほしいんだよ!」

紬「うーん……」

俺「具体的に言うと原作ニ巻頃までの立ち回りをしてほしい」

紬「……」

恵「琴吹さんのお茶は一度飲んでみたかったのよね」

俺「俺もです」

紬「はぁ……」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:45:42.61 ID:jo+bSsQw0





恵「あ、おいしい!」

紬「そういってもらえると嬉しいです」

俺「ふーん」ゴクゴク

紬「……」

恵「紅茶ってそういう風にがぶ飲みする飲み物じゃないと思うの」

俺「がぶ飲み出来るほどおいしいお茶ってことですよ!!」

紬「あんまり嬉しくない……」

俺「ひどーい!!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:52:34.98 ID:jo+bSsQw0

恵「でも本当においしい……軽音部では毎日こんなおいしいお茶を飲んでたのね」

紬「あ、あはは……」

俺「お茶はいいものですね心が落ち着きます」

恵「ホントね」

紬「……」

俺「どうかした?」

紬「俺さんのおかわりしたのはウーロン茶だけど……」

俺「ウーロン茶飲んで心を落ち着けたっていいでしょー!!」

紬「焼き肉じゃないんだから……」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 15:58:58.07 ID:jo+bSsQw0



恵「はふぅ……しあわせ」

紬「……」ニコニコ

俺「……恵さん恵さん。心の穏やかな恵さん」チョイチョイ

恵「なに?」

俺「どうでしょう。ここらで俺の出入りを認めてやってはいただけませんかね?」

恵「え?いいわよ。もう好きにしちゃって構わないわ」

俺「約束ですよ?もう怒ったり通報しないでくださいね?」

恵「しないしない」

俺「……」

恵「ふぅー……」

俺「ありがと曽我部さん!!!ムギちゃんは置いていくんで好きにしちゃってください!!!」

恵「あら、ありがとう!」
紬「ええっ!?」

俺「まったねー!!!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 16:03:27.52 ID:jo+bSsQw0



俺「そういうわけで先輩公認で好き勝手出来るようになったんだよ」

菖「へー」

俺「なんでそんなに無関心なの」

菖「いや曽我部先輩の公認もらったのはいいけどこの寮にあと何人住んでると思ってんの」

俺「んん?」

菖「もしかして全員懐柔しにいくつもりだったりする?」

俺「……」

菖「……」

俺「や、やり方間違えたかな……」

菖「知ーらない」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/07(日) 16:05:57.41 ID:jo+bSsQw0

めでたしめでたし




関連記事

ランダム記事(試用版)




俺「た、大変なことになりましたにょ」菖「にょ?」
[ 2011/08/07 21:53 ] 妄想 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3486 [ 2011/08/07 22:44 ] [ 編集 ]

唯が出てこない…これいつもの人だよな?

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6