SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「うい殴ったったでww」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「うい殴ったったでww」#前編 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253672782/
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253963566/

唯「うい殴ったったでww」#前編
唯「うい殴ったったでww」#中編
唯「うい殴ったったでww」#後編




管理人:スレタイ通りの展開です。閲覧にご注意下さい。






1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:26:22.35 ID:2HMBXPJz0

律『は?なんだって?もしもーし』

唯「さっきういにお金貸せ言うたら貸せんて反抗してきよったから腹殴ったったw」

律『えっ……やばくない?』

唯「全然やばないでw腹押さえて台所のスミにうずくまりよったでw」

唯「ほんで今ういの豚さん貯金箱叩き割って中身持ってゲーセンおるでww」

ピューン ガガガガ…

律『うっそ、マジで!?私も行っていい!?』

唯「ええでりっちゃんw遊ぼうでww」

律『しゃっけーい!すぐいくでww』ピッ



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:28:40.86 ID:2HMBXPJz0

律「ゆーい~」

唯「あ、りっちゃーん!こっちこっちぃ」

律「おーっす!遊ぼうぜー」

唯「へへ、たんまり貯めこんどったでw」ジャラジャラ

律「うわっ、全部500円玉じゃん!」

唯「『お姉ちゃんに○○してあげたつもり貯金』らしいでw」

律「うわぁ~」

唯「ほやきん私がつこてもモーマンタイなんだでwこれw」

律(そうかなぁ…でもタダで遊べるんだしなんでもいいか)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:35:13.32 ID:2HMBXPJz0

唯「なにやろう?何しよ~w」

律「あのエイリアンのガンシューやろうぜw」

唯「ええで!やろうでwこんだけあったらクリアできるでw」ジャラジャラ


―――――

憂「うぅっ、痛い……ハァハァ……」

憂「もうこんな時間…今日のお夕飯の食材買ってないや…」

憂「すぐ買いに行かなくちゃ。今日はお姉ちゃんの好きなハンバーグにしようっと」

憂「あっ、その前にお米セットしてから行こう」

ジャッジャッジャッ…

憂「ふぅー……炊飯器予約っと」ピッ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:40:28.77 ID:2HMBXPJz0

・・・・

憂「うぅ、歩くたびにお腹が痛む……」トボトボ


梓「あっ、憂~」

憂「? 梓ちゃん!」

澪「やぁ憂ちゃん」

憂「澪さん。どうしたんですか?二人で」

澪「えーっと…」

梓「お姉ちゃんとデートしてるんだ」

憂「えっ?」

澪「へへ……梓今私の妹なんだ」

憂「な、なんですかそれ?」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:41:59.26 ID:2HMBXPJz0

澪「なんか急にお姉ちゃんになって欲しいって言われてさ」

澪「私も妹欲しかったし丁度いいかなーと思って//」

梓「ごっこ遊びみたいなものだけどね」

憂「そうなんだ~」

澪「それより憂ちゃん大丈夫?お腹おさえてふらふらしてたから声かけてみたんだけど」

憂「あっ、えっと……だ、大丈夫です」

澪「そう?それならいいけど…」

梓「お姉ちゃん行こうよー」

澪「ごめんごめん…それじゃ憂ちゃん、またね。唯によろしく」

憂「あっハイ……またです」

キャッキャッ…ウフフ…


憂「……」

憂「いいなぁ…私もう長いことお姉ちゃんとデートなんかしてないよ……」トボトボ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:51:44.29 ID:2HMBXPJz0

―――

ピュンピュン… ギャボー

律「あぁ、マシンガンの弾無くなったっ!」

唯「うりゃああああ」バルバルバル

律「仕方ないハンドガンで…」パンパン

ピロン!

律「あ、弾出た!ゲッt」
唯「もーらい♪」バルル

律「あ゛ッ!?」

律「こらあああ唯まだ残ってるんだから私に取らせろよぉお!!」

唯「早いもん勝ちだでこれw」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:54:05.42 ID:2HMBXPJz0

律「き、協力プレイしてるんだぞこのっ……」

唯「あ、そっかーごめーん。つい」

律「ったく……」

ドバーン!

唯「わぁあああ!?」

律「うてうてー!撃てえええ」パンパンパン

ボギャーン!

唯「びっくりしたー。いきなり飛び出てくるのやめてほしいよ~」

律「やっぱりハンドガンじゃ捌ききれない…かなり体力減っちゃったぞ」

唯「りっちゃん死にそうだでw」

律「次に弾出ても取るなよ!あ、ライフアップも取るなよな!!」

唯「わーかってるよぅ~」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:56:03.28 ID:2HMBXPJz0

唯「りっちゃんあっこにドラム缶あるよ」

律「おっ!」パンパンッ

ピロン!

律「あ、ライフアップでt」
唯「げっとおおおお」バルルルッ

律「……」

唯「あっ」

律「……あっじゃねえよ…」

唯「…大丈夫だよりっちゃん!死んでもガンガンこんてにゅーしていけるでw」ジャラジャラ

律「まぁそうだよなぁーっw神風スタイルでガンガン行くかw」

唯「いこうでwいのちそまつにでやったろうでw」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:57:36.79 ID:2HMBXPJz0


ドギャオオオオン!

律「はぁはぁ……やった!クリアしたぞ!唯やったなぁ~!」

唯「嬉しいよぉお初めてクリアしたねりっちゃん!」

律「35回コンテニューした甲斐があったってもんだなぁ……ぅう、感動してきた…」

唯「私もだよりっちゃん…諦めなければ努力は報われるんだね……ヒグッ……」グスン

律「んじゃ次ダイナマイト刑事やろうぜw」

唯「ええでwやろうでりっちゃんww」

律「私ブルーノな!」

唯「えええシンディやだよ私がブルーノやる!」

律「唯へったくそだからブルーノがかわいそうだろ…」

唯「お金出すの私だよ?りっちゃん」

律「いや憂ちゃんの金じゃん」

唯「でも取ったの私だからもう私のお金だもん」

律「……しょうがないなぁあじゃあ私シンディでいいよ…もぉおお」

唯「やったでwほじゃお金入れるでww」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:01:37.20 ID:2HMBXPJz0

――――

憂「えーっと、挽き肉挽き肉……お姉ちゃん牛多めの方が好きだから~」ガサガサ

憂「付け合せのお野菜も買って……」

憂「ふー…スープはどうしようかなぁ」

憂「夏だしビシソワーズなんて作ってみたらどうかな♪へへへ」

憂「あ!あとお菓子も買っておかないとね。アイスとか」


憂「ん?」ピタリ

憂「北海道フェアだって。色々あるなぁ…へー」ガサ

憂「サンマの挟み漬け?ふーん…へぇえ~。こっちはなんだろう……」

憂「北海道バニラアイス!おいしそ~。最後の一個だ」

憂(食べてみたいなー……)

憂「……買っちゃおうかな~……うわっ、高い!500円もするよ~」

憂(…どうせお姉ちゃんは今頃私の貯金使って遊んでるんだし、私だってこれぐらい……)


憂「いいや、買っちゃえ!えっへっへぇ~… ふんふん♪……」カラカラ



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:07:10.57 ID:2HMBXPJz0

――――

ドギャゴーン!

律「やった…クリアできたぜ!!凄いなぁお金さえあればどんなゲームでもクリアできる!」

唯「あははそうだねりっちゃん、お金ってすごい!」

律「腹へったなー」

唯「そろそろ晩御飯の時間だよぉ」

律「帰るか?」

唯「うーん……あ、こないだ帰りに見つけたお店いかない?良さそうって話してたいたりあん!」

律「え、ああいうとこって夜は高くないか?私そんなにお金持ってきてないぞ…」

唯「大丈夫大丈夫wういのお金まだたんまりあるで、おごるでw」ジャラジャラ

律「」

律「そ、そっかー!そうだよなぁはははじゃあ行くか~w」

律(しかし全部500円玉で払う気なのかな、ちょっと恥ずかしい……)



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:09:19.36 ID:2HMBXPJz0

――――

憂「うぅー、買いすぎちゃったかなぁちょっと重い……」ヨタヨタ

憂「でも早く帰って作らなきゃね。お姉ちゃんきっとお腹空かせて帰ってくるもん」

憂「……あっ」


唯「あははは面白かったねりっちゃ~ん」

律「おぉ、久しぶりにゲーセンで金使いまくったなぁ」


憂「お、お姉ちゃん!(と、律さん)」

唯「あれ、ういw」

律「!!(やべ…気まずいぞこれは)」

憂「お姉ちゃんゲームセンターで遊んでたの…?」

唯「うん、ういありがとね~!ういのお金たくさんあったから色んなゲームくりあできたよw」

憂「そ、そっかー……」チラリ

律「……(うっ…めっちゃ見られてる……)」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:14:36.12 ID:2HMBXPJz0

唯「ういは何してるの?」

憂「あ、夕飯のお買い物…今日はハンバーグだよお姉ちゃん♪」

唯「ほんま!?あーでもごめんご飯いいやwりっちゃんと食べに行くから」

憂「えっ…お、お金あるの?」

唯「あるで!ういのつもり貯金まだたんまり残っとるでw」ジャラジャラ

憂「」

唯「りっちゃんにもおごってあげるんだでw」

律「」

憂「……」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:15:48.75 ID:2HMBXPJz0

律「は、ははは!なんだマジだったのか唯~!?冗談だと思ってたよ!」

唯「え?りっちゃん何言ってるの?」

律「いやいやいや!私最初っから家で食べるつもりだったし!」

律「じゃあ帰るからな!またなー!!」タッタッタッ…

唯「あ、りっちゃ…」

憂「……」

唯「…うい、食べに行く?」

憂「……家で食べよう?お姉ちゃん」

唯「わ、分かったで」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:22:17.37 ID:2HMBXPJz0

唯「うーいー、ま~だぁあ?はんばーぐまだー?」チンチン

憂「できたよお姉ちゃ~ん、はい」トン

唯「うわぁあおいしそうだよぉ~!」

憂「待っててね、私の分も持ってくるかr」
唯「いただきま~す!」モグモグ

唯「おいひい!おいひいよぉお~」ガツガツ

憂「……」


憂「ふぅ~、じゃあ私も食べようっと」

憂「いただきまーs」
唯「ういー!」

憂「な、何?お姉ちゃん」

唯「ごはんおかわり!」

憂「…うんすぐよそってくるね、どれぐらいいるの?」

唯「大盛りやで!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:24:06.98 ID:2HMBXPJz0

憂「も~、食いしん坊なんだからぁ」

唯「へへへ…はんばーぐおいしすぎるからご飯止まらんのやでw」

憂「お姉ちゃんったら~//」


憂「よっ…と」ペタペタ

憂「はいお姉ちゃん、カチ盛りだよ~♪」ドン

唯「ひゃああすごいよぉお!」

憂「ふー。…いただきまーす」

憂(ちょっと冷めちゃってる…)モグモグ

唯「おいひい!おいひいで~」パクモグ

憂「ふふふ、ほんとー?良かったぁ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:26:58.54 ID:2HMBXPJz0

憂「……」モグモグ…

憂「…あのね、お姉ちゃん。お願いがあるんだけど~…」

唯「モグモグ……ングッ。 なに~?」

憂「わ、私のお金まだ残ってるでしょ?返して欲しいな~って」

唯「嫌だでw」

憂「」

憂「で、でも一生懸命貯めたお金だから……」

唯「えぇー……」

憂「……お願いお姉ちゃん、たくさん遊んで楽しんだからもういいでしょ?」

唯「でもー」

憂「…………」ショボン…

唯「分かったよぉ、返すようい……」

憂「! あ、ありがとうお姉ちゃん!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:29:43.41 ID:2HMBXPJz0

唯「へへ、ういにションボリされたらかないまへんわ~」

憂「えへへへ」

唯「なーんて嘘だでw」

憂「」

唯「ばんばんつこうたるで、だってこれお姉ちゃん貯金だでw」

憂「ち、違うよお姉ちゃんに何かしてあげたつもり貯金だよぉ……お金は私のだよ」

唯「違うでお姉ちゃん貯金だで!そうだったらそうなんだで!」

憂「うぅ……」

唯「ごちそうさま~、私部屋行ってるね!」

憂「お姉ちゃん待っ」

ガチャ バタン!

憂「おね…………」

憂「……」モグモグ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:36:17.82 ID:2HMBXPJz0

憂「ごちそうさまー」カチャ

憂「それじゃ食器洗って…終わったらアイス食べよ~っと♪」

憂「えへへ、北海道だもんね!おいしそうだなー楽しみだよ」

ジャバジャバ…

憂「すすいだ瞬間きゅきゅっと落ちて~♪」キュッキュッ

憂「ふん♪ふん♪」

ドタドタドタ… ガチャッ


唯「うぅうういいいい!あいすー!!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:37:38.17 ID:2HMBXPJz0

憂「はーい冷蔵庫に入ってるよぉ、私今食器洗ってるからー」

唯「うーぃ、分かったぁ」ガチャコ

憂「♪ふんふん…」キュコキュコ

憂「……あッ!?」バッ

憂「お、お姉ちゃん待ってやっぱり私が取ってあげr」
唯「なんじゃこりゃあああああ!!?北海道アイスだで!!!」

憂「」

唯「ういこれどうしたの!?すごいおいしそうだよぉお~!」

憂「あ、あのねお姉ちゃんそれ……わ、わ……」

唯「いっただっきまーーーす!!」ザスッ!モグ

憂「わた……し…の……」

唯「おいひい!なんじゃこりゃああめっひゃ濃厚だよぉお!!」バクモグ

憂「…………」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:39:12.32 ID:2HMBXPJz0

――――

ザワザワ…


ガチャ

憂「はぁ~……」

梓「おはよー憂。なんか元気ないね」

憂「あ、おはよう梓ちゃん……えっとね…」

梓「うん」

憂「……やっぱりなんでもないや」

梓「うん?」

憂「梓ちゃん昨日はデート楽しかった?」

梓「楽しかったよ~ん」

憂「いいなぁ~…」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:41:52.69 ID:2HMBXPJz0

梓「憂もデートすれば?唯先輩と」

憂「したい!けど……」

梓「けど?」

憂「最近お姉ちゃんちょっと変だから…」

梓「えっ、変?」

憂「なんかどんどん荒くれ者になってるっていうか…まるでパイレーツだよ」

梓「ふるーいw古いよ憂w」

憂「え?」

梓「だっちゅーのでしょ?パイレーツって」

憂「ち、違うよそのパイレーツじゃなくて本物の方だよ…」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:45:08.76 ID:2HMBXPJz0

梓「本物って…え?どういう意味?」

憂「だからぁ、バイキングの方!」

梓「んん…?ご飯食べ放題にしろってわがままいうの?はは、唯先輩らしいねw」

憂「ち、違うよぉそれも……」

梓「えー、じゃあ何なの?よくわかんないよ憂…」

憂「えと…だからその……略奪するやつだよ。海賊!」

梓「?…あぁ~、海賊! ……は?唯先輩が~?」

憂「う、うん…一生懸命貯めてた『つもり貯金』取られちゃったんだ……」

梓「えっ、ひどい!唯先輩そんなことしたの?」

憂「うん……」

梓「全部使われちゃったの?」

憂「ううん、まだ残ってるけど…でもお姉ちゃん返してくれないから……」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:49:08.57 ID:2HMBXPJz0

梓「ひどいよ、ちゃんと強く言ったの?」

憂「い、言ったよー。一生懸命貯めたお金だから返してって」

梓「…ほんと?どうせ憂は先輩に甘いから一言嫌だとか返されて
  それであっさり引っ込んじゃったんでしょ?」

憂「うぅ」

梓「やっぱりね。大丈夫、私が今日の部活で先輩にお金返すよう言っておくよ」

憂「だ、大丈夫なの梓ちゃん?後輩なのに」

梓「かんけーないよ。それにこんな曲がった事、他の先輩達が味方してくれるに決まってるよ」

憂「そうかなぁ……律さんはお姉ちゃんと一緒に私のお金で遊んでたみたいだし……」

梓「えっ!?律先輩が?」

憂「うん…」

梓「ゆ、許せない…部長のくせに……」

梓「大丈夫、こっちには澪先輩がいるから!安心してよ憂」

憂「…分かったよ、ありがとう梓ちゃん」

梓「任せといてよ~」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:54:46.18 ID:2HMBXPJz0

・・・・

ガチャ

律「ぐぁー疲れたぁ!お茶お茶~」

澪「部室来るなりそれかよ」

紬「ふふ、すぐ用意するわね~」

唯「ムギちゃん今日のお菓子な~に~?」

紬「今日は唯ちゃんの大好きな大麦ダグワースよ♪」

唯「うわぁああやったでえええムギちゃん大好きだで!」

ガチャ

梓「こんにちはー」

律「おっす梓」

唯「あずにゃんやっほー!」

梓「……」スタスタ

律「…ん?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 12:59:17.59 ID:2HMBXPJz0

紬「こんにちは梓ちゃん、丁度お茶が入るところよ」

梓「あっ、ムギ先輩どうもです。澪お姉ちゃんやっほーです」

澪「こらこらやめろって恥ずかしいだろー…//」

梓「へへへ」

律「…なぁ梓、お前今私と唯のこと無視しなかった?」

唯「した!したよー、やっほーって言ったのに!」

梓「…はぁ。それが何か?」

律「こ、こいつ……」

梓「お二人は尊敬に値しない先輩なので挨拶はいらないかなって」

唯「えっ?」

律「なんだと!!」

澪「えっ、ちょ…おい梓なんだいきなり。どうしたんだ?」

梓「聞きましたよ憂に」

律(!!)



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 13:05:48.55 ID:2HMBXPJz0

唯「ほぁ?」

澪「聞いたって何?何の話?」

梓「…唯先輩、憂が一生懸命貯めてたお金を奪ったらしいんです」

澪「は?奪っ…え?」

紬「ほ…本当なの唯ちゃん?」

唯「えぇえ知らないよぉ~、もらったけど奪ってはないよ~」

梓「憂ははっきり“お姉ちゃんにとられた”って言ってましたよ」

唯「違うもん、だってお姉ちゃん貯金だもん…私のだよぉ……」

梓「違わないですよ。憂は自分のために貯金してたんですよ。
  唯先輩は盗っ人です、強盗なんです」

唯「うぅ…違うよぉ~!あずにゃんのたこなす!変なこと言わないでよっ!」

澪「お、おい唯落ち着けって…っていうかホントにとったのか?ひどいぞそれ……」

律「……(やっべー、この場は静かに離れとこう…)」コソコソ

梓「…あれ?何関係ない風な顔してるんですか律先輩」

律「」ビクッ



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 13:13:29.09 ID:2HMBXPJz0

梓「先輩も一緒になって憂のお金で遊んだんですよね」

律「ぅ……」

澪「!? ちょ……り、律…お前……」

紬「りっちゃん……」

律「……だって唯が遊ぼうっていうから…」

唯「わ、私のせい!?りっちゃんそこ私のせいにしちゃうの!?」

律「ホントのことじゃんか!唯が電話してこなかったら私家でゴロゴロしてただけだったのに!」

唯「りっちゃんそれありえないよぉー私ういのお金持ってゲーセンに居るってしか言ってないよ!
  そしたら『行ってもいい?』ってりっちゃんが言ったんじゃん!」

律「覚えてないしぃいいいそんなことぉおお!捏造すんなよー!!」

唯「捏造はりっちゃんだよおおお!!」

ギャアギャア

梓(なんて醜いのだろう…)

澪「二人とも静かにしろッ!!」

唯律「!!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 13:55:47.40 ID:2HMBXPJz0

澪「……どっちが悪いとかどうでもいいだろ。とにかく憂ちゃんにお金返せよ」

唯「……う、うん…」

律「……」

澪「おい律、何黙ってんだお前も使ったんだから二人で返すんだぞ」

律「…分かってるよ……」

澪「使った分もちゃんと足して返せよ」

唯「む、むりだよー!私今月もうお小遣い残ってないもん…だからとったのに」

澪「バイトすればいいだろ。また交通量調査でもしろ」

唯「うぅ……」

ガチャ

憂「あのぉー…」

唯律「!?」


紬「あら、憂ちゃん」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:04:39.87 ID:2HMBXPJz0

梓「どうしたの憂」

憂「ちょっと心配になって……」

澪「大丈夫だよ憂ちゃん、今二人にちゃんと返すように…」

憂「ち、違うんです」

澪「?」

憂「お姉ちゃん怒られて落ち込んでないかなって…」

唯「すっごい怒られちゃったよ!何あずにゃんにちくってるんだよぉ~っ!!」

憂「ご、ごめんお姉ちゃ…」

唯「ごめんじゃないよっ、私もう帰るからね!
  皆にあのお金とられたんじゃないって説明しといてね!」

憂「うぅ、分かったよぅ…」

唯「帰ろうでりっちゃん!ういがとられたんじゃ無いって認めたからもういいや」ガチャ

律「あ、あぁそっかー。じゃあ帰ろうかなー。ははは」

澪「こ、こらお前らっ!!」


バタン!



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:09:45.83 ID:2HMBXPJz0

澪「なっ…何てやつらだ……!」

憂「あ、あの…本当にいいんです…それじゃあ私もこれで……」

澪「えっ!?ちょ、ちょっと待って!良くないって」

憂「でもホントに…」

紬「憂ちゃんせっかく来たんだからお茶でも飲んでいって?」

憂「……じゃあいただきます…」

カチャカチャ…

紬「はい、どうぞ~」コト

憂「ありがとうございます」ズズ

憂「おいしい!」

紬「ふふ、お菓子もあるからね」

澪「…でさ、憂ちゃん。やっぱり許しちゃだめだって。結構な額だったんだろ?」

憂「……それはそうですけど…」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:13:48.43 ID:2HMBXPJz0

梓「よく考えてよ憂、このままじゃ唯先輩のためにもならないよ?」

憂「えっ」

澪「そうだな。このまま甘やかし続けてたら唯ロクな大人にならないよ」

憂「……」

憂「でもお姉ちゃんを怒るなんて出来ないです…」

梓「別に怒る必要なんてないよ、例えば…ほっとくとか」

憂「ほっとくって…」

澪「あ、そうだな。それでいいんじゃない?しばらく唯には何の世話も焼かないでおこうよ」

梓「そうそう、そうすれば唯先輩も少しは憂のありがたみが分かってひどいことしなくなるよ」

憂「でもお姉ちゃん見てたら何かせずにはいられないし…」

紬「じゃ、じゃあこうしない?」

澪「ん、なんだムギ?何か良い案浮かんだの?」

紬「えっとね……」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:28:41.48 ID:2HMBXPJz0

――――

ガチャ

憂「ただいまー」

唯「うーいー!遅いよ何してたの?あいすごはんあいすごはんんん!!」バタバタ

憂「あ、あのねお姉ちゃん、私着替え取りに帰っただけなの。すぐ出て行くから…」

唯「? 何言ってるのうい、意味わかんないよ。とりあえずごはんんん~!」

憂「えと…私の貯金まだ残ってるでしょ?それで何か買って食べて……」

唯「やだぁあういのご飯がいいよー!」

憂「うぅ……だ、だめ!」

唯「!?」

憂「お姉ちゃんはしばらく私抜きで生活して!えと……」ガサッ

カンペ(私もうお姉ちゃんの傍若無人ぶりに疲れちゃったから出て行く!)

憂「私もうお姉ちゃんの傍若無人ぶりに疲れちゃったから出て行く!」

唯「ぼ……何?」

憂「」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:44:47.66 ID:2HMBXPJz0

唯「だいたい出て行くってうい、どこに行く気なの?」

憂「つ、紬さんの家」

唯「ムギちゃんち!?」

憂「私紬さんの妹になるから……」

唯「えぇぇええええぇ!?」

憂「……」

唯「何言ってるのうい、ういのお姉ちゃんは私だよ~」

憂「そうだけどそうじゃないの!えぇと…」

ガチャ

澪「やーっぱりつかまってたか」

憂「あ…」

唯「澪ちゃん!?」

梓「憂、早く準備してきちゃいなよ。私達が説明しとくから」

憂「う、うん。ごめんね梓ちゃん」タッタッ



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:52:57.46 ID:2HMBXPJz0

唯「二人ともなんなの?どういうこと!?」

澪「どうって…なぁ?」

梓「唯先輩が妹思いのお姉ちゃんになるまで出て行くんですよ」

唯「誰が決めたのそんなの!家庭のもんだいなんだからほっといてよ!」

澪「いやまぁ提案したのはムギだけど…憂ちゃんも同意した事だから」

唯「うそだよ!」

澪「嘘じゃないって」


憂「準備してきたよー」ガチャ

梓「あ、おかえり。じゃあ行こうよ」

唯「うい!」

憂「……」

澪「お前が悪いんだぞ唯、出て行って欲しくなかったらちゃんと謝れ。お金も全部返すって約束しろ」

唯「や…やだ!」

梓「じゃあ仕方ないですね。憂が出て行ったら唯先輩どうなっちゃいますかねー」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 14:55:50.11 ID:2HMBXPJz0

唯「どうもならないよっ!…なに?ういがいないと何も出来ないと思ってるの!?」

澪「できないだろ?」

唯「で…できるよ!ばかにしないでよ!」

澪「ふーん、まぁいいけど…じゃあ行こうか憂ちゃん。唯大丈夫って言ってるしさ」

憂「は、はい」

唯「行っちゃえ行っちゃえ!ひとりでできるもんね、ういなんかいらないや!」

憂「!! ……」

澪「唯お前っ!」

梓「お姉ちゃんおさえて!ここで怒っても何にもならないよ」

澪「そ、そうだなごめん……もう行こう」

憂「じゃ、じゃあねお姉ちゃん。えと…蛇口あけっぱなしとか電気つけっぱなしとか気をつk」

梓「ほらいいから行こうって」グイ

憂「あ、うんごめん…」

ガチャ バタン


唯「…………」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:00:27.72 ID:2HMBXPJz0

唯「……」グゥーッ

唯「ふ、ふん!私だってもう高校生なんだからね!」

唯「とりあえずお金あるしご飯食べに行こうっと」

唯「なんてね!皆の考えてることなんて分かるもんね~」

唯「無茶なお金の使い方させてお金無くなって
  音を上げるのを待って謝らせようっていうんだ!そうはいくもんか!」

唯「自炊するぞぉー!ういがいなくたってご飯ぐらい作れるよ!」

ガチャコ

唯「ふんふん…冷蔵庫にはまだまだ食材があるぞぉ」

唯「なーんだこれならしばらくお金使わなくても食べられるぞ~♪」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:05:07.76 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「……」ゴロッゴロン

唯「とりあえずてきとうに野菜とか並べてみたけど…ここからどうしようかなぁ」

唯「うーん……」

テレビ「テレテッテッテッテッテッ♪テレテッテッテッテッテッ♪」

唯「!?あ、この音楽はきゅーぴー3分クッキングだ!」

唯「見に行こう」ドタドタ

テレビ「今日の料理はロールキャベツです、まずは材料…」

唯「ろーるきゃべつ!あっ、材料…ま、待ってよぉ台所に戻って確認してこなきゃ」

ドタドタ

唯「えぇっと、きゃべつ…ひきにくは昨日のはんばーぐのが……」

唯「あわあわ、あと何がいるんだろう、また戻って見なきゃ…」ドタバタ

テレビ「…これで完成でーす♪」


唯「」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:10:28.17 ID:7ENCX4Nq0

×3分で作れる

○3分で紹介





92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:12:56.45 ID:2HMBXPJz0

――――

澪「それじゃムギ、憂ちゃんたのんだよ」

憂「よろしくお願いします…//」

紬「あらあらいいのよそんなに畏まらなくって、姉妹なんだから♪」

憂「あっ、えへへ……」

紬(かわうぃいいいいい!!//)

梓「よかったね憂、これで姉妹デートできるよ!」

憂「も、も~梓ちゃんったらー」

紬「ふふ、憂ちゃんそんなのしたかったの?どんとこいよ~♪」

梓「あ、じゃあ今度私達と一緒にダブル姉妹デートしましょうよ!」

澪「おいおい梓…//」

アハハハハ…


憂(お姉ちゃん、ちゃんとご飯食べたかなぁ…)



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:15:58.77 ID:2HMBXPJz0

――――

唯「むぅう……」

唯「……」ピッピッ

唯「…あ、りっちゃん?私だよーん」

唯「あのね、りっちゃん料理とか出来る?……うん。うん…
  あ、そんな難しいのじゃなくていいんだ。簡単なので…」

唯「…あホント?へへ、じゃあうちきてよ~。なんかうい出て行っちゃって今一人なんだぁ」

唯「うん。待ってるよ~ん!」ピッ


唯「ふー!よーしじゃあテレビでも見てようっと」ゴロンッ



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:19:54.64 ID:2HMBXPJz0

・・・・

テレビ「ぬぁあにぃいい!?やっちまったなぁーー」

唯「ぷ。別にやってないってーんですよ!ばかだね」ポリポリ

ピンポーン♪

唯「んはっ、りっちゃん来たぁ~」ノソッ


ガチャ

律「おーっす」

唯「おっすおっす!りっちゃん早かったねぇ」

律「憂ちゃん出て行ったって何?どういうこと?」

唯「んー…よくわかんない!とりあえず今ここのあるじは私というわけです!」

唯「ようこそ我が城へ」

律「ぶはっ!窪塚のマネ!?w」

唯「よくわかったねーりっちゃんさっすがぁ♪入って入って」

律「お邪魔しゃーっす」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:25:35.78 ID:2HMBXPJz0

律「んで何?料理してほしいの?」

唯「うん!りっちゃんおねげーしますよぉお」

律「任せろよー …お、結構揃ってんじゃん」

唯「へへへ…何作ってくれるのー?」

律「野菜炒め!」

唯「えっ」

律「な、なんだよ。簡単なので良いって言ってたろ」

唯「…でもそれぐらい簡単だと私でも作れるよ~……」

律「じゃあ何がいいんだよー」

唯「えと…ろーるきゃべつ!」

律「…ごめん作ったことないわ……」

唯「……」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:28:20.54 ID:2HMBXPJz0

律「料理の本とか無いの?」

唯「あると思うよ~。えーっと…」キョロキョロ

律「ここに何かファイルあるぞ」

唯「あ、ほんとだ」

律「新聞の料理記事のスクラップだ」

唯「やったね!これ見て作ろうよ~」

律「何がいいかな」ペラペラ…

唯「……あっ、今の!今のがいい」

律「グラタンん~?だめだめ、時間かかるしめんどくさそうだろ…」

唯「ぶーぅ……あ、じゃあこっちの」

律「ラザニアとかもっとめんどくさそうだろ」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:32:35.60 ID:2HMBXPJz0

律「だめだどれもこれも時間かかるのばっかりだよ、諦めようぜー」

唯「えぇええじゃあ野菜炒めなのー?」

律「…んじゃ外食べ行こうぜ。その方がいいだろ……」

唯「うぅ、でもそれじゃあ澪ちゃん達の思う壺だよ…」

律「なんだそりゃ」

唯「私が考えなしにお金使いまくってどうにもならなくなると思ってばかにしてるんだ!」

律「ふーん(まぁ正しい読みだと思うけどなぁ)」

律「…まぁでもさ、今日だけならよくない?ほらまだ始まったばっかりだしさ」

唯「うーん……」

律「ゆっくり慣らしていかないといきなりなんて無理だろ?」

唯「そうだねー!そうだよね、じゃあ外食べ行こっかぁ!!」

律「だろー?ははは、行こうぜー」

唯「行こうで!」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:43:25.40 ID:2HMBXPJz0

唯「マック行こうよマック」

律「えー、晩飯マックぅ?」

唯「だって一番近いんだもん…」

律「しょーがないなぁ~」


唯「えっとー、ハンバーガー二つとみずください」

律「なんだそれ。そんなんでいいのか?」

唯「自炊は諦めたけど節約はしないとね!」

律「ふーん、頑張るねぇ……あ、私テリヤキのセットで。ドリンクはコーラ」

律「あ、あとナゲットもつけちゃおうかな」

唯「ぅぐっ……」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:49:29.08 ID:2HMBXPJz0

唯律「いただきまーす!」

唯「はむ」モグッ

唯「……」モグモグ…

律「にしても夜でも客多いなぁ~」モグモグ

唯「そうだねぇ、私達みたいなひとが多いのかなぁ」

律「違うだろ」

律「あ、ポテトあげたてだ!うめーっ」モシャモシャ

唯「……」ゴクリッ

律「…なんだ、欲しいのかー?」

唯「欲しい!」

律「しょーがねーなー、分けてしんぜようぞ」バラバラッ

唯「わーい!ありがとうりっちゃーん」モグモグ

律「一本5円ぐらいかなぁ」

唯「え゛ッ!?」ポロッ

律「じょーだんだってwうはは」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 15:58:22.76 ID:2HMBXPJz0

律「ふー、そろそろナゲット食べよっと」カパ

唯「……」ゴキュリ

律「ソースにつけてと…」チャプ

唯「うぅ……」じぃーっ

律「もぐ」パクッ

唯「あっ!!!!!」

律「……」モグモグ

律「もひとつ…」ヒョイ チャプ

律「もぐ」パクッ

唯「ん゛ぃ゛い゛ッ!!!!!」

律「…な、なんだよ……」モグモグ



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 16:04:08.08 ID:2HMBXPJz0

唯「おいしそうだなぁ~って……」ゴクリ

律「だめだ、ナゲットはやらないからな!」

唯「えぇえぇええええ~!?」

律「……なんだその超想定外みたいなリアクション…」

唯「だってぇえ…りっちゃんなのに……」

律「欲しいなら買ってくればいいじゃん(りっちゃんなのにって何だよ)」

唯「…ナゲット一つではんばーがー二つも買えるのにー?今節約中だからそれはさぁ~」

律「私ケータイクーポン持ってるぞ」スッ

唯「買う!買ってくるよぉおりっちゃんケータイ貸して!」

律「ほらよ」ヒョイ

唯「わーい、ありがとうりっちゃん!むはは」タッタッ

律「かわいいよ唯ぃ~、コケるなよー」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 16:13:40.47 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「ただいまぁー」

律「うわ、二つも買ってんじゃん!」

唯「だって一回で二つまで使えますってあったから……」

律「節約するんじゃなかったのかー?」

唯「多く食べた分だけがまんするから大丈夫だよ~ん!」モグモグ

律(……無理だろ…)

唯「むはは、おいひい!」モグモグ

律「っていうか二つともバーベキューなのな」

唯「えっ?」

律「せっかく二つ買ったんだし二種類のソースで食べればよかったのに」

唯「あっ!!!もぉおおりっちゃん早く言ってよぉおお!!」

律(知らんて…)



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 16:14:50.61 ID:2HMBXPJz0

――――

憂「……」ソワソワ

斉藤「お嬢様、お食事の用意が出来ました」

紬「ありがとう斉藤」

憂「あっ、ど、どうもです」

カチャカチャ…

紬「さぁ憂ちゃんどんどん食べてね~」

憂「いただきまーす」カチャ

憂「……」モグモグ

憂「おいしい!」

紬「ふふ、お口に合って良かったわ♪」

憂「お姉ちゃんにも食べさせてあげたいな~」

紬「あらあら// それじゃ…あ~ん♪」

憂「!?」

憂(あ…今は紬さんがお姉ちゃんだったんだ)



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:16:48.44 ID:2HMBXPJz0

・・・・

憂紬「ごちそうさまー」

憂「……」カチャカチャ

紬「何してるの?」

憂「えっ、食器を片付けて…」

紬「あぁいいのよ、そういう事は全部使用人がやってくれるから」

憂「そ、そうなんですか?」

憂(なんか落ち着かないなぁ…いつも自分でしてるから……)ソワソワ

紬「…憂ちゃん、私達姉妹なんだから敬語使わなくていいのよ?」

憂「あっ えと……う、うん分かったよ!おね…お姉ちゃん~//」

紬「ぶっは!!!!(かわうぃいいい!!//)」

憂「えへへへへ…」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:17:48.22 ID:2HMBXPJz0

紬「それじゃ食後のデザートでも食べよっか」

憂「あ、お茶私がいれま…いれるね!」

紬「いいのよ私が」

憂「ううん私が~」

紬憂「どうぞどうぞ」

紬憂「あはははは」

紬「じゃあ二人で淹れよっか♪」

憂「うん、そうだねー」

紬「ふふ、憂ちゃんかわいい//」

憂「そ、そうでs そうかなぁ~…//」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:20:08.14 ID:2HMBXPJz0

――――

唯「ふー、おなかいっぱいだよー」ポンポン

律「んじゃ帰るか」

唯「うぃい」

唯「夜どうしよ!何して遊ぼっかぁ!!」

律「えっ、私帰るぞ」

唯「え!?」

律「いやだって明日学校だし……なんも用意してきてないもん」

唯「えぇえ~」

律「んじゃあ金曜に泊まってやるからさぁ、それで我慢しろよー」

唯「うぅ…分かったよぉ」


律「じゃなー、私こっちだから。またなぁ」

唯「うん、またねー」


唯「はぁー……」テクテク



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:24:28.37 ID:2HMBXPJz0

ガチャ

唯「ただいまー」

唯「ただいま我が城!返事をせんかー」

シーン……

唯「使えない家だなぁ~もぉお。あるじが帰ってきたのに…」

唯「とりあえずお風呂入ってすっきりしようっと」ドタドタ

ガラッ

唯「あ、お湯入ってない……当然だけど…」

唯「えーっと、沸かすとか色々ボタンあるけどどうすればいいのかなぁ」

唯「……よくわかんないから普通に蛇口からいれよう」キュッ

ドボボボボ…

唯「お湯出てる!やったぁー、勝ったぞ!!へへへへへ」

唯「それじゃテレビでも見て待ってよーっと」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:28:02.34 ID:2HMBXPJz0

・・・

テレビ「とったどー!」

唯「むははは、何がじゃ」ポリポリ

唯「あっ、おふろ!もういいかなー」タッタッ

ガラ

唯「おおー、丁度いい具合だね!入ろうっと」キュ


ザパー

唯「うひぃいきもぢぃいいい!!」

唯「うーーー……ふぅうう」

唯「なんだ私けっこー出来るじゃん!ういいなくても大丈夫そうだね~」チャプチャプ

唯「じゃんじゃんじゃがいも♪さつまいも~っ」

唯「あはははは」チャプチャプ

唯「つ~きの~♪さばーくに~♪ふんふーん ふんふふ~ん♪」チャプチャプ



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 17:58:19.42 ID:2HMBXPJz0

ガララ

唯「ふー。あれ、バスタオルバスタオル…」

唯「いいや、普通のタオルで。いっぱい使っちゃえ」フキフキ

唯「脱いだ服はぁ…まぁいいか!2,3日ぶんたまってから洗濯しよう!」


唯「はぁー……ひまだ!」

唯「お菓子あったかなぁ…」ゴソゴソ

唯「何も無い」

唯(ムギちゃんちにはおいしいお菓子いっぱいありそうだなぁ~…うい食べてるのかなぁ)ゴクリッ

唯「……」

唯「ジュースでも飲もう」ガチャ

唯「あったあった。でももうあんまり無いなぁ…明日買ってこなくちゃね」チャポチャポ

ゴクゴク…

唯「んはぁー」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:03:13.05 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「よーし寝るぞう!へへ、初日にしては順調なスタートをきれたね!」

唯「この調子で慣れていっちゃおうっと!皆驚くぞぉ……ぷぷぷ」

唯「いくらなんでもばかにしすぎなんだよね。私だってこれぐらい出来るんだもんね~」

唯「明日は朝ご飯とお弁当も作るから早めに目覚ましをセットして…と」カチカチ

唯「かんぺきだ!おやすみなさーい」パチン

――――

紬「それじゃあ憂ちゃん、おやすみ~」

憂「おやすみなさーい」

紬「こっちに来る?」

憂「えっ!だだ大丈夫です!」

紬「敬語になってるよ~」

憂「あっ すいませ……」

紬「ふふ、いいのよ。ゆっくり慣れていこうね~。おやすみ」


憂(……お姉ちゃんもおやすみ~)モゾッ



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:08:41.02 ID:2HMBXPJz0

――――

ピピピピピ…

唯「……んがァ……」

唯「んはッ!?」ガバ

唯「ムニャ…もう朝かぁ~……あれ、ちょっと早いなぁ~間違えてセットしちゃったかな…」

唯「二度寝しよっ」モゾッ

唯「うーいぃ、朝ごはんできたら起こしてねぇええ~!」

唯「……」ゴロンッ…


唯「……あっ!!」ガバッ

唯「そ、そうだ憂いないんだ!あぶないあぶない」


唯「遅刻なんかしたら何言われるかわかんないよ!」

唯「『やっぱりなー』とかなんとか、皆うるさいに決まってるもんね!そうはいかないぞぉ」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:12:13.54 ID:2HMBXPJz0

唯「朝ごはん~っと」

ガチャコ

唯「うーん…何食べよう」

唯「……パンでいいや、とりあえずお弁当先に作っちゃお」

唯「えーっと…」ゴソゴソ

唯「あっ、冷ご飯あった!これをチンしてつめよう」ガチャ ピッピッ

唯「よーし、じゃあおかずどうしよっかな…」

唯「つけものがある。とりあえずこれ脇に入れとけばいっかぁ」

唯「あれ、ところでお弁当箱はどこかなぁ~」ガラッ

唯「むむ…この棚じゃないや」ガタッ

唯「こっちかな…」ガラ

唯「あったあった~」

チーン!

唯「丁度チンしおわった!完璧だねー」ガパ

唯「ぅあッちちちちちちち!!!」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:15:07.79 ID:2HMBXPJz0

唯「ふーふー!あっつ……」

唯「ふぅー。もうちょっと冷めてからつめよっと」

唯「さてその間に朝ごはんにしよー!」

ゴソゴソ…

唯「……あれー?パンあると思ったのに無いや…」ガサガサ

唯「どうしよ……」グゥーッ

唯「……このご飯食べちゃおうかなぁ……」ゴクリ

唯(でもそしたらお昼どうしよう……)

唯「…いいや食べちゃえ!まだ冷ご飯あったよね!」モグモグ


唯「おいひいい!昨日の夜ハンバーガーだったしお米がうまひ!」モグモグ

唯「つけものもうまひ!お味噌汁がほしいよー!」シャクシャク



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:23:38.73 ID:2HMBXPJz0

唯「ぷぅ、ごちそうさまー。やっぱり朝はお米だね!日本人だもんねー」


唯「さてもう一つご飯温めないと」ガチャコ

唯「……」ガサガサ

唯「…あれ、無いや……あれぇええ?」

唯「あわわどうしよう…早くしないと遅刻しちゃうよぉおお」

唯「と、とりあえず何か食べられそうなもの持っていかないと……」

唯「あーもうこれでいいや!マヨネーズも持って行けばいいよね」ガバ

唯「行ってきまーす!」ガチャ



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:25:40.34 ID:2HMBXPJz0

――――

唯「おはよー」ガチャ

律「おっす唯」

紬「おはよう唯ちゃん」

唯「あ、ムギちゃん……」

紬「……」

唯「……」

紬「…憂ちゃんのこととか聞かないの?」

唯「えっ!?なんでー?聞かないよぉおお」

紬「そう……」

紬「どう?一人だけで頑張れそう?」

唯「だいじょーぶ!今朝なんて朝ごはん作っちゃったもんねー」

律「えぇえマジで?食パンそのまま食べたとかは作ったって言わないんだぞー」

唯「違うもんね、ちゃんと作ったよ!(チンしただけだけど)」

律「ふーん」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:27:40.60 ID:2HMBXPJz0

――――

ガチャ

梓「あ、おはよー憂」

憂「おはよう梓ちゃん。ふぅー」

梓「どうだったー?新生活」

憂「えと…まだちょっと落ち着かないや…」

梓「あははは」

憂「紬さんには悪いけどお姉ちゃんのことずっと気になっちゃって……」

梓「まぁしょうがないね、憂だもんね」

憂「お姉ちゃんどうしてるかなぁ、ちゃんと学校来てるかなー」

梓「一日二日でだめになるなんて流石に無いんじゃない?唯先輩でも」

憂「そうかなー……」

梓「だめだよ教室に様子見に行ったりとかは。気になるなら私が見てくるから」

憂「わ、分かってるけど~…」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:29:41.98 ID:2HMBXPJz0

――――

キーンコーンカーンコーン…


律「あー腹減ったー!昼にしよーぜー」

唯「う、うん…」モジモジ

律「ん?どした唯、食べないのか?」

紬「もしかしてお弁当無いの?」

唯「あ、あるよー!」

律「なんだ。んじゃ早く食べようぜ」

唯「……」ゴソッ

律「うわっ!?なんだそれ!!」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:31:48.12 ID:2HMBXPJz0

唯「な、何ってせろりだよー。りっちゃん見たことないの?」

律「いやあるけどそういう事じゃなくってさぁ~」

唯「……」

紬「そ、それそのまま食べるの?」

唯「違うよ!マヨネーズも持ってきたよ…ほら」ドン

律紬「……」

唯「…健康に気をつかってるんだよー!いいから二人とも気にしないで食べてよぉ」

律「…まぁ別にいいけど…いただきまーす」モグモグ

紬「いただきまーす」

唯「……」シャクシャク

唯(うぅ……おいしくない……)シャクシャク



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 18:40:18.98 ID:2HMBXPJz0

紬「……唯ちゃん、おかず分けてあげようか?」

唯「えっ!?」

紬「セロリだけじゃ味気ないでしょ?」

唯「う……い、いい!いらないよー」

紬「ほんとに…?無理してない?」

唯「ぜんぜん!セロリおいしいもんねー」シャクシャク

律「はははホントかよ」

紬「……」

唯「おいしいなぁ~♪」シャクシャク


唯(……うぇっ。もういいや……)

唯「ご、ごちそうさまー」

律「あれ、まだセロリ半分しかかじってないじゃん」

唯「い、いいの!もうお腹いっぱいなの!」

律(強がってんなー)



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:26:01.66 ID:2HMBXPJz0

・・・・

ガチャ

澪「おーっす」

梓「あ、お姉ちゃん!」

澪「こら恥ずかしいだろ// …ってまだ梓だけか」

梓「うん」

ガチャ

澪「おっ、ムギ。おっす」

紬「あらもう二人とも来てたの。すぐお茶の準備しちゃうね」

梓「…あれ、唯先輩はどうしたんですか?律先輩も」

紬「あ……えっと…」

梓「帰ったんですか?」

紬「う、うん……一人暮らしの準備するからって…
  りっちゃんはよく分からないけど唯ちゃんと一緒に行っちゃったわ」

澪「何!?あのやろ部長のくせして……!」

梓「まーしょうがないですよー。正直予想通りですねー」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:27:48.63 ID:2HMBXPJz0

澪「でも一応学校には来れたんだな、唯のやつ。
  寝過ごしてそのままズル休みとかするかと思った」

紬「結構頑張る気でいるみたい。今朝は朝ごはん作ったって言ってたわ」

澪「えっ、唯が!?」

梓「どうせ冷蔵庫の残りものチンしたとかじゃないですか?」

澪「もしかして弁当とかも作ってきたりしたのか?」

紬「あ、お昼はね……セロリ持ってきてた」

梓「え」

澪「セロリって…あの?」

紬「うん。まるまる一本」

梓「うわぁ~なんですかそれー!ぷぷ…きっとお弁当作れなかったんですよーw」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:37:50.97 ID:2HMBXPJz0

澪「にしてもなんでそんなもん…無理だったならパンとか買えばいいのに」

梓「節約してやるとか意地張ってるんじゃないですか?w」

澪「あぁ……」

紬「あんまり無理しなければいいんだけど…」カチャカチャ

澪「なんだムギ優しいなー」

紬「だって心配じゃない」コポポ…

澪「いやまぁ大丈夫だろー。とりあえず死ぬとかは無いって。
  それよりしっかり反省してもらわないと意味が無いよ」

梓「まぁもって一週間って感じじゃないですか?」

澪「洗濯とかで詰みそうだよなー」

梓「ありそうですね。2,3日したらブラウスくちゃくちゃになってるんじゃないですか?w」

澪「ははははアイロンかけらんないから?w」

紬「はい、お茶入ったわよー」コト

澪「サンキュー」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:41:29.28 ID:2HMBXPJz0

――――

唯「……」スタスタ

律「なぁー唯ぃ~、どこ行くんだー?」

唯「まずは本屋!」

律「本屋ぁ?漫画でも買うのか」

唯「違うよりっちゃん、おまぬけ!料理の本買うんだよ~」

律「あぁー。え、家に無かったのか?」

唯「一応探したらあったけど…もっと簡単で基本的なことが載ってるのがいいから」

律「なるほどね。へー一応考えてるんじゃん」

唯「当たり前だよ~、へへん♪」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:45:04.89 ID:2HMBXPJz0

唯「むむ…」パラパラ

律「プハハw……くっくっ……」ペラ

唯「ねーりっちゃん、ついてきたなら漫画読んでないで一緒に探してよぉ」

律「ええー、今いいとこなのに…しょうがないなー」

律「どれどれ…」

唯「ん~……」パラパラ

律「……お、これでいいんじゃないか?」

唯「どれ~?」

律「これ。『一人暮らしのための節約料理集』だってさ」

律「大学行って新らしく一人暮らし始める人向けみたいだし簡単なんじゃね?」

唯「いい!これいいよぉー、流石りっちゃんセンサーが違うね!」

律「へへ、だろ?じゃあそれ買って早く次行こうぜー」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:48:37.49 ID:2HMBXPJz0

唯「……」パラパラ

律「…おいどした。買わないのか?」

唯「だってこれ1500円もするよ。暗記する」パラパラ

律(いやいや絶対無理だろ……追試食らってたくせに…)

唯「……むむぅ~…」パラリ…パラ…

唯「ぷは!だめだぁ憶えらんないよぅ…」

律「そりゃな」

唯「よーし…」ゴソゴソ

律「お、おい何してんだ携帯出して。まさか撮るのか?やばいぞそれは」

唯「えっ、そうなの?」

律「そうだって!万引きと変わんねーぞ」

唯「うぅ、じゃあメモ帳にメモする」カチカチカチ…

律(それはいいんだろうか……)



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 19:53:57.51 ID:2HMBXPJz0

唯「…だめだよぉおめんどくさいよー!」

律「諦めて買えって…」

唯「うぅ…じゃありっちゃんが暗記してよぉおお」

律「できねーよ」

唯「あぅ……」

唯「……じゃあ古本屋行く…」

律「は?」

唯「古本屋でこれと同じの探す…」

律「ええええいいよもうめんどくさいってぇえ~」

唯「だって高いんだもんこれぇー!」

律「いいからここで買っちゃえって!アイスおごってやるから」

唯「ほんま!?じゃあ買うよぉー」

律「あぁ早く買って来いって。めんどくさい」

唯「わーい♪」タッタッ



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:01:44.21 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「よーし次は買い物行かないとね!一週間分買うぞー」

律「気合入ってんなー」

唯「とりあえず買った本読んで予習しておこうっと」パラパラ

唯「ふむふむ…鶏もも肉は二種類に切り分けて二枚は下味をつけて冷凍…」フラフラ

律「ちょ、歩きながら読むなって! …おい前っ!!」

唯「え?」

プップーッ!! ブオンッ!

唯「ひぃいい!」バサッ

車「どこ見てんだバカヤローッ!!」ブロロォーー

律「あぶねーなーもう…本落ちたぞ」

唯「す、すいやせん…」

律「スーパーついてから読めよ」

唯「うんそうする……」



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:07:49.67 ID:2HMBXPJz0

・・・・

ガーッ

律「すずしー! …んぁ。インフルエンザ予防に消毒スプレーかけろだってよ」

唯「へー」

律「そうかぁ、唯今インフルエンザになったらアウトだなw」

唯「ならないよぉ、変な事言わないでよ……」シュッシュッ


律「で何買うんだ?」

唯「えっと…今日はこの鶏肉とじゃがいものオイスターソース炒めっていうのにする」

律「なんだそれ、節約して作れるもんなのか?」

唯「だって書いてあるもん…大丈夫だよー。お肉見に行こう」

律「へぇい」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:11:38.87 ID:2HMBXPJz0

唯「いっぱいあるよー」

律「すっげーステーキ肉だ!うまそぉーっ」

唯「ほんとだぁああザ・肉って感じだよー」

律「お、見ろ唯!神戸牛だ!すっげー」

唯「ひぃいい凄いよぉおお3500円!!うひゃあー!」

律「で、どれ買うんだ?」

唯「鶏肉だからこっちかなぁ」

律「おぉおお鶏もいっぱいあるなぁ」

唯「一番安いのどれかなぁ…」キョロキョロ

律「これじゃね?ブラジル産。安いぞ」

唯「ぶらじるかぁ…食べたらサッカー上手くなるのかなぁ」

律「なるんじゃね?w」

唯「ほんま!?よーしじゃあこれにしよっと!」バサッ



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:17:02.69 ID:2HMBXPJz0

唯「えと、じゃがいもは確か昨日ういが買ってきてたから…あとピーマンかな」

律「…なー、一週間分買うって言ってたけど他の肉とかいいのか?」

唯「えっ、買うけど…とりあえず一日分ずつかごに入れようかなって」

律「な、なんで」

唯「だって混乱しちゃいそうだから…」

律「じゃあ一日分終わる度にまた肉とかから回りなおすのかー?」

唯「うん」

律(うっわぁ…めんどくせぇーー……)


唯「ってことで野菜見に行こうよー」

律「へぃへぃ」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:39:51.89 ID:2HMBXPJz0

唯「ぴーまんどこかなぁ……」

律「ここにあるじゃん」ポンポン

唯「おぉ~」ガサ

唯「5個入ってて118円……んんん」

律「何悩んでんだよ」

唯「ねぇりっちゃんこれって高いのかな?安いのかな?」

律「野菜の値段なんか知らねーって」

唯「だよねぇ……」

律「でもそれ以外ないしそれにするしかないだろ」

唯「他のスーパーの値段も見て…」

律「あーもうめんどくせーから買えって!どうせちょっとしか変わらないって!」

唯「そうかなぁ…」ガサ

律「っていうか今思ったんだけどオイスターソース家にあんのか?」

唯「あっ」

律「……」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:44:53.96 ID:2HMBXPJz0

唯「うーん…あったかなぁああ」

律「微妙なとこだよな。どうするんだ?」

唯「……とりあえず見てみる」タッタッ


唯「どこにあるんだろ」

律「あそこじゃね?」

唯「あ、ほんとだ。りっちゃんすごいねー見つけるのうまいね!」

律「へっへっへ」

唯「どれどれ」スッ

唯「ふーん…348円!意外と安い?のかなぁ?」

律「さぁ知らんけど…」

唯「んんん、どうしよう…もし無かったらかわりに醤油でもいいのかな」

律「でもこれの材料にはソースの他に醤油もあるぞ」

唯「えぇ、じゃあだめなのかなぁ……どうしよう」

律「憂ちゃんに電話してあるかどうか聞けば?」

唯「だ、だめ!それはむり! …仕方ないや、買おうっと」ゴト



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:53:06.27 ID:2HMBXPJz0

律「それで終わりなの?一品目の分」

唯「うん。次はこれにしようかな、たらのトマト煮!」

律「さっきっからなんか微妙に豪華っぽい聞こえのメニューだな」

唯「書いてあるんだからしょうがないよー、お魚コーナーに行こう」タッタッ

唯「たらたら…たら……」キョロキョロ

律「お。 …へっへへへ」ギュウー

律「吐けこのやろう!仲間の居場所はどこだっ!」ギュウギュウ

唯「? りっちゃん何してるの?」

律「アジの目玉を押して拷問しているのだ」ギュー

唯「私もやる!目潰しっ!」ギュウー

店員「……あの、お客様…」

律「へっへ… …はっ!?」

律「あ、あははははどうもスイマセン…」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 20:56:07.93 ID:2HMBXPJz0

唯「へっへっへぇ~」ギュウギュウ

店員「……」

律「お、おい唯っ!」ヒソッ

唯「へ?」

店員「……」

唯「あっ。す、すいません…」

律「た、タラ探そうぜ~」イソイソ

店員「タラはこちらですが」

律「あ……どうも……ほ、ほら唯タラこれだってよ」

唯「へ、へぇええこれがタラなんですかぁ~!」

店員「……」

唯「ひ、一切れください…」

店員「……」ガサガサ

店員「どうぞ」

唯「どうも~……」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:07:12.12 ID:2HMBXPJz0

律「しかしこうやって二人でスーパーで買い物ってなんか新婚さんみたいだなーw」

唯「あ、ほんとだねー!」

唯「やっぱりりっちゃんが旦那さんかなぁ~」

律「おいそれ私が男ってことかよ!ていうかやっぱりって何だよ!」

唯「えぇ、だって~…どっちかって言ったらぁ……」

律「無い無い!私がお嫁さんだから!」

唯「そうかなぁー、私だと思うけどなー」

律「違うって私だよ!私がお嫁さん!」

ヒソヒソ…ざわっ……

律「あっ!?…//」

唯「どしたのりっちゃん」

律「うるせ、周りの客に聞かれてるぞ//」ヒソッ

唯「え? あっ!!」

唯律「……」

唯律「あははははは」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:11:55.50 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「ふぅううーー」ドンッ

律「随分買ったな」

唯「一週間分だからねー。りっちゃん袋詰め手伝ってよぉ」

律「はいはい」ガサ

唯「ほっほっ」ポイポイ

律「おい随分てきとーだなぁ」

唯「え、そうかなぁ」

律「別にいいけどね」ポイポイ

唯「ふぅ…3袋もできちゃった……りっちゃん一つ持ってよぉ」

律「いいぞ」ガサ

唯「お、おもっ……もう一つ持ってよ~」

律「…いいけど……」ガサ

唯「…うっぐぅ……だ、だめだぁこれも持っt」

律「おい」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:15:51.86 ID:2HMBXPJz0

・・・・

唯「ふぅふぅ……」ヨタヨタ


唯「…はぁーやっとついたぁああ!」グデッ

律「ゆ、指いてぇ……」

唯「ういいっつもこれやってるのかなぁ…腕ぱんぱんだよー」

律「いや唯がまとめ買いしすぎなんだろ……」

唯「そうかなー」ガチャ

唯「たっだいまー」

シーン…

律「……」

唯「あ、家に言ったんだよ!我が城に挨拶したのである!」

律「いや別にいいけどさ……ほら早く運んじゃおうぜ」ガササ

唯「うん」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:28:03.05 ID:2HMBXPJz0

ドン ゴト…

律「ふぅ」パンパン

唯「りっちゃんありがとー!」

律「んじゃ私帰るぞ」

唯「えぇ!?」

律「…な、なんだよ」

唯「しっ 新婚さんなのに帰るの!?」

律「おい」

唯「てっきり私と新生活ライフまんきつしたいからついてきたのかと思ったのに」

律「いやいや」

唯「それじゃなんでついてきたの?」

律「…ムギはいいけど梓とか澪に会いたくなかったし……」

唯「あー、昨日怒られちゃったもんねー」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:30:28.25 ID:2HMBXPJz0

律「特に梓だよなぁ…後輩のくせにやたら高圧的なんだよなぁ」

唯「そうだね!でも今は私一人で生活してるからあずにゃんより偉いもんね!」

律「なんだそれ……」

唯「『黙れゼロどもっ……!』」

律「ん」

唯「私は今、私に拠って立っているのだ」

律「あぁ、涯な」

唯「あたりー!へへ」

律(元手が憂ちゃんの金だから何か違うだろ…)

律「んじゃまぁがんばれ。またな」

唯「うんまたねー、料理出来たら写メ送るよー!」

律「へぇい」




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「うい殴ったったでww」#前編
[ 2011/08/08 10:06 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6