SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  澪「二度と戻れない~くすぐり合って転げた日♪」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「二度と戻れない~くすぐり合って転げた日♪」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1254041304/



管理人:イジメ内容を含んでいます。閲覧にご注意下さい。





119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 23:37:18.54 ID:Q4PjnTziO

暇だからもう一本書くわ

澪「二度と戻れない~くすぐり合って転げた日♪」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 23:43:43.62 ID:Q4PjnTziO

唯「やっぱりムギちゃんの持ってくるお菓子は美味しいねぇ」

紬「あらあら、良かったわ、気に入ってもらえて」

澪「おい、そろそろ練習…」

唯「ちっ、ほんとに空気読めてないよね」

紬「あらあら、聞こえちゃうわよ?秋山さんはその現実から必死で目をそらしているんだから」

唯「ごめんムギちゃ~ん、でもそれってさらに空気読めてないよね?」

紬「あらあら、うふふ」

梓「別に秋山先輩の肩を持つ訳じゃないですけど、そろそろ練習しましょうよ」

唯「ごめ~んあずにゃん!今からするよ~」

澪「………」

律「………」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 23:50:43.72 ID:Q4PjnTziO

ジャカジャカジャララーン

澪(あ、間違えちゃった)

唯「ちっ、ちょっと皆ストップ!」

澪「え?」

唯「いや、なんかさ。一人やる気無い人がいるみたいだから」

澪「………」

紬「…っち」ドンガラガッシャン

紬「あ、キーボード壊れちゃったわ」

唯「あぁあ、これじゃあ今日は練習できないね」

梓「まぁ仕方ないですね」

澪「…だって………じゃないか」

唯「あ?」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 23:56:56.43 ID:Q4PjnTziO

澪「唯だって間違えたじゃないか」

唯「は?何いきがっちゃってるの?」

紬「ほんとに空気読めてないわね」

梓「唯先輩、気にしないでください。出だしのリフよかったですよ」

唯「みんな!ありがとう!」

梓「ムギ先輩、キーボード、いつなら用意できますか?」

紬「明日なら用意できるわよ、じゃあ秋山さん、お金」

澪「………は?」

唯「は、じゃないでしょ、壊したんだから弁償しなきゃ」

澪「だって自分で」

唯「また言いがかり?しつこいよ秋山さん」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:01:38.75 ID:Q4PjnTziO

紬「じゃあ明日持ってきてね?」

澪「いくら?」

紬「そうねぇ、あのキーボード、50万したから………」

澪「50万!?」

紬「落ち着いて?秋山さん、特別に10万でいいわ」

澪「それでも大金だよ…」

紬「明日、もってこないとあなたとあなたの家族、社会的に抹殺するわよ?」

澪「な、家族は関係ないだろ!」

紬「秋山さんが期待に添えればいい話じゃない、楽しみにしてるわよ?」

澪「………」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:05:36.27 ID:2pAnpKtWO

澪宅

澪「10万なんて…一日じゃ用意できないよぉ」

澪「………グスッ…」ポロポロ

澪「最近、毎日泣いてる…」

澪「…だめだ、どうやっても用意できない……」ポロポロ

澪「ムギなら、ほんとにやるんだろうな…」

澪「………」

澪「………zzz」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:09:01.81 ID:2pAnpKtWO

澪「だめだ、結局用意できないまま学校に来てしまった…」

澪「あぁ、放課後が永遠に来なければいいのに」

澪「いやだなぁ」



澪「なんてことを言ってる間に放課後になってしまった」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:13:04.37 ID:2pAnpKtWO

音楽室

ガラガラ

澪「………」

紬「あらあら、秋山さん、お金は?」

澪「すみませんでした、用意できませんでした」

紬「良かったわ」

澪「え?」

紬「これで惨劇が見れるもの」

澪「………」


「待ってくれ!!!」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:17:08.18 ID:2pAnpKtWO

澪「り、律………」

律「いくらなんでも一日で10万は無理があるだろ!」

紬「………」

律「もう少し待ってやってくれ」

紬「分かったわ、りっちゃんがそこまで言うなら。もう払わなくてもいいわ」

唯「え?」

律「あ、ありがとう!ムギ!」

紬「りっちゃんが礼を言ってどうするのよ」ギロリ

澪「ひっ!?ありがとうございました」ガタガタ

紬「ふんっ」

唯「………」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:25:00.11 ID:2pAnpKtWO

澪宅


澪「………グスンッ…」

ピリリリリリ

澪「電話…、律から」

澪「はい、もしもし…グスッ」

律『な、なんだ!?泣いてたのか?』

澪「え?い、いや、気にしないでくれ」

律『そ、そうか。ちょっと重要な話があるから今から家に行っていいか?』

澪「あぁ」

律『わかった、すぐにいくよ!』

澪「分かった」

ピンポーン

澪「誰か来た、切るよ」

律『うん、ばいばーい』ブツッ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:27:42.86 ID:2pAnpKtWO



澪「はーい」

ガチャ

律「ヤッホー」

澪「………恋人かよ」

律「そんなところかなぁ」

澪「バカ言うな、まぁ上がってくれ」

律「すまんねぇ」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:33:15.87 ID:2pAnpKtWO

澪「で、どうしたんだ?わざわざ」

律「あぁ」

律「外でバンド組もう」

澪「…な……」

律「澪も体感してるだろう?もうあいつらは前のあいつらじゃない」

澪「………でも」

律「でもじゃねぇよ!このままで良いのかよ!」

澪「………私はまだ信じてるのかもしれない」

律「何を?」

澪「あいつらがまた、昔のようになってくれるって」

律「な…ここまでされて?」

澪「あぁ」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:37:17.31 ID:2pAnpKtWO

律「分かったよ、今日のところはもう帰るよ」

澪「あぁ、なぁ律?」

律「ん?」

澪「…ありがとう」

律「やめろよ、結局何もできなかったじゃねぇか」

澪「ううん、律は私の支えになってくれてる」

律「澪…」

律「ははは、良かったよ!こんな私でも役に立ててて」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:39:32.70 ID:2pAnpKtWO

翌日

澪「うぅ、学校行くの憂鬱だなぁ」

澪「まぁいいや、律もいてくれてるし」

澪「よーし、それじゃあ行ってきまぁす」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:00:52.70 ID:2pAnpKtWO

澪(うぅ、一生放課後が来なかったらいいのに)

澪(授業終わらないでくれ!)

キンコーンカンコーン

澪(あ、授業終わった)

澪(もう部活か、早いなぁ)

………

澪(…この扉の向こうにあいつらがいる)

澪(でも律もいるんだ!)

澪(………頑張れ澪ちゃん!!!)

ガラガラ

澪「………」

唯「………」

紬「………」

梓「………」

律「………」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:08:34.41 ID:2pAnpKtWO

紬「秋山さんが来ただけで部の空気が凍りついちゃったわね」

律「ほんと空気読めてねぇな」

唯「読めてないどころか、これって空気吸う資格も無いんじゃない?」



澪「え?律?」

唯「ヒャハハハりっちゃんご指名だよwwwwww」

律「冷やかすなよ、何?秋山さん」

澪「嘘でしょ?嘘なんだよね?嘘だろ?」

律「何が?」

澪「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:12:13.68 ID:2pAnpKtWO

唯「うっわ、キモッ」

紬「ごめん、ちょっとトイレに行ってくるわね?ウップ」

梓「あ、ムギ先輩…練習………って言ってる場合でもないか」

律「………」

唯「ねぇ誰かあのゴミをゴミ箱に捨ててきてよ、って誰も触りたくないか」

澪「…嘘だ……嘘だ………」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:14:29.34 ID:2pAnpKtWO

澪「…嘘だ……嘘だ………」フラフラ

唯「ちょっと、どこ行く気?」

梓「ほっときましょう」

律「あぁ、それが一番だろ」

唯「………ちっ、気に入らない」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:17:55.00 ID:2pAnpKtWO

澪「嘘だ………」

「ほんとうだよ」

澪「嘘だ!!!」

「信じてくれ」

澪「…誰だ」

「私か?私は………お前だよ」

澪「え?」

「憎くないのか?」

澪「憎い」

「じゃあ………『殺せ』」

澪「殺す………みんな殺す、まず殺さなきゃいけないのは」

「田井中律」

澪「その通りだ」ニヤリ



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:21:23.57 ID:2pAnpKtWO

プルルルルルル

律「秋山さんか、何の用だ?」

澪『今すぐ○○公園に来い』

律「あ?なんで…」ブチッ

律「………なんだってんだ」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:24:33.36 ID:2pAnpKtWO

○○公園

律「澪のやつ、まだ来てないな」

ドカッ

律「が…はっ」ドサッ

律「………澪…」

澪「よぉ律、急に『澪』だなんてどうしたんだ?」

ヒユッ

律「ぐあっ」

澪「ちょっと馴れ馴れしいんじゃないか?あぁ!?」

ヒユッヒユッ

律「ぐっうわっ」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:29:08.66 ID:2pAnpKtWO

澪「なにかっ!言うことがっ!あるんじゃないのか!あぁ!?」

律「ぐあ、い、痛い………」

律「…澪、ごめん」

澪「ハァハァ、何がごめんだよ、説得力無いんだよ!」

ヒユッ

律「ガハッ」

律「…あれ以上、澪が傷つくのが見てられなくて」

澪「あ?」

律「私が…澪を裏切れば、澪は私たちの知らないところで…幸せに暮らせると思ったから」ポロポロ



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:34:36.73 ID:2pAnpKtWO

律「まさか…、ここまで澪が傷つくなんて…、思ってなかったから、だから…」ポロポロ

澪「都合が良いんだよっ!」ヒュン

律「ぐあっ!」

律「…澪、澪には私を殺す権利がある…、」

澪「言われなくても知ってるよ、それぐらい」

澪「何か…遺言は無いか?あるなら聞いてやるぞ」

律「澪、今までありがとう!大好き!」

澪「!?ぐああああ」ヒュンヒュン

ドカッドカッ

律「………………」

律「」

澪「ハァハァ、律うぅぅぅぅぅぅぅうわあああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:38:57.69 ID:2pAnpKtWO

澪「もう後戻りは出来ないんだ」

澪「この家もいらないな」

私は自宅に火をつけた

二度と帰ってこぬように

必ず、復讐を遂げるために


澪「………次は後輩のくせにいきがった梓だ」ニヤリ



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:46:00.85 ID:2pAnpKtWO

翌朝

梓「行ってきまぁす!」


梓「………」テクテク

ヒュン

梓「え?ぐあっ」ドサッ

澪「………」ニタァ



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:52:06.92 ID:2pAnpKtWO

梓「………ぐっ、えっ?ここどこ!?」

澪「気がついたか、ここは今は使われてない工場だよ」

梓「澪先輩………、そうですか」

澪「なんだよ、お前まで、『澪先輩』って何なんだよ!」ヒュン

梓「ぎゃあぁ」

澪「分かってんだろ?自分の置かれてる立場」

梓「はい、覚悟はできてます、すみませんでした」

澪「なんなんだよ、なんなんだよお前も!!!なぁ!聞いてるんだよ!なんなんだよ!!!」

梓「いっ、ぐっ、ご、ごめんなさい」

澪「………あ?」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 01:57:00.99 ID:2pAnpKtWO

凶器は金属バットです


梓「私は、私が澪先輩の敵になれば、
  …先輩方は私の言うことを聞いて…、ちゃんと練習してくれたから」

梓「それにバンドとしての一体感も生まれたような気がしてました…
  ほんとは、澪先輩もいなきゃ意味ないってこと知ってたのに」

澪「………」

梓「だから、ほんとにすみま」

澪「………」ヒュン

ドカッドカッドカッ

澪「…うるさい」

梓「………………」

梓「」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:01:07.85 ID:2pAnpKtWO

澪「次は金の力だけで大口叩いてた…」

澪「琴吹紬だ」


澪「そろそろ学校が終わる頃か…」

澪「流石に二人じゃ練習はできないよな?」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:05:06.90 ID:2pAnpKtWO

紬「じゃあねぇ唯ちゃん」

唯「うん、ばいばいムギちゃん」



紬「………」テクテク

紬「きゃっ」ヒュン

紬「………」ドサッ

澪「今日で全てケリがつく…」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:11:08.48 ID:2pAnpKtWO

紬「………ここは…」

澪「今は使われてない工場だよ」

紬「梓ちゃんにりっちゃん!まさかあなたが…」

澪「その通りだよ」

紬「………あなたのそういう所が大嫌いなのよ」

澪「ほぉ、そりゃ結構」

紬「自分の嫌なことがあれば、すぐに他人を陥れて自分の有利な方に導く」

紬「見てるだけで吐き気がするのよ」

澪「すぐに見れなくしてやる、遺言は?」

紬「地獄に落ちろ、屑が」

澪「………」ヒュン

ドカッドカッ

紬「………………」

紬「」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:15:07.00 ID:2pAnpKtWO

澪「死ぬべき人間は後二人」

澪「そして、次に死ぬのは平沢唯だ」



ピンポーン

憂「はぁい」

ガチャ

憂「あ、澪さん、こんば」

澪「………」ヒュン

憂「ぐあっ」ドサッ

澪「邪魔なんだよ」

澪「確か唯の部屋は…ここか」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:20:19.20 ID:2pAnpKtWO

憂「お姉ちゃん、逃げてーっ!」


唯「ん?どうしたのぉういぃ?」

ガチャ

澪「よぉ」ニヤリ

唯「な、み、澪ちゃん!そ、そ、そ、そのバット何?野球でもしようって?」

澪「………」ヒュン

唯「痛いっ!痛いよ!ごめん!謝るから!今までの全部謝るから!!!」

唯「や、やめて?あ、そうだ!明日からムギちゃんいじめようよ!あいつ、うっとおしいよね!」

澪「………」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:24:38.26 ID:2pAnpKtWO

澪「結局、『自分』を持っていなかったのはお前だけだったな」

唯「キャーーーー!!!」

グサッ

澪「………?」

憂「お姉ちゃんは殺させないよ」

澪「だから邪魔だって」ヒュン

憂「ぐああっ」

憂「………」ドサッ

唯「ど、どけ!」

澪「………ちっ、出血が多すぎて上手くうごけ…な………」ドサッ



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:34:03.79 ID:2pAnpKtWO

澪「……うぅ…ん」

澪「ここは…病院か」

警察「気がついたかね」

澪「………」ギロリ

警察「殺人未遂か…」

澪「………」

警察「君の家を燃やしたのも君か?」

澪「はい」

警察「君は本来なら院に入ってもらうべきだ」

警察「だが、君の学校での事情、君の精神状態を含めた場合………」

警察「君には暫く精神病棟に入院してもらうだろう」

澪「………」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:37:24.06 ID:2pAnpKtWO

それから数ヵ月後、精神病棟

澪「………」

コンコンコンッ

唯「失礼します」

澪「…殺しにきたか?」

唯「ううん、私、この数ヵ月間、ずっと考えてたんだ」

澪「………?」

唯「澪ちゃんがあの時言ってた『結局私だけ自分を持っていなかった』って言葉」

澪「………あれか」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:41:08.33 ID:2pAnpKtWO

澪「ここじゃなんだ、屋上で話そう」

唯「うん」

………


屋上

澪「それで?」

唯「私、決めたんだ、今まで散々澪ちゃんに酷いことしてきたから、
  これからは一生、澪ちゃんのためだけに生きていくって」

澪「ふんっ、くだらない、何より信用できない」

唯「ホントだよ!信じて?」

澪「………」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 02:45:34.70 ID:2pAnpKtWO

澪「………分かったよ、信じる」

唯「あ、ありがとう」パアアア

澪「ただ、一生じゃたりない」

唯「?」

澪「死んだ後もついてきてくれるか?」

唯「…もちろんだよ、今から逝くの?」

澪「うん、なぁ死んだ後もバンド組まないか?」

唯「いいね、それ!皆はいるのかなぁ?」

澪「そりゃあいるんじゃないか?ただ、私と組んでくれるかなぁ」

唯「大丈夫だよ」

澪「じゃあ後はここを飛び降りるだけだな」

唯「うん」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:01:43.48 ID:2pAnpKtWO

唯「じゃあそろそ」バキッ

澪「………」

唯「え?」ヒュー

澪「バカかお前、お前も私の手で殺さないと気が済まないんだよ」

唯「酷いよ、澪ちゃん」ヒュー

澪「お前ほどじゃないよ」

唯「………」

ぐちゃ



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:04:12.63 ID:2pAnpKtWO


唯「」

澪「この光景が見たかったんだよ」

澪「死ぬべき人間は後一人」ダッ

澪「次は………秋山澪だ」ヒュー

ぐちゃ



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:14:01.25 ID:2pAnpKtWO

………

唯「やっぱりムギちゃんの入れるお茶は美味しいね」

紬「あらあら、嬉しいわ」

梓「もぉ!練習しましょうよ!」

唯「待ってよぉあずにゃ~ん」

律「ん?おい遅いぞ澪!」

唯「えぇ、早かったよぉ?」

梓「いいえ、遅かったです!」

紬「遅かったわねぇ」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:15:34.18 ID:2pAnpKtWO

澪「みんな、私を許してくれるのか?」

梓「まぁ、悪いのは私たちですし」

唯「許すもなにも…ねぇ?」

紬「澪ちゃんは何も悪くないもの」

律「何やってんだよ澪!早く来いよ!」

澪「………」

澪「…うん!」ニッコリ

           ~fin~



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:18:39.55 ID:2pAnpKtWO

という訳で終わりですが

また質問あればどうぞ~




203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:24:53.60 ID:08qEeA+WO

澪達は天国にいったの?それとも地獄に行ったの?





204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:26:41.12 ID:2pAnpKtWO

>>203
まぁ強いて言うなら煉獄ですね

ってかどっちでもいいです
想像に任せます




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:28:58.92 ID:/l6PPl+1O

ムギだけ反省してなかったけど、なんで許したの~?



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:31:42.34 ID:7ew00zCd0

乙!

律が変わったのは俺はてっきりムギ→律で
ムギ「澪ちゃんの家族に手出して欲しくなかったら言うこと聞けついでに私のものになれ」
な感じと思ってたでござる





207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:33:01.18 ID:2pAnpKtWO

>>205
死んだらどうでもよくなった

ってやつです



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 03:35:28.22 ID:2pAnpKtWO

>>206

そう思わそうと書いたので良かったです

ありがとう



関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「二度と戻れない~くすぐり合って転げた日♪」
[ 2011/08/09 21:40 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3513 [ 2011/08/10 06:32 ] [ 編集 ]

結局紬が、澪に言ってた事は紬自身に当てはまる気が、律を自分の物にしようとした行為が澪いじめで、自分の優位に導いてるよね。

救いがないから、澪紬のほのぼのSS読んで気分落ち付けてきます

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6