SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「パシリせんぱ~い」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「パシリせんぱ~い」#前編 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1254494464/

梓「パシリせんぱ~い」#前編
梓「パシリせんぱ~い」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:41:04.70 ID:uKT2972B0

唯「ほっ!?な~んでーすかーっ」

?「私ファンタが飲みたくなっちゃいました!買ってきてくれますか」

唯「うんいいよ~、何味?」

?「グレープがいいです!」

澪「後輩にまでナチュラルにパシられちゃって、唯はすっかりパシリ職人って感じだなw」

唯「そうかなぁ……照れちゃうよぉ~//」

律「んじゃ私もついでにお願いしよっかな。ヤンジャン買ってきてよ」

唯「ほーい、分かったよー!やんじゃんと、ふぁんた…えっと」

?「グレープですよパシリ先輩!しっかりしてください!」

唯「あ、そうだ!ごめ~ん、それじゃあ行ってくるよ~♪」

?「はーい、パシリ先輩頑張ってくださいです!ダッシュでお願いしま~す♪」

唯「まかしときんしゃ~い!あははは」ガチャ


唯「ぶぃいい~ん♪ぎゅーーーん」タッタッタッ…





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:41:45.31 ID:uKT2972B0

―――
――


ピピピピピ……


唯「うーん…うぅうう~ん……ムニャ」

ピピピピピ…

ガチャ

憂「お姉ちゃ~ん、目覚まし鳴ってるよー!起きて~っ!」

唯「ふぁ……はぶっ!?」ガバッ

唯「あぅ、夢かぁ~… あ、おはよーう~い~♪」

憂「おはようお姉ちゃん♪朝ごはん出来てるから早く着替えちゃってね~」

唯「ほ~い」

憂(お姉ちゃんったらすっごい寝ぐせ…かわいい//)



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:42:57.71 ID:uKT2972B0

唯「……」ヌギヌギ

唯「それにしてもヘンな夢だったなぁ~……」

夢の中で見た女の子を思い浮かべる。

顔はちょっとぼやけててよくわかんないけど…
黒髪でツインテールで、ちっちゃくて――

唯「うーん……」

唯「あんな子知り合いにいたかなぁ?」

唯「それに私、先輩って呼ばれてた!……まだ1年生なのにな~」

唯「…はっ!!」

唯「もしかして予知夢!?来年誰か入ってくれるのかな~…だったらいいな~♪」

唯「えへへへへへ//」


憂「お姉ちゃんまだぁ~?早くしないと食べてる時間なくなっちゃうよー」


唯「あ、はぁーい!すぐ行くよぉ」ガチャ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:44:17.50 ID:uKT2972B0

―――


唯「どうも平沢唯です!どんくさい私だけど、この春ついに!」

唯「ぶかつを始めました!」

唯「おかげで毎日がとっても楽しいで~す♪」


和「……何語ってるのよ」

唯「えへへへ、ちょっとね~// というわけで放課後になったし、ぶかついくぞぉ~っ!」

和「楽しそうね」

唯「たのしい!」

和「良かったわね、唯に合う部活が見つかって」

唯「うん!」

唯「それじゃあ行くね、和ちゃんも生徒会がんばってね~!」タッ

和「あ、こら唯走らない!生徒会として校則違反は見逃さないわ!」

唯「うへぇ~やっぱり生徒会がんばらないでよぉ~、逃げろおーっw」タッタッ

和「唯ー!… もうっ。仕方ない子ね……」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:45:41.22 ID:uKT2972B0

・・・


ガチャコ

唯「やっほー皆~!」

澪「お、唯」

律「おっせーぞ唯」

紬「丁度お茶淹れたところなの、唯ちゃんナイスタイミングね♪」


唯「やったぁ~、へへへへ」ガタン

唯「うわぁー今日はぷりん!?生くりーむ乗ってるよぉ~」

唯「それじゃあ早速いただきま~…」


律「あ~唯、食べる前に漫画買ってきてよ」


唯「えっ、今? …でもぷりんが~……」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:46:39.55 ID:uKT2972B0

律「知ってるかー?ちょっと運動してきてから食べたほうがおいしいんだぞ」

唯「そうなの!?りっちゃんすご~い、物知りだね~♪」

律「まぁな、部長だしな。んじゃいつものやつな」

唯「うん! ……って、なんだっけ~?へへ…」

律「ったく…アクションだよ、いい加減覚えようぜー」

唯「そうだったぁ、ごめ~ん// じゃあすぐ買ってくるよ~」ガチャ

律「ゴラクじゃねーぞっ、アクションだぞー!間違えんなよーっ」

唯「ほ~い」

バタム


澪「…プッ、何が運動してきてから食べた方がおいしいだよ。適当言っちゃって」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:47:31.35 ID:uKT2972B0

律「でもフツーに信じちゃってただろw
  それに腹減ってた方がうまく感じるってのはホントじゃん?」

澪「ははは、相変わらず唯はちょろいなぁ」

紬「ふふっ、そうね~♪唯ちゃん単純だもんね」カチャ

澪「っていうかアクションって何か面白いのやってんの?」

律「極道めし」

澪「ふーん」ペラ…

律「それ何読んでんだ?」

澪「クロスビート」

律「漫画載ってる?」

澪「…これ音楽雑誌だから……」

律「なんだぁ、つーまんね」パクッ

律「プリンうめーっw」モグモグ

澪「ハァ……うち一応軽音部だろーが……」ペラ…



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:49:00.55 ID:uKT2972B0

―――


唯「おつかいだ~、楽しいな~っ」タッタッ

唯「あくしょん♪あくしょん♪」

犬「……」トコトコ

唯「あくs あっ!わんたんだぁ!」

犬「!!」ビクッ

唯「ぉおおよしよしよしよし…よーしよしよし……」グリグリグリ

犬「……」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:50:21.45 ID:uKT2972B0

――20分後

唯「よしよしよし♪よ~しよしよしよしよ~し…」グリグリグリ

犬「……」

ピリリリリッ! ピリリリリッ!

唯「あ、でんわ!あわわ…」ピッ

唯「もっしもーし」

律『何してんの唯』

唯「え?」

律『漫画。おっせーぞ』

唯「あっ!! ごめ~んすぐ買ってくるよぉ…えへへへ」ピッ


唯「怒られちゃったよーそういえばまんが買いに行く途中だったんだ!じゃあねわんたん!」タッ

犬「……」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:51:11.59 ID:uKT2972B0

ティロリロー♪

店員「ぃらしゃっせぇーっさぁ~っ」


唯「わんたん♪わんたん♪」キョロキョロ

唯「……あれー、わんたんどこだろう…」

唯「すいませーん」

店員「なんスかぁ」

唯「わんたんってまんがありますか?」

店員「は?」

唯「やんじゃんとか、あにまるみたいなのの…わんたんっていうやつなんですけど~」

店員「…そこの棚に無かったらないっすぁー」

唯「あっ、そうなんですかぁー…… …どうしよぉ」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:52:16.11 ID:uKT2972B0

唯「うぅ」ピッピッ

唯「…… あ、もしもしりっちゃん?あのね、わんたん無いよ」

律『何言ってんの唯、ワンタン麺なんか頼んでないだろ』

唯「違うよぉまんがだよー。わんたん無いって」

律『は?いやアクションだから』

唯「あくしょ…あぁっ、そうだったぁ!!」

律『ったく…』ピ


唯「そうだよあくしょんだよー、何でわんたんになっちゃったんだろ…」

唯「あくしょん♪あくしょん♪」

唯「ん~っ……あっ、あったあった!あくしょん!」ガサッ

唯「…あれ、でもよく見たらあくしょん…ぴざっつ?」

唯「……でも他にあくしょんっていうの無いよね…これでいいんだよね~」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:54:21.90 ID:uKT2972B0

唯「くーださ~いな~♪」

店員「しゃっs …!?(え、エロ漫画じゃねーかっ!!)」

店員「……」チラ

唯「?」

店員(こんなかわいい女子高生が……)ゴキュリッ

唯「あのぉー…」

店員「!! さ、350円になりゃーす」

唯「ほ~ぃ」チャリン


店員「ありぁたっしたぁー」


唯「急いで帰らなくっちゃ!ぷりん~♪」タッタッ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:56:59.09 ID:uKT2972B0

・・・

唯「ふぅふぅ、やっと学校に戻ってこれた。いっそげ~ぃ♪」タタッ

和「唯!」

唯「あっ、和ちゃ~ん」

和「もう、また……駄目じゃない廊下を走っちゃ」

唯「へへへごめ~ん」

和「あなた部活だったんじゃないの?」

唯「おつかいいってたんだぁ」

和「ふーん、そうなの」

唯「うん!りっちゃんのまんが!」

和「えっ」

和(……もしかしてパシられてるのかしら?…まさかね……)

唯「じゃあね~、遅いってりっちゃんに怒られちゃうよー!」タッタッ

和「あ!?こらーっ!」

和「……はぁー」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 23:58:21.59 ID:uKT2972B0

ガチャ

唯「ただいまぁ~っ」

澪「……」ペラ…パラ…

澪「…ん、あぁ」

紬「唯ちゃんおかえり~」

律「おっせーぞ唯、何してたんだよ!プリン食べ終わっちゃったじゃん」

唯「へへへごめ~ん、途中でわんたんに会っちゃって…はい、あくしょん!」ガサ

律「さんきゅー… っておい!なんだこれ!?」

澪「? …うわっ!?え、え、えろ…えろっ……//」カァァ

紬「あらあらあらあら…」

唯「へ?何~?あくしょんだよー」

律「アクション…ピザッツ?ってなってんぞ…私が頼んだのはただのアクションだぞ!」

唯「えっ…だってあくしょんってつくのそれしかなかったから……」

律「……」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:00:31.37 ID:uKT2972B0

唯「と、とりあえず350えんだったから~、おかね…」

律「は?勝手に間違えて買ってきたんだから金は唯もちに決まってんじゃん」

唯「えぇええぇええ~!?」

律「プリンも私がもらう」サッ

唯「あっ!だめだよっ、それ私の……」

律「……」ジロ

唯「あぅ、分かったよぉ~…」シュン

澪「なんでもいいからさっさとしまえよそれっ!部屋の空気が汚れるっ!!」

律「はぁ~……まぁとりあえず読むか…」ペラ

澪「おぉおおい律っ何してんだよ!?」

律「だってしゃーないじゃん、買ってきちゃったもんはさぁ」パラパラ

澪「だ、だだだだからってそんなっ、えろ…えろほん!//だぞっ…それ……!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:02:50.85 ID:xBU9sFlP0

律「いやそうだけど別に… ぷっ!はははこれ見てみろよw」バサ

澪「うわ、見せるな気持ち悪いっ!マシューの上に汚いもんかぶせるなっ!!」

律「めっちゃ汁だくじゃんw男のアレってこんなに出るもんなのか?」

澪「しししし知るわけないだろぉがっ!いいから捨ててこいよそんなもん!!」

律「やだwおもしれーもんw …そうだ、今日聡の部屋に放置して反応見てみるかなw」

澪「や、やめろよ悪影響だろ!実の姉がそういうことするなっ!」

律「悪影響とかwもうあいつ普通にオナニーしてるからw」

澪「え゛ッ!?」

律「はははは(しかもオカズはお前だっつうのw)」

唯「……りっちゃん楽しんでるね!(おなにー?ってなんだろ)」

律「ん?あぁ…だから?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:03:45.21 ID:uKT2972B0

唯「お、おかn」

律「払わないぞ」

唯「あぅ」

澪「…律っ、いつまでも読んでるなよそろそろ練習するからやめろっ!」

律「はァーい。ったく、うっせーの」ガタッ

澪「か、か、鞄にしまっとけよその本は!視界に入ると気が散るっ!」

律「はいはい…めんどくせぇーっ……」ゴソ



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:05:08.24 ID:xBU9sFlP0

・・・


ジャ~ン…

律「……」

澪「…唯どうした。なんか全然ノってないな」

唯「そ、そーかなぁ~っ」

紬「確かにちょっと、なんていうか…元気無い感じね」

澪「そうだぞ。もっとやる気出せよ」

唯「……ぷ、ぷりん…」

紬「え?」

唯「ぷりん食べられなかったから元気でない…」

律「はぁ?おいおい、それってあれかー?私のせいってこと?」

唯「そ…そういうわけじゃないよぉ……」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:06:29.05 ID:xBU9sFlP0

律「いやそうなんだろ?遠回しに私がプリン取ったからって言いたいんだろ?」

唯「…違うよぅ……りっちゃん怒らないでよぉ…」

律「……」

唯「……」

律「あーあー!ちぇっ…今日せっかくやる気出してたのにな。いいや、もう終わろうぜ」

唯「えっ」

澪「はぁ…仕方ないな」

唯「ご、ごめんね~皆」

紬「まぁまぁ。こんな日もあるよ、明日頑張ろっか唯ちゃん」

唯「うん。 …りっちゃんごめんね~……」

律「いいってもう。早く片付けて帰ろうぜ」

唯「う、うん」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:08:28.75 ID:xBU9sFlP0

・・・


唯「ただいまぁ~…」ガチャ

憂「おかえりお姉ちゃん! …あれ、何か元気ないね」

唯「今日ぶかつで怒られちゃったんだ」

憂「えっ…どうして?何か失敗しちゃったの?」

唯「ううん、おやつのぷりんが食べられなかったから練習に集中できなくって…」

唯「そしたら澪ちゃん達にやる気ないのかって怒られちゃった」

憂「そ、そうなんだ……」

唯「ふぁ~、なんか疲れちゃったぁ…部屋行ってるね~」

憂「うん… あっ、私ちょっと出かけてくるね」

唯「えっ、今から?」

憂「すぐ戻ってくるよ~」

唯「分かったぁ、じゃあ下にいたほうがいい?」

憂「ううん、部屋にいていいよ~」

唯「ほ~い」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:10:25.93 ID:xBU9sFlP0

・・・


唯「うぃ~」ドサッ

唯「ふー…」ゴロン…

唯「へへへ、はははは♪」ゴンロゴンロ


憂「お姉~ちゃんっ♪」ガチャ

唯「うい!はやかったね~どこ行ってたの?」

憂「えへへ」ガサガサ

憂「はい!プリン買ってきたよ~」

唯「えっ!!ほんと!?ありがとう~いぃい~っ!」

憂「生クリームのってるやつだよ~」

唯「わぁああ流石ういだよ分かってるぅ~っ」

憂「下行って食べよ?」

唯「うん!やったーやったーやったった~♪」トントン

憂「ふふ、お姉ちゃんったらぁ~w」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:12:25.10 ID:xBU9sFlP0


――
―――

どうも!またまた平沢唯です!

時が経つのは早いもので、二年目の春を迎えました。
私は今年もぶかつを頑張ってま~す☆

そしてそんなぶかつに、なんとびっくりかわいい後輩が!
新歓ライブのおかげかなぁ。やったね~♪

でも驚くのはそれだけじゃないんです。

実はその子、黒髪でツインテールでちっちゃくて……
そう、去年の春に見た夢のまんまだったんです!

もしかして私ってエスパー!?なーんちゃって~w


とにかく、今はとっても嬉しいで~す!



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:13:43.21 ID:xBU9sFlP0

唯「あだ名はあずにゃんに決定~♪」

梓「えっ!?は、恥ずかしいですよぉ…//」

律「ははは、よかったな」

梓「よくないですよぉお~!」

紬「それじゃあ皆、お茶にしましょう♪」

唯「やったぁ~♪今日のお菓子はなぁに~?」

紬「モンブランよ~」

唯「もんぶらん!だいすきだよーっ!!いっただっきま~…」

律「あー唯、その前にさ。ほら」

唯「ほぁ?」

律「ほぁじゃなくって。ほら」ヒラヒラ(ページをめくるジェスチャー)

唯「?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:16:13.18 ID:xBU9sFlP0

律「私何も持ってないだろ~?」

唯「えっ…えーっとぉ~(なんだろう…)」

律「…ったくいつまで経っても覚え悪いなぁ…漫画だ漫画っ。
  近麻の新号出たからちょいっと買ってきてよ」

梓(ん?)

唯「あっ。うん分かったよぉ~(うぅ~食べたいなぁ……)」ガチャ

澪「唯待って!シャーペンの芯切れそうだからついでにお願~い」

唯「うん」

澪「0.3mmだから」

唯「うっ、うん(れいてんさん…れいてんさん……)」

唯「えとえと…ごめんりっちゃん、まんが何だっけ?き、きん…」

律「近麻」

唯「きんま… うん分かったよー(れいてんさん、きんま……れいてんさん…)」

バタム


梓「……」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:18:32.43 ID:xBU9sFlP0

梓「……あの~…」

律「ん、何?」

梓「もしかして今のって、パシリですか?」

澪「おいおい、おつかいって言ってくれよ。聞こえが悪いだろ」

律「いやまぁ事実だしいんじゃね?梓はもう軽音部員だしな」

澪「そうかぁ?」

梓「……」

律「梓もさぁ、何か欲しいもんあったらガンガン唯パシってっていいからなー」

梓「えっ」

紬「パシリ先輩って呼んであげたら喜ぶんじゃない?」

澪「ははっ、ムギそれはいくらなんでもだろ~w 
  本人は未だにパシリじゃなくておつかいって思ってんだからw」

梓「……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:22:32.72 ID:xBU9sFlP0

律「まぁそういうわけだから。ホント後輩だからとか気にしなくていーかんなw」

梓「は、はぁ」

律「とりあえずいっただっきゃーす!」パクッ

律「うンめーっw」モグモグ

紬「あらあら、本当?モンブランにして良かったぁ♪」

梓「…唯先輩待たないんですか?」

澪「あーいいのいいの。気にしないで食べていいよ」パク

梓「でも……」

澪「あホントだ、おいしいなぁこれっ!流石ムギチョイス!」モグモグ

紬「ふふっ♪ …ほら梓ちゃんも、お茶冷めちゃうよ?」

梓「……」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:25:30.16 ID:xBU9sFlP0

―――

唯「れいてんさん、きんま、れいてんさん、きんま、れいてんさん……」ブツブツ

犬「……」トコトコ

唯「! あぁーっ、わんた~ん♪」ナデナデナデナデ

犬「!……」

唯「よーしよしよしよしよしよしよし♪」

犬「……」

唯「よぉおおしよしよしよしy …はっ!!?」ガバッ

唯「あ、あぶないあぶない!こんなことしてたら忘れちゃうよ~」

唯「ごめんねわんたん!またねーっ」タッタッ

犬「……」ショボン…


唯「えと…れい……れんてんさん… …れ……あれっ」

唯「れいてんさん、さん……さん…さんまっ!うわーっ、あぶなかったぁ~…忘れるとこだったぁ」


唯「れいてんさん♪さ~んま♪れいてんさん♪さ~んま♪…」テクテク



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:29:47.44 ID:xBU9sFlP0

ティロリロー♪

店員「しゃっせ」


唯「えーっと、えーっと……なんだっけ。れいてんさん!」

唯「…って何?あ、あれれ……」

唯「まてまてーぃ!冷静に考え直してみよう……『れいてんさん』…」

唯「人のなまえかなぁ。『れいてん』っていう。『れいてん』さん」

唯「うぅ……」チラッ

店員「…?」

唯(なふだには『すずき』って書いてある…この人じゃないや……)

店員(…おいおい、めっちゃ見てきとるやん……も、もしかしてこのコ俺ん事……//)

唯「…あ、あのぅ」モジモジ

店員「!! …なっスかぁ~?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:31:24.38 ID:xBU9sFlP0

唯「このおみせに『れいてん』って人いますか?」

店員「…いなァっす……」

唯「そ、そうですか~ごめんなさい//」

唯(そうだよ人のわけないよ~、おつかいなのに…私のどじっ!恥かいちゃったよぉ……)

店員「……」

唯「…あのぅ……」

店員「…なっスかぁ」

唯「れいてんさん…って売ってま……せんよね~^^;」

店員「はぁ?……ちょっつわがァーねっスね……」

唯「あぅ……」シュン



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:49:21.48 ID:xBU9sFlP0

唯(どうしよう、電話して聞こうかなぁ…でも絶対呆れられちゃうよ~……)

唯(もう少し頑張って思い出してみよう…)

唯「むむ…………」

店員「…『れいてんさん』っていう商品なっスかぁ~?」

唯「へっ!?あ、えと…た、多分なまえじゃないかもです。
  れいてんさんのなんとかだったかも~……」

店員「はァ~。 …………あー、シャー芯とかっすかぁ?」

唯「えっ?」

店員「0.3mmのシャー芯とかじゃーなァっスかぁ?」

唯「あっ!!!!!そ、それだぁ~!!」

店員「まァじすかぁ?ほんなら売ってァすよ」

唯「ほ、ほんとですかー!?やったぁ~♪」

店員「あっこにありゃースよ」

唯「わ~い」タッタッ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:50:24.31 ID:xBU9sFlP0

唯「ん~… あったぁ~!」


唯「くーださ~いな♪」

店員「105円になりゃァーす」

唯「ほぃ」チャリ

店員「丁度いただきゃぁーす」

唯「ありがとうございました~、助かりました!」ペコ

店員「あっ、ありあり ありぁたっしァ~//」


唯「よーし、あとはりっちゃんのさんまだー!」タッタッ


唯「お魚屋さんは商店街だよぉ、ちょっと時間かかっちゃうなー。りっちゃん怒っちゃう…」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:54:52.03 ID:xBU9sFlP0

・・・


唯「はぁはぁ」タッタッ

唯「つ、ついたぁ。お魚屋さんは…」キョロキョロ

唯「あった!さんま売ってるかな~っ」タッタッ

魚屋「おっ、憂ちゃんらっしゃい!髪下ろしてイメチェンかい?w」

唯「えっ!?」

魚屋「…?」

唯「お、おじさんういの事知ってるの?」

魚屋「ん?」

唯「ういは私の妹だよ~」

魚屋「なんと! …それじゃ嬢ちゃんが例の『お姉ちゃん』ってワケだ!」

唯「例の?」

魚屋「あッ!いやぁ~っ^^;」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:56:35.80 ID:xBU9sFlP0

魚屋「それにしても珍しいねぇ、お姉ちゃんの方が買い物なんてなぁ」

唯「へへ、おつかいなんで~す」

魚屋「何探してんだい?」

唯「えっと、さんま!」

魚屋「さ、さんま?さんまは今旬じゃねぇが……憂ちゃんに頼まれたのかい?」

唯「ううん、友達に頼まれたの」

魚屋「そうかぁー。まぁあるにはあるが…何尾いるんだい?」

唯「えぇっと…そういえば聞いてなかった……ちょ、ちょっと待っててくださぃ」ピッピッ

唯「……あ、もしもーし!りっちゃん? …ごめ~ん、今商店街まできたところだから…」

唯「…え?お魚屋さんだよぉ~。それでね、さんまいくついるのか聞いてなかったかr …へ?」

唯「き、きんま?さんまじゃなかったっけ?」

唯「……うん、うん… ……わ、分かったぁ~」ピッ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 00:59:41.41 ID:xBU9sFlP0

魚屋「何尾だって?」

唯「あぅ、あの~……」

魚屋「?」

唯「ごっ、ごめんなさい!さんまじゃなくってきんまでした!!」

魚屋「きんま? …あぁ、ひょっとしてキンメの事かい?」

唯「えっ、あるんですかー!?」

魚屋「あるよ!煮付けがウマイねぇ…ちょっと待ってな」

唯「わーい、やったぁ♪」

魚屋「よっと」デンッ!

唯「うわーっ!目おっき~い」

魚屋「深海魚だからねェ」

唯「視力どれぐらいあるんですかー?あふりかの人ぐらい?」

魚屋「ははは、そいつぁちょっと専門外だなぁ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:04:21.85 ID:xBU9sFlP0

唯「あぅ、残念… おいくらですか~?」

魚屋「2800円だよ!天然モンだからね」

唯「え゛ッ!!??に、にせんっ……あわ」カパッ ゴソゴソ

唯「……にせんごひゃくえんしかないぃ…」

魚屋「えぇ?困ったなァ~…」

唯「あぅ…」

魚屋「…よッし!じゃあマケて2000円だ、お姉ちゃん価格ってことにしといてあげらぁ!」

唯「ほ、ほんと~!?わ~い、おじさんだいすき!」

魚屋「お、おぉ…// 待ってな今包んであげるから」ガサガサ

魚屋「はいよ!」

唯「ありがとうございましたぁ~!」

魚屋「憂ちゃんによろしくなぁー」

唯「ほ~い」


唯「よぉーし早く戻ってもんぶらん食べるぞぉ~っ♪」タッタッ…



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:08:41.24 ID:xBU9sFlP0

―――

律「…しっかしおっせぇーな唯のヤツ……」イライラ

澪「商店街まで行ってるんだって?」

紬「えぇ?なんでまた…コンビニになかったのかな?」

律「近麻を秋刀魚と聞き間違えただかで魚屋まで行ったんだと。ったく……
  普通に考えて魚なんか頼むかっつうのな。家のおつかいじゃねーんだから」

梓「……」

ガチャ!

唯「はぁはぁ……ただいま~!」

律「唯っ、おっせーぞ!ったくよー」

梓「先輩おかえりなさいです」

唯「ただいまー!あずにゃん!」

澪「シャー芯忘れてない?」

唯「大丈夫、買ってきたよぉ」ガサッ「はい澪ちゃん」

澪「サンキュー。200円だっけな、ほら」ポイッ

唯「うん。まいどー♪」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:11:39.98 ID:xBU9sFlP0

澪「さて、じゃあ恥ずかしくってむず痒い歌詞の続きでも書くとするか」カリカリ

律「おいさっさと私の近麻もくれ」

唯「へへ…りっちゃんさー、間違えてたよ?wきんまじゃなくてきんめだったよ!もぉ~w」ガサッ

唯「へいおまち!」ドンッ

律「は? …えっ、何この包み」

唯「何ってきんめだよぉ。天然ものまけてもらったんだよ!凄いでしょ~♪」

紬「もう一声~ってやった?唯ちゃん」

唯「あっ、してない!あちゃーっ、すればよかったよぉおお」

紬「ふふふ唯ちゃんまだまだね~w」

律「…天然って何だよ、まさか近麻オリジナルの方買ってきたとかじゃあーないだろな……」

律(そもそも漫画ってまけてもらえるモンなのか?)ガサガサ


キンメ「」グデッ…

律「」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:14:07.21 ID:xBU9sFlP0

律「……おい唯ッ…何だよこれ……!さ、魚じゃねェ~かッ…」プルプル

唯「? だからきんめだよ」

律「ちげーよ!キンメじゃなくて近麻っ、近代麻雀だっつーの!金目鯛買ってきてどーすんだよ!!!」

唯「えっ?ち、違う魚だったの?あわ…」

律「ちげええ漫画だっ!近代麻雀なんて魚いねェーよどんな新種だよボケも大概にしろこらっ!!」バンッ!

唯「まんが… あぁっ!?」

律「……」

唯「あわわ……ご、ごめ…」オロオロ

澪「ぶふっw」

紬「あらあらあらあら…w」

梓「……」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:19:48.45 ID:xBU9sFlP0

律「あ゛ぁ!?これヒラキにでもしてめくって読めってか!?中何も書いとらんっちゅうねん!」

唯「そ、そうだよね~… 内臓しかないぞう!なんちゃって~、あはは」

律「つまんねーよ」

唯「」

律「あーっ、くっそ…さんざ待たされた挙句にこれかよっ……」

唯「…あ、あのね……このきんめ2000えn」

律「払うわけないだろ。勝手に買ってきといて」

唯「でっ、でもぉ~……」

律「あぁあもぉおおおーッ!!!」ボリボリ

紬「りっちゃん、とりあえず甘いものでも食べて落ち着いて~」

律「そうだな…くそっ!」バッ

唯「あっ!?私のもんぶ」

バクッ!モグッ…

唯「…らん……あぅ…」

梓「……」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:23:16.86 ID:xBU9sFlP0

律「ったく…ったく…」モグモグ

律「うめぇーっwははは」

唯「……」ショボン

梓「…唯先輩、私のモンブランいります?まだ食べてないですから」

唯「えっ。いいの!?」

梓「いいですよ」

唯「…でも~、あずにゃんは……」

梓「えと、実は私モンブラン苦手で~。へへ…」

紬「あら、そうだったの?ごめんね…」

梓「あっ、いえ……」

唯「それじゃもらっちゃうよ~ん♪」

梓「どうぞです」

唯「ありがとあずにゃ~ん!いっただきま~んもす♪」パクッ

唯「んむ… おいひい!おいひいよぉ~っ」モグモグ

梓「あはは、そうですか~?良かったです」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:27:23.65 ID:xBU9sFlP0

―――


律「じゃあな~唯」

唯「うん、またね~。ごめんねおつかい間違えちゃって…」

律「いいよもう。行こうぜ澪」

澪「あぁ、んじゃな唯。梓は?」

梓「私はこっちです」

唯「あっ、じゃあ私と同じだね!へへへ」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:29:52.98 ID:xBU9sFlP0

・・・

唯「ほっほっ」テクテク

梓「……」テクテク

唯「ねぇあずにゃ~ん」

梓「なんですか?」

唯「あずにゃんってういに誘われて新歓ライブ来てくれたんだよね?」

梓「あっ、はい」

唯「じゃあういのお友達になってくれたの?」

梓「えっと…今日少し話しましたよ」

唯「お友達になって!うい良い子だからきっとすぐ仲良くなれるよ~」

梓「へへ、そうですか~?//」

唯「うん!お友達は大事だもんね~♪」

梓(……)

梓「そうですね~」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:35:23.40 ID:xBU9sFlP0

唯「そうだよ~♪えへへ、私とあずにゃんもともだちだね!
  せんぱいとかこうはいとか、気にしなくっていいよぉ~」

梓「えぇ、ほんとですかー?いいのかなぁ~…」

梓(……)

―律『先輩後輩とか気にしないでガンガンパシってっていいからなーw』

梓「……」

唯「ともだちだから手を繋ごうよ~」ギュ

梓「ちょっ、先輩~…//」

唯「とーもだ~ちなら手ーをつーなご♪」フリフリ

梓「歌詞微妙に違ってますよ」

唯「間違ってないよ~ん」

梓「も、もぉ~っ…//」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:39:27.53 ID:xBU9sFlP0

・・・


唯「ただいま~っ」ガチャ

憂「お帰り~お姉ちゃん♪…あれ、その袋なに?」

唯「あ、これ?へへ…今日ちょっとどじっちゃって……」ガサガサ

憂「? …わぁ!金目鯛!?」

唯「えっとね、りっちゃんに頼まれたまんがと間違えて買っちゃったんだぁ」

憂「ま、漫画と間違えたの?」

唯「うん。きん…きんま?だったかな」

憂(近代麻雀かな)

唯「これ2000円もしたんだよぉ。あっでも本当は2800円だったんだけど!」

憂「そうなの?」

唯「うん、お魚屋さんがういのこと知っててね、
  2500円しかないって言ったらまけてくれたんだ~」

憂「あー、あの商店街のお魚屋さんかな」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:44:32.03 ID:xBU9sFlP0

唯「うん、お姉ちゃん価格だって!」

憂「あはは、良かったね~♪」

唯「でもこれであと今月500円しかないや…ぅー」

憂「えっ、お金お姉ちゃんもちだったの?」

唯「間違えちゃったの私だから仕方ないよ~」

憂「……そうかもしれないけど……」

憂「じゃあうちの家計から2000円戻してあげるね」

唯「え、いいの!?」

憂「いいんだよ~お姉ちゃん♪今日のおかずにすれば家のおつかいで買ったことになるから」

唯「そっかー!わーい♪」

憂「ふふっ、じゃあすぐにご飯の準備しちゃうからね。これはお煮付けにしようね~」

唯「うん!やったぁ~なんか得した気分だよー」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:48:18.21 ID:xBU9sFlP0

・・・


唯「おなかすいた~!うーぃい~まだぁ~?」チンチン♪

憂「出来たよ~、はい!キンメの煮付けだよ」ドン

唯「いいにおい!んん~っ」クンクン

憂「天然ものだしきっとおいしいよ!」

唯「いただきま~す♪」パク

唯「おっおいひい!おいひいいいい」

憂「ふふ、本当?良かったぁ~。お姉ちゃんいい買い物したね!」

唯「星、みっ つです!!」モグモグ

憂「あはははは」


唯「モグモグ… …そういえばうい~」

憂「何~?」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:51:20.78 ID:xBU9sFlP0

唯「あずにゃんとお友達になれそう?」

憂「あずにゃん?」

唯「えっと」

憂「あぁ、梓ちゃんのこと?」

唯「そう!今日お話したんでしょ?」

憂「うん。お姉ちゃん本当にギター高校から始めたのかーって聞かれたよ」

唯「へー!ういの事は?」

憂「どうだったかな~、それぐらいだったかな。後はあんまり話してないや…」

唯「もっとお話しなよー。きっと仲良しになるよ!あずにゃんもいい子だから!」

憂「えへへ、そうかなぁ。なれたら嬉しいなー」

唯「なれるよぉ♪」

憂「そうかな~//」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 01:53:36.15 ID:xBU9sFlP0

―――

ザワザワ…

ガチャ

唯「おはよ~っ」

紬「唯ちゃんおはよう」

律「よぉー唯」

唯「るんるん♪」

紬「あらあら嬉しそうね、何かいいことあったの?」

唯「えっ?ううん別にふつうだよ~」

律「ははは、唯はいっつも頭ン中お花畑だもんな~w」

唯「? うん!そうだね~♪」

紬「あらあらあら」

律「プッwははははw」

唯「りっちゃん何で笑ってるの?何かおもしろかった~?」

律「うははwうはははははw」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:00:16.80 ID:xBU9sFlP0

―――

梓「……」ブーラブーラ

ガチャ

梓「!…」チラッ

生徒「平沢さんおはよ~」

憂「おはよー」


憂「ふぅ~」ガタン

梓「…おはよ~」

憂「! あっ、おはよ~!」

梓「えへへ」

憂「あはは」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:02:51.86 ID:xBU9sFlP0

憂「…梓ちゃん、昨日は部活どうだったの?」

梓「お茶してばっかりだったよ」

憂「そっかー」

梓「……憂はいいねー」

憂「えっ、何が?」

梓「唯先輩は優しいお姉ちゃんだね」

憂「うん!梓ちゃんは兄弟とかいないの?」

梓「私一人っ子なんだ」

憂「そうなんだ。じゃあ梓ちゃんもお姉ちゃんの妹になってみる~?w」

梓「な、なにそれー//」

憂「お姉ちゃんってあったかいんだよ~♪」

梓「へー、いいなぁ(よくわかんないけど)」

ガチャ

先生「おーし授業始めるぞー」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:05:45.01 ID:xBU9sFlP0

―――

ワイワイ…


唯「お昼だ~っ!もうおなかぺっこぺこだよぅ」

律「おーっし、んじゃ唯パンお願いなー。お好み焼きパンな」

唯「うん!ひとっとびしてくるよ~」

唯「ぶぅーぃいい~ん♪ばるるるるー!」タッタッタッ

律「うはははw」バンバン

紬「あれ何の真似?」

律「知らねwゼロ戦とかじゃね?w」

紬「そうなんだ~、唯ちゃんったらかーわいぃ♪」

律「両手広げて走るとかw邪魔すぎだろっwむぁはははw」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:07:57.33 ID:xBU9sFlP0

―――


梓「何にしよっかなーっと」テクテク

唯「ぶぃいい~ん♪」バッ

梓「わぁっ!?」ビクッ

唯「あぁっ、あずにゃん!やっほー!」

梓「せ、先輩両手広げて廊下走るなんて危ないですよっ」

唯「へへ、ごめ~ん!しゅわるべになりきってたから……」

梓「?」

唯「あずにゃんもパン買いにきたの?」

梓「あ、はい」

唯「何買うの?」

梓「てりやきサンドです」

唯「えぇっ、なにそれおいしそう!いいなー!」

梓「えっ…1年以上通ってるのに知らなかったんですか?」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:10:32.92 ID:xBU9sFlP0

唯「うん、私いっつもあんぱんだから…あっ違うや、たまに焼きそばパンも食べるよ!」

梓「へー、じゃあ今日はどっちです?」

唯「えーっと…そうだ!せっかくだからあずにゃんと同じのにしてみるよ~」ガサッ

梓「ほんとですかぁ、おすすめですよ~」

唯「へへへw …えーっとそれと~……あ、これこれ」ヒョイ

唯「くーださ~いな~♪」

梓「あれ、お好み焼きパンもですか?」

唯「これはりっちゃんのだよー」

梓「……」

梓「あー、そうなんですか~」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:13:59.45 ID:xBU9sFlP0

唯「うん! それじゃすぐ戻らないと、りっちゃん待ってるから」

梓「はい、また放課後です」

唯「またね~♪」

唯「…あっ、そうだ!あずにゃん!」

梓「はい?」

唯「ういと仲良くなった?」

梓「あぁ、へへ…お昼一緒に食べますよ~。教室で私がパン買ってくるの待ってもらってます」

唯「ほんと!?良かったぁ~♪それじゃあずにゃんも早く戻らないとね!」

梓「は~い」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:16:00.67 ID:xBU9sFlP0

・・・

ガチャ

唯「おまたへ~」

律「おっせー、何してたの」

唯「えぇ、おそかった?ごめーん…あずにゃんに会ったから」

紬「梓ちゃん?」

唯「うん、パン買いにきてたんだ」

律「へぇ。ほら150円」ポイ

唯「まいどー♪はいお好み焼きパン!」

律「ふー、じゃあ食べるか!」

唯紬「いただきま~す」

唯「へへへ、あずにゃんおすすめかぁ~」ガサッ



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:18:03.95 ID:xBU9sFlP0

律「モグ… んっ、唯今日あんぱんじゃねーじゃん。何それ?」

唯「あ、これ?えへへあずにゃんおすすめのてりやきサンドだよー♪」

律「へぇ、そんなんあったんだ(唯パシらせてばっかで知らんかった)」

紬「おいしそうね~」

唯「でしょ~、へへへ……」

律「なー私そっちがいい、取替えっこしよーぜ」

唯「えっ」

律「なぁ~いいだろー?唯お好み焼き好きだろ?」

唯「で、でもぉ……」

律「……けっちーなぁ唯」

唯「あぅ、分かったよぉ……じゃあ半分こにしようよ~」

律「しゃーねーなぁ、じゃそれで。先にそっち食べさせてよ」

唯「うん、いいよ」ヒョイ



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:18:55.41 ID:xBU9sFlP0

律「どら、どんなもんかな」パクッ

律「……」モグモグ

唯「どう?」

律「うめーっ!こりゃうめーや!」

唯「ほんと!?へへ、りっちゃんはやくはやく~♪半分ちょーだいっ」

律「うめっ!うめぇー!!」ガツガツ

唯「あっ」

紬「あらあら、そんなにおいしいのりっちゃん?」

律「ング… うめぇ!ごちそさァーっす!」

唯「」

唯「わ、私のぶん……」

律「へっ? …あぁ、悪ぃーっwうますぎてさぁ!気が付いたら…なっ?はははw」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:20:11.79 ID:xBU9sFlP0

唯「うぅ、ひどいよりっちゃん…せっかくあずにゃんがおすすめしてくれたのに……」

律「悪かったっていってんじゃんwお好み焼きパンもうめーって、それでがまんしろよw」

唯「……」パクッ

唯「んん~!?おいひい!」

律「ははっ、そうだろー?w」

唯「おいひい~♪」モグモグ

律「ははははw(マジでちょれぇ~っw)」

紬「良かったわね唯ちゃん♪」

唯「うん!」

唯「…あ。そういえばてりやきサンドは200円だったんだけど~……」

律「ん、何て?」

唯「う、ううんなんでもないや~」

唯「……」モグモグ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:23:24.12 ID:xBU9sFlP0

・・・

ガチャ

律「あぁ~っ、だりぃー」

澪「部室着いただけなのにどんだけだよ」

紬「ふふ、お茶にしたらすぐ元気になるわよね~」

律「その通り!いよっ、ムギ様のお茶大明神!」

唯「今日のお菓子なんだろ~♪」

紬「今日はシフォンケーキよ唯ちゃん」

唯「わーっ、ほんと!?紅茶のやつだといいな~」

ガチャ

梓「お疲れ様です」

唯「あずにゃんやっほー!」

澪「やぁ梓」

律「おっす梓ぁ、お待ちかねティータイムだぞ」

梓「わ、私は別に…練習第一ですよっ!」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:26:38.96 ID:xBU9sFlP0

紬「は~い皆お待たせ、紅茶が入ったわよ~」コポコポ

唯「ムギちゃんありがとー!よぉーし、それじゃ早速~…」

律「あ、唯」

唯「何~?」

梓(……)

律「食べる前におつかい行ってきてよ。昨日間違えたやつさ、私まだ読んでないんだよ」

唯「あっ、うん!分かったよぉ。えと、きんま…だっけ?」

律「そうそう、近代麻雀な。今度は間違えるなよ~」

梓「……あの!」

澪「? どうした梓」

梓「ゆ、唯先輩……お茶さめちゃうんじゃないですかぁ~…?
  せっかくムギ先輩が淹れてくれたんですから飲んでからにしたら…その、どうですか~」

唯「えっ?…あ……」チラ

律「いいって、あとでまた淹れてもらえばさぁ。早く行ってきてよお茶しながら読みたいんだ」

唯「うん、行ってきま~す。へへへ…」ガチャ バタン

梓「……」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:29:32.29 ID:xBU9sFlP0

律「さーて、いっただっきま~す♪」パクッ

律「うめぇっ!はははは」モグモグ

澪「……」モグモグ

澪「あ。 しまったァー…私も唯に雑誌頼めば良かった」

律「ングッ… んじゃ電話すれば?」

澪「それもそうだな」ピッ

梓「……」

梓「あの、私行ってきますよ。何が欲しいんですか?」ガタン

澪「え?いやいいよ唯に電話で言うから」

梓「い、いえ……その…」

律「……もしかしてあれか?唯に気遣ってんのか?そういうのいらないって言ったろ」

梓「……」

紬「まぁまぁまぁ。いいじゃないの、行きたいって言うんだから行かせてあげれば」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:32:12.87 ID:xBU9sFlP0

律「そうかぁ?ま、別にどーでもいいけど」

澪「んじゃクロスビート買ってきてよ」

梓「は、はい分かりました~」ガチャ

バタン


律「……どうよ?」

澪「何が?」カチャ… パク

紬「梓ちゃんはあんまり良く思ってないのかもね、唯ちゃんのパシリ」

律「だよなぁ。めんどくせーなぁ…そのうち意見とかしてきたらどうしよ」

澪「大丈夫だろ」モグモグ

紬「とりあえずは静観、って感じでいいんじゃないかなぁ」

澪「そうそう、それでいいって」

律「…まぁいいけど……」ズズ

律「うめー!ムギのお茶さいこー!」

紬「あらあらあら♪」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:33:53.01 ID:xBU9sFlP0

―――

唯「きんだいまーじゃん、きんだいまーじゃん…」タッタッ


「せんぱーい!!唯せんぱ~~い」


唯「きん… ほぁ?」クル

梓「はぁはぁ…追いついたぁ」

唯「あれっ、あずにゃんどうしたの?」

梓「へへ、私もその…おつかいです!澪先輩に雑誌頼まれたので」

唯「えっ、そうなの?」

唯「澪ちゃんてば、私に電話してくれればいいのに~」

梓「……」

梓「あの」

唯「んん、何~?」

梓「嫌じゃないんですか?こんなの」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:35:40.30 ID:xBU9sFlP0

唯「……やだなーあずにゃん。嫌なわけないよ~」

梓「本当にそう思ってるんですか?皆、先輩の帰りも待たずにお茶してるんですよ」

唯「あぅ、それは…」

梓「嫌なら嫌ってちゃんと言った方がいいです」

唯「……な、なんでそんなこというのあずにゃん、私本当に……」

梓「…先輩は分かってないんです、おつかいなんて聞こえよくしてましたけどこれって」


唯「わ、分かってるよぉ!」

梓「えっ」


唯「……おつかいなんかじゃないの、分かってるよぅ……“ぱしり”なんだよね」

梓「……」

唯「でもいいんだ。それでも」

梓「そんな、どうしてっ…」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:38:51.28 ID:xBU9sFlP0

唯「私、中学のころもぱしりだったんだけど…しょっちゅう間違って叩かれたりしててね」

唯「それでもやっぱり間違えちゃってね、そしたらそのうちぱしりもされなくなって……」

梓「……」

唯「和ちゃんとは別のクラスだったし、なんていうか…私、
  クラスの中で…“いない”みたいな感じになっちゃったんだぁ」

梓「……」

唯「でもりっちゃん達は間違えても叩いたりしないし、ずっと私にお願いしてくれるから」

唯「私のこと必要って思ってくれてるんだよ~。嬉しいよね!」

梓「そ、そんなのっ…」

唯「とにかく私はそういう…えっと、“ぽじしょん”?なんだぁ。だからいいんだ」

唯「えへ、あずにゃんには変に見えるかなぁ」

梓「変ですよ!変に決まってるです!」

唯「……へへへ…」ポリポリ

梓「……戻りましょう」グイッ



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:42:08.32 ID:xBU9sFlP0

唯「えっ!?だ、だめだよぉ怒られちゃうよ」

梓「欲しいなら律先輩達は自分で買いに行くべきです、
  戻って文句言われたら私がそう言い返してやるです」

唯「でもそんな事言ったらあずにゃんがいじめられちゃうかもしれないよ……」

梓「大丈夫ですよ、屁でもないです」

唯「わ、私は大丈夫じゃないよー…あずにゃんがいじめられるのなんか見たくないもん……」

梓「……先輩…」

唯「それじゃ私行くね!あずにゃん戻らないとお茶さめちゃうよ~?」

梓「そ、それなら私も一緒に行きます!」

唯「えぇ、でも」

梓「友達!です……よね?私達… そう言ってくれましたよね」

唯「! あ、あずにゃん……//」

梓「えへへ、手繋いで行きましょう」スッ

唯「へへ、そうだねー!ともだちだもんね~♪」ギュッ

梓「あははは、そうですよ~//」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:45:13.74 ID:xBU9sFlP0

・・・

ティロリロ~♪

店員「しゃせっすぁーっせ」

唯「ふーぃ」

梓「さっさと買っちゃいましょう」

唯「うん。えっと……えぇ~っと」

梓「近代麻雀ですよ。これです」スッ

唯「あっ、そうだったぁ!へへ、あずにゃんありがと~」

梓「あと澪先輩のクロスビートか …おいて無いや」

唯「じゃあ商店街の本屋さん見に行こうよ~」

梓「いいですよ、無かったって言えばいいんです」

唯「で、でも澪ちゃんがっかりしちゃうよ」

梓「澪先輩のは私が頼まれたんです、どうするかは私が決めますよ。心配しないでください」

唯「う、うん」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:47:18.61 ID:xBU9sFlP0

梓「そいえば外ちょっと暑かったですねーアイスでも食べながら戻ります?」

唯「あっ!あいす食べたい!あずにゃんいいこと言うね~♪」

梓「へへへ…じゃあパピコ買って二人で分けましょうよ」

唯「うん!わ~い」


唯「くーださ~いな♪」

店員「しゃっせ」ピッピッ

店員「525円になりゃーっす」

唯「えぇと…」ゴソゴソ

梓「あ、パピコの分とっといてください。おごりです」チャリ

唯「えーっ、いいよぉ」

梓「いいですって」

唯「いいよぉ~」

梓「いいですってー」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:48:54.44 ID:xBU9sFlP0

唯「せ、せんぱいなのにおごられるの恥ずかしいよぉ」

梓「友達としてならいいじゃないですかー」

唯「あっ、そうかー!じゃあごちになりやす、へへ…//」

梓「えへへ…//」


店員(……なンかエエなぁ……俺の乾いた人生とはとても比べられんでェ……)


唯「あのぉ~…」

店員「…はっ!?す、すやぁーせ…500円お預かりしゃーっす」


・・・


唯「んむふ~~」チュパチュパ

唯「つめたい!おいひー!」

梓「あははそうですね~」チュパチュパ

唯「あずにゃんが一緒に来てくれてよかった~」

梓「そうですか?へへ……」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 02:50:23.22 ID:xBU9sFlP0

―――

ガチャ

唯「ただいま~!」

紬「二人ともおかえり」

律「おー、ちゃんと買ってきた?まぁ梓も居たし大丈夫か」

唯「うん!はいりっちゃん」ガサ

律「おっ、これこれ!サンキュー。420円だっけ?」

唯「うん」

律「ほい」チャリ

唯「まいど~♪」

澪「あれ、クロスビートは?」

唯「あっ…えぇっと~……」

梓「ありませんでした」


澪「は?」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:02:27.11 ID:xBU9sFlP0

律(んん?)

梓「コンビニに無かったんで買ってこれなかったですすいません」

澪「」

澪「あ、あぁそう……」

唯「へへへ…ごめんよ澪ちゃ~ん」

澪「まぁ無かったんなら仕方ないな」

梓「ほら、大丈夫だって言ったじゃないですか」ヒソッ

唯「うん!あずにゃんありがと~」ヒソヒソ

紬「今二人のお茶淹れるね~」カチャカチャ

梓「あ、どうもですムギ先輩」

紬「二人とも、ケーキにクリームのせたかったらあるからね~♪」

唯梓「はーい」

唯「いっただっきま~す!」モグ

唯「おいひい!んはは」モグモグ

梓(幸せそうだなぁ~)ニコニコ



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:04:07.44 ID:xBU9sFlP0

・・・

律「んじゃまたな~」

唯「うん!りっちゃんばいば~い、澪ちゃんもねー」

澪「あぁまたな。 なぁ律、本屋寄っていい?」

律「えーめんどくさいよ行くなら一人で行けよ…」

澪「なんでだよ律ぅうう」ユサユサ


梓「…それじゃ私達も帰りましょうか」

唯「うん、帰ろ~。おなか空いちゃったよぉ」グゥーッ

梓「あはは」

唯「あずにゃん今日ありがとうね~!」

梓「はい?」

唯「おつかい一緒に来てくれて楽しかったよ~」

梓「あぁ…いえいえ、そんな」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:10:03.75 ID:xBU9sFlP0

唯「きみに会えて 良かったよ♪」

梓「えぇッ!?//」ドキッ

唯「ぼくらお互い、すごいのさ~♪」

梓(あっ。なんだ歌か…)

梓「先輩、真心ブラザーズ好きなんですか?」

唯「♪ぼくはb… へ?」

梓「? いや、今歌ってるじゃないですか」

唯「これそうなの?らじおで流れてたの聴いて覚えただけだからよく知らないんだぁ」

梓「そうなんですか。私CD持ってますよ、貸しましょうか」

唯「えっ、うん!かしてかして~♪」

梓「いいですよ~じゃあ明日持ってきます」


唯「空にま~~いーあーがーれ~あのころの♪日々ーよ~♪」

梓「風のなーーか~でーきみが 僕を~♪」

唯梓「見た気がしたーよ~♪」

唯梓「あははははw」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:15:08.55 ID:xBU9sFlP0

・・・

唯憂「いただきまーす」

唯「へへへへ…」パク

唯「おいひーっ!ういのしょうが焼きさいこーですぞー!!」モグモグ

憂「もー、お姉ちゃんったらなんでもおいしいって言うんだからぁ~」

唯「ほんとだよ!お店に出したら絶対にばかうれしちゃうよー!!」

憂「も、もぉ~っ//」バンッ

唯「あいたっ!」

憂「あっ!?お、おおおお姉ちゃんごめん!!」

唯「だ、大丈夫大丈夫~」

唯「…あ、そういえばうい今日あずにゃんとお昼食べたんだって?」

憂「うん」

唯「へへ、もうすっかり仲良しなんだね!やったね!」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:32:13.77 ID:xBU9sFlP0

憂「えへへ…実は今度の土曜日に二人で出かけるんだ~」

唯「そうなの!?」

憂「梓ちゃんが誘ってくれたんだよ~」

唯「へーっ、ほんまでっかー!いいないいな~」

憂「楽しみだよー♪」

唯「うい聴いて~!日本むかしばなしならぬ、ういデートばなし!」

唯「いーいーな、いーいーな~ う~~い~はいーいーなっ♪」

唯「あずにゃんと一緒にどようびデーェート♪たーのしくお茶でもすーるんだろうな~♪」

憂「な、なにその歌~っ。デートって…//」

唯「いいなぁ~」チラッ

憂「…もしかしてお姉ちゃんも一緒に来たいの?」

唯「えっ!?へへへ…そう見える~?」チラチラ

憂「じゃあ後で梓ちゃんに聞いてみるよー」

唯「ひゃっほー!そうこなくっちゃ~っ!」パチンッ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:34:20.35 ID:xBU9sFlP0

―――

―土曜日―

梓「ちょっと早かったかなぁ~…」テクテク

梓「……ん?あれは」


憂「ほらお姉ちゃん、髪。ここちょっとハネてるよ」キュ

唯「うぅ…大丈夫だよぉ、恥ずかしいよ~」


梓「あらら。微笑ましいね~」

憂「梓ちゃん!へへ、早かったね~」

唯「あずにゃんきたぁ~!かわいいの着てるね!」

梓「どうもでーす」


憂「それじゃとりあえずここでお昼にしよっかー」

唯「私ちきんたった食べる!ちきんたった!」

梓「あはは、タツタですよ先輩」

唯「むむぅ~……たつ… たつ…… たった…」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:39:32.96 ID:xBU9sFlP0

・・・

唯憂梓「いただきま~す」

唯「はむはふ」モグモグ

唯「モグ… たったってこんなのなんだ」

梓「どんなのだと思ってたんですか?」

唯「え?うーん…そういわれると別にぃ~」


「あれっ、唯!」

唯「ほぁ?」

梓「えっ」クルッ

澪「いよ~。なんだ梓と憂ちゃんまで…3人でおでかけか~?」

唯「あぁっ澪ちゃん!」

梓「」

梓「…と、いうことは……」チラ


律「ふー、澪そっちどうだ~席空いてたか~? …あ」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:43:38.68 ID:xBU9sFlP0

梓「……」

唯「りっちゃんも!うわーすごいや、偶然だねーっ」

律「おーっす唯。ホントだな偶然だなぁwははは」

憂「お二人ともこんにちは~」

澪「こんにちはー憂ちゃん」

律「はは、お姉ちゃんとデート?wあ、でも梓がいるなぁお邪魔虫ってかーw」

梓(あんたらですよお邪魔なのはっ…)


澪「丁度いいや、一緒に座らせてよ~」

梓「」

唯「いいよぉ~♪」

律「サンキュー!ほら梓ちょっとつめてくれよ」

梓「…はぁ、分かりましたぁー……」ススッ

唯「澪ちゃんこっちきなよー」

澪「うん。いやぁ助かったよーこんなに込んでるとはさぁ……」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 03:56:25.71 ID:xBU9sFlP0

律「さて食べよっかな」ガサ

唯「あーっ!りっちゃんもたったにしたのぉ?私と同じだねー♪やったね!」

律「期間限定って言われるとついなー」

憂「あ、そういうのありますよね~w」

律「ははは、そうなんだよね!弱いんだよなぁ私」

唯「私もだよぉ~」モグモグ

澪「……っていうか唯、私もタツタだぞ」

唯「えっ?あ、ごめ~ん… 澪ちゃんも同じだね~!」

澪「ははっ!期間限定って言われるとついなーっ」

憂「あはは、澪さんもなんですか~」

澪「どうもね~、あとほら…これ!スクラッチもついてくるっていうからさ」

憂「あぁ~そっちもですか~wあははは」


梓「……」モグモグ

梓(憂は二人が唯先輩をパシリにしてるの知ってるのかなぁ…)



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:11:43.84 ID:xBU9sFlP0

律「なんか足んないなー、こんなに小さかったっけ?」モグモグ

唯「私はじめて食べるからわかんない」

澪「スクラッチ削ってみれば?もしかしたらもう一個当たるかもな」

律「あ、そうか」

憂「はずれでも4枚あったら一つもらえるみたいですよー」

律「えーホント!? …あ、でも3人しかタツタ頼んでないな。一枚足りない」

唯「あはは残念だったねりっちゃーん」

律「うるせ、まだハズレると決まったわけじゃないだろ」

澪「とりあえず削ってみよっと」カリッ

澪「……あ、これハズレだ。ハって見えちゃった… ほら律、やるよ」

律「唯は?」

唯「あ、じゃあ削ってみるよー。澪ちゃんその10円いいー?」

澪「ほれ」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:14:41.42 ID:xBU9sFlP0

唯「よーし……」カリカリ

唯「…あーっ、私もはずれだぁ~……はいりっちゃん」

律「なんだよ私が最後の砦かよ~、まぁ部長だし当然かw」

澪「いいからさっさと削れって……」

律「ふんッ!!」ガリッ

律「あぁあああああああ!!!」ガタン

唯「どう~? …あっ!あたりだぁああ!!」

澪「え、ホントか!?うわっ、当たってる!!」

憂「すごーい、おめでとうございます!」

律「がはは!見たか部長の豪運ッ!!」

梓「へー凄いですね(棒)」パチパチ

律「いやー日頃の行いがいいからかなぁーっw嬉しーっ!」

梓「」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:23:34.53 ID:xBU9sFlP0

律「よーっしゃぁあーんじゃ早速…」

梓(! ……)

律「交換してもらってくるわー」ガタン

梓「えっ」

律「ん?なんだよ。今食べたいから削ったんだし当たり前だろー」

梓「あ、いえ……そ、そうですよねー」

律「? なんだぁ? ……」タッタッ

梓(…唯先輩に取ってこさせるかと思ったけど……あれ?)

憂「梓ちゃんどうかしたの?」

梓「えっ、ううん別に。なんでも」

唯「あー、もしかしてあずにゃんうらやましいの~?wりっちゃんが当たったから!」

梓「ち、違いますよ!」

澪「そうなのか~?w意外と食い意地張るタイプか?w」

梓「違うって言ってるですよー!」

憂「あははは」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:36:40.11 ID:xBU9sFlP0

―――

―翌週、放課後―


ガチャ

梓「おつかれさまでーす」

紬「梓ちゃんこんにちは~」

律「おいーす」

澪「……」ペラ…パラ…

澪「ん。あぁ、おっす」

梓「あれ、唯先輩は」

律「あーおつかい行ってもらってるわ」

梓「」

梓(結局パシってる…こないだのマックではたまたまパシらなかったのかな……)

梓(よく考えたらレジに行って戻るぐらいだしパシるまでも無かったってだけかも…)



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:38:01.40 ID:xBU9sFlP0

梓「あー、じゃあ私m」

ガチャ

唯「買ってきたよりっちゃーん。 あ、あずにゃんやっほー」

梓「唯先輩…」

律「おーサンキュー。ほらお金」

唯「ほいほい、まいどありーっ♪」

紬「唯ちゃんお疲れさまー、はいお茶♪」カチャ

唯「あざーっす!」ゴクゴク

唯「ぅあっちッ!!あちゃっ」

紬「あらあらあらあら、落ち着いて~」

唯「えへへへへへ」

梓(…………)

梓(いいのかなぁ…これで……)



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:47:26.29 ID:xBU9sFlP0


――
―――

こんにちは。中野梓です。

時が経つのは早いもので、私が軽音部の一員になってからもう数ヶ月が過ぎました。
夏をすっ飛ばして季節はすっかり秋モード、学校も二学期に突入です。

そして秋といえば文化祭!そう、ライブが出来るんです~!楽しみ♪

…でも相変わらず部活では律先輩達が唯先輩をパシってて……
唯先輩はずーっと「良いよ~」なんて笑って受け入れてますけど、
はっきり言って気に入りません。

だってパシられて嫌じゃないなんてあるわけないもん。


なんとかできないものかなぁ~……



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 04:59:28.27 ID:xBU9sFlP0

―――

ガタタタ… ガタガタッ……


唯「スピー……むにゃ……」Zzz...


ガダン!ガダガダッ


唯「んんぁ…ぅるさぃよぉ……なに~?…」パチ

唯「ふあ~っ!んんんー…」ムクッ

ピピピ!

唯「ほっ!?」ビクッ

唯「ちょ、丁度目覚ましが…すごい!」カチ

唯「へへへ、今日は何かいいことありそうだね~♪」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:47:46.59 ID:xBU9sFlP0

ガチャ

憂「お姉ちゃ~ん、起きたぁ?」

唯「今起きたとこだよぉー」

憂「おはよう♪朝ご飯できてるからね」

唯「うん、すぐ行くよー」

ガダダッ!

唯「わひっ!? …あれ、そういえば何で雨戸しまってるの?」

憂「私が閉めたんだよ、台風接近中ってニュースでやってたから」

唯「たいふーん!?うわぁあああほんまでっかーっ!!」

憂「あはは、お姉ちゃん台風好きだもんね♪」

唯「うん! が、学校は!?らじお聴かなきゃ…」

憂「さっきやってたけど今日は休みにはならないみたいだよ」



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:48:31.43 ID:xBU9sFlP0

唯「えぇ~そんなぁ……こんなに風つよいのに外で遊べないのかぁ~…」

憂「ほら早く下行って食べよ?」

唯「うん、着替えたら行くよ~」ヌギヌギ

憂「!!」

憂「て、手伝おうかお姉ちゃ~ん//」

唯「えっ。いい」

憂「」

憂「じゃあ手伝っちゃうよぉおお姉ちゃぁあああああん!!」ガバァ

唯「ひぁああああ違うよぉおいらないって意味だよぉおお~っ!!」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:50:29.24 ID:xBU9sFlP0

―――

ガチャ

律「はぁはぁ…うっぐ……」ボロ

紬「おはようりっちゃん。…どうしたの?」

律「いやっどうしたのってこの風!凄かったろ……カチューシャ3回も吹っ飛ばされちった」

紬「あらあらあら…」

律「あらあらって…ムギなんともなかったのか?」

紬「今日は車で送ってもらったから」

律「あ、そぉー……」

ガチャ

唯「ほぁああ~、はぁはぁ……おっはよーっ!!」

紬「おはよう唯ちゃん」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:51:54.29 ID:xBU9sFlP0

律「おーっす唯、はははボロッボロだなw」

唯「風すごかったよぉー!!」

律「だよなー。これで雨も振ってたら終わってたな」

唯「もうこうふんしっぱなしだったぁああ!!」

紬「えぇ?」

唯「台風のときってどきどきしない?」

律「あー、するかも」

唯「だよね!だよね!水着で外に飛び出したくなるよぉーっ!」

律「あっ、それいいな!やってみてぇーっw」

紬「午後は降るかもしれないってニュースでやってたわ」

律「じゃあ帰ってからやってみっかなー!ははは楽しみw」

唯「へへへへw」

紬「あらあらあらあら♪楽しそうね~(本気なのかなぁ~)」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:54:43.05 ID:xBU9sFlP0

―――

キーンコーンカーンコーン…


梓「ふー、やっと放課後かぁ。部活だー!」

憂「あれ、梓ちゃん掃除当番じゃなかった?」

梓「あ。そうだった…めんどくさいなー」

憂「だめだよさぼっちゃー」

梓「さぼんないよ、やるよ……はぁー」

ガタタタタタ!!…

梓「ひー、しっかし今日風すごいね。一日中これだね」

憂「台風だもんねー。夕方から雨も混じるかもしれないって」

梓「えー。部活やってる間に降ってきたらやだなーっ。そしたらギター置いてこうかなぁ」

憂「おうちの人に迎えに来てもらえば?」

梓「今日は公演で二人とも夜まで帰ってこないんだ」

憂「そうなんだぁ… 降らないといいね。じゃあね~」

梓「うん、ばいばい」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 13:56:53.73 ID:xBU9sFlP0

・・・

パンパン…

梓「はぁ、まぁこんなもんでいいかな?」

梓「……」キョロキョロ

梓「誰も見てないしいいや。終わっちゃえ」

ガチャ ガタガタ… バタム

梓「よーし部活行こーっと」


ビュゴォオオオオオ…


梓「……」チラ

梓「雲が厚い。降ってきそうだなぁ」

梓「はぁー……」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:04:42.47 ID:xBU9sFlP0

ガチャ

梓「お疲れさまでーす」

澪「よー梓、おつかれー」

律「おーっす」

紬「梓ちゃん遅かったわね~」

梓「あ、ちょっと掃除当番で~」

梓(ん、唯先輩は……トイレかな?)

紬「あらあら、お疲れさま♪じゃあお茶でも飲んで一息ついて~」カチャカチャ

梓「どうもですー」

律「にしても唯おせーなぁ。何してんだ」

梓「あれ、まだ来てないんですか?てっきりトイレか何かと」

律「いやちょっとおつかいにね」

梓「え゛ッ!!?」



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:06:40.26 ID:xBU9sFlP0

律「…な、何」

梓「こんな中パシリに行かせたんですかっ!?」ガタンッ!

澪「……あー私は一応、それはどうかな~とは言っといたぞ」

律「あれ、でも澪も結局は雑誌頼んでたじゃん」

澪「」

梓「んなっ…」

澪「ま、まー大丈夫だって!ていうか唯も結構乗り気だったんだよ、
  風強い日に外出るの好きなんだってはしゃいでたぞ」

梓「何言ってるんですか空見てくださいよっ!もう今にも降り出しそうですよ!!」

律「えぇ?そうかー?」チラ



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:08:10.54 ID:xBU9sFlP0

ポツ。ポッ… ペチ …

澪「あ、なんか微妙に窓に雨粒が…」

ペチペチ…ベチ! バチバチベチベチベチベチベチ

ドザアアアアアアアアアア!!!!!

律「ってうわぁああいきなりっ!?」

紬「あらあらあらあらあら……」

梓「ほらあぁああ!!どうするんですかーっ!」

澪「だだ、大丈夫だよ外に居るとは限らないだろ?時間的に戻ってきてもいい頃だし、
  もしまだでも丁度店の中にいて雨宿りできてるかもしれないし……」

梓「ただの憶測じゃないですか!で、電話してみます」ピッピッ

プルルルル… プルルルル… プルルルル…



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:11:01.84 ID:xBU9sFlP0

―――

ピリリリリ… ピリリリ…
ドザアアアアアアーーー

唯「う~、すっごいげりら豪雨だよぉ」

唯「傘持って出てきといて良かったぁ」

バヂバヂボツベチバヂ…

犬「……」

唯「わんたん大丈夫?こまったねーいきなり降ってきちゃったもんね!」

唯「すわってていいよー。やむまで相合傘してようね~」

犬「……」

唯「へへ、よーしよしよしよしよし」ナデナデナデ



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:13:03.41 ID:xBU9sFlP0

唯「…でもいつまでもこうしてたら遅くなっちゃうなぁ。早く戻りたいのに……
  りっちゃん達きっと遅い遅いって待ってるよぉー……」

ビュゴオオオオオ!!!

唯「わぁあああああ!?」


ボバンッ!


唯「あっ!?傘がぁ!!」

唯「うひゃああ逃げろー!!わんたん走って!!」ダッ

犬「ワフッ!」

バチャバチャ…



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:17:03.41 ID:xBU9sFlP0

―――

プルルル…

梓「……出ない……」


ピーンポーンパーンポーン♪


『在校中の生徒に連絡です。
 大型台風接近中につき、速やかに下校してください。繰り返します…』


律澪紬梓「」


シーン……


律「……じゃ、じゃあ帰るか~」

梓「えっ!?唯先輩どうするんですかっ!」

澪「まぁこの雨じゃ流石に諦めて家帰ってるんじゃないか?絶対そうだって」

梓「そ、それも憶測っ……大体、まだギターも鞄も部屋にあるのにっ」

紬「でも電話繋がらないんじゃあ…ねえ?」

梓「……」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:21:50.47 ID:xBU9sFlP0

律「大丈夫だって。とりあえず締め出される前にとっとと出ようぜ」

澪「そうだなー。ベース置いてこ」

紬「迎えを呼ぶけど、皆も一緒に乗っていく?」

律「マジ?じゃあお願いしよっかなー」

澪「私も。助かるよムギぃ」

紬「梓ちゃんは?」クルッ

……

紬「あ、あら?居ない……」

律「唯の鞄も無いな」

紬「探しに行ったのかしら」

澪「うっそぉ。この雨だぞ?」

ドザアアアアアアア…

紬「…とりあえず車呼んじゃうから、下行って待ってよう」

律澪「へーい」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:26:06.48 ID:xBU9sFlP0

―――

バシャバシャバシャ

梓「はっ…!はっ…!はっ…!」バチャバチャ

梓「うぅ、これじゃ傘なんてほとんど意味ないよっ…」

梓「先輩どこに居るんだろう…」

梓「澪先輩は雑誌頼んだって言ってな。律先輩もどーせ漫画だよね」

梓「だとしたらまずは…いつものコンビニだ!」

バシャ バチャバシャ…



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:30:26.03 ID:xBU9sFlP0

・・・


梓「はぁはぁ… …着いたけど……うわぁ客誰も居ないや」

梓「他のお店はシャッター下りてたし… あわわ……」

梓「……」

梓「も、もう一回電話してみよう」ピッ


梓「お願い出てくださいよ~……!」


プルルルル… プルルルル…



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:37:56.20 ID:xBU9sFlP0

―――

唯「はぁはぁ……お邪魔しま~す」モゾッ

唯「ふぁあ、ここなら濡れないや……って言ってももうぱんつまでびちゃびちゃだけど」

犬「……」

唯「へへ、ここわんたんのおうちなの?」

犬「…ワフッ」

唯「そうなんだぁ!ありがとね~、よーしよしよしよし♪」グリグリグリ

犬「……」

唯「うわ、くさー!濡れたいぬのにおいだー、あはははは ヘプシッ!」

犬「……」

唯「グズッ… ごめんごめ~ん、わざとくしゃみかけたんじゃないよぉー」

ピリリリリリッ! ピリリリリリッ!

唯「! り、りっちゃんかな~……」ゴソ

唯「あれ、あずにゃんだ」ピッ

唯「もしもーし」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/03(土) 14:42:56.89 ID:xBU9sFlP0

―――


梓「! ゆ、唯先輩!?良かった繋がった!もしもーし、今どこですか!?」

梓「……え、私ですか?私は外ですよー! あぁもう、雨の音うるさいなぁ…」

梓「先輩はどこなんですか?何か声すっごい反響してますけど……大丈夫ですか~?」

梓「はい、はい…… …えっ、わんt…犬?いやそんなことはどうでも …は?」


梓「空き地の土管の中?」


梓「……」

梓「あ、分かりましたぁすぐ行きますから!そこに居てくださいです」ピッ




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「パシリせんぱ~い」#前編
[ 2011/08/12 05:33 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6