SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「あう~」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「あう~」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1255201060/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 03:57:40.77 ID:658VbOqjO


暗い……真っ暗だ……
ここはどこ?わからない……体が重い……寝てるだけ?夢?
でも夢にしてはリアルな感じ……私はさっきまでなにをしてたのかな……
思い出せない……考えられない……

「…い…ゆ……ゆい…ゆ……」

なんだろう……誰かが私を呼んでるのかな?頭が痛いよ……よくわからないよ……

「ゆ……い……ゆい!!大丈夫か!!唯!!」

だんだんと声がはっきり聞こえるようになってる……
この声はりっちゃんかな?大丈夫だよ聞こえるよ、今起きるからね

「唯!!良かった、大丈夫か?」

「大丈夫だよ」

私は返事をしながら目を開ける……するとそこには見慣れた人物と見慣れない景色があった

「りっちゃんここはどこ?」

「わからない……私もさっき目が覚めたばかりだし……第一こんな荒れ果てた街なんか知らないよ」

たしかに周りは大地震が起きたかのようにビルが崩れ地面は割れていて空は濁っていて
私たちの記憶をたどってもこれと似ている景色はでてこない





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:00:20.24 ID:658VbOqjO

「りっちゃん、澪ちゃんたちは?一緒じゃないの」

「それがどこにも見あたらないんだ……」

そんな……でも見あたらないってことは
この場所には来てないってことかな……というよりここはどこなんだろう……

「まあこんなとこで留まってても何も始まらないしさ、とりあえず人を探そうぜ!!」

「そうだね、もしかしたらこの場所のこと知っているかも知れないしね」

そうは言ってはみたものの、人がいるような気配がしない
むしろ何か得体の知れないものの方がいそうだ…………

それから二時間くらい歩きまわった
しかし人がいるどころか街の雰囲気すら変わらない……
どこも荒れている……私たちの街に戻れるのかな……



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:01:17.84 ID:658VbOqjO


「んっ?」

前を歩いていたりっちゃんが急に振り返る

「どうしたのりっちゃん?」

「いや、後ろになにか気配を感じたからさ」

「私がいるんだもん当たり前だよー」

「だよな……気のせいか?」

りっちゃんがまた前を向いて歩き出す
それと同時に後ろでなにかが爆発した

「なんだ!!!!!!!!」

りっちゃんが振り向く

すぐに私も振り向くとそこには見たこともないような人のような生き物が立っていた



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:04:06.36 ID:658VbOqjO

その生き物はゆっくりと近づいてくる……
手にはピストルのようなものを持ってる、私たち殺されちゃうのかな…………

死にたくない死にたくない……

そして銃口が私に向けられる、もう助かりそうにない……








さよならみんな








バンッ



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:05:26.63 ID:658VbOqjO













乾いた音が辺りに響いた
ありゃーとうとう私死んじゃったのか……


「あれ?生きてる……」

なにが起きたのかわからない
しかしその疑問は目を開けたら解決した


人がいる
変な生き物は倒れてる……恐らく死んでいるんだろう



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:06:42.40 ID:658VbOqjO


「お前たちはここに来たばかりか……武器も無しに歩きまわるなんて自殺行為だ」

だれなんだろ?助けてくれたから味方だよね

「あんたここがどこだか知ってるのか!?それにさっきのやつはなんなんだよ!!」

りっちゃんがすぐさま問いかける
たくましい子だ

「ここか?ここは
ザシュッ

あれ?あれ?この人の頭が落ちた……
血が吹き出してる
えっ?えっ?なに?どうなってるの?

「唯!!!!逃げろ!!!!」

りっちゃんが叫ぶ

目の前には刀をもったバケモノが立ってる

私はすぐに理解した……



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:10:20.85 ID:658VbOqjO

しかしもう遅かった


風切り音とともに私の体と頭は切り離され
私の意識はそこで途切れた












9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:15:50.49 ID:658VbOqjO

これは?昨日の私たちだ………

唯「お金欲しいよーお金があれば幸せなんだよー」

紬「幸せはお金じゃないわ……楽しい思い出やお友達などがいることの方が幸せなの」

律「ムギ……それは金に余裕のあるやつの考えだ、
  毎日生きていくのも精一杯な貧しい人たちは幸せか?」

律「いや違う……満足に食べ物を食べることが出来ない人、
  生きるために働き学校にも行けない子供たち……」

律「その人達は金さえあれば食べ物も満足に食べられるし学校にも行ける、
  生活に余裕が出来れば好きなことも楽しいことも出来る」

律「幸せは本当はお金じゃないのか?金があったら、金が満足にあれば、
  貧しい国の子供たちはあんなふうに死ぬかよあんな目に会うかよ」

律「むしろ金持ちの存在の方が間違ってる……
  経済格差は……格差は広がる……景気なんか無視して広がっていく……」

律「この世は金に翻弄されるだけの場所なんだよ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:17:10.88 ID:658VbOqjO

澪「格差があったとして……知ったこっちゃないって」

澪「今まで貧しい私が幸せなのは知恵を使って持てる能力を駆使して幸せになろうとした結果だ!!」

澪「人間は!!人間は立ち向かうことができるはずだ!!」

梓「貧しいまま何もしないのは愚の骨頂です、幸せになるように知恵を絞って協力しあうんです」

律「よく…おまえらこんな世界で…こんな地獄で…金があったら幸せになれるのに……」


唯「100円拾ったー」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:18:29.02 ID:658VbOqjO

紬「確かにお金があれば幸せになれると思うわ……
  でもそれは一時的なもの、慣れてしまったらもうそれは幸せでは無くなってしまうの」

律「でも、たとえ一時的なものだとしても……金があれば幸せになれる人はいるんだ」

澪「しかしお金で得る幸せは本当に価値があるのか?
  私は貧しくてもこのけいおん部にいることによって幸せだ、
  まあ確かに金があれば……って思う時もある」

澪「でも!!そんなことなんか仲間といるときにくらべたらすごくちっぽけに思える」

梓「仲間と過ごす時間よりもお金や食べ物を得ることの方が幸せだと感じる人は
  間違ってるとは思いませんけど人間として最低です!!信じられないです!!」


唯「拾った100円でアイス食べたいから帰るねーアイスーアイスー幸せ~~」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:21:22.06 ID:658VbOqjO

律「くそっ……なんなんだよお前ら……
  澪だって……澪だって貧しいせいで今まで辛いことがあったじゃないかよ」

澪「それでもっ!!それでも私は仲間で楽しく過ごすことの方が
  辛いことよりも強くて、それでいて幸せなんだ」

澪「律だって仲間といるときはすごく幸せそうじゃないか……」

律「……確かに……確かにそうだけど……違うんだよ……金があったら……」

梓「律先輩、私たちで貧しさの不安や苦しみも吹き飛ぶくらい
  楽しい思い出を作っていきましょうよ!!」

律「梓……」

紬「そうよりっちゃん」

律「………」


唯「アイスおいし~~今までで一番幸せだよ~~~~~」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:23:01.91 ID:658VbOqjO

憂「私も幸せはお金ではないと思います、
  私はどんなに貧しくても苦しくても……お姉ちゃんがいてくれるだけで幸せです!!!!!!」

澪「憂ちゃん……」

律「本当にそうか?憂ちゃんは実際に貧しくて苦しい思いをしたことがあるのか、
  ないだろ……だからそんなことが言えるんだ」

憂「はい……確かに私はお金に困ったことはありませんけど、
  それでも幸せはお金ではないと言い切れます!!
  お金がなくても、満足に食べ物が食べられなくても……
  最低死んだとしても!!大切な人といられることが幸せです」

律「憂ちゃん………………………そうだよな……うん……
  金がないくらいで……食べ物が満足に食べられないからって
  不幸だと思っていた私が間違ってた…………
  そのくらいで不幸だ最悪だと言ってた自分を殴り殺したいよ…………」

憂「律さん……」

澪「律……」

梓「律先輩……」

紬「りっちゃん……」



唯「アイス食べ終わっちゃった…
  お金もないからアイス買えないや…最悪だーーーー不幸だーーー!!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:25:19.48 ID:658VbOqjO

なにこれ……

私はだれ?

あずにゃん?

澪ちゃん?

りっちゃん?

ムギちゃん?

憂?

私は?

わからないおもいだせない……



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:28:45.96 ID:658VbOqjO


こんどはなに?

どこ?

私がいるの?

あずにゃんがいない……

頭が割れそうだ…………

思い出せない……


記憶?



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:30:49.26 ID:658VbOqjO

りっちゃんが悲しそう
澪ちゃんに怒られたんだね


ムギちゃんは笑ってる

あずにゃんはいない

私もいない



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:32:49.98 ID:658VbOqjO

あなたは私?

違うよね

あなたは梓

私はだれ?

梓はあなた

じゃあ私は?

私は梓



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:35:00.76 ID:658VbOqjO

記憶の間違い

私も間違い

私はいない

存在しない

私は唯

唯?

私も唯

唯は夢

つまり私は?



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:37:32.32 ID:658VbOqjO

見つけた

見つけた

私は唯

梓はあずにゃん

澪ちゃんりっちゃん

沢庵和尚

みんなともだち

私はあずにゃん



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:40:16.12 ID:658VbOqjO


……
………
…………
……………
………………




なんだろう





朝かな?




朝はこないよ




おはよう


おやすみ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:46:31.49 ID:658VbOqjO

「お姉ちゃーん起きてー朝だよー」


うー眠い……
今日も頭が割れそうに痛い


ここの世界は異常か正常か?

世界が異常か私が異常か……



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:49:21.35 ID:658VbOqjO

「お姉ちゃーん起きてー朝だよー」


うー眠い……
今日も頭が割れそうに痛い


ここの世界は異常か正常か?

世界が異常か私が異常か………



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:50:23.41 ID:658VbOqjO

「お姉ちゃーん起きてー朝だよー」


うー眠い……
今日も頭が割れそうに痛い


ここの世界は異常か正常か?

世界が異常か私が異常か…………



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:51:22.52 ID:658VbOqjO

「お姉ちゃーん起きてー朝だよー」


うー眠い……
今日も頭が割れそうに痛い


ここの世界は異常か正常か?

世界が異常か私が異常か……


世界が異常だ

繰り返す繰り返す



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:53:33.76 ID:658VbOqjO

「お姉ちゃーん起きてー朝だよー」


うー眠い……
今日も頭が割れそうに痛い


ここの世界は異常か正常か?

世界が異常か私が異常か……


私が異常だ

世界は私


また眠りにつく



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 04:57:33.41 ID:658VbOqjO

「先輩!!唯先輩!!」

あずにゃん?

「先輩!!部活中に寝ないでくださいよ!!」

「ごめんね」

力いっぱい抱きしめる

「先輩!!先輩!!」

腕のなかにはだれもいない



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:01:55.03 ID:658VbOqjO

律「みーおー学園祭も近いことだし2人で練習しようぜー」

澪「どうしたんだ?突然」

律「リズムパートが完璧にあってたらみんなやりやすいだろ」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:04:35.44 ID:658VbOqjO

梓「唯先輩、ギター同士一緒に練習しましょう」
唯「いいよあずにゃーん」ギュッ

梓「あぅー、先輩///」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:07:43.45 ID:658VbOqjO

律「澪やるぞー」

澪「わかったよ」

律「ワンツースリーフォーワンツー!!」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:09:08.15 ID:658VbOqjO

私は紬





合わせるひとがいない……






あなたとあわせる



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:14:00.59 ID:658VbOqjO

唯「あずにゃん今日ウチに泊まりにおいでよー」

梓「いいんですか?行きたいです」

唯「やったー憂も喜ぶよー」

梓「(憂の料理がたべれるハアハア)」

唯「今日は私が料理するんだよー」

梓「えっ?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:16:44.16 ID:658VbOqjO

梓「(唯先輩の料理か……食べられるレベルならいいんだけど…)」

唯「大丈夫!!憂もおいしいって言ってくれたし食べられるレベルだよ」

梓「あはは(先輩心読めるんですか!!)」

唯「読めるわけないよ~」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:19:36.14 ID:658VbOqjO

唯「ついたよ~」

梓「おじゃましますです」

憂「梓ちゃんいらっしゃい」ニコッ

梓(憂可愛い///)

唯「あずにゃん私は?」
梓「」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:22:15.94 ID:658VbOqjO

唯「今からお料理するから憂と遊んでて」

梓「わかりました」

憂「お姉ちゃんが心配だけど私の部屋で遊ぼ」

梓(憂の部屋)ハアハア

唯「……」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:25:12.90 ID:658VbOqjO

まただ……

頭が割れそうだ……



記憶をたどる

記憶をたどる





私は私



夢はこの人



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:27:38.57 ID:658VbOqjO

憂「梓ちゃん……」

梓「なに?///」

憂「キスしよ?」

梓「えっ!!」

憂「嫌ならエッチしよ?」

梓「ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:30:24.71 ID:658VbOqjO

梓「あっ…憂……ちょっと……」

憂「ここ気持ちいいでしょ?お姉ちゃんに教えてもらったんだ」

梓「んっ……あ…」

憂「梓ちゃん、私のも触って」

梓「憂……」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:33:40.86 ID:658VbOqjO

憂「んっんっ…はぁん……梓ちゃんもっと………」

梓「憂、憂、もっと擦りあわせて……」ハアハア

唯「料理できたよーーー!!!!」

憂梓「!!!!!!!!!!!!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:35:37.45 ID:658VbOqjO

梓「何ですか?この料理は……」

唯「卵かけご飯だよ」

律「料理じゃねーし」

憂「お姉ちゃん天才!!」
唯「えへへー」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:39:57.58 ID:658VbOqjO

梓「これを食べるなら憂の体を堪能してたかったです」

憂「じゃあどうぞ」

梓「いただきます」

律「おかしーし」

憂「んっ…梓ちゃん激しい……」

唯「オナニーしていい?」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:42:23.27 ID:658VbOqjO

律「今だ!!澪!!いけーーーーーー!!!!!!」

澪「ファイナルパワーあたっく!!」


どかーん


律「おかしーしwww」

澪「おかしくねーし」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:47:41.98 ID:658VbOqjO

そうだ……

私はちゃんとした存在がないんだ

時間場所人

あらゆるものによって
私は私でなくなり私となる


私は私というだけであって

登場する場所

登場する時間

登場する仲間

すべて違う

私は私であるが私ではない
私は唯にもなる
でも違う唯にもなる

梓にもなる


私は固定されないもの
概念的なもの



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 05:52:57.64 ID:658VbOqjO

私が死のうが

私は生きてる

私が出なくても

私が出てる

私は特殊である

つまり異常であるがそれが正常なんだ

形がないもの

それがわたし

やっと頭の割れるような痛みが無くなった

これからも私はわたしであなた

あなたがわたし
あなたがわたし


おやすみなさい








52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 08:16:26.28 ID:ZCVX8CoDO

一気に読まないと意味がわからないタイプだな
深い話だった乙






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「あう~」
[ 2011/08/14 20:46 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3563 [ 2011/08/14 22:51 ] [ 編集 ]

わけわかめwww

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6