SS保存場所(けいおん!) TOP  >  戦争 >  梓「ジョニーが凱旋するとき」#第7話「公告!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「ジョニーが凱旋するとき」#第7話「公告!」 【戦争】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1281836115/

梓「ジョニーが凱旋するとき」#index




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 16:56:58.40 ID:W/Ns2wUZ0


“ΝНΚアーカイブス 戦争特集アニメ「幻の放課後」

 (中略)

 今回は、前回に引き続き、第7話「公告!」をお送りします”





101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 16:58:18.40 ID:W/Ns2wUZ0


最近は、気候が少し過ごしやすくなり、つい、朝も寝坊をしたくなる。

けれど、去年の今ごろは文化祭に向けて練習などしていたということが、
私にはまるではるか昔のことのように思われてしまう。

そして、いつものように登校、いや、出勤して掲示板を眺める。



『徴兵検査予備調査の実施 ○年◇月◆日 兵務課・生産課・学事課』

『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(1) ○年◇月◆日 兵務課』

『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(2) ○年◇月◆日 兵務課』

『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(3) ○年◇月◆日 兵務課』

『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(4) ○年◇月◆日 兵務課』

『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(5) ○年◇月◆日 兵務課』



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:02:07.61 ID:W/Ns2wUZ0


そして、久しぶりに再びあの忌まわしい公告を発見してしまう。

(何でこんなに!?)

混乱する頭脳を必死に抑えながら読み下す。
(1)の文書には、3年1組の生徒の名前だけが5人ほど載っていた。
どうやら、人数が多いので出身のクラスごとに文書を分けたらしい。

(ということは、(2)は……)

唾を飲み込むと、喉元を締め上げられるような息苦しさを覚える。



『戦死者並びに戦傷者及び戦病者等の公告(2) ○年◇月◆日 兵務課』

 “標記の件について、下記のとおり公告する。
                           ○年◇月◆日
                           服桜支兵兵第142号
                           兵務戦備局兵務課長 印

      氏  名      所  属    摘  要

    平沢    唯    第2小隊    戦傷
                         (五十音順)以上1名”



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:06:28.82 ID:W/Ns2wUZ0


私は、卒倒しかけて仰向けに倒れそうになるが、幸か不幸か、
後ろの下駄箱に後頭部を強打し、痛みで意識を取り戻す。

「つぅっ…」

下駄箱に背中を預けて後頭部をさすっていると、
少し遅れて出勤してきた純が顔を覗き込んでくる。

「おはよ梓。何してんの?」

「あ…おはよう」

純に目を合わせようとすると、途中、掲示板の前の人影が目に付いた。

憂だ。

「憂っ!見ちゃダメ!」

何がダメなのだろう。私は訳もわからず反射的に叫んでいた。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:10:31.18 ID:W/Ns2wUZ0


あっけに取られている純を押しのけて、憂に近付くが、遅かった。
わなわなと震えていた憂が、腹の底から絞り出すような叫びを上げる。


 「…ぉ、おね、おねえちゃぁああん!うわぁぁぁ゛あ゛あ゛!!!」


そのまま、憂はその公告をむしり取って紙吹雪のように粉々に破り散らす。

 「ヤバいよ!人来ちゃうよ!」

 「落ち着いて憂、ダメだって!」

 「嘘!こんなの嘘だよ!嫌ぁぁぁおねえちゃんがぁぁぁ!!!」

純と二人がかりで憂を押さえつけるが収まらず、たちまち周囲は人だかりとなる。



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:16:17.64 ID:W/Ns2wUZ0


同時刻、学事課執務室。

早めに出勤して、私は学事課長席で書類を整理していた。
すると昇降口のほうから、建物全体が振動するような咆哮が聞こえた。

異変を感じて駆けつけると、憂が、掲示板の前で同級生二人に押さえつけられながら、
なおも、それを振り払うように猛っている。

私は、正気を失った憂を静めようと駆け寄り、呼び掛ける。

 「ちょっと憂!何してるの!」


憤激し頭に血が上った憂は、完全に我を忘れていた。

 「…の、和ちゃん!これ和ちゃんの仕業でしょ!私信じないからっ!!」

私のことを視認するやいなや、同級生二人を振りほどき、羅刹のごとき形相でにじり寄る。
野次馬の人垣は、その並ならぬ憤怒の相に恐れをなし、
旧約聖書の出エジプト記の海水のごとく左右に分かれて憂から退く。

憂は、私の制服の襟をちぎれんばかりに掴んで激しく揺さぶる。
そして、思いがけない言葉を私に叩き付ける。

 「…和ちゃんが、売ったんでしょ!お姉ちゃんを!先輩たちを!三年生二百人を!
  次は私たちを売るつもりなんだ!徴兵の予備調査って何なの!?」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:23:33.87 ID:W/Ns2wUZ0


正直言って、憂から、このようなことを言われるとは思わなかった。

冷静さを失っているとはいえ、旧知の親友の妹から面と向かって罵詈雑言を浴びせられ、
みぞおちから背中まで錐で刺し貫かれたような感覚に襲われる。

野次馬の下級生たちも、多かれ少なかれ、私をそのように思っているのだろう。
私は身じろぎもせず、一言も発さず、ただ憂の目を見据えていた。

 「嘘なんでしょ!?お姉ちゃんは無事だって言ってよ!!」

 「…憂、残念だけど嘘じゃないわ。先日の会議で…ッ」

とっさに、振り抜かれる手の力に負けないよう、右足に力を込める。
乾いた甲高い音がして、眼鏡が吹っ飛び、廊下の焦茶色の床を滑っていく。

騒然としていた人だかりが、水を打ったように静まる。

憂は私の頬を引っぱたいたあと、獲物を目の前にした肉食獣のように、
しばし肩で深く息をしていたが、そのまま膝から床に崩れ落ちた。

 「うそ…うそ…、うう、う゛え゛えぇぇ…」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:33:21.27 ID:W/Ns2wUZ0



憂は、遅れてきた警務隊に両肩を押さえられて鎮静剤を打たれ、
引きずられるようにして医務室に連れて行かれた。



 「…みんな、何してるの?もうホームルームでしょ?早く教室に入って」

私は襟元を直すと、鼻血が滴るのも意に介さず、野次馬を冷然と誘導する。

すると、野次馬の下級生の一人から、
レンズが傷つき、蝶つがいがあらぬ方向に曲がった眼鏡を差し出された。

 「どうぞ、…学事課長」

私が無言のまま目礼すると、私の眼差しと、その冷ややかな眼差しとが交差する。
眼鏡を受け取り、学事課執務室への帰路につく。

鉄錆の味がする口内を舌でなぞると、ゆるんだ犬歯が歯茎から離れた。



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:43:19.66 ID:W/Ns2wUZ0



朝、純ともども憂に振り飛ばされたので、全身がきしむ。
午前の作業開始後、私は第32検品室にいる先輩方に製品を持って行く。

 「これが昨日の分です。だいぶ多いのでよろしくお願いします」

 「確かに最近多いわね。梓ちゃん、いつもごめんなさい」

 「中四国から関東と東北に生産をシフトしてるみたいですよ」


私が軽く息を吸って、

 「…あと、唯先輩が帰ってきます」

と、例の公告の話を切り出すと、澪先輩が反応する。

 「そうか。今朝、すごい叫び声が聞こえたけど、あれ、憂ちゃんか」

 「はい」

 「まさか…、“無言の凱旋”ってわけでは、ないよな?」

澪先輩が婉曲な表現を選びながら聞いてくる。



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:45:45.45 ID:W/Ns2wUZ0


律先輩もムギ先輩も神妙な面持ちである。無理もない。
後送されるということは、例外なく戦死か戦傷病なのだから。


 「戦傷だそうです。詳しくはわかりませんけど」

 「ふうん、それは、…」

“良かった”と、恐らく澪先輩は続けたかったのだろう。
しかし、どこが“良い”のか。

帰還すること自体はもちろん嬉しい。
が、自分たちと同じような状態になっているに違いない。
そう思って、言葉を飲み込んだのだ。

 「いつも通り納期は今日中にお願いします。終わったら無線で呼んでください」

先輩方の心境を察していたたまれなくなった私は、
事務的に連絡を切り上げると、第32検品室を後にした。



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:52:13.37 ID:W/Ns2wUZ0


──ある朝の病室、旧3年2組。

さすがに、教室の広さの部屋に3人しか入院していないのは、少し寂しい。
とはいえ、新たな同室者はなるべく増えて欲しくないが。
負傷した唯はいつになったら帰ってくるのだろう。
これが、現在の入院者である3人の心境であった。


 「はい、朝刊。隣の病室からもらってきたわ」

紬が、膝掛けの上に載せてきた朝刊を差し出すと、律が右手で受け取る。

 「ありがと。ありゃー、曰経もとうとうタブロイド版になっちゃったか。
  物資不足も相当深刻になってきたな」

 「最近は大きさや紙質どころか記事の質もタブロイドだからちょうどいいだろ」

澪がそう言って短くなった髪をかき上げつつ冷笑する。

 「みおしゃん手厳しいですな~。まあ、小さい方が持ちやすいから助かるけど」

そう言って、律は澪に新聞を読み上げ始める。紬もまた、耳を傾けている。

 「えーと、“米第7艦隊、台湾近海で敵艦隊を猛襲”だとさ」

 「どこまで本当なのかな」

 「全く同感ね…」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 17:56:56.14 ID:W/Ns2wUZ0


しばらく読み進めていた律の声が一瞬止まる。

 「…。“高校二年生の徴兵猶予解除。順次実施へ”」

 「そうか…。この前予備調査したばかりなのにな」

 「梓ちゃんや憂ちゃんも、ついに前線行きね。
  唯ちゃんとすれ違いにならなければいいけれど…」

澪と紬も、朝から喜ばしくないニュースを聞いて、浮かない声を上げる。

廊下から、朝食の飯上げを知らせる声がする。

いつもなら、不味くて量も少ないなりに、数少ない楽しみなのだが、
今朝は誰も、献立を気にする者はいなかった。

                               [第7話 終]




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「ジョニーが凱旋するとき」#第7話「公告!」
[ 2011/08/15 01:00 ] 戦争 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6