SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「澪の澪」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「澪の澪」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1313780745/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:05:45.57 ID:H3jBbycCO


 桜が丘は、言うなれば腰ほどの高さの水に浸された。

 私たちの桜高校舎がふつうの人だとして、

 その腰のあたりまで、街が水に覆われてしまったという意味だ。

 部室で練習をしているうちにそうなっていたから、原因はわからない。

 夢なんじゃないかと澪の頬をつねったらお返しにはたかれて、

 ほっぺが膨れるような感覚に悶えた。

 どうも、夢ではないようなのだ。

 どこかで電線が切れたのか停電になってからは練習もせず、

 私たちは、見慣れた街がうす青い水に浸され、

 静かに揺れるのをぼんやりと眺めて過ごしていた。


律「……なーんじゃこりゃ」

唯「なんだろうねぇ」


 真夏の白い日射しが、水面をじりじり焼いていた。

 焼け石に水が完全に逆転している。


梓「とりあえず、これじゃ帰れませんね」

澪「そうだな……どうしようか」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:08:06.21 ID:H3jBbycCO


紬「持ってきたケーキももう食べちゃったから、お腹すいちゃったら困るわね」

唯「んー……憂も和ちゃんも無事かなあ。さりげ、緊急事態だよね」


 唯が言ったので思ったが、おかしなことに、水面には何も浮いていない。

 よく晴れた日だったし、誰も外を出歩いていなかったということもないだろう。

 ……要するに、水死体がない。

 それがヘンなのだ。


律「携帯も圏外だし、心配だな」


 その疑問はひとまず言わないでおくことにする。

 私は携帯を開いて、机に投げた。


澪「きっと基地局も沈んで、おかしくなっちゃったんだ」

律「となると……まあ助けをただ待つしかないなあ」

梓「気長に待ちましょうか……」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:11:08.20 ID:H3jBbycCO


 私たちはしばらく、転がったりお茶を飲んだり話したりで、時間を潰していた。


律「ひーまー……」

梓「少し暑いですね……外は涼しそうですけど」

唯「んっ!」


 アイスティーの氷を頬張っていた唯が、なにかひらめいたらしく手を叩いた。


唯「あほえ、みんわれいぶあびひょーよ!」

律「それで伝わると思ってるのか?」

唯「……ぺっ」


 唯はつまらなそうに氷を手に吐き出し、机に乗せると私のほうに指で弾いた。


唯「あのさ、みんなで水浴びしようよ」

唯「水浸しの学校で遊べる機会なんて、なかなかないよ」

紬「確かに! 面白そう!」


 いちばんにムギが手を合わせて賛同した。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:14:07.09 ID:H3jBbycCO


澪「……唯、さっき自分で緊急事態って言ってたのに」

唯「だからって楽しまないのは損だよ!
  ほらそれに、暑くて汗かいてると水分がもたないよ!」

 遊んでたら余計に汗もかくだろうけれど、私も水浸しの学校を探検してみたいと思った。


律「まあ、唯の言うことももっともだな。
  ずっとここにいても暇だし、せっかくの機会だからいいじゃん」

澪「けど、タオルとかないと、終わった後冷えて体力がもたなくなるぞ」

唯「今日水泳だったから、私たちはタオルあるよ」

梓「私も、一応あります。ちょっと濡れてますけど」

律「……ということだ、澪。タオルくらい貸すから、遊ぼうぜ」


 ぽんと肩に手を置いて、そっと握る。


澪「けど、水着は?」

律「それぐらい、さわちゃんのコスプレ棚にあるだろ」

澪「……そういえば、あったような気がするな。じゃあ、そうするか」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:17:09.37 ID:H3jBbycCO


 私たちは水着に着替えて、タオルを掛けて乾かしておくと、音楽室から進み出た。

 澪は私たちと少しだけ違うスクール水着で出てくると、心底安堵した顔を見せた。


唯「今、どこくらいまで水が来てるのかな……って、うわっ」


 階段を先頭で駆け下りた唯がうろたえた。

 追いついて見ると、2階の廊下に降りる階段の、1、2、3……4段目まで水に浸っていた。


律「ちょうどいいくらいだな。天井くらいまで来てたら探検ともいかないし」

澪「いやそれよりさ」


 階段を下りんとした私の肩を澪が掴んだ。


澪「私たち、救助を待つといっても、私たちがここにいるのは外からわからないじゃないか」

唯「そういえばそうだね。どしよ」

律「屋上にSOSサインを書いとくべきだろうな。屋上、開いてるっけ」

梓「確かめてみましょう」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:20:12.88 ID:H3jBbycCO


 また3階に戻って、私は屋上への扉のドアノブをひねり、力一杯押してみた。

 少しだけガタンと音を立てて動くとひっかかる。

 鍵がかかっているみたいだった。


律「だめだ、開かない」


 みんなは少し俯いた。

 わずかな沈黙のあと、澪が口を開く。


澪「鍵をとってくるしかないな……」

 それしかないとみんな分かっていた。

 だけど口にするには、少々勇気のいる言葉だったと思う。

 せっかく澪が言ってくれたのだ。なんとしても応じたい。


律「……SOSサインは、教室の机を並べて書けると思うから」

律「みんなは、机を上に運んでくれないか」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:23:06.27 ID:H3jBbycCO


紬「……いいけど、職員室は1階なのよ? りっちゃんが泳ぎ得意なのは知ってるけど」

紬「鍵を探して、取ってきて戻ってくるなんて流石に無理よ」

律「わかってるよ。けど今、いい方法を思いついたんだ」


 私は階段を下りて、水辺に向かった。


律「ついてきてくれ」


 初めて足を入れた水の温度は、ちょうどぬるいものだった。

 みんなで腰あたりまでざぶざぶと浸かり、手近な教室に入る。

 目的のものはぷかぷか浮いていて、すぐ見つかった。

 各クラスに置いてある、予備のゴミ袋だ。


唯「あ、それを空気のタンクにするんだね?」


 ぽんと唯が手を打つ。


律「そうそう。これだけ大きな袋なら、帰りまで十分持つんじゃないかな」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:26:06.28 ID:H3jBbycCO


梓「水圧とか……大丈夫ですかね」

澪「だめそうだったらすぐ戻ればいいだろ、な律」

律「だな」


 私は袋を引き出して、空気をバサッと詰めて口をねじった。

 澪も同じように、袋の口をしっかりねじり、左手で握りしめる。


律「……え、何してんのお前」

澪「え、私もついてくから、2つ要るだろ?」


 しれっと澪は言う。

 そうすることが当然というか、

 そうすること以外は異常だと言いたそうなぐらいの勢いだ。


紬「そうね。一人じゃもしもって時に危険だし、二人のほうがいいわ」

律「いや、だけど……」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:29:39.57 ID:H3jBbycCO


 ムギのいうことはもっともだ。

 もし奥まで行ったとき、うっかり袋を離してしまったりしたら一巻の終わりになりかねない。

 複数のほうが、安全は安全だ。しかし。


律「……澪じゃ、心配だ」


 私は小さな声で、ほんの少しばかりの嘘をつく。

 本当は、澪が一番信頼できる。


唯「じゃあ、私がついてってあげるよ」

律「いや、唯は余計に心配だ」

唯「ちぇ……あずにゃん、後で一緒に行こうね」

梓「……律先輩たちが無事に帰ってきたらですよ」


 聞こえてるぞ。私は毒見役か。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:32:06.54 ID:H3jBbycCO


 歯噛みしていると、澪が私の肩にそっと触れた。

 急に裸の肩が暖かくなったので、少し驚く。


澪「……諦めろ」


 何がだよ。


律「……わかったよ。そんなに私が心配なら仕方ない」


 私は澪の左手を、右手でしっかりと、指を絡めるようにして握った。


澪「律……」

律「いいか、絶対に離すなよ」


 澪はゆっくり頷いた。


紬「それじゃ私たちは、机を3階に運んでるわね」

律「ああ。ちゃんと鍵とって戻ってくるぜ」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、よろしく!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:35:05.44 ID:H3jBbycCO


 階段を一段下りた。

 ゴミ袋がぷかりと水面に浮き、水は胸の下まで来た。

 また一段下りる。

 左腕に力を込めて、袋を沈める。

 思ったより浮力があるけれど、手放すことはできない。


律「じゃ、行くぞ」


 せーの、と合図をしていっぱいまで息を吸い、階段のかどを蹴った。

 視界が暗い青のマスクをかけたように淀む。

 浮力に引かれ浮かびあがりそうな体は、しかしゆっくりと床に足を着けた。

 窓から射す太陽の光には目を向けず、壁を蹴って進んでいく。

 が、ゴミ袋のせいかあまり勢いがつかないで止まってしまう。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:38:06.94 ID:H3jBbycCO


 私は苦い顔で澪のほうを見た。

 澪はぷくりと小さな泡を吐くと、いつもらしく、階段に足を乗せた。

 どうしようもなく、全身がふわふわする。

 奇妙な感覚に、うす暗くて蒼色の校舎の中で包まれている。

 それがとても不思議で、心地よくて、楽しい。

 水の中って、空気中より抵抗が多いのに、どうしてこう自由な感じがするのか。

 ふわり、ふわりと澪と一緒に沈みながら、

 私はそんなどうしようもない思案をめぐらせた。

 1階に降り立つと、私たちは袋の口に口元を当てた。

 少しだけ握力をゆるめ、息を吸う。

 水圧のせいか、思った以上に空気が噴き出し、むせかけた。

 どうも、想像していたような、呼吸みたいにあっさりとした行為にはならない。

 ……少し、面倒くさいな。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:41:06.03 ID:H3jBbycCO


 息苦しさが去るまで、何度か呼吸をするとまた袋の口をねじった。

 澪の手を引いて、スキップでもするみたいな格好で床を蹴り、泳いでいく。

 今度はすぐ苦しくなって、袋の口を当てながら慎重に進んだ。

 澪も苦しいのは同じみたいだ。

 ただそれでも、この状況での空気の大事さをわかっているのか、

 まだ我慢して歩き続けるようだった。

 私も少し頑張ろう。

 袋の口を、二度、三度、縛り上げるようにねじる。

 職員室の前まで来ると、息継ぎをする澪の横でドアを蹴り開けた。

 水がぐわっと動いてよろめき、澪の袋からごぼごぼっと空気がこぼれた。

 つないだ手が振りほどかれ、げんこつをくらう。

 水中でも、澪のこぶしは変わらずに痛かった。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:44:07.03 ID:H3jBbycCO


 職員室の壁に、生徒に貸し出す用の鍵が並べて掛けてあるのは知っていた。

 私たちは呼吸をしながら、「屋上」のプレートのついた鍵を探す。

 少し手間取ったものの、無事に発見して、私たちの手のひらの間に挟んで持った。

 まっすぐ戻ろうとは思っていたけれど、

 職員室の隣、「生徒会室」の札がかかった扉が気になった。

 指差して示すと、澪も頷いた。

 袋の中の酸素濃度は、まだそれほど低くなっていないようだ。

 頭痛はするが、様子見くらい問題ない。

 生徒会室の前に立ち、扉を開けて中を覗き込む。

 いつも埃っぽい生徒会室は、真っ青に澄んでいた。

 中へ入り、しゃがみこむようにして床全体を眺めた。

 ……誰もいない。

 むだな息を吐いてしまった。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:47:05.94 ID:H3jBbycCO


 頷き合って生徒会室をあとにし、階段に向かう。

 澪の手を握り、鍵の感触をたしかめながら、ゆっくりと。

 水底は凄く心地いいが、死ぬわけにもいかない。

 そう、皆のために鍵を持ち帰る。

 そして屋上にSOSと机を並べ、助けを待つ。

 どこまでも続くような、水面の上で。

 漣の立つ音もしないほど、静謐な水面の上で。

 呼気の入った袋を掲げ、力を抜き、ふわりと浮いていく。

 階段に足が着き、二段のぼると水面から顔が出た。


律「ぶはぁっ!」

澪「ばあっ!」


 耳がきーんとした。

 とりあえず私たちは壁にもたれかかり、呼吸を整える。




22 名前: ◆Void00Vrcc :2011/08/20(土) 04:47:55.59 ID:0LaBpcn30



水の流れによってできる溝。
水が流れてできた地面の割れ目が湿っている様子。
濡れたくぼみ。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:50:46.35 ID:wafSMI0i0

>>22
えろい



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:52:23.71 ID:2SQY2Hi5O

>>22
なんかエロいな





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:50:13.02 ID:H3jBbycCO


律「けはっ……澪」


 咳きこむと、少し水を吐いたような気がした。

 実は、危ないところだったのかもしれない。


澪「……なんだ、りつ」


 苦しそうに澪が答えた。

 いっぱいいっぱいだ。私も、澪も。

 だけど、思ったから、言いたい。


律「わ、私は……貝になりたいっ」

澪「……じゃあ、私は、ナマコ……」

律「なんだよぉ、それ」


 数分ぶりに生還して、初めて澪とかわす会話がこんなこととは。

 どさくさで落ちていた鍵を拾い上げ、立ち上がると澪に手を伸ばす。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:53:05.32 ID:H3jBbycCO


律「唯たちのところに行こう。あまり遅いと心配するし」

澪「あぁ……」


 必要もないのに手をつなぎ、姿勢を低くして泳ぐような格好で歩く。

 廊下には唯たちが運び出したのか、机がいくつも浮いている。

 私は足を止め、振り返った。

 私たちの歩いてきた筋をなぞるように、水面に小さな揺れの波があった。

 私はこれでも知っていた。

 この小さな水面の揺れは、澪というのだ。


律「澪、消えちゃうかな」

澪「えっ?」


 驚いたように澪は私を見つめた。

 ちゃんと意識して、平坦なアクセントで言ったけど、伝わらなかったみたいだ。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:56:23.76 ID:H3jBbycCO


 澪は私の見ている方を見て、ようやく


澪「あぁ、澪か」


 と合点がいったように言う。


律「そ、澪の澪」

澪「確かに、ここから先は机がじゃまで消えちゃうかもな」

律「そうだろ? なんか寂しいよな……」

澪「はいはい、ありがとう。私は消えないから元気出せ」


 元気でないかも。

 口の中で呟いて、私は机をかきわけ、唯たちを探した。

 結局、唯たちは踊り場でそわそわして待っていた。

 あと10秒で助けに行くところだったと。

 本当かよ。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 04:59:05.94 ID:H3jBbycCO


 とにかく私はムギに鍵を渡して開けてもらい、屋上に机を運び出した。

 デジタル数字の「505」のように机を並べ、丸みをもたせてSOSにした。

 作業を終えて、私は水にぷかぷか浮いて休んだ。


唯「りっちゃん、1階どうだった?」

律「ん……けっこう苦しかったから、余裕持ったほうがいいぞ」

律「まだ頭痛いし……」

梓「それにしても、よく無事でしたね」

律「……そうだな」


 天井を眺めながら私は頷いて、沈んだ。

 膝立ちになってカチューシャを外すと、水を顔にぶつける。


唯「じゃあ私たち、ちょっとだけ行ってみるね」

律「あぁ、すぐ戻ってこいよ」

唯「うん、3分たって戻らなかったら助けに来てね」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:02:16.56 ID:H3jBbycCO


律「なにを勝手なこと言ってんだか……」


 膨らんだ袋を片手に潜っていく唯と梓を見送ると、私は立ち上がった。

 3階に続く階段の方にざぶざぶ向かい、ムギを探す。

 階段を上がっても見つからず、また降りてきたら出会うことができた。


律「ムギ」

紬「あ、りっちゃん。どうかした?」

律「いや、ただ姿が見えなかったからさ」

紬「そう? ……澪ちゃんたちは?」

律「澪のやつはもう着替えて、屋上で助けを待つってさ」

律「唯と梓は、1階に遊びに行ったよ」

紬「……大丈夫なの?」

律「3分経って戻らなきゃ助けに来いって言ってたから」

律「あと60数えたら、行こうかと思う」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:05:04.08 ID:H3jBbycCO


 私はそばの壁を、1秒ずつタップし始めた。


紬「ねぇ、りっちゃん……訊いてもいいかな」

律「なんだ?」

紬「水浸しになってからしばらくしたときも思ったんだけど」

紬「さっきまた屋上から確認して、やっぱり変だったの」


 ムギも気づいていたのだろうか。

 そう思ったとたん、ムギの表情に不安が浮き彫りになった。


紬「……これだけの大災害があっという間に起こったこともだけれど」

紬「いまだに、1つさえも死体が流れてきてないのは、どうして?」

紬「こんなに時間が経ったのに、取材のヘリさえ飛んでこないのはどうして?」

律「……それ、私が知ってると思う?」

紬「思わないけど、りっちゃんなら一緒に考えてくれると思うから」

紬「……部長だし」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:08:10.10 ID:H3jBbycCO


 部長。そうきたか。


律「……唯たちの様子見てから考えるよ」


 タップが60回になった。

 私は袋を広げ、ざぶざぶと階段に急ぐ。


梓「あ、ほんとに来た」


 そこにはすでに唯と梓が、満足した様子で上がってきていた。

 つねるぞ、このやろう。


唯「りっちゃん、下すごかったよ! もう1回行ってきていい?」

律「……いや、やめとけ。もうじき暗くなる」


 私は唯と梓を連れ、部室に戻ることにした。

 ムギも一緒に、さっきの話を続けようと思った。

 髪と体を拭き、澪も戻ってきて、ムギが紅茶を淹れる。

 着なおしたブラウスは、乾いた汗のにおいが残っていた。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:12:42.47 ID:H3jBbycCO


律「それでムギ、さっきの話なんだけどさ」

紬「みんなの前でする?」


 ムギは太い眉を下げて、みんなを見回す。


律「……みんなも、うすうす気付いてることだとは思うし」

澪「それって、この状況のことか」

律「あぁ。それぞれ着眼点は違うかもしれないけど、どっかおかしいって思ってるだろ」

澪「……」

唯「あ、あのねりっちゃん。ちょっといいかな」


 唯が珍しくおずおずとした様子で発言した。


唯「私たち、さっき机を運んだけど……」

唯「そのとき、どの机の中にも、ひとつも荷物がなかったんだ」


 なんとなく予想していたことでもある。

 廊下に出ていた机も、そうだった気がする。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:15:08.40 ID:H3jBbycCO


唯「それに、あのぐらいの時間に学校にいたのが私たちだけってのもおかしいよ」

唯「音楽室って高い所なのに、だれも、避難してこなかったしさ……」


 やっぱりみんな気付いていたんだな。

 梓や澪の表情をちらりと窺って、そう思う。


律「まだ断定はできないけど……もしかしたら」


 私は落ち着いて息を吸う。


律「ここは……っつーか、この世界には、私たちしかいない可能性がある」

梓「……助けなんて来ないっていうことですか」

律「どうかな……」


 梓の考えている線が有力だと思っているけれど、それは口には出さない。


澪「助けを待つより、このパラレルワールドから脱出する手段を見つけないといけないのか?」

紬「でも、そんなことどうやって……」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:18:17.95 ID:H3jBbycCO


律「落ち着け……まずここがパラレルワールドっていう保証もないんだ」

澪「だけど、悠長にしてられるか? ……おなかも減ったし」

唯「水の中けっこう見たけど、魚は見当たらなかったよ」

唯「ここには食べ物なんてないのかもしれないね」

律「うん……どうしたもんかな」


 私はうつむいて呟いた。

 どうしろってのさ。


紬「……ねえ。諦めちゃわない?」


 少しの沈黙のあとムギが言った言葉にも、さして驚かなかった。


紬「わたしも、水の中の学校探検してみたいな」


 みんなで学校と、桜ケ丘とともに沈もう。

 どうせ助かることなんてないのだから、私はみんなと死にたい。

 ムギはそういう意味のことを言った。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:21:05.85 ID:H3jBbycCO


梓「……私は、先輩たちと一緒なら」


 梓が言った。


律「……おまえ、軽音部入って3ヶ月だろうに」

梓「一人で死ぬよりは……と思いまして」


 そんなところだろうと思った。

 私だって一人残されては、生きる気力もあったものじゃないだろうけれど。


澪「私もいいよ、ムギ」


 澪はそう答えると思っていた。

 こいつはもともと、生きる意志なんてたいしてない奴なんだ。


唯「……りっちゃんも?」

律「まあ、そうかな」


 訊かれて頷く。

 どうせ無理だろう、と諦観していたのはほとんど最初からだった。



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:24:16.29 ID:H3jBbycCO


 というかこいつらだって諦めていたからこそ、

 私たちが1階に行くのを強く止めなかったし、

 階段の前で待ち構えたりしていなかったんだと思う。

 ここは異常な場所で、自分たちが生きれるところではない。

 そういうことを深層意識に教えられてからこの世界に連れてこられたんじゃないかと思う。


唯「そっか……じゃ、みんなで行こうか」


 私たちは、手をつないだ。

 死ぬことを決めるのは、非現実的なまでにスムーズだった。

 袋を持たずに、準備室を出て階段を下りる。


律「……あ」


 私たちを待っていたかのように、水位が上がって、踊り場にも水が届いていた。

 2階ももう、天井までひたひただ。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:27:30.79 ID:H3jBbycCO


律「……なぁ澪」

澪「……うん」


 私たちは最後にそう会話した。

 ざぶり、ざぶりと沈んでいく。

 冷えた水に髪がほどかれ、溶かされていく感覚。

 廊下まで下りると、私は膝をついた。


律「……」


 目を閉じて、呼吸の我慢がきかなくなるのをじっと待つ。

 ずぐん、ずぐんと苦しそうに突き上げる心臓の音が響く。

 左手から唯が流れていった。

 そろそろ、私も澪の手を握っているのが辛くなってきた。

 なぁ、澪。

 どうして私たちは、水の中で生きれないんだろうな。




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:29:18.33 ID:+K45RGeo0

随分あっさりだな





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:30:08.58 ID:H3jBbycCO


 こんなに水の中は気持ちいい。

 澪と手をつないで、苦しいぶんだけ生きているって感覚を強く思う。

 けれど、ヒトは、水の中では生き続けられない。


澪「律」


 澪が私の手を強く握った。


律「……え」

澪「こんなところで本当にあきらめるつもりか?」


 いまさら何言ってるんだよコイツ。


律「……」


 私は水の中で、しゃべれない。

 澪がほほえんで私を見ている。


澪「……しょうがないな」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:33:05.06 ID:H3jBbycCO


澪「猶予、だ」


 澪は私をぐっと抱き寄せると、わたしの口に、その口元をあてた。


律「う……」


 呼吸ができる。

 澪が、空気をくれている。

 そうだよ、この感覚だ。

 なんでもできるような、この感覚。


律「……みおっ」


 私は水の中で盛大に泡を吐いた。


澪「バカ、無駄遣いするな!」


 そうだよ、私たちは、こうだったんだ。


律「あびがぼうっ!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:36:05.01 ID:H3jBbycCO


 私は泳ぎだす。

 これは夢だったんだ。

 最初に疑ったとおりだったんだ。

 だから澪をつねったんだけど、それじゃ目が覚めるはずがない。

 この水浸しの街は、私たちにとっては現実にすぎない。

 私と澪はいつも溺れていたんだ。

 部室にいるとき以外は、いつも水底にいたんだ。

 それが私と澪の現実なんだ。

 この夢を見ているのは、さっき逃げて行った、あのバカ。

 あいつの頬をつねらなきゃ、この夢は覚めない。

 腕をかき回し、足をばたつかせ、私はとうとうその腕を掴んだ。

律「唯、起きろおおおぉぉ!!!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:39:05.32 ID:H3jBbycCO


――――

律「ろぁっ」

澪「うわっ、なんだよ」


 反射的に体が起きて、あわてて周りを見渡した。

 いつもの澪の部屋、電気を消したverだ。


律「い、今何時だ?」

澪「何時だろうと遅刻じゃないから安心しろ」

律「……あー」

澪「どうした律? 怖い夢でもみたのか?」


 澪がそっと耳にくちびるを寄せて、頭を撫でてきた。


律「……変な夢だったな」

澪「変な夢か」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:42:10.54 ID:H3jBbycCO


澪「どんな夢だったんだ?」

律「澪がナマコになる夢」

澪「怖いだろ、それ!」

律「冗談だよ。……なんか、いつも通りの夢だった」

澪「いつも通りって」

律「いつも通り、平和な日常……かな。
  練習があってティータイムがあって、澪とエッチして……」

澪「だったら良いんだけど……」


 澪が私に寄り添う。

 背中をさらさらと黒髪が流れる。


律「うん。良かった」

律「澪のこと、好きでよかったー!」


 倒れこむように、澪に抱きついた。

 そのままベッドに折り重なって、くちびるを重ねる。




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:45:40.20 ID:BRl9RcqIO

カオスな夢見るときは精神状態が悪いらしいな



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:48:17.56 ID:CzSuw8IW0

カオスな小説を書く時も高確率で精神状態が悪い



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:49:28.97 ID:+K45RGeo0

テンションがおかしいという意味では悪い精神状態なのかもしれない





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:45:10.68 ID:H3jBbycCO


澪「……やっぱ律、今日ヘンだぞ」

律「いいじゃぁん……」

澪「甘えんぼだし」

律「うるさいっ」

澪「やめろよ痛いから!」

律「あだっ! ……やっぱキクなぁ、んふふ」

澪「な、何笑ってるんだよ気持ち悪い……」

律「幸せだなーって」

澪「……はいはい、ありがとな」

律「澪の澪は私の澪でもあるんだからな」

澪「うんうん、お前それ好きだな」

律「……ん」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:48:13.39 ID:H3jBbycCO


律「……みおー」

澪「なんだよ……寝れないだろ」

律「好きだぞ」

澪「知ってる」

律「澪は?」

澪「このまま寝させてくれたら好きになってあげる」

律「なんじゃそりゃ……」

律「……じゃ、もうおやすみ……」

澪「ああ、おやすみ」

澪「……」

澪「……好きだぞ、律」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:51:05.57 ID:H3jBbycCO


澪「……」

律「う、うわあああっ!!」

澪「なっ、なんだよ!?」

律「澪がナマコになったあ!」

澪「……」

澪「黙って寝てろっ!」

律「ぐえーへぇっ」

 ああ痛い。

 貝は貝だけど、澪の前ではヤワな身がむきだしで、余計に痛い。

 私はナマコになりたい。

 なりたいぞ、澪。


   おしまい




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:52:05.06 ID:QaxLfmI10

乙!



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:52:58.85 ID:2WntFp930





73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:53:18.10 ID:CzSuw8IW0

乙!



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:53:23.08 ID:uWP0EOKL0

俺は好きだ




75 名前: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/08/20(土) 05:53:53.43 ID:mI/ICKzF0

おっつおつ



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/20(土) 05:58:03.64 ID:m+v31NzeO

おつー
よかったよ






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「澪の澪」
[ 2011/08/20 11:12 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3622 [ 2011/08/20 14:31 ] [ 編集 ]

面白かった

タイトル:承認待ちコメント
NO:6699 [ 2012/08/24 02:09 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6