SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#13

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#13 【非日常系】


唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」 より
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287330010/




607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:36:15.95 ID:pO2Ovsce0

――切り取ったような、夕暮れの日が差し込む教室。

憂はまるでその絵画の一部のように窓辺に佇んでいました。

その透き通るような輪郭に見惚れて、私は声を掛けるのを忘れてしまいます。

「あ……お姉ちゃん」

私に気づいた憂は、体重を預けていた壁からゆっくりと離れ優しく微笑んで見せました。
知らずのうちに私の心臓は速くなって、誤魔化すように憂へと近づきます。

「今日は部活ないんだ」

「そっか」

「一緒に帰ろ」

「うん」

その短く交わした言葉の中に、憂と私の近さを感じられて思わず笑みが零れます。
憂も私のそんな顔を見て微笑んでくれて、胸は、とっても温かいもので満たされました。

「あ、ちょっとまって」

「なあに?」

「少し、ここにいてもいい?」

一年下の教室が懐かしく、窓に近づく私に憂は何も言わずに着いてきてくれました。





608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:36:58.69 ID:pO2Ovsce0

「久しぶりだー」

「お姉ちゃんは二組だったでしょ?」

「うん、でもなんだかなつかしいんだ」

窓を覗くと、私の後ろに映る憂と目があって、二人ともくすりと笑ってしまいました。

「そうだ、憂はどうして教室にいたの?」

「んー、なんとなく」

「そっか」

何てこと無い会話を交わして、このまま告白しても平気かな、なんて思ったり。

「お姉ちゃんは?」

「え?」

「どうして私の教室にきたの?」

「んーと、なんでだろね」

なあにそれー、なんて笑いながら、憂は教室を見回しました。

どうしてここに来たのか、なんて言えるはずもありません。

もし憂がいたら、そんな期待に胸を膨らませ駆けてきた私。
憂が知ったら、どう思うかな。



609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:37:39.24 ID:pO2Ovsce0

私も憂も、そのゆったりとした雰囲気に浸るように口を閉ざしました。

私はすぐ隣の憂が気になって少し挙動が怪しくなってしまったかもしれません。

憂は後ろで手を組んで、上履きの爪先をとんとんと鳴らしています。

「……きれいだね」

「えっ?」

憂のその言葉に、思わず私は体を反応させてしまいます。

「空、とってもきれい」

「あ……そうだね」

少しだけ感じてしまった恥ずかしさを隠すように、また窓の外に目をやりました。

教室には、私と憂の二人だけ。



610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:38:21.34 ID:pO2Ovsce0

どれほど時間が経ったか、森閑とした雰囲気の中で私は分かりません。

ただ、太陽は全部沈みきっていないのでそれほど長くは経っていないのでしょう。

少しの孤独感を紛らわすために、傍らの憂を見つめました。

「帰ろっか」

「そうだね」

前を歩いて教室を出ようとした私の手に、すっ、と憂の手が滑り込みました。

振り向くと、そこには笑顔の憂。

「えへへ、ご飯どうしよっか」

心を乱された私は、開き直るように手を握り返します。

「帰りながら決めようよ」

「うん、わかった」

浮かび上がるような感覚の中で、僅かに香る甘い匂いを胸に吸い込みます。

やわらかい憂の香りは、いつだって優しい気持ちにさせてくれます。



612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:39:01.53 ID:pO2Ovsce0

「一緒に帰れてよかった」

煩わしい言葉など一切込めず、純粋なだけのその台詞に私は子供じみた幸せを感じます。

そして、どうにか聞こえるくらいの声でうん、とだけ答えました。

憂がいてよかった。
その台詞は、聞こえないように。

「ん~?」

下を見ていた私の視界には、いつの間にか憂が入り込んでいました。

憂ときたら、意味深げな口で笑っていて、私にはなんのことやら分かりません。

戸惑う私の目を引いて、憂はまた歩き出します。

気になって、尋ねようとした私の耳に、

わたしもね、と囁くような声が聞こえたのは、誰の耳にも秘密です。


                     おしまい。




614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/23(土) 15:47:38.64 ID:DeiHiD3q0

乙、よかった






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#13
[ 2010/10/24 01:30 ] 非日常系 | 唯憂 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6