SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「ちんちん!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ちんちん!」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1258789667/




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 17:40:48.86 ID:kkz0VxVeO

唯「ちんちんだよ、ちんちん」

憂「…お、お姉ちゃん?」

唯「だからちんちん!」

憂「え、っと、ちょっと意味分かんないかなぁ」

唯「もう、ちんちんって言ってるでしょ!」

憂「落ち着いてお姉ちゃん!」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 17:52:03.29 ID:kkz0VxVeO

唯「落ち着いて…って。私は落ち着いてるよ」

憂「…あのねお姉ちゃん。高校生にもなって、
  女の子が恥ずかしげもなくそういう事言っちゃダメだよ?」

唯「そういう事?」

憂「だ、だから…その、ち…とか」

唯「ちんちん?」

憂「そっ、そう!だから言わないでってば!」

唯「どうして?」

憂「えぇっ…どうしてと言われても…」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 17:59:15.56 ID:kkz0VxVeO

唯「憂、ちんちん!」

憂「!」

唯「早く、ちんちん!」

憂「お姉ちゃん、いい加減にしなさいっ」パチンッ

唯「痛っ…、え、なんで…?」

憂「あ…!ご、ごめんお姉ちゃん。つい…」

唯「っもういいよ!憂の馬鹿っ!!憂がそんなにノリ悪いなんて知らなかった!」

憂「の、のり?」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 18:11:13.60 ID:kkz0VxVeO

唯「憂が怒る理由は良く分かんないけど、
  憂がしてくれないなら学校でりっちゃん達にしてもらうもん!」

憂「学校で律さん達に!?」

唯「ふんだ!」

ダダダダダ、バタンッ

憂「お姉ちゃん、2階に行っちゃった…」

憂「一体どういう事なんだろう」

憂「学校で…、律さん達に、ち…、してもらう?」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 19:10:37.08 ID:kkz0VxVeO

憂「どうしてお姉ちゃんは突然あんな事を」

憂「私、お姉ちゃん叩いちゃった」

憂「どうしたら良かったんだろう」

憂「だって…ち、…ちんちん、だなんて」

憂「もしかしてお姉ちゃん、おちんちんが見たいのかなぁ」

憂「…ううっ、お姉ちゃんが変な事言って、男の人に騙されて捕まったらどうしよう」

憂「もしお姉ちゃんがおちんちんに興味があるというのなら…私が何とかしなきゃ!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 19:23:20.25 ID:kkz0VxVeO

唯の部屋

唯「いたた…なんで憂はあんなに怒ってたんだろ」

唯「いきなり叩くなんて酷い妹だよ、もうっ!」

唯「はぁ…何か憂の気を悪くすること言ったかなぁ」

唯「う~ん…後で謝っておこう」

唯「はぁ…」

唯「そうだ、こういう時はちんちんだよね!」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 19:57:20.01 ID:kkz0VxVeO

唯「携帯の、でーたふぉるだ、と」

唯「うひゃあ…やっぱ可愛い!」

唯「ちんちん、堪らないよ~」

唯「どーしてこんな~に可愛いのかぁ~」

唯「はあぁ、欲しいなぁ。ちんちん目の前でして欲しいなぁ」

唯「癒されるる~」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 22:10:04.00 ID:kkz0VxVeO

次の日

唯「憂、昨日はごめんね」

憂「ううん、私の方こそ叩いちゃってごめんなさい…」

唯「私が憂の気に障るような事言ったのが悪いんだよ~…」

憂「お姉ちゃんは悪くないよ!叩いちゃった私が全部悪いの!」

唯「憂は悪くないってば!」

憂「私が悪い!」

唯「私が悪いよ!」

憂「私が…ふっ、あははっ」

唯「あははははっ、変なの~」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 22:34:22.70 ID:kkz0VxVeO

憂「お姉ちゃん、あのね」

唯「うん?」

憂「お姉ちゃんがちんちんをどうしても見たいっていうなら、私がどうにかするよ」

唯「ほ、ホント!?」

憂「うん。お姉ちゃんの喜ぶ顔が見たいし…
  それに、昨日叩いちゃったから、それの、なんていうか…」

唯「もう、そんなのいいのに…。でもホントにちんちん見せてくれるの!?」

憂(お姉ちゃん、凄い嬉しそう。よっぽどおちんちんが見たかったんだね…)

憂「任せてよお姉ちゃん!」

唯「やったぁ!じゃあ楽しみにしてるねっ!」

憂「うん、楽しみに待っててね。遅刻しちゃうし、とりあえず学校に行こっか」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 23:03:54.28 ID:kkz0VxVeO

唯「うんたん♪うんたん♪」

憂(お姉ちゃん機嫌良いなぁ)

唯(買って来てくれるのかなぁ?)

憂(でもどうやってお姉ちゃんにおちんちんを見せてあげよう…)

憂(中学の時の友達で、男の子に声をかけてみようか)

憂(いや、まさかいきなり
  『お姉ちゃんがおちんちん見たいらしくて、家に来てくれない?』なんて言えないし)

憂(う~ん…)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/21(土) 23:15:36.03 ID:kkz0VxVeO

憂「そうだ!」

唯「!?」

憂「あ、ごめん」

唯「びっくりしたぁ。いきなりどうしたの?」

憂「んーん。なんでもないよ♪」

憂(あの人に頼めば…!)

憂(それにもしこの方法が上手く行けば…えへへ)

唯(憂がニヤニヤしてる…)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 00:22:39.65 ID:rtiYpc8TO

放課後

唯「ごめ~ん遅れた~」

澪「お、唯」

律「おっーす!」

唯「あれ、まだ澪ちゃんとりっちゃんだけ?私が最後だと思ったんだけど」

澪「梓はさわ子先生に呼ばれたから、遅れるってメールが来たぞ」

律「梓め…そういう事は部長の私にメールしろってーの」

唯「あはははっ、そっかー」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 00:31:15.44 ID:rtiYpc8TO

唯「あれ、でもムギちゃんは?」

澪「唯、律、お前一緒のクラスなんだから何か聞いてるだろ?」

唯「ん~ん、何にも聞いてないよね、りっちゃん」

律「あー、確かにそういや何も言われてないな」

唯「ムギちゃん、授業終わった途端すぐに鞄掴んで教室出て行ったから、
  てっきり一番早く音楽室に来てると思ったのに」

澪「律、メールとかきてないのか?」

律「ちょっと待って、ん、きてないっぽい。なんだー、ムギの奴サボりだな~?」

澪「ムギに限ってそんな事…」

唯「何かよっぽど大切で急ぎの用でもあったんじゃないの?」

律「なんだそりゃ」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 01:02:17.44 ID:rtiYpc8TO

澪「それにしても…ムギが来ないんじゃ今日のティータイムは無しだなぁ」

唯・律「!!」

唯「り、りっちゃん隊員、早くムギちゃんに電話を!」

律「もう掛けてる!」

澪「お…お前等…それは流石にどうかと思うぞ…」

律「電波の届かない所だと…、ムギ!一体何をしてるんだ!?」

澪「諦めろ、ムギだって都合が悪い時位あるだろう」

唯「そんなぁぁ…うう、お菓子…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 01:55:24.50 ID:rtiYpc8TO

唯「お菓子がなきゃやる気が出ません…」

澪「唯、お前なぁ…」

律「みぎにー、おなじー」

澪「お前は部長だろっ!」

唯・律「はぁぁ…」

澪(だ、ダメだコイツ等…)

唯「あっ、そうだ!」

律「どうした~ゆい~?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:00:28.10 ID:rtiYpc8TO

唯「癒される画像を見せてあげよう!」

律「癒される画像?」

唯「えへへ~、ちょいと待たれよ♪」

澪「携帯に保存してあるのか?」

唯「そ~なんだよ~。ほいこれっ!」

律・澪「おおっ!」



梓「う~、結構遅くなっちゃった。早く音楽室行かないと」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:28:13.51 ID:rtiYpc8TO

梓「なんてムダな時間だったのだろう…」

梓『あの、一体何の用事でしょうか?』

さわ子『梓ちゃん、ちょっとこれ見て』

梓『何ですかコレ…?』

さわ子『どれを着たい?』

梓『どれを着たいって…白スクとか、
  ウェイトレスとか良く分かんないのばっかりですけど』

さわ子『好きなのを選んで!次のライブで着る衣装だから♪』

梓『…はあ!?』


梓「…あんなくだらない事に時間を潰されたと思うとイライラしてきた…」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:32:44.08 ID:rtiYpc8TO

梓「やっと音楽室に…ん?音が聞こえない…、練習してないなぁー…?」


律「これは…確かに癒されるな…」

澪「か、可愛い…」

唯「でしょでしょ!?」

梓「先輩達、一体何の話してるだろ?」


律「これ、ちんちんだよな?」

唯「そーだよー。もう堪らないよねぇ…」


梓「…は?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:39:55.87 ID:rtiYpc8TO

梓「え、今律先輩確かに…き、気のせいだよね、うん」

梓(ってなんで私聞き耳立ててるの!?別に堂々と入ればいいじゃん!)

澪「こんな風に立てるんだ…凄いな」

梓(たたた立てる!?)

律「それにしてもこいつ、毛がモサモサだな」

梓(けっけけっ毛がモサモサ!?)



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:45:49.39 ID:rtiYpc8TO

唯「それでね、憂に私、ちんちんがみたいって話たんだー」

梓(ええぇ!唯先輩、憂になんて事言うんですか!?)

唯「そしたら憂に叩かれちゃってさー…」

澪「なんでまた?」

唯「う~ん、叩かれた理由はイマイチ良く分かんないんだよね」

梓(そ、そりゃあ憂だって突然そんな事言われたら…)

唯「でも今日の朝謝ってきてさ。
  お姉ちゃんがどうしても見たいなら私が何とかする~、って言ってくれて」

梓(ええええ!?一晩で憂に何があったの!?)



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:52:46.96 ID:rtiYpc8TO

律「ま、姉思いな憂ちゃんだしなぁ」

梓(姉思いとかそういう問題じゃないでしょ…)

澪「でもどうするんだ?買ってくるのか?」

唯「多分そうだと思うけど…」

梓(買ってくる!?)

澪「でもなぁ唯。飼うのってかなり大変だぞ…?」

梓(買ってきて飼う…って、つまり…あれが見たいから、
  男の人を買うって事…!?しかも飼うって!)

律「そーだぞー。唯にちゃんと世話出来るのか~?」

唯「出来るよ~、失礼だなぁもう!」

梓(世話…あれのお世話…つまりせっ、せっ、せっく…!!)



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 02:55:34.69 ID:rtiYpc8TO

バタンッ

梓「最低ですっ!」

唯「わ!び、びっくりしたぁ」

律「おう梓、随分と遅かったな~」

梓「何のほほんとしてるんですか!」

澪「…?逆に何興奮してるんだよ梓」

梓「み、澪先輩まで…信じられません。皆さんがそんな人だったなんて」

律「そんな人?」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 03:00:59.93 ID:rtiYpc8TO

唯「あ~ずにゃん。機嫌悪いよ~どうしたの?」

梓「ひっ、近付かないでください!」

唯「えっ…、あ、あずにゃん?」

律「…おい梓、本当にどうしたんだ?今日のお前、変だぞ?」

梓「変なのは先輩達の方です!買うとか飼うとか立てるとか…!!」

梓「先輩達の淫乱!変態!私もうこんな部に何か居られません!さよならっ!!」

ダダダダダッ

唯「行っちゃった…」

澪「おい律、一体何だっていうんだよ」

律「そんなの知るか、私に聞くなよ…」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 09:31:58.50 ID:rtiYpc8TO

律「今日は、解散だな」

澪「まぁ、ムギも梓も居ないんじゃ合わせられないしな」

唯「そだね…あずにゃん、一体どうしちゃったんだろ」

律「ま、多い日かなんで機嫌悪かっただけだろ。明日には普通になってる気がするぞ」

澪「律…お前な…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 09:40:29.79 ID:rtiYpc8TO

唯「はぁ~、今日も一日疲れたなぁ」

唯「もしかしたら、憂、もう買ってきてくれてるかも…!」

唯「楽しみだなぁ」

唯「品種はどんなの買ってくるんだろ」

唯「でもなんでもいいかな」

唯「早くちんちんしてる所が見たい~」

唯「後は、お手とか、お座りとか、色々教えなきゃ」

唯「…うわ、私の家の前に黒塗りの車が…」

唯「あれ、ムギちゃんが乗ってる?」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 09:49:27.61 ID:rtiYpc8TO

ブロロロロロロ…

唯「ありゃ?もう行っちゃった」

唯「あ!もしかして憂、ムギちゃんに頼んだのかな!?」

唯「てんしょんあがってきたーっ!」


唯「ただいまー!!」

憂(来たっ)

憂「お帰りお姉ちゃん!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 09:58:27.82 ID:rtiYpc8TO

憂「お姉ちゃんが見たがってもの、紬さんに頼んでなんとかしてもらったよ!」

唯「ホント!?う~い~、ありがとぉ~!ほんまあんたはいい子や~」

憂「わわっ、抱き着かないでお姉ちゃん。おっきくなっちゃうよぉ」カァァ

唯「?」

憂(もしかして、このまま行けばお姉ちゃんの初めては私が…くふふ)



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 10:09:29.16 ID:rtiYpc8TO

唯「ところで憂、犬は何処に居るの?」

憂「犬?」

唯「うん、お犬さん♪」

憂「何言ってるのお姉ちゃん?」

唯「…?あれ、だってちんちん見せてくれるんでしょ?」

憂「あ、うん!」

唯「…ん?なんで脱ぎ出すの?」

憂「ちょっと待っててねお姉ちゃん♪」

唯「…?」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 10:17:08.57 ID:rtiYpc8TO

唯「ああ、仔犬なんだね!それであったかいからパンツの中…に…うゎ」

憂「じゃーん!お姉ちゃんが見たがってたおちんちんだよ!」

唯「え…」

憂「どうしたの?」

唯「…いや…ちょっと何言ってるか分かんないです…。憂、何、それ?」

憂「紬さんに頼んだらね、おちんちんが生える薬を作ってくれたんだ!」

憂「何か話したら、凄くやる気満々で、すぐに家に電話してくれて…お姉ちゃん?」

唯「気持ち悪っ」

憂「えっ」


おわる



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 10:20:19.34 ID:rtiYpc8TO

あぁ…なんかいろいろとごめんなさい
しえんとほしゅありがとう
おまえら愛してる




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 10:24:33.83 ID:OazOU3G50

おもろかったよ




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 10:34:51.43 ID:iM7FytQnI

おつー



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/22(日) 13:55:55.42 ID:B7POO5Mk0

いいオチ乙






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ちんちん!」
[ 2011/08/23 14:59 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6