SS保存場所(けいおん!) TOP  >  微エロ >  唯「おねしょ!」#中編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「おねしょ!」#中編 【微エロ】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259147658/

唯「おねしょ!」#前編
唯「おねしょ!」#中編
唯「おねしょ!」#後編


管理人:エロも含まれています。閲覧にご注意下さい。




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:04:13.56 ID:hpHI/WqVO

――――――
――
寝床
~夜~

律「ふぁ~そろそろ寝るか」

澪「というか唯は寝てるぞ」

唯「ムニャムニャ…スー」

律「早!!!さっきまで一緒にUNOやってただろ…」


澪「唯のやつちゃんと布団かけなきゃ風邪ひいちゃうだろ」スッ


律「何かさっきから妙に唯に優しいよな…」

澪「ん?友達なんだから当たり前だろ」


紬「(唯ちゃんオムツ履いたのかしら?)」


ポンポン
澪「さて、私達もそろそろ寝よっか」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:08:06.31 ID:hpHI/WqVO

律「…あーそうだな明日もいっぱい遊ぶために今日は早めに寝るか」

澪「練習するんだ!」

律「忘れてた!!」

澪「お~い!」


紬「2人とも唯ちゃんが起きちゃうから静かに」シー


律「おっとそれもそうだな」ボソッ

澪「ごめんムギ」ボソッ


紬「じゃあ私も寝ますね、お休みなさい」ペコ

律澪「お休みなさい」ペコ
バサ


シーーーン

律「…なぁ澪」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:11:50.90 ID:hpHI/WqVO

澪「何だ?あんまり大きい声で話すなよ」ボソッ
律「…一緒に寝てやろうか?」ボソ

澪「な、なに冗談言ってんだ//さっさと寝ろ」ボソ
バサッ

シーーーン

律「…冗談じゃないっての」ボソ


―――――
――
2時間後
~寝室~

パチクリ
澪「(うぅ…トイレ行きたくなっちゃった)」
バサ
そ~っと

ガチャ
澪「(暗いな…うぅ怖くない怖くない怖くない)」ブルブル



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:15:52.09 ID:hpHI/WqVO

~トイレ前~

澪「(ふーたどり着いた…電気はどこだ?)」
パチ
キーーガチャ


澪「(やっと明るくなった…さっさとしてみんなのところに帰ろう
   しかし今日は散々な目n)」


キーーガッ

澪「ひぃ!!!!(人の手!!!!)おば、おば、おば!!!(お化け!!!!)」アセアセ

スッ

律「私だよ」

澪「り、律!驚かすなよ!また…」


律「また…何だよ?お漏らししそうになったのか?」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:19:37.82 ID:hpHI/WqVO

澪「う…律はなんでこんなところにいるんだよ!トイレならちょっと待ってろ」


律「澪が出て行くのが見えたからさー
  で?また漏らしそうになったのか?子供だな澪は」


澪「むっ!べ、別に関係ないだろ!私はしたいんだから用がないならトイレから出ろよ」

律「何だよ出ろって…ちょっと来い」
グッ

澪「うわ!バカ私はトイレに行きたいのに」
ダッタタタ

――――
――
1分後
~露天風呂~

澪「バカ律!何でこんなところに連れてきたんだよ!私はトイレに…」モジモジ



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:22:09.78 ID:hpHI/WqVO

律「なぁ澪…さっき唯に触られてどうだった?」


澪「え!?な、何だよ突然…」


律「気持ちよかったか?」


澪「はぁー//バカな事言うなよ//気持ちいい訳ないだろ」


律「嘘つけよ、あんなに声だしてたくせに」

澪「あれは…//まぁ…ちょっとは//」


律「気持ちよかったんだな…お前友達に触られて感じてたんだな、変態」


澪「へ、変態って!しょ、しょうがないだろ…//だいたいあrんーー//」

律「んー…レロ……ん」

澪「んーー//……ぷぁ……や、んぷ//…辞めろ」
バッ



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:27:02.73 ID:hpHI/WqVO

律「…ハァハァ」

澪「な、何突然キキ、キスしてるんだ!?//」

律「…やっぱり唯が好きなんだな」

澪「え?何言ってるんだよ//私が唯をって…」

律「うるさい!!」

モニュ

澪「うわぁ//律…む…ねは…」

律「こうやって唯にもまれて感じてたんだろ!」


澪「ふぁ//や…め……ん、ぁ//」


律「澪は誰に揉まれても感じる変態だな!こんな乳首も固くしやがって」

ギュッ

澪「きゃっん//ぃたい…やぁ、止めて…」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:32:35.34 ID:hpHI/WqVO

律「何が痛いだ!痛いやつがそんな声だすかよ!
  ほらもっとデカくなるようにのばしてやるよ!バカ乳」


澪「ぅわ//いや…んふぁ…あ!(このままじゃ漏れちゃう)」
グッ


律「何だおまたおさえて、漏れそうなのか?アハハこりゃいいや、漏らしちゃえよ。

そしたら唯をここに連れてきて澪が変態お漏らしだってとこ見せてやるからな」


ギュッギュッ

澪「んぁ…りちゅ、らめて…ひゃ//」


律「うるさい!変態な澪を愛してるのは私だけなんだ…
  澪のオシッコまで好きなのは私だけなんだからな!

  唯になんか嫌われちゃえばいいんだ!!
  ちゅぱっ……くちゅ…ペロ」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:37:45.06 ID:hpHI/WqVO

澪「んぁっは//くび…すったら…めだ//(ダメだ我慢できない…)」チョロ

律「だしちゃえ変態」

ギューーー

澪「ダッ!!うわぁ//はぁ~~」

ジョロジョロ

律「ハァハァ…まだ出しただけじゃ止めないからな」

バッ

澪「ふぁ!!!いや!!まだ…」


律「アハハ、パンツぐちゃぐちゃだな。オシッコまだでてるぞ」

澪「ら、やめろ~」

律「ほら」

クチュ

澪「ふぁ///」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 03:42:21.72 ID:hpHI/WqVO

律「オシッコだしながら感じるのか?」

クチュ…クチュ

澪「ち、ひゃ//う…」


律「だったらだし終わったのにどんどん濡れてきてるのは何でなんだよ」


澪「り、ちゅ//やめ…て」


律「言えよ!!!何でこんなに濡れてんだよ!」

澪「…お…んぁ…もらし…したから//」


律「それだけじゃないだろ!ほら言えよ」


澪「…ふぁ//ひゃっ…きもち…りょくて…ふぁ//」


律「気持ちよかったらこんなに濡らすのかよ!
  好きじゃないやつに触られてもこんなに濡らすのかよ!」ウルウル



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 04:00:22.46 ID:hpHI/WqVO

澪「(律が泣いてる…)んはぁ//ち…がう…りつが…しゅき…だから//ふぁ」


律「嘘つけ!私の事はグス…嫌いなんだろ!!」

クチュ…クチャ…


澪「ふぁ//ほ…んとう…んぁ//…だ(律私は…)」


律「違う!澪は唯が…グスン…みお゛はヒッグゆいがずぎなんだぁ~グスン」


澪「ちが…う…んぁ//…りちゅが…すき…だひしゅき…」


律「グスン…ほんとうか?本当に好きか?一番か?」

クチュ…

澪「んぁ//ハァハァ…一番好きだ//」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 04:02:33.54 ID:hpHI/WqVO

律「グスン澪にヒドいこと…してるのにかヒッグ」


澪「…それでも一番好きだ…バカ律//」


律「うぇ~みお゛グスンわだじ…ヒッグごべんなさい」


澪「律ごめんな、不安な気持ちにさせて」


律「グスン…澪…私も好きだー」
ダキツキ


澪「うわぁ!」


ドボーーン………



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:19:33.37 ID:hpHI/WqVO

―――――
―――
数分後
~露天風呂~

律「いや~まさか風呂におちるとわな。けど澪も体洗えて良かった良かった」

澪「良かったわけないだろ!」ゴツン

律「アイタ!頭叩くなんてヒドいぞ」


澪「まったくお風呂の近くで飛びつくなんて、おかげで私も律もずぶ濡れじゃないか」


律「アハハ、ちゃんと受け止めちゃダメだぞ澪」

澪「りーつー」ゴゴゴゴ

律「アハハ…すいませんでした」土下座

澪「はぁ~」

チラッ
律「……怒ってる?」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:22:32.45 ID:hpHI/WqVO

澪「…怒って…ない」

律「お漏らしさせたことは?」

澪「…それはちょっと怒ってる」

律「ごめんよ、澪…けど私、唯と澪見てたら不安で」

澪「もういいよ…こっちこそ不安にさせて悪かったな」

律「いひひ~」

澪「こら笑うな!!//もう帰るぞ」
スタッタ


律「あ!待てよ~ゆっくり歩いてくれ~」

澪「どうした?さっきのでどこかケガしたか?」

律「違う違うちょっとトイレ行きたいんだよ」


澪「え?」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:29:11.43 ID:hpHI/WqVO

律「実は澪が起きた時私もトイレに行きたかったんだよ、
  だから今けっこうピンチなんだよね、アハハ」


澪「………」


律「いや~しかし澪のお漏らしシーンはいつみてもいいな~
  ん?どうした澪?」



澪「………ここでしろ」

律「え?」

澪「ここでおしっこしろ!!!」

律「な!?そんな恥ずかしいことできるかーー!!……は!?」


澪「お前恥ずかしいことって私にはさせただろ!!
  よく考えたら私がお漏らししちゃってるのって全部律が原因じゃないか!
  小さい頃もびっくり箱持ってきたり
  怖いビデオ持ってきたり
  昼間もさっきも……」フルフル



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:36:54.66 ID:hpHI/WqVO

律「き、気づいちゃったかな…アハハ、いや~澪の顔が可愛くってさ…」


澪「今日という今日は同じ目に合わせてやる」フルフル


律「み、澪ちゃ~ん目が怖いぞ~」タジタジ


澪「律が悪いんだからな!」
バッ

律「うわぁ!」
ドテッ

律「いっつー…み、澪危ないだ…ろ…」

澪「ハァハァ…ハァハァ」

律「澪?」

澪「律…ん//」

律「ん~//クチュ…ふぁ…ん//…」

澪「り…つ…ん//」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:41:38.64 ID:hpHI/WqVO

律「ぷはぁ…ハァハァ」

澪「…ハァハァ…律今お腹おしたらどうなる?」

律「うわーやめろー止めてくれ//」ジタバタ


澪「大丈夫だ、律が自分でお漏らしするまでやらないから」ニヤ


律「み、澪キャラ変わってるぞ//」ゾクゾク


澪「そういえば律は私の胸をバカ乳って言ってたな…」


律「違うんだ澪、あん時は…」


澪「じゃあ律の胸がどんなに立派なのか見てやるよ」
ヌガシヌガシ


律「バカ!何やって//見るなー」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:48:07.25 ID:hpHI/WqVO

澪「…へーこれが律の胸なんだ」

律「やめろー見るなー//」ジタバタ

澪「ちっちゃいな」ボソッ

律「うぅ…うるへー」グスン

澪「……ペロ」


律「うわぁ//何!!」

ピチャピチャ…ペロペロ

律「な、な…ふぁ//…なめる…な//」


澪「お前にバカ乳っていわれて傷ついたんだぞ」

ペロペロ…ピチャピチャ

律「うぁ//ん…あ//みおごめん…なはい//」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:55:41.25 ID:hpHI/WqVO

澪「律がいっぱいつねるから今もヒリヒリするんだからな」

律「みお…んぁ…ごめんなさ…い…きらいに…ふぁ//ならな…ひで…」ウルウル


ゾクゾク
澪「(律…いつもより可愛い//)どうしよかっかな~」

ペロペロ


律「んぁ//いや//きらわれたら…ふぁ//しんじゃう…」


澪「(何だ…何か楽しい//)じゃあ私の痛くなったとこ舐めてよ//」
ボイン


律「うん…はむ」

チュウチュウ



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 14:59:23.00 ID:hpHI/WqVO

澪「ぁ//はぁ…律赤ちゃんみたい…」

律「チュパ…チュウチュウ…あからん…みおのあかちゃん」

澪「いい子だね、律は」
ヨシヨシ

律「はぁう//チュウチュウ」


澪「ひゃっ//(やばいこのままじゃ私が先に…)はいお終い」

律「チュパ…うわ!もうお終い…」ウルウル

澪「そうだ、お終い。トイレ行ってきなよ」

律「え…いや…だって」モジモジ


澪「どうしたんだ?さっさと行ってこいよバカ律」ゾクゾク

律「…………やめないで」モジモジ

澪「何だよ!聞こえないぞ」

律「もっとしてよ澪…」



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:08:46.49 ID:hpHI/WqVO

澪「(可愛い//)何をしてほしいんだよ」

律「澪に触って…ほしい//」


澪「律さ~私に変態って言ってたけどオシッコ飲んだり、
  触ってほしいって言ったりお前の方がよっぽど変態だよな」

律「…う…私…」シュン


澪「(何だこの気持ち//)私に変態って言ったことちゃんと謝れよ
  じゃないと一生触らってやらないぞ」


律「!!ごめん澪!ごめんなさい…許して澪」ウルウル

澪「しょ、しょうがいな//今回だけだからな」
サワッ


律「はぁ//みお~//」



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:14:02.40 ID:hpHI/WqVO

澪「さっきのお返しだ」

クチュ

律「うわ//」

澪「(律のやつもうお漏らししちゃったのか?)」

律「んぁ…みお……気持ちいい//」


澪「(これって//)な、何だ律もうだしちゃったのか?」

クチュクチュ

律「え//…ちが…う////」


トローン
澪「じゃあこれはなんだ?」


律「だ、だすな//…これは…澪が変な事言うから気持ち良くなって//」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:22:53.24 ID:hpHI/WqVO

澪「(律も喜んでくれてたんだ)お前は怒られたら気持ち良くなるのか!
  だったらさっきも反省してなかったんだな」


律「してるよ!けど…//」


澪「律は口で言っても分からないみたいだな」グイッ

律「うわっ!これって鏡…まさか//」


澪「まさかだよ//自分がどうなってるか見せてやるよ」
グイッ

律「澪!!」

クパー

律「はぁ……//(私こんなに濡れてたのか//)」

クチュクチュ

律「んぁ//ふぁ…澪…はずかし…い」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:37:10.92 ID:hpHI/WqVO

澪「いっつも私を怖がらせたりするからいけないんだろ、反省しろ(普段明るい律がこんな顔//)」

クチュクチュ

律「ひゃっ//ん…澪…ぁ//私…そろそろ…」

澪「何だもうイクのか?だったら鏡に向かってお願いしろ(ダメだ律をもっとイジメたい…)」



律「はぁ//みお…いかせて//くれ…んぁ//」


澪「(うわぁどんどん溢れてきてる…)
  まだダメだ、私我慢できない子は嫌いだぞ」

律「ひぁ//いや//ん…………」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:46:09.39 ID:hpHI/WqVO

澪「(律唇噛みしめてる…もうすぐにでもイっちゃいそうなのに我慢してるんだ//)」


律「ふぁぁ//ん……//ひゃい//みお…みお…」


澪「(そろそろ限界かな…)ふふっもういいぞ…いっちゃえバカ律//」ボソッ


律「みお…んぁ//…わらひ//ふあぁぁぁん」
ビクビク

チョロ
プシューー

律「だ!オシッコ//はぁ//我慢できない」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:56:08.89 ID:hpHI/WqVO

澪「(人のしてる姿すごいんだな//えっとここ触ればいいのかな)」

コリッギュッ

律「バ、バカ//そこは…んぁ…触るな…んはぁ/またイっちゃふ//またひっひゃふ//」ビクビク
ブシャーー

澪「(いきよいよくでた!!)り、律?」

ギュッギュッ

律「ふぁ/とまらなひ…」ビクビク

ブシュッブシューー

律「…ふぁ…」ビクビク

澪「だ、大丈夫か律?目がおかしくなってるぞ!?」

律「ふぁい?」ビク


澪「(ずっとビクビクしてるぞ)しっかりしろ律、ごめん私よくわからなくて…痛いか?」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:01:58.69 ID:hpHI/WqVO

律「らひほうぶ…ひゃひゃ」ビクッ


澪「(こ、怖い…)しっかりしろ律!」

律「………くぅー」

澪「ね…た?」

律「くぅーくぅー」

澪「私このあとどうすればいいんだ…」

律「…みお…むにゃむにゃ」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:04:59.05 ID:hpHI/WqVO

―――――――
――
同時刻
~寝室前~

タッタタタタ
ガチャ

紬「ハァハァ…ハァハァ…」ヘナヘナ~
パタッ


紬「見ちゃった//
  (お風呂に何か落ちた音がしたから見に行ったら、あの2人があんな関係だったんて//
  幼なじみってあれが普通なのかしら…
  だったら唯ちゃんも和さんと//)」
  チラッ

唯「くーむにゃむにゃ」


紬「(今なら私も唯ちゃんと…
   何考えてるの!私と唯ちゃんはそんな関係じゃないんだから//)」

唯「すーすー」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:08:25.03 ID:hpHI/WqVO

紬「そうよ唯ちゃんのオムツを確認しなきゃいけないよね!唯ちゃん忘れてるかもしれないし」

唯「ん~~」

紬「あっ//
  (私何はしゃいでるの//あくまでもオムツの確認なんだから、
   いやらしい気持ちはない…断じてないわ)」ドキドキ

バサッ

唯「すーむにゃ」

紬「唯ちゃん//」

ツンツン

唯「んん…」

紬「(唯ちゃんほっぺ柔らかい//
   そ、そんな事よりオムツ確認しよ…
   もし履いてなかったら唯ちゃん苦手って言ってたし、履かせてあげなきゃ//)」

唯「すーすー」




236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:11:51.45 ID:hpHI/WqVO

紬「(じゃあちょっとだけ)ご、ごめんね唯ちゃん…」

ペラッ

紬「(………履いちゃってる)」

唯「すぴーんん…」


紬「(そうよね…良かったわちゃんと履いてて…本当に良かった)フフッ…」ズーーン
チラッ

唯「ん~」

ガバッ

紬「キャ//」

唯「ん~」ギューー

紬「ゆ、唯ちゃん//(顔が近い)」

唯「ん~」
ギューーー


紬「(唯ちゃんが近づいて…これって…
   不可抗力…これは不可抗力なの)
  唯ちゃん//(あと少しで…)」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:15:17.07 ID:hpHI/WqVO

唯「むにゃ…ムギちゃん」

紬「はい!!!!(起きt…寝言?…私の夢かな//)」

ピタッ
唯「ムギちゃん…イヤだ…むにゃ…イヤだよ」グス

紬「(ビクッ!)唯ちゃん…」

唯「ん……」

紬「(…私最低ね…唯ちゃんが寝てるのにキスしようなんて
   ごめんなさい唯ちゃん)」

スタッ

唯「むにゃむにゃ」


ポンポン
紬「(もう唯ちゃんにおトイレ見てもらうのはやめなきゃ
   このままだと私我慢できなくなって唯ちゃんを傷つけちゃう…)」

唯「すーすー」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:20:19.24 ID:hpHI/WqVO

―――――――
―――

こ……ここは?学校のトイレ?

紬「唯ちゃん!」

唯「あ!ムギちゃん…」

紬「どうしたの?」

唯「まだ怒ってる?」

紬「フフッ怒ってないわよ!ほら次は唯ちゃんの番よ」

唯「ふぇ何が?」

紬「何言ってるの唯ちゃん、ここはおトイレなんだからおしっこするんでしょ?」

唯「それもそっか」

紬「じゃあごゆっくり」
バタン

唯「良かった~ムギちゃん怒ってなくて」
ヌギヌギ
ストン



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:25:54.52 ID:hpHI/WqVO

唯「はぁ~ちゃっちゃとしちゃお……ん?待てよこの感じ……あ!危ない!!」


ガバッ
唯「………ハァハァ…やっぱり夢だ…そうだ今は合宿にきてるんだった!
  ふ~助かった…夢の中でオシッコしちゃうと現実でもしちゃうんだよな~
  あぁ漏れる漏れる!早くトイレ行かなきゃ」
  ダッタタタ

バタン

ヌギヌギ
チョロチョロ…プシャーー


唯「ふぁ~気持ちいい…
  良かった間に合って………あれ?何か体があたたかいよ………………う………n」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:33:57.98 ID:hpHI/WqVO

――――――――
――
合宿2日目早朝
~寝室~

σツンツン
紬「スー……ん?」

唯「ムギちゃんムギちゃん」
ユサユサ

紬「…ふぁ?唯ちゃん//」

唯「ごめんね起こしちゃって」シュン


紬「(そっか今は合宿に来てたんだ)どうかしたの?」

唯「…おねしょしちゃった」シュン

紬「え!?けどオムツは履いてたわよね?」

唯「あれ?私オムツしたって言ったけ?」


紬「ひぇ!!!(私唯ちゃんが寝てる間に確認したんだ//)い、言ってたわよ」

唯「そっか…してたんだけど全部脱いでた」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:39:00.79 ID:hpHI/WqVO

紬「全部ってズボンも…パンツも?」

唯「ごめんなさい…」シュン

紬「澪ちゃん達は?」

唯「自分のお布団で寝てるよ」

律澪「ぐぅーー」


紬「(昨日の今日じゃ当分起きないわよね//)
  …分かったわ、すぐに布団を片づけるから唯ちゃんはお風呂入ってきて」


唯「わ、私も手伝うよ」


紬「大丈夫だから唯ちゃんは早くお風呂行ってきて
  (昨日のせいで唯ちゃんの顔みれない…)」スッ

唯「(目を合わせてくれない…)…ごめんムギちゃん」

紬「いいのよ…ほら澪ちゃん達が起きる前に」

唯「…うん」
ガチャ



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 16:52:36.04 ID:hpHI/WqVO

紬「ふ~
  (素っ気ない感じになっちゃったかな…けどどうしても意識しちゃう//
   とりあえず布団片付けなきゃ)」

バサッ

紬「(お漏らし後ってわかるのね…ここにしちゃったんだ//…ちょっとだけなら)」

スッ


紬「(うぅ…ダメよ//昨日唯ちゃんの嫌がることはしないって決めたじゃない…
   普通の友達の用に接しなきゃ)」


紬「はぁ…嫌になる…
  (私いつからこんな変な子になったのかしら)」


チラッ
唯「ムギちゃん…そうだよね…ごめんねムギちゃん…」



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:00:23.18 ID:hpHI/WqVO

―――――――
――
数分後
~寝室~
紬「ふ~これで終わりっと」

唯「ムギちゃん…ありがとう、ごめんね」

紬「いいのよ、いつも助けてもらってるし…
  気にしないで」

唯「うん…」

紬「(言わなきゃ…)唯ちゃんちょっとお話があるから来てもらっていい?」

唯「…うん」

ガチャ

バタン


律「………ん…ふぁ~むにゃ…あれ?ここは…」
キョロキョロ



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:06:05.92 ID:hpHI/WqVO

律「寝室?何で私ここに…う~ん確か昨日…は…
  澪がでてってたから追いかけて…風呂行って……あ//そうだった//
  澪は?」
  キョロキョロ

澪「すーすー」

律「おい澪!起きろって」
ユサユサ

澪「んぅ~何だ?もう朝か…ふぁ~」

律「おい昨日あの後どうなったんだ//?」

澪「ん…昨日?……昨日……あわあわ…私律と…//」


律「と、とりあえず恥ずかしがってないで答えろ」

澪「あの後…律が寝ちゃったからここまで運んできたんだ…
  大変だったんだぞ!ふ、服とか着せなきゃいけなかったし…」


律「き、着せてくれたのか//ありがとう…」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:10:18.66 ID:hpHI/WqVO

澪「いいよ…別に//」

シーーーン

澪「……//ゆ、唯達はどこだ?」

律「私も分かんないんだ、もう起きたんじゃねーの」

澪「そっか…なら私達も起きるか…」

律「み、澪…」

澪「何だ?」

律「私達ってさ…つき合ってるのか//?」

澪「ひぇ!?あ…えっと…//」


律「私は…昨日も言ったけど澪が好きなんだよ//澪はどうだ?」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:14:20.17 ID:hpHI/WqVO

澪「私も……ゴニョゴニョ…」

律「き、聞こえないぞ」

澪「私も律が好きだ//」

律「本当か?」

澪「本当//」

律「本当に本当か?」

澪「あんまり何度も言わせるな、恥ずかしいんだから//」


律「すまん//」
チラッ

澪「……//」
チラッ

チュッ



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:20:41.20 ID:hpHI/WqVO

―――――――
――
同時刻
~リビング~

唯「ムギちゃんどうしたの?」

紬「うん…あのね私のトイレの事なんだけど」

唯「うん」

紬「もう、唯ちゃんに迷惑かけなくてすむの」
唯「ふぇ!?どういう事?」


紬「どうやら治ったみたいなの。
  さっきも1人でおトイレ行ってきたのよ
  (これでいいのよね)」


唯「そ、そうなの!?けど何で急に治ったの?」

紬「え!?……それはね……
  昨日唯ちゃんとお外でしたから…ど、度胸がついたみたいで」アセアセ

唯「本当?何か焦ってない?」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:25:25.06 ID:hpHI/WqVO

紬「焦ってないわよ。だからこれからは1人でするから、今までありがとう唯ちゃん」ニコッ


唯「そっか…うん分かったよムギちゃん…」

紬「(これが一番よね…
   今は辛いけどまた唯ちゃんと普通のお友達みたいにお話しできるはず…)」


唯「(ムギちゃん…本当に治ったのかな…
   もしかしたら私に見られるの嫌になっちゃっのかな)」

唯紬「…………」

澪律「おはよー」

紬「あ!2人ともおはよ//
  (こちらも顔をまともに見れない)」

律「早いな2人共」

紬「えぇ…目が覚めちゃって」

律「唯も普段は寝坊助なのにこういう時は早起きなんだな」

唯「……」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:30:09.26 ID:hpHI/WqVO

律「ん?おーいどうした唯ーー」

唯「あ?りっちゃんおはよ」

律「どうした?何か元気ないぞ」

澪「体調悪いのか?昨日も日射病になったんだし、ムリするなよ」

唯「うん!大丈夫だよ~お腹すいちゃって」

律「何だそりゃ。よし唯にはりっちゃん特製の朝食を食わせてやろう」

唯「おぅ!りっちゃん頼んます~」

律「よし付いて来い唯」

唯「了解しました、りっちゃん隊員」

ガヤガヤ

澪「あいつら朝から元気だな…」

紬「……(唯ちゃん)」

澪「唯と何かあったのか?」



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:34:11.44 ID:hpHI/WqVO

紬「え?そんな事ないわよ」ニコ

澪「(ムギ?)」

紬「私達も行きましょ澪ちゃん」

澪「あぁ…(今の笑顔気になるな…それにさっきの唯の顔…)」

――――――
――
3日後、合宿最終日
~スタジオ~

ジャシャジャーン♪

律「うへぇ~疲れた~」

澪「こら律!怠けるな」

律「だってこの3日間ほとんど遊ばず練習してるんだぞ」


澪「私達は軽音部なんだから当然だ、それに練習するためにここに来たんだぞ」


律「せっかく合宿の最終日なのに~遊びたい~」



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:40:59.97 ID:hpHI/WqVO

澪「1日目散々遊んだろ?」

律「え~なぁ唯も遊びたいだろ?」

唯「ふぇ?うん…そうだね」

律「あれ?どうした唯?」

唯「な、何でもないよ!
  私も遊びたいでありますりっちゃん隊員」

律「だよな~!なぁ~澪~」

澪「はぁ~しょうがないな」

律「よっしゃーー」


紬「あの~ごめんなさい、私はちょっと休んでていい?」

澪「どうしたムギ?」

律「何か顔赤くないか?」


紬「ちょっと夏バテみたいで…ごめんなさい。」


澪「いやこっちこそ無理に練習付き合わせて悪かったな、1人で動けるか」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:44:02.06 ID:hpHI/WqVO

紬「大丈夫…ごめんねみんな。みんなは遊びに行ってかまわないから」ニコ

ガチャ…バタン

澪「ムギ大丈夫かな?」

律「そういえばムギのやつ朝ご飯もあんまり食べてなかったな…」


澪「…唯は何か知らないか?」

唯「し、知らないよ!私ムギちゃんが心配だからお家に残るね」


律「私達もムギに悪いし私達も家にいるか」

澪「(唯のやつ本当に知らないいのかな…)」

律「なぁ澪?」

澪「ん?そうだな、じゃあ律は引き続き練習な」

律「ひぇーーーー」



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:00:19.32 ID:hpHI/WqVO

―――――――
―――
数分後
~別荘裏庭~

紬「ん…(痛い!)」
チョロ


紬「(ダメ、ちょっとしかでない…溜まってる感じはあるのに…
   ビーチでして以来トイレじゃほとんどできないから
   外でならって思ってやってみたのに…何ででないの…

   それに体も熱っぽいし
   これじゃあみんなの迷惑になっちゃう

   やっぱり唯ちゃんに……

   ううん、唯ちゃんに頼らないって決めたんだから…)」

ガチャ

紬「(はぁ~頭が少しクラクラする…ちょっとベッドで横になろ)」

唯「ムギちゃん!」

紬「ゆ、唯ちゃん!どうしたの?
  (もしかして今の見られてた…)」

唯「何でお外にでてたの?」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:07:12.98 ID:hpHI/WqVO

紬「ちょっと気分転換にね…(良かった見られてなかった)

ごめんなさい、私ベッドで休んでるね」


唯「待ってよムギちゃん!おトイレちゃんと行けてるの?」


紬「(ギクッ!)いけてるわよ、治ったって話たでしょ?」

唯「本当に治ったの?何か辛そうだよ…」

紬「ただの夏バテだから心配しないで(気持ち悪くなってきちゃった…)」クラクラ


唯「…本当?わたし……の………」

紬「(あれ?唯ちゃんの声が…)」クラクラ

バタッ!

唯「ムギちゃん!ムギちゃんしっかりして!ムギちゃん!」



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:11:11.26 ID:hpHI/WqVO

―――――――――
―――
数時間後
~病院~

紬「………………ん?ここは…」

「気がつきましたか?」

紬「え?斎藤…何であなたが?それに私…」

斎藤「お嬢様が別荘で倒れられたので、
   軽音部の皆様が救急車を呼び私にも連絡していただいたのです」

紬「そうなの…(私唯ちゃんの話を聞いてるときに…)」

斎藤「お疲れのところ申し訳ありませんが、少しお話ししてもよろしいですか?」

紬「えぇ」


斎藤「失礼します。
   病状は軽度の腎炎だそうです、そのために熱がでて倒れたとの事でした
   他には吐き気や排尿時の痛みなどがありますがお心当たりはありますか?」


紬「…ええ、あるわ」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:16:08.53 ID:hpHI/WqVO

斎藤「医者の話では7~10日間の入院は必要とのことです。
   手術はありませんが、抗生物質などで経過をみたいとの事です
   後…お嬢様がよろしければカウンセリングをしてみないかとの事です」


紬「(カウンセリング…)先生に話してくれたのね、ありがとう…お願いするわ」

斎藤「紬お嬢様申し訳ありませんでした」

紬「なぜ斎藤が謝るの?」

斎藤「私がお嬢様の病気をもっと早めに対象していればこんな事にはなりませんでした

   琴吹家の執事として本当に恥ずかしく…」

紬「やめて斎藤…私があなたに口止めしてたんじゃない
  ごめんなさい心配かけてしまって
  お父様達には?」


斎藤「…旦那様には連絡し、先ほど飛行機で日本に向かったと連絡がありました
   このぶんだと明日の早朝には着かれるかと、
   旦那様も奥様も大変心配してらっしゃいました」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:22:34.79 ID:hpHI/WqVO

紬「大事になっちゃったわね…軽音部のみんなは?」


斎藤「先ほどまでいらっしゃったのですが夜も遅くなってしまったので
   車でお帰りいただきました」

紬「みんなにも迷惑かけちゃった…せっかくの合宿だったのに」

斎藤「…では私も一度屋敷に帰らせていただきます。また明日朝伺います」

紬「ありがとう…私も寝るわ」


斎藤「紬お嬢様…」

紬「何?」


斎藤「これは余計な事かもしれませんが、
   軽音部の方で1人紬お嬢様を大変心配している方がいらっしゃいました…」

紬「え?」



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:26:43.09 ID:hpHI/WqVO

斎藤「私がここに着いた時、お嬢様は治療中だったのですが
   その方は他のお二人に治療の邪魔になるからと止められながら、
   それでもお嬢様の方に行こうとしていらっしゃいました」


紬「……」


斎藤「その時その方と目が合ったのですが、
   どうやら私を紬お嬢様の父親と勘違いしたのか次は私に向けて
   泣きながら謝ってこられまして

   私のせいでこんな事になってごめんなさいと…
   治療が終わる間ずっと謝っておられました

   治療が終わって病室に来たときも
   彼女は病室には入らずずっと部屋の前で泣きながら謝罪しておられまして、
   他のお二人も部屋に入るよう言ってるのですが今は会えないと…」


紬「…な…何で…(唯ちゃん…)」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:32:03.81 ID:hpHI/WqVO

斎藤「私はあれほど人の為に涙を流せる方を今まで見たことありませんでした…
   どんな事情があったか分かりませんがいいお友達ですね…
   他のお二人も大変お嬢様を心配しておいででしたよ

   …話が長くなって申し訳ありませんでした
   それでは失礼します」

ガチャ…バタン


紬「何で……唯ちゃん…何で…(何であなたが謝るの…)」

――――――
――
2日後
~病室~

コンコン

紬「はい」

ピョコン
律「私だよん」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:37:00.10 ID:hpHI/WqVO

紬「りっちゃん!!」

澪「こら律、病院なんだから静かにしろ」

紬「澪ちゃんも来てくれたのね、ありがとう。…合宿中止になってごめんなさい」


澪「何言ってんだよ、謝らなきゃいけないのはこっちだ
  ムギが苦しんでるのに気づかなくてごめんな」


律「ごめんなムギ、辛いのに遊ぼうとか言って…部長として失格だよ」


紬「謝らないで私がいけないんだから…」

澪「今は体調は大丈夫か?苦しいとこないか?」


紬「ええ、今は経過待ちだから
  あと1週間くらいで退院できるってお医者様は言っていたわ」


律「1週間か~始業式はギリギリだな…」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:41:06.49 ID:hpHI/WqVO

紬「ごめんなさい文化祭前に練習しないといけないのに」


律「いいっていいって!私も夏休みの宿題で練習どころじゃないし」


澪「律は毎年私に泣きつくよな…」

律「バラすな!!」

キャッキャ


紬「(2人は仲良くていいな…)…あの~今日唯ちゃんは?」

律「あ!唯…はなぁ~ちょっと…野暮用でな…
  来たいって言ってたんだよ!しかし野暮用がなあってだな」アセアセ


澪「り、律…もう少し上手く」ボソッ


紬「…もういいのよ、ありがとうりっちゃん」ニコッ

律「あ…いや…本当になあいつは野暮用で…」

澪「ムギ、唯と何があったんだ?」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:49:52.48 ID:hpHI/WqVO

律「おい澪!それは聞かないって…」


澪「分かってるけど…

  病院での唯は異常なくらい泣いてムギに謝ってたぞ
  昨日唯とお見舞いの話をするために会ったんだけどその時も私は行けないって…
  けどムギがどうだったか後で教えてくれって言ってたんだ
  なぁ?何で唯はムギにあんなになるまで謝ってるんだ?」


紬「…ごめんなさい」

澪「それは答えられないって事か?それともムギにも分からないのか?」

紬「両方かな…ごめんね」


澪「そっか…無理に聞いて悪かったな
  ムギが答えたくないならそれでいい、
  ただ私にできることがあるなら何かあったら言ってくれよな」


律「そうだな、私達友達だろ。なんでも言えよ」

紬「ありがとう2人共」ニコッ



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:00:23.71 ID:hpHI/WqVO

律「よしじゃあさっそく…2人共宿題教えて下さい」土下座

澪「こら律ーー!」

紬「ぷっフフ」ニコニコ

澪「ムギ…ふふ」

律「えへへ、じゃあ…」

澪「宿題は自分でしろよ」

律「えぇーー頼むよ2人共ーー」

―――――――
――
始業式当日
~病院~

斎藤「紬お嬢様準備できましたか?」

紬「ええ、結局始業式には間に合いそうにないわね」

斎藤「学校に一度寄りますか?」

紬「今日は午前で終わりだからそのまま帰るわ
  (あの後もりっちゃんと澪ちゃんは来てくれたけど唯ちゃんは…
  やっぱり会いづらいな…)」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:06:00.40 ID:hpHI/WqVO

――――――
――
数分後
~病院正面入口~

紬「お世話になりました」ペコ

斎藤「お嬢様…私は車をまわしt…」

紬「どうしたの?」チラッ

唯「!!」ガサガサ

紬「ゆ、唯ちゃん!!何でここに!?」

唯「にゃーにゃー」

紬「(さすがに無理があるわよ…)でてきて唯ちゃん!」

ガサガサ
唯「…えへへ…来ちゃった」

紬「今日始業式よね…学校は?」

唯「へへ~サボっちゃいました…
  今日ムギちゃんが退院するって
  ムギちゃんのお父さんから聞いたから、どうしてもお話ししたくて」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:10:24.38 ID:hpHI/WqVO

紬「お父さん…(斎藤!!)」キッ


斎藤「私は車をとってまいります、
   平沢様もご一緒にご自宅までお送りいたしましょうか?」


唯「どうもどうも……」ヘコヘコ

紬「(斎藤のあの顔知ってたのね!)」

唯紬「…………………」


紬「(どうしよう//久しぶりに唯ちゃんに会えて嬉しいんだけど…何を話せば//)」

唯「病気はどう?まだ痛い?」

紬「あ…うん、大丈夫。もう平気よ」

唯「そっか!お、お見舞い来れなくてごめんね」

紬「い、いいのよ」

唯紬「………………」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:15:50.22 ID:hpHI/WqVO

唯紬「………………」

紬「(会話が続かない…どうしよう…もっとお話ししたいのに)」

キーッ
斎藤「お嬢様、平沢様どうぞお乗りください」
紬「(ナイス斎藤!)唯ちゃん乗って」

唯「うん!おっきい車だね」

ブーーン

――――――
――
数分後
~車中~

紬「(車に乗ってから一言も話してない…)」

唯「………」

紬「唯ちゃん…」

唯「何!!!!!!!」

紬「え!?あ…話したい事って何かな?」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:20:14.78 ID:hpHI/WqVO

唯「えっ!ここじゃ…ちょっと…」チラッ

紬「(斎藤を気にしてる…)」

唯「2人っきりでお話しできない…かな?嫌かな?」フルフル

紬「い、イヤじゃないよ!私も唯ちゃんとお話ししたい」


唯「はぅ…良かった…よがっだ…グスン」

紬「え?唯ちゃん何で泣くの!?私なんかヒドいこと言っちゃった!?」

唯「ぢがうの…グス…うれしぐで~グスン…断られるとおもったから~グス」

紬「(うれしいの//)…その…えっと//」オロオロ

キキーー
斎藤「紬お嬢様、平沢様のお宅につきました」
紬「ええありがとう」チラッ

唯「ヒッグ…エッグ…グスン」

紬「(唯ちゃん)……斎藤、私も一緒に降りるから荷物お願いね」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:25:25.84 ID:hpHI/WqVO

斎藤「しかし旦那様か…」

紬「お願い!!」

斎藤「…分かりました、旦那様には私から話しておきます」

紬「ありがとう」ニコ

――――――
――
数分後
~平沢家リビング~


紬「どうぞ」コトッ

唯「ありがとう…ズッズー」


紬「おいしい?ごめんなさい、唯ちゃんのお家なのに勝手にキッチンお借りして」


唯「おいしい…こちらこそムギちゃんお客様なのにごめんねズッズー」

唯紬「……………」


紬「(また沈黙…けど唯ちゃんのお家久しぶりだな~唯ちゃんの匂いがする//)」キョロキョロ



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:31:19.06 ID:hpHI/WqVO

唯「…ムギちゃん?」

紬「な、何?」

唯「あのねこれ見てほしいんだ…」スッ


紬「これって…8月のカレンダー?
  (20~31日の間に○や×がついてる…
   ん?平沢憂って下にサインしてあるけど…)これは何?」


唯「…○がねおもらししなかった日で、×がおもらししちゃった日だよ
それでね憂が証人だからサインしてもらったんだ」


紬「(×は20、21、25日…)」


唯「私ね、頑張っておもらししないようにしたんだよ!
  早起きしたり、アイス我慢したり
  今日の朝もしなかったから1週間連続でしてないんだよ!だからね…だから…グスン」

紬「ゆ、唯ちゃん(どうしよう…話が全然分からない)」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:40:40.02 ID:hpHI/WqVO

唯「だからね…私の事嫌いに…ならないで…グスン」


紬「え?何言ってるの?私が唯ちゃんを嫌いになるわけないでしょ!!」


唯「だって…ムギちゃんの病気おしっこしなかったからなったんでしょ?グスン」

紬「それは…そうだけど…」


唯「やっぱり…グスン
  私がおねしょしてるから気持ち悪くて嫌いになったんでしょ?

  だからムギちゃんは私にオシッコ見られたくなくて治ったって嘘言ったんだ…
  そのせいで我慢して病気になって
  うぅ……グス」


紬「違う!私は唯ちゃんの事が嫌いになったから嘘ついたわけじゃないの…」

唯「じゃあ…何で嘘ついたの?…グス」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:45:07.43 ID:hpHI/WqVO

紬「それは…(本当の理由は恥ずかしくて言えない//)」


唯「やっぱり…私が…」ウルウル


紬「だから違うの…その…
  (唯ちゃんは悪くないのに私のせいで泣かせてしまっている…)」


唯「ごめんね…グス…ごめんね」


紬「(病院でもこうやってずっと謝ってたのね…
   恥ずかしけど…唯ちゃんには泣いててほしくない)
  唯ちゃん私ね…」


唯「ふぇ?グス」


紬「私……唯ちゃんに見られると気持ちよくなっちゃうの//」


唯「グス…オシッコしてるから気持ち良くなるのは普通じゃない?」


紬「そういうのじゃなくて…(恥ずかしい//)
  唯ちゃんに見られてると…エッチな気持ちに…なっちゃうの//」



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 19:50:31.97 ID:hpHI/WqVO

唯「ふぇ!?エッチ//」


紬「ごめんなさい、気持ち悪い事言って…
  けど自分ではどうしようもなかったの、
  だから唯ちゃんに見てもらうの辞めようって」


唯「何で止めなきゃいけなかったの!?ムギちゃんオシッコでなかったんでしょ?」


紬「そんなのダメに決まってるでしょ…

  私唯ちゃんに見られていやらしい気持ちになってたのよ
  その後、唯ちゃんが澪ちゃんとお風呂場でした事を見たときもすごい嫉妬した…
  友達にこんな気持ちになるの変よ

  だから私は普通の友達として唯ちゃんに接しようって決めたの」


唯「ムギちゃん…」



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:00:22.71 ID:hpHI/WqVO

紬「ごめんなさいこんな話されても困るよね…

  けど大丈夫、私前みたいに唯ちゃんと接するよう頑張るから

  おトイレもカウンセリング受ければ1人でできるようになるの
  だから唯ちゃんが自分を責める事なんてないのよ
  (これで唯に嫌われちゃったかな…けど唯ちゃんが泣いてるよりは全然いい事よ…)」ニコッ


唯「ヤだ!!」
ダキツキ

紬「唯ちゃん//」

唯「私そんなのイヤだ!ムギちゃんのオシッコ見れないなんてイヤだ」
ギューー

紬「な、何言ってるの?そんなのダメよ、友達のおトイレを見るのはおかしい事なのよ」


唯「ムギちゃんの可愛い姿見れなくなるならおかしいままでいい!!」
ギューー



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:07:32.38 ID:hpHI/WqVO

紬「か、可愛いって//」


唯「私ね、最初はムギちゃんが苦しんでるから助けようと思って見てたんだよ…

  けどねいつからかムギちゃんのオシッコしてる時の顔が可愛くて楽しみになってたんだ。
  ムギちゃんがしてるの見てると私すごいドキドキしてくるんだよ

  それでね、ムギちゃんに触りたくなるの…」


紬「唯ちゃん本当にそんな事…」


唯「私バカだからこの気持ちがよく分からなかったけど
  ムギちゃんが倒れて分かったんだよ
  私ムギちゃんが好きなの!だからね……ムギちゃん?」


紬「…うぅ…グス」


唯「うぁ!ごめん…そんなにイヤだった?それともどこか痛む?」アセアセ



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:12:00.18 ID:hpHI/WqVO

紬「グス…違うの唯ちゃん…私も唯ちゃんが好き…大好きなの…だから嬉しくって」

唯「ホント!?」

紬「本当よ、ずっと唯ちゃんが好きだったの…」


唯「ムギちゃん!」
ギューー

紬「唯ちゃん」
ギュッ

唯「嬉しいよ、ムギちゃん!
  私達両想いなんだよね!ってことは恋人同士になれるの!?」


紬「そ、そうね!!(唯ちゃんと恋人同士//)」


唯「やったーー!じゃあオシッコもまた見せてくれる?」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:16:42.64 ID:hpHI/WqVO

紬「えっ//(それは…どうなのかしら…けど私も唯ちゃんに見てもらいたいし//)
  ………うん、いいよ//」


唯「また見ていいんだ~//
  …ねぇ今はオシッコしたくない?でない?」


紬「(唯ちゃん、そんなに見たいのかな//)
   多分ちょっとなら…//」


唯「見たい!見せてムギちゃん!!私ムギちゃんの可愛いところもっとみたいよ」キラキラ


紬「どんとこいです//」




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「おねしょ!」#中編
[ 2011/08/24 20:44 ] 微エロ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6