SS保存場所(けいおん!) TOP  >  微エロ >  唯「おねしょ!」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「おねしょ!」#後編 【微エロ】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259147658/

唯「おねしょ!」#前編
唯「おねしょ!」#中編
唯「おねしょ!」#後編


管理人:エロも含まれています。閲覧にご注意下さい。




308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:24:44.11 ID:hpHI/WqVO

――――――――
――
数分後
~平沢家、唯の部屋~


紬「……あの~唯ちゃんその手に持ってるのは何?」


唯「え?洗面器だよ♪」ルンルン


紬「私がおかしいのかもしれないんだけど、
  唯ちゃんが私のおトイレ見たいって言って
  洗面器持ってるて事はまさかとは思うんだけど…それにするの?」


唯「そうだよ♪
  あ!?もしかしてあふれちゃうかな?」


紬「(そういう意味じゃなくて//)な、何で普通におトイレじゃないの?」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:28:17.31 ID:hpHI/WqVO

唯「ウチのトイレ狭いからムギちゃん不安になっちゃうかなって!
  ここなら広いしよく見えるもん
  …あれ?イヤかなムギちゃん…ムギちゃんがイヤならトイレでもいいよ…」シュン


紬「(へこんでる唯ちゃん可愛い//そうよね、恋人//のお願いなんだから)
  わ、私も広いところでしたかったからいいよ//」


唯「わーいじゃあさっそく脱がすね」

紬「え!?それは自分で…」


唯「私がやるよ~ムギちゃんは病人さんだし、それに私達…こ、恋人なんだから//」

紬「お願いします//」

唯「良かった、じゃあスカートから…あ!このパンツ可愛い」
ヌガシヌガシ

紬「あ、ありがとう//(恥ずかしいけど…何だろうこの気持ち//)」



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:36:32.31 ID:hpHI/WqVO

唯「脱がしちゃうのもったいな~けどパンツのままじゃおしっこできないもんね」
ヌガシヌガシ

紬「(私唯ちゃんの目の前で//恥ずかしいけど…)」


唯「おぉ~」

紬「ど、どうかしたの?変!?(唯ちゃんの吐息が//)」

唯「ううんパンツは可愛いかったけど、ムギちゃんのここは綺麗だなって」


紬「ぁ…あ…あ…(どうしよう//頭がおかしくなっちゃう//)」


唯「じゃあ冷えちゃうしさっそく座ってムギちゃん」

紬「あ…うん…」
ストン

唯「私正面に座るね?」


紬「だ、ダメ!!それはダメ!!(真っ正面から見られたら中まで全部//)」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:45:28.52 ID:hpHI/WqVO

唯「えっ!そっか……分かったよムギちゃん!」
ヌギヌギ

紬「ゆ、唯ちゃん何でスカートを//(唯ちゃんのあそこ//あそこ//)」

唯「うぅ//えい!」
ストン

紬「!!!!
ゆ、ゆ、ゆ、ゆい、い…(唯ちゃんのが……まる…丸見え///)」


唯「やっぱり恥ずかしいね//
  よく考えたらいつもムギちゃんばっかり見られてたもんね!
  私も見せたら恥ずかしくないでしょ?」


紬「(唯ちゃん私の事を考えて…//)ありがとう…唯ちゃん//私も…」
スッ


唯「うわぁ~こうなってるんだ//」

紬「ダメよあんまり見ちゃ!!恥ずかしい//」

唯「えへへごめん、けど何かいけない事してるみたいだね//」



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:47:34.31 ID:hpHI/WqVO

紬「そうね//
  (いけないことを越えている気が…)」


唯「ムギちゃんこの体勢でできるかな?足痛くない?」


紬「大丈夫…
  (何でこんなに恥ずかしいのに安心できるんだろ…
  病院でもお薬飲まないとできなかったのに、もう…)
  ん…ぁ…唯ちゃん…あたし」フルフル


唯「ふぇ?もうでちゃいそう?」

紬「うん…ごめんなさい…」フルフル


唯「ううん嬉しいよムギちゃん!!えへへやっぱり可愛い………大好き」

スッ
チュ

紬「んーー///(キキキ、キス!!!)」
チョロチョロ
シャパーーー



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:50:38.36 ID:hpHI/WqVO

唯「…ん//…」

紬「ん………//(洗面器だからいつもより音が大きい//)」

ジョーーー

唯「ん……(ムギちゃん…ムギちゃん//)」

紬「んぅ…(もっと唯ちゃんと…)…チュ…レロ…んちゅ//」

唯「ふぁ//…チュ…はむ……ん…」


紬「クチュ//…んぁ……
  (おしっこ止まらない…体のお水なくなっちゃう)」

ジョーーーー

唯「ん……チュ/ハァ…ムギちゃん…」
ギュッ

紬「ハァ…唯ちゃん//…ぁ…抱きついちゃ…ダメ…んぁ//ついちゃうから(死んじゃう…)」

唯「いい…こうしてたいんだ~ムギちゃんあったかい」
ギューー



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:54:27.70 ID:hpHI/WqVO

紬「ひぁ//ゆいちゃん…好き」


唯「うん!うん!私も好きだよムギちゃん」
ギューー


紬「んぁ//はぁ……はぁ(唯ちゃんに抱きしめられたびにでちゃう//)」


チョロ……ポチャ……ポチャ……


唯「全部でた?」


紬「はぁ…うん…はぁ…ごめんなさい、お洋服汚してしまって…はぁ」


唯「いいよ~全然
……それよりチュウしちゃった事怒ってない?」


紬「ううん…私も唯ちゃんとしたかったから//」



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 20:57:51.57 ID:hpHI/WqVO

唯「えへへやった//

  …ムギちゃん私ね分かったんだ。

  合宿のお風呂で澪ちゃんにこういうことは好きな人にしかしちゃダメだって、
  澪ちゃんへの好きとは違う好きだって言われたんだ…

  聞いた時は分からなかったけど、今は分かるんよ

  ムギちゃんにはみんなと違う好きなの
  えっとね…うんと…上手く言えないんだけど…う~~ん」

チュッ

唯「ん……………//ぷはぁ…ムギちゃん?//」


紬「いいの…私も同じだから//」

チュッ

唯「ふぁ~//ムギちゃん」

紬「チュパ……ん…チュ」

唯「ムギちゃん//首……くすぐったい//」



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:04:28.58 ID:hpHI/WqVO

紬「チュー…ぁ…レロ」
モミ

唯「ふぁ//おむねも//」


紬「(柔らかい//私もっともっと唯ちゃんと…)…唯ちゃん…嫌じゃなければ…ベッド行かない?//」


唯「はぁ//ムギちゃん…私ベッド行きたい…足にね…はぁ…力入らないの//」ウルウル

ボフッ


唯「ふぁ…ムギちゃん実はね…」

紬「何?」

唯「嫌いにならないでね…また…おもらししちゃったかも」



327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:09:32.14 ID:hpHI/WqVO

紬「(それって…//)ちょっと触わるわね?」

唯「えっ!汚いよ…」

ヌチャ

唯「ひゃっ//ぁ…どう…やっぱりおもらし…してる//?」


紬「(唯ちゃんこんなに//)これはね、お漏らしじゃないのよ
  体がね気持ちよくなるとでるの//」

ヌチャ

唯「ふぁん//や//おもらし…じゃ…なひの?//けど…けどね…たくさん//」モジモジ


紬「大丈夫よ…唯ちゃん私のも触ってみて//」
唯「ふぇ?…うん」

クチャ

紬「ん//」ビクッ

唯「ムギちゃんも一緒だ!!!」



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:14:49.77 ID:hpHI/WqVO

紬「そうなの//んぁ…気持ちよくなると女の子はみんなでるのよ//だから大丈夫…」

唯「知らなかった…(私の気持ちよかった事をすればムギちゃんも気持ちよくなるのかな?)」

モミモミ
クチャ

紬「ふぁぁぁ//」ビクッ

唯「い、痛い!?」


紬「ち、違うわ…いきなりだったから//気持ちよくて」


唯「(やっぱり気持ちいいんだ//それにオシッコしてる時のムギちゃんの顔だ//)
  もう一回するね」

紬「ぁ//ゆ…いんぁ//ちゃん…や……」

唯「(可愛い//えっと…後はキスかな)んちゅ」

紬「んー//」



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:22:02.86 ID:hpHI/WqVO

唯「(ムギちゃんのお口美味しい//お胸もフカフカしてる//)ペロ…チュパ」

紬「んふぁ//」


唯「(そうだ!)ぷはぁ!ムギちゃんちょっと服脱がすね」
ヌガシヌガシ


紬「ふぇ?(裸にされてる//)」トローン


唯「(やっぱりそうだ!雪○だいふくが2つもある!!)いただきます」


紬「いただ…?ふぁん//ふぇ?ん…あ…」


唯「(暖かい雪○だいふく//甘い)
  レロッペロペロ…カプ(おっと下も触らなきゃ気持ちよくないんだ!)」


紬「ぁん//(唯ちゃん同時は…ダメ//)…ん…ふぁぁぁ//」
ビクッビクッ



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:28:01.68 ID:hpHI/WqVO

唯「(あったかアイス…あったかアイス…)ペロ…チュパチュパ…レロ」


紬「ふぁ!?え!?ゆ…いんぁ//(唯ちゃん辞めて!!イったばっかりなの//)」


唯「(…あったかアイス…あったかアイス)かぷかぷ…はむはむ」


紬「ダぁ//や//んぁ…食べちゃ…ふぁぁ//め//んぁぁぁぁ//」ビクッビクッ


唯「レロ…(あ!もう一個あるんだ!)ぷはぁッ!次はこっちをいただき……あれ?ムギちゃん?」


紬「め…って…」ビクッビクッ



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:35:18.92 ID:hpHI/WqVO

唯「あわあわ、ムギちゃんごめん今度は均等に食べるからしっかりして(合宿の時みたいになっちゃった!!)
  ん?
  (ムギちゃんのおまたに入れてた手がおばあちゃんみたいにシワシワだ…)
  ペロッ……
  (こっちは不思議な味だ!!美味しい!!)」

スッ
クチャ

唯「ひゃいん//」

紬「はぁ…ダメって言ってたのに…」

クチャクチャ

唯「ひゃい//むぎゅん……ちゃん//」


紬「私も唯ちゃんに気持ちよくなって欲しかったんだから、それなのに唯ちゃんばっかり//」


唯「ふぁぁ//ダメだよ~//(頭がボーっとする)」



339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:44:19.84 ID:hpHI/WqVO

紬「(私唯ちゃんの触ってるんだ//唯ちゃん…いい匂い//)唯ちゃんのも脱がすわね」

唯「ん…ぁ…」

ヌガシヌガシ
紬「唯ちゃんのお胸…」
モミモミ


唯「ひゃあ//ムギちゃん//
  (こんなにおっぱい気持ちいいんだ…私もムギちゃんの事たくさん気持ちよくさせたい)」

クチャ

紬「ふぁ//ゆ、唯ちゃん//私はいいから唯ちゃんが」


唯「ふぁや…だ//わらし…もムギちゃんを気持ちよく…するんだ」

紬「はぁ//ダメ//唯ちゃんひゃ//私」

唯「んぁ//ムギちゃん…おちっこ//でちゃう」
紬「唯ちゃん…ひゃあ//…好き//」
唯「私も//むぎゅ…ちゃん…ふぁ//大好き」

紬唯「ひゃぁぁぁぁん//」ビクビク
プシューーー



341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:47:16.43 ID:hpHI/WqVO

―――――――――
――
30分後
~唯の部屋ベッド~

唯「ふぇ?合宿初日の夢?」

紬「うん…どんな夢見てたの?」


唯「うぅ…確か…トイレに行こうとして起きたらまだ夢の中だったのと…
  あ!確かムギちゃんに嫌われちゃう夢だった」


紬「そうなの!!」

唯「うん…ムギちゃんがね
  おもらしする人は嫌いです!もぅ顔も見たくないって言ってたグス
  思い出したら悲しくなってきた…」ウルウル


紬「よしよし(だから寝言でムギちゃんイヤって言ってくれてたんだ//
  それにこの夢があったから私が倒れたのも自分の夜尿症のせいにしたのね…)」



343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:50:46.57 ID:hpHI/WqVO

唯「ムギちゃんはやっぱり私がおねしょじゃやだ?」


紬「私は……唯ちゃんがいてくれるだけで嬉しいわ」ニコッ

唯「ムギちゃん!!大好き」
ガハッ

紬「あらあら//(私も唯ちゃん大好き)」

唯「ムギちゃんもっかいチュー」


ガチャ

憂「お姉ちゃん帰って………る………」

律「おいっす唯!ムギもいるんだ…ろ……」

澪「こら律勝手に!ごめん唯、ムギの家に電話したらここに……いる…って……」

和「まったく唯!初日からサボるなんてダメ………じゃない………」

唯紬「あ!?」

シーーーーーン



348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 21:55:57.63 ID:hpHI/WqVO

唯「みんなおいっす!」

紬「こんにちは…」


憂「お姉ちゃんと紬さんが裸でベッド…
  お姉ちゃんと紬さんが裸でベッド…お姉ちゃんと紬s(ry………」ブツブツ


律「よかったーー仲直りしたんだお前ら!
  (それに唯は澪狙いじゃなかったんだな!疑ってすまなかったな唯)」


澪「(部屋の真ん中に置いてある薄黄色い液体の入った洗面器…
   あれにはふれちゃダメだ!絶対ダメだ!)」


和「(いつからこんな子に嬉しいような悲しいような…いや激しく悲しい…私の唯が…私の唯が…)」


唯「みんなどうしたのかな?」ボソ

紬「月が赤い…」

唯「ふぇ?」



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:00:32.42 ID:hpHI/WqVO

―――――
――
11月某日放課後
~トイレA~


「ちゃんと手を洗ってね」

「へいへいちょっとくらい待てよ」


「ん…」


「今何か苦しそうな声しなかった?」

「いや聞こえないぞ…それより早く部活いこうぜ」

「あなたを待ってたんでしょ!」



ガチャ…バタン

律「んぁ//……」

澪「声出すなよバカ律!」

律「だって…気持ちよく…って//」



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:05:58.80 ID:hpHI/WqVO

澪「この変態」モニュ

律「うぁ//おっぱい…もんだ//」

澪「律のちっちゃい胸じゃ揉めないな」ギュッ

律「ひゃ//…ひくびはダメ//」
プシャーーー

澪「私の前でおしっこして恥ずかしくないのかバカ律//」

律「んはぁ//恥ずかしいよ…ふぁ澪//」
ビクッビクッ

――――――――
――
同日
~廊下~
律「いや~今日も快調快調」

澪「何が快調だ!あんな恥ずかしい事させて!もう少しでバレるところだったんだぞ」

律「いやむしろ恥ずかしいのは私だろ…それに最後は澪もノリノリだったじゃん」



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:09:22.66 ID:hpHI/WqVO

澪「はぁ~そもそも何で我慢してわざわざ放課後だすんだよ、病気になるだろ…」


律「ほら澪は昔からけっこう我慢してるだろ?
  だから澪の気持ちの辛い気持ちが少しでもわかればっかり思って…」


澪「律…」


律「あとは単純に気持ちいいから!」


澪「私の感動を返せ!!!」


律「そうだ澪!いくらプレー中でも胸の事はいじるな、傷つくんだからな」


澪「プレーっていうな!!!
……喜んでたくせに//」ボソ


律「何か言ったか?」



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:12:26.50 ID:hpHI/WqVO

澪「とにかくもう学校じゃもう絶対やらないからな!」

律「ほ~ならお家ならやってくれるんだね澪ちゃ~ん」

澪「調子にのるな」ポコッ

律「んぁ//」

澪「へ、変な声だすなーー//」

―――――――
――
同日放課後
~トイレB~

紬「…ん…ぁ…はぁ…唯…ちゃん…」

唯「ん?もう~れそう?」

紬「ふぁ//お胸を口に含みながら喋っちゃダメ//…」

唯「あ~ぼへんぼへん」

紬「ダメって言って//ふぁぁぁぁ//」
チョロチロ
シャパーーー



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:17:00.00 ID:hpHI/WqVO

――――――
――
数分後
~廊下~

紬「ダメって言ったでしょ//」

唯「だってムギちゃんのおっぱい柔らかくて美味しいんだもん♪」ルンルン

紬「……//」

唯「それにムギちゃん最近見せてくれないし…」

紬「まだカウンセリング中だからできるだけ1人でやりたいの」

唯「そっか~けどエッチの時はおしっこみせてくれるよね」


紬「ゆ、唯ちゃん//(それはおしっこじゃないなのに//)
  それにこれはいけないことなんだから誰かにバレたら大変なのよ」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:21:14.73 ID:hpHI/WqVO

唯「うむ~確かにそうだね
  始業式の日りっちゃん達に見られちゃったときは大変だったもんね♪」


紬「(あれがきっかけでりっちゃんと澪ちゃんには
   唯ちゃんの事や病気の事話せて以前より仲良くなれたけど…

  和さんには風紀の乱れが、私の唯をって怒られちゃうし、
  憂ちゃんは1週間寝込んじゃって
  まだまだ負けませんからってライバル宣言されちゃうし…

  唯ちゃんモテモテで心配になっちゃうのよね)はぁ~」

唯「どうしたのムギちゃ?ん…ねぇムギちゃんてばー」

紬「(でも…)何でもないわ」ニコッ


唯「うむむ~本当かな?まぁいっか」
ダキツキ

唯「ムギちゃんあったかーい」

紬「(今は唯ちゃんがそばにいてくれるだけで//)」



362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:25:02.38 ID:hpHI/WqVO

―――――――
――
数分後
~音楽室~

ガチャ

唯「おいーす」

紬「こんばんわ」


律「遅いぞー2人共、
まさかお前ら学校でやっちゃったのか!?」

澪「こら律!!」ポコッ

律「ぃや//」

澪「だからそれやめろー//」


紬「あらあらあら//ふふっお茶入れるわね」

唯「今日のお菓子はなんだらほい♪なんだらほい♪」ルンルン



365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:29:28.07 ID:hpHI/WqVO

澪「はぁ~これ食べたら練習するからな」

唯律「えーーーー!」

澪「練習するんだ!」

律「文化祭終わったんだからのんびりしよーよ」

澪「そういって1週間練習してないだろ!ムギも練習した方がいいと思うだろ?」


紬「私?そうね……唯ちゃんがしたいなら」ニコッ

唯「えへへ、ムギちゃん大好き~」
ダキツキ

紬「唯ちゃん//」
ギュッ

澪「はぁ~」

律「澪ー私も好きだぞ」ムシャムシャ


澪「お菓子食べながら言うな!!!
………バカ律//」


終わり




366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:30:51.47 ID:5XaaA31zO

乙!



367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:32:49.23 ID:NV6wHvZm0

すごく良い
乙でした



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:33:11.25 ID:IAaLY5/NO





369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:33:15.50 ID:W9q7USU00

むぎゅの可愛さに溢れたSSでした乙



370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:33:51.19 ID:n7KqMwd00

おもしろかったよ!
乙です



373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:41:18.53 ID:aA/RbtH+0

乙カレー



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:43:17.64 ID:Gt8YI06Z0


面白かった



377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:49:56.95 ID:/lAXeEL10

乙鰈



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:50:32.35 ID:6aOetDK4O


すばらしかった



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 22:57:46.88 ID:KrLqDIImO

乙!
最高だった!



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:07:57.08 ID:ZCgFigqiO


スレタイからは想像できない感動だったわwww



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:14:47.57 ID:fNeMDa5rO

>>1
面白かった



382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:16:55.59 ID:leLc0ceaO

乙でした!!



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:17:13.35 ID:9LC07eWL0

まーべらす!



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:19:54.16 ID:HobXhBu+0

乙!
エロばっかりよりこういう感じのが好きだぜ!



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:30:34.71 ID:twqwJ2Zb0

おちゅー(´・ω・)





390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:51:26.15 ID:hpHI/WqVO

――――――
――
1年後放課後
~音楽室~

梓「あの~質問があるんですが…」

律「何だ改まって?」

梓「唯先輩とムギ先輩ってなんでいっつもトイレ一緒にいくんですか?」

唯紬「(ギクッ!!)」

唯「アハハ、何言ってるのあずにゃん。
  別にいつもじゃないよ、ねぇムギちゃん」

紬「そうよ梓ちゃん、たまたまよ」

梓「いえいつもですよ!私見てましたもん」

律「梓~唯達がトイレに行くのいつもチェックしてるのか?」ニヤニヤ


梓「べ、別に私唯先輩がいつトイレに行ったかなんてチェックしてないです
  へんな事言わないでください」アセアセ



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 23:54:45.76 ID:hpHI/WqVO

律澪「(唯狙いなんだ//)」

紬「はぁ~(またライバルね…分かってはいたけど)」

唯「ごめんねあずにゃん」
ダキツキ

梓「うわ//抱きつかないで下さい//」ジタバタ

唯「私とムギちゃんは連れション仲間なんだよ~
  だからあずにゃんとは一緒にトイレに行ってあげられないんだ~ごめんね」
  ヨシヨシ


梓「だ//私は別に唯先輩とトイレに行きたいわけではなくて//あ、頭撫でないでください~//」


紬「唯ちゃんやり過ぎよ」イライラ
グイ



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:00:24.16 ID:hpHI/WqVO

唯「うわ~ムギちゃ~ん」


梓「ぁ//(もうちょっとしてほしかったな//)」


澪「いい加減練習するぞ!!」


律「えぇ~まだ休もうよ~」


澪「はぁ~もうやってやらないぞ」ボソッ


律「ひゃう//………よしお前ら早く楽器もてー」


澪「(こいつ私にこれを言わせたいためにサボってるな//)」


梓「うぅ…
(うやむやにされた…やっぱり直接聞いてもダメか…なら実力行使だ!やってやるです)



393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:09:08.90 ID:mCSHtn7eO

――――――
――
翌日
~音楽室階段下~

梓「(今日は体調が悪いので部活を休みますって律先輩にメールだしておいたから
   唯先輩とムギ先輩がくるまでここで張り込んでよう
   あの2人は絶対怪しい…)」


~1時間後


梓「(退屈だな…あ!きた!?)」
コソコソ

唯「今日はあずにゃんきてなくて残念だな~」
梓「(唯先輩//)」

紬「唯ちゃんたら梓ちゃんの話ばっかり…」
プイッ

唯「あわわ、ごめんムギちゃん!そんなつもりないんだよ」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:17:15.46 ID:mCSHtn7eO

紬「許してあげません!」

唯「うぅ…ごめんねムギちゃん…グス」


紬「ふふっ冗談よ唯ちゃん…けどあんまり梓ちゃんの話ばかりは寂しいな」

唯「ムギちゃん」
ダキツキ

梓「(あっ!)」

唯「ムギちゃんあったかあったか//」

紬「もう~唯ちゃんってばごまかして//」

唯「えへへ//」

梓「(あの2人やっぱり怪しい…)」

―――――
――
数分後
~トイレ~

キョロキョロ
唯「大丈夫誰もいないよ」

紬「じゃあ一緒に入ろっか//」



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:25:49.40 ID:mCSHtn7eO

唯「やったーー」

ガチャ…バタン

ジーー
梓「(あの2人同じ個室に//何で…)」


唯「えへへ今日も可愛い下着だね」

紬「唯ちゃん声大きいわよ//……ありがと//」


唯「大丈夫だよ~誰もいなかったし
ねぇ今日は…ペロペロしていい?」


紬「うん//」

唯「じゃあいただきます…クチャ…」

梓「(いただきますって何を!!!)」

紬「ふぁぁ//」

梓「(!!!)」



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:31:54.97 ID:mCSHtn7eO

唯「レロ……クチュクチュ…ペロ」

紬「んぁ…ひゃ//…ゆいちゃん//」


唯「チュパチュパ…ぷはぁ…レロレロ」


紬「ゆい…ちゃん…そろそりょ…ふぁ//」


唯「レロレロ…クチュクチュ…」

紬「だめ…早く…んぁ//よけて…ひゃぁ//」
チョロチョロ

唯「コクッ…コクッ…ぷはぁ~ちょっと飲んじゃった//」

紬「ふぁ~~//だから…言ったのに//」
プシャーー


唯「けど…ペロッなかなか美味しい」


紬「………//ふぁ//」
チョチョロ



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:38:54.92 ID:mCSHtn7eO

梓「(そんな…唯先輩とムギ先輩がそんな仲だなんて…)」ガタッ

唯「!!!だれ?」

梓「(ヤバい逃げなきゃ)」
ダッタタ……

ガチャ
「キャッ!!」
梓「えっ!!!」

ドターン

「イテテ…もう何なのいきなり…って中野さん?」


梓「イタタタ…あ!の、和先輩」


和「どうしたの?すごい勢い…それにそんな急にでてきたら危ないじゃない
  ケガしちゃうわよ!」


ガチャ
唯「和ちゃん、あずにゃんを怒らないであげて」



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:48:13.80 ID:mCSHtn7eO

―――――
――
数分後
~音楽室~


唯「ごめんね、別に隠してたわけじゃないんだよ…」

梓「うぅ…グス…最低です…学校であんな事…」


澪「梓一応それには理由があってだな…
  ムギはその…人に見られないとトイレできないんだよ(本当はもう治ってるけど…)」

梓「え?まさか…そんな…」


律「これが本当なんだよ!
  まぁ事情はおいおい話すからさ、だからムギや唯が悪い訳じゃないだ
  (本当は治ってるけど…)」

梓「ムギ先輩本当ですか?」



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 00:55:10.87 ID:mCSHtn7eO

紬「えぇ…だから唯ちゃんに協力してもらってるの(本当は治ってるんだけどごめんなさい…)」

梓「…何で唯先輩なんですか?」

紬「それは……//」
チラッ

唯「私とムギちゃんが付き合ってるからだよ」

梓「ガーーン」

律澪「(ガーーンって言っちゃったよ…)」

梓「そんな~私の気持ちはどうなるんですか~グス」

唯「……うぅ…ごめんよ、あずにゃんは好きだけどムギちゃんへの好きとは違うんだよ」


梓「うわぁーー唯先輩のバカーーー」
ダッタタタ
ガチャ…バタン

唯「あ、あずにゃん!!」
バッ



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:01:35.47 ID:mCSHtn7eO

澪「唯、追いかけるな」

唯「………」

澪「今追いかけても梓と…それからムギも傷つけるだけだぞ」

唯「…そうだね、ごめんムギちゃん」

紬「いいのよ、嬉しかったわ唯ちゃん」

唯「ムギちゃん…」
紬「唯ちゃん…」


和「ゴホンッちょっとお二人さんいいかしら?」

唯紬「え?」

和「トイレで何してたのか詳しく聞きましょうか?」キラーン

唯「の、和ちゃん何か怖いよ…」

紬「(またお説教ね…)」

律「澪、私達もトイレ行くか//」ボソッ

澪「はぁ~特別だぞ//」ボソッ



410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:07:20.96 ID:mCSHtn7eO

――――

数分後
~通学路~

梓「グス……グス…
  (はぁ~ふられちゃった…
  それに唯先輩は悪くないのに八つ当たりして…私最低だ…)」
  トボトボ

「梓ちゃん?」

梓「あ!憂…グス」


憂「どうしてこんな時間に?まだ部活中じゃ………泣いてるの?」


梓「うぅ…ごめん」グシグシ


憂「…梓ちゃん何かあったら私に言って、いつでも相談にのるよ」


梓「憂~グス…ありがとう…」


憂「とりあえず家にきなよ!」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:10:54.36 ID:mCSHtn7eO

――――――
――
数分後
~平沢家~

憂「そっか~お姉ちゃんと紬さんの事―」

梓「憂は知ってたの?」

憂「うん…悲しいことに…」

梓「そっか~私…唯先輩にひどいこと言っちゃって明日からどんな顔して会えば…グス」

憂「梓ちゃん…
  (本当に好きだったんだ…
   今私にできること何かないかな…そうだ!)

  梓ちゃんちょっと待ってて」
  ダッタタタ

梓「憂?グス」



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:16:43.48 ID:mCSHtn7eO

~数分後~
梓「………グス」

ダッタタタ
憂「梓ちゃん」

梓「憂…………えっ?」

憂「どうかな?」

梓「唯先輩…」

憂「えへへ~お姉ちゃんに似てるかな?
  これで梓ちゃん謝る練習してみたらいんじゃないかなって思って!」

梓「あ、ありがとう憂!私のために…」

憂「えへへ、いいんだよ~梓ちゃんは大切な友達だもん」ニコッ

梓「(ドキッ//笑うと唯先輩そっくりだ//)」ドキドキ

憂「よし…あずにゃん」
ダキツキ

梓「ひゃい//憂//」



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:20:47.38 ID:mCSHtn7eO

憂「梓ちゃん今は私お姉ちゃんだよ」ボソッ


梓「あ//…うん…唯先輩//」


憂「昨日はビックリしたよあずにゃん」


梓「(前の時も思ったけど本当に似てるな//今回は口調も完璧だ)
   ごめんなさい…私…」


憂「私の事嫌いになった?(お姉ちゃん役楽しい)」

梓「そんな…唯先輩の事は…大好きです//」ウルウル


憂「え//(ドキッ//…ち、違う今のはお姉ちゃんに言ったんだから//)」

梓「だから…悔しくなってヒドいこと言っちゃいました。すいません…」

憂「う、うん。いんだよあずにゃん!
  あ、あずにゃん大好き//」
  ダキツキ

梓「唯先輩//」
ギュッ



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:26:18.38 ID:mCSHtn7eO

シーーーーン

梓「(な、何だろ…唯先輩とはまたちょっと違う匂い//けど…この匂い//)」


憂「(抱き締めると分かるけど、梓ちゃん小さくて猫みたいだな//
   お姉ちゃんがあずにゃんって言う気持ち分かるよ…何だか私…ちょっと変な…)
  あ、あずにゃん…」


梓「な、何ですか?」

憂「あずにゃんは私ともし付き合ったら何がしたかった?」

梓「え…//いろいろです//」

憂「いろいろってなーに?」

梓「……デートとか//」

憂「ほ、他には?」

梓「あとは……その…キスとか//(私何言ってるの//)」

憂「そ、そうなんだ~……その…してみる?//」



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:32:15.14 ID:mCSHtn7eO

梓「えっ?今なんて…」

憂「えっと…私とあずにゃんがキスをしますか?//」

梓「う、憂何言ってるの!?//」


憂「ごめん//けど…今ならお姉ちゃんとチュウできるよ//
  私とじゃなくてお姉ちゃんと…みたいな」タジタジ


梓「ダ、ダメだよ…お姉ちゃんって憂なんだよ!!
  唯先輩の変わりになんて憂に失礼だよ//(私すごいドキドキしてる…何で)」


憂「…私は梓ちゃんとなら…してもいいよ//」

梓「え?」

憂「私梓ちゃんの気持ち分かるよ
  私もお姉ちゃんの事好きだから…
  お姉ちゃんに触れたり、独り占めしたりしたくてもそれはしちゃいけないから…

  だから私…時々…お姉ちゃんの格好して1人でしたりしてるの//」



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:39:05.53 ID:mCSHtn7eO

梓「してるって//(アレだよね//だから唯先輩の演技上達してるんだ…)」


憂「気持ち悪いよね!
  けど…寂しくて…お姉ちゃんがもう私だけのお姉ちゃんじゃなくなっちゃったかと思うと
  寂しく…ヒッグ…お姉ちゃん…失礼なヒッグ…事…グス」


梓「憂…(ずっと我慢してたんだ…)」


憂「ごめん…ねグス…梓ちゃんを慰めるはずなのに…ヒッグ泣いちゃって

  えへへ…私梓ちゃんの為にって言ってたけど、
  梓ちゃんが私と似た境遇にいるからって甘えようとしちゃった…
  寂しいのは私のほうだったんだ…
  変な事言ってごめんね」ニコッ


チュッ

憂「…え//梓ちゃ…あずにゃん//」


梓「ううん…
  梓ちゃんでいんだよ憂//だって私は唯先輩じゃなくて憂にキスしたんだから//」

憂「梓ちゃん…」



423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:44:59.26 ID:mCSHtn7eO

梓「私はまだ唯先輩が好き…憂もそうでしょ?」

憂「うん…大好き」


梓「けど私さっき憂に抱きしめられたときすごいドキドキした//
  それが憂にたいしてなのか唯先輩にたいしてなのかは分からないけど…」


憂「私もお姉ちゃんの気持ちが分かった…
  梓ちゃん小さくてすごい可愛かった//」


梓「あ、ありがとう//
  …こういうのって傷の舐め合いっていうのかもしれないけど
  そういうのもいんじゃないかな?痛いのは誰でもイヤだもん…
  だから私が憂のそばにはいてあげるよ」
  ダキツキ


憂「梓ちゃん//ありがとう」
ギュッ



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:51:23.26 ID:mCSHtn7eO

梓「変だね//唯先輩の好きな2人がこうやって抱き合ってるなんて//ライバルなのに」


憂「うん…けど私すごいあったかい気持ちになれてる//いつもはお姉ちゃんの事考えて辛くなってたから…」


梓「憂…(いつも1人で苦しんでるんだ…)……チュッ//」

憂「ん//……んぁ…梓ちゃん//」

梓「もう1人で苦しまないで…チュッ//」


憂「んぁ//梓ちゃん……」
モミ

梓「ひゃ//う、憂!!」

憂「ご、ごめんね…」


梓「あ、謝らなくていいよ…その…いいの?//私初めてだし…よくわからないよから…」

憂「私も良く分からないけど…梓ちゃんともう少し触れてたい//」



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:54:49.06 ID:mCSHtn7eO

梓「憂…うん…じゃあ…ちょっとだけ//」

憂「うん…ちょっとだけ//」

――――――
――
数分後
~平沢家、憂の部屋


憂「じゃあするね」ドキドキ

梓「うん…」ドキドキ

憂「(お姉ちゃんのおかげでイメージトレーニングは大丈夫だから//
   自分にするみたいに触れば…)」

モミ

梓「ん」

憂「(梓ちゃん小さいな…けどこれはこれで//)」

梓「ん……んぁ…」

憂「あ、梓ちゃん声だしていいんだよ」

梓「ん……い…や…ん//はずかし…もんっ」



431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 01:58:10.93 ID:mCSHtn7eO

憂「(我慢してる梓ちゃん可愛い…)カプッ」

梓「ひゃいん!!んーんー(耳!!!)」

憂「カプッ…ベロッ…ふぅ~」

梓「ひゃゃん//ちょっとストップ!はぁはぁ」

憂「どうしたの梓ちゃん!?」

梓「はぁはぁ…次は私がするから(あのままじゃ憂の前ですごいことになっちゃう//)」

憂「え?うん…いいけど//」


梓「えっと…どうすればいいかな?」

憂「え?(それを聞いちゃうの!)う~ん…
  じゃあ猫さんみたいにペロペロしてくれたら嬉しいな」


梓「(猫//けどそれなら自信あるかも)
   分かった!じゃあ服脱がしていい?」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:01:44.58 ID:mCSHtn7eO

憂「うん…」
ヌガシヌガシ

梓「う、憂ってこんなにおっぱいおっきかったんだ…」

憂「えっ//あ…その…けど梓ちゃんのおっぱいだって綺麗だし…」

梓「フォローになってないよ…(何か悔しい…)」
ペロッ

憂「ふぁ~」

梓「レロ…ペロペロ……(こんな感じかな…)」
憂「んぁ…ふぁ…あずさちゃん…すごい//」

梓「ペロッ…レロ…(何だろ…美味しい)
  チュパ…チュパ(赤ちゃんの気持ち分かるな~//)」

憂「ふぁ…んぁ…あずさちゃん…吸うのわ//やぁ~」


梓「(すごい…
   あの憂がこんな恥ずかしい声だしてる…それに私もなんだか//)」モジモジ



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:05:49.55 ID:mCSHtn7eO

憂「(梓ちゃん足を…)あずさちゃん…ん…」
モミ


梓「んぱぁ!!!憂交代したんだから触っちゃダメ!!」

憂「大丈夫だから…あずさちゃん」
サワ

梓「ひゃい…いや//脱がしちゃだめ!私の…小さいから」


憂「そんな事ないよ、梓ちゃんの胸可愛い//」ペロッ

梓「ひゃぁぁん」ビック


憂「あ、梓ちゃん?(小さい方が感度いいのかな)」
チュパチュパ


梓「んぁ……んはぁ…ひゃ
  (何これ…1人でするのと全然ちがう、スゴすぎる//)」


憂「クチュ…レロ…
  (乳首が凄くかたくなってる…舐めてる私もだけど//)」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:09:32.88 ID:mCSHtn7eO

梓「ひゃーんぁ(声我慢できない//それに下が」モジモジ

憂「(ん?梓ちゃん…)ペロッ……チュパチュパ…ぷはぁ…梓ちゃん腰上げててね」
スルッ


梓「ひゃ!!う…いそれは今ダメ!」

パンツ「ぐっしょり//」


憂「梓ちゃん…(お姉ちゃんのおねしょパンツ以上にぐっしょりしてる//)」

梓「違うのおもらしじゃなくて…私の…その…」ウルウル

憂「ありがとう梓ちゃん」

梓「えっ?」

憂「梓ちゃんが気持ちよくなってくれた証拠だもん、私嬉しいよ」
チュッ

梓「んっ…憂……私…嫌われるかと思った」

憂「嫌わないよ!本当に嬉しいよ…」
サワ

梓「ふぁ~」



436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:14:40.26 ID:mCSHtn7eO

憂「だからもっと梓ちゃんの事、気持ちよくさせてあげたい…チュッ…カプッ」


梓「んぁ…ひゃ//ぁんーー
  (舌を憂に食べられてるみたい…下も凄く気持ちいい)」ビック


憂「ぷはぁ///梓ちゃんビクビクしてるね…気持ちいい?」


梓「ふぁ~うん……ひゃ//きもちひー」


憂「可愛いよ梓ちゃん//もっと声だしてたくさん聞かせて」

梓「ひぁ…んぁ…う…ひぃ…ふぁぁ」

憂「梓ちゃんたくさん喜んでくれてるの分かるよ」


梓「ひゃん//ふぁ~う…い//きもち…ひゃいの//おらしく…なるの…」

憂「いいよ…一緒におかしくなろ」ニコッ


梓「んぁ~ひぁ…うい…わらひ//ひにゃゃゃゃ//」ビクッビクッ

プシャーーー



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:18:26.80 ID:mCSHtn7eO

――――――
――
数分後
~平沢家憂の部屋~


梓「本当にごめんね」ペコ

憂「も~いいってば、私が始めたんだし」

梓「けどベッドあんなにしちゃって…」

ベッド「ぐっしょり//」

憂「大丈夫お姉ちゃんので慣れてるから」

梓「唯先輩の?」

憂「あ!何でもない何でもない」アセアセ

梓「(何だろ?)
  …けど本当にごめんね、それに…私1人だけ//」


憂「気にしないで、あたしは梓ちゃんとできただけで嬉しかっから」


梓「…憂は唯先輩まだすき?」



440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:22:46.36 ID:mCSHtn7eO

憂「え?……うん大好き//」ニコッ


梓「…私もまだ好きみたい」


憂「そんな簡単に気持ちは割り切れないよ…
  けどこうやって笑顔で好きって言えるようになったのは梓ちゃんのおかげだよ」


梓「憂…」


憂「前はお姉ちゃんを好きって思うと悲しくなるばかりだったから…
  それに…」

梓「それに?」

憂「梓ちゃんの事…これからもっともっと好きになっていきたいって思ってる//迷惑かな?」

梓「憂//ううん…嬉しい//」

憂「じゃあ時々はこういうのも…//」

梓「そ、そうだね!時々は…私まだ憂をイかせてないし!…はっ//」

憂「……//」



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:33:02.27 ID:mCSHtn7eO

梓「あ!!えっと…」

憂「ありがとう梓ちゃん//」

梓「うん//」


結局私は練習の成果?もあってか、
翌日唯先輩に謝ることができた。

唯先輩もいつもみたいに抱きついてきてくれて頭を撫でて許してくれた


ムギ先輩がちょっと怖い顔でこちらを見ていたけど
私はムギ先輩も嫉妬するのかと思うと少し意外だなと変な事を考えてしまった


唯先輩に抱きつかれて時
やっぱり私はまだ唯先輩が好きなんだと思った
好きな気持ちはそう簡単には消せない…

けどそれで嫌な苦しい気持ちにはならなかったのは、多分彼女のおかげだ



443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:36:44.62 ID:mCSHtn7eO

タッタタ
梓「お待たせー」

憂「あ!梓ちゃん//」ニコッ

梓「ごめんね寒い中待たせちゃって…」

憂「えへへ気にしないで、じゃあ行こっか」
スッ

梓「うん//」

ギュッ

憂「あったかあったか♪」

梓「ふふっ唯先輩みたい」

憂「え!?そうかな~」ニコッ

梓「そうだよ」ニコッ

彼女となら…きっと…



終わり




445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 02:38:30.68 ID:pIUVIsilO

憂とあずにゃん可愛すぎて辛い…

乙!



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 03:05:44.13 ID:PhIN0GKD0


蛇足だったけど憂ちゃんかわいいから許す



449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 03:07:45.60 ID:oQfK8WAC0





450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 03:22:27.69 ID:GKb2T4iPO


すごくよかった
またそのうち何か書いてくれ



452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 04:35:44.08 ID:n+chxJBgO


2回目の賢者タイム突入しました



453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 04:47:14.35 ID:+aQA2wzjO

乙!
追加分もいいじゃないか!



454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 04:53:58.23 ID:m+GcdYvmO

いいいいいいいい



455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 04:55:17.93 ID:XtrL6g46O

みんな可愛いいいいい乙



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 07:49:39.54 ID:JddR4DqHO

素晴らしい




457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 08:04:41.97 ID:XYbslXygO





458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 09:14:04.87 ID:LHAvYfL90

乙と言わざるを得ない



459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 09:25:35.95 ID:ePxgG6oR0

完全に良スレ




460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 10:11:58.06 ID:17KrLS68O

乙過ぎる
よく頑張った!



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 11:03:39.82 ID:+e3zumIDO



>>1は天才



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 12:15:17.63 ID:xVvw0zfVO



>>1は変態



464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 12:40:15.42 ID:gao7+q1EO

今読んだ!乙!



468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 15:58:10.00 ID:aueRX+lLO






474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 18:31:20.69 ID:mCSHtn7eO

――――――――
――
和説教終了後
~桜高廊下~


テクテク

和「はぁ~
  (またやってしまった…
  唯とムギが付き合い始めてもう一年。
  自分の気持ちに整理がついていたつもりだったけど
  やっぱり無理ね…)」

タッタタタ

紬「和さん待って」

和「ムギ…」

紬「あの…ごめんなさい…」


和「…いいの謝らないで、ムギの病気の事もしってるから
  こちらこそ頭に血が上ったまま言ってしまってごめんね」



475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 18:38:22.42 ID:mCSHtn7eO

紬「…和さんはまだ唯ちゃんの事」


和「…あなたがそれを知っても何の得にもならないわ。
  じゃあ私生徒会があるから」


紬「和さん…」


テクテク

和「(さっき反省したばかりなのにまたやってしまった…
   彼女は悪くないのに、どうしても冷静に話すことができない

   彼女が目の前にくると唯の顔がチラつく
   私の知らない顔を彼女は知っているのかと思うと…

   フッ…私もまだまだ子供ね)」


テクテク



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 18:47:02.77 ID:mCSHtn7eO

和「はぁ~(ん?ここはさっき唯達がいたトイレ…)」


ガチャ

和「ここの個室で唯達は…」


ガチャ
ストンッ

シーーーン


和「(こんな狭いところに2人っきりで…)」

ドキドキ…ドキドキ…

和「唯……」

クニュ

和「んぁ//」

クニュクニュ



480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 18:53:39.11 ID:mCSHtn7eO

和「ダメ//唯…そんな事しないで…んン…いや」

モミ…モミ…

和「ふぁ/……ンぁ…うん…唯…私も好き//だから直接…」

クチュ…クチャ…

和「んんン……あっ!ひゃ//唯…私//もう…」

クチュクチュ…

和「いや//……ゆい…んぁぁぁ//」ビクッビクッ

シーーーン


和「はぁ…はぁ…
  (私学校で何て事…//けどいつもより…

ヤバい!早く生徒会室にいかなきゃ)」

ガチャ

「あらもう終わりなの?」



482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:02:06.68 ID:mCSHtn7eO

和「え!?……さわ子先生」

さわ子「若いのにだらしないわねぇ~」

和「まさか…今の//(聞かれた…)」

さわ子「真面目な子の方が案外エッチだって聞くけど当たってるのかしら?」


和「………//何の事ですか?私はただトイレに入ってただけですけど」


さわ子「和ちゃん頭いいのに知らないの?最近の携帯はレコーダー何て機能もあるのよ」


和「え…そんな…」

さわ子「今からちょっと付き合いなさい」


和「わ、私は生徒会室に行かなきゃ…」

さわ子「私はどっちでもいいのんだけど―」
チラッ

和「(携帯!!)……分かりました」



483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:10:03.94 ID:mCSHtn7eO

――――――――
――
~桜高屋上~

さわ子「もう冬かしらね…風が冷たいわ」

和「…何が望みですか?」

さわ子「望み?」

和「お金なら少しなら貯金してます、
  けど通帳は親が管理してるんでちょっと待って下さい」


さわ子「バカね~高校生からお金巻き上げるわけないでしょ」


和「だったら…何が…」


さわ子「そうね…じゃああなたの体なんてどう?」


和「な//何変な事言ってるんですか!!」



486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:15:49.04 ID:mCSHtn7eO

和「な//何変な事言ってるんですか!!」

さわ子「あら?お金より全然いいと思うわよ…」

タッタタタ

和「ち、近寄らないで!!」

ジリジリ

さわ子「私男に振られてばかりでもうコリゴリなのよね…
    男がダメなら女しかないでしょ?幸いここ女子校だし」


和「いや…冗談ですよね…」

ジリジリ
パタン

さわ子「もうにげられないわね…ふふっ
    じゃあまずはその唇から…」

和「(こ、怖い…)助けて…ゆい…」

シーーーン

さわ子「ぷっふふふふ」

和「………え?」



488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:24:08.43 ID:mCSHtn7eO

さわ子「ふふふ…あ~可笑し
    まったく冗談に決まってるでしょ、さっきのも録音なんてしてないわ
    ま、声は聞いてたけどね」

和「え…(な、何?どういう事?)」


さわ子「けど和ちゃんのあんな怯えた顔するのね…『助けて…ゆい…』って…ぷっ」

和「せ、先生!!!!」


さわ子「ほ、本気で怒らないの!けど学校であんな事しないほうがいいわよ
    これは先生として言っておくわ」

和「あ//……すいませんでした」



さわ子「…唯ちゃんと付き合いたい?」

和「え…いや…私は」

さわ子「ため込んでるからあんな事するのよ、さっさと告白しちゃえばいいじゃい」



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:31:50.03 ID:mCSHtn7eO

和「そんな事できるわけないじゃないですか…唯は…」


さわ子「ムギちゃんと付き合ってるから私が告白したら迷惑になる?」


和「な、何でそれを…」


さわ子「分かるわよそれくらい、

    けどあなたは結局唯ちゃんに振られるのが怖いだけなのよ

    それを唯ちゃんのせいにして告白することから逃げてるの

    自分でもそれがわかってるんでしょ?」


和「…………」




490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:37:40.58 ID:mCSHtn7eO

さわ子「あなたがウジウジしてるのは勝手だけど
    自分の弱さを他人のせいにするのは最低よいずれ必ず後悔するわ」


和「………」

さわ子「…弁明があるならどうぞ」

和「……先生って本当に先生だったんですね」

さわ子「な、何よそれ!失礼な」

和「すいません…弁明はないです。先生の言うとおりです」


さわ子「分かってるならさっさと告白してきなさい」


和「いえ、しません」

さわ子「え?だから…」

和「確かに合ってますが私は告白しません…意地がありますから」



491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:42:01.18 ID:mCSHtn7eO

さわ子「意地?」


和「確かに私は唯の事を好きです
  けどその前に彼女の幼なじみで親友なんです。
  彼女がこれから悩んだり、苦しんだりした時に私は唯の遠慮なしに頼られたいんです。

  その関係が壊れるのは絶対にイヤなんです

  唯の一番じゃなくていい…
  唯が最後に頼ってくれる存在でいたいんです

  だから私は告白しません
  幼なじみとしての意地がありますから」


さわ子「…そんな古風な考え流行らないわよ、それで1人でしてたら世話ないじゃない」

和「たとえ逃げでも唯のためにならないことは死んでもしません」


さわ子「はぁ~頑固ね…分かったわもう何も言わないわ」



492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:45:00.79 ID:mCSHtn7eO

和「…ありがとうございます」

さわ子「え?」


和「私の事を思って言ってくれたんですよね…あんな芝居までして
  話せて少しすっきりしました、誰にも言えませんでしたから」


さわ子「頭のいい子は嫌ね//
    これからもたまには悩み聞いてあげるわ

    …なんなら欲求不満も方も手伝ってあげてもいいわよ」


和「ふふっあんまり変な事してるとクビになりますよ

  …考えておきます。じゃあ私生徒会に行きます

  ありがとうございました」ペコッ

タッタタタ

シーーーン



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 19:48:16.95 ID:mCSHtn7eO

さわ子「私が人様の恋愛にアドバイスか…

    (昔の私に似てるって思って背中押してあげようと思ったけど

    勘違いね…あなたは強い子よ、和ちゃん

    あんな子に慕われてる唯ちゃんが少し羨ましいわ

    考えておきますか…
    不覚にも女子高生相手にちょっとときめいちゃったわ//)

    はぁ~何か疲れた…澪ちゃんにメイド服でも着せて楽しみましょ」


終わり




497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 20:12:17.33 ID:+biQ9Igd0





503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/27(金) 22:48:57.90 ID:XYbslXygO

素晴らしい 乙です



511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 01:39:40.42 ID:gmdHKU2AO

乙!



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 02:22:33.59 ID:+GfT0aLFO







関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「おねしょ!」#後編
[ 2011/08/24 20:45 ] 微エロ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6