SS保存場所(けいおん!) TOP  >  妄想 >  梓「はぁ?私に抜いてほしい?何言ってんですか?」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「はぁ?私に抜いてほしい?何言ってんですか?」#後編 【妄想】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259372532/
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259390860/

梓「はぁ?私に抜いてほしい?何言ってんですか?」#前編
梓「はぁ?私に抜いてほしい?何言ってんですか?」#後編



管理人:エロを含みます。閲覧にご注意下さい。




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:34:38.16 ID:jUiRv2aI0

~どこかつごうのいいばしょ!~

梓「まあなんにせよ面接行った事には違いないので」

律「ご褒美の足コキを行いたいと思いまーす」

唯「おー!」 ぱちぱちぱち

澪「ぱちぱち。って、そんな大騒ぎするようなことか?」

律「そりゃそうだよ。ほらおっさん準備して」

お前ら「うん!」 ぽろん

唯「わぁ!」

澪「ぎゃーっ!なに出してるんだよ!変態!」

律「えー、なに言ってんの澪さん」

澪「えっ?」

梓「足コキって、足でおち……げふん、ちんをマッサージすることなんですよ」

澪「へ?」

澪「……」

澪「ええええええええええええええええええっ!?」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:34:45.13 ID:jUiRv2aI0

澪「ちょっと!ま!はぁ!?え、うええ!?」

律「やるって言ったよな」

梓「言いましたねぇ」

澪「いや、おま!嘘ついてたろ!律っ!!」

律「え?いやついてないよ。澪が勝手に勘違いしたんじゃん?」

澪「は?いや絶対ついてたから絶対!」

律「いやあ、澪が知ってるっていうからさあ。詳しくは話さなかったけど」

澪「うっ……」

律「なに、ほんとは知らなかったのに知ってるとか言ってたん?」 ニヤニヤ

澪「うぐっ……」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:39:13.22 ID:jUiRv2aI0

律「さあ。」

お前ら「ハァハァ」

澪「ううっ……」

お前ら「ハァハァ」

律「ハァハァ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:39:53.48 ID:jUiRv2aI0

律(踏んじゃう?澪踏んじゃうの?そんな汚いちんこ足で踏んじゃうの?)ハァハァハァ

澪(む、無理だよこれ無理絶対無理…足でも触るなんて絶対無理だよぅ…)

律(ああめっちゃ躊躇してる!そう、ちょっとでも触れると澪の足が汚染されちゃうんだから!)

澪「うう…」

律(ああ私の澪が!私の澪の世界一美しい足が汚されちゃうのぉぉぉん!) ハァハァハァ



梓「…なんで律先輩までハァハァしてるんですか」

律「はえっ!?な、なんでもないよ!?」

梓「やっぱり理解できません。その嗜好」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:45:03.60 ID:jUiRv2aI0

澪「ううっ…」 びくびく

お前ら「ハァハァハァ」

律「ハァハァハァハァ」

梓「ハァ……」

唯「……」

唯「澪ちゃんがイヤなら私かわるよ」

ぎゅっ

お前ら「はうっ!!」

澪「ああっ、ありがとう!唯!」

律「ああーん、もうっ!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:53:26.29 ID:jUiRv2aI0

唯「こうでいいのかな?えいえい」

ぎゅっ ぎゅ

お前ら「はぅん!はぅんっ!!」 ビクビク

梓「えーと、そうじゃなくてもっと上下にしこしこと…」

律「うわ梓くわしいっ!」

梓「く、くわしくないですーっ!」 ばたばた

律「なになに?レディコミ?実体験?」

梓「……実体験よりも前にレディコミが来るあたり、律先輩って…」

律「うっ、な、なんだよ」

梓「いえなんでも……ふっ」

律「なんだよーっ!!」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 18:59:00.81 ID:jUiRv2aI0

唯「こう?こうかな」 しこしこ

お前ら「あふぅんっ!ああっ、唯ちゃん、しゅごい!しゅごおおおいっ」

唯「えっ、すごい?すごいの?なに?」

梓「すごい気持ちいいってことですよ。多分」

唯「へえ。おちんちん握ってるだけなのに、不思議だね」

しこしこしこ

お前ら「あふうぅんっ、だめえっ、出る、出ちゃうのほおおおぅっ」 ビクビク

唯「え、出るって?え?なに?おしっこ!?だめだよこんなところでしたら!」

ぎゅううううっ

お前ら「いひぃぃぃぃぃぃぃんっ!つぶれりゅうううっ!?」

どぷっどぴゅっどぴゅぴゅんぴゅん

唯「わあ!なにこれっ!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:01:13.34 ID:jUiRv2aI0

梓「精子ですよ」

唯「ほへー、これが精子かぁ。おまんこに入れなくても出るんだぁ」

澪「これが精子……」 まじまじ

律「は、はははっ、唯さっさと洗ってこいよー。汚いだろ」 チラチラ

梓(…これだから処女は)




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:01:42.40 ID:ZnN05jgi0

あずにゃんはガチで彼氏居そうだから笑えない





63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:07:05.49 ID:jUiRv2aI0

律「ま、とりあえず今回のご褒美はこれで終了ね~」

お前ら「ごちそうさまでした」 ふかぶか

唯「えへへ、どういたしましてー」

律「次は順番的に澪だからなー。準備しとけよー」

澪「や、やだよ!律がやればいいだろっ」

律「そんなこと言っても約束だしなぁ」

澪「ううーっ」

律「まあ足じゃなくても、何かでコイて出してやればいいからさ」

澪「何かって…なに」

律「えーと………ほら、ベースコキとか」

澪「やめて!使えなくなっちゃうからやめて!!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:14:47.18 ID:jUiRv2aI0

~けいおんぶ!~

ぼそぼそ

律「今日もあそこ行く?」

唯「行く行くー」

梓「なんだかんだで遊び道具とか豊富だからついつい集まっちゃいますね」



唯「じゃあムギちゃんまたねー」

澪「お先に」

梓「また明日ですー」

紬「ええ、またね」 ひらひら



紬「…最近みんなでどこか行ってるのかしら」

紬「部活も早めに終わらせちゃうし……気になるわ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:27:09.47 ID:jUiRv2aI0

~おまえらんち!~

唯「え、えーと…」

梓「絶対勝てるよ!ですよっ」 ポチッ

『そんなこと言われても~!うーっ、にいちゃん指きりげんまん針百万本飲んでー』

唯「ああーっ、亜美ちゃんのテンション下がっちゃった」

梓「むうっ、一筋縄ではいかないですっ。このゲーム」



律「ぶはははは!なんだこれー!揺れすぎだろー!!」

澪「…えいけん?なに考えて作ったんだ。こんなアニメ」

律「いやアリだ!逆にアリだ!面白ぇ!ぶはははは」

澪「えぇー…」



お前ら「よし!新しい履歴書かけたよー」

唯「おお!えらいえらーい」 なでなで

お前ら「てへへへ」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:30:07.83 ID:ZnN05jgi0

なんだかんだいって楽しくて前向きな生活じゃないか・・・



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:31:05.08 ID:v82IZxqtO

なにこの天国





76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:37:20.27 ID:jUiRv2aI0

唯「なんかおもしろいものないかなー?」 がさごそ

お前ら「ああダメそのへん漁っちゃだめーっ!」 あせあせ

律「むっ。この反応は何かいやらしいものだ!いけーっ唯!」

唯「あいさー!」 がさごそごそごそ

お前ら「だめーっ!」

唯「この箱あやしいっ!」 がぱっ

お前ら「ああっ、それは!!」

唯「……?」

律「なにが出てきたー!?……?なんだこれ」

唯「ぶよぶよ」

律「なんだこれ」

唯「ちくわ?」

澪「……夜店で当たるおもちゃとか?」

律「あー。そんな感じする。でもそれにしてもなんだこりゃ」 ぷよぷよ

梓「う、うわあっ!うわあっ!」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:44:00.46 ID:jUiRv2aI0

律「ん?梓なにか知ってるのか?」 ぷよぷよ

梓「し、知ってるとかそういう問題じゃなくて!触っちゃだめですバッチィですっ!」

唯「え?でも腐ってるって感じでもないよ?食べ物じゃないみたい」 クンクン

梓「匂いとかかいじゃだめーっ!!」

澪「ぶよぶよして弾力があって…あ、伸びる伸びる」 ぶにょーん

がさごそ

唯「あ、奥の方にタマゴみたいなの入ってるよ」

律「ガシャポンのカプセルじゃん。開けてみ開けてみ」

ポンッ

唯「あれ?やっぱりぶよぶよだ」

律「んー。なんだろうこれ。こっちのちくわよりも薄いな」

梓「うあぁ、もぅっ……」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:48:41.03 ID:jUiRv2aI0

唯「あははっ」

澪「ん?どうした唯」

唯「指入れると気持ちいいよこれ」

律「えー?どれどれ…うわ、ほんとだ変な感触~」

澪「うわああ、指にからみついてきてぞくぞくするー」

唯「これおもしろーい」



梓「……だんだん正解に近づいてきてますけど。ねえ」

お前ら「聞こえない聞こえない」 ぷるぷるぷる



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:52:23.16 ID:jUiRv2aI0

律「なあ梓もやってみやってみ!」

唯「あずにゃん面白いよこれ!!」

梓「ごめんです。お断りです」

唯「むー。あずにゃんノリわるいよー」

律「これ何か知ってるんだろ?なんなんだよこれー」

梓「…あの部屋の隅で顔を真っ赤にして震えているおじさんを見て。」

お前ら「」 ぷるぷるぷる

律「うん」

唯「うん」

澪「うん」
          ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
梓「その穴に何を入れるのかを考えてみてください」

律唯澪「……え」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 19:58:56.40 ID:jUiRv2aI0

律澪「……………っうわあああああああああああああああっ!!」 どたばた

唯「えっ?え?えっ?」 きょろきょろ

梓「……はぁ。まったく (これだから処女は)」

律「先に言えよおおおおおっ!!」

澪「て、て、手!手洗ってくる手っ!!」 どたばた

梓「だから言いましたよ。触っちゃダメですバッチィですって」

律「そんなんでわかるかああああっ!!」

梓「これぐらいは常識でしょう」 ふっ

律「そんな常識聞いたこともないわいっ!てかなんで知ってるんだよそんなこと!」

梓「えっ」

唯「ねえ、どうしたのりっちゃん?きもちーよこれ」 ぬぽぬぽ

律「ばっちぃからしまいなさいっ!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 20:06:40.29 ID:jUiRv2aI0


解説しよう!中野梓は処女である!
しかしその実態は子供の頃から父親のエロ本を隠し読み、
現在も常人では不可能なほどの大量のレディコミを読破するほどのエロ星人だ!!
書物から得る大量の擬似恋愛セックス情報により体は処女でありながら
まるで非処女のような人格と精神を得ることに成功したのだッ!!
人は彼女をこう呼ぶ! Mi Mi Do Shi Ma とッ!!


梓「か、カレシとかいたら当然の知識ですっ」 ふんっ

唯「へー、あずにゃん大人だなあ」 ちゅこちゅこ

律「だから唯もう捨てろってそれー。ほら手洗いにいくぞー」

唯「あーん」

梓(ふう、あぶないとこでした)



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 20:15:22.66 ID:jUiRv2aI0

梓「もう、こういうものはちゃんと隠しておいてくださいよ」

お前ら「ごめん、でも唯ちゃんが…」

梓「まあ漁ったのは悪いですけど……ん?」

ガサッ

梓「未開封……ですね。このシール」

お前ら「ああ、アダルトグッズ買うとよくオマケでついてくるんだ。ローター」

梓「へ、へええ」

お前ら「…よかったらどうぞ」

梓「な、なに言ってんですか!私のうちには二百個ぐらいありますよこんなもの!!」

ガチャ☆バタン

澪「ふう、ひどいめにあった」

梓「よいっしょおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」 ずぽーん

澪「わあ!ど、どうしたんだ梓?自分のカバンに頭から突っ込んだりして」

梓「ふ、ふふふ。年頃の乙女にはいろいろあるんですよ。先輩」 むくり



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:17:02.38 ID:jUiRv2aI0

ガチャ☆バタン

律「ふいー」

唯「あれ?ぶにぶにしまっちゃったの?」

梓「はい、あれはもうその、あれですから」

澪「いや、もっかい出そう」 ゴソゴソ

梓「み、澪先輩?」

澪「わたし考えたんだけどさ」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:17:16.12 ID:jUiRv2aI0

律「はい実際の作業は唯さんにやってもらいまーす」

唯「工作担当の唯でーす☆」 キラッ

澪「まず何か長い棒とその、それを用意します」

唯「今回はなぜか部屋にあった木刀でーす」

澪「棒にそれをくくりつけます」

唯「今回はビニールテープをつかいまーす」 ビビーッ ビーッ ビッ

澪「できあがりです」

唯「みんなもおうちでやってみてね♪」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:17:25.49 ID:jUiRv2aI0

澪「こうすれば私でもできるよ」

梓「なるほどー」

律「えーっ!」

澪「なんだよ、律…」

律「な、なんでも!」 ぷいっ

律(澪が恥ずかしがってくんなきゃいみないし……)

律「むーっ」

澪「なんだよ……」

梓「年頃の乙女は複雑なんですよ。澪先輩」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:22:15.05 ID:jUiRv2aI0

澪「ということで面接いったら私がこれでしてやるぞ」 ぶんぶん

お前ら「え、えぇー…」

律「ほら…いくらなんでもそんな色気のないものじゃやる気も…」

お前ら「いや、ちょっとまって」

律「ん?」

もんもんもんもん

 澪『これでどうだ?ほら、ほらっ』 ぐちゅぐちゅ

 俺『あひ!あひいっ』

 唯『うわあ、あんなのでされて気持ちいいんだあ』

 梓『根っからのド!変態ですね』

 唯(軽蔑のまなざし)
 
 梓(軽蔑のまなざし)

もんもんもんもん

お前ら「アリです!ありありありあり!」 ムフーッ

律「えええっ!?」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:26:45.03 ID:jUiRv2aI0

~そのあと!~

梓「」 そわそわ

澪「ん?どうしたんだ梓」

梓「あ!いえ私そろそろ帰らないと!」 そわそわ

律「なんだよー。ゆっくりしていけばいいじゃん」

澪「お前の家か」 コツン

律「あいた」

梓「じゃあ私はこれで…」 そそくさ

唯「なんだろあずにゃん、用事でもあったのかな」

お前ら「あずにゃん…」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:33:10.93 ID:jUiRv2aI0

~あずにゃんち!~

べりっ べりべり

梓「こ、これがあの…ピンクローター……」

梓「これを…ここにあてて…」 ぴと

梓「スイッチを入れると…ぶるぶるって…」 どきどきどき

梓「スイッチ…をっ!」 カリカリカリッ

梓「……っ!!!」

梓「……?」

ガチャ パカッ

梓「電池入ってねーじゃないですかーっ!!」 ガシャーン



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:37:52.87 ID:jUiRv2aI0

がちゃ☆ばたん

梓「うう、こんな時間にコンビニ行くはめになるなんて…」

梓「体もすっかり冷えちゃいましたけど…でもこれで…」

カチャッ カチャ バチン

梓「……」 どきどきどき

カリカリカリッ

ヴィーーーーーーン!

梓「わあっ!」

梓「す、すごい振動…こんなのを…あそこに当てたら…」 どきどきどきどき

ヴィーーーーン

ぴとっ

梓「あ
(省略されました以下略




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:39:32.94 ID:4t3HhbPE0

>>112
省略・・・・・?



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:45:13.60 ID:xex/ElJe0

ワッフルワッフル





118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:46:42.21 ID:jUiRv2aI0

律「おはよーっ」

紬「おはよう」

澪「おはよ、唯」

唯「おはよう!みんな!」

梓「おはようございますですわ」 つやつや

唯「あれ?あずにゃんなんかツヤツヤしてる!」

梓「そんなことありませんですわ」 つやつや

唯「?」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:51:01.65 ID:jUiRv2aI0

~にけんめ!~

面接官「我が社を志望した動機は」

お前ら「はい!御社のなんたらかんたら」




律「…で、不採用か」

お前ら「あうぅ……」

梓「でも面接で手ごたえを感じられただけ前進ですよ」

唯「そうだよ!!」

お前ら「あずにゃん……」

梓「あずにゃんって呼ばないでください」

お前ら「あうぅ…」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 21:54:46.82 ID:jUiRv2aI0

澪「でもさ、自分で気づいてる?」

お前ら「え、なにが?」

澪「私たちと会ってる間に。喋るときどもらなくなってきてる」

お前ら「あ、そういえば。うん。普通に喋れるよ」

律「やっぱ会話するのって大切なんだなー。ひきこもってたんだろ?ずっと」

お前ら「うん…自分ではわからないけど、そんなに違う?喋り方とか」

唯「うん、全然違うよ。最初の頃はなに言ってるのか全然わかんなかったもん!」

お前ら「」 ずーん

梓「先輩、それは正直すぎです」

唯「あれえ?」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:02:12.98 ID:jUiRv2aI0

~ところかわって!~

澪「よーし、やるぞー!」

ダン!ぷるぷる

律「いや…そんな大掃除でもやるような感じで言われても」

梓「絵づら的にもそんな感じです」

澪「もー、いいだろそんなこと。さあ、やるぞ」

お前ら「わんっ!」 ぬぎっ ぽろん

澪「えいっ、えいっ…あれ、入らない」

お前ら「あ、ちょっとまって。ローション用意するから」

澪「え?あー、うん」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:04:40.55 ID:jUiRv2aI0

グチュグチュ

澪「なるほど、これで滑りをよくして…」

お前ら「うん、これで大丈夫」

澪「よーし、やるぞーっ!」

ズブチュ

お前ら「あんっ!」

澪「どうだ!どうだあ!」

ブチュブチュブチュ

お前ら「あっ、だめえ!はげしすぎるうっ!!」

澪「あっ、ごめん」 ぴた

お前ら「……」

澪「……」

お前ら「もっと激しく…」 うるうる

澪「どっちだよ……」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:08:05.12 ID:jUiRv2aI0

梓「無視してがんがんやっちゃえばいいと思います」

澪「そ、そうか!」

唯「だ、だいじょうぶかな…」

澪「それそれそれ!」

ブチュチュチュチュ

お前ら「んひいいいいっ!!」

澪「大丈夫?気持ちいいの?これっ」

お前ら「いいーっ、きもち、いひーっ」

澪「そ、そうなんだ…」

ブチュチュチュチュ


梓「はたから見てるとものすっごいマヌケな光景ですけどね」

律「ああ……」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:12:44.54 ID:jUiRv2aI0

律「あ、いいこと思いついた。澪ーっ」

澪「ん?」

律「回してみ」

澪「え?こう?」

ぐりゅりんっ

お前ら「あひいいいいいいいいいいっ!!!!」

どぴゅどぴゅどくくん



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:12:50.26 ID:jUiRv2aI0

澪「わ!なになに、びくんってした!」

梓「」 キラーン

梓「気持ちいいって合図ですよ。もっとしてあげてください!」

澪「こ、こう?こうっ?」

ぐりゅぐりゅぎりゅりゅりゅりゅん!

お前ら「ありゃあ!りゃめ、りゃ、あめえええええええええっ!!」 びくんびくんびくん

澪「わ、わあ!」

梓律「あはははははははははっ!!」

お前ら「ひぃ、ひぃ、ひぃ…ん」 ぴくぴく



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:19:00.86 ID:jUiRv2aI0

律「あー、笑った笑った。ひー」

お前ら「ううっ、ひどいやあずにゃん…」

梓「あずにゃんって呼ばないでください」

澪「ごめんな。大丈夫だった?」

お前ら「ううん、全然大丈夫!全然全然!」

梓「大丈夫ですよ。おじさん変態ですから」

澪「おいおい…」

お前ら「うん!」

澪「返事すんな」 コチン

お前ら「あいた!」


律「あ…」

澪「ん?」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:19:13.12 ID:jUiRv2aI0

律「触っても平気になったんだ。おっさんに」

澪「あ……そういえば。普通に叩いちゃったけど」

お前ら「澪ちゃん……」 うるうる

澪「……」

澪「やっぱまだキモいけどな。」

律「な。」

お前ら「そんなぁ…」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:32:59.46 ID:jUiRv2aI0

梓「いいからさっさとその粗末なものしまってください」

お前ら「ま、まって。ローションがにゅるにゅるしてるからふき取るの大変で…」 もぞもぞ

唯「うわあ、ちくわのほうもすごいことになってるよ」 ねばー

お前ら「あ!そっちも俺が片付けとくから!ティッシュ敷いて置いといて!」

唯「うん」


紬「そこまでよ!!」


バーン



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:37:24.35 ID:jUiRv2aI0

唯「ムギちゃん!?」

澪「ムギ!」

紬「よくも…よくも私の唯ちゃん…その他みんなをけがしてくれたわね…」 わなわなわな

お前ら「む、ムギちゃん…」

紬「貴様にムギちゃんと呼ばれる筋合いはないわあっ!!」 クワッ

お前ら「ひぃっ」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:42:01.84 ID:jUiRv2aI0

梓「む、ムギ先輩……」

紬「唯ちゃんをその薄汚いもので汚した罪は万死に値するわ!」びしっ

紬「あなたが求職中だということは調べがついてるのよ!」
紬「琴吹グループとその傘下!及び取引先には一切の望みがないと思うことねっ!!」ガラガラピシャーン

お前ら「あう、あう、あううっ……」

紬「なんでこんなやつに…こんなやつに…っ!!」 ギリギリギリ

唯「ムギちゃん……」

紬「唯ちゃん!もう大丈夫よ!」

唯「ムギちゃんひどい!なんでそんなこと言うの!!」

紬「ええっ!?」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 22:51:32.25 ID:jUiRv2aI0

紬「な、なんで……」

唯「なんでじゃないもん!!」

唯「おじさんは!がんばってるんだよ!?」

唯「嫌な思いとか、辛い思いとか!たくさんしたのに、それでもがんばってるんだよ!」

紬「でも…それでも!」

唯「でもじゃないもん!おじさんのお父さんが死んじゃって、お母さん一人になって」

唯「ずっと迷惑かけてきたから、働いて……親孝行するんだって!」

唯「おじさん私に約束してくれたもん!!それなのに!なんで邪魔するの!?ムギちゃん!!!」

紬「あ…う、ううっ…」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:01:26.92 ID:jUiRv2aI0

お前ら「唯ちゃん…唯ちゃん」 ぽろぽろ

梓「とりあえずちんこしまえ」

お前ら「あ…あわあわあわ」 そそくさ



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:05:38.07 ID:jUiRv2aI0

澪「ムギ…」 ぽん

紬「み、澪ちゃん……」

澪「唯の言うとおり…とまではいかないけどさ。」
澪「そんなに悪い奴じゃないんだ。あのおじさんも」

紬「……」

梓「そうかな…私との出会いって、確か」

律「まあそれはともかくとしてだ」

律「あたしとしてはこのおっさんはともかくとしてさ。」

律「こいつのおばさんは泣かせたくはないわけよ」

澪「同感だ」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:05:46.87 ID:jUiRv2aI0

紬「でも…でも、それじゃあなんでこんなこと!」

こんなこと→オナホ「ねばーっ」

澪「ああ、それについての諸悪の根源は……」

澪「最初に足コキとか言い出した誰かさんだな!!」 じろ

梓「ああ…」 じとーっ

律「え?あ、はは、はははははっ」

律「えと、ほら、あれだ。ちょっと用事が…」

紬「りっちゃん……?」 にこーっ

律「あは、ははははははははっ!」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:09:59.11 ID:jUiRv2aI0

律「うえーん、口ではとても言えないようなことをされたー」

紬「自業自得よ」 ぷんぷん

唯「ねえ、だからムギちゃん、邪魔しないで…おねがい」 キラキラ

紬「はう…っ」 ドキューン

唯「ムギちゃん…」

紬「も、もう一回言って?上目遣いで」

唯「え?」

紬「もしかしたら許しちゃうかも!ね?」

唯「え?え?」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:16:40.27 ID:jUiRv2aI0

紬「許しました」 つやつや

律「いさぎよい!」

紬(でも困ったわね…このままだとみんなは部活おざなりでここに入り浸りだわ)

唯「ムギちゃん…?」

紬「……働き口、世話してあげましょうか?」

お唯率前澪梓ら「ええっ!!」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:17:46.39 ID:jUiRv2aI0

紬「この近くで正社員の募集してるパン屋…うちの系列なのよ」

澪「パン屋……」

紬「見た目よりもずっと辛い仕事だけど、堪える自信があるなら…」

お前ら「ありますあります!がんばりますっ!!」

紬「そう」

紬(ホントはホワイトカラーの仕事もあるけど…しゃくにさわるからブルーカラーで充分よっ)

律(…とか思ってるんだろうなあ。あたしと澪は最初からブルーカラーのつもりで動いてたのに)

唯「すごいよおじさん!パン屋さんだよパン屋さん!私絶対食べに行くからね!」

お前ら「ありがとう!唯ちゃんありがとう!!」


梓「でもあのおじさんがこねたパンって私ちょっと」

律「言うな」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:37:34.73 ID:jUiRv2aI0

~けいおんぶ!~

唯「…仕事は辛いけど、頑張っているよ。だって」

澪「そろそろ一ヶ月か。それだけ続けば大丈夫だよ」

律「最初の数日は泣き言ばっかでなんかもう逆に笑えたけどなー」

梓「引きこもりからいきなり肉体労働ですからね。そりゃ辛いでしょう」

紬「はいみんな、お茶が入ったわよ」

『わーい!』

律「それでさぁ、様子見にいったらおばさんに神様みたいに拝まれちゃってさぁ…」

アハハ…


紬(うん、これで全て解決ね。みんなで充実した部活の時間を過ごす日々が戻ってきたわ…)



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:37:54.22 ID:jUiRv2aI0

~にちようび!~


紬「…のはずなのに!なんでまたこの部屋に集まってるのよーっ!」 バーン

お前ら「あ、ムギちゃん」

紬「お前にムギちゃんと呼ばれる筋合いはないわーっ!!」 ガラガラピシャーン

お前ら「ヒィッ」


唯「だってー。ここゲームとかいっぱいで楽しいんだもん」

梓「今は一週回ってテーブルゲームがブームですよ。カタンの開拓面白すぎです」

律「アニメも意外と掘り出し物多いんだぜー?アニメと思って舐めてたよ私」

澪「うんうん。クラナドには人生を感じたな」


紬「そんな…」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:38:22.61 ID:jUiRv2aI0

紬「むぅぅーっ」

唯「ムギちゃんもいっしょにあそぼ?」 キラキラ

紬「」

紬「…」 スゥーッ

紬「仕方ないわねッ!!!」 クワッ!



梓「じゃあ先輩そこに座って!一緒にやりましょう!」

唯「えー?まずはスマブラの洗礼でしょー?」

律「今から新しいシリーズ見るんだよ、一緒に見ようぜー?」

澪「いやいや、ちょっと私いちおしの名シーンをだな…」

ワイワイ

ガヤガヤ…




お前ら「ここが天国か」

                         End




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:41:00.32 ID:NW20aaKh0

いい夢みさせてもらいました乙
さぁ、もっかい夢見るか…



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:41:34.96 ID:kAGOeKuVO

俺はお前らを許さない


お前らの家遊びに行くわ



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:43:13.66 ID:3B93nzxIO



斬新で面白かった



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:46:27.35 ID:HySiWN7d0

とりあえずおまえらSHINE



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:59:16.51 ID:xQCBkKIPO

新感覚だった乙



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:03:35.65 ID:yQbk/D7W0






181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 23:55:21.36 ID:jUiRv2aI0

お前らありがとう
お前らはお前らだから安心していいよ!

あとよかったらちょっとワッフルしてってください




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:02:30.89 ID:2xBj0Kkn0

ワッフルワッフル



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:05:09.95 ID:2xBj0Kkn0

ワッフルワッフル




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:05:15.18 ID:gI3RoesjO

ワッフルワッフル



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:07:28.64 ID:ItKM4WaR0

ワッフル囲ワッフル囲





192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:08:08.61 ID:2xBj0Kkn0

ワッフルワッフル



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:09:11.28 ID:2xBj0Kkn0

よしちょっとオナニー気味だが10ワッフル溜まった。これで大丈夫だ。ありがとう!



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:11:34.66 ID:2xBj0Kkn0

ボーナストラック:ワッフルワッフル


梓「す、すごい振動…こんなのを…あそこに当てたら…」 どきどきどきどき

ヴィーーーーン

ぴとっ

梓「あっ!!」 びくん

梓「な、なにこれ…知らないっ、こんな刺激知らない…っ」

梓「はぁ、はぁ…」 どきどき どきどき

ぴとっ

梓「くぅんっ!」 びくっ

梓「す、すごいです…これ」

ヴィーーン



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:14:56.62 ID:2xBj0Kkn0

ヴィーン

梓「はぁ、はぁ…っ」

ぴと

梓「んふ…っ」

梓「は、はなしちゃ…だめっ」

ヴィーーーーーーーーン

梓「はっ、はっはっ、はあっ、はっ」

梓「~~~~~~~っっっ!」 びくん

梓「はぁ、はぁ、はぁ…っ」 ぴくぴく

梓「い、今の…いいっ…」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:17:57.55 ID:2xBj0Kkn0

梓「ふぅ、ふぅ、ふぅ…っ」

梓(膨らめ私のいまじねーしょんっ…!)

もやもやもや

梓「澪先輩、澪先輩……っ」 くにゅくにゅくにゅ

もやもやもや

澪『梓…』

梓「はぁ、はぁ、澪先輩…」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:23:31.89 ID:2xBj0Kkn0

※説明しよう!
子供の頃よりエロ妄想をし続けてきた中野梓は
その卓越した妄想力によりエロいことしたい相手を
まるでそこにいるかのように巧みに想像することができるのだっ!
人は彼女をこう呼ぶ! Ero Gah Key とッ!!


梓「澪先輩…」

澪『梓…なんてかわいいんだ』 キラキラ

梓「澪先輩、澪先輩ぃっ」 くちゅくちゅくちゅ

澪『ふふっ、私に見られてそんなことしてしまうなんて、いけないコだな?』 キラン

梓「ああん!そうですあずにゃんはいけない子なんですうっ!みないでー!もっとみてー!」

くちゅちゅちゅ


妄想の中の澪はちょっと宝塚風なのだ!!



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:28:02.90 ID:2xBj0Kkn0

澪『梓…私にも触らせて?』

梓「ああっ、だめです…澪先輩っ」

くちゅり

梓「はあんっ」

澪『すごい濡れてる…興奮したの?』

梓「はい…澪先輩に触られてると思うと、私っ…!」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:28:16.73 ID:2xBj0Kkn0

澪『じゃあ…指を動かしたらどうなるのかな』

梓「ええっ」

くちゅちゅちゅちゅ

梓「ああん!だめえ!澪先輩だめですうっ!」

澪『ああっ、かわいいよ梓っ。ふふっ。ココいじられてる梓…すっごく可愛い』

梓「あっ、だめ、だめえっ」

くちゅちゅちゅんちゅん

梓「ああーん!」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:30:53.67 ID:2xBj0Kkn0

澪『ふふっ、邪魔なものはとって…』

梓「あっ、脱がせちゃ…だめえ」

澪『梓を直接感じたいんだ』

梓「あっ…」

くちゅ

梓「ひぁんっ!」

澪『ほら…ここがいいんだろ?』

梓「うんそこぉっ!そこがいいんです、はうんっ!」 ピクッピクッ




207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:32:12.78 ID:5lPUQ2ACO

急にレスが少なくなったなwwww





208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:33:32.75 ID:2xBj0Kkn0

澪『梓のここ、すっごく綺麗…』

梓「だ、だめです…そんなとこみないでくださいっ」

澪『だめ。見せてよほら…足開いて』

梓「ああんだめえ!澪先輩に無理やり足を開かれちゃうぅ」 ぐぐぐぐ

澪『ふふ…近くで見るとますます…美しい』

梓「ああっ、見られてる…澪先輩に私のあそこ…っ」 どきどきどき



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:36:58.58 ID:2xBj0Kkn0

梓「はぁ、はぁ、はぁっ…」

カチチチ ヴィーーーーーン

梓「澪先輩…」

澪『梓…私もう我慢できないよ…』

梓「が、我慢できないって…」

澪『舐めていい…?梓のココ…』

梓「そ、そんなぁ」

澪『いいよね?舐めるから…』

梓「ああっ、だめ、だめ…」

ヴィーーン

梓「だめですぅっ……あっ!」

ピチチチチ

梓「んはああああんっ!!」 ビクン




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:39:43.21 ID:gQDzHM/hO

みんな抜いてるのか…



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:40:50.33 ID:inf5sqbR0

違う
戦っているんだよ






オナ禁と…



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:43:28.03 ID:gQDzHM/hO

奇遇だな
俺もオナ禁してたんだ
いっしょな生き残ろうぜ



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:40:50.70 ID:FQRcNGUxO

あずにゃああああぁぁぁん!!





213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:40:52.21 ID:2xBj0Kkn0

ピチチチチチチ

梓「あっ、あっ、あっ」

澪『ふふっ、梓のここ…おいしい』

梓「ち、ちがう…っ」 ハァハァ

澪『えっ…?』

梓「澪先輩の舌は振動なんてしない!!」

澪『なにっ!?』

梓「あなたは誰!?誰なのっ!?」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:44:12.82 ID:2xBj0Kkn0

澪『ふふふふ…よくぞ見破ったな』

バリバリ

ミオ『わたしは地球を侵略しに来た悪の宇宙人、ミオンガーだ!』

梓「なんですって!?」

ミオ「ふふふ、まずは手始めに貴様の体を征服してやろう。この私の震える舌で!」

ピチチチチチチチチチ

梓「あくうっ!く、くぅぅ、まけない…もんっ!」



中野梓は子供の頃からエロ漫画ばかり読んでいるので妄想の方向がアグレッシブなのだ!



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:53:10.17 ID:2xBj0Kkn0

ミオ『ふふふふふ、そうは言っても体は正直だぞう?』

ピチチチチチチチチチ

梓「んあああっ、だめぇ…負けるな私ぃ。地球を守るんだからあっ」

ミオ『ふはははは、いいことを教えてやる。』

梓「えっ…えっ?」 ハァハァハァ

ミオ『貴様がイクと同時に地球は滅亡するのだ!』

梓「そんな!」 ガーン!



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:58:09.88 ID:2xBj0Kkn0

ミオ『くふふふふ。せいぜい堪えることだなぁ。地球を守りたければ』

梓「くううっ、そんなぁっ、私のあそこに地球の未来がかかっていたなんてえっ!」

ピチチチチチチチチチチチチチチ

梓「あはあああんっ!も…もうっ!」

ミオ『ふふふ。いいのか?地球が滅びるぞ!』



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:02:15.65 ID:2xBj0Kkn0

梓「そ、そうよ。地球を守るの…ちきゅうを…あ、イク…いきたい…あっ、地球が…」

ミオ『はははは!地球と目の前の快楽、どっちを取るんだ!?』

梓「ち、ちきゅぅ…ちきゅうを…まもるん、だか…あはぁっ」

『負けるな!』

梓「えっ」

澪『負けるな、梓!』

梓「澪先輩…っ!」




229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:04:15.42 ID:iv++w03o0

恥丘ですね



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:04:28.88 ID:873p2ZuB0

恥丘を守れ



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:08:28.30 ID:W+B1iuto0

あずにゃんつるつる恥丘きれいだにゃん…





232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:08:38.79 ID:2xBj0Kkn0

澪『私のふりをして私の大好きな!大好きな梓に近寄るとは!許せん!とおっ!』

ドカッ

ミオ『ぐはーっ!!』

梓「澪先輩!」

澪『梓!すぐにこいつを倒して助けるから!それまで耐えるんだ!!』

梓「は、はいっ!」

澪『いっしょに地球を!みんなを救おうっ!!』

梓「はいっ!!!」




233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:09:50.59 ID:5lPUQ2ACO

どうしてこうなったwwwwwwww





234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:10:19.13 ID:2xBj0Kkn0

ピチチチチチチチチチ

澪『とお!とおっ!』

ミオ『ぐおっ!やるなあ!』

梓「くぅっ、くっ、うううううっ」

澪『しぶといな!これでどうだ!ベースクラッシュ!』

ミオ『ぬうっ!これほどの人間が地球にいたとは!』

梓「ああっ、あ!みっ!……っはあ、澪先輩…がんばっ…ああん!」




235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:10:57.83 ID:hgAHLkiB0

世の女子高生の一部はこんなオナニーしてんのかな……



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:14:37.24 ID:ItKM4WaR0

>>235
そうだな、大体八割くらい





236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:13:38.00 ID:2xBj0Kkn0

澪『これでトドメだ!萌えきゅんビーム!』 ポワワワワン

ミオ『ぐはーっ!なんだこの強力なビームは!』

澪『それは、私と梓の愛の力だ!!』

ミオ『くそ、最後は愛が勝つというのか!愛とはすばらしいね』

澪『成敗!』

どかーん!

梓「あっ、先輩、先輩っ…わた、もう…っ」

澪『いまその戒めを解いてやる!耐えるんだ梓!』

梓「せんぱぃ…せんぱ…っ」

澪『くっ、このっ…梓っ!だめだ、耐えろおっ!!』

梓「せんぱい…ごめんな……


                     さい…       



澪『あずさあああああああああああああああっ!!!』



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:19:23.64 ID:2xBj0Kkn0

梓「んはああああああああああああああああああああんっ!」 びくんびくん



梓「はぁ、はぁ、はぁ…っ」

梓「ふぅ、ふぅ……ふぅ」

梓「地球……滅ぼしちゃった」

梓「ああーっ。だめじゃない私我慢しなきゃー。何やってるのわたしーっ」 じたばた

梓「ていうか澪先輩が悪を倒した時点で地球解放されてもいいじゃない!
  なんで気持ち延長してんですかーっ!」

梓「ああーごめんなさい地球のみなさん地球に住んでる人たち。私のせいで滅亡してしまいました」

梓「……」

梓「私のせいで地球が滅亡して…それで…」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:19:42.96 ID:2xBj0Kkn0

もわもわもわ

澪『お前は…誰だ?』

梓『わ、私は梓…中野梓です』

澪『そうか。私は澪…ただの澪だ。
  地球は滅亡してしまった。この荒野にいるのは私たちだけのようだ』

梓『そんな!』

澪『だが望みはある。荒野の地下にある装置が眠っているのだ』

梓『装置…ですか?』

澪『ああ。女同士で子を成す装置だ。これがあればまだ人類は…!』

梓『わ、私たちがアダムとイブになるんですね!』

澪『そうだ。しかし、その…ひとつ問題があってだな…』 もじもじ

梓『問題?』



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:20:23.14 ID:2xBj0Kkn0

澪『ああ。その、装置を働かせる際に、なんというか…
  性行為のまね事をしなければならんのだ ////』

梓『ええっ?せ、性行為ですか?』

澪『わ、私となんかじゃ嫌だとは思うが、人類のためなんだ!わかってくれ!!』

梓『い、いやじゃないですっ!』

澪『梓…』

梓『澪せん…あ、あなたとなら!…いやじゃないです…』

澪『…ありがとう。ありがとう、梓』

梓『澪…さん』

もわもわもわ


梓「なーんちゃって!なーんちゃって!もう私ったらもうーっ!」 どったんばったん

梓「はぁ、はぁ…明日はこれで決まりですっ!」 キラリン



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:20:39.53 ID:2xBj0Kkn0



律「おはよーっ」

紬「おはよう」

澪「おはよ、唯」

唯「おはよう!みんな!」

梓「おはようございますですわ」 つやつや

唯「あれ?あずにゃんなんかツヤツヤしてる!」

梓「そんなことありませんですわ」 つやつや

唯「?」

                               End




243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:26:37.33 ID:W+B1iuto0

そして今日も恥丘は平和なのにゃん!

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:27:36.62 ID:VpPDRzkN0

e?
end?



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:32:58.93 ID:nardWKkN0

>>244
ふう……これ以上何を望むというのかね?






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「はぁ?私に抜いてほしい?何言ってんですか?」#後編
[ 2011/08/24 23:20 ] 妄想 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6