SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ミステリィ >  律「思い出さないあの日」#5章 屈折編 ⑦「ラスト・メモリー」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「思い出さないあの日」#5章 屈折編 ⑦「ラスト・メモリー」#前編 【ミステリィ】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1289747692/

律「思い出さないあの日」#index



777 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/24(木) 23:45:28.52 ID:365VAJXK0

屈折編⑦「ラスト・メモリー」





777 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/24(木) 23:45:28.52 ID:365VAJXK0

///////////////////////////

律『…』ニコニコ

澪「……」

 また、あの顔だ。

 笑っているけど笑っていない、例えるなら『笑顔』の仮面をつけているような……

 …外せるのは…私だけ?

 だったら…

澪「…律?あのさ

律「ん?何?澪?」ニコニコ

澪「……」ゾク

律「???」ニコニコ



澪「…何でもない」

////////////////////


 【部室】

律「みんな~お待たせー!」ニコニコ

唯「…あ、お、お帰り……りっちゃん…」

梓「……」

澪「…練習。するのか?」

律「んー…」

律『どうする?』

唯梓紬「?」

澪「…練習しないのにわざわざ呼んだのか?」イラッ

律「……・・」

紬「…えっと…あんま時間ないし…お茶は放課後ね!」

律「…あぁ」

澪「そうだな」

唯梓「」

////////////////////////////////



787 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/01(火) 23:52:37.16 ID:C7LnVA8E0



律「いや~今年の学園祭は~澪、どんな風に盛り上げてくれんのかな~」

 りっちゃん達が戻ってきた…何だろう……どこかおかしい。

澪「……」

律「去年はパンチラだったし~」

澪「…」

律「今年は…へそ出しとかかな~」

澪「」イラッ

律「あ、それとも~


澪『練習するんだろ!』

唯梓紬「?」

唯(…澪ちゃん?)

律「するよ~」ニコニコ

澪「……だったら――

律「せいっ!」

 ?

律「たこ焼きー」

 りっちゃん…何がしたいの?

澪「はぁ?」

律「えへへへへへ」

 ?

律「ポニーテール!」

 ??

/////////////////////////

律「つーん!」

澪「ちょ…や、やめろって…!」

澪「もう…なんなんだよ!」

律「…」

律「あーそうそう おすすめのすっごい怖いホラー映画持って来たんだけどー




澪(…律…?)

澪(?…様子がおかしい…何か言った方が…)

①「…」
②「もう教室戻るぞ!」
③「練習するぞ!」
④「唯ー何とかしてくれー」




788 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/01(火) 23:54:02.25 ID:j4B6C43co






789 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/03(木) 01:16:44.00 ID:CuXSrxuo0


①「…」

澪「…」

律「ほら!み~お!」

律「? 澪?」

律「お~い」

・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・


//////////////////////////////

 律がなにか言ってる…………ん?

 りつ、ってこんなんだっけ?

 こんな不気味にニヤニヤ笑ってたっけ?

 
 …いや、違う。

 りつはこんなんじゃない

 本当の律は――――

 じゃあ

 目の前にいる彼女は?


 …あぁ、簡単じゃないか

 つまり――


////////////////////////



790 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/03(木) 01:18:16.63 ID:CuXSrxuo0


唯「…み、澪ちゃん?」

澪『……』

律「ほら、みーお! このホラー映画さ

澪『誰?』

律「?」ニコニコ

唯「?」

紬「澪ちゃん?」

澪『ムギ、こいつ誰だよ? 律は?』

唯梓「へ?」

澪『律はこんなのじゃないだろ ほら律は? 何処?』ニコニコ

唯「……!」

律「」ニコニコ

澪「」ニコニコ

律「」ニコニコ

澪「」ニコニコ

梓(なんだろう…気持ち悪くなってきた……)



//////////////////////////////////////////////////////////////////

 あれ? 何か違うような――


 ……どうでもいっか。

///////////////////////////////////////////////////////////////////



  バッドエンド⑳「感染」

・ノーヒントです。


とりあえず今日はここまで
予告なしで申し訳ないんですが直前の②、③、④から選択お願いします。




791 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/03(木) 01:23:40.90 ID:mXbZ0GHeo






799 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/05(土) 22:57:23.15 ID:KqR27ZYn0

③「練習するぞ!」

澪「練習するぞ! いい加減にしろ、律!」

律「えーいいじゃーん…あ、このホラーの見所は……

澪(聞いちゃいない…)

律「で、ここがさー……

澪(もう一回何か言わないと…)


①「もう教室戻るぞ!」
②「唯ー何とかしてくれー」
③無視する




800 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/05(土) 23:06:45.35 ID:qQf2Xg+oo






801 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/05(土) 23:47:16.52 ID:KqR27ZYn0

②「唯ー何とかしてくれー」

澪「唯ー何とかしてくれー」

唯「ほえ!?」

梓(!…ちょっと……澪先輩…今のは…)

律「……」

唯「…?」

澪(ん?)

唯「り、りっちゃん? 練習しよ? ね?」アセアセ

律「……」

紬「…」

澪(…?何だよ…急に静かになって…

①「練習しよう」
②何も言わない




802 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/05(土) 23:50:58.58 ID:XuHV2RGIo






814 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/18(金) 01:16:44.39 ID:SGB0usy+0

②何も言わない

澪「…」

律「……」

澪「…」

唯「……練習……する?」

梓「……あの・・・」

紬「……」


澪『……』

律「……」



律「…あーー!」

紬「」ビクッ

律「なんだよ、言いたいことあるなら黙ってないではっきり言えばいいだろ!」

澪「はあ?」

律「何が『はあ』だよ!?」

唯「な…何? どうしたんだろ…」オロオロ

紬「……お、お茶にしない!? …お茶にしよ…? ね?」

紬「そ、そうだ、今日美味しいタルトを…

梓(な、なんとかしなきゃ……なんとか……はっ!)

梓(そうだ! ネコミミで…

梓「み、みなさん! 仲良く練習しましょぅ……」

律澪「…」

紬「……」

唯「…」(あずにゃん…)

梓(は、外した…)



律「う~ん…まあ……練習するか…」

唯(ほっ)

澪「やろっか」


部室に安堵の空気が流れる中、演奏は始まった。


唯梓(ん?)

 ?

澪「……」スッ

 澪ちゃんの合図で演奏が止まる。



815 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/18(金) 01:18:01.83 ID:SGB0usy+0


澪「……律? …あのさ、ドラム、走らないのはいいけど……パワー足りなくないか?」

律『…………』

澪「……? 律?」

律『・・・・・・』

澪「」ムッ

澪「おい!り

律『あーごめん』

全員「!」

律『なんか』『調子でないよー』

律『また、放課後ねー』

 りっちゃんが部室を出て行く…

唯「ふぇっ!? りっちゃ

澪「いいよ、唯」

律『   』

 でも……いま…

唯「へ……でも…」

唯「……」



澪「ばかりつ……」





梓「…あ、次の授業体育なんで……失礼します」タタッ

 …後輩の後姿は、どこか寂しげだった。

唯澪紬「」



 ――――何分かして、2人も部室を出て行った。

 
 私をのこして。



819 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/19(土) 01:27:59.79 ID:BVpBTXtK0

 【放課後・部室】

梓「あ、こんにちは」

唯「……あずにゃーん」

梓「? どうしたんですか?」

紬「……色々あってね」

梓「……律先輩ですか?」

唯「…………うん」

紬「魂が抜けたみたいだったわ」

梓「何があったんですか?」

唯「ムギちゃん…何か知ってる?」

紬「……私もよくわかんないけど…」

梓「そ、そうですか……」

唯「……やっぱり…澪ちゃん、かな?」

梓「……確かに…何か2人とも不自然でしたよね」

紬「そういえば澪ちゃん……遅いね」

梓「……」

唯「……」

紬「……」


 ガチャ

紬梓「!」

さわ子「あれ? 今日のお菓子は?」

唯「何だ~さわちゃんか…」ガクッ

さわ子「……? 何かあったの?」

梓「実は――――



さわ子「……なるほど」

唯「さわちゃん、私達どうすればいいかな…」

さわ子「そういうのは本人同士がねぇ――

梓「……確かに、何もできませんよね」

さわ子「最後まで聞きなさいよ!」

紬「まぁまぁまぁまぁ」

唯「…じゃ、今日はここまでにしよっか」

梓「……そうですね」

紬「じゃあ…また明日ね」



820 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/20(日) 22:51:30.30 ID:UVKehmjE0

 【部室】

 ガチャ

澪「……みんな、帰ったのか」

澪「……」


 ガチャ

澪「…? 何で2人が一緒に?」

律「……さっきそこで会ってさ」

澪「ふーん」

?「……」

澪「……」

律「・」

?「!」

澪「?」

?「あー…私、帰るわ…

澪「えっ…ちょ――

 バタン

澪「」

律「…」

澪「……何だよ」

律「何が?」

澪「…一体どうしたんだよ、最近お前変だぞ?」

律「…『最近』?」

澪「…あぁ」

律「…最近って具体的にいつからだ?」

澪「・・・

安価>>821




821 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/03/20(日) 23:27:02.33 ID:EklDV801o

一週間





822 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/22(火) 23:52:14.03 ID:OU+2K1NZ0


澪「あー…1週間くらい前か?」

律「……ふーん」

律「やっぱ私も帰るわ」

澪「えっ!?」

澪「ちょっと、待っ


律『うるさい! お前なんかに心配されたくないんだよ!』

澪「え……

 バタン!

澪(……)

 律が肩を怒らせて部室を出て行った。


 残された私は…

①律にメール
②律を追う
③帰る




823 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山陽):2011/03/23(水) 00:11:28.02 ID:mI9NkOWAO

よっしゃ!
初安価!






825 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/03/28(月) 19:13:55.51 ID:wLkUJp590

②律を追う

澪「律! ちょっと待てよ!」

律「…」タタッ

澪「おい!」


 律が階段を駆け下りていく。

澪「はぁ…はぁ…」

 2階についた。
 律の姿はない。

澪「えーっと……」

 何か手掛かりになるものは……
 
 ……あった!

 ドラムスティックが1メートル程先に落ちていた。

 …ん? あの後姿…もしかして!

澪「おーい! 律ー!」


////////////////////

律「…ありがと、匿ってくれて」

?「いえいえ」

律「……私は帰るわ」

?「そう…じゃあね」

律「……うん」

//////////////////////


しずか「何? …秋山さんだっけ?」

澪「あれ!?」

///////

澪「あ~完全に見失った……」

澪「律……もう、帰っちゃったよな…

澪「はぁ……帰るか」



836 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/13(水) 23:25:49.06 ID:eqOv/4NQ0

 【澪の家】

澪「はぁ……ただいまー……」

澪母「お帰り……どうしたの?」

澪「い、いや何もないけど!?」アセアセ

澪母「……ふーん?」

澪「…うん」



/////////////////////

【律の家】

律「もう……やだ」

 律は日記を読み返していた。

//////////////////////


――とある春の日――

 やばい

 なにがやばいって……
 唯だ。
 テストで赤点とってきた。
 私の点数見せたら「こんなの、りっちゃんのキャラじゃないよ……」とか言われた(-ε-)

 ……その後、唯ん家で勉強会した。 澪が教えてたし、追試は大丈夫だろうな。


////////////////////

――とある夏の日――

合宿終わった! 楽しかった~!
 てゆーかムギの家は別荘、何個持ってるんだ…
 あー、そういや合宿中は澪とあんまスキンシップしてないなー
 唯っぽく言うなら澪分がたりないーーー!


//////////////////////

――とある秋の日――

唯め~!
 ギターのメンテナンスくらいちゃんとしとけ~ヾ(--;)
 私だってメンテぐらいしとるわ!

 なんかとっても疲れけど……まぁ当然ちゃ当然か。

//////////////////////

――とある冬の日――

 郵便受けに謎の手紙が入っていた。
 「な、なんだ!?この意味深な文章は! ……まさかラブレ」
 ……とか思ってたら澪の新しい歌詞でした( ̄□ ̄;)!!

 変な期待さすな! このバカチン!

/////////////////////



837 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/13(水) 23:26:31.80 ID:eqOv/4NQ0

///////////////////////

 …また春の日


 【4月○日】

 今日から高校2年生だ~!

 唯とムギが同じクラスだったけど澪だけ1組らしい。

 …あいつ、大丈夫か?(--)

//////////////////////////////

 そして今日は…


【△月□日】

 お昼休みに澪の教室に行った。

   。    (   #


    ;:、・


           ”
 ……澪ごめん



    *

        :・」


    ;、

////////////////////////////

 ……読んでる内に涙出てきてなんも書けないよ…

 あたまガンガンするし。

 澪のこと考えると悪化する気がするし。

 きょうはねよう。



843 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/16(土) 00:33:59.03 ID:yKs2RQ2/0

 【次の日の朝】

 ピリリリリ


澪「……ん?」

 アラームとは違う音で目が覚めた。
 ――どうやらメールの様だ。

 【from 和】

 【件名 もしよければ】

 【本文 今朝いっしょに登校しない? ちょっと話があって】


澪「……?」

 何かちょっと引っかかる文章だ。
 家がそんなに近いわけでもないし……
 でも…話があるって言ってる以上断るわけにもいかないよな

澪「……」

 ピッピッ

 【わかった、どこで待ち合わせる?】

 

 ――――メールで待ち合わせ場所を相談していたら、いつの間にか時間が経っていた。

澪「早く朝ごはん食べないとな」

 

 ……トーストをかじりながら窓の外を見た。

 ……曇り空だ。

/////////////////////////



850 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 01:54:19.27 ID:G/EPZCslo

 【通学路】

澪「……」ピッピッ

 【to りつ】

 【件名 】

 【本文 ごめん、今日用事あるから朝は各自で】

 メールを打ち終えて間もなくすると向こうから声がした。

和「澪ー!」

澪「あぁ、おはよう、和」

和「ごめん、待った?」

澪「ううん、それより早く行こう? 話があるんだろ?」

和「そうね」




「……ん? あれって……?」

///////////////////

 【真鍋家】

男「ねーちゃーん おきろー」

女「……あと5分」

男「…じゃなくて」

女「だから何~?」

男「和お姉ちゃんが出掛けたんだってば」

女「え?」

男「…朝は温めて食えって言ってたんだけど…」

女「?」

男「…電子レンジの使い方がわからん」

女「」

男「…」

女「……はいはい、今起きるから…」

女(私もわかんないんだけど…)

/////////////////////



851 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 01:55:11.25 ID:G/EPZCslo

/////////////////////


聡「ねーちゃーん おきろー」

律「……」

聡「おーい!」

律「……」

聡「だからもうあ

律『今日は休むわ』

聡「? 熱でもあんのか?」

律『お、よくわかったな、大正解』

聡「…普通に元気そうなんだけど」

律『うるさい、寝るから』

聡「あーはいはい」(風邪でご機嫌斜めだな)

///////////

律「……」

 律はさっき携帯に届いたメールを見た。

律「………………」

 あーやっぱ澪怒ってるのかな……

 ……そもそも…澪は悪くない。
 私が勝手にイライラして八つ当たりしただけだ。
 …今日は休んじゃったけど、
 明日、ちゃんと謝ろう。

 あー、頭痛い…………寝るか。


 ブーブー

律「…………ん?」


 メールだ。

/////////////////



852 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 01:56:09.25 ID:G/EPZCslo

/////////////////


 コンコン

憂「お姉ちゃん、朝だよ~」

 「…………」

 ガチャ

憂「?あれ…お姉ちゃんいない……トイレでも行ったのかな?」


憂「あー…でも今日は日直だから早くいかないと…」アセアセ

憂「あ……せめてメモを…」


 憂は書置きを残して慌しく家を出て行った。


//////////////////////


 【数十分後】

憂「おはよ~」

梓「あ、憂おはよ」

憂「……あれ? 純ちゃんは?」

梓「また寝坊じゃない?」

憂「う~ん……」

梓「…そういえば、今日は憂もいつもより遅くない?」

憂「あぁ、ちょっと先生から頼まれごとされて」

梓「あ、そうだったんだ」

 ガタン!

純「……ふー…ギリギリセ

 キーンコーン……

梓「…本当にギリギリだね」

純「…はぁ…疲れた…」

梓「で? 今日はどうしたの?」

純「いや~それが運命の出会いというか、なんというか……

梓「……夢の中で?」

憂「!……」チラッ

純「違うってば!」

憂「2人とも……次、移動だよ?」

純梓「あ」

/////////////////////



853 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 01:56:58.97 ID:G/EPZCslo

/////////////////////


唯「おはよ~!」

紬「おはよう、唯ちゃん」

唯「ふぅ…あれ?りっちゃんは?」

紬「お休みみたいなの」

唯「そうなんだ~」

唯(りっちゃん…風邪で機嫌悪かったんだね)

唯「じゃ! りっちゃんの分のケーキは私が…

唯「いや…あずにゃんにあげようかな…」

紬「…唯ちゃん、今日は元気ね~」

唯「ふふふ…」ニヤニヤ

紬「?」

////////////////////////////


 【休み時間】

 ブーブー

唯「…あれ?りっちゃんからメールだ」

唯「ムギちゃんにも来た?」

紬「……うん」

唯「……これって――

///////////////////////////



854 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 01:59:28.50 ID:G/EPZCslo

///////////////////////////

【放課後】

 音楽準備室には当然、律の姿はない。

梓「律先輩……来ませんね、昨日の放課後も…今日も…」

唯『…どうしたんだろう』

紬『……』

澪「……」

さわ子「…そりゃあ、澪ちゃんが冷たいからじゃない?」

澪「ええっ?」

さわ子「軽音部のために! 1日りっちゃんのおもちゃになってきなさい!」

さわ子「そうしないとりっちゃん、心が荒んで、食べれもしない牛丼の――

唯『……それ、失恋した時のさわちゃん先生だよね』

さわ子「はい?」ギロッ

唯「ひっ!?」

澪紬「……」

梓「でも……もしこのまま戻ってこなかったら?」

全員「「えっ?」」

梓「学園祭のライブ……どうなるんでしょう…」

唯紬「…」

澪『……練習しよう』ガタン

唯『ええっ…りっちゃんなしで?』

澪『仕方ないだろ……

唯『ええっ……

梓「……でも」

梓「律先輩…呼びに行かなくていいんですか!?」

澪「…………


さわ子「もしくは代わりを探すとかねー」

澪「えっ……

さわ子「まぁ、万が一のことも考えとくってことだけど」

唯『ええっ! でも…


紬「りっちゃんの代わりはいません!!」

唯『ムギちゃん…』

紬「待ってようよ」

紬「りっちゃんが来るの、待っていようよ」

 「りっちゃん、きっと来るから」

澪『……』

 その後、誰も何も言わないままに、今日の部活はお開きとなった。

///////////////////////////

次で過去終了です。  




855 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/04/28(木) 15:49:04.48 ID:L8XQynf20

おつおつー
とうとう過去編が終わるのか……



856 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank):2011/05/01(日) 22:28:58.43 ID:UiTdj1en0

おつ
頑張って終わらせてくれよ
終わるまで待ち続けるからな





860 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/11(水) 02:22:55.34 ID:OzmhvIhZo

 【最終下校時刻】

純「あ、先輩、こんにちは」

恵「?……えっと…?」

純「あ、私のこと覚えてませんね?」ニヤッ

恵「あ…うん、ごめんね?」

純『ひどい先輩ですね~、自分を慕う後輩の名前を忘れるなんて…』

恵「あ~…本当に、ごめんね? 次からは忘れないから……

純「……ぷっ」

恵「え?」

純「冗談ですよ、【会長】?」

恵「ふぇ!?」

純「私は2年の鈴木純です、
  こないだ先輩の【クラブ】に入会したので、ご挨拶に来たんですけど…」

恵「か、歓迎するわ……」

純「ところで先輩」

恵「何?」

純「このクラブって……非公式ですよね?」

恵「」ギクッ

純「……もちろん本人にも」

恵「あ~……」

純「……」

恵「…」

純「……まぁ、それで何とゆうか、
  こういうのは早めに暴露したほうがよいのでは?、と思いまして」

恵「…そうね」

純「お願いしますよ、私の友達も軽音部員なんでもしかしたらバレちゃうかもですし」

恵「……また考えとくわ」

純「ま、とりあえずはライブですよね、学祭の」

恵『うん……そうね』

純「? 何か不都合でも?」

恵「あぁ…まぁ…ベタなことなんだけどね?」

純「?」

恵「あの…澪さんと仲のいい、ドラムの子が体調不良らしいのよ」



861 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/11(水) 02:23:21.90 ID:OzmhvIhZo

純「へ~」(律先輩が…)

純(また梓に話聞こっと)

恵「そういえば、軽音部にお友達がいるって言ったたわね」

純「はい」

恵「できればその辺の事情を尋ねておいてくれないかしら? ちょっと心配で」

純「いいですよ、そうするつもりでしたし」

恵「じゃ、私はそろそろ帰るわ、またね、佐々木さん」

純「鈴木です」

恵「」

純「」

恵「……気をつけるわ

純「ぜひお願いします」

//////////////////////////



862 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/11(水) 02:23:56.82 ID:OzmhvIhZo

//////////////////////////

 
 ……やっぱそうなのかな

 澪は私より、あいつのほうがいいのかな。

 まぁ、あいつのほうがしっかりしてるのも、澪と話が合うのも何となく分かる気がする。

 でも……わざわざ、私を除け者にすることもないよな。

 もう……澪なんか


 きらいだ。

////////////////////////

 今更になって後悔した。

 あんなメール、送るんじゃなかった。

 もし、軽音部の雰囲気がこれ以上悪くなったら


 私のせいだ

////////////////////////



863 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/11(水) 02:24:23.93 ID:OzmhvIhZo

////////////////////////


 【帰り道】

唯「ねぇ、あずにゃん」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「…」

唯「あーずーにゃーん!」

梓「!な、何ですか?いきなり叫ばないでください!」

唯「あずにゃんが無視したくせに~」

梓「あ、ちょっと考え事してて、すいません」

唯「ふ~ん、何のこと?」

梓「……えっと、律先輩のことで」

唯「あー…」

梓「今日、部活来ませんでしたけど、教室ではどうでしたか?」

唯『えっと……』

梓「?」

唯『……あー』アセアセ

梓「……唯先輩、何か隠してるでしょ?」

唯『えっ!?』ギクッ

梓「バレバレですから、正直に話してください」

唯「実は……今日りっちゃん、学校に来てないんだよ」

梓「えっ!?」

唯「それで、お昼休みに私とムギちゃんにメールが着たんだよ」

梓「それって……内容は?」

唯「うん、私が休んだのは2人の口からは言わないでくれって」

梓「……」

唯「…」


梓「……行きましょう」

唯「え!?」

唯「……どこに?」

梓「決まってるじゃないですか」

 安価↓

//////////////////////////

 すいません、時間の関係で2回に分けます。




864 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/05/11(水) 02:28:32.24 ID:TiZeI3na0

何これ?律の家とか?



865 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州):2011/05/11(水) 09:31:52.34 ID:QBSXmbmAO

学校





872 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/25(水) 01:23:05.09 ID:SDq73/r3o

律の家

梓「行きますよ」

唯「だからどこ~?」

梓「いいから!」

唯「あずにゃん先輩厳しいっす…」

梓「はいはい」

/////////////

 【田井中家前】

唯「……りっちゃん家」

梓「そうです、律先輩に直接話を聞くんです」

唯「……で、でも…」

梓「いいから、行きますよ」

唯「……は~い」

///////////////

ピンポーン

律「は~い…って――

 唯と梓が来た、…余計な心配掛けさせたかな

梓「元気そうですね、律先輩」

唯「……」

律「……まぁ、上がってけよ」

//////////////



873 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/25(水) 01:23:30.58 ID:SDq73/r3o

//////////////

【律の部屋】

律「わざわざありがとな~…でももう大丈夫だから!」

 …正直全然だめだ、頭痛は止まないし、……それに

梓「…そうですか」

梓「じゃあなんで休みだって私と澪先輩には教えなかったんですか?」

 「」

唯「……」

律『いや~風邪でだるかったし、
  とりあえず同じクラスの唯達に連絡しとけば大丈夫かと思ってさ』

梓「……」

律「…あ、梓? もしかして怒ってんの? いや、次からは気をつけるからさ」

梓「律先輩」

律「何?」

梓「私は別にいいです、でも…

 【なんで澪先輩に言わなかったんですか?】

律「!」

唯(あずにゃん…!)

梓「しかも、唯先輩達にメールで口止めまでしてたじゃないですか!」

唯「あずにゃん…もうそろそろ…

梓「……何を考えてるんですか?」

律「…わかんない」

梓「?」

律「自分でもなにしたいのかわかんないんだよ…


梓「……でも

唯『あずにゃん、とりあえず帰ろ?』

梓「……」

唯「あずにゃん!」

律「……」

梓「……わかりました」

梓「でも、1つだけ約束してください」

律「…何を?」

梓「何があったのか知らないですけど、澪先輩とは仲直りしてくださいね」

唯「……」

律「……わかった」


/////////////////////////



874 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/25(水) 01:23:58.46 ID:SDq73/r3o

/////////////////////////


【澪の家】


 私はベッドに仰向けになって天井を見つめていた。
 ……律の顔が脳裏に浮かび上がって――

 【うるさい! お前なんかに心配されたくないんだよ!】

 …まただよ。 こんなに引きずるなら無理にでも律に話を…
 いや、それじゃ駄目な気がする……
 あの寂しそうな律の顔―――
 
 ……ふぁ―――zzz

///////////////////////////


 どこだ? ここ


律[……]

 律がいた、他は何もない。 ただただ、白い世界だ。

澪「り、律?」

律[……]

 律は何も答えない。

澪「……まぁいいや、とりあえず聞いてくれよ」

律[……]

澪「私さ、正直ここ最近の律が怖かったんだよ」

澪「いつもみたいに私をからかったり、冗談言ったりしない律がさ」

澪「……でも、それってひどいよな」

澪「幼馴染だからって相手の知らない部分を否定したりしてさ……

澪「……本当にごめん、律」

澪「お前が何でそんな風にするのかはわかんないけど、私はずっと待ってるから」

澪「……だから」グスッ

澪「……気が向いたらでもいいから、もう一度――

 最後の一言を言おうとした時、初めて律が口を開いた。



[…違うよ、澪のせいじゃないし、そもそも今に始まったことじゃないし!]


澪「……え?」

 あれ? それって…昨日の朝も……
 ん? じゃあ…――

澪「律! じゃあ【いつ】の【誰の】せいだって言うんだ?」

律[……]

澪「り

律[そっからは澪が考えることだよ]

澪「それって――

/////////////////////



875 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/05/25(水) 01:24:25.15 ID:SDq73/r3o

/////////////////////



ブーブー

 ……携帯が鳴っている…

澪「……!」

澪(ちょっと寝てた…)

 目覚めの元になった携帯を見る。
 画面の隅のデジタル時計を見ると20分もたっていなかった。

澪「……やっぱあれは夢か」

 でもさっきの出来事は夢の一言では片付けられない気がした。
 律が今朝ああ言ったのは真実なのだ。

 さっき夢の中で自分が言ったこと…

 【いつ】、【誰の】せいなのか…。


 律がおかしくなったのは…………

澪「あ……!」

 あの喫茶店…私が……唯と和とお茶をしてた時!

 なら、私がすべきことは――

①唯に電話
②律に電話
③和に電話
④梓に電話
⑤紬に電話




876 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/05/25(水) 01:32:05.01 ID:mShXsd8ho





878 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/25(水) 21:29:20.89 ID:J5PF99c40

あえて①





883 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/07(火) 01:43:34.91 ID:FbP5qmPm0

③和に電話

 あの場にいた和なら何か気づいているかも知れない。
 
 ……いや、それより――

 ――プルルルルル

 和はなかなか電話に出ない。

 そういえば最近疲れているようだし、寝ているのかも…
 また掛けなおそうか――

 プッ

澪「!」
 
和「もしもし、澪。 何?」

澪「あ、あぁ和……えっと…そのー・・・・

和「……」

澪「実は

和「律のこと?」

澪「えっ!?」

和「どうなの?」

澪「ま…まぁそうだけど……

和「それで?」

澪「いや…おととい和と喫茶店に行ったよな?」

和「えぇ」

澪「その時から何となく様子がおかしい気がして……
  和なら何か知ってるかなと思って」

和「う~ん…私は特になにも……

澪「そっか……」

和「……」

澪「……」

澪「……でもさ」

和「?」

澪「何で律のことだってわかったんだよ?」

和「いや? 澪が気にしてることなんて律のことくらいでしょ?」

 ……何だか皮肉めいた響きがあるような気がした。

澪「あ…あぁ、そっか……」

和「えぇ、そうよ」

澪「……」

和『…じゃ、そろそろいい? 私まだやることいっぱいあって』

澪「そうか……なんか悪かったな。 じゃ」

和『……べつ

 ブツッ ツーツー…………


和「……」

///////////////////////



884 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/07(火) 01:44:23.62 ID:FbP5qmPm0

///////////////////////


 和は気づいてない様だったけど……
 律はひょっとして――
 私が和と仲良くお茶をしているのが気に入らなかったんじゃないのか?

 ……なんか凄い思い過ごしの気がする。
 あの鈍い律がそんなことで?

 …でもそれくらいしか思いつかない。
 それはこの答えが正解だという証拠なのかも知れない。

 ……まぁどっちにしても明日律に直接会って確認するしかない。

 いくら私を避けて部活を休んでるからって教室からは逃げられないはずだ……

 ……教室、か。

 そういえば律とクラスが離れるって珍しいな。
 離れても休み時間の度に会ってたし。

 喧嘩なんて大げさでもなくした記憶がない。

 思えばお互いこんなに【あわない】のは初めてだ。

 ……いまさらだがそんな現状に驚いた。

 そして、唐突に律に対して――謝りたいと、そう思った。

///////////////////////////



885 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/07(火) 01:44:57.43 ID:FbP5qmPm0

///////////////////////////
//////////////////
///////////
//////
///
/


 澪に電話を切られてから十分程たった。

 ……

 ……澪には忙しいと言ったがそれは正確ではなかった。
 正直、心配でしょうがない。 手が進まない。

和「……」

 軽音部はまだ講堂の使用届けを出してない。
 澪が電話してきたのはてっきりそのことだと思ったのに。

 ……でも、澪はそんなこと頭のどこにもないみたいだった。

 
 
 ……私のことと同じように。



/////////////////////////



886 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/07(火) 01:45:40.43 ID:FbP5qmPm0

/////////////////////////

 【次の日】

澪「……ん、もう朝か」

 ……時間を見ようと携帯を開くとこんな時間なのにメールがもう2通着ていた。

 …新しい方を見ると和からだ。

 そこには

 【律と仲直りできるといいわね】

 とだけ書かれていた。

澪「ふぁ……」

 ……まだ少し眠い。

 和には後でお礼を言うことにして浅い眠りについた。

//////////////////

//////////

 【30分後】

澪「はっ!」

 ……少し寝過ごしてしまったようだ。

 ……朝食はあきらめよう。

 早く律に会いたかった。

/////////////////

 

 【2年2組前】

澪「……はぁ」

 もう生徒はほとんど登校していた。 
 だが律の姿は見当たらない。

 ……律はどこにいるんだろう?

 席の辺りにはいないし――

?「あ! 澪ちゃん!」

澪(!……なんだ、唯とムギか)


唯「あ、本当だ」

澪「お、おはよ……

唯「あのね、りっちゃんね

澪「い、いや……律の様子を見に来たんじゃなくって――

 ……私は何をふざけたことを言っているんだろう。
 
澪「…その……

唯紬「……」


紬「学校、休んでるの」

澪「えっ!?」



891 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/07(火) 23:58:48.24 ID:FbP5qmPmo



澪「それって……

紬「ごめんなさい、黙ってて」

澪「……もしかして……昨日も?」

唯「……うん」

澪「……どうして言ってくれなかったんだ?」

紬「…りっちゃんに口止めされてて」

澪「……」

唯「……あ! で、でも…別に澪ちゃんだけじゃないよ?」

唯「えっと……誰にも言わないでって言ってたから、さわちゃんとかあずにゃんとかにも……

澪「いや、別にいいんだ、唯」

唯「?」

澪「…今更だけど、仲直りしようと思ってさ、その時、律に直接話すから」

唯「……そっか」ニコッ

澪「あぁ、それで悪いけど私だけで律のお見舞いに行くから…今日の部活は…

紬「えぇ、わかったわ」


澪「……みんな、ありがと」

/////////////////////////////////


 【放課後・律の家】

 ピンポーン

律母「はーい……あ! 澪ちゃん!」

澪「こんにちは、おばさん」

律母「お見舞いに来てくれたの? 上がって上がってー」

澪「えっと…律は?」

律母「あぁ、風邪引いたみたいでね、部屋で休んでるわ」

/////////



892 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/11(土) 00:39:29.81 ID:KpOtGWJgo

/////////



 【律の部屋】

律「……」

 はぁ……
 何、学校休んでるだろ。
 最初は仮病のつもりだったのに。

 悪かった、って澪に言わないとだめなのに。
 それで澪が許してくれるかなんて分かんなくても。
 
 自分の口で言わないといけないのに。


 ……自分がもう嫌だ。

 目の前にある風邪薬。
 こんなのでも一気に飲めば死ねるんだろうか。
 薬も多すぎると毒と聞くし。

 ……まぁ、本当に死ぬ気なんてないけど、その勇気もないし。

 
 トントントン

 誰かが階段を上ってきた。

 そういえば学校はもうそろそろ終わる時間か。
 もしかしたら澪がお見舞いに来てくれたのかもしれない。

 ……そんなはずないけど。

律「……みおー」

 ガチャ

  『来てよー』とか『だったらよかったのに』とか続けるつもりだったのに、

澪「超能力者か」

 えっ



893 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/11(土) 00:39:55.43 ID:KpOtGWJgo

律「……わかるよ、澪の足音は」

 少し驚いたが何とか平静を装えた。

澪「…………」

 澪は何か言いたそうだったが無言で座った。
 私に気を遣ってくれてるんだろうか。

澪「……風邪、どう?」

律「まだちょい熱ある」

 最初は仮病のつもりだったんだけどな。

澪「……道理でドラムに力なかったはずだ」


律「学園祭前…なのにな~」

澪「いいから早く治しなよ……みんな、待ってるからさ」

 

律『怒ってない?』

澪「ないよ」

 ……ここからを言うのは正直、怖い。
 できれば暗黙のまま済ませたかったけど。

律「……澪は・・・?」

澪「ないよ、当たり前だろ」


澪「ただ……

律「」

澪「律のドラムがないと……ちょっと寂しいかな」

澪「……私、走り気味でもさ―――

 ……この後のことは正直、よく覚えていない。
 澪の口から「怒ってない」と聞けたのが嬉しくて、わがままを言ったかもしれない。
 いつもの調子に戻そうとして無理にふざけたかもしれない。
 …何故かお見舞いに来た唯も一緒に寝てたかもしれない。

 ……少なくとも、次に起きたのは翌朝だった。

 その間はおそらく眠っていたのだろう。

//////////////////////////////////////



894 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/11(土) 00:40:21.97 ID:KpOtGWJgo

//////////////////////////////////////

 
 次の日は色々と慌しかった。

 和に言われて書類を出していないことに気づいたり。
 和と一緒に会長さんに頭下げたり。
 和のお陰で許してもらって書類書いて。
 和を待たせてバンド名考えて。


 ………………この時は気づいていなかったが。

 私、田井中律は、もう1人謝るべき人がいたようだ。



///////////////////////////////



895 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/11(土) 00:45:58.18 ID:KpOtGWJgo

///////////////////////////////


 【その日の帰り道】

梓「――で、そこで純がですね――

唯「ふ~ん…あ、その日は私もね―― 

 猛スピードで車が迫ってきた。

律「ははは……! 澪! ストップ!」

澪「わっ!」

 プー!

澪「……危なかった」

律「澪、大丈夫?」  

澪「…あぁ、別にぶつかったわけじゃないしな」

紬「……あっ」

律「? どした?」

紬「……携帯が…」

澪「あっ!」

 澪の携帯電話がバラバラに壊れていた。

梓「…災難ですね」

澪「はぁ……」

律「ま、そう落ち込むなって! 新しい携帯みんなで見に行こうぜ」


澪「……あぁ、そうだな、ありがとう」

///////////////////
///////////////
/////////
/////
/


そして、私の意識は8年前のあの日、平沢家の廊下に戻っていった。

 
/////////////////


 これにて過去編終了です。
 
 ところで最終安価の難易度はどれくらいにしようか……
 (>>375のチーム分けくらいか、それ以上にするか…)




896 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/06/11(土) 00:50:14.09 ID:sc4fIJs9o

ラストはヌルめで頼む
ひとまず完結まで見たくてたまらん



897 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/06/11(土) 04:44:28.86 ID:Z8Cered70

なんなら安価なしでもいいです





898 名前::2011/06/12(日) 00:38:45.93 ID:Tz0YjH7Ko

もう少し難易度について意見を頂けると嬉しいです。
人少ないのかな。




899 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/06/12(日) 00:47:20.84 ID:T01UPb7go

投稿の間隔が空いてたから、放置スレとみなした人もいるかもしれない
放置してHTML化されるスレを最近ちょくちょく見かけるし



900 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/06/12(日) 02:01:10.78 ID:hDgBjfhAO

ここまできたんなら安価なしでもいい気はする
正解ルートが複数あるなら別だけど



901 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/06/12(日) 06:00:28.78 ID:Hvb9PpUR0

様式美でもあるし三択くらいがいいんじゃない?



902 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank):2011/06/12(日) 11:51:31.82 ID:bFdfQRer0

最後まで安価でもいいしやりたいようにやればいいよ



903 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸):2011/06/12(日) 15:52:44.79 ID:D1+I2zsAO

>>1がどこまでもやってくれるなら安価ありで
なんかグダグダして>>1に迷惑かけそう





904 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/12(日) 21:30:16.00 ID:Tz0YjH7Ko

1です。
一応、正解も複数ありますし最後は安価でいきます。



905 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/14(火) 22:55:40.84 ID:eB3Z2OPbo

ここからは時系列的には>>623の続きになります。

//////////////////


律「……はぁ」

  ……ようやく全てを思い出せた。

 いや、正確にはまだだ。
 まだこの後何が起こるのかは知らない。

 ……でも、ちょっと考えればとうなるかは想像がつく。
 何しろ自分のことなのだから。

 
////////

 ここで気になることがでてきた。


 ……ここはどこだ?
 火事が起こったのは8年前だ。 今日じゃない。
 でも実際に私はここにいる。

 ……夢か何か?
 でも、梓もここに来ている。
 それに梓が言っていた、記憶の世界だ。と

 ……その意味が今ひとつ理解できない。

 そもそも梓は何でそんなことを知っている?
 準備したのは澪なんじゃないのか?



律「……まぁ、私が考えてわかることじゃないよな」

律「はぁ……

///////////////////////


 【30分前・憂の部屋】

 ガチャ

澪「あ、和。何してんだ?」

和「……いや、電気が点いてたから入っただけよ」

澪「そっか、じゃ私は戻るから」

和『ちょっと待って』

澪「? 何?」

 ここからだ。慎重に、慎重にいかないと。


 私の計画を成功させる為には。

和(……)



908 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/17(金) 00:36:41.04 ID:wA/vLJ5No

////////////

 ……今日、この家には誰がいる?

 唯、憂、澪、私……あとは梓ちゃんとムギ――

 そして、あと1人。 田井中律。

 私は彼女のことがどうしても好きになれない。

 …別に嫌いというわけではない。
 ただ、どうしても許せないのは、あの日のことだ。

 ……何だか私だけが苦労して、悪役になってしまった気がした。

 そして、それを詫びることもなく、平然としている彼女が嫌だった。
 そして、そんなことを未だに引きずっている自分も嫌だった。
 だから、仕掛けた。

 この悪戯を。 


和「……ねぇ、澪、この前話した本だけどさ―――

 まずは時間を稼ぐ。
 どうせすぐに律は来る。

 あの子は澪がいないと何もできないから。

澪「えぇっ? あれもう新刊でてたの?」

和「まだ買ってなかったの?」

澪「あぁ…最近忙しくて」

和「今度貸そうか?」

澪「いいのか!?」

和「い、いいわよ? そこまで喜んでくれるとは思わなかったわ……」

澪「いや本当にありが

 ガチャ


律「みおー…あー……和もいたんだ…」

和「」

澪「んー? どうした?律」

律「あーいや別に用ってわけじゃないんだけ



澪「じゃあ律は唯達のところに戻ってたほうがいいんじゃないか?」

 え?

律「……へ?」

澪「……いや、和と本の話するから律いてもつまんないだろ?」

律「ま、まぁそうだけど……

澪「だろ? あ、それより和、さっきの続きだけど…

和「え…あ、うん」

律「ね、ねぇ…みお…

澪「悪い、律、後にしてくれ」

 バタン

 律が部屋を出て行くときぼそっと「ごめん」と言った気がしたが気のせいだろう。



909 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/20(月) 01:53:49.98 ID:NnVh9WoHo

 【神社】

男「ん~……ここに居ろって言われてもなー」

男「……することないし」

男「……そういえばこの神社って前から気になってたなー」

男「みんな【絶対に奥まで入っちゃいけません】とか言ってたし」

男「……だれもいないな」

男「……探検しよ」タタッ


神主「zzz・・・

//////////////

【平沢家・2階廊下】

律(……また、やっちゃたよ)

律(…あの時と一緒だ)

律(澪にもはっきり言われちゃったし)

律「はぁ……」


和「ねぇ……

律「   」

和「……」

律「何?」ギロッ

和「えっと……

 誤解を解かなくちゃ。

 今のは私が仕組んだことなんだ。
 別に澪はあなたを嫌ってるわけじゃないんだと。
 それは今もあの時も同じなんだと。

 そして……出来れば私も許して欲しいんだと。

 でも、いざ口を開いて出た言葉は、



910 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/06/20(月) 01:54:39.18 ID:NnVh9WoHo




 「そんなに澪に避けられてつらかった?」

 『あなた達ただの友達でしょ?』

 『澪もたまに鬱陶しがってるわよ』

 「本当に面倒くさい性格よね」

律「……」スッ

和「え?」

 ドタン!

和「わっ!」

 気づいたら私は律に突き飛ばされていた。

和「痛た……

 軽く頭を打ったようだ。


律「……え……あっ!……その、えと…ごめん」

和「あ、ちょっと――

 律は逃げるようにして階段を下りていった。

?「…おーい…

 
 入れ替わるように人影が現れた。

澪「あぁ、和か今何か倒れなかったか?」

和「ちょっと転んじゃって」

澪「大丈夫か?」

和「えぇ」

 ちょっとクラクラするけど。

和「……それより」

澪「?」

 ……この鈍感な王子様に教えてあげないと。

 律の気持ちを、私のしたこと、しようとしたことを。

 全て。

和「………………ということなの」

澪「……そんな…」

和「だから…早く」

澪「わかった! 律の所に行ってくる!」

 タタッ

 澪は階段を下りていった。

 あー頭がへんなかんじする。

 もしかして、打ち所…

和「……」ドタッ

 私の意識はそこで途絶えた。




関連記事

ランダム記事(試用版)




律「思い出さないあの日」#5章 屈折編 ⑦「ラスト・メモリー」#前編
[ 2011/08/25 13:03 ] ミステリィ | 記憶喪失 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6