SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「Lovely Sister LOVE」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「Lovely Sister LOVE」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259502330/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:45:30.11 ID:AEI3BlOFQ

――――

唯「ただいまー」

憂「お帰り、お姉ちゃん」

唯「憂、今日のご飯何?」

憂「ハンバーグだよ」

唯「わーい」

憂(はうっ、喜んでるお姉ちゃん可愛い///)





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:46:49.60 ID:AEI3BlOFQ

――――

唯「憂の料理は世界一だねー」モグモグ

憂「褒めすぎだよ、お姉ちゃん」

唯「私は事実を言ってるだけだよ憂」エッヘン

憂「そうかな///」テレッ

唯(照れてる憂、可愛い///)

憂「じゃあ、お姉ちゃん、あーん」

唯「あーん」パクッ

唯憂「えへへ」

唯憂(可愛いすぎるよ///)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:47:42.45 ID:AEI3BlOFQ

―――――

唯「先に上に上がっとくね」

憂「うん」

―――

―バタン

唯「ギー太、ギー太と……ってあれ、ギー太がない……」

唯「ってよく見たらここ憂の部屋だ、間違えて入っちゃったよ」

唯「机の上にノートが……『お姉ちゃんノートvol9』?」

唯「何が書いてあるんだろ」ペラッ

唯「1ページ目はと……」

唯「『Lovely Sister LOVE』?」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:48:50.67 ID:AEI3BlOFQ

―――

生まれた日からの仲良し 出逢いは運命ね 絶対



どうしてかな 可愛いくてほっとけない

好き好き大好き お姉ちゃん大好き

ねぇ あなたの妹で私よかった

あったかやわらか 教わるそのたびに 私にもできる何かを探してる

―――

唯「………///」カァァ

唯「もう、憂ってばこんなもの書いて」ニコニコ

どうやら1ページ目はこの歌詞を書くのが決まりらしい



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:50:00.89 ID:AEI3BlOFQ

唯「えっと2ページ目はと……」

○月○日

今日お姉ちゃんにキュンときた回数 112回

お姉ちゃんに見とれてしまった回数 127回

今日もお姉ちゃんは可愛いかった

今日の『アイス食べたい』今年のベスト5に入るくらい可愛い声だった

今日は抱きついてもらえなかったなぁ……がっかり



(中略



今日撮ったお姉ちゃんの写真を見ながら寝ます

お姉ちゃんの夢が見れたらいいなぁ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 22:59:45.51 ID:AEI3BlOFQ

――――

他のページも似たようなことばかり書いてあった

唯「憂ってば私に内緒でこんなもの書いて……」プルプル

―タタッ

唯「憂!」

憂「何、お姉ちゃん?」

唯「これ見たよ」

憂「あっ……私のお姉ちゃんノート!?」

唯「こんなもの書いてどういうつもりなの?」

憂「ご、ごめんなさい」(怒ってるお姉ちゃんも可愛い///)

唯「うんうん」(シュンとしてる憂も可愛い///)

唯「こういうことする子には罰が必要だね」

憂「ば、罰!?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:06:31.83 ID:AEI3BlOFQ

唯「うん」

憂「わ、わかった……」

唯「一つ、明日の休みは私とお出かけすること」

憂「えっ!?」(そんなの罰じゃなくてご褒美だよ)

唯「そして10分間このままでいること」ギュッ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「えへへ、嬉しかったよー憂、あんなの書いててくれて」ギュー

憂「お姉ちゃん///」

唯「あったかあったか」

憂「うん、あったかあったか」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:12:33.83 ID:AEI3BlOFQ

―――――

唯「よーし、私も今日から憂ノートを書くよ」

憂「えぇっ!?」

唯「憂が書いてるんだから私が書かないと不公平でしょ?」

憂「……そ、そうだね」(お姉ちゃんが書いてくれるなんて嬉しすぎるよ)

唯「それでね、次の朝見せあいっこするの」

憂「見せあいっこ?」

唯「うん、いい考えでしょ」

憂「うん、すっごく!」

唯「よーし、やるぞー……あっ、憂出てって、お楽しみは明日だよ」

憂「うん、お姉ちゃん、楽しみにしてるね」

唯「まっかせなさい」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:21:31.09 ID:AEI3BlOFQ

――――

唯「まずは1ページ目だね、憂が歌詞書いてたから私も書こう」

唯「うーん……」

唯「『憂に首ったけ』……違うなぁ」

唯「えーと……」

唯「思い付かないよぉ……いや、でも諦めちゃだめだ、憂のためだもん」

唯「………ふぁぁ」

唯「ベッドで考えよ」

唯「………」スースー



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:28:47.47 ID:AEI3BlOFQ

―――――

――朝

憂「お姉ちゃん、朝だよー」

唯「……わかったぁ、今起きるよぉ」

憂「お姉ちゃん、はい」

唯「えっ!?」

憂「お姉ちゃんノートだよー」

唯「……あぁっ!?」

憂「どうしたの?」

唯「……ごめんねー、憂、私昨日書けなかったの」

憂「えぇっ!?」

唯「歌詞がかけなくて……わ、私……」グスン

唯「憂との約束破っちゃった……」グスングスン



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:33:06.93 ID:AEI3BlOFQ

憂(か、可愛い///)

唯「ごめんね、ごめんね、ういー」グスン

憂「いいんだよお姉ちゃん、そんなに気にしないで」ナデナデ

唯「でも……」ウルウル

憂(反則だよ///)

憂「いいんだよ」ギュッ

唯「憂……」ギュー

憂「それよりほら私の読んで」

唯「……うん」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 23:52:02.41 ID:AEI3BlOFQ

―――――

○月△日

今日は嬉しいことがありすぎて書ききれないかも

お姉ちゃんに10分間もギューって抱きつかれてどうにかなりそうだった

本当にあったかやわらかだったなぁ



憂ノートつくってくれるっていったのもすっごく嬉しかったなぁ

どんなの書いてくれるのか楽しみで眠れそうにないよー

それから今日のお姉ちゃんは………



最後に、大好きだよ、お姉ちゃん



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 00:05:05.91 ID:W4g1OLv0Q

――――

憂「どうだったかな……///」

唯「………」

憂「お姉ちゃん……?」

唯「ういー」ガバッ

憂「お、お姉ちゃん!?」

唯「憂、私も大好きだよー」

憂「……ありがとう、お姉ちゃん」

唯「ういー」ギュー

憂「お姉ちゃん、苦しいよ」

唯「もうちょっとー」スリスリ

憂「………」(幸せだなぁ///)



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 00:16:14.04 ID:W4g1OLv0Q

―――――

唯「今日は絶対書くからね」

憂「うん、楽しみにしてる」

憂「お姉ちゃん、はやくご飯食べよ、お出かけするんでしょ」

唯「そうだったー、はやくしなきゃ」

―タタタッ

憂「待って、お姉ちゃん」・


唯「憂、食べさせてー」

憂「もう、急ぐんじゃなかったの」

唯「えへへ、ちょっとだけ」

憂「もうしょうがないな、あーん」

唯「あーん……おいしいー」モグモグ



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 00:42:28.30 ID:W4g1OLv0Q

―――――

憂「お姉ちゃん、まだー」

唯「ちょっと、待って、もうちょっとだから」

憂「急がなくていいよ、いつまでだって待つから」
  (お姉ちゃんとのお出かけならいつまでだって待てるもん)

唯「準備おっけーだよ」

憂「じゃあ、行こっか」

唯「ほーい」ニギッ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「あったかあったか」ニコニコ

憂「うん!あったかあったか」

―――

出かける前からこんなにドキドキ、これからどのくらいドキドキするんだろ

お姉ちゃんとの今日の出来事日記に書ききれるかな



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:05:46.12 ID:W4g1OLv0Q

―――――

憂「お姉ちゃん、どこに行く?」

唯「服見に行こうよ」

憂「そうだね」



唯「じじゃーん、憂、これどうかな」

憂「うん、お姉ちゃんに似合うと思う」

唯「じゃあ、試着してみるよ」



唯「ういー、どうかな」

―カシャ、パシャッ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:12:16.15 ID:W4g1OLv0Q

唯「う、憂……なんで写メ?」

憂「あっ……ごめん、お姉ちゃんのあまりの可愛いさについ……///」

唯「憂……///」

憂「えへへ」(お姉ちゃんの写真コレクションがまた増えたよ///)

唯「じゃあ、私も憂の写メとるー」

憂「えぇっ!?」

唯「ほら、はやくー」

憂「もう……お姉ちゃん……」






49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:18:25.32 ID:W4g1OLv0Q

―――――

憂「結局いっぱい写真撮ったね」

唯「憂、可愛いかったよー」

憂「お姉ちゃんもね」ニコッ

唯「……憂の写メがいっぱいだぁ、えへへ、嬉しいな」

憂(お姉ちゃんあんなに喜んでくれてる……嬉しいな)

唯「……あっ!ういー、あいす食べよう」

憂「うん、食べよっか」

唯「わーい、あーいーすー」

憂(はしゃいでるお姉ちゃんも可愛い///)



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:23:52.10 ID:W4g1OLv0Q

――――

唯「おいしいー」モグモグ

憂(お姉ちゃん見てるだけでお腹いっぱいだよ///)

唯「……あっ、憂、ほっぺにあいすついてるよ」

憂「えっ、本当!?」

唯「うん」

憂「拭かなきゃ……」

唯「大丈夫だよ、ういー」ペロッ

憂「お、お姉ちゃん///」カァァ

唯「おいしい」ニコッ

憂(はうっ、幸せすぎて死にそうだよー///)



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:35:45.17 ID:W4g1OLv0Q

――――

憂「お姉ちゃん、どこかでお昼ご飯食べよ」

唯「……やだ」

憂「えっ!?もしかしてお腹すいてないとか?」

唯「……違う」

憂「じゃあ、何で?」

唯「外のご飯なんか食べられないよ、だって絶対に憂のご飯の方がおいしいんだもん」

憂「……お姉ちゃん///」

憂「わかった、じゃあ家に帰って食べよっか、おいしいご飯つくるね」

唯「わーい、憂、大好き」ギュッ

憂「お姉ちゃん、人がいるよ」

唯「いいじゃーん、腕組むくらい」

憂「……もう///」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:42:24.82 ID:W4g1OLv0Q

―――――

唯「やっぱり、憂のご飯が一番だね」

憂「ありがとう、お姉ちゃん」

憂(お姉ちゃんの笑顔は世界で一番だよ)

唯「よーし、お礼に肩揉んであげる」

憂「いいよ、そんなの、別にこってないし」

唯「いいからいいから、あっ、それとも胸の方がいい?」

憂「えぇぇっ!?」

唯「冗談だよぉ、ほら座って座って」

憂「……うん」(なんだ、冗談かぁ……)

唯「よーし……モミモミ……気持ちいい?」

憂「うん、気持ちいいよ、お姉ちゃん」

唯「なら、頑張っちゃうよー」モミモミ



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:48:39.73 ID:W4g1OLv0Q

―――――

憂「お姉ちゃん、お礼に耳掃除してあげる」

唯「本当?」

憂「うん」

唯「わーい、憂の膝枕だー」モフッ

唯「憂の太もも気持ちいいー」

憂「もう……それじゃあ、お姉ちゃんいくよ」ホジッ

唯「いてっ、ういー、もっと優しくしてよー」

憂「ごめんね、じゃあこんな感じで」ホジホジ

唯「あぁ、いい感じだよー、ういー」

憂「えへへ」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 01:55:33.13 ID:W4g1OLv0Q

唯「あー、そこそこ」

憂「お姉ちゃん、いっぱい取れたよー」

唯「そっかぁ……でも気持ちいいからもうちょっとこのままー」

憂「えへへ、いいよー」

唯「……ごくらくごくらく」

憂「………」フゥッ

唯「ひゃぅっ!?」

憂「えへへ、びっくりした?」

唯「やったなー、そういう子にはこうだぁ」コチョコチョ

憂「あはは、くすぐったいよ、お姉ちゃん」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 02:06:20.59 ID:W4g1OLv0Q

―――――

憂「あっ!お姉ちゃんに庭に猫さんがいるよ」

唯「本当だー」

―ガラガラ

唯「おいでおいでー」

猫「にゃあ」

唯「可愛いー」ダキッ

憂(猫を可愛がるお姉ちゃん可愛い///)

唯「えへへー」ナデナデ

猫「にゃあー」

唯「憂もだっこする?」

憂「うん」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 02:12:13.35 ID:W4g1OLv0Q

憂「よしよし」ナデナデ

猫「にゃぁー」

憂「可愛いねー」

唯「そうでしょー」(猫を可愛いがる憂も可愛いよ///)

猫「みゃあー」ペロペロ

憂「くすぐったいよー」

猫「にゃぁ」ペロペロ

憂「あはは」

唯「………」ムー

猫「にゃあ、にゃぁ」ペロペロ

唯「だめー、憂にそういうことしていいのは私だけなのー」

猫「にゃっ!!!」タタッ

唯「まったく!」プンプン

憂(猫に嫉妬するお姉ちゃん可愛い///)



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 02:30:51.70 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――晩ごはん

唯「さっきの猫も可愛いかったけどあずにゃんも可愛いよねぇ」

憂「そうだねぇ、お姉ちゃんの次くらいに可愛いかな」

唯「それを言うなら憂の次にだよー」

憂「じゃあ、お姉ちゃんが一番可愛いってことだね」

唯「違うよ、憂が一番だよ」

憂「ううん、お姉ちゃんより可愛いものなんてこの世にないからお姉ちゃんが一番なの」

唯「ううん、絶対に憂が一番」

憂「お姉ちゃん!」

唯「憂!」

唯憂「………///」(すごく恥ずかしいこと言ってる)カァァ

憂「……ご飯冷めるからはやく食べよ」

唯「……うん、せっかくの憂のご飯だもん」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:26:06.35 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――唯の部屋

唯「よーし、書くぞー」

唯「歌詞は後回しにしてと」

唯「うーん……」

唯「えーと……」

唯「むー……ありのままを書くしかない」カキカキ

唯「できたー」

唯「えへへ、ちょっと恥ずかしいけど」

唯「よーし、寝ちゃおう」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:31:50.11 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――朝

憂「お姉ちゃん、朝だよー」

唯「……ほーい」

憂「はい、お姉ちゃんノートだよ」

唯「あっ……今度は私もちゃんと書いたんだよー」

憂「えらいね、お姉ちゃん」ナデナデ

唯「えへへ」

唯「憂のは……いつも通りの感じだね、でも嬉しいよ、ういー」

憂「えへへ、お姉ちゃんのはと……」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:34:27.10 ID:W4g1OLv0Q

―――

○月□日

いざ書くとなると思いつかないよぉ

えーと、憂は可愛いくて、お料理も上手くて、
何でもできて、太ももも柔らかくて、本当に自慢の妹です

憂が妹で私は本当に幸せ者だよぉ

って今日の出来事じゃないけど最初ならいいかな

明日からはちゃんと書くぞー

最後に憂、大好きー



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:36:51.06 ID:W4g1OLv0Q

――――

憂「………///」

唯「どうかな?」

憂「お姉ちゃーん」ガバッ

唯「う、憂!?」

憂「私もお姉ちゃんがお姉ちゃんでよかったよー」ギュー

唯「ういー、苦しいよー」

憂「お姉ちゃん、大好き」スリスリ

唯「憂、学校遅刻しちゃうよ」

憂「えへへ、そうだね、朝ご飯食べないとね」

唯「うん」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:44:32.04 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――登校中

唯「憂にもらったぶーくろちゃんあったかいよー」

憂「お姉ちゃんにもらったマフラーもあったかいよ」

唯「でも憂の方があったかい」ギュッ

憂「お、お姉ちゃん!?み、みんな見てるよ」

唯「いいの、いいの」

憂「もう、お姉ちゃんってば」

唯「えへへ」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:57:20.01 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――放課後

律「そういえば唯、今日の朝憂ちゃんにくっついて歩いてたな」

唯「うん、憂ってあったかくて気持ちいいんだよー」

澪「そういう問題なのか」

唯「ほぇっ、違うの?」

律「人前であんなことしてて恥ずかしくないのか?」

唯「全然!」エッヘン

梓「威張ることじゃないです」

唯「えへへ」

紬「本当に唯ちゃんと憂ちゃんは仲がいいのね」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:14:00.71 ID:W4g1OLv0Q

唯「うん、憂のことは大好きだよー」

梓「憂も唯先輩のこと大好きだと思います」

紬「相思相愛ね」

唯「えへへ」

律「もうシスコンの域だよな」

澪「そうだな」

唯「ありがとう、りっちゃん、澪ちゃん」

梓「いやいや、褒め言葉じゃありませんよ」

唯「えぇっ、そうなの!?」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:26:59.86 ID:W4g1OLv0Q

梓「はい、普通はそうです」

唯「そうなんだぁ……じゃあ、どういう意味で使ったの?」

澪「それは……」

律「まぁ、普通は姉妹はそこまでは仲良くないからな、ちょっと度がすぎてるというか」

唯「えぇー、憂を大好きなことがいけないことなの?」

律「いや、大好きはいいんだけど、大好きのレベルがな……」

唯「そうかなぁ?普通だと思うのに」

紬「私はすっごくいいことだと思う」

唯「だよね、さすがムギちゃん」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:38:12.62 ID:W4g1OLv0Q

律「まぁ、ムギは特殊だから」

唯「むー」

唯「みんなは憂の可愛さがわかってないからそんなことが言えるんだよ」

律「憂ちゃんが可愛いのは知ってるぞ」

唯「りっちゃん、私が言ってるのは顔だけじゃないんだよ」

澪「どういうことだ?」

唯「憂は存在自体が可愛いんだよ!」

律澪梓(姉ばかだぁ)

唯「もう可愛い=憂って感じなの」

律澪梓「………」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:46:13.57 ID:W4g1OLv0Q

律「……まぁ、憂ちゃんが可愛いのはわかったよ」

澪「あぁ……」

唯「嘘つき!」バンッ

梓「にゃっ!?」

唯「これだけの会話で憂の可愛さがわかるわけないもん」

律澪梓「………」

紬「うふふ」

唯「まったくあれくらいで憂の可愛さをわかった気になるなんて」プンプン

律澪梓(このシスコンが……)



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:52:56.16 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――平沢家

唯「それでね、みんながシスコンって馬鹿にするんだよ、ひどいでしょー」モグモグ

憂「うん、ひどい」(お姉ちゃんのことを馬鹿にするなんて)

唯「憂を大好きになるなんて当たり前の事なのにね」

憂「……///」カァァ

唯「どうしたの、憂?」

憂「何でもないよ」ニコッ

唯「……///」(憂の笑顔可愛いすぎるよ)カァァ

憂「どうしたの、お姉ちゃん?」

唯「な、何でもないよ」ニコッ

憂(はぅっ、お姉ちゃんの笑顔可愛い///)



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:03:15.37 ID:W4g1OLv0Q

―――――

唯「ういー、一緒にお風呂入ろう」

憂「えぇっ……いいの?」

唯「もちろんだよー」

憂「じ、じゃあ準備するね」

憂(お姉ちゃんとお風呂///)

唯(憂とお風呂に入れる///)

唯憂(にやけが止まらないよぉ)ニヤニヤ



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:06:35.30 ID:W4g1OLv0Q

――――

――お風呂

憂(お姉ちゃんの体きれいだなぁ///)ボーッ

唯(憂の体きれいだなぁ///)ボーッ

憂「………」

唯「………」

憂「……ってお姉ちゃん先にお風呂入っていいよ、私が先に洗うから」

唯「えぇー、それじゃ意味ないよ、一緒に入るの」

憂「……そうだね」

―チャプン

唯「あったかくて気持ちいいー」

憂「本当だねー」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:14:23.05 ID:W4g1OLv0Q

唯「こうしたらもっとあったかいよー」ギュッ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「あったかいし憂の肌もすべすべで気持ちいいよぉ」スリスリ

憂「……///」(お姉ちゃんの肌もすべすべで気持ちいい)

唯「くせになるかも」ギュー

憂「そ、そうだね///」

唯「えへへ、心も体もぽっかぽか」

憂「うん!」






132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:20:55.51 ID:W4g1OLv0Q

――――

唯「ういー、体洗ってあげる」

憂「じゃあ、お願いしよっかな」

唯「まっかせなさい」

唯「いくよー、まずは背中から」ゴシゴシ

憂「気持ちいいよ、お姉ちゃん」

唯「脇、肩、腕と……」ゴシゴシ

唯「憂立ってー、おしりが洗えないよ」

憂「う、うん///」

唯「おしりーごしごしと」

憂(幸せー)

唯「脚もおっけーと」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:26:27.35 ID:W4g1OLv0Q

唯「次はお腹と」ゴシゴシ

唯「最後はここだー」モミモミ

憂「ひゃっ!?」

憂「そこは自分でやるよー」

唯「だーめ……それにしても憂のおっぱいは大きいな」モミモミ

憂(か、感じちゃうよぉ)

唯「よーし、終わりー」ザブーン

憂「ふぅー」(もう少しで変な声だしちゃうとこだった)

唯「次は私の番、憂、よろしくー」

憂「うん!」






135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:34:25.47 ID:W4g1OLv0Q

―――――

唯「すっきりしたー」

憂「そうだねぇ、そうだ、お姉ちゃん何か食べる?」

唯「えーと、憂」

憂「えっ……」

―チュッ

唯「えへへ、ごちそうさま」

憂「……///」カァァ

唯「ういー、一緒にあいす食べよー」

憂「……う、うん///」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:39:15.56 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――唯の部屋

唯「今日は憂とちゅーも出来たし書くことがいっぱいだー」

唯「うーんと……」カキカキ

唯「………」カキカキ

唯「………」カキカキ

唯「……ほぇー、気がついたらこんなに書いてたよぉ」

唯「私すごい、これなら憂もきっと喜んでくれるよぉ」

唯「それにしても憂の可愛さがわからないなんてりっちゃん達は……!!!」

唯「えへへ、私天才かも」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:49:34.80 ID:W4g1OLv0Q

―――――

――憂の部屋

憂「今日はお姉ちゃんにキスされました……///」カァァ

憂「それから……」カキカキ

憂「お姉ちゃんは……」カキカキ

憂「……まるで天使です」

憂「ふぅー、今日もいっぱい」

憂「お姉ちゃんといるだけでこんなにも幸せ」

憂「でも、明日はもーっといいことあるよね、お姉ちゃん」ニコッ


―――おしまい




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「Lovely Sister LOVE」
[ 2011/08/25 15:51 ] 非日常系 | 唯憂 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6