SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「サラダデイズ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「サラダデイズ」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314268332/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:32:12.79 ID:yz/sVj/V0

スタスタ

律「・・・」ボケー

ギュ

律「・・・」

「だーれだ」

律「んー・・・誰だろうな」

「ちょっとぉ」

律「くはは・・・そーだなー。・・・ん~」

「・・・」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:32:57.96 ID:yz/sVj/V0

律「ずばり、梓さんですね」

パッ

梓「せーかい」ニコッ

ストン

律「隣すわっていいとか言ってないんだけど」

梓「なに?世の中早い者勝ちの席取りレースとか言うの?こんなに場所空いてるのに」

律「別に。つーか、それはお前が私に言ってたことだろ」

梓「そうだっけ?」

律「そうですよ」

梓「あんまりよく覚えてない・・・」

律「さですか」

梓「・・・」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:35:18.31 ID:yz/sVj/V0

律「てか、なにしてんだ?こんなところで。今授業中だぞ?」

梓「それを先にここにきてたりつが言うんだね」ジー

律「・・・っく!!はいはい、私が悪かったよ!!」アーモウ

梓「今、何の授業?」

律「なんだっけ・・・現国?」

梓「また現国さぼって・・・。そんなに国語嫌いなの?」

律「嫌いっつーか、あんなの授業でる意味ないだろ」

梓「なんで?」

律「なんでって・・・。教科書に載ってる文読んで
  『ここではどんなことを言っているでしょうか』とか
  『このとき彼はどう思ったでしょうか』とか。
  そんなの書いた本人にしかわかるわけないだろ?」

梓「そうかな・・・?」

律「そうなの!!考えるだけ時間の無駄!!意味なんてないのっ!!」フンッ

梓「・・・」

律「・・・」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:36:51.97 ID:yz/sVj/V0

律「なんだよ、いきなりだまっちゃって」チラッ

梓「でもさ・・・」

律「なんだよ」

梓「小説とか論説文とか古典とか・・・
  色々あるけども、どの文章も結局は人が書いた文章の集まりでしょ?」

律「ん・・・まぁ、そうだな」

梓「だからさ、きっとどんなに意味のない羅列に思えても、その一文一文に必ず意味があって」

律「・・・」

梓「どうしてその言葉が、その一文のその場所になきゃいけないのか、とか。
  小説ならどうしてそのシーンで登場人物にそんな行動をさせたのかとか、
  必ずそれを書いた人の意図がある、って私は思うんだよね・・・」

律「それを書いた人の糸ねぇ・・・」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:40:30.11 ID:yz/sVj/V0

梓「そういうのを読みながら探して行くの、私は楽しいんだけどなぁ~。
  りつは楽しいって思えないんだね」

律「むっ・・・国語が誰かさんと私は違うんですよ、きっと」

梓「そうなのかな」

律「そうです、えぇ。自覚ないみたいですけど、絶対そうっ!!ばーかばーか」

梓「ばかは関係ないでしょ・・・ばかは・・・っとにたまに大人げないなぁ、りつは。
  本当に私の1つ上なの?」ヤレヤレ

律「うっせうっせ!このバカあずさ」バーカバーカ

梓「もうっ・・・なんなのこの人・・・」ハァ

律「あきれるなよ」

梓「あきれるよ・・・いきなりバカ呼ばわりされたら・・・」

律「・・・」

梓「今日、機嫌悪い?」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:44:21.49 ID:yz/sVj/V0

律「・・・べつに」

梓「私、ここにこないほうがよかったかな?」

律「・・・」

梓「こないほうがよかった?」

律「・・・それはない」

梓「ほんとに?」

律「うん」

梓「ぜったい?」

律「うん、ぜったい」

梓「ならよかった」

律「・・・」

律「その・・・」

梓「?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:48:08.65 ID:yz/sVj/V0

律「ちょっと・・・まだ、照れくさいだけ」ポリポリッ

梓「照れくさいの?」

律「・・・」ポリポリッ

梓「そっか・・・」ヘヘッ

律「なんで笑うんだよ」

梓「いや、素直だなぁ~って思って」

律「なんだよ、それ」

梓「べつに~♪」

律「?」

梓「まぁ、さ。なんだかんだいったけど」

律「おう?」

梓「私としては国語が出来るより、気に入った曲があったら片っ端からリズムを耳コピして
  幸せそうに時間つぶせちゃう誰かさんのほうがよっぽどすごいと思うけどなぁ~」

律「・・・へぇ・・・」

律「そいつは、すごいやつがいたもんだな」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:50:28.90 ID:yz/sVj/V0

梓「でしょ?」

律「私の知ってるやつ?」

梓「どうかな?私はよくしってるけど、りつはもしかしたらまだよく知らないかも」

律「へぇ~。・・・でも、そいつのこと私、たまに見かけるよ。あずさの部屋とかで」

梓「そうそう。私も私の部屋でよく見かける」

律「そいつは奇遇だな」

梓「だね。でも、一緒に勉強してても
  いつの間にかシャーペンでリズムとってるからうるさいんだ」

律「うるさくて悪かったな」ボソッ

梓「なにか言った?」

律「べつに~なんにも~」

梓「ふーん」

律「なぁ」

梓「ん?」

律「もうちょっと・・・近く、座れば?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:52:06.19 ID:yz/sVj/V0

梓「座っていいの?いつも嫌がるのに」

律「いいよ・・・。どうせ授業中だし、こんなとこ誰もこないだろ」

梓「・・・」

律「・・・どうした?」

梓「ん~どうしよっかなぁ」

律「え・・・いやか?近く座るの」

梓「いやっていうか、近くに座るよりさ」

律「うん?」

梓「後ろからこう、ぎゅってしてほしいな、ぎゅって」

律「えぇぇ・・・それはちょっと・・・」

梓「ダメ?」

律「どう考えても恥ずかしいだろ・・・そんなことするの」

梓「でも、誰もこないならよくない?」

律「・・・本当にするの?」ポリポリッ



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:55:19.35 ID:yz/sVj/V0

梓「私は、してほしいな、りつに」

律「えぇえ・・・でも・・・」

梓「あいかわらずヘタレだなぁ」ヨイショ

律「ヘタレじゃねーし」

梓「はいはい。わかったからちょっと足の間広げて」

律「うわ・・・この人自分からきたよ・・・」

梓「だって、りつそうなったら自分からこないもん・・・ぜったい」

律「・・・」

梓「反論は?」

律「ないです。ごめんちゃい」

梓「まったく」ストン

律「・・・おぉ・・・お前、そんな近くまでくるのか」アワワワワ



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 19:57:42.99 ID:yz/sVj/V0

梓「だってこれくらい近くに行かなきゃ腕届かなくない?」

律「そ、そうなのか・・・こんなこと人としたことないからよく勝手がわかんないなぁ」

梓「したことあってもこっちがこまるけどね」

律「ん?つか、こういうとき手ってどうすればいいの?」ポリポリッ

梓「どうって・・べつにふつーに私のほうにまわせばいいんじゃない?」

律「な、なるほど・・・じゃ、じゃあ。しつれいしますよーっと・・・」スッ

ぎゅっ

梓「・・・」

律「・・・」

律「ど、どうなんだよ・・・いきなり黙るなよ・・・き、きついとか苦しいとかないのか?」

梓「うん」

律「なんだよ。『うん』じゃわかんねーよ」

梓「すっごい安心する」ヘヘヘ

律「そ、そか。そ、そいつはよかったなっ!」

梓「ずっとこうしてたいなぁ・・・」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:00:13.56 ID:yz/sVj/V0

律「・・・ふ、ふーん」ギュ

梓「でも」

律「え?なに?」

梓「背中にりつの胸の感触がまったくないね。とってもかなしいけど」

律「」

梓(まぁ、そのぶん心臓がすっごいドキドキしてるのわかるからいいんだけどね)フフフ

律「くそ・・・明日から・・・いや、今日から豆乳飲んでやる!!!」

梓「無駄な出費だよ」

律「うるさいっ!!つーか、お前だって似たよーなもんだろーが!」

梓「・・・でね、さっきの誰かさんのことなんだけど」

律(とってもきれいにスルーされた・・・!!!)

律「う、うん」

梓「すっごいはずかしがりなんだ。こないだ手つないだだけで顔まっかっかなんだよ」クスクス

律「へ、へ~・・・ソウナンダ」

梓「うん。でね、最近きづいたんだけど、癖があるの」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:04:04.17 ID:yz/sVj/V0

律「クセ・・・ですか・・・」

梓「そう。こう、照れたときにね、無意識なのかどうかしらないけど、
  こうやって右手の人差し指で首の根元のとこ ポリッポリッ って掻いてるの」ポリポリッ

律「・・・」

律「・・・」ポリポリッ

律「あ、してるかも」

梓「やっぱ、それ無意識だったんだ」フフッ

律「・・・あ」

梓「ん?」

律「だからさっき笑ってたのか?」

梓「どうかな~?」

律「くそ・・・なんか今になってすっごいはずかしーし・・・」ポリポリッ

梓「ほらまた」

律「あ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:08:37.55 ID:yz/sVj/V0

梓「ふふっ、無意識」クスクス

律「わ、笑うなよ!!本当に恥ずかしくなるだろっ///」

梓「だって、言ってるそばから」アハハ

律「ちくしょー///」

梓「ね?」

律「なにが『ね』?」

梓「私はよくしってるけど、りつはよく知らなかったでしょ?」

律「あぁ・・・うん。だな」

梓「もっといっぱいあるんだよ」

律「そうなの?」

梓「そうだよ。しりたい?」

律「・・・いや、今はいいや。心臓がもたなさそう」

梓「そっか。照れ屋だもんね」

律「・・・私だってあずさがしらないあずさ、知ってると思うけどね」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:12:37.34 ID:yz/sVj/V0

梓「え?どんなとこ?」

律「しりたい?」

梓「教えてくれるなら・・・」

律「あー、じゃあ、まずは、左胸の下乳ら辺にあるほくろとか」

バシッ

律「いたっ!?」

梓「ちょっとまって!!なんでしってるのそれ!!」

律「え。見たから」

バシッ

律「え、ちょ、おまっ、い、いたっ!?」

梓「い、いつ見たの!?」

律「え・・・いつって・・・こないだ泊まったときにあずさが私より先に寝たから・・・つい」

梓「人が寝てるときになにしてんの!?」

バシッゲシッ

律「っとぅあい!?おまえっ!?カチューシャの上殴るのはやめろ!?
  マジで痛いから。ホントに痛いから!!」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:17:15.74 ID:yz/sVj/V0

梓「うるさい!!このばかっ!!バカりつ!!寝てるときにサイッテー!!」バシバシッ

律「い、いた、あ、あのさ、そのだな、ほらっ!?あれだから!!
  胸見ただけで思いとどまったから!!
  セーフ!セーフな?私の中ではあれは完全にセーフだったよ!!」

律「だからもう叩くのやめてっ!!!」

ピタッ

律「お、・・・終わった」イタタタ

梓「ケータイかして」

律「へ?」

梓「だから、ケータイ。持ってるでしょ?」

律「なんで?」

梓「いいからっ!!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:21:09.38 ID:yz/sVj/V0

律「え、いや、・・・充電がきれててさ~」アハハハ

梓「」カチカチカチ

律「え・・・ちょっと、なにしてるの?あずさ・・・?」

ピリリリリリ

律「」

梓「はい。出す」

律「・・・」

梓「出して」

律「・・・はい」スッ

梓「・・・」カチカチカチカチカチ・・・・

律「いや~・・・あはは・・・なんていうか、
  データ漁るのはプライバシーの侵害だと思うんだけどなぁ~~あはははは。
  だからやめよう。やめない?そんな真っ先にカメラで撮ったデータ見るの・・・」

梓「・・・」カチカチカチカチカチ・・・・ピタッ

梓「りつ・・・先輩」ニコッ

すっ



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:25:21.72 ID:yz/sVj/V0

律「あはは・・・なんていうか・・・うん。ほら、触っちゃいけないとかいわれると、ね、
  急に拝みたくなったときに・・・こういうのあったら便利かなぁ~~って」アハハハハハ

梓「このばかっ!!」

がつんっ!!

律「ぎゃんっ!!」

梓「ったく・・・これ、消しとくからね・・・ってまだこんなに・・・」ウワァ・・・

律「っつあー・・・これは・・ジミにくる・・・地味に・・・ジミに・・骨に衝撃が・・・」グアアアアア

梓「これ、私訴えられるよ・・・そんな量だよ。もう・・・いつの間に。
  恥ずかしい通り越して本当にあきれるよ、このバカりつ」キッ

律「いつつ・・・。ははっ!まぁ、青二才の日々ってやつ?」スリスリ

梓「なにそれ。開き直らないでよ・・・。もう、全部消すからね!」

律「え~~」

梓「え~~じゃないからっ!!」ピピピピピピピピピ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:29:23.77 ID:yz/sVj/V0

律「ああああああああわたしのあずさほるだーがぁあああああああああ」ギャー

梓「断末魔の叫びみたいなのあげないで。うるさい」パタン

律「さ、さらばだ・・・あずさのちっぱいたちよ・・・」ヨヨヨ

梓「くっ!口にださないでよぉ!?」がんっ

律「あたっ」

梓「ち、ちっさくないもん!こ、これからおおきくなるもんっ!」

律「ムリじゃね?」ズキズキ

梓「うるさいよ!」カッ

律「おおう。迫力満点」ビクッ

梓「たく・・・はい、これ。次やったらケータイ壊すからね。とりあえず今日は返す」スッ

律「壊す・・・てか、最近よく遠慮なしに私のこと叩くけど、私がバカになったらどうするんだ?」

梓「もう十分バカでしょ。ていうかエロバカでしょ」

律「」

梓「なんでこんなことで怒らなきゃいけないの。
  手つないだら恥ずかしがるくせにわけわかんない」マッタク

律「・・・」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:35:13.92 ID:yz/sVj/V0

梓「ねぇ、なんで?」

律「だって、なぁ・・・」

梓「なに?」

律「そりゃ・・・やっぱ・・・」

梓「?」

律「・・・///」ポリポリッ

律「あずさのことがすキーンコーンカーンコーン

律「・・・」

梓「・・・」

律「あ、授業終わったからじゃあな」スッ

梓「ちょっと!?今何言いかけたの!!」ガシッ

律「ちょっ!?は、はなせよ!!?抱きつくなぁああ~~///」

梓「私のあんな写真撮っておいて抱きつくくらいで照れないでよ!!」

律「ぐっ///・・・て、てか、へ?なにか言いかけたかな?
  『次体育だから戻らなきゃ』とは言ったけど」シレッ

梓「そんなこと言ってなかったでしょ!?シレっとウソつくな!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:39:05.23 ID:yz/sVj/V0

律「とにかくもう戻るからはなせ~」グイグイ

梓「はなせって言われてはなすわけないでしょ」

律「ならおしてみる」グッ

梓「うわっ!?」ストン

律「あはは~、しりもちついてやんの~」

梓「もう、このバカりつ!!」

律「じゃあ、また部活の時間な!!」バイバ~イ

梓「え!?こら!!ちょっと!!!」




梓「ほんとに言っちゃった・・・ばか」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:41:50.73 ID:yz/sVj/V0

―――――


スタタタ

律「・・・ふぅ。あぶないあぶない・・・」スタタタ

スッ

律「あぁ・・・マジで消してやがる・・・あのバカ猫め」ピピピピピピピ

律「でも・・・ふっふっふっふ。本命のあずさふぉるだーは
  こっちのメモリーカードにコピー済みですってーの!」ピピピピ

律「」

律「・・・あ、あれ?」

律「・・・メモリーカード、入ってないって、なにこの表示?」

律「???」


律「」ハッ


律「まさか・・・」

律「あいつ・・・また人のものすったな」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:44:54.46 ID:yz/sVj/V0

―――――

梓「もう・・・ヘタレだなぁ、あいかわらず・・・」スッ

梓「まぁ、・・・今日はこのメモリーカード1枚で勘弁してあげようかな」

梓「まさか、あんな写真撮られてるとは・・・今度からもう容赦なく殴ろう」ウンウン

梓「高校卒業するまでは・・・ね・・・」

梓「・・・」

梓「センパイに悪いし・・・。ね・・・」

梓「・・・」

梓「さて、私も授業戻ろう。次は現国だ」スタスタ

梓「・・・これにはどんなの入ってるんだろう。家に帰ってみてみようかな」ンー

梓「でも・・・。へへ・・・ばかりつ。今度はちゃんと言ってほしいな」

梓「でもバカりつだし・・・」クスクス

梓「・・・」

梓「あーもうっ!」

梓「はやく、放課後にならないかな。もう会いたくなってきちゃったよ」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:47:16.98 ID:yz/sVj/V0

―――――

律「どうしようどうしよう・・・あれはマジでやヴぁいやヴぁい」ガクガクガクガクガク

律「・・・あれ見られたら私の頭蓋骨もつんだろうか・・・」ガクガクガクガクガク

律「放課後、逃げようかな・・・」

律「いや、でも・・・もしかして『すき』っていえば・・・ゆるしてくれるか?」

律「・・・」

律「・・・」

律(あずさ、お前が思ってる以上に私はお前がすきなんだぞ?)

律「・・・」

律「・・・///」カァアア

律「い、いや、む、・・・ムリだろ///今のはなしだっ!なしっ!!」ブンブンブン

律「・・・」ポリポリッ



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/25(木) 20:51:16.85 ID:yz/sVj/V0

律「・・・」

律「ま、まぁ、でも・・・」

律「ちょっとぐらいは言ってもいい・・・かな?」ウンウン

律「・・・つ、つぎは必ず言うぞ!ヘタレ返上だっ!!」ヨッシャ

律「・・・」

律(ぎゅって後ろから抱きしめたときのあずさ、あったかかったなぁ~)

律「あ~・・・なんかこれはあれだな。この気持ちはあれだな」

律「・・・」

律(もうあずさに会いたくなってきた)ウズウズ

律「こういうときのための写真満載のメモリーなんだけどなぁ・・・あれ」

律「・・・」

律「あー・・・もう」

律「はやく・・・放課後にならないかな」

律「やっぱあずさのばーか」ポリポリッ

おわり




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「サラダデイズ」
[ 2011/08/25 21:56 ] 非日常系 | 律梓 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6