SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「彼氏欲しいなぁ~」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「彼氏欲しいなぁ~」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314556609/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:36:49.26 ID:92wOSIBq0

澪「なんだよ急に」

律「だってさぁ……4人の中で彼氏居ないの私だけじゃんか」

澪「まぁな……唯とか料理もなんでもできる彼氏できたしな。
  ムギは家で雇ってた若い執事さんで、
  私は大学で知り合った普通の男の子だな」

律「か、解説すんなよ……余計空しいわ」

澪「気にしなくてもいいんじゃないか?」

律「澪は付き合ってるからそういうこと言えるんだよ!
  もう大学入ってから3年経ったし21歳だよ!彼氏ぐらい欲しいよ……」

澪「んー……理想のタイプは?」

律「ん~……ないわ」

澪「帰るか」

律「なんでだよっ!」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:37:35.62 ID:92wOSIBq0

澪「私今日彼氏と行くとこあるんだよ……それじゃ」

律「うわぁぁぁぁぁ!クリスマスだからってチクショー!」

律「クソッ……今日はもうヤケ酒だ!」

澪「えっ!?……一人で飲む気?」

律「悪いか!」

澪「律酒癖悪いじゃないか……介抱できる人なんか居ないしやめとけば?」

律「ひでえええええ!さらっと酷い!もうこうなったら絶対行くかんなっ!」

澪「はぁ……知らないからな!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:38:01.46 ID:92wOSIBq0

~居酒屋~

なんだか知らないうちに色んな店を一人で回っていたらしい。

体は火照るしボーっとする。

律「あぅ~……頭痛いよぉ……」

こんなとこ言っても慰めてくれる人いないんですけどねっ!

男「あの~……」

律(男の人に声かけられた!……まさかのモテ期到来か!)

男「よっかかられると邪魔なんですけど……」

律「へ?」

私はいつの間にか居酒屋のカウンターに居た。しかも隣の人に迷惑をかけていた。
ごめんなさい、今どきますという前につぶれてしまった。


男「なんだこれ…………どうしよ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:38:26.17 ID:92wOSIBq0

男「はぁ……大丈夫ですか?」

律「んん……?」

律(どこここ……てか、この人誰?まさか……)

律「痴漢だぁぁぁぁ!降ろせぇぇぇぇ!」

男「うぇ!?は?!ちょ、ちょ、ちょ、背中で暴れないでください!」

律「……誰?」

男「アンタ酷いな…………」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:39:30.01 ID:92wOSIBq0

~律自宅~

男「ここですかね」

律「そーそーあんがとぉ~」

男「まだ酔っ払ってるんですか!」

律「よってきなしゃいよ。せっかくだからしゃ」

男(呂律回ってねえな……)

男「いや、結構ですよ。もう帰るんで」

律「やーだー!来いっ!」グイッ

男「痛いです!痛いです!たち悪っ!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:40:55.78 ID:92wOSIBq0

~30分後~

律「なんか本当にごめんなさい……」

男「いや、いいですよ……もう」

男(聖夜になんてついてないんだ……酒癖悪い人に絡まれるし……)

律「なんか頭がボーっとしちゃってですね……はい……」

男「そうですか……まぁ気をつけてくださいね。じゃあこれで」

律「体がね……もう動かな……い……」ドサッ

男「え?……え?ええええええええええええええっ!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:41:26.14 ID:92wOSIBq0

~朝~

男「大丈夫ですか~」

律「んん……?」

律(誰だ……?ここは……ベッドか……ってまさか!)ガバッ

男「待った!違いますから!襲ったとかアレじゃないですから!」

律「な、なんだと!じゃあなんで男がここにいるんだ!」

男「何なんだこの人ーーーー!酔いつぶれた挙句、熱だしたくせにいいい!」

律「え?」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:42:23.28 ID:92wOSIBq0

男「……というわけでもう寝てませんよ……」

律「看病してくれてたのか……ありがとう。おかげで体は楽だよ」

男「もう一人で飲まないでくださいよね……つーか飲まないでください」

律「禁止令!?」

男「禁止です」

律「うぅ……頭痛いなぁ……」

男「熱と二日酔いじゃないっすか?まだ寝ててくださいよ。お粥つくるので」

律「やったー!卵いれてね!」

男「さりげなく要望を入れないでください!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:43:07.25 ID:92wOSIBq0

男「はい、できました」コトッ

律「うぅ~たまご~……zzzzzzz」

男「寝てやがるこんちくしょー!!」

~お昼~

律「んにゃ?……今何時だ?」

男「もう12時なんだけど!どんだけ迷惑かけてんだ!」

律「ありゃ!まだいたのか!」

男「……泣きたい」

律「う、嘘だよ嘘!」ぐぅ~

男「お腹鳴ってるし……お粥暖めてて来ます」

律「ご、ごめんなさい」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:44:08.55 ID:92wOSIBq0

~昼食~

律「お腹一杯だぁ……眠くなってきた」

男「はぁ……もう熱もなさそうだしそろそろ帰りますね」

律「ま、待ってよ」

男「まだなんかあるんですか……?」

律「何歳?」

男「いきなりかい。20です」

律「1つ下だったのかー。面倒見いいなぁ……」

男「いやいや、もう大変でしたから本当やめてください!」

律「そんなに酷かったの!?まぁとりあえず、さ」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:44:29.78 ID:92wOSIBq0

男「なんですか?」

律「ご飯作るから、食べていけよ!」

男「嫌です嫌だ断る断りますだが断る」

律「断りまくり!?なんで!」

男「あなたが作ったら凄いことになりそうで……」

律「カチン」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:45:18.56 ID:92wOSIBq0

律「そこまでいうなら作ってやるよ!」

男「本当に出来るんですか?」ニヤッ

律「な!一番得意なハンバーグつくっちゃうから!」

男「えっ……マジでか……。これはヤバイな」

律「失礼なやつだなぁ本当」

男「まぁせっかくだし食べて見ようかな」

律「うますぎてビックリするぜ……へへっ!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:47:28.26 ID:92wOSIBq0

~夕食~

男「なんだ……これはっ……」

律「ど、どう……かな」

男「凄いうまいです!流石に驚きです!」

律「な、なんだよ。そんないきなり言われたら照れんだろ!」

男「25日に手料理が食えてうれしいですわ」

律「……あ、そうか……昨日24日だもんな……一人暮らしなのか?」

男「そうですよ。家帰ってもどうせ一人だし飲んでたらあなたが……」

律「あぐっ……そ、それはもう言うなよ!」

男「あー……はいはい」

律「むぅ……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:49:27.83 ID:92wOSIBq0

男「じゃ、そろそろ帰りますね。ご馳走様でした」

律「えぇ!もう帰んの?」

男「もう帰りますよ流石に……疲れたんで家で寝たいです」

律「じゃあ寝てけよ!」

男「アホか。寝れるわけないじゃないですか」

律「だよなぁ~……」

律「じゃあ連絡先教えてよ!」

男「嫌ですよ」

律「ええええええ!こんな可愛い子が言ってるのにぃー」

男「自分で言うなよ……」

律「そっか……じゃあな……」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:50:11.88 ID:92wOSIBq0

男「お、落ち込み過ぎですよ。教えるからテンションあげてください」

律「はよ」

男「立ち直りはええええええ!何だこの人!」

律「よし、暇なとき呼ぶからな、こーはいっ!」

男「勘弁してくださいよ……」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:51:53.74 ID:92wOSIBq0

~数日後~

律「ということがあってだな……」

澪「良い人じゃんか。良かったな」

律「別に付き合ってないから!つーか私なんか無理だから!」

澪「大丈夫だってば。十分いけるって」

律「だ、だけどさぁ……メールとか凄い素っ気無いし……」

澪「例えば?」

律「チャーハンが食べたいですって送ったんだ……
  そしたら作ったらいいじゃないですかってきた……」

澪「普通だよっ!それ以上何があるというの!」

律「それにまだあるよ……トイレなうって書いたらそんなこと言われても…ってきた」

澪「今分かった、律はメールする気がないんだな」

律「なんで!?」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:55:05.18 ID:92wOSIBq0

澪「私だったらトイレなうでドン引きだよ……」

律「うぅ……」

澪「とりあえず飲みに誘えば?」

律「来てくれるかなぁ……」

澪「メールの返事律儀に来てるんだから大丈夫だよきっと」

律「じゃあ……誘って見ようかな……」

澪「頑張れ、律」

律「うん!よっしゃ、やるぞ!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 03:57:37.34 ID:92wOSIBq0

男「で、何の用でしょうか」

律「いや、だから飲みに行こうよ!」

男「勘弁してくださいよ……もう介抱したくないっす……」

律「うぅ……そんなに私が嫌なのかよぉ……」

男「え?あ、そういうわけじゃ……」

律「いいよ……無理しなくて……」

男「や、やっぱ飲みに行きましょう!
  つーか行きたいです!むしろ律さんじゃないと無理です!」

律「本当……?」

男「ほ、本当ですよ!」

律「やったぁ!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:00:32.27 ID:92wOSIBq0

~数時間後~

律「づかれたぁ~……もう歩きたくないよぉ……」

男(案の定酔いつぶれてしまったか……はぁ……)

律「おんぶしろよぉ~……」

男「はいはい」

律「うはぁい!やった!」

男「はぁ……」

律「暖かいなぁ……寝ていい?」

男「勘弁してくださいよ……」

律「こうしてると安心して寝たくなっちゃうんだよなぁ……」

男「そ、そうっすか」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:02:01.62 ID:92wOSIBq0

律「なぁ……男よ」

男「はい?」

律「その……好きな人とか居るのか?」

男「え……いや……別に居ませんけど……」

律「そっかぁ…………」

なんとなく沈黙してしまった。

男「……そういう律さんは居るんですか?」

律「え!?わ、わ、わ、私はべべべべ別に!」

男「奇跡的なぐらい舌回りましたね」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:05:03.00 ID:92wOSIBq0

~律自宅~

男「さて、着きましたよ~」

律「んにゃ……」

男「寝ちゃったのか……どうすっかな……」

律「いつ言おうかなぁ……んにゃむにゃ……」

男(激しく何を言うのか気になるなぁ…)

律「zzzzzzz」

男(完全に熟睡してるな……つーかこの距離顔が近い!そして酒臭い!)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:08:10.95 ID:92wOSIBq0

~男自宅~

男(とりあえず来てしまったが……)

律「zzzzzzzz」

男「相変わらず寝てるなぁ……。寝かしておくか」

男「布団しいて……最近買った布団あってよかったよ、全く」

男(部屋……汚いな……つーか俺も眠気が……」

男「zzzzzzzzzz」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:10:37.85 ID:92wOSIBq0

律「おっはよぉ!起きろい!朝だぞぉ~!」

男「うわああああああ!なんだなんだ!?」

律「全く、全然起きないから困ったよぉ~」

男「もう起きてたんですか……二日酔いは?」

律「栄養剤飲んできた!はいこれ!」

男「あー……ありがとうございます」ゴクゴク

男(そういえば……部屋綺麗になってるな)

律「へへっ、綺麗だろ?私が掃除しといたんだ!」

男「ま……まさか……」

律「…………押入れ、な」

男「ああああああああ!俺のエロ本が全部捨てられとる!」

律「あ、当たり前だろっ!あんなのあったら目のやり場に困るよ……」

男「す、すいません……」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:15:23.26 ID:92wOSIBq0

~朝食後~

男「なんか意外と律さんって家庭的なんですね」

律「な、何言ってんだよ!そんなことねぇよ!」

男「いや、ありがたいです。ご飯もおいしかったですし、最高ですよ」

律「ほ、本当か?よかったぁ~」

男「ま、エロ本は失いましたが」

律「うるさいなぁもう……大体あんなの何に使うんだよ……」

男「何ってそりゃあ……ナニ……ですかね」

律「馬鹿っ!い、イキナリ何言ってんだよ!」

男「ナニ?」

律「…………」

男「すいません、律さん」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:20:04.37 ID:92wOSIBq0

男「う~ん……なんか頭痛いなぁ……」

律「なっ!だ、大丈夫か?薬買ってくるか?」

男「いや、大丈夫ですよ。ただの二日酔いでしょう」

律「そうか……気をつけてくれよ……なんかあったら私……」

男「え?」

律「な、なんでもないっ!それより買い物行かないか?この家何もないよ」

男「そうですねぇ~……行きましょうか」

律「まだボーっとしてるみたいだなぁ……」

男「大丈夫ですって。行きましょう」

律「……本当かなぁ……じゃあ行こっか」

男「はい!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:43:24.08 ID:92wOSIBq0

~スーパー~

律「これとこれとぉ~……」

男「後これも買わないとな~……」

律「あっ!コラッ!勝手に変なの入れんなよぉ~」

男「あぅ……いいじゃないですか一つぐらい……」

律「ダーメだ!お金かかっちゃうだろっ!」

男「うぅ……」

律「むぅ……じゃあ一つだけな」

男「やった!じゃあこれで!」

律「全くこういう時は子供っぽいんだよなぁ~」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:44:25.46 ID:92wOSIBq0

男「ふぅ……結構買いましたね」

律「ふぅ……って……まぁいいけどさ」

男「律さん……」

律「なんだー?」

男「俺……律さんのこと……」

律「えっえっ!?こ、こんな道端で何を」

男「見直しました!」

律「…………え?」

男「いやぁ……最初はもっとガサツな人なのかなって思ってたんですけどね、
  凄く良い人でしたよ」

律「嬉しいんだけど嬉しくないよぉぉぉ!うわぁぁぁぁ」ダッ

男「えっ!?ちょ、ちょっとどこへ行くんすか!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:44:56.98 ID:92wOSIBq0

律「うっうっ……どうせ私はガサツで大雑把だもんな……」

男「律さん……そんなことないですよ」

律「だってさっき言ってたじゃんか……私じゃ駄目なんだよ……」

律「いっつも無愛想で私のこと嫌がってるし……」

男「好きですよ」

律「そうだよ……どうせ好きなんだよ…………………え?」

男「律さんの事が、好きです」

律「えっえっ」

男「大雑把なとこも一杯ありますけど、それを含めて俺は律さんが大好きです」

律「え……あぅ……」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:45:28.69 ID:92wOSIBq0

男「だから……その……一緒に住んでください!」

律「えっ……えええええええええええええええっ!」

男「……やっぱ嫌ですよね……」

律「……いいよ」

男「へ?」

律「私で良ければずっと男と居たいよ」

男「えっえっ」

律「初めて……好きになったんだからな……」

男「くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」

律「な、何言ってんのかわかんないよ!」

男「じゃあ……帰りままままましょうか」

律「何動揺してんだよっ!えへへっ!」


こうして俺たちは付き合うことになり、幸せに暮らしたとさ。

終 わ り  




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:47:03.15 ID:ZlHlagl+0

おつ!いい感じたったなできれば後日談よろ





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:47:26.59 ID:92wOSIBq0

イチャラブもさせれたしこれでひとまず終わりにします。
見てくれた方、支援してくれた方ありがとうございました!
寝ます!乙!



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 04:48:48.49 ID:92wOSIBq0

>>51本当にちょっとだけ書いてくる



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 05:01:11.15 ID:92wOSIBq0

その後、ついに俺たちは結婚を迎えた!

あれからもう五年も経つだなんて信じられないくらいはやかった。

そして俺は警察官となり、ついに始めての事件の調査に入る事になった。

男「さて……と、行ってくるか!」

律「手帳は?持った?」

男「持ったよ……ってありゃ」

律「ほら、忘れてる!これは警察の証なんだから忘れちゃ駄目だぞ!」

男「はいはい。じゃ、行ってくるぞ」

律「気をつけてね……?」

男「大丈夫だよ、夕方には帰るよ」

律「うん……行ってらっしゃい!」

元気よく見送る姿に今日も背中を押され、幸せな日々を送っているのであった。

 
             -true end-



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 05:02:40.59 ID:92wOSIBq0

俺的にこんな家庭になってたらいいなと思って書いてみたわ。
気づくか分からないけど警察なのは確実にアマ○ミ。

それじゃあ俺は満足したぜ!お休み乙!




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 05:05:36.43 ID:3EcX+AU10

とりあえず乙



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/29(月) 05:47:42.85 ID:O5GVHrx4O

乙!
やっぱり男が羨ましい。






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「彼氏欲しいなぁ~」
[ 2011/08/29 18:00 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3700 [ 2011/08/29 18:11 ] [ 編集 ]

姉さん女房ながらも乙女で家庭的な所とかりっちゃんらしくて良い、
ただ1つだけよりかはもう幾分か年下のほうがらしくて良いと思うが…

タイトル:
NO:3701 [ 2011/08/29 19:43 ] [ 編集 ]

そうか、将来俺警察官になるんだ。
*1の言う事も納得できるんだけど、それ以下にしちゃうと呑み屋で会うって設定に無理が生じるからなぁ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6