SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#前編 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1260538480/

唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#前編
唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#中編
唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 22:34:40.72 ID:AbwRFI2b0

憂「くっ、こ、これが……、こんなことが……」

紬「琴吹グループ関連会社の一流造形師に作らせた最高傑作よ。世界に二つとないわ」

憂「いいでしょう、紬さん。そちらの条件を伺います」

紬「ふふ、話が早くて助かるわ。実はね……」

憂「すごい、スカートの中まで精巧に作りこまれているッ!」

紬「訊いて憂ちゃん」

憂「ふ、うふふ。嗚呼、お姉ちゃん、可愛いなぁお姉ちゃん……」

紬「訊けよ」

 桜高の制服を纏った二人の少女が校舎の屋上で密談を交わしていた。
 一方の名を琴吹紬。座右の銘は『男が来たら殺すのよ』。
 もう一方の名を平沢憂。座右の銘は『お姉ちゃん お姉ちゃん うーるわしのー』。

 なんら接点の無いような二人ではあるが、
 今この瞬間、両者の間にはひとつの契約が結ばれようとしていた。





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 22:36:33.82 ID:AbwRFI2b0

憂「ふ、ふふふふ」

 1/10スケール平沢唯ドール。
 思わぬ収穫を得た私は、小躍りしながら家路を辿っていた。
 琴吹紬。ただの百合好きな沢庵では無いとは思っていたが、
 まさかこれ程のものを提供してこようとは。正直侮っていた。

 見ろ、この造形美。人懐っこい表情、柔らかな癖っ毛、しなやかな肢体に至るまで、
 まるでお姉ちゃんをそのまま縮小したかのような完璧な再現性。
 着ている衣装は全て実物と同じ素材を使うという手の込み様。思わず頬擦りしたくなる。

 そして、このドールには驚くべき秘密がある、らしい。
 らしいと言うのは、私がそう聞及んだだけであって、信用に足る証拠、根拠が一切無い為だ。
 早い話が、その秘密に関しては眉唾物であろうと疑っているのである。

 そしてこのドールを交換条件に、紬さんが持ちかけてきた条件というのが、その秘密の検証だった。
 所謂実験台という事なのだが、成功しようが失敗しようが
 このドールは私の物となる訳で、そんなおいしい話を蹴る理由はどこにもなかった。

憂「それにしても可愛いなぁ……」

 あまりの可愛らしさに胸がきゅんきゅんする。
 家に着いたら、8:2の割合でいかがわしい行為を交えつつ目一杯愛でてあげよう。
 昂ぶるリビドーに腰をうねらせていると、
 帰宅途中の小学生に奇異の眼差しを向けられたが、ガン無視して腰をうねらせた。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 22:42:27.84 ID:AbwRFI2b0

梓「こんにちはー」

 適当に挨拶を交わして、いつも通りに自分の席へと座る。
 それからいつも通りに他愛も無い会話に華を咲かせて、
 いつも通りにムギ先輩の美味しいお菓子を頂く。

 ああ、変わらない日常って素敵だなぁ。
 練習はどうしたこのやろう。という無粋な突っ込みをしてはいけない。

 例えるならば、そう。今この空間は、
 授業という名の荒涼した砂漠を歩きぬいた果てにあるオアシス。
 見てください、唯先輩の溌剌とした笑顔を。
 この無防備とも言える純真さ。いつまでも失わないで欲しいものです。

 なんて年寄りくさい感慨を抱きながら、無意識に引き出しの中に手を入れると、
 なぜかB5程度の紙切れが入っていた。

梓「?」

 不審に思いつつ、私がその紙切れを机の上に置く。


梓「……」

律「……」

 期せずして、私と同様の行動をとる律先輩。
 彼女もまた、紙切れを引き出しから取り出していた。
 思わず顔を見合わせる。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 22:48:41.78 ID:AbwRFI2b0

紬「どうしたの、二人とも?」

梓「いや、なんか紙切れ入ってたんですけど」

律「こっちにも」

唯「なに? 宝の地図?」

澪「んなわけあるか」

梓「えっと……」

 『キスしなさい』

梓「誰と!?」

 叫んだ。
 他にもっと突っ込みようがあるだろうとは思ったが、どうやらこのあたりが私の限界らしい。


澪「律の方は?」

律「えーと……」

 『梓ちゃん→唯ちゃん、澪ちゃん→りっちゃん、でお願いします』


律「だ、そうだ」

 こともなげに言いのけると、律先輩はキラリと白い歯を見せた。澪先輩が渋い顔をしていた。
 対照的に犯人と思しき人物は菩薩のような笑みを浮かべている。
 彼女を問いただす前に、私は意中の人物の顔色を窺うつもりで左斜め前方に視線を移すと、
 その人物は数字の「3」のように唇を尖らせて、私の真横に迫っていた。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 22:54:09.75 ID:AbwRFI2b0

唯「あずにゃ~ん」

梓「ちょ、唯せんぱ、わー! 待て待て待て!
  私からって書いてますから! 私から! ほ、ほら! ルックルック!」

唯「あ、そっか……」

 顔と顔の距離、凡そ20センチといった距離で静止した先輩を前に、私は小さく息を吐く。
 そんな私を尻目に、唯先輩はそのままの姿勢で、頬を朱に染め上げて瞳を閉じた。


梓「あ、いや……」


 私は狼狽するが、しかし同時に欲望の波が打ち寄せる。
 目の前には、瑞々しくて柔らかそうな唇。あったかくて、良い匂いで、それで――

律「梓、顔真っ赤だぞ」

梓「あ、う……」

 私はぶんぶん、と首を左右に振った。
 しかしどれだけ風をあてたところで、頬の火照りは冷めてはくれない。
 断じて嫌では無いし、寧ろ、願ってもない展開だとさえ思う。

 落とした小銭を拾おうとして追いかけていった先に、
 束になった諭吉さんが鎮座しているくらい願っても無い展開――って、なんだその比喩。
 沸騰しきった私の脳は、比喩すらもまともに吐き出せないでいた。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:00:04.71 ID:AbwRFI2b0

梓「こ、こ……」

 けれど、違うのだ。

澪「こ?」

 これは私が求めているシチュエーションとは違う。

梓「心の準備が……って、なんで律儀にこんな紙切れに従おうとしてるんですか!?」

 だから、机をバンバン叩きながらキレた。

澪「落ち着け梓。従おうとしてるのは唯と梓だけだぞ」

 なん……だと?

 我に返った私は、気を取り直して犯人の方へと向き直る。

梓「何考えてるんですか、ムギ先輩……」

 突き刺すようなジト目を送るも、ムギ先輩は、
 哀切に満ちた瞳で「残念だ」と訴えるばかりで、どう贔屓目に見ても反省の色は無かった。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:07:18.70 ID:AbwRFI2b0

唯「あずにゃん、してくれないんだ……」

 目下の選択から逃げるようにムギ先輩に視線を向けていた私に、
 雷にでも撃たれたかのような衝撃が走る。

梓「ち、違うんですよ唯先輩、私はただ、こんなシチュエーションで――」

唯「むぅ。もういいもん、わかったもん、
  そんなこと言うんだったら私からぎゅってしちゃうから!」

 必死のフォローも徒労に終わり、唯先輩はぶーたれた。
 キスはともかく、ハグには慣れっ子だ。拒否する理由はどこにもない。

 ならば、どう返す?
 『やめてください、恥ずかしいです』
 ……これじゃいつもと同じだし、いつもと同じではダメなんだ。

 どう答えたところで、この人は抱きついてきてくれるのだろうけど、
 キスを避けてしまった後ろめたさが、その回答を否定する。

 だったら――

 脳内でシミュレートする。

 ――よし、完璧だ。

 私は頬の赤を更に深めると、両手を広げて腰を落とした。

梓「望むところです!!」

 さあ! さあ! さあ!!
 どうぞ先輩!! 私の胸へ――!!

唯「えへへ、恥ずかしがるあずにゃんかわい――超受け入れ体勢っ!?」

 唯先輩が飛び退いた。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:17:09.57 ID:AbwRFI2b0

唯「そ、そんなあずにゃん、あずにゃんじゃない……」

梓「え、いや……そんなショックなんですか」

 いじらしく膝を抱えてその場にうずくまる唯先輩。
 嗚呼……なんて可愛らし、いや、言ってる場合じゃなくて。

梓「ご、ごめんなさい唯先輩。その、ちょっとした出来心で……」

唯「……」

梓「えっと……」

唯「ごめんにゃさいにゃん、大好きですにゃん唯先輩」

梓「え?」

唯「って言って」

梓「……え?」

唯「言って」

梓「……」

唯「……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:24:28.95 ID:AbwRFI2b0

梓「えーっとですね、唯先輩。
  私がそんな恥ずかしい台詞を言えるとでも――ムギ先輩こっち見すぎです」

 その笑みは多分人を殺せます。20人くらい。

紬「……」

 そんで何も言わんのかい。
 嘘でもいいから否定とかしてくださいよ。

唯「あずにゃん!」

梓「は、はひ!?」

唯「……言ってくれないの?」

 両目に大粒の涙を溜めて、ハンカチを噛む唯先輩。
 こんな澄んだ瞳でおねだりされて、それを無碍にできる人間が果たしてどれだけいるのだろう?
 嗚呼、体面も外聞もかなぐり捨てて、今すぐにでもこの人を抱きしめたい。
 それができないのは、僅かな意地か、つまらぬ矜持か。

梓「……」

 違った。
 迫られていたのは、件の台詞を言うか言わないかの二択だ。
 なのに、どうして抱くか抱かないかの二択に昇華させた挙句思い悩んでいるんだ。
 色魔か私は。色魔か。

 抱く抱かないの二択に比べたら、件の台詞に対する羞恥なんて、ちっぽけなものに思えてきた。
 元はといえばあんな益体の無い行動に打って出た己に非があるのだ。

 答えはすぐに出た。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:29:50.14 ID:AbwRFI2b0

 私は静かに深呼吸して、覚悟を決める。

梓「ご、……ごめんにゃさいにゃ…大好…ですにゃ…唯先輩」

唯「……ふ、ふふふ」

梓「……っ」

紬「あらあら、顔が真っ赤よ、梓ちゃん」

梓「うるさいです。わかってますもん、そんなこと……」

 わかった上でやっているのだから、救いようが無かった。

唯「あぁん、あずにゃあぁぁん!!」

 はちきれんばかりの笑顔で抱きついてくる唯先輩。
 バカなことやるんじゃなかったと、自戒の二文字を脳裏に刻みつつも、
 他の先輩方に気付かれない程度に抱き返す。

 私の思わぬ反撃に、驚いたように身を震わせた唯先輩だったが、それも一瞬だけだった。
 後は済崩しに、さっき実現できなかったキスへと移行する。

 とか頭では考えても決して実践できないチキンハート。

澪「見てて飽きないな、あの二人は」

紬「二人ともヘタレ攻でいて、かつ誘い受けの気があるからかしらね、鬩ぎ合いがたまらないわ」

律「お前は何を言っているんだ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:38:00.93 ID:AbwRFI2b0

 冬の冷たい空気とは裏腹に、私の頬は熱を帯びていた。
 穴があったら入りたいって、こういう時に使うんだろうなー。
 なんて、取るに足らないことを考える。
 思い出し笑いならぬ、思い出し恥ずかし。いや、ねえよそんな言葉。

 相も変わらず妄想に耽っていると、隣を歩く唯先輩がびくりと体を振るわせた。

梓「? どうしたんですか、唯先輩?」

唯「え!? あ、ううん、ちょっと寒気がしただけ……」

梓「風邪でも引いたんじゃないですか?」

唯「大丈夫だよー。私あんまり風邪とか引かないし」

梓「気をつけてくださいよ。先輩に風邪引かれると……、その、私が、困るんですから」

唯「あずにゃん、心配してくれてるんだ~?」

梓「ち、違います。ただ同じバンドのメンバーとして……」

唯「照れなくてもいいのに」

梓「て、照れてなんか……」

唯「えへへ、可愛いなぁ、あずにゃんは」

梓「あ、う……、そんなにくっつかないでくださいよ~」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:47:17.52 ID:AbwRFI2b0

 またか。またこの流れなのか。
 今更気付いたのかとか思わなくもないけど、
 どうやら私、唯先輩と二人きりの時に自分のペースを握るのが苦手らしい。
 いつだって唯先輩のペースで、振り回されて、かき乱される。

 たまには私のペースで、唯先輩を振り回すという展開も見てみたいのだけど。
 見てみたいという要望があるような気がするのだけど。
 こういうことは一人で考えるより、誰かに相談してみたほうが良い案がでるかもしれないな……。
 ほら、例えば――

梓「……ダメだ」

 ――脳裏に浮かんだシスコンのマイフレンドと黄色い沢庵は、簀巻きにして神社に奉納した。

唯「なにがダメなの?」

梓「やっぱり澪先輩ですね」

唯「ガーン!?」

梓「え?」

唯「あ、あずにゃんは私より澪ちゃんの方が良いんだ……う、うわぁああああん!!」

梓「あ、いや……」

 抜群の快走を披露しながら、唯先輩は私の視界から遠ざかっていった。
 取り残された私はただ呆然とするばかりで……、
 なに、なんなんですかこの誤解フラグ。そんなバカな。
 これはまずいと思う。まずいですよね? うん、満場一致でまずい。

梓「待ってください誤解ですってばーーーーっ!!」

 私は全力で先輩を追い縋った。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/11(金) 23:57:58.65 ID:AbwRFI2b0

憂「……スーハースーハー」

 ひとしきり人形遊び及びいかがわしい行為を堪能した私は、
 あるものを探してお姉ちゃんの部屋を徘徊していた。

 しかし、気がつけば探し物等そっちのけで
 脱ぎ散らかされたお姉ちゃんのパジャマを嗅いでいた。
 フリース生地に僅かに残っているような気がする
 ぬくもりと残り香を全身に感じながら、両足をバタバタさせる。

憂「……しまった」

 なんてこった。
 この部屋には誘惑がいっぱいだ。ワォ、イッツアドゥリームラヴィリンス。

憂「髪の毛かぁ……」

 探し物というのは他でもない、お姉ちゃんの髪の毛だった。
 精巧に作られた平沢唯ドール。
 紬さんの話によれば、紛い物の髪の毛の中に
 本人の髪の毛を一本含めることで、傀儡として存在を確立できるということらしい。

 所謂『操り人形』という物だ。
 例えば、傀儡となったドールに私が触れる。
 すると、お姉ちゃん本人にも、誰かに触れられたかのような感覚が伝わる、ということだ。

 ふふ、想像しただけでぞくぞくする。
 本来呪術的意味合いの強いそれは、しかし私が用いる分には呪いになど成り得ない。
 紬さんがどういう目的を持ってこんなものを作らせたのか、何を企んでいるのか。
 そんなことは私にとっては些事なのだ。
 私はただ今以上にお姉ちゃんを愛でることができれば、それで全てをよしとするのだから。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 00:06:31.24 ID:rdfhcZ6D0

憂「見ーつけた」

 明るい栗色の髪の毛が一本。
 素人目には私の髪の毛と区別がつかないかもしれないが、
 私レベルのお姉ちゃんフリークであればその見分けは容易い。
 枕元からそれを拾い上げて、私は自室へと向かった。



憂「これで、よしっと……」

 ドールの髪にお姉ちゃんの髪の毛を一本結びつける。
 紬さんの言っていることが本当なら、
 この時点でこのドールはお姉ちゃんとリンクしている筈なのだが……。

憂「お姉ちゃんが来ないと検証できないよね」
 
 独りごちてから、ふと時計を見上げた。
 18時か。お姉ちゃんもそろそろ帰ってくるだろうし、夕飯の支度をしなくては。



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 00:19:00.19 ID:rdfhcZ6D0

梓「はぁっ、はぁっ……!」

 唯先輩を追い縋ること10分。
 私は一つの真相にたどり着いた。

 あの人、運動神経鈍そうに見えて意外と足速い。

梓「そんなこと言ってる場合じゃないぞー、私」

 冷たい空気が肺に入り込んで、走るのが辛い。
 だからと言ってここで追いかけるのを諦めるわけにはいかない。
 とにかく追いついて誤解を解かなくちゃ……。

 閑静な住宅街が続く。夕暮れ時ということもあって、周囲に喧騒は無い。
 紅く色付いていた木々も冬の到来と共に葉を落とし、地面に落ち葉の絨毯を敷いていた。
 その絨毯の踏み心地を楽しむこともなく、それらを乱雑に踏みつけて通りの角を折れる。

 ――ようやく、追いつくことができた。

梓「追いついたっていうか、まぁ……先輩の家に着いちゃっただけなんですけどね」 

 私の呟きに呼応するかのように、カラスが『ア……アァ』と鳴いた。
 バカにされているみたいで腹が立つ。なんなんだ。ちゃんと鳴けよ。
 睨みつけようと声の方向を見上げると、――物凄い数のカラスが集まっていた。

梓「な、なにこれ……」

 その異質な光景にどっと恐怖心が押し寄せてきて、私は唯先輩の家の扉を必死に叩いた。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 00:27:53.88 ID:rdfhcZ6D0

 お姉ちゃんは帰宅すると同時に、私の胸に飛び込んできた。

唯「うい~~~~!」

 私はそれを優しく抱きしめて、過剰なまでに息を吸い込みながら、

憂「ど、どうひは、うっ、けほっ、けほっ」

 吸い込みすぎてむせた。

唯「……だ、大丈夫?」

憂「うん。それよりどうしたの、お姉ちゃん?」

唯「あずにゃんがね、私より澪ちゃんの方が良いんだって……」

憂「……」 

 あの雌猫。言うにことかいてなんてことを。
 ……ん? いや、しかし妙だな。
 私には及ばないにしても、梓ちゃんは相当ハイランカーのお姉ちゃんフリークだったはずだが。
 そんな彼女が、お姉ちゃんを傷つけるような台詞を吐くだろうか?

憂「ねえ、お姉ちゃん。それってもしかして――」

 ドンドン、と乱雑に玄関の扉が叩かれる音がした。

憂「……、見てくるね」

唯「あ、待って憂、私も行くよ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 00:35:14.97 ID:rdfhcZ6D0

 二人、手を握って階段を降りる。
 扉を叩く音は依然として続いていて、そこからはひしひしと焦燥感が伝わってくる。
 覗き穴から外を窺うと、そこに居たのは渦中の人物だった。

憂「梓ちゃんだよ、お姉ちゃん」

唯「……」

憂「多分、だけど……。誤解だったんじゃないかな?」

唯「でもハッキリ言ってたもん。私じゃダメだって。やっぱり澪先輩ですね、って」

憂「……話だけでも訊いてあげなよ。ここまで必死に追いかけてきたみたいだし」

唯「……」

 お姉ちゃんが頷いたのを確認してから、私は玄関を開ける。
 すると、梓ちゃんが一目散に飛び込んできた。

梓「唯せんぱ――うわぁ!?」

 残念。それは私だ。
 両手を広げた私は飛び込んできた梓ちゃんをしっかりと抱きしめて、
 その矮躯を必要以上に撫でくり回す。

梓「か、カラスが、ちょ、憂、どこ触って……唯先輩、さっきのは誤解なんです!!」

憂「落ち着いて、梓ちゃん」

 君はお姉ちゃんの前にいるのだ。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 00:56:46.48 ID:rdfhcZ6D0

梓「家の外に、物凄い数のカラスが――!」

憂「カラス? ……ちょっと見てくるね」

 梓ちゃんをお姉ちゃんと二人きりにする意味も兼ねて、私は一旦家の外へと出た。
 玄関の扉を後ろ手に閉めて、空を見上げる。

 カラス……。
 確かに不気味なまでに家の上空に犇いている。
 心当たりがあるとすれば、……傀儡か?

 いずれにしろこのまま蝟集させて置くのは第三者からの心象を損なう恐れがあるし、
 何より我が家の景観が損なわれる。
 連中を追い払う方法は無くもない。
 この間お姉ちゃんと二人で観た映画の、最後の最後で使われた飛びっきりの方法だ。

 静かに、けれど大きく息を吸い込んでから、私はその言霊を口にする。



憂「バルス!!」




 カラスはぴくりともしなかった。



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:06:29.65 ID:rdfhcZ6D0

 憂が外に出て行ったのを見計らって、私は切り出した。

梓「あの、唯先輩」

唯「なに?」

梓「さっきのは、その誤解なんですよ」

唯「……あずにゃんは、私より澪ちゃんが好きなんでしょ?」

梓「ち、違います、いや、澪先輩は澪先輩で好きですけど」

唯「ほらやっぱり」

梓「だけどそれは尊敬する先輩としてであって……、私が本当に好きなのは唯先輩なんです!」

唯「……」

梓「あの、だから……」

唯「……」

梓「唯先輩?」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:12:48.18 ID:rdfhcZ6D0

唯「ふ、ふふ」

 先程まで剥れていた唯先輩の口元が、僅かにほころんだ。あれ? 笑ってらっしゃる。

唯「今のって、告白だよね?」

梓「あ……」

 その言葉の意味を理解した瞬間、急激に顔が熱を帯びた。耳の先まで熱くなる。
 私は咄嗟に俯いて、上気した頬を押し隠す。
 しかしそんな努力も、「えへへ」と嬉しそうに笑うこの人の前には意味を成さずに、

唯「私も好きだよぉ、あずにゃ~~ん!」

 蕩けそうなぬくもりと、鼻腔をくすぐる僅かな甘い香りに意識が混沌としていく。
 私はただその抱擁に身を委ねて、背中に触れる二つの柔らかな感触を堪能――ん? 背中?
 バカな。唯先輩は私の正面にいるんだから背中には誰も……。

 いや、約一名心当たりがあるけれどさ。
 だけどこういう時って空気読むじゃない? 読むよね?
 み、いくら憂と言えど、私と唯先輩の、み、愛の抱擁を、耳、邪魔するなんて、くっ、耳を。

梓「耳を舐めるなーーーっ!!」

憂「真っ赤だったから冷ましてあげようと思って」

 逆効果だよちくしょう。

唯「あずにゃ~ん、うい~、ぎゅ~~っ!」

 効果覿面だよちくしょう。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:25:22.87 ID:rdfhcZ6D0

 梓ちゃんを板ばさみにしてお姉ちゃんを愛撫した後、私は二人と共に食卓を囲んでいた。
 お姉ちゃんと梓ちゃんが配膳を手伝ってくれたおかげで、少しだけ楽ができた。
 後でご褒美ちゅっちゅをしなくてはなるまい。

唯「んまーい!」

 お味噌汁に手をつけたお姉ちゃんが開口一番、叫ぶ。

憂「もう、大袈裟だよお姉ちゃんは」

梓「ううん。私も普通に美味しいと思うよ」

憂「そうかなぁ? えへへ……」

唯「なんていうか、憂も所帯染みてきたよねぇ」

梓「先輩のせいでしょうに」

唯「えー、私だって家事手伝ってるもん」

 所帯染みてきた?
 それはつまり、言い換えると夫婦っぽいということであって、
 私とお姉ちゃんの関係が夫婦っぽいことだ。

 しかもその発言をしたのがお姉ちゃんであるという事実。
 これ即ち、愛の告白と受け取っても相違あるまい。

憂「不束者ですがよろしくお願いします」

唯「え?」
梓「え?」

憂「……え?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:38:10.06 ID:rdfhcZ6D0

梓「あー、えっと。……すみません、夕飯までご馳走になっちゃって」

唯「いいんだよー、気にしないで。ご飯は皆で食べた方が楽しいからね」

梓「憂もごめんね、突然押しかけちゃって」

憂「ううん、今日はちょっと作りすぎちゃったから。むしろ助かったよ」

梓「そっか、ありがと」

 梓ちゃんは嬉しそうにはにかんだ。

梓「あ、そういえば、結局カラスはどうなったの?」

憂「どうにも。そのうちいなくなるとは思うんだけど……」

 あれだけのカラスが、傀儡を要因として群れているのだとすれば……。
 紬さんの話も幾分信憑性を帯びてきたような気がする。

 そろそろ試してみるか。
 梓ちゃんも一緒になってしまったが問題は無い。愛でる対象が二人になっただけのことだ。



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:43:13.16 ID:rdfhcZ6D0

憂「ごちそうさま」

唯「今日は食べるの早いね?」

憂「うん、テスト勉強しなくちゃだしね。……お姉ちゃん、ご飯粒ついてるよ」

唯「え、どこ?」

 指で口の周りをぺたぺたと探すお姉ちゃん。
 取れるはずが無い。元々ご飯粒なんかついていないのだから。
 私はお姉ちゃんの正面にそっと這い寄って、その唇をぺろりと舐めた。

唯「わっ!?」

梓「なっ!?」

憂「えへへ、嘘でした」

唯「もー、憂ったらー!」

憂「食事終わったら教えてね。片付けは私がやるから」

 呆然とする梓ちゃんと、照れ笑いを浮かべるお姉ちゃんにそう告げて、私は自分の部屋へと向かった。



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:48:13.15 ID:rdfhcZ6D0

 さて、と。

憂「……効果、あるのかな」

 私はドールを手にとって、少し思い悩む。
 二人の前でこれを弄くりまわす訳にはいかない。そんなことをすれば即座にバレる。
 ならば、まずは階段の辺りから二人の会話だけで反応を窺ってみるとしよう。

 足音を立てないように、静かに階段へと向かう。
 しばらく進むと、二人が楽しそうにお喋りする声が聞こえてきた。
 距離的にはこの辺りで十分だろう。

憂「……」

 息を呑む。
 私は意を決して、ドールの胸部にそっと手を触れた。



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:49:37.77 ID:rdfhcZ6D0

唯「ひゃっ!?」

梓「唯先輩?」

唯「な、なんだろう。今の感じ……」

梓「どうかしたんですか? 突然胸押さえたりして」

唯「ううん、なんでもな――きゃあ!?」

梓「……?」



憂「……」

 すげえ。
 なにこれすげえ。
 オゥ、ファンタスティコ! 効果は抜群だ!

 味を占めた私は、間髪いれずにドールの至る所に舌を這わせる。



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 01:51:22.74 ID:rdfhcZ6D0

唯「っ!?」

梓「あ、あの、先輩?」

唯「なに、これえぇ……、ぁっ……」

梓「だ、大丈夫ですか!?」

唯「わ、わかんない……けど、ムズムズする」

梓「ムズムズって、どこが……って、ふぐぅ!?」


憂「……」

 ふぐぅ? なんだその呻き声。
 梓ちゃんの身に何が?
 気になるところだが、ここからじゃ二人の様子は見えない。

 思春期の中高生男子は、声だけでその状況の120%を妄想で再現できるという。
 凡庸な一端の女子高生でしかない私には、羨望の的たるスタンドだ。

 しかし、今この状況で無いもの強請りをしていても仕方が無い。
 虎穴に入らずんば、虎子を得ず。
 この場合の虎穴とは、二人にドールの存在がバレる危険性。
 そして虎子とは二人の(特にお姉ちゃんの)悶える様子だ。

 天秤にかけたところで、私の心は決まっていた。



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:20:14.10 ID:rdfhcZ6D0

 唯先輩が悶え出した。
 食事中に突然喘ぎ声をあげて、涙目で私に『ムズムズする』と訴えかけてきたかと思えば、
 今度は立ち上がって私から距離を置くように内股で歩き出したのだ。
 
 何を言っているのかわからないと思うけど、私にも何が起きているのかわからなかった。
 私は唯先輩とそんな淫靡な関係を望んでる訳じゃないけれど、
 しかしそれでもその一連の行動は、私の理性を跳ね飛ばすのに十分な破壊力を秘めていた。
 
梓「ゆ、唯先輩……」

 一歩、前進する。

唯「……」

 一歩、後退された。
 いや、なんで私を警戒するんですか。

梓「一体、どうしたって言うんですか?」

 一歩、近付く。

唯「わ、私、あっ、おかしくなっちゃったの、かな……」

 一歩、遠退かれる。
 ちくしょう。なんなんだこの状況。なんで私が悪いみたいになってるんだ。
 ていうかこれ以上喘がないでください。ああ、飛んでゆく。理性が。自制心が。



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:24:35.32 ID:rdfhcZ6D0

 素数だ、素数を数えるんだ。
 ここは……ほら、アレだ。
 使いたくは無かったが、アレを使ってこの場を収める他無い。

梓「……」

 私は自分のスクールバッグからごそごそとアレを取り出すと、頭にセットした。

梓「……ほ、ほら、唯先輩、大丈夫ですにゃん、あ、あずにゃんですにゃん……」

唯「!!」

 唯先輩の表情がぱぁっと明るくなった。
 こんな状況においても、ネコミミの効果は絶大らしい。

唯「あ、あずにゃぁぁぁ――きゃっ、ひゃ、あははは!
  そ、そこはダメ! や、やめ、きゃはははは!」

 私の方に飛び込んでくるかと思いきや、
 唯先輩は走りながら大きく右に反れてそのまま床に転がって悶え始めた。

梓「……」

 なんなんだ。
 何がしたいだこの人は。
 まるで誰かにくすぐられているようなリアクションだけど。
 どう見ても唯先輩一人しかいない。

 小さく息をついてから、ふと視線を感じて階段の方に目をやると、
 憂がガン見していた。



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:27:53.61 ID:rdfhcZ6D0

梓「……憂?」

憂「え?」

梓「何してるの?」

憂「見てるだけだよ」

梓「……」

 怪しい。
 いつにも増して真摯な顔立ちになっているのが尚更怪しい。
 ていうかテスト勉強するんじゃなかったのか。

梓「なんで見てるだけなの?」

憂「そこはまぁ、いいじゃない」

 ちっとも良くないけど、それはあからさまに何かを隠しているリアクションだ。
 唯先輩に何かしたとすれば、憂しか考えられない……と思う。



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:36:59.44 ID:rdfhcZ6D0

梓「……そんなところにいないで、こっち来たら?」

憂「え? ダメだよ。私はお姉ちゃん一筋だもん」

梓「どこをどう曲解したらそうなるのよ」

憂「梓ちゃんがそこまでいうなら、私としてもやぶさかではないけど」

梓「私がやぶさかだよ。唯先輩一筋じゃないんかい」

 なんなんだ、その斜め上のポジティブシンキング。

梓「いいから、隠れてないでこっち来て」

憂「……」

 憂は顔を引っ込めて、階段を駆け上がっていった。
 はぁはぁ言いながら床に転がる唯先輩がさっきから気になってしかたないが、
 必死の思いで理性を奮い起こして、私は憂の後を追った。



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:41:56.55 ID:rdfhcZ6D0

 まずい。こんなに早く気付かれるとは思わなかった。
 猫を自称するだけのことはある。
 梓ちゃんを少々嘗めすぎた。実際、耳舐めたけど。
 とにかく部屋に逃げ込んでドールを隠さなくては。

梓「憂!」

憂「!」

梓「どうして逃げるの? ……唯先輩に何をしたの!?」

 鋭いなぁ。というか、階段上るの速いなぁ。
 本当に猫なんじゃないだろうかこの娘。

梓「止まって憂。今背中に隠してる物を見せて」

憂「……断ると言ったら?」

梓「実力行使」

憂「ふっ」

梓「ムカっ! なにその含み笑い!?」

憂「いいよ、かかっておいで」

梓「にゃっ、言ったなー!?」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:42:45.54 ID:rdfhcZ6D0

 頭に血を上らせた梓ちゃんは、まっすぐに私に向かってくる。
 私はそれを避けるでもなく、去なすでもなく、抱きしめるようにしてガッチリ固定した。
 これで彼女の動きは完全に封じた。蛇に睨まれた蛙だ。ペロペロしてやる。

梓「っ!?」

憂「ふふ。梓ちゃんたら直情的なんだから」

梓「く、なんて真っ直ぐな眼差し……、ホンモノだ、この子ッ!!」

 じたばたと抵抗を見せる梓ちゃんだが、執拗に絡ませた私の腕からは逃れられない。

梓「あ。その人形……、唯先輩にそっくり」

憂「……」

 攻防の最中、左手の自由を得るために、
 持っていたドールを胸元に挟み込んだのだから、
 必然的にそれは彼女の視界に入る。

 失念していた訳ではないし、
 ドールの存在をバラさないことが優先事項であることに変わりは無い。
 しかしサーモンピンクと百合色のグラデーションで構成された脳細胞は、
 最優先事項を『梓ちゃんペロペロ』で上書きしたのだ。

梓「ひにゃっ!? ちょ、やっ、待って憂ー!?」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 09:43:48.64 ID:rdfhcZ6D0

憂「何?」

梓「ゆ、唯先輩に言いつけちゃうよ?」

憂「いいよ?」

梓「にゃぁぁっ!? 間髪いれずにほっぺた舐めるなーっ!!」

 にゃあにゃあ言いながらも、梓ちゃんは決して抵抗をやめることは無かった。
 尚も私に向けられる眼光は、まさしく獲物に狙いを定めたハンターそのもの。
 その視線に、私は言い知れぬ恍惚を覚える。

梓「……わかった」

憂「?」

梓「その、憂の気持ちはわかったから」

 梓ちゃんは薄紅色に頬を染めて、上目遣いに私を見据えた。
 抵抗の意思は折れたのか?

 ははぁん、なるほど。
 『初めてだから優しくしてね』と、そういうことか。
 ふふ、よろしい。ならば遠慮なくいただきま―――



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 11:31:43.79 ID:rdfhcZ6D0

梓「もらったぁ!」

憂「――ひゃあ!?」

 梓ちゃんはロックされた両腕を徐々に自分側に引き戻していたのだ。
 オーバーとも取れるリアクションは、それを悟られないようにするためのカモフラージュ。
 そして、手首を私の脇腹に届く範囲にまで引き戻したら、くすぐって束縛から逃れる。
 完全に意表を突かれた形となった。

 ドールが私の手から離れて、梓ちゃんがそれを掴む。
 掴み所がアレだったのか、二階からお姉ちゃんの『ぁん』という艶っぽい声がして激しく欲情した。
 しかしそれは私だけではなかったようで、梓ちゃんの動きも停止していた。

 立ち直りが早いのは、私だった。
 当然の結果だ。生まれてから今日までずっとお姉ちゃんの傍にいたのだから。
 その隙を突いて、ドールの上半身を右手で掴む。
 依然としてドールの下半身は梓ちゃんが掴んだまま――。



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 11:35:39.54 ID:rdfhcZ6D0

梓「っ!?」

憂「梓ちゃん、その手を離して」

梓「嫌だ。憂はこの人形で唯先輩に悪戯してるんだ!」

憂「何を言ってるの? そんな人形がある訳ないじゃない」

梓「嘘だよ。唯先輩はまるで誰かに身体を触られているような反応をしてた。
  それも、憂が食卓の席から離れてからずっと!」

憂「……」

梓「教えて憂。どうすれば唯先輩を元に戻せるの?」

憂「……」

 教える訳にはいかない。
 お姉ちゃんの喘ぐ姿を見られる。
 たったそれだけのことが、私にとっては何事にも変えがたい悦楽なのだから。

 それに、まだまだこのドールを使って試してみたいこともある。
 だから、ごめん梓ちゃん。それだけは、できないの。

梓「キスしてあげるから教えて」

憂「ドールから本物のお姉ちゃんの髪の毛を外せばもd――しまったぁぁっ!?」

梓「なるほど、これね」



 私の野望は潰えた。



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 11:47:16.17 ID:rdfhcZ6D0

 全く油断も隙もあったものじゃない。
 さっきまでの唯先輩の異常な行動は、全て憂の仕業だったわけだ。
 どうやらこの人形、一度結びつけた髪の毛を解いてしまうと、
 二度と効果は得られないらしい。

 実際試したところで、唯先輩は全く反応しなかった。
 そんな現実を目の当たりにした憂は、
 未だかつて見たことのないような暗澹とした表情で、死んだ魚みたいな目をしていた。

 適当な理由をこじつけて人形も私の物にしてもよかったのだけど、
 そんな顔を見せられてはできる筈もなかった。

唯「カラス、居なくなってよかったね」

梓「そうですね」

 まだ居てくれたら、泊まる口実もできたのだが。
 居たら居たでそれは怖いものがあるし、所詮は鳥類だ。
 期待するだけ野暮ってものだろう。

梓「……それじゃ唯先輩、おやすみです」

唯「うん、また明日ね。あずにゃん」

梓「はい」

憂「……」

梓「……憂もまたね」

憂「……」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 11:51:42.71 ID:rdfhcZ6D0

唯「あ。あずにゃん!」

梓「なんですか?」

唯「おやすみのちゅーは?」

梓「……、今夜は憂にしてあげてください」

 まるで、毎日おやすみのちゅーをしているような言い回しだが、断じてそんなことは無い。
 言ってみたかっただけの台詞である。

憂「!」

唯「?」

梓「それではまた」

唯「ばいばーい」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 11:53:58.33 ID:rdfhcZ6D0

 少々惜しいことをした気もするが、憂にあそこまで悄然とされては夢見が悪い。
 無垢な笑顔で手を振る唯先輩に別れを告げて、私は一人帰路に就いた。

 来る時には堪能できなかった落ち葉の絨毯を、
 今度はくしゃりくしゃりと小気味良い音を鳴らして歩く。
 やがて、数枚の落ち葉がぱらぱらと、冷たい風にさらわれて南の空に消えていった。
 宙に舞うそれらを目で追うと、そこには冬の大三角と呼ばれる星々が煌いていた。

梓「(あそこが天の川……だっけ)」

 しばし見惚れる。
 一年に一度しか逢えない辛さと、いつか必ず来る別れの辛さ。
 本当に辛いのはどっちだろうか?
 例え望んでいなくても、時間は誰にでも平等に訪れる。
 私達はいつまで一緒にいられるんだろう?

梓「(らしくないこと、考えてるなぁ……)」

 白い吐息を闇夜に広げて、私は止めていた歩みを再び進める。
 寒空の下、月はまるで私を導くかのように、その行く先を明るく照らしていた。



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:01:50.35 ID:rdfhcZ6D0

 寒い。冬の朝は寒いものだけど、今日はいつにも増して寒い。
 羽毛布団を頭まで被り直して丸くなる。

 こんな日は、お姉ちゃんの布団に潜り込んで暖をとる振りをしつつ、
 ぎゅっと抱きしめて摩擦で火がつく程頬擦りしたい。
 ……したいのは山々なんだけど、私の体内時計がそれは無理だと告げていた。
 そろそろ起床しなくてはいけない時間だから、と。

『………………』

 布団の外から気配がする。
 私の良く知る、私の大好きな人の気配が。

『…………』

憂「お姉ちゃん!?」

 がばっと、勢い良く跳ね起きた。
 しかし、お姉ちゃんの姿はどこにも見当たらない。

憂「あ、あれ……?」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:08:56.15 ID:rdfhcZ6D0

『………………』

 まただ。
 確かに気配はある。
 お姉ちゃんの為なら、喜び勇んで尻からコキュートスに
 ダイブする私だからこそ感じることのできる、お姉ちゃんの気配。
 私はきょろきょろと、周囲を見回す。

憂「ど、どこにいるの、お姉ちゃん?」

 くいっと、パジャマの袖を引っ張られた。

憂「え……?」

 自分の腕の先を目で追う。
 そこに居たのは、昨日傀儡としての役割を終えたドールの姿……
 って、あれ、こんなに等身低かったっけこの人形?

 ドールは私と目が合うと、腰に手を当てて、リスみたいにぷくぅと頬を膨らませた。
 まだ眠い目を擦って、二度見する。
 小さな身体を精一杯使って、「今私不機嫌なんです」とアピールするその姿は、
 お姉ちゃんの容姿も伴って犯罪級の可愛らしさなのだが。
 しかし、理解が追いつかない。



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:12:14.36 ID:rdfhcZ6D0

憂「え、ええ……?」

 ドールは地団太を踏んでいた。なんで怒ってるの、この子?
 いや、それ以前に……。

憂「……なんで動いてるの?」

 直球を投げかけた。

『…………』

 その問いに、ドールは必死に何かを訴えようと私の瞳を見つめる。

憂「……」

 なにせ外見はデフォルメされたお姉ちゃんなのだ。
 そんな生き物にじっと見つめられたら、私の理性が耐えれるはずも無い。

憂「可愛いぃぃぃぃぃぃっ!!」

『!?』

 とはいえ、相手は小さな人形。何が出来るわけでもなく、とりあえず思いっきり抱きしめた。
 無駄に高まった色欲は、後にお姉ちゃんか梓ちゃんで発散させていただくとしよう。



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:16:37.32 ID:rdfhcZ6D0

 私は着替えを終えてキッチンに居た。
 ドールにはそのままベッドに居てもらおうかと思ったのだけれど、
 私が何処かへ行ってしまうとわかると、ベッドから転げ落ちてまで、必死に追い縋ってきた。
 そんな行動をとられて放っておける程、私は冷徹な人間ではないのだ。

 相変わらず、動いていることには納得がいかないが、
 しかしこの子を見ていると、そんな些細なことはどうでもいいとさえ思えるようになっていた。

『……』

 ドールが不思議そうな顔で私を覗き込む。
 まるで、何をしてるの? とでも訊きたそうな表情だ。

憂「朝食を作ってるんだよ」

 私が答えると、ドールはこてん、と小首を傾げた。
 そう簡単に意思疎通できれば世話は無い。

憂「……お姉ちゃん、今日は食べてくれるといいなぁ」

 今度は完全な独白となる。
 私としては毎日一緒に食べたい所なのだけど、如何せんお姉ちゃんは朝に弱い。
 起きるのがギリギリになれば、当然食べる暇が無い。
 そんな理由で、折角二人分作っても食べてくれない日がままあるのだ。



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:19:56.01 ID:rdfhcZ6D0

『……』

 ドールは、そんな私を心配そうに見つめて、やがて、ぽん、と両手を叩いた。
 そして、腕伝いに私の肩に飛び乗ると、大きく右手を挙げる。

憂「え? ……起こしにいけってこと?」

『……』

 力強く二回頷くドール。
 確かに私はお姉ちゃんと一緒の朝食を望んではいるが、
 しかし幸せそうに眠るお姉ちゃんを起こすという行為には良心の呵責が伴う。

 早い話、ギリギリまで寝かせてあげたいという気持ちが勝ってしまうのだ。
 私が思い悩んでいると、ドールは薄い胸を張って、ふふん、と息を吐いた。
 どうやら、私に任せろ、ということらしい。

 私の意志を確認する間もなく、
 ドールは肩からぴょん、と飛び降りて、リビングの方へ走っていってしまった。

憂「……」

 ああ、なんて愛らしい……。
 よし、落ち着け私。まて、落ち着けと言っているだろう私。
 目頭を押さえて首を横に振る。
 人形に欲情するなバカやろう。理性を、あらん限りの理性を奮い起こせ。

 私はまな板に頭突きした。

憂「ふぅ……」

 ……あれ? そういえばあの子階段上れるのか?



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:24:19.66 ID:rdfhcZ6D0

憂「……」

 気になって追いかけてみると、ドールは案の定、階段の前で膝を抱えていた。

憂「上れなかったのね」

『……』

 泣きそうである。

憂「全く、しょうがないなぁ……」

 手を差し出すと、今度は一転して華が咲いたような笑顔を向けてくる。
 全くもって表情が豊かなことだ。
 私は手から肩へとドールを移して、お姉ちゃんの部屋へと向かった。



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:37:24.01 ID:rdfhcZ6D0

 扉を開けば、鼻腔を微かに擽る女の子の香り。
 お姉ちゃんの部屋。通称エデンの園。

 私はここに足を踏み入れる度、
 痴情に溺れた下劣な心と死闘を繰り広げるハメになるのだが、その戦績はイマイチ揮わない。
 今年に入って23勝1274敗。
 桁多!? とか思うなかれ。もうすぐ師走の半ばであることを踏まえれば、四桁は妥当である。

憂「お姉ちゃん、そろそろ起きないと遅刻だよ?」

唯「ん……うぅ……」

 私が起こすの! と目で訴えてくるドールを、お姉ちゃんの枕元にそっと降ろす。

唯「んぅ……、ダメだよぅ……あずにゃぁん」

憂「!」

 バカな。お姉ちゃんが夢の中で梓ちゃんとキャッキャうふふだと……?
 なんて羨ましい……、くそ、どうすれば……どうすれば私はその世界へ赴ける?
 割りと本気で考えていると、ドールがお姉ちゃんのほっぺたでぷにぷにと遊び始めた。

唯「あぅ、あずにゃ、うにゅうにゅうぅぅ……、んあ、……?」

『……』

唯「……」

『……』

唯「……どちらさま!?」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:42:52.94 ID:rdfhcZ6D0

 がばっと飛び起きるお姉ちゃん。
 私とリアクションが似てる辺り、さすがは姉妹だと痛感する。
 それにしても、今日も見事な寝癖だ。

唯「ち、ちっちゃい、私!!」

 ドールを指差して、お姉ちゃんが叫んだ。
 一方のドールはその声に驚いて、尻餅をついていた。
 あぁ、二人とも可愛いなぁ……。

唯「……」

『……』

唯「ちっちゃくてかわいい……」

 そう呟いて、お姉ちゃんはドールを抱きしめた。
 考えてみれば、さっきの私の行動と大差ないのだが、
 しかし自分をそのまま小さくデフォルメしたようなドールに対して、
 平気で『かわいい』とかのたまう辺り、やっぱりお姉ちゃんは偉大だと思う。

 そんな光景を見せられたら、今宵夜這いを仕掛けるか、
 或いは、今宵夜這いを仕掛けるか位しか私には術が無い。

憂「おはよう、お姉ちゃん」

唯「あ、憂。おはよー」

憂「ご飯できてるよ」

唯「うん。ところでこの子誰?」

憂「えーと……食べながら説明するよ」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:16:43.96 ID:rdfhcZ6D0

 着替えを済ませてリビングに下りてきたお姉ちゃんと、三人で朝食をとる。
 ドールは何も食べないだろうと思っていたが、
 お姉ちゃんが玉子焼きを小さく切り分けて差し出すと、もしゃもしゃと頬張っていた。
 どこまでも人間らしい人形だ。

唯「ふーん、ムギちゃんの会社の人が作ったんだ?」

憂「う、うん……」

 まさかこれまでの経緯を偽り無く説明するわけにもいかず、
 『昨日紬さんからもらった人形が、朝起きたら勝手に動き出した』
 と、お姉ちゃんには、要所要所を端折って説明した。

唯「凄いね。良く出来てる……」

 じっと見つめるお姉ちゃんに対して、きょとんとした表情で見つめ返すドール。
 お姉ちゃんが、『良い子良い子』と優しく微笑みかけて、
 指先でそっと頭を撫でると、ドールはくすぐったそうに目を細めた。

唯「ねえ憂。私のがあるってことは、他のみんなの人形もあるのかな?」

 期待の眼差しを向けられる。
 嘘で塗り固めた心の壁を溶かすような純真な瞳。
 常人が同じ状況に置かれたら、眩しすぎて直視できないことだろう。

 しかしそこをあえてガン見するのが、お姉ちゃんフリークとしての嗜みだ。



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:20:51.71 ID:rdfhcZ6D0

憂「無いんじゃないかな。そこまで精巧に作るのは簡単なことじゃないだろうし……」

 ガン見はできたが、嘘を重ねることはできなかった。
 このドールは傀儡実験の為に試験的に作られたのだ。

 お姉ちゃんをモデルにしているのは、
 最も紬さんに近しい存在(変態的な意味で)である私の嗜好に合わたため。
 だから作られたのは、お姉ちゃんの人形、ただ一体となる。

唯「そっかぁ……。残念だね、お友達が増えたかもしれないのに」

 お姉ちゃんの言葉は、やっぱりこの子には通じていないのだろう。
 ドールは、ただクエスチョンマークを浮かべながら、
 テーブルの上でお姉ちゃんの制服の袖を握り締めていた。

唯「でも大丈夫、君は独りじゃないからね」

 今日から私と憂が君の家族だよ、と付け加えてお姉ちゃんは笑った。
 その意図が通じたのか、ドールも嬉しそうに笑った。
 そんな二人につられて、気付けば私も笑っていた。

唯「ねえ、憂。この子、名前はつけてないの?」

憂「うん、まだだけど……。折角だから、お姉ちゃんが決めてよ」

唯「うーん、でもこの子私だしなぁ……」

 腕を組んで唸るお姉ちゃん。そんな姿が一際可愛い。



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:27:46.34 ID:rdfhcZ6D0

唯「……よし、じゃあ、君の名前は『ゆい』だ!」

憂「そ、そのままだー……」

唯「ちがうよー、この子は平仮名で『ゆい』。私は漢字だもん!」

 細かいことにこだわるお姉ちゃん。そんな姿が一際可愛い。

憂「なるほど、さすがお姉ちゃん」

唯「えへへ。ゆい、これからよろしくね」

 お姉ちゃんが握手代わりに指を差し出すと、
 ゆいは嬉しそうに身体全体を使ってその指に飛びついた。



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:30:07.67 ID:rdfhcZ6D0

唯「なんか、自分の名前を呼ぶのって変な感じ」

憂「ふふ、だったら変える?」

唯「いいの! この子はゆいなの!」

憂「はいはい、わかりましたよ」

唯「ねえ、ういー、この子、学校連れてくの?」

憂「う~ん、一人でお留守番っていうのも可哀想だよね……」

 学校であまり騒ぎになるのは好ましくないのだが。
 しかしこの子はきっとついて来るだろうし、放っては置けない。
 この辺は私の性分なんだろうか。

憂「学校では大人しくしてるんだよ、ゆい?」

『……』

 そして私の言葉に、ゆいはやっぱり小首を傾げたのだった。



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:42:13.71 ID:rdfhcZ6D0

梓「おはよー、憂」

憂「おはよう、梓ちゃん」

梓「どう? 少しは元気でた?」

憂「え? 何が?」

梓「……まぁ、忘れてるくらいなら大丈夫か」

 梓ちゃんが何のことを言っているのかは分からなかった。
 というか、今の私はそれどころではないのだ。
 学校では大人しくしてて、と言い聞かせてはいたものの、
 やっぱりゆいには通じていなかった。

 それは現在進行形で、カバンの中でごそごそと、
 その存在をこれ見よがしにアピールしてしまっている。
 梓ちゃんや純ちゃんにバレる程度なら構わないけれど、
 クラス全体に見付かって大騒ぎになることは避けたい。

 こんな私でも、一応クラス内での体面は気にしているし、
 なにより、騒ぎにしてしまっては紬さんに申し訳がない。

 だから、ファスナー開けてひょっこり顔を出すのはやめて。
 目を輝かせてキョロキョロしないで。
 あ、ファスナー閉めるんだ。そうそう、そこで大人しくしててね、良い子だから。
 開けるなよ。なんでさっき閉めたんだよ。そしたらいっそ開けとけよ。
 ちがう、そうじゃなくて。いや、出てこないでお願いだから。

 わー、こらこら、梓ちゃんのスカート引っ張っちゃ……いや、良いな、もっとやれ。
 そうだ。よし、いいぞ、カモン、ストロベリーキャンディ!
 そのまま摺り下ろして純白のデルタ地帯を白日の下に! 私の未来に一筋の曙光を!!



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:44:08.48 ID:rdfhcZ6D0

梓「な、なに?」

 ゆいと梓ちゃんの目が合った。

梓「え!? この人形って昨日の……」

『……』

梓「ってなんで動いてるの!?」

 私はとりあえず、ゆいと梓ちゃんの首根っこを鷲掴みにして
 人目のつかない廊下へと連れ出した。


憂「――というわけで、動いてました」

梓「……」

 梓ちゃんがこめかみを押さえながら項垂れた。

梓「えーっと、このことを唯先輩は……」

憂「勿論知ってるよ? 『ゆい』って名付けたのもお姉ちゃんだし」

梓「そっか。まぁ、平然と自分の名前付けるあたり唯先輩らしいけど」

 梓ちゃんの口元が僅かに綻ぶ。分かりやすい子だ。



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:51:13.61 ID:rdfhcZ6D0

憂「とにかく、あんまり騒ぎにはしたくないから、協力して欲しいんだけど」

梓「良いよ。出来る限りフォローするね」

憂「ありがとう、梓ちゃん!」

 言いつつ、抱きつく。

梓「いえいえ、どういたしまし――にゃっ!? 自然に胸を触るなーっ!!」

 怒られた。

 梓ちゃんのジト目が私の胸に突き刺さる。
 違うの梓ちゃん。別にわざとやった訳じゃないの。
 気がついたら手が勝手に動いていただけなのよ。

 だからお願いその目を止めて。
 止めてくれないと私は貴女に対して必要以上の性的興奮を覚えてしまう。



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:00:02.90 ID:rdfhcZ6D0

梓「まったく……」

 うんざりした顔で一つ溜息をついてから、梓ちゃんはゆいに手を伸ばした。
 おいで、と優しく声をかけて、ゆいを左手に乗せる。
 そして、今度は右手で優しくほっぺたに触れた。
 ゆいは嫌がっているのか嬉しがっているのか
 良く分からないリアクションで梓ちゃんの指と戯れていた。

梓「本当、可愛いねこの子」

憂「そりゃ、お姉ちゃんがモデルだもん」

梓「……」

憂「なんで照れるの?」

梓「な、なんでもない」

 ニヤニヤが止まらない。

憂「そろそろ授業始まるし、戻ろっか」

梓「うん」

憂「ゆい、お願いだから授業中は大人しくしててね」

『?』

 私の言葉は、それでも通じていないようだった。



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:30:00.96 ID:rdfhcZ6D0

 ――きゃーーー! かわいーーー!!
 ――ちょっと、次私に触らせてよ!
 ――何言ってるの、私の方が先に並んでたんだから!
 ――これって平沢さんのお姉さんの人形でしょー?
 ――見てみて、笑ったよー、ちょー可愛いんだけど!
 ――ねえねえ、写メ撮っていい?
 ――いい?って聞きながらもう撮ってるじゃん。ちょーうける。
 ――え、あんたって平沢先輩のこと好きなの? 学際のときから? うそ、マジで?
 ――私は断然澪先輩派かなー。
 ――ああ、分かる分かる、秋山先輩美人だもんねー。
 ――報われない恋って素敵ね。燃えるわー。


憂「……」

梓「……」

 これだから女子高ってやつは。
 あと、今お姉ちゃんのこと好きって言った奴死ね。
 教壇に左足ぶつけて死ね。
 お前には髪の毛一本くれてやらん。

憂「最悪だ……」

梓「仕方ないよ、人形があれだけ自然に動いたら誰でも驚くもん」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:35:18.44 ID:rdfhcZ6D0

 そう。悪いのはゆいだ。
 あれほど授業中は大人しくしててって言いきかせていたのに。
 ゆいは気がつけばカバンから抜け出し、教室内を我が物顔で闊歩していた。
 梓ちゃんが必死に誤魔化そうとしてくれたけど、どう考えても手遅れだった。

 私に至っては、お姉ちゃんの入浴を克明に妄想していて、
 全くゆいに気が付かないという体たらく。
 唯一の救いは、教師に気付かれなかったことだが……。

 しかし、ゆいの存在は周りに完全にバレて、
 休み時間になった途端にこの惨状、というわけである。

純「大変そうだね、憂」

憂「純ちゃん……もう、帰りたいよー」

純「おー、よしよし」

 机に突っ伏す私をなでなでしてくれる純ちゃん。



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:35:59.26 ID:rdfhcZ6D0

梓「まぁ、次の授業終われば放課後だし、チャイム鳴ってすぐ逃げれば――」

 梓ちゃんとの会話に割り込んで、クラスメイトが私の視界を塞ぐ。

生徒A「ねえ平沢さん。次の授業終わったらまたこの人形触らせてね!」

憂「あ、ええと……」

生徒B「あんたはまたそうやって抜け駆けする! 順番からしたら次はあたしでしょ?」

 梓ちゃんが見えないからどっか行け。
 とは思っても口には出さない。出したら色々終わるから。
 生徒同士の醜い争いを呆れ顔で眺めていると、
 ガラガラッ、と音を立てて教室の扉が開かれた。

教師「よーし、授業始めるぞー」

 その瞬間、襤褸雑巾のようにもみくちゃにされたゆいが、私の机の上に乱雑に放られた。

『……』

憂「全く……、だから大人しくしててっていったのに」

『……』

 心なしか、ゆいの瞳は反省の色を浮かべているようにも見えた。



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:54:41.06 ID:rdfhcZ6D0

 6時間目は英語。
 一応得意科目ではあるのだけど、どうしても勉強に身が入らなかった。

 私の席は窓際だから、入り口からは最も遠い。
 終業のチャイムと同時に逃げ出したとしても、
 ドアにたどり着く前に捕まるのは目に見えている。
 早めに抜け出して紬さんと話をしたいところなのだけど……。

 シャーペンをくるくる回しながら外を眺めていると、机の上に紙切れが飛んできた。
 私はきょろきょろと周囲を見渡して、手紙の主を探す。

 目が合った。

 うん、わかっていたよ。いとしの梓ちゃん。



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:55:22.19 ID:rdfhcZ6D0

 『チャイムが鳴ったら、みんな憂のところに集まるだろうから、
  その隙に私はゆいを連れて音楽室へ行くね。
  ゆいが居ないって分かれば憂もすぐに解放されるだろうから、
  そしたら音楽室で合流しよう』

 なるほど、妙案だ。
 梓ちゃんの席は私の斜め前。決して遠くは無い位置だが、
 問題はどうやって梓ちゃんにゆいを預かってもらうか、だ。
 その過程を他の人に見られてしまっては元も子も無い。

 とにかく、手紙を返さねば。
 
 私は、一字一句丁寧に文字を躍らせて、梓ちゃんに紙切れを投げ返した。


梓「……」



 『 愛 し て る 』




 粉々に破かれた。



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:56:51.47 ID:rdfhcZ6D0

 授業の終了を告げるチャイムが鳴り響く。
 作戦通り、梓ちゃんはゆいをスクールバッグに忍ばせてそそくさと教室を抜け出した。
 そして、私の席にはクラスメイト達が群がる。

生徒C「憂ちゃーん、さっきの人形はー?」

憂「実は、その……。持ってないんだ」

 私は両手を挙げて降参のポーズを取りながら、短く舌を出した。

生徒C「嘘! そんなはず……」

生徒B「なに? どうしたの?」

生徒A「平沢さん、あの人形持ってないみたいなの」

生徒B「なにぃ!?」

生徒D「あ、私見たよ。さっきの授業中梓ちゃんが消しゴム落として、
    その時憂ちゃん、あの人形を梓ちゃんに渡してた」

「「「くっ、やられた!」」」

純「はいはい、そういうことだから、皆散った散った」

 純ちゃんの一言で、クラスメイト達はぶつぶつ言いながらも離れていく。



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:57:33.14 ID:rdfhcZ6D0

憂「ありがとね、純ちゃん」

純「どういたしまして。さーて、私も部活に行かないとなー」

憂「純ちゃん」

純「なに?」

憂「軽音部」

純「……なにがよ?」

憂「入ればよかったのに」

純「あー、はいはい、後悔してますよ、梓が羨ましいですよー。
  だって過ぎちゃったことは仕方ないじゃん!」

 良い子だなぁ。

憂「ふふふ、遊びに来ても良いんだよ?」

純「余計に悲しくなるからやめとく」

憂「そっか、それじゃ私も行くね。バイバイ」

純「うん、またね」

 純ちゃんと別れて、私は音楽室へと向かった。



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:33:22.75 ID:rdfhcZ6D0

 コンコン。
 静かにノックして、私は音楽室の扉を開いた。

憂「こんにちは」

唯「あ、うい~!」

紬「こんにちは、憂ちゃん」

梓「どう? 大丈夫だった?」

憂「うん、おかげさまで」

 とことこと、嬉しそうに駆け寄って来るゆいを拾い上げて肩に乗せた。

律「しっかし驚いたよな~、人形が勝手に動き出すなんてさ。ある意味ホラーだぜ?」

澪「……」

律「いつもみたいにビビらないの?」

澪「だって、この子は可愛いし。全然ホラーっぽくないからな」

 わざとらしく舌打ちする律さんの頭部にチョップが炸裂した。



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:34:27.28 ID:rdfhcZ6D0

 ん?
 なんだろう、音楽室のいつもの光景に違和感があるような気がする。
 周囲を、そして皆さんを順に見つめてみる。
 お姉ちゃん……、……律さん、……澪さん、お姉ちゃん……、
 ……紬さん、……梓ちゃん、それからお姉ちゃん……。お姉ちゃん……。

憂「……」

 お姉ちゃんを凝視する時間がやたらと長いのは愛故だが、理由はそれだけではなかった。

憂「なんでお姉ちゃんだけジャージなの?」

唯「さっき体育だったんだよー」

憂「え、でも律さん達は着替えてるのに」

律「唯はギリギリまで和達と話してたからな。HR遅れるぞってあれほど言ったのに」

唯「あはは、めんごめんご」

律「なんかその謝り方ムカつくな。そういう奴には……こうだっ!」

唯「ほわぁあああっ!? りっちゃん手冷たっ!?」

 冷えた両手をお姉ちゃんの頬にぴたん、とくっつける律さん。
 おかえしだー! と叫びながら律さんの顔に手を当てるお姉ちゃん。
 今度は律さんの悲鳴が木霊する。
 それを見たゆいが、私の肩から飛び降りて、お姉ちゃんの足元へと駆け寄る。



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:35:20.99 ID:rdfhcZ6D0

唯「? どうしたの、ゆい」

 お姉ちゃんがゆいを抱き上げて、机の上へと乗せると、
 両手を広げて律さんの前に立ち塞がった。
 ……どうやら、お姉ちゃんをいじめるな、ってことらしい。

唯「……」
律「……」

 顔を見合わせる二人。

律「ふふふ、身を呈して唯を庇うか! ならば貴様から葬ってくれるわーー!」

 嫌に感情の篭った台詞を吐きながら、律さんは物凄いロースピードのパンチを放つ。
 ゆいは、それをじっと見て避けると、そのまま加速して律さんにボディアタックを仕掛けた。

律「なにぃ!? ぐわっ、やられたー!」

唯「り、りっちゃーーーーんっ!!」

律「く、ぐはっ。す、すまなかったな、唯。
  こうするしか、なかったんだ。大魔王梓からお前達を守るためには……」

 なにやら三流の寸劇が始まったが、そんなことにも一生懸命のお姉ちゃんが可愛い。
 故に私にはそれを最後まで見届ける義務がある。



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:36:12.15 ID:rdfhcZ6D0

唯「そんな、りっちゃん……っ!! おのれ、大魔王あずにゃんにゃん……!」

 悲しそうな(演技の)お姉ちゃんの元に走り寄って、ゆいは泣きそうな表情で何度も頭を下げた。
 その様子を見兼ねてか、律さんががばっと起き上がる。

律「と見せかけて復活ーーーっ!」

唯「りっちゃん! 生きていたんだね、りっちゃんっ!!」

 ひしっ、と抱き合う二人。
 それを見て、ゆいも両手を挙げて喜んでいた。
 大団円である。

澪「……」
紬「……」
梓「……」
憂「……」

 ぱち、ぱち、と疎らな拍手が鳴り響く。
 見れば、手を叩いているのは私と紬さんだけだった。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:10:40.89 ID:rdfhcZ6D0

唯「というわけで、りっちゃんは悪い人じゃなんだよ、ゆい?」

 その言葉に、こくこく、と何度も頷くゆい。
 そこへ、梓ちゃんがおずおずと右手を挙げる。

唯「どうしたの、あずにゃん?」

梓「いや、あの、ラスボスが私みたいな展開なんですけど、
  もしや次から参加しろってことですか?」

唯・律「うん」

梓「ハモんないでもらえますかね」

律「なんだ梓、妬いてんのか?」

梓「っ! そんなことある訳ないでしょう!?」

律「ちっちゃくて可愛いなー」

 投げっぱなしですかよ!? という梓ちゃんのツッコミをスルーして、
 『ほれほれ』、と言いながら指先でゆいを突っつく律さん。
 ゆいは抵抗を見せながらも、まんざらでもない笑顔でその指先と戦っていた。



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:11:23.47 ID:rdfhcZ6D0

律「唯もこれくらいちっちゃくて素直なら可愛いのになー」

唯「あー、りっちゃん、それだと私が可愛くないみたいじゃん!」

律「お前、自分で可愛いって主張するつもりかよ」

唯「悪いですか!?」

律「いや、悪かないけど」

唯「かわいくないですか!?」

律「いや、可愛いけど」

唯「りっちゃん愛してるっ!」

律「やめろこらーーーー!!」

 ぽかん、とするゆいを尻目に、じゃれあう二人。
 律さんと話してる時のお姉ちゃんは生き生きしていて、
 傍目から見ても仲の良さが伝わってくる。
 そしてなにより、二人を見てワナワナしている梓ちゃんが可愛い。

 え、私?
 私は(恋愛感情的な意味で)お姉ちゃんが誰を好きであっても構わない。
 私はただ、お姉ちゃんを愛していられればそれで良い。
 その辺が、私と梓ちゃんの決定的な違いでもある。



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:37:26.15 ID:rdfhcZ6D0

紬「りっちゃんはあれよ、唯ちゃんも可愛いけど、澪ちゃんの方が可愛いって言いたいのよね?」

 紬さんの突然の発言に、隣で優雅に紅茶を啜っていた澪先輩が盛大に吹いた。

唯「そっかぁ、澪ちゃんなら仕方ないなー」

澪「ちょ、ちょっと待て。
  私は律とは別になんでもないからな。大体どうして話がそんな方向に……」

紬「あら、誰も澪ちゃんとりっちゃんの関係を言ったつもりはないのだけど」

澪「い、いや、だからそれは……」

 頬を紅潮させててんぱる澪さんと、対照的に水を得た魚のように嬉々として語る紬さん。

律「ちょっとは落ち着け」

澪「いたっ!? な、何するんだよ律!」

律「何って、ここらで止めておかないと、私の方が恥ずかしい」

澪「うっ……」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:38:11.05 ID:rdfhcZ6D0

 紬さんは二人の様子を見て、うんうん、と頷くと、今度は梓ちゃんの方へと振り返る。
 ……策士め。

紬「それから、梓ちゃんにとっては、唯ちゃんが一番可愛いのよね?」

梓「は、はい!?」

唯「そうなの、あずにゃん?」

梓「ええ、まぁ、ってちがーーーー……、いや、違わないけど、ああ、違いますってば!」

唯「うわーい!」

梓「わーーー、唯先輩、ダメです、抱きつかないでくださいよー!」

 その様子を終始見守ると、紬さんは朗らかな笑みで私に振り返り、グッ、と親指を立てた。

 『さすがのお手並みです、紬さん』
 『ふふ、間違いなくこの部は楽園へと向かっているわね』
 『そりゃ紬さんにとっては楽園でしょうけど』
 『何? 憂ちゃんもしかして、梓ちゃんに妬いてるの?』
 『いえ、別に。私は二人とも愛してますから』
 『たくましいわね』
 『あんたに言われたくねえ』

 という会話があったかどうかはさておき。
 やはり抜け出すならこのタイミングしかないだろう。



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:40:24.02 ID:rdfhcZ6D0

紬「ごめんなさい、私ちょっと憂ちゃんと大事なお話があるから」

律「なんだ? 逢引――いでっ!?」

澪「そういう発想しかできないのかお前は」

律「冗談だってばさ。今日はちゃんと練習やるから、早めに戻れよ、ムギ」

紬「ええ」

憂「……お姉ちゃん、ゆいのことお願い」

唯「ほーい、任せといて」

 置いてかないで! と駄々をこねるゆいを、
 必死になだめるお姉ちゃんに心の中で謝りながら、私は音楽室を後にした。




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」#前編
[ 2011/08/29 20:53 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6