SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ヒーロー >  唯「いけ!ゴモラ!!」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「いけ!ゴモラ!!」#後編 【ヒーロー】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1260827456/
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1260974952/

唯「いけ!ゴモラ!!」#前編
唯「いけ!ゴモラ!!」#後編





279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 00:38:02.00 ID:n5o6G9ag0

本戦会場「戦場の星」

律「いよう! 久し振り!」

澪「おう」

紬「ふふふ」

梓「お、お久し振りです」

澪「どうした梓? なんか元気無いな」

梓「いえ……」

律「つーか唯は? あいつまた遅刻か!?」

梓(先輩……)

澪「まさか予選敗退?」

憂「お姉ちゃんは来ます!」

律「うわ! びっくりした! 憂ちゃんなんで!?」

憂「私はお姉ちゃんのセコンドですから」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 00:42:46.32 ID:n5o6G9ag0

ヒッポリト星人「えーどうも、私司会のヒッポリト星人です」

紬「なんだか卑猥なお顔ね」

ヒッポリト星人「本戦はトーナメントで行われ、
        相手のバトルナイザーを空、要は相手怪獣を全滅させれば勝ちです」

澪「ポケモンだな」

ヒッポリト星人「なお、本戦通過者は八名……内四人が地球人、これは凄い!」

律「え? 四人?」

梓「あ、私落ちました。というか棄権しました?」

澪「どうして?」

憂「……」




359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:02:04.46 ID:PnD7W4Uy0

ていうか、なんであずにゃんは棄権したんだ
ヤメタランスにやる気を削がれたか





360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:03:13.38 ID:n5o6G9ag0

>>359
リドリアスの回復が間に合わなかった




361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:04:44.82 ID:PnD7W4Uy0

>>360
なんほど

……ツインテールがなくぞ





281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 00:47:31.45 ID:n5o6G9ag0

律「まぁ梓の事は置いとくとして、唯も通ってるはずなのに……」

澪「憂ちゃんは何か知らないのか?」

憂「え、えっと……晴れ舞台だからおめかしするとか言ってました」

澪「何を考えてるんだ」

ヒッポリト星人「遅刻厳禁ですのであしからず……では一回戦第一試合!」

律「おいおい初っ端が唯だったらどうすんだよ!?」

ヒッポリト星人「地球人、秋山澪対ペダン星人!」

律「なんだ澪か」

澪「なんだってなんだよ」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 00:52:12.69 ID:n5o6G9ag0

紬「頑張ってね澪ちゃん」

律「負けんなよ」

梓「ファイトです!」

澪「任せとけ」

ペダン星人「……」

澪(いやに無口な奴だな。別に話したくも無いけど)

ヒッポリト星人「では、レイオニクスバトル、スタート!!」

澪「行け……エースキラー!」

ペダン星人「キングジョー」

エースキラー「キラー!」

キングジョー「……ウィン」

澪「先手必勝! コピースペシウム光線!」

エースキラー「デャッ!」

キングジョー「……ガガガ」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:16:30.46 ID:n5o6G9ag0

澪「コピーエメリウム!」

澪「コピーМ87!」

律「一方的だな」

紬「でもキングジョーには傷一つ付いて無いわ」

キングジョー「ウィーンガッシャン」

ペダン星人「分析完了」

澪「何を言って」

ペダン星人「キングジョー、分離攻撃にてエースキラーの間接を破壊せよ」

キングジョー「ウィンガッシャ」

ベキベキ

エースキラー「キ……ラ!」

澪「戻れエースキラー!」

梓「わざと攻撃を受けてたって事ですか」

紬「そうね」

紬(でもまぁ、私の敵じゃないわね)



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:21:37.34 ID:n5o6G9ag0

澪「ゴルザ……コダイゴン……」

ペダン星人「作戦終了」

ヒッポリト星人「勝者、ペダン星人!」

ワーワー!

律「結局全部キングジョーで受けきってのカウンターか。悪趣味な戦い方だな」

梓「あの装甲をどうにかしないと……」

澪「すまん、地球人として恥ずかしい」

律「気にする……」

紬「そうね、そこで私の戦いを見ていなさい」

律「え」

ヒッポリト星人「第二試合、地球人 琴吹紬対ゼットン星人!」

律「ゼットンて、あのゼットン!?」

憂(え? 確かゼットンは……)



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:27:43.40 ID:n5o6G9ag0

ゼットン星人「く! 行けゼットン」

ゼットン「ゼ、トォン」

澪「なんかあのゼットン……デブだな」

憂「図鑑によると、二代目らしいですよ」

律「ふーんじゃあウルトラマンを倒した初代とは別物か」

紬「そう、これが……真のゼットンよ!」

EXゼットン「ゼッ……トン!」

梓「あ、あれも何か違うような」

紬「ふふふ、古臭い最強じゃなく最新最強の力、味わいなさい」

紬「EXゼットン、一兆度の火球、照射」

EXゼットン「ゼ……トッン!」

シュゴウ!

律「うわ!」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:33:33.82 ID:n5o6G9ag0

プスプス

澪「あ、辺り一面無くなった……」

梓「どういう威力ですか」

紬「審判さん? 相手の怪獣とレイオニクスも消えましたけど、この場合は?」

ヒッポリト星人「もちろん君の勝利だ」

紬「ありがとうございます」

律「余裕っていうか……レベルが違うな」

紬「あとの二匹も凄いわよ」

澪(ある意味一回戦で負けて良かった)

ヒッポリト星人「第三試合! 平沢唯対テンペラー星人!」

憂「恐れていたお姉ちゃんの試合宣言」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:38:00.71 ID:n5o6G9ag0

テンペラー星人「どうした? ワシの相手はおらんのか?」

ヒッポリト星人「ふうーむ。審判である以上、厳正な審査により失格を……」

憂「ま、待って下さい! 今トイレに行ってるんです!」

ヒッポリト星人「むう、生理現象は仕方ない。しばし待とう」

テンペラー星人「年寄りを待たせるとはどうしようもないガキだのう」

憂「……」

律「……」

梓「……」

紬「……」

澪「……」

ヒッポリト星人「来ないではないか。平沢唯、しっか……」

唯「待った!」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:41:30.40 ID:n5o6G9ag0

憂「お姉ちゃん!」

梓「先輩!」

律「唯!」

紬「唯ちゃん!」

澪「唯!」

唯「皆、遅くなってごめん……それとあずにゃん……」

梓「目を見ればわかります。負けたら承知しませんよ?」

唯「うん、行ってくる」

憂(あぁ……お姉ちゃん、ずいぶん逞しくなって)

テンペラー星人「目上の者を待たせるのは感心せんな」

唯「ごめんなさい。その代わりに試合はすぐ終わらせますから」

テンペラー星人「何?」



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:45:37.25 ID:n5o6G9ag0

二分後

紬「……」

澪「つ……」

梓「つよ……」

憂「つよす……」

律「強過ぎるだろ唯!」

唯「ほぇ?」

律「ほぇ?じゃねぇよ! なんなんだその強さは!?」

澪「全部一撃……」

梓「おまけに気絶させただけ」

紬「……ギリ」

憂「ふぇぇ、心配したんだよお姉ちゃん~!」

唯「よしよし、ありがとね憂」

テンペラー星人(ワシの立場何なの?)



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:51:26.84 ID:n5o6G9ag0

律「最後は私か! バチコーンと決めてくるぜ!」

唯「頑張れー!」

ヒッポリト星人「田井中律対デスレム!」

デスレム「グワハハハ! ようやく出番か!!」

律「あ、デスレムさん、一個お願いがあるんだけど良いかな?」

デスレム「あぁ? 言ってみろ」

律「うん、一体一体相手にすんの面倒だし、三匹纏めて出してくれないかな」

デスレム「ほほう、3対3が望みか?」

律「いや、私はレッドキング一匹しか持ってない」



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 01:56:13.08 ID:n5o6G9ag0

デスレム「クソガキ、人を舐めるのも大概にしろよ」

律「別に舐めてないって。それくらいの力の差があると思うけどなー」

デスレム「もう取り消せんぞ」

律「いいよー」

ヒッポリト星人「スタート!」

デスレム「インペライザー! ロベルガー! ディノゾール!」

律「……」

デスレム「どうした? ワシはたとえお前がレッドキングを出さずとも撃つぞ?」

律「どうぞどうぞ」

デスレム「カチン」

ロベルガー「キシャアアッ!」

唯「律っちゃん!」



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 02:02:05.94 ID:n5o6G9ag0

ガスッ

レッドキング「ガルル……」

唯「レッドキングが防いだ……いつの間に出したの?」

澪「いや、なんかレッドキングが勝手に出た感じだったぞ」

律「ふふふ、私とこいつの絆があれば、もういちいちモンスロードしなくて良いのさ」

梓「凄い」

律「ちなみに怪獣語で意思疎通も出来るぞ」

澪「それは無いだろ」

律「後でやってやるよ……さて、まずは軽く」

律「レッドキングキィーック!」

レッドキング「アンギャアアア!」

ロベルガー「!」

チュドン!

律「一人抜きだぜ!」

デスレム「く! ディノゾール!」



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 02:07:28.04 ID:n5o6G9ag0

ディノゾール「ディゾ!」

律「舌突き刺しか、そんなのもう何回も見たよ!」

レッドキング「ガア!」

唯「凄い、完璧な動き」

梓「余程練習を重ねて来たんでしょうね。律先輩の小さなサインだけで動いてますよ」

澪「伊達にレッドキング一筋じゃないってことか」

律「レッドキング岩石スペシャルホームラン!」

レッドキング「グワラゴワガキン!!」

澪「ただのジャイアントスイングだろ!!」

ディノゾール「ゾル……」

デスレム「くううう! かくなる上はインペライザー! お前の出番だ!」

インペライザー「……」



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 14:37:27.94 ID:n5o6G9ag0

インペライザー「……」

憂「無双鉄神インペライザー。凄まじい火力とワープ能力、再生機能を併せ持つロボット」

憂「その強さはウルトラマンメビウスを倒し、ウルトラマンタロウをも苦戦させるほど……だって」

唯「見た目は可愛いのに」

デスレム「その通り! ウルトラ兄弟でさえ手こずるインペライザーに、レッドキングなど通用せんぞ」

澪「うわあ」

梓「かませ臭い発言ですね」

律「ま、物は試し。レッドキング、メガトンパンチだ!」



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 14:46:52.53 ID:n5o6G9ag0

ガキン

レッドキング「ゴオオ!」

デスレム「ふん、右腕が吹き飛んだか……」

インペライザー「……」

シャキン

レッドキング「ピギャ?」

澪「再生した……」

デスレム「砲撃!」

インペライザー「……」

律「そんな豆鉄砲レッドキングには効かない!」

レッドキング「ガオオオ!」

紬「不味いわね」

唯「?」

紬「確かに基本能力では律っちゃんのレッドキングが圧倒してる……けれど所詮はレッドキング」

紬「一撃でインペライザーを破壊できる技が無いのよ」



338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 14:52:35.37 ID:n5o6G9ag0

澪「このままじゃジリ貧で」

紬「生物である以上、レッドキングの体力も有限」

梓「一方相手は無限回復」

唯「なんかよくわかんないけどピンチってことだね!?」

デスレム「フハハハ! 戦いとは時に強さよりも負けぬ事が大事なのだ!」

律「偉そうに」

レッドキング「ピギャピギャー!」

唯「動きがシンクロしてる……」

澪「もう一心同体を超えて同一人物だろあれ」

デスレム「ふん、何とでも言うが良い! インペライザー! 回転弾幕!」

インペライザー「……」

レッドキング「グオオ……」

律「しょーがないなー、最後の最後に使いたかったんだけどな」



340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:02:03.93 ID:n5o6G9ag0

律「レッドキング! ウルトラスーパーモード!」

レッドキング「グウオオアアア!」

憂「レッドキングが膨れ上がっていく!?」

唯「わ、悪そうな顔になっちゃった!」

律「これがウルトラスーパーグレートレッドキングだ!!」

デスレム「EX化しただと!?」

唯「レイニックバーストにそっくりだ」

律「へ? そんな名前なの? ご飯食べて寝てたら出来たんだけど」



341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:14:29.87 ID:n5o6G9ag0

デスレム「ええい! レッドキングはレッドキングだろう! インペライザーは破れんぞ!」

律「レッドキング! 腰を落として足を踏ん張れ!」

レッドキング「ギャ……」

律「心を静めて……」

レッドキング「……」

律「必殺! ファイナルメガトンダイナミックハイパーバーニング正拳突き!!」

レッドキング「オオオオア!」

スカッ

デスレム「バカめ! そんな隙だらけの技などワープしてしまえば良い!!」

律「ふっ」

バラバラグシャグシャ

インペライザー「ガガガピー」

デスレム「ワープ空間ごと打ち抜いた!?」

律「レッドキング、怪獣兄弟ナンバーワン!」

レッドキング「グゴオオオ!!」



345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:21:33.22 ID:n5o6G9ag0

澪「なんだそのポーズは?」

律「勝利の決めポーズだよ。皆やるだろ」

澪「唯とムギはやってたか?」

律「……」

唯「えーと、ゴモラ、マックスパワーマックススピード……」

憂「練習しなくて良いよお姉ちゃん」

律「ま! 誰かさん以外は全勝って事で」

澪「うるさいな」

デスレム(そうだ。あの地球人達の強さは異常過ぎる。ただの才能では説明がつかんぞ)

デスレム「まさか……」



346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:30:34.01 ID:n5o6G9ag0

デスレム「おい地球人」

律「な、なんだよ!」

デスレム「そう構えるな今更どうこうする気は無い。少し聞きたい事がある」

梓「なんでしょう?」

デスレム「貴様らバトルナイザーをどうやって手に入れた?」

澪「どうって……」

紬「気付いたら手元に」

唯「うん」

律「なんか持ってたよな」

デスレム「やはりそういう事か」

憂「どうかしたんですか?」

デスレム「こちらの話だ……ワシはもう行くとしよう」

デスレム「…………気をつけろよ地球人」

唯「?」



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:34:34.59 ID:n5o6G9ag0

控え室

律「今頃ムギがキングジョーを焼いてる頃か」

唯「……」

律「あーあ、あんなゼットン反則だよな」

唯「……」

律「まあ、唯のUキラーザウルスも大概だけどな」

唯「……」

律「おい、聞いてるか?」

唯「あ、ごめん。ちょっと考え事してた」

律「ったく、デスレムのおっさんが言ってた事を気にするのも解るけど」



350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:44:48.77 ID:n5o6G9ag0

律「次の対戦は私とお前なんだからな? 気を抜いてあっさり終わったら怒るぞ?」

唯「う、うん」

律「いやー、ゴモラ対レッドキングなんて胸が躍るな」

唯「そうだね」

律「たくーいい加減やる気出せよ」

唯「うん、ちょっと色々あったから」

ワーワー!

律「お、終わったか。じゃあ私は先に出てくから」

唯「うん」

律「良い試合、しような」



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:49:50.39 ID:n5o6G9ag0

唯(そうだ……あれこれ考えたって仕方ない)

唯「よし!」

バチン!

唯「いたた……自分のほっぺた叩いても痛いだけだ……」

唯「でも気合は入った気がする! 行くよ!」



ベムスター『おいおいマスター、テンパってるぞ』

Uキラー『怪獣墓場から休んでないからな。限界に近いはずだ』

ベムスター『ぶっ倒れられたら困るぜ』

Uキラー『我らがさっさと終わらせれば良い話だ』

ベムスター『簡単に言ってくれるぜ』

ゴモラ『……』



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 15:55:33.81 ID:n5o6G9ag0

唯「お待たせー」

澪「遅いぞ」

紬「ふぅ」

唯「あ、勝ったんだねムギちゃん! さすが」

紬「まぁ黒いキングジョーには少々手こずったけどね」

梓「先輩、頑張って下さいね」

唯「うん!」

律「私も先輩なんだけどなー梓ー」

梓「あ、う」

澪「揚げ足取るなよ。どっちも頑張れ」

律「行くぞ唯!」

唯「来い律っちゃん!」



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:01:13.97 ID:n5o6G9ag0

ヒッポリト星人「もはや審判が有形無実と化してますが、試合開始!」

律「こっちは当然……レッドキング!」

レッドキング「ゴオオ!」

唯「こっちはゴモラ……と言いたいけど、お願い! ベムスたん!」

澪(たん!?)

ベムスター「ベムー!」

律「おいおい空気読めよ唯。ここはゴモラだろ」

唯「私達はずっとこのチームで戦ってきた。律っちゃんがレッドキング一筋であるように」

唯「だから、私はチームで戦うよ」

律「……言ってくれるじゃねーか。燃えてきた」

唯「特攻隊長ベムスたん! 急降下攻撃!」



362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:10:23.00 ID:n5o6G9ag0

律「尻尾で迎え撃て!」

レッドキング「ギャオッス!」

唯「ベムスたん! 急旋回!」

紬「フェイント!?」

ベムスター「ベムムー!」

レッドキング「ガウウ!」

律「ヒット&アウェイ……唯のくせに賢い戦い方を」

唯「へへーん。いっぱい戦ってきたもんね」

律「そうじゃないと面白くないけどな。レッドキング! その辺の岩をぶつけてやれ!」

レッドキング「ピギャ!」

ベムスター「ベム!」

スカッ

レッドキング「ギャオー!」

律「外してキレるなぁぁ!」

澪「お前もな」



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:16:58.75 ID:n5o6G9ag0

唯「ベムスたんで削った後は……Uキラーことザウザウ!」

梓「酷い名前」

紬「と言うか、『こと』をつける位置おかしいわね」

憂「色々ごめんなさい」

Uキラー「フシュウウウウウ」

律「前に立たれると迫力が半端無いな……唯の奴よくこんなの仲間にしたな」

唯「Uキラー! ミサイル一斉射撃!」

シュパパパパ

律「うおお!?」

レッドキング「ゴアア……」

Uキラー「グルルルアア!!」

憂(なんだかUキラー、いつもより張り切ってる?)



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:26:55.41 ID:n5o6G9ag0

律「やっぱり強いな唯」

唯「え?」

律「似たもの同士だからな……お前にだけは、負けたくないんだ」

唯「律っちゃん……」

律「ミサイルなんか気にするな! 突っ込めレッドキング!」

レッドキング「オオオオオ!」

唯「ゆ、Uキラー! 飛ん……」

律「遅い! ジェット頭突き!!」

レッドキング「ガオー!」

Uキラー「ゴオア……」

唯「Uキラー!」

レッドキング「ピギャ……」

律「触手が刺さってる!?」

Uキラー「ガフー! ガフー!」

唯「もういいよ! 戻ってUキラー!」



365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:33:50.28 ID:n5o6G9ag0

唯「……行くよ、ゴモたん!」

ゴモラ「モラァァァッ!!」

レッドキング「ゴオオオ!!」

梓「レッドキングの傷が塞がっていくです!?」

紬「怪獣にもアドレナリンがあるのかしら」

律「やっと大将を引っ張り出したぞ」

ゴモラ「ガルル……」

レッドキング「グルル……」

憂「凄い緊張感……」

唯「超振動波!」

律「メガトンパンチ!」

レッドキング「ギャオオオ!」

ゴモラ「モラアアァ!」

澪「リーチの差でレッドキングだ!」



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/16(水) 16:36:12.97 ID:n5o6G9ag0

唯「なら尻尾攻撃だ!」

ゴモラ「ゴモラァ!」

レッドキング「ゴアアア!」

唯「突撃!」

律「レッドキングカウンター頭突き!」

唯「ドロップキック!」

律「レッドキングテールタイフーン!」

唯「角串刺し!」

律「レッドキング岩石落とし!」

ゴモラ「ラアアア!」

レッドキング「ゴアアアア!!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 00:22:56.40 ID:2kV1fIFUO

憂「お姉ちゃん、なんか楽しそう……
  考えてみれば、まともなレイオニクスバトルって初めてかも」

憂「お姉ちゃーん!ゴモラー!頑張れー!」

唯「百人力の声援だねゴモたん」

ゴモラ「ゴモ!」

律「このまま殴り合っててもラチがあかないな……切り札、いくぜ」

唯「こっちもいくよゴモたん!」

律「ウルトラスーパーモード!」

唯「レイオニックバースト!」

レッドキング「ゴアアアッ!」

ゴモラ「ゴモラァァァ!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 00:32:29.82 ID:2kV1fIFUO

律「赤いゴモラ!?」

澪「唯も雰囲気変わったぞ」

梓「先輩……また……」

唯「大丈夫。そんな私は墓場に置いてきたよ」

梓「?」

唯「行くよ、ゴモラ突進!」

ゴモラ「モラァァァッ!」

律「受け止めろレッドキング!」

レッドキング「ガアオオ!」

憂「す、凄い衝撃!」

紬「パワーは互角ね」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 00:39:49.85 ID:2kV1fIFUO

律「でもリーチはこっちだ!レッドキングマグマエクスプロージョンアッパー!」

レッドキング「ゴガアアアア!」

ゴモラ「ゴ……モ!」

唯「ゴモラが浮いた!?」

律「浮かせたところで……レッドキング!」

澪「あの構えは!」

律「レッドキングアルティメットメテオブレイク正拳突きぃ!!」

澪(あいつその場のノリで技名叫んでるな)

紬「決まりね」

唯「……」

唯「ゴモラ!バースト振動波!」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 00:47:55.31 ID:2kV1fIFUO

バキバキ

ゴモラ「ギャオオ!!」

レッドキング「ピギャアァァ!」

憂「互いの角と拳が砕けた……」

紬「カウンター……いや、相打ちで威力を殺したのね」

律「やってくれるな唯。けど、レッドキングにはまだ片方残ってるぞ」

唯「……」

律「降参するなら攻撃は止めるぞ?」

唯「降参なんてしない」

律「オーケー。レッドキング」

レッドキング「ガアアア……」

唯「言ったよね、チームで戦うって……バースト振動波!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 00:55:17.60 ID:2kV1fIFUO

ゴモラ「ガゴアアア!」

律「おいおい、どこ撃ってんだよ?」

憂「角が無いと方向が定まらないよお姉ちゃん!」

唯「大丈夫」

律「何が狙いかはわかんないけど……止めだレッドキング!」

律「レッドキングギガントフィーバーエクストリーム正拳ボンバー!!」
バン!

レッドキング「ゴギャ……!」

律「レッド……キング?」

ベムスター「ベム!」

憂「そっか!ベムスターに振動波を吸収させて、
  油断したレッドキングに後ろから撃ち返したのね!」

梓(う、憂が解説キャラになってるです)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:01:51.56 ID:2kV1fIFUO

律「そういえばベムスターは戻して無かったな……ずっと待機させてたのか」

唯「レッドキングに勝つにはこれしか無いと思って」

レッドキング「ガア……」

律「もう良いよレッドキング。さすがに二発はキツいだろ」

澪「それって」

律「私の負け」

ヒッポリト星人「平沢唯の勝利!」

唯「ふぅ……お疲れ様ゴモラ」

ゴモラ「モラ!」

律「でも一対一なら私が勝ってたぞ!」

唯「うん、律っちゃん……強かっ……た……よ」

バタッ

憂「お姉ちゃん!?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:08:46.23 ID:2kV1fIFUO

~~~~~~

唯「んっ……バド星人……えっち……」

律「何をアホな寝言言ってやがる」

唯「んむぅ……あれ?」

憂「試合の後倒れちゃったんだよ」

澪「よほど疲れてたんだな」

紬「律っちゃんとの戦いで力尽きちゃったのね」

唯「そっか……って決勝戦は!?」

梓「先輩が棄権扱いでムギ先輩の優勝です」

紬「うふふ」

唯「えー、でもまぁムギちゃんなら良いか。あのままやっても多分負けてたし」

紬「私も少し残念。唯ちゃんと戦ってみたかったもの」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:17:48.08 ID:2kV1fIFUO

律「なんにせよこれで大団円だな!セレモニーがあるらしいから行こうぜ」

~~~~~

ヒッポリト星人「えーと、あなたはレイオニクスとして大変優秀な……めんどくせ」

ヒッポリト星人「優勝おめでとうございます」

紬「ありがとうございます」

ヒッポリト星人「そしてこれが優勝賞品です」

梓「わぁ」

澪「綺麗な宝石……」

律「レイブラッド星人てのは金持ちだったんだな」

唯「……」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「何か悪い予感がする」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:24:16.89 ID:2kV1fIFUO

律「なんだよーやっぱ不戦敗は悔しいか?うりうり」グリグリ

唯「ち、違うよ」

澪「静かにしろ。ムギが宝石貰うぞ」

ヒッポリト星人「はいどうぞ」

紬「どうも」

?「待て!」

律「なんだよ良いところで……ってえええ!?」

マン「その石に触れてはいけない」

紬「え……?」

パキパキパキ

梓「ムギ先輩が石に閉じ込められた!?」

マン「遅かったか……姿を現せ!バルタン星人!」

憂「影から宇宙人が……」

バルタン星人「フォッフォッフォッ……」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:31:01.60 ID:2kV1fIFUO

バルタン星人「遅かったなウルトラマン」

マン「その子を返せ!」

バルタン星人「それはできん。今回のレイオニクスバトルはこの為にあったのだからな」

唯「どういう事?」

バルタン星人「レイブラッド星人がその魂を宿すに相応しい肉体の選別。それこそがレイオニクスバトル」

バルタン星人「中でも地球人は統計的にレイオニクスの才に恵まれやすい」

バルタン星人「そこで戦いの場を用意し……言わば英才教育を施したのだ」

バルタン星人「我々の計画とも知らず、お前達に協力するウルトラ兄弟の姿は実に笑えたよ」

バルタン星人「フォッフォッフォッ」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:31:54.92 ID:5zfCRNzg0

ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:38:32.38 ID:S8Q4R/1LO

バルタンさん来た





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:39:53.65 ID:2kV1fIFUO

律「全部お前らの計画だったのか!?」

バルタン星人「そうだ。特別な人間に経験を積ませ、レイブラッド星人の魂を注入する」

バルタン星人「さすらばレイブラッド星人は再び宇宙を支配する力を手に入る」

バルタン星人「フォッフォッフォッフォッフォッフォッ」

マン「レイブラッド星人の手下に成り下がったか」

バルタン星人「同盟だよ同盟」

澪「私達が特別?」

バルタン星人「そうだ。何しろお前達はこの世界の人間では無いからな」
澪「え……」

バルタン星人「お前達は平行世界から連れてきた特別な地球人……レイブラッド星人への生贄だ」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:48:12.52 ID:2kV1fIFUO

梓「言ってる意味が……」

バルタン星人「疑問に思わなかったか?この世界には親も友達も、見知った人間もいない」

梓「!」

バルタン星人「それどころかお前達の世界には我々やウルトラマンさえいないはずだ」

バルタン星人「当たり前だ。お前達は遥かな過去から連れてきたのだから」

バルタン星人「フォッフォッフォッ……人類はまだ我々を空想の産物と思っている頃からな」

バルタン星人「最も、レイオニクスとしての力は宇宙史で屈指なのだから皮肉なものだ」

バルタン星人「少し認識を改変してやれば未来人に早変わり」

バルタン星人「見た目や精神性は地球人そのものだからウルトラマンも友好的だ」

バルタン星人「我ながら素晴らしい作戦だフォッフォッフォッ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:54:28.98 ID:2kV1fIFUO

唯「え?え?私達って実は宇宙人にさらわれてたって事?」

憂「そうだよお姉ちゃん。しかも今は遥か未来だったの」

唯「あ、頭が混乱してきた……」

バルタン星人「さて、お話はここまでにしてバトルナイザーを返してもらおう」

律「な、なんでお前なんかに!」

バルタン星人「元々我々の物だ。中身を含めてな」

唯「中身って……ゴモたん?」

バルタン星人「我々が作りし怪獣兵器に名を付けるとはな」

唯「兵器?」

バルタン星人「お前達に渡したのはただの怪獣ではない。特別に強化された怪獣兵器だ」

バルタン星人「しかしまさかこれほどの成長を見せるとはな……
       地球人はやはり素晴らしいフォッフォッフォッ」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 01:58:24.77 ID:2kV1fIFUO

ゴモラ『……』

ベムスター『マジかよ』

Uキラー『薄々解ってはいたが』

ベムスター『マジかよ』

Uキラー『バルタン星人が怪獣兵器を製造しているのは噂で聞いていた』

ゴモラ『……』

Uキラー『まさか本人にお目にかかるとは思っていなかったがな』

ベムスター『マジかよ』

ゴモラ『……』



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:03:39.19 ID:2kV1fIFUO

バルタン星人「地球人を戦いで育て、レイブラッド星人は復活」

バルタン星人「我々は強く育った兵器を売りさばく」

バルタン星人「まさに誰もが喜ぶ作戦だ」

マン「そうは……」

唯「させない!ゴモたんを売るなんて……ううん、兵器にするなんて許せない!」

律「なんだかわからんが、こいつはぶっ飛ばした方が良いみたいだな」

梓「ですね」

澪「そしてムギは返してもらう」

憂「その後は元の世界に帰りましょうね」

ヒッポリト星人(ヤバげな雰囲気だし、帰ろう)



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:12:01.41 ID:2kV1fIFUO

バルタン星人「もう遅い。なぜ私が長々と喋っていたと思う?」

マン「何?」

バルタン星人「復活するぞ……レイブラッド星人が!」

パリーン

紬「……」

梓「ムギ先輩!」

澪「近付くな!様子がおかしい!」

紬「ふむ……地球人……それも女の体か、意外と馴染むものだな」

マン「レイブラッド星人に取り付かれてしまったか」

バルタン星人「おめでとうレイブラッド星人」

紬「あぁ、感謝しているぞバルタン。礼だ、とっておけ……ゼットン」

バルタン星人「なっ!?」

EXゼットン「ゼッ……トン!」

シュゴウ!



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:17:50.91 ID:2kV1fIFUO

バルタン星人「あ……が……」

紬「ほう、しぶといな」

律「ムギ!もう止めろ!」

紬「その者はもういない……今の私はレイブラッド星人だ」

澪「世迷い言だな」

紬「出始めに貴様らを皆殺しにでもするか」

バルタン星人「くっ……奴のバトルナイザーだけでも!」

唯「うわ!」

バルタン星人「さらばだ!」

唯「ま、待て!」

憂「お姉ちゃん!」

ティウンティウン

梓「唯先輩!憂!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:24:29.28 ID:2kV1fIFUO

梓「二人ともバルタン星人にくっついて行っちゃったです……」

マン「く!」

律「おいウルトラマン、ここは私らに任せて唯達を追いかけてくれ」

マン「そんな事が出来るはず無いだろう。危険過ぎる」

律「あっちも危険だっての。なぁに、ただの部員同士の喧嘩だ。すぐに済むよ」

マン「……すまない!」

ピッ

紬(ウルトラサインか。小癪な真似を)

マン「頼む!」

律「へいへい」

紬「貴様らがどうにかできるとでも?」

律「おいムギ、優勝したからって調子に乗るなよ?
  お前はまだ、私らの誰にも勝ってないんだからな!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:29:53.17 ID:2kV1fIFUO

ティウンティウン

バルタン星人「離せ!」

唯「ゴモたん達を返せ~!」

憂「お姉ちゃん危ない!落ちる!」

唯「うわわわわ!」

ガシッ

マン「間に合って良かった」

唯「ウルトラマン!」

憂(ゾフィーよりは使える)

マン「バトルナイザーは?」

唯「バッチリ」

バルタン星人「おのれ……人間如きが……」

マン「あきらめろバルタン。その傷では私には勝てんぞ」

バルタン星人「フォッフォッフォッ……奥の手は常に隠し持って置くべきだ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:38:01.12 ID:2kV1fIFUO

バルタン星人「ここがどこか解るか?地球だよ」

唯「そういえば見慣れた景色……」

バルタン星人「地球は怪獣や星人の怨念がタップリと眠っている……
       怪獣墓場と違って、恨み骨髄に満ちた、な」

バルタン星人「その怨念を私に憑依させる」

マン「何だと!?」

バルタン星人「さぁ、私の体を使うが良い怨念共よ!」

唯「あわわ、なんだか暗くなってきた」

憂「なにあれ……魂みたいなのがバルタン星人に集まっていく」

バルタン星人「感じる!感じるぞ怨念の力を!フォッフォッフォッフォッフォッフォッー!!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:44:13.70 ID:2kV1fIFUO

~~~~~

紬「ふん。威勢の割にはその程度か?」

律「くそ……反則だろ」

澪「強過ぎる……」

梓「嫌になりますねぇ」

EXゼットン「ゼッ、トォン」

イズマエル「オアアア!」

EXタイラント「ギャオオオ!」

律「ま、だまだ!行け!レッドキング!」

梓「ツインテール!」

澪「エースキラー!」

レッドキング「ガアアア!」

ツインテール「テール!」

エースキラー「キラー!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:51:43.66 ID:2kV1fIFUO

紬「何度やっても無駄だ」

EXゼットン「ゼッ……トン!」

レッドキング「ゴガアアッ!」

イズマエル「グルルル!」

ツインテール「テール……」

EXタイラント「ギャオオオ!」

エースキラー「……」

梓「皆……吹き飛ばされて……」

紬「次は貴様ら自身だ」
律「へっ、もうどうにでも……」

デデンデンデデン

律「幻聴まで聞こえやがる……」

タロウ「待たせたな!」

タロ-!ウルトラマン、ナンバーシックス!



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 02:56:51.20 ID:2kV1fIFUO

メビウス「大丈夫ですか!?」

梓「メビウス……」

セブン「どうした?あの特訓に比べれば大した事はあるまい」

澪「し、師匠!」

紬「ウルトラ兄弟……少しは楽しめそうだな」

タロウ「メビウスはイズマエルを、セブン兄さんはタイラントを頼みます!」

メビウス「はい!」

セブン「わかった!」

律「こいつは寝てられないな」

梓「ウルトラマンと一緒に戦うなんて、一生自慢出来ますよ」

澪「特訓怖いジープ怖い」ガクブル



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:03:40.87 ID:2kV1fIFUO

メビウス「セヤー!」

ツインテール「テール!」

イズマエル「ガアアア!」

梓「イズマエルの弾幕が邪魔ですね……ミズノエリュウ!」

ミズノエリュウ「リュー!」

梓「光線発射です!」

ミズノエリュウ「リュー!」

イズマエル「ガグオオアアアア!」

メビウス「いけない!逸れた弾が!」

梓「うわ!?」

リドリアス「ピー!」

梓「お前……勝手に」

紬「弱者は群れるのが好きだな」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:08:45.60 ID:2kV1fIFUO

梓「そうです!」

紬「!?」

梓「一人じゃ出来ないから皆でやる……バンドだってそうじゃないですか!」

梓「群れるのが弱いなんて、私は思いません!」

メビウス「ハァァ……」

梓「ツインテール!ミズノエリュウ!一斉に攻撃です!」

メビウス「メビュームシュート!」

ツインテール「ティィィィルッ!」

ミズノエリュウ「リュー!!」

イズマエル「グオアアアッ!」

紬「イズマエルが……」

リドリアス「ピー!」

梓「ふふっ、ムチャし過ぎですよリドリアス」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:16:08.86 ID:2kV1fIFUO

EXタイラント「ギャアオオオ!」

セブン「なんという巨体だ……」

紬「はははは!EXタイラントの前では全てが無力だ!」

澪「無力……」

セブン「戯れ言に耳を傾けるな。この夜に小さな力はあっても、無力など無い」

澪「……はい!」

澪「エースキラー!ゴルザ!光線だ!」

エースキラー「キラー!」

ゴルザ「ゴル!」

セブン「エメリウム光線!」

EXタイラント「クア……」

紬「はっ、攻撃が弱すぎてタイラントが退屈しているぞ」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:24:02.05 ID:2kV1fIFUO

澪「退屈……退屈か、ほんとはそんな平凡が良いんだろうな」

澪「でも私は……帰りたいんだよ!あのかしましい軽音部に!全員で!」

セブン「行くぞミオ!」

澪「はい!」

セブン「ワイドショット!」

ゴルザ「ゴルルルァッ!」

エースキラー「キ、ラァァァ!」

EXタイラント「ア……オオオ……」

紬「タイラントの首を吹き飛ばしただと!?」

ガラモン「ガラ……」

澪「ん?労ってくれてるのか……ありがとな」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:29:23.97 ID:2kV1fIFUO

紬「く!まさかあの二匹がやられるとは……」

律「余所見してる隙なんか無いぜ!レッドキングパンチ!」

レッドキング「ガゴアアア!」

EXゼットン「……トン!」

タロウ「スワローキック!」

EXゼットン「……!」

紬「ええい何をしているゼットン!ワープしろ!」

EXゼットン「……」

律「はれ?どこ行った?」

紬「上から焼き尽くせ!」

律「いいっ!?」

EXゼットン「ゼッ、トォン」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:34:32.46 ID:2kV1fIFUO

ドドドドド!

EXゼットン「ゼ、トォン」

タロウ「むうぅ……!」

レッドキング「グオオ」

律「レッドキング!お前、私をかばって腕が……」

レッドキング「ガオ!」

律「気にするなって……」

紬「その腕ではもう戦えまい」

レッドキング「ガアアア!」

律「まだ戦う!」

タロウ(この気迫……ウルトラ戦士でもなかなか出せないものだ)



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:40:21.47 ID:2kV1fIFUO

律「うおおおおっ!」

レッドキング「ゴオオオオッ!」

紬「レッドキングが燃えている!?」

律「私は勉強以外はあきらめが悪いんだ!知ってるだろムギ!」

紬「し、知るか!」

律「なら思い出せ!私を、澪を、唯を、梓を!」
タロウ「ムウゥゥン!」

タロウ「ウルトラダイナマイト!」

律「レッドキングダイナマイト!」

レッドキング「ギャウウオオオ!!」

EXゼットン「ゼッ……!ト……」

律「一丁上がり!レッドキング、怪獣兄弟ナンバーワン!」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:46:55.26 ID:2kV1fIFUO

紬「バカな……宇宙の支配者レイブラッド星人が……こんなガキ共に……」

律「あーあーうるせーうるせー、お前は軽音部のムギだっての」

梓「そうですよ先輩」

澪「他の何者でもないな」

紬「くっ……覚えているが良い!私はいずれ必ず……」

律「やかましい!」

梓「うるさいです!」

澪「黙れ」

パリーン

メビウス(レイブラッドクリスタルを叩き壊した……)

セブン(末恐ろしい弟子だ)

タロウ(ウルトラ戦士以上だな)



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:51:38.75 ID:2kV1fIFUO

紬「……」

澪「私達がわかるかムギ?」

梓「可愛い後輩の梓ですよー」

律「生意気な、だろ」

梓「うるさいなー」

紬「…………ぷっ」

澪「ムギ!」

紬「皆といると、ヘコましてもくれないのね」

律「ヘコんでる暇があったら紅茶でも淹れてくれ」

梓「ティータイム……なんだか懐かしいですね」

紬「ええ……とびっきり美味しいの、いれるわ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 03:59:41.60 ID:2kV1fIFUO

~~~~

バルタン星人「フォーフォッフォッフォッ!
       我こそは史上最強のバルタン星人、エンペラーバルタン!!」

マン「凄まじい悪霊の数だ……」

エンペラーバルタン「元はと言えばお前達ウルトラマンのせいだろう?」

マン「く!」

唯「なんだかあの霊達苦しそう」

憂「死んで眠ってたのを起こされたからじゃないかな?」

唯「そんなの可哀想だよ!」

憂「私に言われても……」

エンペラーバルタン「行くぞウルトラマン!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:04:05.07 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「悪霊の力を見るがいい!レゾリューム光線!」

マン「なに!?」

エンペラーバルタン「フォッフォッフォッ!エンペラ星人の悪霊が力を貸してくれているのだ!」

マン「ぐっ……このままでは……」

憂「ウルトラマンが分解されちゃう!」

唯「ゴモたんはまだ角が治ってない……ベムスたん!」


ベムスター『最後のご奉公といくか!』


ベムスター「ベーム!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:11:09.31 ID:2kV1fIFUO

唯「ベムスたん!バルタンに体当たり!」

ベムスター「ベムー!」

エンペラーバルタン「ちぃ!ちょこまかと邪魔を!」

マン「今だ!八つ裂き光輪!」

スパッ

エンペラーバルタン「しまった!ハサミを……」

マン「これでレゾリューム光線は封じたぞ」

エンペラーバルタン「バカめ、悪霊の替えなどいくらでもいるわ!ガタノゾーア!」

唯「うわ!なんか触手がいっぱい!」

憂「気持ち悪い……」

エンペラーバルタン「石化光線!」

パキパキ

ベムスター「ベ、ベム……」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:17:53.43 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「まずは小うるさい奴からだ」

唯「ベ、ベムスたんが石に!」

マン「大丈夫だ、奴を倒せば戻る。今は戦うんだ」

唯「……ちょっとだけ待っててねベムスたん」

唯「まだ不安だけど……行くよ、ゴモたん!」


ゴモラ『……』

Uキラー『待て、お前はまだ怪我が治りきっていない』

ゴモラ『心配無用だ』

Uキラー『お前の心配などするか。
     だがお前が万全でなくば、マスターも本気を出せまい。ここは俺が行く』

ゴモラ『……すまん』

Uキラー『ふん、ベムスター風に言うなら、愛されやがって、だ』



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:24:44.19 ID:2kV1fIFUO

Uキラー「グルル……」

唯「え?なんでUキラー?」

Uキラー「ゴアアアアア!」

唯「やる気満々だし……」

エンペラーバルタン「何をゴチャゴチャと!ゾグの力で踏み潰してやる!」

憂「巨大化した!」

唯「ならこっちも!レイオニックバースト!」

Uキラーネオ「ガアアア!」

マン「まさかこいつと共に戦う日が来るとは」

唯「Uキラー!ミサイル!」

シュパパパパパ

エンペラーバルタン「ぐう……小賢しい!」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:33:36.00 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「サンドロス!闇を広げろ!」

唯「暗闇……」

憂「な、何も見えないよ」

エンペラーバルタン「見えなければ攻撃できまい!」

マン「ぐぅ!」

Uキラーネオ「ギャオオ……」

憂「攻撃する音はするのに……」

唯「多分Uキラーとウルトラマンがやられてる」

憂「なんとかしないと!」

唯「手当たり次第に攻撃……」

憂「ウルトラマンに当たっちゃうよ!」

唯「なにか手は……」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:39:19.05 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「もう良いぞサンドロス」

唯「闇が消えてく……」

ウルトラマン「……」

Uキラーネオ「……」

憂「酷い……」

エンペラーバルタン「貴様のレイオニクスとしての未熟さがこの状況を招いたのだ」

唯「!」

エンペラーバルタン「少なくともさっさと戻してやれば、Uキラーはそんな事にはならなかった。違うか?」

唯「か、怪獣を兵器扱いしたり、霊を無理矢理使う人に言われたくない!命を何だと思ってるの!」

エンペラーバルタン「命?命とはなんだ?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:45:23.53 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「お前達の言う命とは単に『生体活動を継続している状態』に過ぎない」

エンペラーバルタン「そんな物、いくらでも作り出せる。貴様のゴモラのようにな」

唯「ゴモラは違う!」

エンペラーバルタン「何が違う?そもそも貴様とて精子と卵子の結合物に過ぎん」

エンペラーバルタン「工場で作られたか、自然界で生まれたかの違いしかない」

エンペラーバルタン「命とは、生産する物だ」

唯「違う!私は頭良くないから上手く言えないけど……絶対に違う!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:53:53.44 ID:2kV1fIFUO

唯「そんな単純な一言で言い表せないから……皆、命を大事にしてるんでしょ!」

唯「ゴモラも皆の命も……あなたなんかに扱わさせない!」

唯「命を守る!ゴモラー!」

ゴモラ「ゴモラァァァッ!」

憂「角が……」

エンペラーバルタン「手負いとは舐められたものだ。悪霊の力を使うまでもない……ふん!」

ゴモラ「ゴ、アアア」

唯「ゴモラ!」

エンペラーバルタン「フォッフォッフォッ!どうした?怪獣兵器としての力を見せてみろ!」

ゴモラ「モ……ラ……」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 04:59:14.20 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「つまらん……特別なレイオニクスと怪獣兵器を合わせてもこの程度か」

唯「動きが止まった!バースト振動波!」

ゴモラ「オオオオオ!」

憂「やった!?」

エンペラーバルタン「フォッフォッフォッ……避けるまでも無いの間違いだ」

唯「そんな……」

エンペラーバルタン「もう貴様に用は無い。貴重なデータを感謝する」

バーン

唯「きゃあぁぁぁっ!?」

憂「お姉ちゃん!」

ゴモラ「!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:04:57.13 ID:2kV1fIFUO

憂「お姉ちゃん!しっかりしてよお姉ちゃん!」

唯「…………」

憂「お……姉ちゃ……ん。嘘……嫌だ……」

憂「嫌ぁぁぁぁぁぁっ!!」

ゴモラ「グォオオオオ!!」

エンペラーバルタン「む?」

ゴモラ「ギュオアアアア!!」

エンペラーバルタン「マスターが死んで何か弾けたか……EX化するとは……
          フォッフォッフォッ……まだまだデータが取れそうだ」

唯「……」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:09:56.78 ID:2kV1fIFUO

EXゴモラ「オオアアアア!」

エンペラーバルタン「さすがはEX……っ!さっきとは比べ物にならん!」

ティウンティウン

梓「いたです!憂ー!」

律「なんだあのゴモラ!?」

憂「……」

梓「憂?」

タロウ「兄さんが倒れて……どうやら状況は良くないようだ」

セブン「とにかくゴモラに加勢するぞ!」

メビウス「はい!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:18:56.38 ID:2kV1fIFUO

紬「唯ちゃん……」

澪「じょ、冗談だろ?」

唯「……」

律「バカ野郎!目を覚ませよバカ唯!」

唯「……」

梓「せ、先輩……ヒグッ」
憂「……」

澪「お、おい憂ちゃん、どこ行くんだ」

憂「お姉ちゃんの仇は私が討ちます」

梓「だ、ダメだよ!」

憂「離して」

梓「あの時の唯先輩も同じ事言ってたもん!仇討ちなんて……憂がおかしくなっちゃうよ!」

憂「でも!」

律「梓の言う通りだ。戦いは……私らがやる」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:24:11.26 ID:2kV1fIFUO

~~~~~

唯「ここどこ?天国にしては殺風景」

マン「平沢唯」

唯「わ!ビックリした!」

マン「ここはこの世とあの世の境目だ」

唯「てことはやっぱり私、死んじゃったのか」

マン「今、私の兄弟と君の仲間がエンペラーバルタンと戦っている」

唯「律っちゃん達が!?」

マン「だが戦況は良くないようだ」

唯「助けに行かなきゃ!あ、でも私死んでる……」

マン「一つだけ方法がある」

唯「え?」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:28:59.62 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「フォッフォッフォッ……悪霊の力を全開にすればこんなものだ」

タロウ「くっ!」

レッドキング「ピギャ……」

セブン「負けるわけには……」

メビウス「いかない!」

律「だけど連戦はさすがに……きくなぁ」

EXゴモラ「ゴアアア!」

梓「分かってますよゴモラ」

澪「唯をあんなにした奴を許しておけない」

憂「皆さん……」

エンペラーバルタン「纏めて消し飛ばしてくれる!」

唯「そうはさせない!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:33:51.29 ID:2kV1fIFUO

憂「お姉ちゃん!?」

唯「平沢唯、あの世から帰ってまいりました!」

紬「い、いったいどうやって?」

唯「ふふん、これを見よー!」

紬「スプーン?」

唯「間違えた、こっち!」

憂「そのライトがどうしたの?」

メビウス「兄さんの体が消えてる……」

タロウ「まさか!」

唯「ジュワ!」

シュンシュンシュン

マン「シュワッチ!」

律「唯が……」

憂「お姉ちゃんがウルトラマン!?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:43:05.46 ID:2kV1fIFUO

マン「うおー!!本当にウルトラマンになってる!!」

EXゴモラ「ゴア……」

マン「ごめんね……心配かけて」

エンペラーバルタン「ふん!人間と融合して復活したか……だが一人増えたところでどうにもならんぞ」

マン「そうだね……だけど皆でやれば?」

エンペラーバルタン「なに?」

マン「怪獣の霊達!私とゴモラに力を貸して!」

エンペラーバルタン「フォッフォッフォッ……何を言い出すかと思えば……」

シュンシュンシュン

エンペラーバルタン「な、悪霊が抜けていくだと!」

マン「皆……静かに眠りたいんだよ」

憂「霊がお姉ちゃんとゴモラに集まってく……」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:47:44.73 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「何故だ!?何故言うことを聞かんのだ悪霊共!!」

紬「簡単です」

澪「お前より」

律「唯の方が」

梓「皆好きだからです」

エンペラーバルタン「バカなっ!そんな理由で……」

マン「皆の力も貸して!」

タロウ「うむ!」

セブン「受け取れ!」

メビウス「勝って下さい!」

律「私らの怪獣の分も持っていけ!」

澪「頼むぞ!」

紬「唯ちゃんなら出来るわ!」

梓「先輩ー!」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 05:54:01.18 ID:2kV1fIFUO

エンペラーバルタン「奴らが光輝いて……グリッター現象とでも言うのか!」

マン「一緒に行くよゴモたん!」

EXゴモラ「ゴモラァァァァァッ!」

マン「スペシウム振動波!!」

EXゴモラ「オオオオ!!」

エンペラーバルタン「こ、このデータ……計測、不、能…………」

シュウウウウ

メビウス「勝った……」

律「いぃぃぃっよっしゃぁぁぁっ!!」

マン「うむ。こうして平和は守られた……さらばだ!シュワッチ!」

律「行っちまったか……って、アホー!戻ってこい!」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:00:36.81 ID:2kV1fIFUO

唯「いやー、ついつい飛びたくなって」

澪「まぁ気持ちはわかるけど」

紬「ベムスターもUキラーもセブンさんに治してもらったし」

梓「全部終わりですね?」

憂「でもお姉ちゃんはどうするの?
  このままウルトラマンとして生きていくの?だったら私も光の国に行かなきゃ」

唯「あ、どうしよう……別れたらウルトラマンが死んじゃう」

メビウス「でしたら皆さん、兄さんが回復するまで光の国に滞在して……」

ゾフィー「その必要は無い。命を持ってきた」

タロウ「いたんですか?」

ゾフィー「マンが復活した辺りから」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:02:41.13 ID:oW6lnvsQ0

ゾフィーの扱いがwww





75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:07:04.55 ID:2kV1fIFUO

セブン「本来、命は特例措置としてしか使えない……
    バルタン星人に利用された君とウルトラマンの為なら、まぁ良いだろう」

唯「でも、命を物質にするなんて複雑です」

ゾフィー「そう、非常に難しい問題だ。だからこそ生きて、その意味を考え続けて欲しい」

唯「はい!」

シュンシュンシュン

マン「平沢唯、君の事は忘れない」

唯「私もです」

タロウ「残念だがそれは無理だ」

梓「え?」

タロウ「元の世界……過去に戻れば、君達の記憶は消える」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:12:20.27 ID:2kV1fIFUO

律「記憶が消えるって……」

セブン「元の世界の認識を復元すれば、今の記憶は上書きされてしまう」

澪「何とかならないんですか?」

セブン「無理だ。宇宙の法則を変える事は出来ない」

梓「ウルトラマンなのに!」

メビウス「ごめんなさい。僕らも決して神じゃないんです」

唯「仕方ないよ」

憂「お姉ちゃん……」

唯「いつまでもこの世界にはいられない……きっと皆が元の世界で待ってる」

憂「そうだね……」

唯「ただ、怪獣達とのお別れの時間を下さい」

マン「あぁ、もちろんだ」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:16:35.96 ID:2kV1fIFUO

紬「ゼットン……」

紬「タイラント……」

紬「イズマエル……」

紬「私がレイブラッド星人に支配されたせいで……」

紬「そして私が切り捨てた怪獣達……」

紬「今更お礼なんて聞いてくれないでしょうけど」

紬「ありがとう」

紬「さよなら……バトルナイザー」


……トォン

紬「……!」

紬「……ありがとう」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:24:31.93 ID:2kV1fIFUO

梓「うわああん!」

ツインテール「……」

梓「わ、別れたくないです!」

ミズノエリュウ「……」

梓「せっかく友達になれたのに!」

リドリアス「ピー……」

梓「やだやだやだやだぁ!」

ツインテール「……テール!」

ミズノエリュウ「リュー!」

リドリアス「ピー!」

梓「い、行かないで…………私も……」

リドリアス「ピィ!」

梓「わ、わかりました……ヒグッ……自分の……グスッ……世界で……強くなります」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:30:03.72 ID:2kV1fIFUO

澪「お別れだな」

ゴルザ「ゴル……」

澪「こんな頼りない私を……」

コダイゴン「ゴン……」

澪「今まで支えてくれて」

エースキラー「キラ……」

澪「本当にありがとう!」

ガラモン「ガラ……」

澪「じゃ、私行くね」

ガラモン「ガラ!」

澪「コラコラ!もう着いて来ちゃダメだ」

ガラモン「ガラ……」

澪「来るな!」

ガラモン「……」

澪「最後くらい……泣き顔みせたくないんだよ」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:37:04.08 ID:2kV1fIFUO

律「ガオオ」

レッドキング「ギャオ」

律「ゴオギャギャ」

レッドキング「ギャースギャース」

律「ふぅ、怪獣語は便利だけど疲れるな」

レッドキング「ピギャーオ」

律「お前にも私のドラムを聞かせたかったよ」

レッドキング「ガオオウ!」

ドコドコドコ

律「ははっ、レッドキングドラムか」

律「……」

レッドキング「……」

律「語りきれないよなぁ、こんな短い時間じゃ」
レッドキング「ゴア」

律「さて、名残惜しくなる前に行くか……じゃあな相棒!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:40:10.08 ID:2kV1fIFUO

唯「……」

ゴモラ「……」

Uキラー「……」

ベムスター「……」

マン「ずっと黙ったままだが……」

憂「静かにしてあげて下さい」

マン「失礼」

唯「……」

ゴモラ「……」

Uキラー「……」

ベムスター「……」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:46:08.42 ID:2kV1fIFUO

ベムスター『おいおーい誰か喋れや』

Uキラー『黙れ』

ベムスター『何なのこの空気……あ、Uキラーお前何泣いてんの!?』

Uキラー『うるさい』

ベムスター『こいつマジうけるー、ほら見ろよゴモラ』

ゴモラ『……』

ベムスター『ぷはっ!お前も涙目やないかーい!』

ベムスター『んだよ、たかが人間とおさらばするくらいで』

ベムスター『むしろ戦わなくて……せいせいするね……俺は』

ベムスター『……』

Uキラー『意地を張る場面じゃない』

ベムスター『うおおおっ!マスター!マスター!帰らないで!行っちゃ嫌だよぉぉぉぉ!』



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 06:57:35.43 ID:2kV1fIFUO

唯「……」

ゴモラ「……」

唯「……」

Uキラー「……」

唯「……」

ベムスター「ベムー!ベムー!」

唯「……」

唯「色んな事がありすぎて……」

唯「何を話したら良いか、わからんないよ」

唯「でも、もう話す事も無いね」

唯「ずっと一緒だったから……思い出はゴモたんが覚えててね」

ゴモラ「ゴモラァァァァッ!」

マン「時間だ」

憂「お姉ちゃん」

唯「うん」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:04:28.81 ID:2kV1fIFUO

ゾフィー「この子達は私が責任を持って送り届ける。邪悪な宇宙人には指一本触れさせん」

メビウス「過去の地球は宇宙人も怪獣もいませんよ」

タロウ(天然怖いなー)

梓「グスッ……ヒグッ……」

澪「泣き止め梓……もらい泣き……するだろ……っ!」

律「ムギは泣かないのな」

紬「泣かないわよ。あの子達が安心出来ないもの」

マン「ゴモラ達は我々が保護する。心配はいらない」

憂「お願いします」

ゴモラ「……」

ゾフィー「では行くぞ」
唯「……ゴモたん!Uキラー!ベムスたん!」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:10:44.54 ID:2kV1fIFUO

ゴモラ「!」

ベムスター「ベム!」

Uキラー「!」

唯「ごめんね……元の世界に帰ったら皆の事忘れちゃうんだ」

唯「忘れないように頑張るけど……約束は出来ない」

唯「だけどゴモたん達は忘れないで!」

唯「どんな生まれでも、どんな事をしようとも、皆は私の仲間」

唯「皆のマスターは、私なんだからね!!」

唯「だからっ……忘れ……た……ら、怒る……よ?」

ゴモラ「オオオオ!」

Uキラー「ギュアアア!」

ベムスター「ベムー!」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:21:48.13 ID:2kV1fIFUO

ベムスター『マ゛ズダー!マ゛ズダー!』

Uキラー『泣くなバカ!マスターが笑って帰れないだろうが!』

ベムスター『デメーも、ないでん、じゃねぇがぁ!』

ゴモラ『マスター!兵器として生まれた自分を一つの命として扱ってくれた事……決して忘れません!』

ゴモラ『生涯愛していますマスター!』

Uキラー『どさくさに紛れて……』

ベムスター『なにいっでんだこらぁあ゛っ!』

Uキラー『俺達全員……』

ベムスター『あ゛い゛じでま゛ずっ!』

ゴモラ『さよなら……俺のマスター』



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:26:23.58 ID:2kV1fIFUO

~~~~~~

ゾフィー「着いたぞ……」

唯「……スー」

憂「……クー」

律「……カー」

澪「……スピー」

紬「……スゥ」

梓「……グー」

ゾフィー「目が覚めれば全て元通りだ」

ゾフィー「君達人類がウルトラゾーンに入るにはまだ早過ぎる……」

ゾフィー「その時までしばしの別れだ」

ゾフィー「さらばだ!可憐なる勇者達!」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:34:03.63 ID:2kV1fIFUO

翌日

律「なんかすっごいティータイムが久々な気がする」

澪「本当にな、何でだろう?」

紬「私も何故か秘蔵の葉を持って来ちゃった」

唯「~♪」

梓「先輩、何を弾いてるんですか?」

唯「んー、ウルトラマンの曲」

律「なんでまた」

唯「なんとなく弾きたくなったんだ。大事な気がして」

紬「言われてみれば」

梓「弾きたい気がしてきました」

律「うっし!楽器出せ楽器!」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:42:48.78 ID:2kV1fIFUO

唯「宇宙の果てまで音楽が伝われば良いのにな」

律「澪みたいな事を言うなよ」

澪「人を不思議ちゃんみたいに言うな」

唯「ウルトラの星って本当にあるのかな?」

梓「ほ、本格的にヤバく……」

紬「そう言えば今、映画がやってるのね」

律「あぁ聡が観たがってたな。今ってゴモラが主役なんだぞ。昔は敵だったのに」

唯「ゴモたん!?」

律「たんって……バカ言ってないで練習するぞ」
唯(そうだったそうだった……)

唯「いつか会うその日まで……またね……ゴモたん」


the end



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:47:43.11 ID:2kV1fIFUO

おしまい
エンディングは各自の脳内で好きに流してくれ
最新の星のように……は良い曲だぞ


話なんか考えて無かった、つーかスレが立つとは思わなかった
なのに終われたのは>>1のおかげです
度々抜けたのに保守や支援してくれた方、何より>>1、ありがとうございました

ぶっちゃけベムスター目立ちすぎだが反省はしていない




YouTube:MISIA - 星のように・・・





92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:45:00.25 ID:uiWRFJwD0

終わったか乙



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:45:13.78 ID:pwtCq+G90

よかった




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:46:08.38 ID:QtKmjt2K0

おつ



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:47:08.97 ID:5zfCRNzg0





96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:47:12.95 ID:JYgRqHmNO





98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 07:55:13.66 ID:z7B1fbe4O

読み専が意外と多いw

お疲れ
別れのシーンはちょっときたよ



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 08:01:07.55 ID:irLWiwg1O

>ベムスター『マ゛ズダー!マ゛ズダー!』

これでメタリカ思い出した俺は異端。
感動で目からスペシウムが。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 09:24:50.39 ID:gEL89PjyO

>>99のせいで脳内エンディングがマスターオブパペッツになっちまったじゃねーかwww



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 13:12:33.55 ID:5qTZwxH30

>>99のせいでマスターオブパペッツのジャケが怪獣墓場ってことになった。


Google画像検索:マスターオブパペッツ
YouTube:Metallica - Master Of Puppets live Seattle 1989



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 08:38:52.80 ID:IfiLkvDhO

怪獣全然わからんかったが、かなり面白かったわ




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 08:42:45.68 ID:irLWiwg1O

お別れで無印デジモンとのび太の恐竜思い出した。
バンダイはこのスレ読んだら
ゲーム化してくれー。



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 09:01:31.82 ID:21AyKwOYO


円谷に疎い俺でも楽しめたのよ
何となく大長編ドラえもん思い出した



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 09:24:38.30 ID:xnWa4JEwO

怪獣倒してモンハンの真似事するより、こっちのバトルの方が断然いいな



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 10:16:54.87 ID:xE+TWn6tO

乙!



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 11:12:53.73 ID:7B3OXpBB0

君にできるなにかが頭の中で流れた



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 11:31:28.17 ID:7/UPmwr8O

いちおつ



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 11:43:48.51 ID:oFzcF+hs0

落ちてたからだめかと思ったら完結してたのか
いち乙



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 12:29:54.67 ID:BbihPDV0O





110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/17(木) 13:09:30.56 ID:o4BWTYauO

おつ






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「いけ!ゴモラ!!」#後編

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:承認待ちコメント
NO:6789 [ 2013/12/14 01:48 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6