SS保存場所(けいおん!) TOP  >  変態 >  律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」 【変態】


澪「梓ってどんなパンツ履いてるの?」 より
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262428261/

澪「梓ってどんなパンツ履いてるの?」
律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:07:05.63 ID:+8cQRSbd0

もう一本くらい書きたい。
っつーわけでタイトル(お題)Please




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:12:33.37 ID:/SsSvqG7P

律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」





192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:13:34.55 ID:+8cQRSbd0

>>191
wwwwwwwwwwwwwwww





201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:55:51.73 ID:+8cQRSbd0


律「なー梓?」

梓「はい?」

律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」

梓「・・・はい?」

律「だから、どんなパンツ履いてるの?」

梓「・・・セクハラですね、わかります」

律「え!?ガールズトークの一種だろっ!?」

梓「先輩はどことなく男っぽいからガールズトークには混じれません」

律「ひでぇ・・・」

梓「そして、ここは女子高です。先輩はどちらかと言うと男役です」

律「そ、それがどうしたんだよ」

梓「教師(オッサン)が私に『どんなパンツを履いてるの?』なんて聞いたら、どう思いますか?」

律「・・・セクハラだな、確実に」

梓「そうです。それと一緒です」

律「一緒じゃねーし!」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:57:31.94 ID:+8cQRSbd0


梓「いいえ、一緒です」

律「確かに私は男っぽいかもしれないけど、女だぞ!」

梓「・・・証拠は?」

律「え・・・えぇぇ~・・・?」

梓「証拠がないならやっぱりセクハラです」

律「ここの生徒ってことが証拠だ!さっき梓も言っただろ?ここは女子高だって!」

梓「確かに、言いましたね」

律「じゃあそれが証拠だ!」

梓「う゛・・・でも問題は他にもあります」

律「なんだよ」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:00:59.46 ID:+8cQRSbd0


梓「ここは音楽室です、わかりますね?」

律「わかるっつーの」

梓「澪先輩は委員会、ムギ先輩と唯先輩は掃除当番です」

律「ああ、そうだな。でもそれがどうしたんだよ」

梓「二人きりの時にこんな話をする、まさにセクハラです」

律「なっ・・・!私はただ、梓がどんなパンツ履いてるか気になっただけなのに・・・」

梓「気になるのは構いません。女の子のスカートの中は男の子の夢空間ですから」

律「夢空間って何」

梓「言葉の通りです」

律「いや、っていうか私女だって。さっき説明して分ったような話しただろ・・・」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:02:55.47 ID:+8cQRSbd0


梓「それとこれとは別の話です」

律「いや、どう考えても一緒だろ」

梓「は?」

律「え、あ、いや・・・すんません」

梓「っていうか律先輩は掃除当番じゃないんですね」

律「え?ああ、なんていったってサボりだからな」

梓「今すぐ掃除してこい」

律「えーでももうすぐ終わるって」

梓「あ?」

律「・・・行ってきます・・・」


・・・


・・・



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:06:04.43 ID:+8cQRSbd0


律「全く、なんだよー梓のやつ」テクテク

律「ちょっとくらいいいじゃん」

律「挙句の果てには男扱いするし・・・!」

律「私だって女の子だっつーのっ!」

ガラッ

律「うぃーっす」

唯「あ!りっちゃん!」

紬「あら、りっちゃんじゃない、どうしたの?」

律「梓に掃除してこいって怒られた」

唯「あずにゃんに怒られるとか、りっちゃんもまだまだだね!」

律「うううるへー!」

紬「でも、掃除はほぼ終わっちゃってるわよ?」

律「そ、そうか!じゃあ音楽室行こうぜ!」

担任「待て田井中」

律「」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:09:00.97 ID:+8cQRSbd0


担任「お前、このまま何もしないで音楽室に戻れると思うなよ?」

律「・・・えーと?」

担任「ほら、今日はこれで勘弁してやる」

律「ゴミ箱・・・?」

担任「何か文句があるのか?」

律「・・・ないでーす」

唯「りっちゃん!サボった罰だね!」

律「うるっさーい!」

紬「待ってようか?」

律「いや、先に行っててくれ」

担任「早く行け。ゴミ置き場の鍵が閉まるぞ」

律「へいへーい」

担任「返事は一回!」

律「・・・へーい」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:12:01.54 ID:+8cQRSbd0


・・・

・・・


律「くっそー、なんでよりにもよってこんなめんどくさい仕事・・・」テクテク

律「確かにサボってた私が悪いけど・・・」テクテク

律「結構重いな、これ」ガチャ

律「すみませーん」

おばちゃん「はぁい?」

律「ちょっと遅くなっちゃったけど、これ」

おばちゃん「はい、ご苦労さん。ちょっと待っててね」

律「へーい」

・・・

おばちゃん「はい、どうぞ」

律「どもー」

バタンッ



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:14:08.88 ID:+8cQRSbd0


律「さらにゴミ箱を教室に持って行かなきゃならないとか・・・」

律「はぁ・・・めんどくせー」


・・・

・・・


律「おいーっす」ガチャ

唯「お!りっちゃん!戻ってきたね!」

律「おう」

紬「丁度お茶が入ったところなの、飲みましょう?」

澪「それにしても、律。遅かったな?」

律「ああ、掃除でちょっくらゴミ置き場まで行ってた」

澪「なるほど」

梓「ちゃんと掃除に参加したようですね、感心感心」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:17:58.65 ID:+8cQRSbd0


律「おう、私はいい子だからな。それくらいするのさ」

梓「サボってた人の言う台詞じゃありませんね」

律「う゛・・・って、何してるんだ、お前ら!!」

唯「うん?」

紬「どうかした?」

澪「なんだ?真っ青な顔して」

律「いやいやいや!なんでお前ら梓のスカート捲ってるんだよ!」

唯「へ?なんで?」

律「なんでじゃないでしょーが!」

梓「これは、先輩達がどうしても私のパンツを見たいって言うから」

唯「えー、私はどんなパンツ履いてるのか聞いただけだよ?あずにゃん!」

梓「あれ?そうでしたっけ?すみません」

唯「『どんなの履いてるの?』って聞いたら
  あずにゃんが見ていいって言ってくれたんだよ!りっちゃん!」



律「」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:21:51.15 ID:+8cQRSbd0


澪「それにしても、梓のパンツ可愛いな!」

梓「え、ええー///そうですか?///」

紬「ええ、とっても可愛いわ!」

唯「これぞあずにゃん!って感じ!あ、でも澪ちゃんのパンツも可愛かったよ!」

律「」

梓「はい、私もそう思います!
  しましまのは持ってないんですが、先輩の見て買おうか迷っちゃいましたもん!」

澪「ええー?///そうかな?・・・恥ずかしいな///」

紬「ええ、二人ともとっても可愛いわ!」ハァハァ

律「待てー!!!」

一同「!?」

律「おかっしいだろー!?」

澪「へ?」

律「おかしい!これは絶対おかしい!」

梓「・・・はい?」

律「いや、なんで『この人何?いきなり』みたいなリアクションしてるんだよ!おかしいだろ!」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:25:05.49 ID:+8cQRSbd0


唯「えーと?」

律「いや、唯や澪、ムギは悪くない。悪いのはお前だ梓!」

梓「なんで!?」

律「いやなんで!?」

澪「律、ちゃんと説明しろ、わからないだろ?」

律「あ、ああ、悪い。
  梓の奴、さっき私がパンツどんなの履いてるの?
  って聞いたときはセクハラ呼ばわりしたんだぞ!?」

紬「・・・」

唯「りっちゃん、あずにゃんにどんなパンツ履いてるか聞いたの?聞いちゃったの?」

律「へ?あ、ああ!聞いたぞ!」

澪「それは・・・」

唯「セクハラ・・・」

紬「ね・・・」




律「」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:31:13.66 ID:+8cQRSbd0


梓「唯先輩達と律先輩じゃ扱いが違うのは当たり前田のクラッカーです」

律「なんでだよ!私だって女だってーの!っていうかそのネタ古いよ!」

梓「いいですいいです、性差別をしたのは事実です。すみませんでした」

律「なんだよその
  『めんどくせーから謝っとけ』的な大人の対応!っていうか性差別って言うなー!!」

梓「律先輩は元気ですね」

律「・・・」

唯「りっちゃん、それはりっちゃんが悪いよ」

澪「ああ、律が悪い」

紬「私だってりっちゃんにパンツどんなの履いてるかなんて聞かれたら、
  梓ちゃんと同じこと言ってたと思うわ」

律「・・・ざけんなぁぁぁー!!」

律「なんでわかんないんだよっ私はな!女なんだぞ!?
  なのになんで性差別されなきゃならないんだ!」

澪「ああ、そうだな。律は女の子だ」チラチラ

律「目が泳いでる!」

紬「わかってるわ、りっちゃん。あなたはれっきとした女の子よ」ヒヤヒヤ

律「そして大量の汗ぇ!!」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:32:28.11 ID:+8cQRSbd0


律「なんだよ・・・なんだよ・・・!」ダッ

唯「あ!りっちゃん!」ダッ

ガシッ

唯「ほわ!?」グラッ

梓「・・・先輩、今は・・・そっとして置きましょう?」

唯「そう、かな?」

澪「ああ、そっとしておいてやろう」

紬「それがりっちゃんのためよ」


・・・


・・・



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:34:53.59 ID:+8cQRSbd0


律「マジで意味わかんねー!」

律「なんだよ、みんなのあのリアクション」

律「・・・私・・・女、だよな・・・?」ジー

律「・・・」ジー

律「うん、鏡に映る私はやっぱ美少女だ」

律「・・・なんつってー」ボソッ

律「一人じゃボケも虚しいなっ!」


・・・

・・・



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:40:00.33 ID:+8cQRSbd0


梓「律先輩、戻ってきませんね?」

澪「ああ、遅いな・・・」

紬「やっぱりあの冗談はキツ過ぎだったんじゃ?」

唯「そうかなー?りっちゃんだったら笑って流してくれると思ったんだけど・・・」

澪「咄嗟の冗談だったのに、
  妙にみんなの息が合っちゃったからな・・・それも原因の一つかも」

梓「いえ、律先輩と二人のときに私がセクハラ呼ばわりしたからです・・・」

唯「りっちゃん・・・怒ってるかなぁ?」

澪「うーん、あいつのあの様子だと、怒ってるっていうより、困惑してるって感じかな」

紬「りっちゃんは誰よりも女の子なのに・・・ごめんなさい」

澪「そうだ」

唯「ん?どうしたの?」

澪「梓が律にパンツ見せればいいんじゃないか?」

梓「へ!?」

唯「それいいかも!」

梓「いや良くないでしょう!?」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:45:29.54 ID:+8cQRSbd0


紬「いや、名案よ!」

梓「いや、迷案だよ!」

澪「よく考えてみろ、梓。律が女の子に女の子じゃないからって除け者にされたんなら・・・」

梓「されたなら?」

澪「輪に入れてやればいいじゃないか」

梓「・・・でも、そんなに上手くいきますかね?」

紬「大丈夫よ、もちろん私たちも後から謝るわ。
  でも、それにはきっかけが必要なの。わかるわね?」

梓「ま、まぁわからないでもないです・・・」

唯「大丈夫だって!きっとりっちゃんもあずにゃんの方からパンツ見せてくれたら嬉しいよ!」

梓「そ、そうですか?」

澪「ああ!絶対だ!」

紬「じゃあまずは・・・」

唯「りっちゃんを探そう!」ダッ

澪「唯は梓と1F!私は2Fで、ムギは3Fな!」ダッ

梓紬「了解!」ダッ



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:50:03.13 ID:+8cQRSbd0


澪ルート

澪「うーん・・・誰もいないな・・・」

澪「帰宅部はとっくに下校時間だしな・・・」

澪「あれは・・・!」

澪「和!」

和「へ!?あ、あら、澪じゃない」

澪「生徒会の仕事か?」

和「ええ、そうよ」

澪「そっか。お疲れ様。・・・ところで」

和「なによ?」

澪「律を見かけなかったか?」

和「律?律ならさっきトイレの鏡とお話してたわよ?」

澪「律・・・!そんな風になるまで思いつめてたなんて・・・!!」

和「えーと・・・?」

澪「律はどこのトイレにいたんだ!?」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:53:07.35 ID:+8cQRSbd0


和「えっと、3Fのトイレよ」

澪「3Fか・・・!私よりもムギに頼んだ方が早いな・・・!」


プルルルル・・・・


紬「はぁい?」

澪「ムギ、私だ、澪だ」

紬「あら、どうしたの?」

澪「律が3Fのトイレにいたらしい!急いで行ってみてくれ!」

紬「あら、3Fのトイレならもう探したわよ?」

澪「!?」

澪「それで、どうだった!」

紬「・・・えへへへ~、逃げられちゃった♪」

澪「バカー!!!!」

和「・・・なんていうか、大変ね、あなたたちも」

澪「う・・・」グスッ



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:56:55.66 ID:+8cQRSbd0


プルルルルルル・・・

唯「ほいほーい!」

紬「唯ちゃん?」

唯「うん!」

紬「私だけど、りっちゃんがね・・・」

唯「うん、りっちゃんが?」

紬「恐らく1Fに逃げたわ。
  3Fのトイレ付近に居たんだけど、足が速くて私じゃ追いつけなかったの」

唯「ほえーさすがりっちゃん!俊足だね!」

紬「それで、2Fにいる澪ちゃんもりっちゃんは見かけてないっていうから、1Fかと・・・」

唯「うんうん!なるほど!わかった!
  私は足遅いけど、あずにゃんがいるからきっと大丈夫だよ!」

紬「ええ、お願いするわ」

唯「うん!ありがとうね!」

紬「じゃあ、あとは頼んだわ」

唯「がってんです!」

唯「よし!いっくよー!あずにゃん!」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:59:58.93 ID:+8cQRSbd0


梓「はい!状況は大体わかりました!1Fに律先輩がいるんですね!」

唯「そうみたい!全力ダッシュだぁー!」ダッ

梓「はい!」ダッ

・・・

唯「あずにゃ~ん、待ってぇ~・・・」

梓「唯先輩、足遅すぎです」タッタッタッ

唯「うぅ~ごめん・・・」ゼェハァ

梓「まあ闇雲に走ってもしょうがないです。聞き込みしてみましょう」

唯「おおう!あずにゃん名探偵!」

梓「見かけは子供、頭脳も子供・・・!」

唯「それじゃただのでくのぼうだね!」

梓「」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:04:49.45 ID:+8cQRSbd0


梓「せっかく乗ってあげたのに・・・」

唯「ごめんよー?」

梓「全く、それよりも、あまり人がいないですね・・・」

唯「うーん、誰かがいたら一発なんだけどなー」

梓「なんでですか?」

唯「ほら、『黄色いカチューシャつけてる人、見ませんでしたか?』
  なんて聞いたらすぐだと思わない?」

梓「確かに!あんな髪型してるの、律先輩以外にいないですもんね!」

唯「そうそう。・・・はぁ、誰かいないかなー?」

梓「うーん・・・あ!純!」

純「!?」ビクゥ!?

梓「ちょっと、なんでそんなに怯えてるの?」

純「は、ははは、なんでだろうね?
  梓に関わるとロクなことがないって本能的に察してるみたい」

梓「大丈夫大丈夫、もう和先輩のところに置き去りにしたりしないって」

純「・・・(こいつ、自覚あるのかよっ)」

梓「ところで、律先輩みなかった?」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:09:24.56 ID:+8cQRSbd0


純「律先輩って・・・あのカチューシャのイケメン先輩?」

梓「そうそう、ちょっと小さいけど割と女ウケ良さそうな先輩」

唯「あずにゃん!」ボソッ

梓「な、なんですか」ボソッ

唯「りっちゃんだよ!ほら、あそこにいるの!」ボソッ

梓「へ!?」

唯「・・・こっち、見て・・・笑ってる?」ボソッ

梓「もしかしたら、私達が来るの・・・待っててくれたのかもしれませんね」クスッ



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:11:59.21 ID:+8cQRSbd0


純「梓ー?」

梓「あ、ごめんごめん」

純「律先輩ならすぐそこにいるじゃん!」

梓「うん、そうだね、焦ってて気付かなかったよ」

純「うん、あそこが立ってる人だよね?」

梓「接続詞ぃぃぃぃぃ!!!!」

律「・・・わ、私・・・勃起してないもん!!!」ダッ






唯「」

梓「純!なんでこんなときに限って!!!」

純「ごめん!あそこに立ってる人って言おうと思ったんだよ!本当だよ!?」

唯「りっちゃんのかたきぃー!」ドゴォォ!

純「ぐぎゃぁぁ!!」




250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:08:11.35 ID:4DiSjuwQ0

>>231
これ接続詞だっけ



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:19:44.61 ID:4JxY1ZKi0

>>250
マジレスすると助詞だね





259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:21:07.41 ID:+8cQRSbd0

>>257
マジかwwwwwすまんwwww



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:30:17.22 ID:+8cQRSbd0


梓「純、それは純が悪い」

純「ちょっと・・・しか、悪く、ないもん・・・!!」

梓「「ちょっとでも純が悪いんだよ?わかる?」

純「お前・・・かはっ・・・おえ・・・!」

唯「もうっ、りっちゃんを傷つけた罰です!」プンプン

純「いや、プンプンなんて可愛く言っても、さっきのパンチはフォローできないからな」

唯「あれは私の力じゃありませんっ!天罰です!」

純「あんたなら・・・アリスターにも、勝てそうな気が、する・・・」ガクッ

梓「あ、気絶した」

唯「いいよ、早くりっちゃんを追いかけよう」

梓「じゃあ私はこっち探すんで、唯先輩はあっちを」

唯「了解!澪ちゃんとムギちゃんには私から電話しておくね!」

梓「はい、お願いします。それじゃ」ダッ

唯「あ、澪ちゃん?あのさー、アリスターって誰?オーフレイム?知らないなぁ」

梓「って!もっと別の用事があるだろ!!」スパーン!



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:35:34.22 ID:+8cQRSbd0


唯「そうそう、それじゃ、お願いね!」ピッ

唯「よし、二人に連絡も済んだし、りっちゃんを探そう!」

唯「おーい、りっちゃん!」タッタッタッ

唯「りっちゃんってばー!」

唯「・・・りっちゃん、怒って帰っちゃったのかな?」

唯「あ、そうだ!音楽室に戻ろう!」



・・・

・・・


ガチャ


唯「誰もいない、か・・・」バタン

唯「りっちゃんの鞄は・・・あった!よし、りっちゃんはまだこの校舎内にいる!」

唯「帰れないように鞄とか隠しちゃえ」ゴソゴソ

唯「これでよし!あとは任せた!あずにゃん!」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:47:22.27 ID:+8cQRSbd0


梓(先輩・・・どこに行っちゃったんだろう・・・)

梓(私が悪ふざけであんなこと言ったりしたから・・・!!)

梓「先輩、ごめんなさい・・・先輩は可愛い女の子ですよ・・・」

律「いってぇぇぇ!!」

梓「・・・前言撤回」

律「ちきしょー・・・!いってぇ~」

梓(女の子のリアクションじゃないですよ、あれ。っていうか、足ぶつけたのかな・・・?)

律「くっそぉ、なんでこんなところに段差があるんだよ!」

梓(それはここが階段だからです)

律「・・・なんなんだよ・・・なんでみんな・・・!」

梓(律先輩・・・)」

律「なんでだ・・・?男扱いされなきゃいけない・・・?
  男っぽいところって言えば、トランクス履いてるくらいじゃないか・・・」





梓「」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:52:15.60 ID:+8cQRSbd0


梓「・・・あの・・・」オズオズ

律「あ、梓ぁ!?」

梓「そんなにビックリしなくても・・・」

律「ああ、ごめんごめん・・・」

梓「あの、先輩?」

律「な、なんだよ」

梓「さっきは、ごめんなさい」

律「へ?」

梓「男扱いして、すみませんでした・・・」

律「あ、ああ。ううん、いいんだy」

梓「っていうつもりでしたけど、そんな気も失せました」





律「」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:55:36.60 ID:+8cQRSbd0


梓「なんで女の子がトランクスなんて履いてるんですか!馬鹿じゃねぇの!?」

律「お前今最後馬鹿って言ったな!?このやろー!」

梓「女の子に暴力振るうなんて最低ですよ!?」

律「う゛・・・!」

梓「先輩、ちょっとこっち来て下さい!」

律「ななななんだよー!」

梓「いいから!」ガラガラ

律「こんな空き教室に連れてきて、なんだっていうんだよ!怖ぇよ!」

梓「安心してください!空き教室じゃありません!写真部の暗室です!」バタン

律「余計怖いわー!!!」

梓「怖くない怖くない」ガチャ

律「今ガチャって聞こえたんですけどー!?」

梓「いいから」

律「いや、いくねぇよ」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:00:08.89 ID:+8cQRSbd0


梓「先輩、さっきは冗談で男男って囃し立てましたけど・・・」

律「な、なんだよ」

梓「・・・私、先輩のこと、応援してますから!」

律「はい?」

梓「恥ずかしいことじゃないんです、確かに人には理解されない悩みかもしれません・・・」

律「えーっと?」

梓「でも!私は先輩を応援します!自分が生まれ持って来るハズだったものを、
  お母さんのお腹の中に落としてきてしまった。・・・ただ、それだけなんですよね?」

律「待て」

梓「わかります。国内ではまだ難しいかもしれませんが、
  きっと大丈夫です。モロッコにでも行けば・・・!」

律「モロッコ?」

梓「えぇ、モロッコでモッコリです」

律「馬鹿かー!!!」




梓「」



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:05:31.01 ID:+8cQRSbd0


梓「ひどい・・・私は先輩のためを思って言っているのに・・・
  じゃあ、タイの方がいいですか?」

律「私は手術する国に拘ってるワケじゃないっての!」

律「いいか!私は女なの!この先もずっと女のまま生きていくの!」

梓「悲観しないで下さい!」

律「してねー!!!いいか、私は女として生きていくことになんら不満を抱いていない!」

梓「・・・へ?」

律「だからぁ、性同一性障害じゃないっての!」

梓「トランスジェンダー」

律「用語で言うな!」

梓「じゃあなんでトランクスなんて履いてるんですか、
  乙女がそんなことしていいと思ってるんですか!」

律「・・・聡」

梓「はい?」

律「最初は私だって嫌だったよ。でも、母さんが洗濯するの忘れててさ。
  聡のトランクスしかなかったことがあったんだ・・・」

律「その時、ノーパンで行くかトランクスで行くか迷ったんだけど・・・
  流石にノーパンはマズイしってことでトランクスを履いたのが始まりだ」

律「この開放感がなんとも癖になってなー。それからは週2くらいでトランクス履いてる」



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:23:25.17 ID:+8cQRSbd0


梓「そんな・・・トランクスなんて邪道です!!」

律「なんだと!」

梓「ノーパンの方が優れています!」

律「意味わかんねぇよ!!っていうかトランクス履いたことないくせに!」

梓「履くまでもないですって」

律「なんだとー!貸してやるから履いてみろ!」

梓「はぁぁぁぁ???」

律「とことん馬鹿にしたようなその溜息・・・!!この、意地でも履かせてやる!!」

梓「やめてください!穢れます!」

律「うるせー!脱げ!」

梓「」カッチーン

律「ななな、なんだよ・・・」

梓「言われなくても脱ぎますよ!」

律「・・・へ?」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:28:35.38 ID:+8cQRSbd0


梓「元々律先輩にパンツ見せてあげようと思って探してたんですよ」

律「・・・へ?いいのか?」

梓「いくないです。
  だって、律先輩、本当に男の人みたいなんだもん。トランクス履いてるし」

律「だから、それ以外は普通の女の子だっての」

梓「本当ですか・・・?」

律「ああ」

梓「じゃあパンツ見せてあげますけど、興奮しないでくださいね?」

律「安心しろ、私は変態机じゃないから」

梓「それもそうですね・・・」

律「梓のパンツ見終わった後はトランクス履かせるからな」

梓「もーこうなりゃヤケです、いいですよ」

律「よっしゃ!じゃあまずパンツ見せろよ」

梓「その高圧的な言い方が男っぽいって言ってるんですよ」

律「どーすりゃいいんだよ」

梓「黙って見てればいいんですよ。決まってるじゃないですか。・・・馬鹿?」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:29:58.16 ID:+8cQRSbd0


律「ひでぇ!」

梓「ほら」ピラッ

律「・・・」

梓「なんですか」

律「・・・見えねぇ」

梓「あっそっか。ここ、暗室ですもんね」

律「ああ、ライト・・・ライトはどこだ」

梓「きっと懐中電灯があるハズです、探しましょう」


・・・


・・・



律「あった!」

梓「よし、今度こそ・・・」ピラッ



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:32:48.22 ID:+8cQRSbd0


律「行くぞ?」カチッ

梓「ちょっと、足照らしてどうするんですか」

律「いいじゃん、こういうのは徐々にいった方がいいだろ?」

梓「律先輩って、男の人っていうよりもオッサンですね」

律「うううるへー!」

梓「ほら、なんでもいいですから。せっかくだから楽しめばいいですよ」

律「くっそー小ばかにしやがってー」

梓「ほら、早くしたらどうです?」

律「・・・///」

梓「なんですか」

律「いや、これ、意外に恥ずかしいぞ?」

梓「いや、私の方が恥ずかしいですって」

律「そそうなんだけど・・・なんかこう、照れる・・・///」

梓「・・・ヘタレですね」



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:36:10.50 ID:+8cQRSbd0


律「うぅ・・・梓、代わりにやってくれ」

梓「・・・いいですけど、傍から見たら私、完璧に痴女ですね」

律「まあいいんじゃないか?ノーパンだったし」

梓「うっさいです。じゃあ、行きますよ?」ペカーン

律「う、わ・・・///」

梓「ちょっと、照れないで下さいよ。こっちまで恥ずかしくなります」

律「う、うん・・・」

梓「ほら、見ました?」

律「あ、ああ。もういい、もういいから」

梓「とんだヘタレ野郎ですね」

律「野郎じゃねー!レディーだ!ウーマンだ!ガールだ!ギャルだ!」

梓「はいはい」

律「よし、懐中電灯消せよ」

梓「・・・本当に履かないと駄目ですか?」

律「ああ、駄目だ」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:42:41.33 ID:+8cQRSbd0


律「トランクスの素晴らしさを思い知れ!」

梓「えー・・・」

律「ほら、脱げよ」

梓「わかりましたよ」スルスル

律「・・・」

梓「って、先輩も脱ぐんですよ?」

律「あ、ああそっか」スルスル

梓「ノーパンですかー?」

律「ああ、ノーパンだ!」

梓「ノーパンのこの開放感、病み付きになると思いません?」

律「思いません」

梓「チッ・・・んじゃ、これ履けばいいんですね?」

律「おう!履いてみろ!」

梓「せっかくだから先輩も私のパンツ履いたらどうです?」スルスル

律「へ?・・・あ、ああ、じゃあそうするよ」スルスル



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:44:42.80 ID:+8cQRSbd0


ガチャ


律梓「!?!?!?!?」

写真部「えーと・・・すみませんでしたぁ!!!」バタン!

梓「あぁぁ!!誤解です!」

律「ちょっと待て!違うんだって!」

梓「・・・最悪のタイミングでしたね・・・」

律「どうする?」

梓「ギャラリーが沸いたら面倒です。とりあえずここを出ましょう」

律「だな」


・・・


・・・



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:48:15.87 ID:+8cQRSbd0


澪「・・・見つからないな・・・いったん音楽室に戻るか」

紬「あら、澪ちゃん!」

澪「あ、ムギ!」

紬「りっちゃん、見つかった?」

澪「いいや、全然」

紬「私もよ・・・」

澪「一旦音楽室に戻ろうと思ってたんだけど・・・」

紬「それがいいかもしれないわね」

澪「よし、そうと決まればって・・・なんだあれ」

紬「何かしらね、あの人ごみ」

澪「行ってみるか」


・・・

・・・



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:57:17.31 ID:+8cQRSbd0

ガヤガヤ

写真部「本当だって!ここで明らかに事後の二人が着衣を・・・!」

吹奏楽部「えーだっていないじゃん?」

華道部「ん・・・ちょっと待って」

吹奏楽部「どうしたの?」

華道部「見てこれ」

写真部「・・・懐中電灯?なんでこんなところに?」

華道部「確かに、誰かが居たっていうのは間違いないみたいね」

吹奏楽部「えーでも事後ってことはないんじゃない?流石にさー」

写真部「でも、事後じゃなかったらなんだっていうのよ・・・」

ジャズ研「ちょっと待って、さっきから事後事後って言ってるけど、何を見てそう判断してるの?」

写真部「・・・丁度パンツ、履いてるところだった」

一同「なん、だと・・・!!」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:01:33.68 ID:+8cQRSbd0


澪「・・・」

紬「えっと、澪ちゃん?」

澪「・・・まさか、あの二人じゃないだろうな?」ゴゴゴゴ

紬「・・・正直、あの二人だと思うわ」

澪「あいつら・・・」

紬「あ、あの・・・」

写真部「あら、琴吹さん、こんにちは」

紬「ええ、ごきげんよう。・・・あの、今の話だけど・・・」

写真部「はい?」

紬「写真、撮った?」

写真部「え、ううん。慌てて扉閉めちゃったから・・・」

紬「何してんだてめぇぇ!!!そういう写真こそとるべきだろーがぁ!!!」

澪「ムギ!落ち着け!」

紬「チュッチュウフフな写真撮らないで何の写真撮るんだよ!」

澪「いいから落ち着けって!!」




273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:02:36.21 ID:JFwyetnl0

むぎゅうううううううううううううう!!!!!



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:05:05.86 ID:bf+ctL2M0

むぎゅうううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!





275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:07:40.96 ID:+8cQRSbd0


紬「はっ!ご、ごめんなさい。
  私は写真という手がかりがあればあの二人だと特定できるんじゃないかと思って・・・」

澪(嘘だな、ムギが欲しかったのは手がかりじゃない、オカズだ)

紬「ほ、本当よ?」モジモジ

澪「・・・わかったわかった」

写真部「あれ、ちょっと待って」

合唱部「今度はなんだよー」

写真部「あの二人、軽音部の人だったような・・・」

華道部「・・・!?」

ジャズ研「うっそ・・・で、この二人じゃないんだよね?」

写真部「ええ、この二人ではないわ」

吹奏楽部・合唱部「ほっよかったぁ」

澪「へ?」

吹奏楽部「いやー私、澪ちゃんのファンだからさ、よかったーと思って」

合唱部「私も、紬さんのファンだから安心したわ」

紬「は、はぁ・・・」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:13:59.63 ID:+8cQRSbd0


ジャズ研「いやいや、まさか・・・軽音部って5人でしょ・・・?まさか・・・」

写真部「誰かはわからなかったけど・・・一人は一年生だったわね」

ジャズ研「きゃぁぁぁぁぁ!!軽音部に一年生って一人しかいないじゃない!!!」

澪(この人、梓のファンか。わかりやすいなー)

写真部「もう一人はカチューシャしてたわ、黄色いの」

華道部「なんですってぇぇぇ!!」

紬「りっちゃんってば、罪作りな女ね。そしてここにもう一人・・・」

澪「りぃぃつぅぅぅ!!!」

紬「怒り狂った乙女が」ホゥ

澪「律の奴!梓と浮気だなんて、何考えてんだアイツ!!!」

紬「澪ちゃん落ち着いて(これはこれでおいしい展開だわ)」

合唱部「そうだよ!落ち着きなって!・・・って、へ?う、浮気?」



吹奏楽部「」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:16:40.72 ID:+8cQRSbd0


澪「あったま来た!ムギ!行くぞ!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

紬「行くって、どこに?」

澪「わからない!」

紬「おい」

澪「こうなったら律に電話だ!」ピッ


プルルルル・・・


律「ん?なんだ?」

澪「律ー!!!!」

律「わ!」キーン

律「うううるっさいなー!いきなりなんだよ!」

澪「私というものがありながら!何考えてんだ!」

律「・・・っはぁ!?」

澪「お前、浮気は悪いことだって知らないのか!」

律「いや知ってるけど!それがどうしたんだよ!?」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:19:17.44 ID:+8cQRSbd0


澪「どうしたんだよ、だと!?開き直りか!最低だな!」

紬「澪ちゃん、落ち着いて」

澪「これが落ち着いていられるか!律!お前今どこにいるんだよ!」

律「何処って・・・屋上だよ」

澪「今から行くから待ってろ!」ズンズン

紬「えっと・・・みなさん、さようなら」トテトテ



吹奏楽部「えーと・・・」

ジャズ研「なんていうか・・・」

写真部「ええ・・・」

文化系部員「・・・澪ちゃん怖っ」


・・・


・・・



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:37:45.65 ID:+8cQRSbd0


紬「ねえ澪ちゃん?りっちゃんと梓ちゃんがそういうことをしていたって、誤解よきっと」

澪「そんなの確かめてみないとわからないだろ!」プンスカ

紬「そんなことも確かめてみないとわからないの?」

澪「・・・へ?」

紬「もっとりっちゃんを信頼してあげたら?」

澪「・・・信じてるもん」

紬「じゃあそんなに怒ることないじゃない」

澪「だって、律が・・・梓と二人きりで・・・」グスッ

紬「澪ちゃんはりっちゃんの彼女でしょう?もっと大きく構えてなさいよ」

澪「うぅ・・・」グスン

紬「ほら、ね?」ギュー

澪「ありがとう、ムギ・・・」

紬「いいのよ・・・(ひゃほー!澪ちゃんにギューってしちゃったよぅ!)」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:40:10.01 ID:+8cQRSbd0


律「なあ梓」

梓「なんですか」

律「澪がここに来るってさ」

梓「そうですか・・・」

律「あのさ」

梓「はい?」

律「トランクスの履き心地・・・どうだ?」

梓「・・・悪くないです」

律「もっと自分に正直になれよ」

梓「・・・いい、かもです。・・・すっごく」

律「だろー!?」

梓「うぅぅ・・・でもいくら履き心地が良いからって女の子がトランクス履くのは駄目です!」

律「えー」ブーブー

梓「駄目ったら駄目!」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:43:53.83 ID:+8cQRSbd0


梓「それよりも、私のパンツはどうですか?」

律「ああ、これ?」ピラッ

梓「って、おぉぉぉい!!!なんで履いてないんだよ!」

律「ああ、履こうと思ったら写真部の子が入ってきちゃってさー結局履けず仕舞いだったんだ」

梓「ってことは・・・」

律「ああ、ノーパンだ」

梓「・・・ノーパンは、どうですか?」

律「・・悔しいが、素晴らしいな」

梓「・・・」ニヤッ

律「しかし屋上でノーパン・・・この上なく危険だ」

梓「ええ、風が吹いたら一発でしょうね・・・」

律「ふふふ・・・しかし、私は今、そのスリルすらも楽しんでいる・・・」ニヤリ

梓「・・・ノーパン初心者のくせに、なかなかやるじゃないですか・・・」ニヤリ




288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:44:34.24 ID:gqXA6iBB0

だめだこいつらwwwwwwwwwwwwww



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:45:22.13 ID:JFwyetnl0

ノーパンが浸透してきたな



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:45:27.90 ID:eKQBxtp40

ノーパンwwwww





293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:51:52.01 ID:+8cQRSbd0


律「梓、今・・・私たちはお互いに未知の世界を体感している・・・」フッ

梓「ええ、常人には理解することすら出来ない、更なる高みへ・・・」クスッ

律「そしてここは屋上・・・これがどういうことだか、わかるな?」ニヤリ

梓「もちろん・・・先輩こそ、怖気づかないで下さいね?」ニヤリ


バタン!


澪「律!」

紬「梓ちゃん!」ツヤツヤ

律「!?二人とも・・・!」

梓「っていうかなんでムギ先輩ツヤツヤしてるんですか」

紬「気にしないで!」ツヤツヤ

梓「わかりました・・・って、めっちゃ気になる!」

澪「律!梓と、梓とセックスしたなんて嘘だよな!?」

律梓「・・・はいぃぃぃ!?!?!?」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:58:51.07 ID:+8cQRSbd0


澪「どうなんだ!答えてくれ!」

律「そんなことするわけないだろ!///なんで梓とそんなことしなきゃならないんだ!」

梓「私たちはただパンツの交換をしていただけです!」

澪「そうか、よかった・・・って、何の儀式だそれぇぇ!!」

律「儀式・・・言い得て妙だな」クックック

澪「おーい、律?」

梓「確かに、あれは一種の儀式のような意味を成しましたね」クスクス

紬「澪ちゃんっ二人の様子が変だわ!」

澪「私たちがいない間に・・・何があったんだ・・・!あの暗室で、一体何があったんだ!」

律「それはd」

ビュー

紬「きゃっ!・・・突風!?」

澪「目にゴミが・・・って、お前ら何やってんだぁぁぁ!!!」

律「・・・フッ、つまりはこういうことだよ」

澪「どういうことだ!!なんでノーパンなんだ!梓に至ってはなんでトランクスなんだ!?」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:03:41.72 ID:+8cQRSbd0


梓「ふふっ、やはり常人には理解できないようですね・・・」ペローン

紬「スカートがトレンチコートやー!」

澪「ムギ!落ち着け!口調が彦摩呂みたいになってるぞ!」

律「いい。いますぐでなくても。
  ・・・ただ、いつか澪なら理解してくれる日がくると信じている・・・」ペローン

澪「そんな信頼いらねぇ!っていうか・・・お前らはなんでそんなに得意げなんだぁぁぁ!!」

紬「待って澪ちゃん!!!」

澪「なんだ!」

紬「これはこれで・・・有り!!」

澪「無しだぁぁぁ!!!」


・・・


・・・



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:13:14.07 ID:+8cQRSbd0


澪「全く、お前らは何を考えてるんだ!」ガミガミ

律「ごめんってばー」ヒリヒリ

梓「でも、本当にトランクス良かったんですよ?」

澪「知るかー!」

律「あ!そうだ!澪も履いてみろよ!」

澪「は、はぁぁ?///」

律「きっと似合うぜ!」

澪「馬鹿も休み休み言え!」

律「・・・」オヤスミー

梓「・・・」オヤスミー

紬「・・・」オヤスミー

澪「」

律梓紬「似合うと思う!!!」

澪「馬鹿が増えた、だと・・・!」



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:19:28.19 ID:+8cQRSbd0


律「なーいいだろー?」

澪「いや。いやだ」

梓「えー駄目ですか?」

紬「きっと似合うわ!」

澪「なんでお前らは揃いも揃って面白いもの好きなんだ・・・」

律「なーいいだろ!?」

澪「えー・・・」

梓「お願いです!」コノトーリ!

紬「お願いします!」ハァハァ

律「澪!頼む!」

澪「・・・お前らは・・・この必死さを音楽に生かせ、マジで」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:21:00.27 ID:+8cQRSbd0


律「澪ぉ~!!」

澪「(う、まずい、このまま押し切られそうだ・・・)そ、そうだ!唯は?唯はどこだ?」

梓「あれ・・・そういえば、どこでしょうね?」

紬「音楽室だったりして」

澪「うーん、有り得るな。行ってみよう」

律「おうっ!」


・・・

・・・



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:23:23.42 ID:+8cQRSbd0


唯「・・・」スースー

澪「・・・寝てる」

紬「あらあら、可愛い寝顔ね」クスクス

梓「全く、唯先輩らしいですね」

律「おーい、唯!おっきろー!」

澪「こら!馬鹿!起こすなよっ、可哀想だろ!?」

律「ちぇー」

唯「う・・・ん・・・あれ?」

梓「目、覚めました?」

唯「うん、みんなおはよう?」

紬「寝ぼけてるわね?」クスクス

唯「えへへー。あ!りっちゃんだ!」

律「よっ!」

唯「よかったぁ、仲直りできたんだぁ・・・」

律「いいや、まだだ」



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:25:57.10 ID:+8cQRSbd0


澪「」

梓「」

紬「」

唯「・・・へ?」

律「唯、いいか。私たちの仲直りは唯の活躍なしでは成立しないんだ」

澪「何また、馬鹿なことを・・・」

律「唯」ガシッ

唯「りっちゃん隊員・・・!」

律「トランクス・・・履いてくれるな?」

梓「」

唯「がってん承知のすけです!」

澪「」

律「よく言ってくれたー!!」ギュー

唯「でも、トランクスなんてどこにあるの?男の人の下着でしょ?」

律「トランクスなら今私が履いてるよ」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:30:25.10 ID:+8cQRSbd0


唯「え!?りっちゃん隊員ってやっぱり男の子だったの!?」

律「ちっがーう!違うけど、下着はたまにトランクスなのっ!」

唯「うーん?そっかぁ!」ニヘラ

律「うんうん、可愛いヤツめ」ナデナデ

澪「チッ」

梓「怖い、澪先輩はこういう時怖い」

律「というわけでー・・・」スルスル

唯「おおう!やきゅーけんだ!」

律「へっへー。ほら、これ履いてみてくれ!」

唯「うん、わかった!今履いてる下着は・・・」

律梓紬「もちろん脱いでくれ!」

澪「ハモるな!」ガツン!

律「なんで私だけ・・・」ヒリヒリ

・・・

・・・



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:32:52.27 ID:+8cQRSbd0


唯「履いたよー?」

律「・・・で、どうだ?」

唯「うーん、なんかスースーするかなぁ」

梓「えっと、それで、感想は・・・?」

唯「スースーしてて気持ち悪いね!」ニコッ

律「バッサリだー!」

唯「でもいつもと違う感じで不思議ー」

紬「ねえ唯ちゃん?」

唯「うん?なぁにムギちゃん」

紬「スカート、脱いでみない?」




梓「」

律「その発想はなかった」

澪「さすが変態・・・」



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:35:47.57 ID:+8cQRSbd0


唯「えっと、下はトランクスだけになっちゃうよ?」

紬「いいの」

唯「うーん・・・」

澪(唯、流石にそれは断れ!)

唯「いいよ!」

澪(いいのかよー!)

唯「よいしょっと・・・」スルスル

唯「どうかな?」

律「よし、ついでだからブレザーも脱げ」

唯「了解!」ビシッ

唯「・・・どうかな?」

梓「先輩、リボン取って下さい」

唯「ほい!」シュル

澪「せっかくだ、ブラウスの上、2~3個外してみろ」

律梓紬「なんだかんだでノリノリじゃん!」



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:38:44.48 ID:+8cQRSbd0


唯「できたー!どう?どう?」

律「・・・こりゃ、また・・・マニアックな格好だな、おい」

梓「誰が得するんでしょうね・・・」

紬「」ノ

澪「いや、ムギ、無言で挙手しなくていいから」

律「そうだ、いっそのこと、ブラウスのボタン全部外してみろよ!」

唯「えーりっちゃんのえっちぃー」クネクネ

澪「クネクネすんな、キショい」

梓「嫉妬って怖い」

唯「んじゃー外すからちょっと待っててねー」

紬「」ハァハァ



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:47:24.94 ID:+8cQRSbd0


唯「えーと・・・ど、どうかな・・・?///」

梓「照れてる唯先輩、ちょっと貴重ですね」

律「よーし、じゃあ今度はブラも取ってみようk」

ゴンッ

律「いっつ~~!!」

澪「調子に乗るなっ!」

紬「唯ちゃん、ブラも取ってみて。早く」

澪「って、ムギぃ!?」

唯「ほ、ほえ!?ブラも!?」

紬「・・・駄目かしら?」

唯「う、うーん・・・いいよ」

紬「トゥゥゥゥラタッタホゥゥゥ!(ええ、きっと可愛いわよ)」

律「ムギ、逆。心と発言が逆だ」



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:37:29.65 ID:+8cQRSbd0


唯「ねえ、りっちゃん・・・?」

律「ん?なんだ?」

唯「こっち来て?」

律「あ、ああ」トテトテ

律「で、どうしたんだ?」

唯「私ブラ外すのにブラウス脱ぐから、
  りっちゃんはそのブラウス広げてみんなに見えないないようにして?」

律「裸なんていくらで見てるじゃないか、私たち」

唯「う~ん、そのハズなんだけど・・・なんか恥ずかしいんだ・・・///」

律「そっそうか、じゃ、じゃしかたがないな!(やっば、可愛い)」

唯「うん、よろしくね」ヌギヌギ

律「よし、広げたぜ」ファサー

唯「ありがとっ」

唯「・・・」

律「唯?どうした?」

唯「上手く外せない・・・りっちゃん、外して?」



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:44:00.48 ID:+8cQRSbd0


律「(ヤバい、マジで鼻血出るってぇぇ!)あああ、うん、わかったわかった」キョドキョド

唯「・・・りっちゃん、なんかいやらしいこと考えてたんでしょー?」ムー

律「いや、そんなことないって!(ヤべー・・・)」

澪「おーい律?聞こえてるかー?唯に変な事したら・・・わかってるな?」

律「わわわかってるって!!あははは、そんなことするワケないだろっ!(殺される・・・)」

唯「りっちゃん、早くー」モジモジ

律「あ、ああ。っていっても、私はブラウス持ってるからなー」

唯「あっそっかー。あ!じゃあじゃあ、りっちゃん私のブラウス肩にかけて!」

律「肩にって、私の肩にか?」

唯「うん!」

律「よし、かけたぞ」ファサ

唯「それでそのまま後ろからブラ外して!どう?名案でしょ?」

律「ん?あ、ああそうだな。えーと・・・ほいよ」プチ

唯「ありがとっ!はい、じゃあそのままブラウス着させて?」

律「へいへいっと」キセキセ



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:47:27.71 ID:+8cQRSbd0


唯「ふっふっふ・・・」

梓「グランドピアノの後ろから不敵な笑い声が・・・!!」

律「・・・」

澪「律、どうだった?唯のヤツ」

律「////」

澪「お、おい、真っ赤だぞ?」

律「あれは・・・やばい・・・///」

紬「姿を現して!唯マーン!」

梓「戦隊モノのコールのつもりですか!?」

唯「はーい!」

澪「なんか出てきたー!・・・って、ちょ///」

梓「あれは・・・///」

紬「あ、私死んでくるわ。思い残すこと何もないから死んで来るわ」

律「ムギィィ!早まるなぁ!!!」

唯「・・・どうかな?」モジモジ



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:54:46.81 ID:+8cQRSbd0


梓「・・・最高です」

澪「いや、これは・・・」ダバダバ

律「ちょ澪、お前!ムギみたいなことしてんじゃねぇよ!」

紬「」デロデロ

律「ムギはムギでとろけてるしぃぃ!!」

唯「えと・・・変、かな?」

澪「いや、変じゃない。なんかよくわからないけど、凄い可愛い!」

梓「唯先輩に全部持っていかれた感じがします・・・」

紬「デロ?デロデーロ!デロリーヌ!」

律「ムギ!頼むから!日本語じゃなくてもいいからせめて人間の言語使ってくれ!」

澪「よし!ここまできたんだから、最後まで行こう!」

唯「ほえ?どういうこと??」

澪「ブラウス脱げよ」

律「お前が一番悪乗りしてんじゃねぇかぁ!!」

澪「うるっさい!見たいもんは見たい!」



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:03:57.40 ID:+8cQRSbd0


唯「えっと・・・流石に、ブラウス脱ぐのは・・・///」モジモジ

澪「頼む!」ドゲザ!

律「澪!土下座までして見たいかこのやろー!・・・と言いつつ私も」ドゲザ!

唯「え・・・でも、恥ずかしいよぅ・・・///」

紬「みんな元気!?私の名前はスライム!仲良くしようね!」デロデロ

梓「ああ・・・ムギ先輩がワケわかんないことになってる・・・」

唯「うぅー」モジモジ

梓「コホン。先輩、ブラウス着てる方がエロいです。一刻も早く脱ぐべきです」

唯「へ?そうなの?ブラウス着てる方が恥ずかしいの?」

梓「そうですよ、当たり前です。だから恥ずかしい思いをしたくなければ早く脱いでください」

唯「そっかー・・・そうだったのか・・・わかった!私、脱ぐ!!!」

一同(おっしゃーーーーーーーー!!!!!)

唯「なんて言うと思ったかヴォケがぁぁぁぁ!!!!」



一同「」



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:10:33.76 ID:+8cQRSbd0


唯「アホかぁ!」

律「」

澪「」

梓「」

紬「デロデーロ」

唯「ちょっとみんな調子に乗りすぎだよ!ここから先は有料です!」プンスカ

律「いくらだ?払う」

澪「ちょっと待て、私も払うぞ」

梓「私は唯先輩そのものを買い占めたいです」

紬「でろりんちょ」

唯「え、えー?(どんだけぇー?)」

唯「と、とにかく・・・もうお終い!」

律「えぇー」ブーブー

唯「私もう着替えるからねっ」プンスカ



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:15:05.37 ID:+8cQRSbd0


律「ちぇーわかったよー」

澪「ま、まあしかたがないな」

梓「今度二人きりの時に続き見せてくださいね」ボソッ

唯「もーあずにゃんのお願いなら仕方がないなー」ダキッ

梓「えへへ」ホワホワ

唯「なんて言うと思ったか」メキメキ

梓「ぎゃっ・・・!苦しい・・・!」ミシミシ

紬「みんな、そろそろ帰りましょう?」

律「お、もうこんな時間かー」

澪「結局今日は楽器に指一本触れずに終了したな・・・」

律「まあ、そんな日もあるって」

澪「最近そんな日しかないような気がする・・・」

梓「まぁまぁ」

紬「細かいことは気にすんな☆ってことで」ワカチコワカチコ♪

澪「う、まあ、みんながそう言うなら・・・いっか」



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:24:14.21 ID:+8cQRSbd0


律「そーゆーこと!んじゃ、帰ろうぜ!」

澪「・・・あれ?」

梓「どうしたんですか?」

澪「・・・律、お前、鞄どこやったんだよ」

律「へ?椅子の上に置いてあるだろ?」

紬「・・・ないわよ?」

律「え!?」

唯「あーみんなでりっちゃん探してるときに私が隠したの!りっちゃんが帰っちゃわないように!」

澪「なるほど!唯にしては機転がきいたな!」

唯「えへへ~でもねー・・・」

律「ん?」

唯「どこに隠したか忘れちゃったんだー」テヘー

律「・・・こらぁー!!」



おわり



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:25:20.93 ID:+8cQRSbd0

おしまい。
ギャグは苦手だけど書いてて楽しいな。




360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:28:12.40 ID:c2NpMfX80

乙!もっとやれ



362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:30:12.01 ID:eKQBxtp40

乙ー面白かったわ
即興でここまでとかすごすぎるw



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:31:59.78 ID:Fv+PZuXK0

GJ!



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:32:00.53 ID:bf+ctL2M0

トゥゥゥゥラタッタホゥゥゥ!
乙!面白かったし興奮したし楽しかった!



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:47:55.88 ID:H28uhmD50

マジ乙、おかげで高速バスの中で暇にならなかったよ~。
SSでテンション上がってキャラソン全部衝動買いしてしまった。



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:51:30.80 ID:94wnEgKVO


これでギャグ苦手とかねーよwwww






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」
[ 2011/09/03 17:28 ] 変態 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6