SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  澪 「拾ってください・・・」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪 「拾ってください・・・」 【ホラー】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263140848/



管理人:グロ描写あります。閲覧にご注意下さい。





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:27:28.34 ID:jtYhm6+s0

年が明け社会がお休みモードからお仕事モードに切り替わる
「バイトか・・・めんどくせ・・・」
そうぼやきながらだらだらと着替え始める。
天気予報によれば今日は朝から雨らしい。

まぁ予報など見なくても外を見れば一目瞭然なんだが
フ●テレビのお天気キャスターあいちゃんが可愛くてつい見てしまう

「さて、そろそろ出ないと間に合わないな」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:30:38.09 ID:jtYhm6+s0

傘を広げなるべく水溜りのない道を歩く

地面に集中してた目線をふと目の前の電柱に向けるとそこにダンボールが置いてあった

人が入れそうなくらい大きなダンボール
冷たい雨にうたれて、原型は留めてなくぐしゃぐしゃだ

俺はもしかすると大金が入ってるのではないかという
厨二病的発想に駆られついパンドラの箱を開けてしまった



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:33:19.37 ID:jtYhm6+s0


「っ!?」


hirotte_mio1_aa.png



中には美少女が着衣水泳をしたかのような姿でこっちを見ていた。
まずい・・・これはどうすればいいのだろう
急がないとバイトに遅れてしまう。
いやしかしこの子を放置プレイするのも人としていかがなものか・・・
まてまて落ち着け俺。警察に連絡したほうが・・・

>>6




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:33:38.75 ID:OuVUgp5J0

殴る



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:34:21.75 ID:OuVUgp5J0

殴る蹴る千切る





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:42:21.68 ID:jtYhm6+s0

「・・・そんな目で俺を見るな。うぜぇ」
俺は今にも倒れそうな美少女の胸ぐらをつかみ無理やり立たせた。
「そんな顔すれば誰かが助けてくれるなんて思うなよ!!」
俺は力いっぱい殴った。日頃のストレスの欝憤を晴らすために。

一回顔を殴るたびに二人の骨の軋む感じがする


何発殴ったのだろう・・・気がつけば俺の手は真っ赤に染められ
さっきまで美少女だったソレはただの肉の塊になってしまった。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:48:10.87 ID:jtYhm6+s0

バイトは・・・もう間に合わないか
俺はバイトをさぼることに決定し
その肉の塊を持ち帰ることにした。

ソレは意外に軽かったのでお姫様だっこで持って帰れた。
道中人に遭遇しなかったのは奇跡だな



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:56:20.78 ID:jtYhm6+s0

無事帰宅
さてすることもないしこれを千切ってみることにした


存外人を千切るのには一筋縄ではいかないらしい
そこで俺は腕や足に包丁で切れ目を入れてみたら
いけるのではないかと考えた
我ながらナイスアイデアだ。

包丁をのこぎりのように動かし
深く、深く切れ込みを入れる

骨のあたりまで包丁が食い込む
「そろそろかな」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:02:27.12 ID:jtYhm6+s0

腕を力いっぱい引っ張ってみる。
ブチィイ!!


さすが俺だ。
骨の関節は外れ、皮膚が千切れた。
そして俺は肉の塊の右腕をつかんでいた

ピンポーン
ん?誰だ、気分がノってきたというのに・・・



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:12:42.08 ID:jtYhm6+s0

ピンポーン
うるさい
何回もインターフォンを押すな。常識知らずが

男「しつこいですねぇいったいなんの御用ですか?」

警察「警察です。すいませんねぇ、お隣さんが異臭を放ってるって通報がきたもんで・・・っ」
「そうですか」
警察「!ちょっとすごい臭いですよあんた!!それにその持ってるもんは・・・」
持ってるもの?・・・俺は自分が何が持っているかこの目で確かめた。
俺の手には自分のじゃない右手が握られている。
そうだ・・・忘れてた。
警察「っ!!!こちら●●!至急応援を頼む!!繰り返す・・・」

まいったな・・・どうするか・・・
>>23




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:13:15.86 ID:OuVUgp5J0

殴る蹴る千切る



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:15:09.18 ID:4akB1GiF0

殴る蹴る千切る



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:15:17.13 ID:Fh/2Ijko0

とりあえず一発抜く



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:15:21.34 ID:uVUN4X5k0

警官を殴る蹴る千切る





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:23:12.37 ID:jtYhm6+s0

・・・ここは冷静になったほうがいいな。
俺はおもむろに自分の局部をさらけ出した。
警察「あ!おい貴様!!どこにいく!!」
急いでドアを閉め部屋に戻りおかずを手に取る。

自分の手でしごいてもあまり快楽を得ることはできない
男ならだれでも知ってる情報だ。

・・・・・・まてよ。他人の手があるじゃないか。
俺はその千切れた右手に自分の局部を握らせた

血がローションのようにからみつく・・・
想像以上に気持ちがいい!


・・・・・・・・っふう



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:25:41.57 ID:jtYhm6+s0

・・・さて。
賢者モードに突入した俺に敵は皆無だ
外には警官がたくさんいるようだ
ドアがゆがんでいる
どうしたものか・・・
>>32




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:26:07.18 ID:OuVUgp5J0

殴る蹴る食べる



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:27:18.42 ID:OuVUgp5J0

殴る蹴る千切る塗る張り付ける 食べる
煮る食べる
焼く食べる



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:27:35.81 ID:uVUN4X5k0

警官の銃をうばい全員殺る
そしてシチューにして食べる





36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:33:11.68 ID:jtYhm6+s0

ついにドアが壊れた。
同時に警官2人が入ってくる。
俺は隠れて警官が一人になるのを待つ

そして一人が肉ダルマに気づき止まった

警官「・・・っ!」

鈍い音が響き警官が動かなくなった
まぁ彼女に買わされた50万の壺で殴ったのだから当然だろう
そして素早く警官の腰に手を伸ばし銃を奪うことに成功した



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:35:42.97 ID:jtYhm6+s0

まだ部屋には一人いる。
外にはうじゃうじゃと警官がいるのだろう
さいわいまだ入ってくる気配はない・・・

俺は残りの一人を銃で撃った



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:40:36.32 ID:jtYhm6+s0

銃声が聞こえたのだろうか。
外が一気にざわついた
「一気にやるか。」
俺は外に出て警官を撃ちまくる
警官「!!」ッパン!!!
乾いた銃声が鳴り響く
一人・・・二人・・・三人・・・・・・
無我夢中で人を殺しまくった



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:46:57.13 ID:jtYhm6+s0

!!!!
激痛が俺の腹部に奔った
どうやらうたれたらしい・・・
俺は腹を押さえ激痛に耐えながら
俺のことを撃ったやつを殺した

目がかすむ・・・
最後の力を振り絞り、銃を警官にむけた
あぁ。あんな女に逢わなければよかったんだ・・・
そしたらいつものようにバイト行ってたはずなのになぁ・・・

しばらくすると頭に冷たいものが当り
俺は死んだ

BADEND





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:19:45.63 ID:jtYhm6+s0

「っ!?」


hirotte_mio1_aa.png


中には美少女が着衣水泳をしたかのような姿でこっちを見ていた。
まずい・・・これはどうすればいいのだろう
急がないとバイトに遅れてしまう。
いやしかしこの子を放置プレイするのも人としていかがなものか・・・
まてまて落ち着け俺。警察に連絡したほうが・・・

>>55




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:02.21 ID:XI/84oJrO

おまんまんぺろぺろりんこ☆



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:15.32 ID:XI/84oJrO

おまんまんぺろぺろりんこ☆



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:16.51 ID:69MKm1zV0

着ているコートをかけてやり食費として10000円渡し、紳士的に立ち去る



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:19.38 ID:XI/84oJrO

おまんまんぺろぺろりんこ☆



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:19.15 ID:opwA34Dx0

服を脱がして抱きつく



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:23:23.01 ID:OuVUgp5J0

ミキサーにかける





59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:30:26.50 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio1_aa.png
寒そうだな・・・
俺は彼女の体に着ているコートをそっとかけてあげた

「安物だから寒いかもしれないが我慢してくれ」
そう言ってさらに財布から諭吉を取り出す。
と思ったが英世しかいなかったので英世を渡した。
「これでなんか食ってきな」
そして俺はバイトへ向かった



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:35:15.11 ID:jtYhm6+s0

「しゃっせ~」
「ありあとやした~」
コンビニのアルバイトは結構楽だ



・・・っお!そろそろあがりだな。
俺は着替えて第二のアルバイト先に向かった



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:39:31.55 ID:jtYhm6+s0


・・・っお!そろそろあがりだな。
俺は着替えて第二のアルバイト先に向かった

「お!いい台発見」
エ●ァの当たりそうな台を見つけた
さて早速打つかな・・・・・・・・・・・・
財布の中身がない

あの美少女に英世をあげたの忘れていた。
「・・・帰るか」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:43:32.94 ID:jtYhm6+s0

店の外に出ると雨がやんでることに気がついた
しかしあの美少女は一体何だったのだろう
あんなところにびしょびしょになって・・・
もう家に帰ったのかな。
と考えつつも彼女がいた場所へ足を運ぶ
あんだけ濡れて・・・風邪ひいてなければいいけど・・・



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:47:16.71 ID:jtYhm6+s0


「っ!?」


hirotte_mio1_aa.png


彼女はまだいた・・・
俺が渡した英世を使わずに

「まだいたのか・・・大丈夫?帰る場所は?」
俺がそう尋ねても首を横に振るばかりだった
・・・どうすりゃいんだ。
>>66




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:48:27.11 ID:XI/84oJrO

おまんまんぺろり☆



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:48:30.40 ID:4akB1GiF0

しゃぶれよ



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:48:34.93 ID:XI/84oJrO

おまんまんぺろり☆





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:52:20.47 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio2_aa.png

・・・!これは童貞卒業のチャンスかもしれない!
神が俺にプレゼントをくれたんだ!!
「行く場所ないなら俺の家くる?」
そう聞くと彼女はうなずいた



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:52:44.87 ID:O6rnVezg0

またバッドエンドじゃあるまいなw



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:56:34.60 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio3_aa.png

「どうぞ。入っていいよ」
そう言って彼女を家に連れ込んだ
彼女は戸惑うどころかくつろぎ始めた。

さてと・・・
俺はガムテープを取り出し
ビデオカメラをセットした



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:00:21.83 ID:jtYhm6+s0

がし!
俺は彼女の腕をつかみガムテームで身動きを封じた
すごい抵抗しているな・・・
そう思いつつも足も固定する
そして
「・・・しゃぶれ」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:03:51.03 ID:jtYhm6+s0

なかなか口を開けないな・・・
少し腹が立った俺は髪の毛をつかみ
頭を壁に叩きつけた

すると口がどんどん開いてく。
すかさず俺は自分の肉棒を美少女にくわえさせた



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:06:29.54 ID:jtYhm6+s0

・・・いまいちだな
そう思い俺はペンチを取り出す。

「この歯が邪魔なんだな。ほら、口あけて」


美少女の歯が次々と床に転がって行った



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:11:27.38 ID:jtYhm6+s0

おふぅ!すばらしい!!
俺は1分も我慢できずに彼女の口に発射した

さて、ビデオ撮れてるかな・・・
俺はビデオの確認をする。

「お!撮れてる撮れてる」
さ!続き続き・・・・・・!
彼女が立っていた



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:15:23.43 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio4_aa.png

どうやら俺の精子と汗で抜けてしまったようだ・・・
彼女は歯がない口を動かしながら

声になってない音を出し

俺に近づいてきた



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:17:32.57 ID:jtYhm6+s0

hirotte_keisatu_aa.png



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:20:35.44 ID:jtYhm6+s0

後輩「先輩、なんかビデオ送られてきたんですけど・・・」
先輩「あん?どっからよ?」
後輩「わからないっす。ただ昨日署の前に転がってたらしいっす」
先輩「怪しいな・・・中身見てみろ」
後輩「ハイ!」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:24:33.38 ID:jtYhm6+s0

先輩「!!!おい!すぐに上に報告しろ!殺人事件だ」
後輩「う・・・気持ち悪い・・・」
先輩「お前は見なくていいんだよ!早くいけ!」
後輩「・・・ハイ」
先輩「それにしてもなんてひどいことしやがる・・・」




    人間の形してねぇじゃねえか・・・
BADEND



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:37:41.68 ID:jtYhm6+s0

「っ!?」


hirotte_mio1_aa.png


彼女はまだいた・・・
俺が渡した英世を使わずに

「まだいたのか・・・大丈夫?帰る場所は?」
俺がそう尋ねても首を横に振るばかりだった
・・・どうすりゃいんだ。
>>95




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:39:47.40 ID:OuVUgp5J0

ミキサーにかける



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:40:10.81 ID:7jniJE0c0

連れて帰る





96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:43:02.40 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio1_aa.png

こんなかわいい子を放っておいたら誰かに襲われそうだな・・・
「行くとこないんだったらうちにくるか?飯ぐらい出すけど・・・」
そういうと彼女はうなずいて俺についてきた



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:46:43.55 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio5_aa.png

家に案内して、ご飯を差しだす。
するとすごいがっついて食べるではないかw
かわいいw
そして気が付くと俺の飯まで食われていた・・・



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:54:15.65 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio3_aa.png

二人分の飯を食って満足したようだ。
ちなみに俺は一平ちゃんで済ませた

「泊まる場所ないのか?家は?」
そう聞いてもやっぱり首を横に振る・・・
謎だ。

「じゃあとりあえず今日は俺ん家に泊まって、明日どっか行こう」
すると彼女は首を縦に振った
よし!じゃあどこ行くか
>>108




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:14.62 ID:OuVUgp5J0

>>76
ミキサーにかけてほしいな



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:44.69 ID:jDxXv99i0

ボーリング



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:49.53 ID:XI/84oJrO

まんこぺろ☆



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:49.78 ID:XZ7Gk0S50

映画



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:51.70 ID:Ro//tu1Q0

楽器屋



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:55:58.77 ID:XI/84oJrO

まんこぺろ☆



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:56:03.08 ID:XI/84oJrO

まんこぺろ☆




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:56:07.67 ID:XI/84oJrO

まんこぺろ☆





117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:00:44.78 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio6_aa.png

どこいくか・・・ん!?
よく見たらこの子パンツ丸見えじゃないかwww
やばいな・・・ムラムラしてきた・・・


「あのさ、ちょっとごめんね」
そう言いながら俺は彼女の足を広げた



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:09:51.82 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio7_aa.png

抵抗がない?どうしたんだろ・・・
と思いつつも彼女の下着をゆっくり脱がす。


ほんのり女の香りが漂ってきた



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:14:55.44 ID:jtYhm6+s0

さっそく花の蜜を舐めとろうとしたとき
頭を押さえつけられた・・・
どうやらだめらしい
いきなりこんなことされて唖然としてたのか
仕方なく下着を渡し俺は風呂に逃げるように入った



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:21:32.10 ID:jtYhm6+s0

カポーン


どうするか
・・・つい魔がさしてあんなこと。
やっぱ謝ったほうがいいよな・・・たぶん
>>124




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:22:20.96 ID:OuVUgp5J0

ミキサーにかけてほしいな



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:22:24.25 ID:ioYxUtLY0

食べる(カニバ的な意味で)



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:22:25.88 ID:gPP1rV1W0

まんぺころ★





127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:26:20.01 ID:jtYhm6+s0

・・・・・・いや、謝る必要なんてないな。
襲っちまえばいいんだ!!
そっちのほうが早いしな。
そうときまれば!


俺は準備のために風呂場を後にした



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:31:08.54 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio8_aa.png

着替えてる途中に彼女が来た・・・
何か言いたそうだ。
しかし俺はそんなことお構いなしに彼女に抱き・・・




そして彼女の肩の肉を食いちぎった



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:35:08.29 ID:jtYhm6+s0

hirotte_mio9_aa.png

澪「あ゛あ゛ああぁぁぁ」
すごい声で叫んでる・・・
うるさい

だまれ


今度は首を噛み千切った。



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:41:14.79 ID:jtYhm6+s0

もう声は出なくなったみたいだが
喉から空気の漏れる音が聞こえてきた。

そして俺はもう虫の息の彼女を切り刻んだ


腕、脚、頭、胸、局部、内臓すべてきれいに並べ
そして冷蔵庫へしまった。







明日はどれを食べようかな・・・
BADEND




関連記事

ランダム記事(試用版)




澪 「拾ってください・・・」
[ 2011/09/06 20:00 ] ホラー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6