SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  さわ子「唯ちゃん。ちょっと背中かいてちょうだい」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






さわ子「唯ちゃん。ちょっと背中かいてちょうだい」 【ホラー】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263310123/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:28:43.82 ID:AGZe11NJ0

唯「はいよ~。こんな感じ」カリカリ

さわ子「ん~もうちょっと力入れてちょうだい」

唯「こんな感じー?」ポリポリ

さわ子「違う。もっと強く」

唯「こ・・・こぅ?」ボリボリ

さわ子「あ゛ーもう!!使えないわねぇ!!」

唯「へ!?」

さわ子「こうよ!!」ガリガリガリガリガリガリ

唯「痛っ!ちょっ!やめてよさわちゃん先生!」
ガリガリガリガリガリ

唯「痛いよ先生!!やめて!やめてよ!!」
ガリガリガリガリガリ

さわ子「あ゛あ゛ぁ!!!かゆいいいいぃぃぃ!!!」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:35:45.49 ID:AGZe11NJ0

さわ子「かゆいかゆいかゆいかゆいかゆい」

澪「唯!大丈夫か!?」

唯「うう・・・ヒック・・・グス痛いよぉ・・・」

律「おいさわちゃん!!いくら教師でも・・・!?」

さわ子「ちょっと律っちゃん!これで背中かきなさい!!!」

律「は?っだってそれシャーペンだよ?」

さわ子「いいから早く!!!!」

律「い・・・いや!!!」

さわ子「あああ!!使えないわねえ!!!!もう自分でやるわよ!!」
グサ ジュクジュクジュクジュクジュクジュク 

紬「・・・い・・・いや・・・何これ・・・」

さわ子「はぁ~気持ちいわ・・・これよこれ!」
ジュクジュクジュクジュクジュク



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:40:38.39 ID:AGZe11NJ0


さわ子「はぁ~気持ちいい!あんたたちにもやってあげるわ」

律「!おい!ムギ!澪!唯!やばい!逃げろ!!」

和「ちょっと律~?また講堂使用許可書だしてないでしょ・・・」

唯「和ちゃん!来ちゃダメ!!」

和「へ?」

さわ子「・・・背中かゆいでしょ?かいてあげるわ」

和「え・・・きゃ!きゃあああぁぁ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:47:35.86 ID:AGZe11NJ0

さわ子「ほらほらほらほら!気持ちいいでしょ?」
グサグサ

和「ひぎぃ!!痛い!!!痛いです先生!!」

さわ子「もっとかいてあげるわ。ふふ」

和「ゆ・・い・・・痛い・・・」
ゴリゴリゴリゴリ

唯「いや・・・先生やめて!!!!和ちゃん痛がってる!!」

さわ子「違うわよ。背中がかゆいのよね?」

和「みんな・・・早く・・・ヒュー逃げ・・・」
ゴリゴリゴリゴリ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:54:10.64 ID:AGZe11NJ0

・・・・・・・
律「おい!おまえら!!早く走れ!!」

澪「さわ子先生・・・なんであんな・・・」

紬「いや・・・いや・・・いや・・・」

唯「あ!!!あずにゃん!!まだ来てないからもし部室行っちゃったら・・・」

律「くそ!」
ピッピ

律「梓・・・出てくれ・・・ッ!」

梓「もしもし?」

律「梓!!私だ!今どこ!!!?」

梓「今ですか?まだ教室ですけど・・・」

律「いいか!そこから絶対動くなよ!!今から行くから!!」

梓「え?なんd」
ッピ

律「梓はまだ教室だ。急ぐぞ」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:07:05.48 ID:AGZe11NJ0

・・・・・・
律「はぁはぁ、ここまで来れば大丈夫だろ。」

澪「ムギ・・・大丈夫か?」

紬「いや・・・いや・・・」

唯「ムギちゃん・・・」

梓「いったいどうしたんですか?」

律「いいか?さわ子先生がおかしくなって唯に襲いかかったんだ」

梓「え?何を言ってるんですか?」

唯「これ見てあずにゃん・・・」

梓「・・・ひぃい!どうしたんですかこの傷・・・」

唯「・・・さわちゃんがね・・・」

梓「・・・そんな・・・・・・」

律「とにかく安全な場所でみんなかたまろう!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:14:17.44 ID:AGZe11NJ0

唯「憂。ただいま。」

憂「あ、おかえりなさい。」

澪「すまんがお邪魔してもいいか?」

憂「いいですよ?どうぞ中へ」


憂「それにしても皆さんどうしたんですか?」

律「実はな・・・」

憂「そんな!!おねえちゃん!早く傷の手当!!」

唯「うん。おねがい」

澪「なあ憂ちゃん。テレビつけてもいいか?」

憂「どうぞ」

律「たぶんニュースに出てるだろうな・・・」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:22:07.88 ID:AGZe11NJ0

テレビ「ザーザー」
澪「何も映んないぞ・・・」

律「なんでだ!?こんな・・・そうだ!!警察だよ!警察に電話すれば」

憂「電話どうぞ!」

律「・・・・・・・・・なんででないんだよ!!」

梓「先輩・・・とりあえず落ち着きましょう・・・」

律「そうだ・・・な。とりあえず明日・・・学校に行って様子見てくる」

澪「律!!それは危険だ!!ここでじっとしてよう・・・」

律「・・・・・・」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:32:58.14 ID:AGZe11NJ0

・・・・・・朝
澪「・・・ん、もう朝か・・・みんな、起きろ」

梓「ん・・・先輩」

紬「・・・・・・」

澪「ムギ・・・疲れてるな・・・唯も・・・!」

澪「律?律ー?トイレか?・・・・・・まさか、ひとりで学校に・・・」

梓「ええ!?そんな!私!律先輩に電話してみます」

律「・・・・・・おう梓か!どうした?」

梓「どうしたじゃないですよ!!いまどk」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:34:50.02 ID:AGZe11NJ0

澪「律!!!!!!何で行くんだよ!!!!早く帰ってこい!!!!」

律「・・・澪。大丈夫だって!私たちの鞄とってくるだけだから」

澪「そんなのいいよ!!律に何かあったら・・・私・・・」

律「だー!泣くなって!!すぐ帰ってくるからさっ!」

律「ついでに飯コンビニで買ってくるよ!澪何食べたい?」

澪「律!!!」

律「じゃあ適当に買ってくるな。すぐ帰るから。じゃ」

澪「律!!律!!!!!おい!!律!!!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:39:55.20 ID:AGZe11NJ0

澪「律ぅ・・・」

梓「・・・行きましょう!!みんなが寝てる間に!」

澪「え・・・あんな怖いとこに?」

梓「律も気になるし私は学校がどうなってるのかも知りたいです!!」

澪「・・・わかった・・・」

梓「よし!じゃあ行きましょう!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:43:16.53 ID:AGZe11NJ0

・・・
澪「・・・町がすっごい静か・・・」

梓「そうですね・・・人がいなくて不気味です」

澪「・・・着いたぞ」

梓「ホントに誰もいないですね・・・静かすぎます。」

澪「律・・・大丈夫だよな」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:48:23.31 ID:AGZe11NJ0

校舎
澪「律ー。どこだー?」

梓「たぶん部室にいるんじゃないでしょうか?」

澪「そうだな」

梓「!!このにおい・・・先輩!私職員室見てきますからここで待っててください!」

澪「へ!?梓ぁ!一人にしないで・・・」

梓「大丈夫です!1分で戻ってきますから」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:53:08.07 ID:AGZe11NJ0

梓「っ!!!!」

・・・

梓「ただいまです」

澪「おそいじゃないか!!しししし心配したたんだぞ!!」

梓「ごめんなさい。職員室には誰もいませんでした。」

澪「そうか。じゃあ部室に行こう!きっと律がいるはずだ!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:00:48.33 ID:AGZe11NJ0

部室
ガチャ

澪「律!!!」

律「澪!梓まで・・・なんでここに?」

梓「律先輩が心配で来たんです!」

澪「り゛ーづー」

律「おいおいそんな大げさな」

梓「とにかくここは危険です!!早く出ましょう」

澪「そうだな・・・・・・!?きゃああぁぁ!!」

律「さわ・・・ちゃん・・・」

さわ子「みんな・・・は・・やく・・・背中・・・かい・・t」

梓「なんなんですか!?どうなっちゃったんですか!!!」

律「・・・行こう唯たちが待ってる」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:13:57.70 ID:AGZe11NJ0

梓「・・・」

澪「・・・」

律「・・・さわちゃんのことは忘れよう
  それより一体どうしたんだろう・・・世界がおかしくなっちゃったのかな・・・」

梓「・・・そうとしか考えられないです。でも何で急に」

澪グゥゥゥ

律「っぷw真面目な話してるのに腹鳴らすなよw澪はww」

澪「だって・・・///朝から何も食べてないんだし///」

律「まぁ腹へってきたし!コンビニで飯調達しますかw」

梓「そうですね。唯先輩たちにもいっぱい持っていきましょう」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:21:06.13 ID:AGZe11NJ0

律「ふうぅ。唯ーただいまー」

唯「律っちゃん!!澪ちゃん!あずにゃん!!もぉー!心配したんだよー」

憂「そうですよ。あら?それは?」

律「ごめんごめん。これは朝飯!!いっぱいあるから好きなだけ食っていいぞ」

唯「やったー!律っちゃん隊員さすがだね!!」

律「ごっつぁんです」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:28:20.38 ID:AGZe11NJ0

澪「そういえばムギは?」

唯「上でまだ寝てるよ。昨日のことがすごいショックだったみたい」

律「そうだな・・・ムギさわちゃん大好きだったからな・・・」

澪「・・・ちょっとムギの様子見てくるな。」

律「あ、私も行く」

唯「じゃあみんなでいこ。そのほうがムギちゃん安心すると思うし」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:34:21.54 ID:AGZe11NJ0

澪「ムギー。はいるぞー」

「・・・」

澪「ムギ?」

紬「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・」

唯「ムギちゃん!?」

律「おいムギ!しっかりしろ!!」

紬「・・・・・・律・・っちゃん・・・?」

律「そう!!律っちゃんだ!!もう大丈夫!!」

紬「私・・・私・・・」

澪「とりあえず落ち着け!ほら・・・お茶もあるから」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:42:03.90 ID:AGZe11NJ0

紬「お茶・・・おちゃ・・・お・・ちゃ?」

澪「ムギ?」

ポリポリポリポリ

律「・・・おいムギ!!!」

ガリガリガリガリガリガリ

紬「あ゛あぁぁぁ!!!かゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆい」

梓「そんな!ムギ先輩まで・・・」

律「まずい!みんな、逃げるぞ!!」

紬「背中かいてええええええええええええええ」」

律「走れ!!!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:53:09.69 ID:AGZe11NJ0

・・・教室

律「ここまで来れば・・・」

澪「ムギ・・・」

唯「・・・なんでこんな・・・」

梓「ムギ先輩・・・」

憂「・・・・・・みなさん・・・あの・・・」

唯「どうしたの?憂?」

憂「・・・私から離れてください・・・」

澪「!!」

律「まさか・・・」

唯「・・・え?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:00:11.32 ID:AGZe11NJ0

憂「・・・ごめんね・・・お姉ちゃん」

唯「憂・・・何で・・・何で憂が!!!」

澪「憂ちゃん・・・」

律「・・・・・・・・・おいみんな、行くぞ。」

梓「律先輩!!憂を置いて行くんですか!!」

律「そうだ。憂は危険だ。いくぞ」

澪「ばか言うな律!!・・・なにか方法はないのか?」

憂「ダメみたいです・・・もう・・・早く・・逃・・げて」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:08:36.05 ID:AGZe11NJ0

律「こっちだ!!」

梓「憂・・・ごめんね・・・」

憂「私は・・・大丈・・夫だ・から・・・」

澪「憂ちゃん・・・」

憂「・・・・・・あ゛・・・あぁ」

律「唯!!!早くお前もこっちにこい!!!」

唯「・・・・・・私、そっちに行けない」

律「!!!!!!?」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:15:11.62 ID:AGZe11NJ0

律「何言ってんだおまえ!早くしないと・・・!」
ドン!
唯「ほら。早くいって。」

澪「唯!!」

梓「唯先輩!」

唯「みんなごめんね~。でも私・・・一応憂のお姉ちゃんだからさ」
kayui_yui_aa.png


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:19:37.95 ID:AGZe11NJ0

律「・・・行くぞ。」

澪「そんな・・・唯ちゃんまで・・・」

律「早く!!」

梓「先ヒック輩・・・グス・・・」

律「早く行くぞ!!!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:27:07.64 ID:AGZe11NJ0


憂「あ゛ああぁっぁあぁああ」

唯「憂ー。もう大丈夫だよ。お姉ちゃんがついてるから」

憂「ああああかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆ」

唯「よしよし。お姉ちゃんがかいてあげるから・・・」

憂「ああぁああああああああ」

唯「憂。いままで頼れるお姉ちゃんじゃなかったけど
  今は頼れるお姉ちゃんかな・・・」

憂「あぁああああああ」

唯「へへ。憂、みんな、いままでありがt・・・・・・・」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:41:18.02 ID:AGZe11NJ0

部室
澪「唯・・・唯・・・」

梓「・・・・・・」

律「・・・二人ともごめんっ」

澪「・・・まさかお前まで・・・」

律「うん・・・ちょっと背中がむずむずしてきちゃったw」

梓「してきちゃったじゃないですよ!!!なんで・・・なんでですか・・・」

律「なんでだろうなぁwまあとりあえず二人とも・・・すまん。逃げてくれ」

澪「ふざけるな!!!おまえがそうなるんだったら私も!!・・・」

律「澪!!!」

澪「ビクッ」

律「梓を頼んだぞ」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:49:58.72 ID:AGZe11NJ0

澪「律・・・・・・梓!行こう!」

梓「・・・」

澪「律!!」

律「な・・・・・・に・・?w」

澪「大好きだ!!ずっと親友だからな!!!!」

律「・・・へ・・へw・・・・!あ゛あ」

澪「梓!急ごう!」

梓「律先輩・・・」

澪「ほら!早く」

律「あああああああああああああ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:57:07.61 ID:AGZe11NJ0

屋上
澪「はぁはぁ・・・ここまでくれば・・・梓。なんともないか?」

梓「・・・はい」

澪「そうか。よかった」

梓「・・・・・・」

澪「大丈夫!きっとすぐに助けが来てくれるさ」

梓「・・・きっと誰も助けにきてくれない」

澪「梓!!」

梓「だってそうでしょ!?澪先輩は職員室入ってないからわかんないから
  そういう風に言えるんです!!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 04:03:19.85 ID:AGZe11NJ0

梓「職員室に入ったらみんな!!!みんな死んでたんです!!!
  これがどういうことかわかりますか!!!?」

澪「みんな・・・死んでたの・・・?」

梓「みんなです!!・・・どうせもうみんないないんですよ・・・
  だれも・・・助けになんか来てくれないんですよ!!」

澪「・・・大丈夫。きっと助けが来るよ」

梓「まだそんなこと言って・・・」

澪「私を信じ・・・あずさ?」

梓「クヒッ きききっと先輩もも・・・おかしししくなっちゃったんんんんですね?
  だだだだかっらら、そそそそそんなこここ事いい言うんですよよよ」

澪「梓!おい!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 04:11:24.37 ID:AGZe11NJ0

梓「どうせみんな死んじゃうんですwwクヒ」

澪「梓!!しっかりし・・・!」

梓「先輩・・・クヒッ私と一緒に死んでください」

澪「おい!!そんなとこ上ったら危ないぞ!!」

梓「じゃあ私が先に行くんでwwクヒッちゃんとついてきてくださいねww」

澪「あぶない!!!」
グイッ
梓「!!」

澪「あっ・・・」

梓「・・・・・・先輩!!!」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 04:20:10.02 ID:AGZe11NJ0


澪(律・・・あたしじゃ梓守りきれなかったよ・・・ごめn)
グシャァァ!

梓「・・・・・・・・・・・・」

梓「へへw先輩!今からそっち行きますね!
  私軽音部の先輩方大好きだから!!」


・・・・・・
男「おーい。生存者はいたか?」

男2「いや・・・全員死んでたよ・・・」

男「うげ・・・飛び降りか・・・しかも二人も・・・」

男2「・・・いったいどんな最期を迎えたんだろうな」

男「・・・・・・時間だ。そろそろ行くぞ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 04:25:53.51 ID:AGZe11NJ0

男「それにしても今回の事件大変なことになったな」

男2「そうだな」

男「噂によるとあの大金持ちの琴吹家が絡んでるらしいぞ」

男2「そう・・・なのか・・・」

男「どうした?」

男「いや・・・背中が・・・ちょっと・・・」

       THE END




関連記事

ランダム記事(試用版)




さわ子「唯ちゃん。ちょっと背中かいてちょうだい」
[ 2011/09/06 23:02 ] ホラー | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3776 [ 2011/09/06 23:11 ] [ 編集 ]

御茶漬海苔の惨劇館にこんなのがあった気がする、相当昔ですけど…
この類のパニックホラーで、初めに死ぬのは基本さわちゃんですね。

タイトル:
NO:3780 [ 2011/09/07 17:06 ] [ 編集 ]

唯の最期が泣ける。

タイトル:
NO:6599 [ 2012/06/12 00:13 ] [ 編集 ]

つまらなおもしろい

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6