SS保存場所(けいおん!) TOP  >  SF >  唯「みらいよち!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「みらいよち!」#前編 【SF】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1264151613/

唯「みらいよち!」#前編
唯「みらいよち!」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:13:33.14 ID:k3dsFxR60


――10年前


幼憂「おねえちゃん!お外にあそびに行こうよ!」

幼唯「えーっ今日はゴロゴロしときたーい」

幼憂「だーめ!ゴロゴロばっかしてたら牛さんになっちゃうよ!」

幼唯「牛さんか~。おいしそうだね!」

幼憂「でも牛さんになったら食べられちゃうんだよ」

幼唯「ええっ!だ、だめだよそれは!」

幼憂「じゃあいこう!」

幼唯「ああまって~!うい~」タタタ





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:17:34.01 ID:k3dsFxR60



幼憂「おうだんほどうは、ちゃんと青になってから進むんだよ」

幼唯「そんなのわかるよ~。だってお姉ちゃんだもん!」

幼憂「そうだよね!」

パッ

幼憂「あっ!青になったよおねえちゃん!いこう!」

幼唯「うん!まっ…」

キーーーーーーーーーーーーーーーン

幼唯「いてっ!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:21:29.51 ID:k3dsFxR60

幼憂「おねえちゃん!?」

幼唯(なにこれ…頭が…痛い!!)


幼憂『もう…先行ってるよ!』タタタ

幼唯(ああ、まってよういー)

キイイイイイイイイイイイ

幼憂『あっ…車が…』

ドグシャアアア

幼唯(うそ…うい?ういーーーー!?)


サーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:26:25.52 ID:k3dsFxR60

幼唯「はっ!」

幼憂「おねえちゃん?どうしたの?」

幼唯(あれ?今のはなに?)

幼憂「もう…先行ってるよ!」タタタ

幼唯(さっきと同じ…?ハッ!?)

幼唯「まってーーーーーーーーーーーー!!ういーーーーーーーーー!!!」

幼憂「えっ!?」クルッ

キイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ…



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:30:03.54 ID:k3dsFxR60

幼憂「うわっ…車が…」

大丈夫か!? ケガは? 危なかったわー

幼唯「ういーーーーー!!」ダッ

幼憂「おねえちゃん…おねえちゃああああああん!!」ウワアアン

幼唯「だいじょうぶだった?ケガはない?」

幼憂「こわかったよおおおおおおおおお!!!」ウワアアアン

幼唯「よしよし」ナデナデ

幼唯(なんだったんだろう…今の)

幼唯(頭が痛くなったと思ったら…景色がかわった)

幼唯(そして、ういが車にひかれたと思ったら…また元に…)

幼唯(う~ん、わかんないからいいや!)


?「……」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:36:36.66 ID:k3dsFxR60


――現在

憂「っていうことが昔あったんだ~」

梓「へえ、危なかったね、憂」

憂「うん。もしお姉ちゃんが止めてくれなかったらわたし死んでたよ」

純「それでお姉さんにゾッコンってわけか」

憂「ち、ちがうよ~。ずっと前からだってば///」

純「はいはい、わかりました」

梓(いいな~憂)



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:39:35.99 ID:k3dsFxR60

憂「ところで梓ちゃん、部活でのお姉ちゃんの様子はどう?」

梓「べつにいつも通りだよ?」

純「その話何回目?」

梓「千回からは数えてない…」

憂「お姉ちゃんの話は話題が尽きないから」アハハ

梓「それもそうだね」アハハ

純(ぐっ…軽音部っていいなあ)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:42:38.27 ID:k3dsFxR60

キーンコーンカーンコーン

憂「あっ、また今度ね」

純「うん、また」

梓「うん」

梓(唯先輩って、やっぱりなんか常人離れしてるところあるよなあ)

梓(まさか超能力者とか!…そんなわけないか)



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:47:01.34 ID:k3dsFxR60


――放課後

ガチャ

唯「やっほー」

律「ん?遅かったな唯」

唯「えへへ、補習ってやつでして…」

澪「また赤点とったのか…」

唯「面目ない…」

紬「唯ちゃん、お茶はいったわよ」

唯「やったー、ムギちゃん大好きー!」

紬「あらあら、ありがとう唯ちゃん」

梓「……」ムー



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 18:52:49.42 ID:k3dsFxR60

律「あー!梓、嫉妬してんのかあ!?」

梓「そ、そんなわけないです!」

唯「そうなの?あずにゃん」

梓「ち、ちがいます!断じてちがいます!」

澪「すごい否定っぷりだな」

唯「もうあずにゃんったら恥ずかしがり屋さんなんだから!」ギュー

梓「あうっ…///」ホワーン

唯「いいこいいこ」ナデナデ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:00:13.48 ID:k3dsFxR60

律「いつもどおりだな」

澪「ああ」

紬「ずっと…ずっとこんな感じだったらいいのに…」

律「ん?なんか言ったかムギ?」

紬「な、なんでもないわ」アセアセ

澪「? おかしなムギ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:03:48.63 ID:k3dsFxR60



律「ああ…おいしいなこの紅茶」ズズズ

紬「ええ。特別に取り寄せたの。喜んでもらえてうれしいわ」

澪「おいしいよ。ありがとなムギ」ズズズ

梓「……」フーフー

唯「あれ?あずにゃん、それ熱いの?」

梓「あ、はい。わたし猫舌なもんで…」

唯「ふーん」ゴクゴク

律「おい、唯。もっとお上品に飲めよな」

唯「えー。だってこれおいしいんだもん」ゴクン

澪「紅茶はもっとこう、まったりと飲むもんなんだよ」

唯「そ、そうなのかあ…ムギちゃんおかわり」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:07:03.56 ID:k3dsFxR60

紬「いいのよ唯ちゃん。唯ちゃんが好きなように飲んでみて」コポコポ

唯「はーい、ムギちゃんがいうならそうする!」

律「まったく…」ズズズ

唯「へっへへー」ゴクゴク

キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

唯「いてっ!」

唯(また、頭が…)



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:13:52.08 ID:k3dsFxR60



律『ふう、ほんとにおいしいな』スクッ

ピシッ パリン ビシャア

律『うわっ!あつっ!』

唯(ああ!りっちゃんのティーカップが割れちゃったよ…)

サーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:17:05.60 ID:k3dsFxR60

唯(あれ、もどった?)

律「ふう、ほんとにおいしいな」スクッ

唯「ああ!りっちゃん危ない!」

律「へ?なにが?」

ピシッ パリン ビシャア

律「うわっ!あつっ!」

澪「大丈夫か!?律!?」

律「あ、ああ。ちょっと冷めてたから大丈夫だったよ」

紬「はい、タオル」

律「サンキュー。あ、でも唯」フキフキ

唯「ふえっ!?なに!?」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:20:36.58 ID:k3dsFxR60

律「なんでわたしのティーカップが割れちゃうってわかったんだ?」

唯「えっ!?えーとー…なんとなく!」

律「なんとなくでわかるもんなのか」

唯「そんな気がしたの!」

律「ふーん」

唯(今の感じ…むかしあったなあ)

唯(たしか、憂が事故になりそうになったときにあったんだ)

唯(今見えたのは…未来?)

唯(ま、そんなわけないか)


紬「……」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:24:21.01 ID:k3dsFxR60



ジャーーーーン

律「よし!今日は解散!」

澪「結局30分だけ練習か…」

律「いいじゃん、澪だってのんびーりしてただろ?」

澪「わ、わたしは…その…してました」ボソボソ

律「そうそう!なにごとも正直がいいぞ!」ウンウン

澪「う、うるさい!」ベコン

律「いまのは不当な暴力だ~」サスサス

紬「あらあら」ウフフ

唯「じゃあかえろっかあずにゃん」

梓「はい!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:29:39.78 ID:k3dsFxR60



律「じゃあな~唯、梓」

澪「気をつけてな」

紬「また明日」

唯「ばいば~い」

梓「しつれいします」


梓「あの先輩!」

唯「ん?なに?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:34:41.06 ID:k3dsFxR60

梓「今日憂から聞いたんですけど…憂が事故にあいそうになったのを唯先輩が助けたんですか?」

唯「うん!ちょうどあそこらへんの交差点かな」

梓「すごいですね!憂も『お姉ちゃんがいなかったら死んでたよ』って言ってましたよ」

唯「いやあそれほどでも~」

梓「でもなんで車が来るってわかったんですか?」

唯「それはね…憂が横断歩道を渡るときにね、頭がキーーーンってなってね、
  それで憂が車にひかれちゃって…そしたら、憂が横断歩道を渡る前にもどってたんだよ」

梓「??? は、はあ」

唯「あ、わかんないよね」

梓「まあ唯先輩がすごい人ってことがわかりました」

唯「そ、そう?あはははっ」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:39:37.57 ID:k3dsFxR60

梓「じゃあここでお別れですね」

唯「ああん、あずにゃんと別れるのがさびしいよ~」オヨヨ

梓「何言ってんですか…じゃあまた明日です!」

唯「うん、ばいばい」


唯(今日のってやっぱり…未来がみえたのかなあ)

唯(数秒先に起こる出来事に対して、その未来がみえる…)

唯(これっていわゆる予知能力ってやつ?)

唯(そうだとしたらいいけど…わたしにはいらないや)

唯(未来なんて後からわかるのに…先に知ったらつまんないよ)



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:44:23.41 ID:k3dsFxR60


ガチャンコ

唯「ただいまー」

憂「おかえり!お姉ちゃん!」

唯「ほーれ、おみやげだぞー」

憂「うわあ、紬さんのおかしだあ!ありがとうお姉ちゃん!」

唯「どういたしましてー」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:49:20.32 ID:k3dsFxR60



唯「うーん…未来なんて見えなくていいとは言ってみたけど…」

唯「やっぱりちょこーっとだけ知りたい…」

唯「でもどうやったら見ることが出来るんだろう…」

唯「念じるとか…」

唯「はあああああああああああ…」

唯「せいやあっ!」カッ

シーーーーーン

唯「これで見れたら苦労しないよ…」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:54:23.96 ID:k3dsFxR60

唯「じゃあ何かきっかけみたいなのがあるのかなあ…」

唯「ベタな話…その人に触ると未来が見えます!なんてあるかも!」

唯「う~い~」

憂「なあにお姉ちゃん」ガチャ

唯「ちょっとごめんよ~」サワサワ

憂「ひゃあっ!なにするのお姉ちゃん///」

唯「ちょっと試したいことが…」ナデナデ

憂「く、くすぐったいよ~///」

唯「あれ~ちがうのかな」モミモミ

憂「あ、あ、あっ、だ、だめだよぅ…///」

唯「ん~だめだ!ちがった」バッ

憂「あっ…もうおわり?」

唯「ごめんごめん、もう戻っていいよ」

憂「うう、いいところで…」バタン



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 19:59:05.22 ID:k3dsFxR60

唯「人に触ってもダメかあ」

唯「そういや未来が見えたとき体触ってないや」

唯「ふぁ~あ…もうねよう…」



憂「おねえちゃあん、学校だよ、早く起きて!」

唯「う~ん、あと5分…」ムニャ

憂「んもう」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:04:17.34 ID:k3dsFxR60



唯「ごめんねうい、寝坊しちゃって」

憂「ううん、まだ間に合う時間だよ」

唯「じゃあいこっか」

憂「うん!」


和「あ、二人ともおはよう」

唯「あ!和ちゃん!」

憂「おはようございます」

和「今日はちゃんと起きれたの?」

唯「ああ…ふとんがわたしを離さなくって…」

和「だから髪がくしゃくしゃなのね」

憂「すみません…」

唯「えへへ~」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:09:39.20 ID:k3dsFxR60

キーーーーーーーーーーーーーーーン

唯「はうっ!」

唯(また…頭が…)


和『それでね、澪が…』

ガッ

和『きゃっ!』ドテン

唯(ああ!和ちゃんが転んだ!)

和『いてて…あ、メガネが割れちゃった…』


サーーーーーーーーーーーーーーーー



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:14:08.20 ID:k3dsFxR60

唯「はっ!」

和「どうしたの?唯」

唯「えっ!?いやあなんでもないよ!」

和「そう」

唯(和ちゃんのメガネが割れてない!)

唯(今のは…未来に起こる出来事だったんだ!)

唯(ならば!わたしが和ちゃんのメガネを守らなきゃ!)


FIRST MISSON 「和のメガネを守れ!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:19:34.00 ID:k3dsFxR60

唯「の、和ちゃん!足元気をつけてね!」

和「え?ええ」

憂「どうしたの?お姉ちゃん」

唯「最近、ここらへんで転ぶのが社会的問題となっているのです!」

和「そんなの聞いたことないわよ?」

唯「でも気をつけて!」

和「はいはい、わかりました」

唯(さっき見たのだとたしか道路でころんだよね…)

唯(ならば段差のある道路は歩かせない!)



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:24:26.43 ID:k3dsFxR60


唯「和ちゃんストーーップ!」

和「なによもう」

唯「あっちから行こうよ」


唯「和ちゃんダメーーー!」

和「また?」

唯「ここから行こうよ」


唯「和ちゃん止まれーーー!」

和「こんどはなに?」

唯「ほら!段差がすごいよ!こっちこっち!」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:28:50.65 ID:k3dsFxR60


和「もう唯!遠回りしてるじゃない!」

憂「お姉ちゃん、今日はどうしたの?」

唯「こ、これは和ちゃんのためなんだよ!」

和「気持ちはありがたく受け取るわ。でも遅刻したらダメでしょ」

唯「うぐっ…」

憂「あっでもあと少しで学校ですよ」

唯「よ、よかった~」

和「? 変な唯ね」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:34:10.76 ID:k3dsFxR60

唯(これで未来は変えることが出来た!和ちゃんのメガネも無事だ!)

和「さあいきましょ…」

ガッ

和「きゃっ!」ドテン

唯「ああっ!和ちゃん!」

憂「和さん!」

和「いててて…あっ、メガネが割れちゃった」

唯「メガネエエエエエエエ!」


「和のメガネを守れ!」 ミッション失敗!




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:35:25.78 ID:wk9fScks0

和よりメガネの心配wwwwwwwwwwwww





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:39:27.43 ID:k3dsFxR60

唯「メガネエエエエエ!!」ウワアアアン

憂「お、お姉ちゃん、落ち着いて」

唯「だってええ、メガネがああああ」ウワアアアン

和「大丈夫よ唯。スペアのメガネがあるから」スチャッ

唯「ふえっ!?和ちゃんのメガネが生き返った!!」

和「なによ、生き返ったって…」

唯「よかったよおおおおおお」ウワアアアン

和「もうなんなのよ今日の唯は…」ヨシヨシ

憂「なんだかすみません…」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:44:06.70 ID:k3dsFxR60



唯「おっはよーーー!」ガラッ

律「ん、おはよう。今日は遅かったな」

唯「ちょっと和ちゃんのメガネを守ろうとして…」

律「はあ?」

紬「あらあら、仲がいいのね」

唯「もちろん!」

唯(やっぱり未来は変えることが出来ないのかな…)

唯(でも前は憂を助けることが出来たし…)

唯(はあ…次はがんばろ…)



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:49:12.96 ID:k3dsFxR60



先生「今日の授業はここまで!」

唯「ふー、やっと終わったよ」

先生「あーあと平沢!あとで職員室にこいな」

唯「がーん」

律「まーた赤点か」

紬「大変ね」

唯「くそう!わたしが何したって言うんだあ!」

律「いや、赤点だろ」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:54:21.08 ID:k3dsFxR60



唯「しつれいしましたあ…」バタン

唯「ああ…わたし卒業できるかなあ」

さわ子「あら唯ちゃん」

唯「ああ!さわちゃん先生!」

さわ子「もうちゃん付けしないの!」

唯「えーいいじゃん」

さわ子「で、どうして職員室に?」

唯「レッドポイントってやつですよ」

さわ子「赤点?またとったの?」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 20:59:32.70 ID:k3dsFxR60

唯「ねえ先生!今はゆとり教育じゃないの?」

さわ子「そうだけど?」

唯「なのにこんなに難しいなんて…どうかしてるぜ!」

さわ子「ああそう」

唯「ああ!さわちゃん先生冷たい!」

さわ子「お子ちゃまにつきあってる暇はないの」

唯「ぶー」

キーーーーーーーーーーーーーーーン

唯「いてっ!」

唯(またあ?意識が…)



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:10:56.16 ID:k3dsFxR60


さわ子『じゃあね、唯ちゃん』

バキン

さわ子『きゃああ!』カクン

唯(ああっ!さわちゃん先生のヒールが折れた!)

さわ子『あ~れ~』ゴロンバタン

唯(そのまま階段に…)


サーーーーーーーーーーーーーーーー


唯「はっ!」

唯(今のも…未来か!)

唯(よーし!こうなったらさわちゃんを助けるぞ!)


SECOND MISSON  「さわ子の転落を防げ!」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:15:27.77 ID:k3dsFxR60



さわ子「じゃあね、唯ちゃん」

唯「ちょ、ちょっと待ってー!」

さわ子「なーにー?」

唯「さわちゃん先生が無事に音楽室まで行くか見届けるから一緒に行っていい!?」

さわ子「べ、別にいいわよ!子供じゃないんだから」

唯「いやいや、危ないよ!この階段は『魔の十三階段』って呼ばれるくらいだから!」

さわ子「そんなおおげさな…」

唯「ねえいっしょに行くだけだからあ、いいでしょ?」

さわ子「もう、遅刻してもいいならいいわよ」

唯「わーい!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:20:25.92 ID:k3dsFxR60


唯「ゆっく~り、ゆっく~りだよ先生!」

さわ子「もう大丈夫って言ってるでしょ!」

唯「でも…転ばないか心配なんだよー」

さわ子「唯ちゃんが思ってるほどドジっ子じゃありません!」

唯「ほらほら!手すりも使って!」

さわ子「やれやれ…」


唯「あと一段!」

さわ子「はい」ヒョイ

唯「やったー!ついにのぼりきったよー!」

さわ子「大げさねえ」

唯「ほっ。安心したよ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:25:03.75 ID:k3dsFxR60

さわ子「さあもう授業が始まるわよ。教室に戻りなさい!」

唯「はーい!」

唯(よっしゃ!ミッションコンプリート…)

唯(はっ!待てよ…上りは大丈夫だったけど、下りは…)

唯(やばい!さわちゃん先生が転んじゃう!)

唯(う~、どうしよう)



唯(結局、授業終了までいちゃった…)



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:32:12.71 ID:k3dsFxR60


ガチャンコ

さわ子「あれ?唯ちゃん?まだいたの?授業は?」

唯「あう~ごめんなさい!」

さわ子「はあ…どんだけわたしが心配なのよ」

唯「あっそうだ!さわちゃん先生!ヒールを脱いでください!かかとが折れちゃいますよ!」

さわ子「えっ?なんでかかとが折れたってわかるの?」

唯「えっ」

さわ子「授業中に折れちゃって…代わりにスリッパをはいてるの」

唯「そ、そうだったんだあ」ホッ

さわ子「ふふふ、心配してくれてありがとね唯ちゃん」

唯「うん!」

唯(まあ、結果オーライかな)


「さわ子の転落を防げ!」 ミッション成功!



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:36:56.77 ID:k3dsFxR60

――放課後

律「唯、さっきの授業はどうしたんだ?」

紬「みんな心配してたのよ?」

唯「ごめんごめん。ちょっとトイレにね」

律「授業時間丸ごと使うほどトイレしてたのか」

唯「うん!そりゃあもう大きいうん…」

梓「それ以上はだめです!」

澪「下品だぞ、唯」

唯「あはは、ごめんごめん」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:40:37.14 ID:k3dsFxR60

律「ところで次のライブはどうする?」

紬「これといった新曲もないわね」

梓「まあ、今までの4曲でいいんじゃないですか?」

澪「そうだな」

律「いや!今までと同じなんていやだ!」

澪「じゃあどうするんだ?」

律「唯のかわりに澪が全部歌うとか」

澪「ええっ!?いやだ!」

律「なんでえ、いいじゃんか」

澪「だめなものはだめ!」

梓「澪先輩がそこまで言うんなら…」

紬「あきらめましょう、りっちゃん」

律「ちぇっ」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:45:17.87 ID:k3dsFxR60

唯「じゃあわたしが全部歌うよ」

澪「ごめんな、唯」

唯「いいよいいよ、澪ちゃんは恥ずかしがり屋さんだもん」


キーーーーーーーーーーーーーーーン


唯「いてっ!」

唯(また?今日で3回目だよ)



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:50:07.23 ID:k3dsFxR60



澪『みんなああ!ありがとおおお!』

ワーーーー ワーーーーー

澪『えへへ…』

ガッ

澪『へっ?うわわわわ』

バタン

澪『いっててててて…!』

キャーーーー マタヨーーーー シャメシャメ

澪『い、い、いやあああああああああああああっ!!』


唯(これは…次のライブで澪ちゃんが転んでパンツを披露しちゃったよ!?)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:55:51.34 ID:k3dsFxR60


サーーーーーーーーーーーーーーーー


唯「はっ!」

澪「どうした?唯」

唯「ふえあっ!?な、なんでもないよ!」

唯(いまのも未来?今までのより遠い未来のことだ!)

唯(これなら対策が立てられる!)

唯(澪ちゃんのパンツを二回も見せるわけにはいかない!!)

唯(よし!わたしはパンツを守るよ!)


THIRD MISSON  「澪のパンツを守れ!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 21:59:55.54 ID:k3dsFxR60


――ライブ前日

律「みんなー!衣装どうしようか?」

唯「はいは~い!」

律「はい唯!」

唯「澪ちゃんはズボンはいた方がいいと思います!」

澪「ええっ!?なんで?」

唯「ほ、ほら!またパンツを見せちゃいやでしょ?」

澪「もう転んだりしないよ」

梓「そうですよ…大体ズボンなんて恥ずかしいです!」

唯「そ、そうかなあ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:05:14.32 ID:k3dsFxR60

さわ子「だめよ唯ちゃん!澪ちゃんにはこの衣装着せるんだから!!」

律「うわあ、きわどいなあ」

澪「い、いやだあ!!」

唯「これじゃあパンツ見えちゃうよ」

紬「あら唯ちゃん、やけに澪ちゃんのパンツにこだわるのね」

梓「唯先輩、不潔です!」

唯「わ、わたしは澪ちゃんのためを思って…」

澪「気持ちは嬉しいけど、転ばないしパンツなんて見せないよ」

唯「そこまでいうなら…」

唯(くっ!やばいよ…これは最悪なパターンだよ…)



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:09:41.90 ID:k3dsFxR60


――ライブ当日

澪「結局制服か」

律「だってあんな肌の露出が多い服なんて着たくないし」

唯「そうだよ!ここは制服でよかった!って思うべきだよ!」

澪「もうしつこいぞ!わたしは転ばないって」

梓「そんなに澪先輩のパンツが大事なんですか…」

紬「あらあら」ウフフ



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:15:20.35 ID:k3dsFxR60

『これより放課後ティータイムによるライブが始まります…』

律「おお、出番だな」

澪「唯、歌詞忘れるなよ」

唯「おーけい!澪ちゃんも転ばないでね」

澪「もうしつこい!」

律「よーし!行くぞっ!放課後ティータイム…」

唯澪律紬梓「ファイヤーーーーーー!!」


ウィーーーン…



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:19:53.49 ID:k3dsFxR60


ジャラーーン

唯「三曲目、『私の恋はホッチキス』でしたあ」

唯(ふう、やっぱライブは楽しいな)

唯「みなさんと楽しく過ごしたこのライブの時間ですが、そろそろおひらきの時間となりました」

律「宴会か!」

唯「では最後の曲聞いてください!『ふわふわ時間』!」

ジャジャジャジャジャッジャジャジャ

唯(よし、完璧!)

澪(!)

澪「唯!歌!」

唯「あっ!」(やばい!歌うの忘れた!)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:25:11.99 ID:k3dsFxR60

澪「君を見てるといつも…~♪」

唯(み、みおちゃ~ん)

澪(ほら歌え!)

唯「揺れる思いはマシュマロみたいに…~♪」



唯「ふわふわタ~イム!」

ダダッダダッジャーーン

ワーーーーーーーー キャーーーーーー



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:30:25.60 ID:k3dsFxR60

律(ふう、大成功だな)

梓(やっぱり先輩方はすごいです!)

紬(楽しかったあ)

唯「みんなあ!ありがとう!」

唯(ほら!澪ちゃんも!)

澪「えっ、あ、ああ」

澪「みんなああ!ありがとおおお!」

ワーーーーーー キャーーーーー



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:34:58.95 ID:k3dsFxR60

唯(ああ楽しかったなあ)

澪「えへへ」

ガッ

澪「きゃっ!」

唯(わ、わすれてた~~~!!)

梓「澪先輩!」

紬「澪ちゃん!」

律「澪!」

唯「うおおおおおおっ!」(まにあええええええ!)

澪「うわわわわわわ」

バタン



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:39:46.23 ID:k3dsFxR60

澪「いってててててて…」

唯「み、澪ちゃん、大丈夫?」

澪「ゆ、唯…おまえ…」

唯「へっ?」

キャーーーーー ミテーーーー コンドハアノコヨーーーーー シャメシャメ

唯「」

梓「澪先輩のかわりに唯先輩のパンツが…!」

紬「お披露目しちゃった」

律「やっちまったな」


「澪のパンツを守れ!」 ミッション成功!



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:45:12.32 ID:k3dsFxR60



澪「……」ズーン

律「まあ澪、べつにお前がパンツ出したわけじゃないからさ」

澪「で、でも…」

唯「わたしなら大丈夫だよ澪ちゃん!タイツはいてるし」

澪「唯はあんなに言ってたのに…わたしのせいで…」

唯「澪ちゃん…」

紬「大丈夫よ。唯ちゃんは優しいから許してくれるわ」

梓「そ、そうですよ!唯先輩はこんなことじゃ怒らないです!」

唯「みんな…」

律「ほーら、みんなが言ってるんだ。澪も元気出せよ」

澪「うん、わかった…」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:49:46.73 ID:k3dsFxR60

澪「唯、ごめんな…わたしのせいで…」

唯「ううん、わたしも歌うの忘れちゃって、
  澪ちゃんにフォローしてもらったもん。お互い様だよ」

澪「唯…ありがとな」

唯「へっへへ~こっちこそだよ、澪ちゃん!」

律「はい!一件落着!」

紬「じゃあ、お茶にしましょう」

律「さんせーい!」

唯「やったーーー!」

唯(わたしが犠牲になったけど…なんとか澪ちゃんのパンツを防げたよ)

唯(…まあ、結果オーライってやつだね)



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 22:54:55.24 ID:k3dsFxR60



律「でさあ、唯の奴がさあ」

唯「ああ!りっちゃんだめだよう!」

梓「どうしたんですか?」

律「唯がいきなり脱ぎだして…」

唯「わーーーわーーーわーーーー!!」

澪「唯でも恥ずかしいことってあるんだな」

紬「もう少しで聞けたんだけどな…」

唯「もう!りっちゃんってば!」

律「なはは、ごめんごめん」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:00:00.74 ID:k3dsFxR60

キーーーーーーーーーーーーーーーン

唯「いてっ!」

唯(また…未来に?)


律『あの!その…つ、つ、つきあってください!!』

男『……』

律『~~~~!!』

男『…ごめんな』

律『!』


唯(ええ~~っ!りっちゃんが告って、そしてふられた~~!!?)

サーーーーーーーーーーーーーーーー



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:04:47.89 ID:k3dsFxR60


唯「はっ!」

律「どうしたんだ?唯」

唯「ひえあっ!な、なんでもないよ!」

唯(まさか…まさかりっちゃんに好きな人がいるなんて…)

唯(…でも、ふられちゃうんだよね…)

唯(…よし!わたしが恋のキューピッドになってやる!)


FOURTH MISSON  「律の恋を実らせろ!」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:10:05.46 ID:k3dsFxR60


――翌日

唯「ねえねえりっちゃん」

律「ん?なんだ?」

唯「りっちゃんって好きなひと居るの?」

律「!!! ば、ばかなこといってんじゃねえ!///」

唯「あ~やっぱりいるんだ」

律「う…わ、悪いかよ///」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:14:04.27 ID:k3dsFxR60

唯「ううん、わたし、りっちゃんの恋を応援するよ!」

律「えっ!む、むりだよ!唯じゃ無理だって!」

唯「まだわかんないじゃん」

律「唯なんて…その…恋なんてしたことないだろ?」

唯「ないよ!」

律「ほらあ、だから無理なんだよ」

唯「でもでも、わたしはりっちゃんの助けになりたいと思ってるんだよ?ねえお願い!」

律「ううう…わかったよ…」

唯「ほんと!やったーー!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:19:07.27 ID:k3dsFxR60

唯「んで、りっちゃんの好きな人ってだれ?」

律「ええっ!?そ、それは…」

唯「言わないと分かんないよ。ほらはやく!」

律「ほ、ほら…よく行く楽器屋さんにバイトの人がいるだろ?その人だよ」

唯「おお!私たちの少し上って感じの子かあ」

律「……///」カアア

唯「じゃあ、連絡先はわかるの?」

律「…わからない」

唯「えっ!じゃ、じゃあ名前は?」

律「…わからない」

唯「ええーっ!?なんにもわかんないじゃん」

律「だ、だって!はずかしいもん…///」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:23:49.89 ID:k3dsFxR60

唯「よーし!今からその楽器店にいこう!」

律「はあっ?今からか?」

唯「そうだよ」

律「む、無理だって!」

唯「だめだよりっちゃん。一歩を踏み出さなきゃ」

律「……わかった」

唯「よーし、じゃあレッツゴー!」

律「オー!」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:29:50.45 ID:k3dsFxR60



男「いらっしゃいませー」

唯「おおーっ!あの人か!」

律「か、かっこいいだろ?」

唯「うん!りっちゃんがほれるだけはあるね」

律「えへへ///」

唯「りっちゃんが照れる所じゃないよ」


唯「じゃあそろそろ作戦に移りますか」

律「なあ唯。やっぱりやめないか?」

唯「だーめ!ほら行った行った!」

律「あーもう!」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:34:48.15 ID:k3dsFxR60



律「す、す、すみません!」

男「はい、なんでしょうか?」

律「えーと、その…」

唯(ガンガンいこうぜだよりっちゃん!)

律「これ、私のメアドです!よかったらメールしてください!!」

男「えっ!?」

唯(よし!)

男「わかりました。じゃああとで」

律「ありがとうございます!」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:39:22.33 ID:k3dsFxR60



唯「うまくいったね!りっちゃん!」

律「ああ!なんか胸のつかえがとれたよ」

唯「何言ってるのりっちゃん!これからが本番だよ!」

律「そ、そうだよな…ああ緊張してきた~」ドキドキ

唯「ファイトだよ!りっちゃん!」

律「おう!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:43:43.80 ID:k3dsFxR60


――数日後

唯「その後はどうなの?りっちゃん」

律「なんとかデートまで持ち込めたぜ!」

唯「おお!さすがりっちゃん!」

律「みとけよー唯隊員!いい知らせ持ってくるからな!」

唯「待ってるよーりっちゃん隊員!」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:48:36.99 ID:k3dsFxR60


――デート当日

律「うう~、緊張するなあ」ドキドキ

律(服は大丈夫だよな…髪の毛も…よし!)

唯「ぷくく…りっちゃん、すっごく緊張してるよ!」

唯(今日のデートは念入りに設定したもん!きっと成功するよね!)


男「ごめん!おまたせ!」

律「ままままってないですよ!?」

男「ははは、リラックスして」

律「スーハースーハー…」

男「よし!じゃあいこうか」

律「うん!」


唯(よし!これよりりっちゃんのデート偵察を行う!)



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:52:43.35 ID:k3dsFxR60



男「律は何たべる?」

律「えっとじゃあ…ナポリタンで」

男「じゃあおれも同じので」

店員「かしこまりました」

律「あ、あの!男さんはつ、付き合ってる彼女とかいるんですか?」

男「いないよ?」

律「そ、そうですか」ホッ


唯(りっちゃんったら青春してるねえ)



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/22(金) 23:57:41.25 ID:k3dsFxR60



男「今度はどこいこっか」

律「じゃ、じゃあわたし、映画がみたい!」

男「オッケー」


律(う~~、緊張しすぎで集中できない…)

男「……」ジー

律(はっ!これは…手をつなぐチャンス!)

律 ソロー

律(あと数センチ…!)

男「……」ヒョイ

律(ああ!手が消えたよ…)


唯(ざんねん!りっちゃん!)



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/23(土) 00:03:05.10 ID:EM6jWQ3R0



男「今日は楽しかったね」

律「は、はい!そうですね…」

律「…あ、あの!」

男「ん?なに?」

唯(よし!いっけええええりっちゃん!)

律「わたし、男さんのことが…好きです!」

男「……」

律「あの!その…つ、つ、つきあってください!!」

唯(ど、どうなる!?)



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/23(土) 00:07:48.67 ID:EM6jWQ3R0

男「…」

律「~~~~!!」

男「…ごめんな」

律「!!」

唯「!!」

男「おれ、あと少しで海外に行くんだよ」

律「そんな…海外に…」

男「だから、付き合うことが出来ないんだ…ごめん」

律「…で、ですよね~」

男「!?」

律「まあそんなもんだよね!はははっ」

唯「りっちゃん…」

律「今までありがとうございました!では!」タタタッ

男「あっ…」

唯「りっちゃん!」タタタッ



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/23(土) 00:14:11.61 ID:EM6jWQ3R0



唯「りっちゃん…」

律「ヒック…グス…ゆい~?」

律「わたし、ふられちゃったよ~」ウワアアン

唯「りっちゃん…」

律「ゆい、わたしどうしたらいいのかなあ…」グス

唯「…泣けばいいよ!」

律「……」ヒック

唯「泣いて泣いて泣いて…嫌なことぜ~んぶ忘れちゃおう!」

律「ゆい~~~~!!」

唯「おーよしよし、つらかったね~」ナデナデ

律「うわああああああああああんん!!!」


「律の恋を実らせろ!」 ミッション失敗!



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/23(土) 00:18:56.73 ID:EM6jWQ3R0



律「はあ、すっきりしたよ。ありがとな唯」

唯「ううん、わたしこそ応援するって言ってこんな結末になっちゃうなんて…」

律「いいんだよ!どうせ唯が協力してもふられるってわかってたんだから」

唯「…そっか」

律「でもなんでここにいるってわかったんだ?」

唯「ふえっ!?そ、それは…」

律「な~んてうそだよ!…ほんとにありがとな唯」

唯「えへへ…」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/23(土) 00:23:05.09 ID:EM6jWQ3R0


唯(残念だなあ、りっちゃん。失敗しちゃったや)

唯(…今までの未来は全部覆らなかった…)

唯(和ちゃんやりっちゃん…)

唯(さわちゃん先生と澪ちゃんは大ごとにならなかっただけで結局は未来で見たことが起こった)

唯(わたしがどんなにがんばっても未来は覆せないのかなあ)

唯(この能力はただみんなの悲しい未来を見るためなの?そんなのいやだよ!)

唯(今度は誰の未来をみるんだろう…)




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「みらいよち!」#前編
[ 2011/09/08 18:38 ] SF | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6