SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「私、軽音部しか居場所が無いの」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「私、軽音部しか居場所が無いの」 【非日常系】


唯「音楽なんて遊びだよ、なに本気になっちゃってんの?」 より
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315453926/l50




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 13:50:55.72 ID:akO0cF2x0

唯「私、軽音部しか居場所が無いの」

梓「え・・・」

唯「もっとギターの練習がんばるね」

梓「唯・・・先輩?」

唯「梓ちゃんみたいな優秀なギタリストが入ってきたから、
  お払い箱にならないようにがんばらないと!」

梓「あ、あの・・・」

唯「さ!練習練習」

梓「唯先輩・・・」





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:06:37.39 ID:akO0cF2x0

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「歌、上手いですね」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「あ、聞こえてないや・・・スゴい集中力」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「じゅうぶん私なんかに負け無い実力があるのにな」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「・・・あまりコンを詰め過ぎないでくださいね」ガチャ、ばたん

唯「・・・。」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:18:00.70 ID:akO0cF2x0

梓「はぁ・・・なんだか唯先輩の前では練習できなかったな」

梓「まぁ、私は家に練習室があるから」

梓「・・・これじゃあ、前といっしょだな」

梓「せっかく部活に入ったのに・・・」

梓「~~♪(ぼえー)」ジャカジャカジャンジャン


梓「・・・あれ?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:31:42.06 ID:akO0cF2x0

梓「あれ?ギターの感じがイマイチ・・・」ジャカジャカジャンジャン

梓「う~ん、歌はいつも通りなのにな」

梓「~~♪(ボエー)」ジャカジャカジャンジャン

梓「おかしいな、なんて言うか・・・ノレないや」ジャカジャン

梓「明日、明日またやろう」

梓「明日になれば調子も戻るよね?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:41:59.84 ID:akO0cF2x0

唯「ふぅ、家では夜に練習できないな」

唯(音楽聴いてよ)ipodピッ

唯(~~♪~~♪)

唯(~~♪~~♪)シャカシャカ


唯父「ただいまー」ガチャ

唯「!!」ビクッ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:46:41.54 ID:akO0cF2x0

唯父「ただいま、憂、唯」

憂「お父さんおかえりなさい!」

唯「・・・おかえりなさい」

唯母「おかえりあなた」

唯父「はい、ただいま」

唯母「そうだ唯、あなた今日テスト返されたはずよね?」

唯「・・・・・・うん」

唯父「そうか、見せなさい」

唯「・・・・・・はい」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:51:27.86 ID:akO0cF2x0

唯父「・・・。」
唯母「・・・。」

唯「・・・・・・。」

唯父「この成績はなんだ?唯」

唯「・・・すいません」

唯母「すいませんじゃないでしょ!」

唯「もういい?部屋に戻るから・・・」タッ

唯母「ちょっと、唯!」

唯父「まったく、あの子は・・・!」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 14:59:04.34 ID:akO0cF2x0

唯「ハァハァ」(ipod)ピッ


父『まったく・・・憂、お前はテストどうだったんだ?』

憂『え?私は明日返される予定だよ』

母『まぁ、あなたはいつも成績良いから』


唯「うるさい、うるさい・・・」(音量up)ピッピッ


父『憂はきちんと勉強できてて偉いな』

憂『そ、そんな事ないよ・・・』

母『それに比べて唯ったら、お姉ちゃんなのに全然しっかりしないわねぇ』

憂『お、お姉ちゃんは・・・』

父『唯には困ったもんだ』


唯「うるさい!うるさい!うるさい!」(音量up)ピッピッピッピッ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:13:01.12 ID:akO0cF2x0

(ipod)ジャガジャガジャンジャンジャガジャガジャージャー
唯(お父さんやお母さんは、普段は家にいなくて・・・憂と二人暮らしで・・・)ブツブツ

父『唯、ドアを開けなさい!きちんと話をしよう!』ドンドンドンドン

唯(憂といっしょにご飯を食べて・・・アイス食べて・・・)ブツブツ

父『唯!聞こえているんだろ!?』ドンドンドンドン

(ipod)ジャガジャガジャンジャンジャガジャガジャージャー
唯(お風呂に入ったら・・・ギターの練習もして・・・)ブツブツ

父『唯、開けるぞ!唯!』ガチャ!

唯(憂におやすみって言って・・・ゆっくり眠れて・・・)ブツブツ
唯「アハハ・・・うふ・・・あはっ・・・」ブツブツ

父「・・・唯、話をしよう」

唯「・・・・・・。」ピッ



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:19:21.00 ID:akO0cF2x0

翌日


梓「早起きして練習しようかと思ったけど、なんとなくできなかったな・・・」

梓「ぶ、部活で練習すればいいよね?」

梓「・・・部活で・・・」

梓「部活、サボろうかな・・・」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:22:00.54 ID:akO0cF2x0

憂「梓ちゃんおはよっ」

梓「あ、おはよう憂」

憂「・・・今日、テスト返されるね」

梓「ああ・・・ユウウツだよね」

憂「ちょっとね・・・」

梓「憂はいつも成績良いじゃん」

憂「・・・そう、かな・・・」

梓「・・・?」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:30:15.89 ID:akO0cF2x0

梓「あ、先生来たよ」

教師「おーし、テスト返してくぞー」

生徒「「ざわざわ・・・ざわざわ・・・」」


教師「・・・・・・次、中野ー、」

梓「はい」
梓「・・・え!?」

憂「どうしたの梓ちゃん」

梓「すごく、悪いです・・・」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:33:53.09 ID:akO0cF2x0

梓(私の成績は下から数えた方が早いくらいの、それはひどいものでした)

梓「嘘・・・でしょ?」

憂「梓ちゃん、ちゃんと勉強してたのにね・・・」

梓「おかしいな、勉強時間減ったつもりは無いのに」

憂「うん、私梓ちゃんが勉強してたの見てるもん」

梓「・・・どうしてだろうな」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:37:03.63 ID:akO0cF2x0

放課後


梓「はぁ・・・部活出よう」

梓「まずは演奏して、一回忘れちゃおう!」

梓「おはようございまーす!」ガチャ

律「うーっす!」

澪「梓も来たか」

紬「こんにちは梓ちゃん、まずは練習?それともティータイム?」

梓「えっと、演奏したいです!」

唯「・・・私も」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:40:38.22 ID:akO0cF2x0

律「あはは、ギター組は練習か~」

澪「ほら、スタンバイするぞ」

紬「まずは一曲通しね♪」

梓「はい!よろしくお願いします!」

唯「じゃあ、はじめよっか?」

律「1,2,3!」

ジャージャージャージャジャーカジャカジャーン♪



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 15:56:04.11 ID:akO0cF2x0

ジャージャージャージャジャーカジャカジャべんっ♪
梓「あっ!」

ぼよんっジャージャージャジャーカジャカジャーン♪
梓「あぅ・・・」

律「すとーっぷ!」

ぴたっ

澪「梓、今日はミス多いな」

紬「めずらしいわね~」

梓「あ、あはは・・・どうしちゃったんでしょうね・・・?」

唯「・・・休憩しよっか?」

梓「す、すいません・・・」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:00:03.00 ID:akO0cF2x0

律「よっしゃあ!ティータイムだー!」

澪「なんで練習よりも元気なんだよっ!」

紬「今日はシュークリームでーっす♪」

唯「おいしそー!」

梓「・・・。」

律「ほらほら、切り替えろよあーずさ!」

澪「ティータイムはティータイムだ」

梓「は、はい・・・!」

紬「そうよ梓ちゃん!はい、どうぞ」

梓「ありがとうございますムギ先輩、いただきます」

唯「もぐもぐ・・・」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:03:09.00 ID:akO0cF2x0

澪「さて・・・ティータイムも終わったし」

律「もう一回合わせて解散だなー」

梓「もうですか~?」

紬「まあ、いつも通りね♪」

唯「じゃ、カップ洗って演奏準備だね」

梓「つ、次こそは失敗しないぞ!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:08:18.30 ID:akO0cF2x0

ジャージャージャージャジャーカジャカジャーン♪

律「・・・・・・よしっ!」

澪「ミス無かったじゃないか、梓」

梓「・・・はい」
梓(確かにミスしないように演奏したけど・・・やっぱりノリきれないな)

紬「それじゃあ解散ね~」

唯「私はもう少し残って練習していくね」

澪「戸締り、頼むな」
律「じゃーなー唯~」

唯「バイバーイ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:11:56.74 ID:akO0cF2x0

梓「私も、残って練習してもいいですか?」

紬「あら、梓ちゃんも特訓?」

梓「はい、ミスが多かったのが気になって・・・」

唯「じゃあ、いっしょに練習しよっか?」

紬「じゃあよろしくね?またね~」

唯「またねムギちゃん」

梓「お疲れ様でした」


唯「・・・はじめようか?梓ちゃん」

梓「はい・・・」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:19:21.88 ID:akO0cF2x0

♪ジャカジャカジャンジャン

唯「・・・。」

梓「・・・。」

♪ジャカジャカジャンジャン

唯「なんか、いつもと演奏の感じが違うね」

梓「・・・わかりますか?」

♪ジャカジャカジャンジャン

唯「もしかしてわざとミスしたとかじゃないよね?私昨日変なこと言ったから」

梓「ち、違いますっ!わざとだなんて・・・」

♪ジャカジャカジャンジャン

唯「そっか、ごめん」

梓「はい。その・・・最近調子がイマイチで」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:24:04.50 ID:akO0cF2x0

唯「スランプなんだ?」

梓「はい、そうみたいです」

ジャージャージャージャジャーカジャカジャーン♪

唯「ねえ、ミスとか気にしなくていいからさ、いつも通り弾いてみてよ」

梓「・・・いつも通り、ですか」

唯「うん。正直気持ち悪いよ、今の音」

梓「私も違和感バリバリです」

唯「譜面の音を拾ってるだけって言うかさ」

梓「はい、それじゃあ・・・」

ジャーじゃんージャージャジャーカべんっカジャーン♪

梓「・・・このザマです」

唯「困ったね」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:28:32.96 ID:akO0cF2x0

梓「すいません・・・邪魔ですよね?」

唯「どうかな・・・」

梓「え?」

唯「私、いつまで部活居られるかわかんないし・・・すこしでも誰かと演奏したいんだ」

梓「あの・・・部活辞めちゃうんですか?」

唯「昨日、いつまで音楽やってる気だ、勉強しろって言われちゃった」

梓「そんな・・・唯先輩は音楽を続けるべきです!」

唯「私もそうしたいし、そう言ったら・・・」


唯「いつまで遊んでる気だ?って」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:41:42.95 ID:akO0cF2x0

唯「私ね、ギター以外に褒められるところなんて無いんだ」

梓「唯先輩は音楽の才能があります、間違いなく」

唯「ありがと。それでね、成績だって下から数えた方が早いくらいのだしさ」

梓(・・・私も)

唯「両親に褒めれるのは憂ばっかりで、
  ああ、憂のことは大好きなんだけどコンプレックス感じるっていうか
・・・まっすぐ見れなくなってきちゃって」

梓「唯先輩がそんな事を思ってたなんて・・・」

唯「だから、なんていうか、音楽だけは最後までやりたいのになって」

梓「私も続けて欲しいです、唯先輩に、ギターも、歌も、音楽も」

唯「・・・ありがとね、梓ちゃん」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:48:16.18 ID:akO0cF2x0

唯「両親説得して続けるよ、私ギターしか無いから」

梓「それがいいと思います!絶対にやめないでください!」

唯「梓ちゃんは、どうしてギターはじめたの?」

梓「・・・え?」

唯「いや、私だけ語るのもアレかなーと」

梓「私は・・・両親がミュージシャンで、なんとなくギターを教えてもらって・・・」


梓「あれ?私、どうして音楽やってるんだっけ?」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 16:55:26.70 ID:akO0cF2x0

唯「梓ちゃん?」

梓「あはは・・・これじゃあ私こそ遊びで音楽やってるようなモンですよね」

唯「そんな事は・・・」

梓「そりゃそうだ、私の音楽に対する気持ちなんて・・・大したこと無かったんじゃん」

唯「・・・梓ちゃん?」


梓(スランプにもなるはずだよ、こんなんじゃ)

梓(唯先輩の音楽に対する気持ちに触れて、今まで私がやってきた気持ちがブレたんだ)

梓(大した気持ちも無いのに、本気の人と並んだから・・・吹き飛ばされちゃったんだよ)



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:03:40.43 ID:akO0cF2x0

唯「大丈夫?梓ちゃん」

梓「・・・はい、なんだかうまくいかないモノですね。いろいろと」

唯「そうだね・・・」

梓「私、もっと唯先輩の話が聞きたいですっ!」

唯「え?私の話・・・?」

梓「はい、唯先輩の世界観とか、音楽観って言うか」

唯「そんな大げさな事は・・・」

梓「じゃあなんでもいいです!普段考えてることとか、夢のこととかでも!」

唯「え?えっと・・・じゃあ、いや、これは無いかな?」

梓「なんですか?なんですか!?」






50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:08:05.76 ID:akO0cF2x0

梓「ただいまー」

梓母「おかえり梓」

梓「はい、テスト結果」

梓母「あら珍しい!自分から見せてくるなんて」

梓「・・・おどろくよ?」

梓母「・・・驚いた、なによこれ!?」

梓「やっちゃった」

梓母「あなた・・・!
   いつもは成績良くも悪くもないじゃない!どうしたの?これは・・・!」

梓「良くも悪くもって・・・」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:11:23.62 ID:akO0cF2x0

梓母「だって・・・いつも通り勉強してたわよね?」

梓「うん、でも大丈夫。だいたい原因はわかってるから」

梓母「・・・?」

梓「ねえお母さん」

梓母「なに?」

梓「私、音楽続けてもいいかな?」

梓母「そんなの、決まってるじゃない!」


梓母「あなたが自分で決めなさい」

梓「うん、ありがとお母さん」

梓母「・・・??」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:18:35.61 ID:akO0cF2x0

梓「その後、唯先輩は両親を説得して軽音部に残りました」

梓「将来的には、音楽プロダクションのスクールに通うことも検討しているらしいです」

梓「その後はプロデビューを目標に音楽活動を続けるようです」


梓「私も軽音部を最後まで続けるつもりです、唯先輩のそばで」

梓「でも、将来は音楽と関係ない仕事に就くと思います」

梓「本気を知ってしまったから、私は趣味で十分です」


梓「それでも、私の中では唯先輩の言葉が生きています」

梓「あの放課後、唯先輩が言っていた言葉」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:26:14.19 ID:akO0cF2x0

唯「え?えっと・・・じゃあ、いや、これは無いかな?」

梓「なんですか?なんですか!?」

唯「私が普段考えてること、現実をちょっとだけ理想に近づける妄想」

梓「なんですかそれ?」

唯「あはは・・・やっぱり恥ずかしいな。
  えっと、例えば嫌なことがあったとして、それを都合よく解釈するとか」

梓「はい」

唯「例えば両親が仕事で家を空けてて、私が憂と二人暮らしだったりとか。
  仲良くなりたい子と、ハグしてみたりとか・・・」

梓「あはっ!ホントに妄想ですね!」

唯「梓ちゃんが聞いたんじゃん!恥ずかしいのに答えてのにぃ・・・」

梓「ごめんなさい唯先輩、もっと聞きたいですっ♪」

唯「もうやだ~」

梓「もうちょっとだけ、ね?」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:27:44.77 ID:akO0cF2x0

梓「私は唯先輩の言葉を元に、一本の漫画を投稿してみた」


おしまい



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:32:17.53 ID:akO0cF2x0

以上です
立て逃げ乗っ取りなので、せっかくだからスレタイと真逆にしてみたぜ!
ヤッテヤッタデス!!

なでしこ実況しようと思ってスタンバってたんだけど、こっちのが楽しそうだったもで乗っ取りました
やや強引な展開だったけど即興だとこんなもんです

読んでもらってありがとうございました
さらば




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:28:41.55 ID:xe6Cv5qdI

乙です



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:36:23.26 ID:4kD1ul9w0

あずにゃんと呼ばない伏線は特に無かったのか





62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:42:47.03 ID:akO0cF2x0

>>61
わかりづらかったかな

最後に梓が書いた漫画=けいおん!
で、現実をちょっとだけ理想化するわけだから




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 17:51:23.40 ID:4kD1ul9w0

なるへそ
かきふらいにゃんか






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「私、軽音部しか居場所が無いの」
[ 2011/09/09 19:31 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3800 [ 2011/09/09 21:06 ] [ 編集 ]

あずふらいとは珍しい。

タイトル:
NO:4133 [ 2011/10/20 23:07 ] [ 編集 ]

ごきふらい…

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6