SS保存場所(けいおん!) TOP  >  変態 >  紬「豚になりてぇ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「豚になりてぇ」 【変態】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315878912/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 10:55:12.67 ID:ilzcFWBs0




紬「ムギ豚って呼んで下さい!!」

澪「突然何を言い出すんだ!!」

律「どうやら今日はアイスティーをムギの頭にぶっ掛けてやらないといけないようだ」

紬「それでもいいわ! 是非この卑しい雌豚めに聖水を! お清めを!」キラキラ

梓「聖水って……」

紬「出来ればおしっk」

梓「わーわーわーわー」

律(叩いて下さいの時の比ではなくキモい)





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 10:56:27.65 ID:ilzcFWBs0



唯「今日のケーキもおいしいよぉムギちゃん」モグモグ

紬「ありがと~♪ ……ってそうじゃなくてッ!」ダンッ

澪「ひイッ!?」ビクッ

紬「豚って呼ばれたいの! 罵ってほしいの! 罵られるのが夢なの!
  仲のいい友達に心底見下した目で見られるのが夢なの!!」

律「これほど聞きたくなかった夢ってのもそうそうないな」

唯「おいひー」モグモグ

梓(お茶のおかわりでもしてこよう……)コソコソ

紬「あら梓ちゃんお茶のおかわりかしら? 大丈夫よ私がやるから!
  って言って受け取って代わりにおしっこ入れたらキレた梓ちゃんが私にぶっかけてくれたりする?
  しちゃう? ねぇどうなのォ!?」

梓「ひいっ気持ち悪い!!」ドンビキ

紬「はぁぁん!」ゾクゾク



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 10:58:08.96 ID:ilzcFWBs0



梓「あ、いや、今のはその…ご、ごめんなさいムギ先輩!」

紬「いえ、いいのよ……すごくいいジャブだったわ」ハァハァ

律「お前は悪くない、梓。今のは仕方ない」

澪「ム、ムギ? もう満足したよな? もうやめよう、ね?」

紬「たったあれだけで満足できる変態がどこにいるの!? むしろ火がついちゃったわッ!」メラメラ

澪「ひぃぃぃぃぃ!!」ブルブル

律「そろそろ変態と認めて開き直ると思ってたけどさ、予想以上にキモい」

紬「はぁぁんっ!!」ゾクゾク

律「しまった、ただのツッコミで感じるとは」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 10:59:15.54 ID:ilzcFWBs0



紬「突っ込まれるの大好きぃぃぃ! もっと、もっと入れてぇぇぇぇ!」

梓「なんか違う意味に聞こえてきました///」

紬「漫才なら絶対ボケのほうやるもの私」

律「コンビのボケの人=ドMみたいな言い方をやめろ」

紬「同性漫才コンビって絶対夜な夜な性的な関係持ってるよね。
  打ち合わせとか言ってパンパンパンパンナニを打ちあわせてるのやら」

律「おいやめろ!!」

梓「っていうかそれ言い方からして男性限定じゃないですか……」

澪「何かもういろいろ怖い」ガクブル



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 10:59:48.32 ID:ilzcFWBs0



律「っていうかさっきから唯は?」

梓「あ! ギターいじってます!」

唯「」ジャラーン

紬「唯ちゃん空気読んで!!」

律「読むべきはお前だ」

梓「今日の唯先輩のスルースキルは凄いですね」

澪「軽音部として正しいのが唯ただ一人っていうのが
  この空間の異常さを如実に現していると言えるな」

紬「そのギターで私を叩いてぇぇぇぇ!」

律「落ち着け!」

澪「アツクナラナイデマケルワ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:00:53.26 ID:ilzcFWBs0



梓「と、とりあえず唯先輩が珍しく奇跡的に自主的に頑張ってるので練習しましょうよ!
  明日は台風かもしれないですし今日のうちにガッツリと!!」

律「こんな時くらい素直に褒めてやれよ」

紬「私もそれくらい梓ちゃんに見下されたいわぁ」チラッ

梓「ひぃっ!」

律「……仕方ない、梓、やってやれ」

梓「え、ええっ!?」

律「でもムギも、梓がやったら普通に部活すること。いつものムギに戻ること。いいな?」

紬「えー」

澪「そこは素直に頷こうよ」

梓「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!
  私の意見を無視しないでくださいよ! 出来るわけないじゃないですか!」

律「出来るか出来ないかじゃない、やるんだ。やるしかないんだ」

梓「そんな王道RPGみたいなセリフで誤魔化されませんよ!?」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:05:59.67 ID:ilzcFWBs0


律「でもさっさと終わらせて練習したいんだろ?」

梓「そ、それは……そうですけど。でも私じゃなくてもいいじゃないですか!
  たぶんキャラ的に律先輩や澪先輩のほうが似合ってますよ!」

紬「りっちゃんはDQN役多いし澪ちゃんはヤンデレ役多いもんねぇ」

澪「……何の話だ?」

律「まぁ別に私は練習したいわけじゃないしー」

梓「くっ……」

律「とはいえ、こんなムギをずっと見ているのも心苦しいものがあるのは確かだよ。
  手伝いくらいはしてやるさ」

梓「律先輩……!」パアアッ

紬「イケメンりっちゃんに叩かれたい! 踏まれたい! ゴミクズみたいに扱われたい!!」

律「……すまん梓、心折れそうだ」

梓「私は心が擦り切れそうです」

澪「ある意味最強の精神攻撃なのかもしれないな……」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:11:25.59 ID:ilzcFWBs0



律「ま、頑張れ梓」

梓「ううっ……ヒトゴトみたいに…」

澪「頑張れ梓! 私達の未来はお前の手にかかっている!」

梓「澪先輩までクサいセリフを……」

紬「よろしくね、『あずにゃん』!」

梓「!?」

澪「急にどうしたんだムギ」

紬「ん、別に…何となく『梓ちゃん』じゃ
  いつもの先輩後輩みたいな感じがしてやりにくいかなぁ、って」

澪「ということは…梓もムギのことを『ムギ』って呼ばないといけないわけか」

紬「ムギ豚がいいです!」ビシッ

澪「……そうか」

紬「ぶひぶひー」

梓(帰りたい)



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:16:08.89 ID:ilzcFWBs0



律「いや…待てよ梓、これは利用できるかもしれない」

梓「はい?」

律「いいか、もう一度ムギが『あずにゃん』って言ってきたところでこう返すんだ――……」ゴニョゴニョ

梓「……――マジですか?」

律「うむ。やれとは言ったけど暴力は流石に振るえないだろ?」

梓「当たり前じゃないですか! どんなに気持ち悪くてもムギ先輩はムギ先輩です!」

紬「はぁん!」ゾクッ

澪「あ、感じてる」

律「コイツこんなんで日常生活困らないの?」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:20:52.70 ID:ilzcFWBs0



紬「――というわけで早くお願いします、あずにゃん!」

律「ホラ行け」

梓「っ……もうヤケです、やってやります!」

律「骨は拾ってやるよ」


紬「あずにゃん、早く私を罵って!!」

梓「……そ、そんな言い方で自分の望みが叶うと思ってるんですか?」

紬「えっ…?」

梓「……『梓様』って呼ぶべきでしょ? 躾けてもらう立場なら」

紬「はうっ…!」ゾクゾクーン

梓「ふ、ふふっ……ほら、言ってみなさい…梓様、って」

紬「は、はいっ…あ、あずささまぁ…」ゾクゾク



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:26:21.45 ID:ilzcFWBs0



律「――いけそうだな。さすが軍師りっちゃん」

澪「梓の演技力もなかなかだな」

律「意外といい組み合わせかもしれないな。熱狂的なファンが付きそうな」

澪「むしろもう沢山居そうな」

律「ところでさっきからあずにゃん連呼してるのに唯は反応しないな」

澪「……寝てるぞ、アイツ」

唯「Zzz」

律「……唯が頑張ってるからって理由で梓も頑張ってるのに…報われないなぁ」

澪「まぁ唯が起きてたところで今は何の役にも立たないけどな」

律「それもそうだな」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:30:37.54 ID:ilzcFWBs0



梓「――ほら、ムギ、おすわり」

紬「はいっ…」ペタン

梓「ひっくり返ってお腹を見せて。私に服従」

紬「え、お、お腹は……」

梓「恥ずかしい? もしかしてまた太ったの?」

紬「は、はい……///」

梓「恥ずかしいなら……尚更見せてもらわないとね、そのだらしなぁいお腹を。
  そうでしょ、このぶt――……っ、えっと……」

律「……?」

澪「あれ、梓の様子がおかしいな」

梓「っ………」

紬「……梓様?」

梓「うわぁぁぁぁぁん! やっぱり無理ですー!!
  暖かくておっとりぽわぽわで良い匂いのする天使みたいなムギ先輩に
  豚なんて言える訳ないですよぉぉぉぉもう帰るぅぅぅ!!!!」ダッシュ

澪「すごい勢いで荷物を回収して出て行きました」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:38:09.28 ID:ilzcFWBs0


律「ありゃりゃ……さすがに酷すぎたか」

澪「梓はムギを美化しすぎだな。
  いや私達も今のムギにそれなりにショック受けてはいるけど、梓は別格だろう」

紬「」ポカーン

律「ハッ!? くそっ仕方ない、私達でやるぞ澪! ムギの興奮が冷めないうちに梓の後を継ぐんだ!」

澪「え、ええっ!? 無理だって!」

律「二人で力を合わせれば何とかなる! 澪は頭良いんだから罵声も沢山知ってるだろ!」

澪「なんだよその偏見!」

律「間を空けるわけにはいかないのはわかるだろ!? 昨夜のお前を思い出せ!」

澪「適当な事言うな! 昨夜は最後までした!」

律「Oh……」

澪「忘れろ」

律「手伝うならな。っていうか喋ってる時間さえ勿体ない!
  私はムギにお尻ペンペンしとくから! 行くぞ!!」

澪「え、ええ~……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:42:46.09 ID:ilzcFWBs0



律「――こらぁぁぁこの豚ぁ! 飼い主様に何をした!!」ペシーン

紬「ひぅん!!」

律(やば、強かったか…?)

澪「ふ、ふん、飼い主に無礼を働くペットなんて
  ペットとしても三流だな。家畜以下、豚以下だよお前は!!」

紬「は、はいっ! ごめんなさいっ!!」ゾクゾクゾク

澪「ほら律、お仕置きだ。身の程ってモノを教えてやれ!」

律「お、おう!」

 (ごめんなムギ)ペシン

紬「あひぃっ!」ビクン

澪「徐々に強くしていくんだ、
  バカな豚に後悔する時間をあげないといけないからな。あと10回だ!」

律(ノリノリじゃねぇか…)ペシーンペシーン

紬「ご、ごめ、ごめんなさいぃぃぃ!」ハァハァ

澪「もっと強くだ、律!!」

律(加減がわからん……まぁムギ気持ちよさそうだしこれくらいでいいんだよな…?)ペシーンペシーン



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:48:27.83 ID:ilzcFWBs0


紬「はぁん、もっと、もっと強くしてくださいぃぃぃ! もっと私に罰をくださいぃぃぃ!!」ハァハァハァ

澪「だとさ。本当に卑しいクズだな……おい律、スカート脱がせ」

律「は? い、いや、さすがにそれは……」

澪「無能な豚でも上は自分で脱げるよな? 私もお仕置きしてやるから、さっさと脱げ」

紬「は、はいっ」ヌギヌギ

律「お、おい澪!」

澪「うるさい律! お前も早くしろ!!」グルグル

律(あ、ダメだこいつ極限状態越えてイっちゃってる)

紬「ぬ、脱ぎました……///」

澪「はっ、だらしないお腹してるな! そらお仕置きだ!」ペシィィィン!

紬「はひぃぃぃん!!」ビクビク

律(ムギの望みとしては正しいんだろうけど見てられねー……)

澪「あっ………」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:53:52.04 ID:ilzcFWBs0


紬「はぁっ……はぁ……っ?」

律「……どうした、澪?」

澪「………」

紬「……澪様?」

澪「……ご…ごめん、ムギ……」

律「…正気に戻ったか」

澪「うん……こんな、こんな痛そうなことを…私がムギにしちゃうなんて……」

律(…あー、ムギの真っ白いお腹に真っ赤な紅葉が……)

澪「ごめんっ! 本当にゴメン!!」ドゲザ

紬「え? えっと……その…」

律「……ムギ、ちょっとスカートめくるぞ」

紬「え? ひゃっ!」

律「……お腹ほどではないにしろ赤くなってるな……ゴメン、ムギ!」ドゲザ

澪「ゴメン!!」ドゲザ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:56:03.88 ID:ilzcFWBs0


紬「ふ、二人とも、顔を上げて? 私がお願いしたことなんだから…ね?」

律「でも……」

澪「うん、やりすぎたよ、私達は…」

紬「そんな……私がお願いしたことなんだから……
  私のほうこそ、無理強いしちゃってごめんなさい!」ドゲザ

律「………」ドゲザ

澪「………」ドゲザ

律「……ぷっ」

澪「ふふっ…」

紬「…うふふ。これじゃいつまで経っても終わらないかもね」

律「だな……」

澪「なんだ、案外いつもの私達じゃないか」

紬「うん。いつも通りに戻ろ? 今日の事は…その、忘れてくれたら嬉しいな」

律「そうだな、それがいいな」

澪「うん」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 11:57:50.21 ID:ilzcFWBs0



律「――梓もいないし今日は帰るか」

紬「あ、鍵は私が返しておくから、先に帰ってて?」

律「いいのか?」

紬「うん。それくらいさせて?」

律「……ん、じゃあ頼むわ。行くぞ澪」スタコラ

澪「あ、待てよ律……ムギ、ゴメン、ついでにソレも何とかしといてくれ。じゃあまた明日!」ダッ

唯「zzZ……」←ソレ

紬「……すっかり忘れてた。おーい、唯ちゃーん?」ユサユサ

唯「ん……んぁ…? あれ、ムギちゃん?」

紬「おはよう、唯ちゃん。もう帰る時間よ?」

唯「んー……そっか。……ねぇ、ムギちゃん」

紬「ん? なぁに?」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:01:07.10 ID:ilzcFWBs0


唯「どうだった? みんなムギちゃんがヘンタイさんだってわかってくれた?」

紬「え? そ、それは……もういいの。
  唯ちゃんは寝てたから知らないだろうけど…
  性癖をわかってもらおうなんて私の我が侭だったの、結局」

唯「ふーん……」

紬「うん……」

唯「……でも、わかって欲しかったんでしょ?」

紬「……うん」

唯「どうしてわかって欲しかったの?」

紬「え? それは……それが本当の私だから……」

唯「違うよー。『みんなに』わかってもらおうとした方の理由だよ」

紬「え? そ、それは……」

唯「……ムギちゃんは、本当の自分をさらけ出すのは一生に一人でいいとか、
  そういういい子な考え方すると思ってたよ、私」

紬「……だって……そっちのほうが……皆に一斉にそう見られる方が…気持ちよさそう…だから…///」

唯「ふーん……ムギちゃんは本当にヘンタイさんなんだね」

紬「んくっ!」ゾクッ



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:05:38.34 ID:ilzcFWBs0


唯「考えられる限りで最高に気持ちいいって思うコトを、
  いきなり求めちゃうなんて……欲張りすぎるヘンタイさんだねー、ホントに」

紬「う、うん……ごめんね、変態で…」ハァハァ

唯「どうしてそんなヘンタイさんになっちゃったの?」

紬「え、えっと、それは……その…」

唯「知りたいなー。ムギちゃんが最初に、なにで気持ちよくなっちゃったのか」

紬「う、うん。だ、誰にも言わない…?」

唯「言ってほしくないなら言わないよ?
  あれ、でもヘンタイさんのムギちゃんはみんなにも知って欲しいのかな?」

紬「そ、それは……そのっ……やっぱり、恥ずかしいというか……」ハァハァ

 (……あ、あれ? なんで私、興奮してるの…?
   口では恥ずかしいって言いながら、何か期待してる…?)

唯「ふーん……そこまで言われると気になるなぁ~。聞かせて聞かせて?」

紬「う、うん。あのね……小さい頃にね――……」

 (……あぁ、逆らえない。なぜかはわからないけど、唯ちゃんには逆らえない)

 (私は自ら、弱みを見せる。唯ちゃんに言われるまま丸裸になっちゃう。どうして?)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:11:34.79 ID:ilzcFWBs0



紬「――ということがあってね……」ハァハァ

唯「へぇ~。なかなかベテランのヘンタイさんだね! プロだよプロ!」キャッキャッ

紬(唯ちゃんの言葉は、いつもとそこまで変わらないのに。
  他の皆のように、露骨に意識した言葉じゃないのに……)

唯「……ねぇ、そんなプロのヘンタイさんのムギちゃんはさ……何をして欲しいの? 何をされたいの?」

紬「……教えたら…してくれる?」

唯「うん。そんな期待した目をされちゃうと……何でもしてあげたくなっちゃうよ…」

紬「唯ちゃんは…こんな変態の私でも、いいの?」

唯「ムギちゃんはムギちゃんだよ。どんなにヘンタイさんでも、私にどんなことをされたがってても、ね」

紬「………うん……」

 (……そっか。いつもと変わらない優しい言葉だから、優しい唯ちゃんだから、逆らえないんだ)

 (唯ちゃんは、絶対に私を拒まない。絶対に私を受け入れてくれる。何を知っても私に対する態度を変えない)

 (だから、意識することなく、遠慮することなく、私は全てをさらけ出せる。
  裸のままで唯ちゃんに服従したくなる)


紬「あのね、唯ちゃん。私がして欲しいことは――……」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:18:04.24 ID:ilzcFWBs0


そして翌日――


紬「――今日はマドレーヌを持ってきましたー♪」

唯「わーい!」

律「おっしゃー、食うぞー!」

澪「だから練習……あぁもう、どうせ聞かないってわかってるけど!」

梓「やれやれ……」

いつもと変わらない光景。変わらない日常。
昨日の事なんて嘘のように、軽音部はいつも通りです。
違うのは私だけ。だけど、それでもこれが日常。

唯「ムーギちゃんっ!」ダキッ

紬「ひゃうっ!」ドサッ

律「おーおー、仲のよろしいことで」

唯ちゃんに勢いよく抱きつかれ、ソファに倒れこんでしまいます。
恥ずかしさから思わずスカートを押さえてしまうと、そこに唯ちゃんの手が重ねられて。

唯「……ちゃんとはいてないか、確認してあげよっか?」

紬「んっ……や、やだぁ……皆の前じゃ…」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:19:49.03 ID:ilzcFWBs0


唯「えー? 昨日は皆に言ってたくせに~」

紬「う、ううっ……そうだけど…」

昨日の事は、梓ちゃんも含めて皆が忘れてくれると言いました。だから二度と蒸し返してはいけません。
だって、それが日常だから。軽音部の変わらない毎日だから。
今だって、唯ちゃんと私の行動は仲のいいじゃれ合いにしか見えないはずです。
そうでないといけないのです。軽音部を、この仲良しの空気を壊さないために。

……なんて、そんな良い子ぶった自制心は半分くらいしかありません。いえ、今となっては半分もありません。

唯「ほーら、ちらっと……」チラッ

紬「だ、だめだってば!」バッ

律「……ん? どしたー?」

紬「な、なんでもないっ!!」アセアセ

唯「ちぇっ」

紬「も、もうっ……」ハァハァ

皆にバレてはいけない。それはもはや前提にしかすぎないのです。
バレてはいけないことを私はしている。バレてはいけないのに、皆の前で堂々とそんな行為に溺れている。
そんな、言わば背徳感のようなものが私を余計に興奮させているんです。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:21:36.62 ID:ilzcFWBs0


いつもと変わらない皆の前で。いつもと変わらない唯ちゃんに弄ばれて。

いつもと変わらないこの場所で、私だけが変わっていって。

ゆっくりと、しかし確実に沈んでいく。溺れていく。


唯「――ねぇムギちゃん、明日はどうする?」

紬「えっ? どう、って…?」

唯「明日は体育の授業があるじゃん。しかも合同で二時間も」

紬「あっ…! あ、あの、唯ちゃん、明日はさすがに…」

唯「うん、上も下も付けちゃダメだからね、どうやって着替えるか、
  どうやってバレないようにするか……さすがにちゃんと考えないとねー?」

紬「っ……」ゴクリ

唯「ちゃんとみんなの前で、スカートもブラウスも脱いで、着替えないとダメだよ?」

紬「は、はいっ……///」ゾクゾク


――私の日常を蝕む、唯ちゃんの優しい、温かい毒に、私は溺れていく――



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:24:06.61 ID:ilzcFWBs0


――
―――

律「――いやー、しかし昨日はビックリしたな」

澪「ああ、まぁ……でもムギならなんか納得だよ」

梓「私はまだあまり信じたくないですけど」

律「じゃあ忘れてやれ。ムギはそれを望んでるんだから」

梓「そうですね……」

澪「問題はさ、ムギがマゾだったことじゃなくて」

律「うん、いじめる役を私達に振ってきたことだよな」

梓「ですよねぇ。出来るわけないじゃないですか」

澪「だよな」

律「うん」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:26:16.73 ID:ilzcFWBs0



律(だって)

澪(私も)

梓(ドMなんだから……)


「「「はぁ………」」」






おわれ




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:30:31.27 ID:EwW3RjWZO


ノリノリだった律達がドMだなんて信じられん



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:33:32.92 ID:bM8liWXz0


最初からド変態だったのは少し残念
少し興味ある程度から堕ちていく感じのが良かった



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:34:16.26 ID:z9RtSygT0





40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 12:36:59.22 ID:BI4sPn6h0


ドS唯が支配する部になるんですね






関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「豚になりてぇ」
[ 2011/09/13 20:04 ] 変態 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6