SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「しんけん!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「しんけん!」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1267195435/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:43:55.09 ID:6DmIs5W+0

唯「はぁ~~~~…」

律「どうしたんだ?唯のやつ」

澪「どうやらまた中間テストで赤点取ったらしいんだ」

律「なんだよ、またかよ。懲りないな~」

紬「唯ちゃん元気出して。はいケーキ」

唯「…ありがとうムギちゃん。でも今日はいいや…」

梓「重症ですね…」

澪「追試で合格点取らなきゃ強制退部だからな」

律「去年はギリギリ4人だったから唯が居なきゃ廃部だったけど今年は梓が居るから…」

唯「そんな!ヒドい!!」

律「冗談だよ、冗談」

梓「でも、本当に合格点取れなきゃそれが現実になっちゃいますよ」

唯「ううっ…」

紬「また、唯ちゃんの家で勉強会しましょ?」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:47:31.92 ID:6DmIs5W+0

唯「みんな…毎度毎度ご迷惑をおかけします…」

律「いいっていいって。私が手取り足取り教えてあげますわよん♪」

唯「りっちゃんに言われるとなんだか腹が立つな~」

律「な、なんだと~!!」

唯「りっちゃんだって赤点ギリギリだったんじゃないの?」

律「ふっ…甘いな唯。ほれ見てみ」

唯「ぜ、全教科70点以上……!?」

梓「へ~。意外と頭いいんですね律先輩」

律「意外と、は余計だ梓!」

唯「でも、どうせ澪ちゃんに泣きついての一夜漬けなんでしょ?」

澪「いや、今回は律一人の実力だよ」

唯「えっ!?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:51:55.31 ID:6DmIs5W+0

律「まぁ、私が本気だせばこんなもんだよ」

唯「信じられない…」

澪「普段から勉強していればこんな事にはならないんだぞ」

唯「でも私、集中力が続かなくって」

紬「大丈夫よ。唯ちゃんはやればできる子なんだから」

唯「だよね! やればできるんだから、別に今やらなくったっていいよね!」

澪「おいおい…」

梓「でも高校に入ったら急に難しくなって、毎日の復習が大切になってきますよね」

紬「そうね、授業も予習をしてる前提で進むことだってあるし…」

澪「中学までは家での勉強っていったら宿題とテスト前の勉強くらいのものだったけど
  流石にそれだけじゃ追いつけないもんな」

唯(私、予習復習なんてしたことないよ……)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:57:49.39 ID:6DmIs5W+0

梓「勉強も大事ですけど私たちはバンドの練習もしなきゃ、ですよ」

澪「梓の言う通りだ。さぁ、そろそろ練習するぞ!」

律「仕方ない…やるか~」

紬「唯ちゃんも憂鬱な気持ちを演奏で発散させましょ」

唯「う、うん」


~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

唯「あっ…また間違えちゃった…」

梓「…唯先輩」

律「あ、あれだよ。やっぱり追試の事が気になって演奏に集中できないんだよ。な?」

唯「…うん。ごめんね」

澪「このままじゃ、リードギター交代も考えた方がよさそうだな…」

唯「!?」

紬「み、澪ちゃん…」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:01:29.95 ID:lzezYIJd0

唯「……」ダッ!!

 ガチャ バタン

梓「唯先輩!?」

律「お、おい澪。言い過ぎじゃ…」

澪「でもこのままだったら唯のためにもならないよ…」

紬「そう…ね…」

梓「確かに…試験の度にこれじゃあ…」

澪「唯には自分で気づいてもらわなきゃ意味ないんだ…」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:06:33.45 ID:lzezYIJd0

平沢家 唯自室

唯「部室飛び出してきちゃった…」

唯「……」

唯「でも澪ちゃんの言うことももっともだよね…」

唯「宿題も憂に任せっきりだったし…」

唯「……」

唯「よし! 今日からは自分で勉強するぞ!!」

唯「まずは、机に向かって…と」

唯「……」カキカキ

唯「……」カキカキ

唯「……」カキカキ

唯「……」

唯「……zzzzzz」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:11:59.04 ID:lzezYIJd0

朝 学校

唯「ううっ…結局寝ちゃった…」

唯「でも不思議な事に全然進んでなかった宿題が朝見ると全部できてるんだよね」

唯「それも今回だけじゃなくて以前にも何回かあったし…」

唯「もしかして私ったら寝てる間に無意識のうちに勉強できてるとか!?」

唯「……」

唯「わかってるよ。憂がやってくれたんだよ……」

唯「やっぱり私って、ダメな子だよね…」

唯「それに昨日の今日だし部室に行きづらいな…」

律「よっ! 唯、おっはよ~」

唯「りっちゃん…」

律「おいどうしたんだよ、昨日のことまだ引きずってんのか?」

唯「澪ちゃん怒ってるかな…」

律「ああ…覚悟しといた方がいいぜ……」

唯「そんな……!!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:17:43.31 ID:lzezYIJd0

放課後 平沢家

澪「と、言うわけで今から唯のためにみっちりと勉強したいと思います!!」

唯「澪ちゃん昨日はゴメンね」

澪「いや…私も言い過ぎたよ…ゴメン」

律「澪ったら昨日唯が帰ったあと『私、唯にヒドイこと言っちゃった』ってずっと泣いてたんだぜ」

唯「そうなの!?」

澪「おい! それは言うな!!」

梓「なぐさめるのに一苦労でした」

紬「でも、それだけ唯ちゃんのとこを心配してのことだったのよ。分かってあげてね」

唯「うん。だって試験の度に迷惑かけてたらいけないもんね…」

澪「唯……」

唯「よろしくご指導お願いします!!」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:24:32.36 ID:lzezYIJd0

───
──────
─────────

澪「ふぅ…ここまでやればとりあえず追試は大丈夫だろう」

紬「唯ちゃんがんばったわね。ケーキ持ってきたから食べる?」

唯「わ~い♪ ありがとうムギちゃん」

梓「結局ここでもケーキなんですね」

律「以前はこのタイミングで確か和がサンドイッチ持ってきてくれたよな」

唯「和ちゃん最近塾に通いだして忙しいらしいよ」

澪「そうか…だから生徒会も辞めちゃったんだな」

律「へ~、そうなんだ~。大変だな」

唯「ところでなんでりっちゃん急に成績よくなったの?」

律「私? 実は私、進研ゼミ始めてさ」

唯「進研ゼミ!?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:29:37.41 ID:lzezYIJd0

唯「進研ゼミってあの恋も部活も勉強も上手くいくやつ!?」

律「そうそう、恋も部活も勉強も上手くいくやつ」

唯「りっちゃんがそんなことやってるなんて意外だ~」

律「そうか? 澪もやってるぜ」

唯「そうなの!?」

澪「ああ。私は中学の頃からやってるよ」

唯「へ~」

梓「実は私も……」

唯「あずにゃんまで!?」

梓「一日15分で済みますからね」

唯「もしかしてムギちゃんも…とか?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:35:26.78 ID:lzezYIJd0

紬「ごめんなさい。私、進研ゼミっていうのは聞いたことないわ」

唯「そうだよね、ムギちゃんには縁がなさそうだもんね」

紬「あ、でも家庭教師の先生には週に何回か来て頂いてるの」

律「ほえ~さすがだな」

紬「ええ、名前は赤ペン先生っておっしゃるのよ」

唯「結局みんな仲間じゃん!!」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:35:32.44 ID:WztaeE2/0

やっぱりwwwww



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:35:44.77 ID:wZWa+Tmy0

まさかと思ったがやっぱり進研ゼミだった





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:42:33.35 ID:lzezYIJd0

澪「ほ、本当かムギ!?」

紬「ええ」

梓「どうしたんですか澪先輩?そんなに大声出して」

律「澪ったら昔、その赤ペン先生にラブレター書こうとしてさ~」

唯「へ~。聞かせて聞かせて!」

澪「わー!わー!」

律「『ふでペンボールペン』も本当は『あかペンボールペン』って曲名だったんだぜ」

澪「り、律バラすな!!」

梓「あ~、でもその気持ちも分かるかも」

澪「だ、だよな! だって手書きで的確なアドバイスをくれるから。
  ちゃんと私を見てくれてるって思って」

紬「澪ちゃん、残念だけど赤ペン先生は50代のおばさまよ」

澪「そ、そうなのか……」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:44:17.75 ID:xBvJSRF70

意外な真実www





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:51:05.61 ID:lzezYIJd0

律「で、でもさ~。噂じゃ赤ペン先生って何人もいるって話だし」

澪「そ、そうだよな!」

唯「落ち込んだりはしゃいだり、澪ちゃん乙女だね~」

澪「う、うるさい///」

紬「でも、その進研ゼミっていうのでみんなテストもバッチリってわけなのね」

律「そうだ! これを機会に唯も始めてみたらどうだ?」

唯「でも、私に続けられるかな~?」

梓「大丈夫ですよ、むしろ唯先輩のような人のために進研ゼミがあるって言っても過言ではないですよ」

唯「う~ん…でもやっぱり大変そう…高校の授業って範囲も広くってどこが重要か分からないし…」

律「だからその広い範囲の中でも最も重要なポイントを教えてくれるんだよ」

梓「授業でわかりにくかった所も丁寧に解説してくれてます」

澪「そしてなによりそれが1日15分でできるってところが魅力なんだ」

唯「1日…15分で…」

澪「そう、和は塾通うために生徒会辞めちゃったけど、ゼミなら…」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:52:48.19 ID:lzezYIJd0







    進研ゼミなら部活も勉強も両立できるんだ!!






28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:58:38.62 ID:lzezYIJd0

唯「憂~。最近の郵便物どこにある?」

憂「え? そこにまとめてあるけど」

唯「え~~~っと」ゴソゴソ

唯「あったこれだ!!」

唯「本当だ! 高校別の授業テスト対策。予習型、復習型、教科書別の授業チャレンジ」

唯「それに3つの個別サポート。わからなくなったときに私を助けてくれるんだ…」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「憂! 私進研ゼミ始めたいっ!!」

憂「し、進研ゼミ? でも小学生のとき学研取ってたけど結局科学の付録だけ作って放置してた…」

唯「憂、お姉ちゃん今度は本気なんだよ!!」

憂「!?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:06:00.27 ID:lzezYIJd0

唯「お姉ちゃんこのままじゃダメだって気づいたの」

唯「なんでも憂頼みじゃダメだって」

唯「だからせめて勉強だけは自分の力でなんとかしたいの」

唯「でも私、要領よくないから……。だからこその進研ゼミなの!!」

唯「きっと私変わってみせるよ!!」

憂「お姉ちゃん……!!」

唯「軽音部のみんなもこれで成績が上がったんだよ!」

憂「軽音部のみなさんも…」

唯「お願い憂! 私にどうかチャンスをっ!!」

憂「分かった…そこまで言うなら私も応援するよ!!」

唯「憂……!!」

唯「ありがとう!!」

 こうして私は進研ゼミに入会を決めました



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:11:33.11 ID:lzezYIJd0

唯「憂~ただいま~」

憂「あ、お姉ちゃん。チャレンジ届いてたよ」

唯「おぉ早速!!」

憂「フフフッ。勉強がんばってね」

唯「あい!任せられよ!!」

憂「ご飯できたら呼ぶから~」

唯「は~い」




唯「さて、じゃあ夕ご飯までにやってしまうとしますか!!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:16:57.28 ID:lzezYIJd0

唯「フムフム…なるほど」

唯「イラスト付きで教科書みたいにお堅くないから眠くならない、不思議っ!!」

唯「……」カキカキ

唯「そうだそうだ、ここ授業でわかりづらかったんだよね…」

唯「でも、丁寧に解説されててこんな私でも理解できるっ!!」

唯「これならスラスラできるね♪」

唯「……」スラスラ~

唯「あ~そっかそっか…」

唯「……」スラスラ~

唯「……」

唯「……」

─────────
──────
───



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:22:38.91 ID:lzezYIJd0

唯「憂っ! ご飯まだ?」

憂「ちょっと待ってねお姉ちゃん」

憂「って、お姉ちゃん勉強は?」

唯「フフン、もう終わりました!!」

憂「ほ、本当に!?」

唯「ちょちょいのちょい、だよ」

憂「へ~すごいね!!」

唯「でへへ…///」

憂「学校の宿題も終わったんだ」

唯「……あっ」

憂「そ、それはまだなんだね……」

唯「それは、忘れてた~」

憂「フフッ。もう、お姉ちゃんったら」

唯「てへへ」コツン☆



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:30:24.36 ID:lzezYIJd0

数日後

唯「~♪~♪」

澪「唯のやつ最近ギターの演奏も上手くなってないか?」

律「進研ゼミ効果かもな」

梓「よかったです!」

紬「ウフフ、そうね~」

律「でも梓、うかうかしてたら唯にギターのテクで追い抜かれるかもしれないぞ~」

梓「なっ!? いくらなんでも高校から始めた先輩に負ける訳にはいきませんよ!」

唯「ほらほらそこ!! お喋りしてないで練習練習!!」

澪「まったく…人が変わったみたいだな」

紬「ほんと、進研ゼミってスゴイのね」

唯「これ終わったら、お茶しに行こうね♪」

律「基本、中身は変わってないか」

梓「そうみたいですね」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:36:01.61 ID:lzezYIJd0



澪「ところで唯。もうすぐ期末だけど大丈夫か?」

唯「バッチリだよ! なんせ私には進研ゼミがあるから!!」

紬「その意気なら今回は大丈夫そうね」

律「よ~し、じゃあ今回は私と勝負だ!!」

唯「受けて立つ!!」

梓「もう、2人とも街中で大声ださないでくださいよ」

澪「あ。あれって和じゃないか?」

律「本当だ」

唯「お~い和ちゃ~ん!」

和「あ、唯」

唯「私たち今から喫茶店行くんだけど和ちゃんもどう?」

和「ごめん、私今から塾なの」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:40:36.74 ID:lzezYIJd0

唯「あ…そうなんだ…」

和「ええ、ごめんね。また誘ってくれる?」

唯「うん。塾がんばってきてね」

和「ありがと。あなた達も楽しんでね」

和「それじゃ…」

和「……」

紬「なんだか、あまり元気ないように見えたけど…」

律「そうだな、心なしか眼鏡もズレ気味だったし」

澪「……それはないな」

梓「でも少し心配です…」

唯「……和ちゃん」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:44:47.40 ID:lzezYIJd0

学習塾

和「……」

和(確かにこの塾は講師に熱も入ってるし、わかりやすいと思う)

和「……」

和(でも……)

「この点は出ねぇよっ!!」

和(このノリが合わないわ……)




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:46:52.65 ID:bzZWkHO90

荻野wwwwwwwwww





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:50:20.90 ID:lzezYIJd0

そして期末当日

唯(大丈夫…今までやってきたことをここで出すだけ)

「それでは、始め」

唯「!?」

唯(こ、この問題っ!?)

唯「ゼミでやったところだっ!!」

「こらっ!!そこ!! 次騒いだら出て行ってもらうよ!!」

唯「す、すみませんっ!!」

  クスクス……

唯(は、恥ずかしい……///)

唯(でも…明らかに以前と比べて問題の内容が理解できるっ)

唯(これもみんな進研ゼミのおかげだよ)



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:56:22.22 ID:lzezYIJd0

テスト返却

律「くっそ~まさか唯にテスト負けるなんて思いもしなかった…」

唯「ざっとこんなもんですよ!!」

紬「すごいじゃない唯ちゃん!」

梓「唯先輩カッコイイです!!」

唯「でへへ…///」

澪「……」

唯「って、澪ちゃんなんか元気ないね」

律「まさか澪まで唯に負けたとか?」

澪「和が…」

唯「和ちゃん?」

澪「和がテストの点だいぶ落としててかなり落ち込んでいたんだ…」

唯「和ちゃんが…まさか…そんな…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:03:09.61 ID:lzezYIJd0

唯「和ちゃん!!」

和「あ…唯…」

唯「ダメだよ! いくらテストの点が悪かったからって鼻メガネなんてかけてちゃ!!」

和「いいのよ…今の私にはこの鼻メガネがお似合いなのよ…」

唯「そんなっ…!!」

和「唯、期末よかったんだってね。おめでとう。
  こんな不出来な私は今度からあなたに教えてもらおうかしら…」

唯「バカっ!! こんなになるまで勉強したって何にもならないよっ!!」

和「私は……私はどうしてもK大に行きたいのよっ!!」

和「なのに……なんでいつも遊んでそうなあんたがそんなにいい点取ってるのよっ!!」

唯「和ちゃん……」

和「ごめんなさい…あなたに当たったってなんにもならないのにね……」

唯「和ちゃん、私進研ゼミ始めたんだよ」

和「…進研ゼミ?」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:10:08.46 ID:lzezYIJd0

唯「そうだよ。だから塾なんて行かなくても、部活やりながら成績を上げることができたの」

和「そう……そうだったの……」

唯「だから和ちゃんも私と一緒にゼミ始めて……」

和「もう遅いわよっ!!」

唯「!?」

和「もう…遅いのよ……」

唯「そんなことない……」

和「え?」

唯「そんなことないよっ!! まだ間に合うよっ!!」

唯「私も最初はそうだったけど、やってみて変わったんだよ」

和「唯…」

唯「次は……次は和ちゃんの番だよ!!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:15:31.87 ID:lzezYIJd0

和「……わかったわ」

和「私も唯と一緒にゼミ始めてみるわ」

唯「和ちゃん!」

和「こんな鼻メガネなんてかけてる場合じゃないわね」

唯「その意気だよ!和ちゃん!」

和「ありがとう唯。あなたが親友で本当によかったと思うわ」

唯「私もだよ! 一緒にがんばろうね!!」

 和ちゃんもやる気を取り戻してくれました
 これも全部進研ゼミのおかげです!!



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:22:04.72 ID:lzezYIJd0

そして学園祭

律「いや~ライブ盛り上がったな~!!」

澪「そうだな、とくに唯がスッゴクよかったよ!」

梓「もう私なんて唯先輩の足元にも及びません」

紬「お客さんも唯ちゃんへの声援が一番大きかったわね」

唯「そんなことないよ! みんなでやったからこれだけいいものができたんだよ!!」

さわ子「ち、ちょっとあんたたち。大変よ!!」

律「なんだよさわちゃん、そんなに慌てて」

さわ子「れ、レコード会社の人がぜひ話をしたいって」

「ええ~~~~っ!!!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:29:15.88 ID:lzezYIJd0

「見させてもらったよ、とても良かった」

「早速だがぜひウチと契約を結んでもらいたいのだが?」

律「ぶ、部長の田井中です。ほ、本日はお日柄もよく!!」

唯「もう、りっちゃん落ち着いてよ」

唯「ありがとうございます。放課後ティータイム、ギターボーカルの平沢唯です」

「ほう…キミはやけに落ち着いてるんだね」

唯「はい、なんせ私は進研ゼミをしているので」

「なるほど…だからあのような素晴らしい演奏と歌が」

「これで合点がいく、私の目に狂いはなかったようだ」

梓「あの唯先輩がシッカリしてる……」

澪「進研ゼミが唯をあそこまで変えたんだな」

紬「さすが進研ゼミね」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:35:11.80 ID:lzezYIJd0

「よし、では当社としても君たちを大々的に売り出したいと思う」

「ついては、デビューライブを武道館でやりたいと思うのだが…どうだろうか?」

律「ぶ、武道館だって~!!」

澪「私たちの夢がいきなりかなった…」

紬「すごいわ!」

梓「やりましたね!」

唯「はい! よろしくお願いします!!」

 あの頃の私には想像もつかないようなサクセスストーリーを歩み始めました
 それもこれも進研ゼミを始めたおかげです
 やっててよかった進研ゼミ!!


 さぁ! 次はキミの出番だよ!!
 進研ゼミで素敵な人生を手に入れよう!!



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:41:47.99 ID:lzezYIJd0

───
──────
─────────

「おねえ……」

唯「えへへ…ぶど~か~ん」

憂「お姉ちゃん!!」

唯「はっ!!」

憂「ご飯できたよ」

唯「あれっ? 武道館は?」

憂「なに? ブドウ食べたいの?」

唯「えっ!? ウソっ!! 夢!!」

憂「まったく…勉強してるかと思ったら…」

唯「と、途中で寝ちゃったんだ…」

憂「とりあえず、先にご飯食べようね。勉強は後でできるんだし」

唯「うん! そうだね! 私にはこの進研ゼミがついてるんだし!!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:46:38.11 ID:lzezYIJd0

食後

唯「さ~やるぞ~」

唯「……」カキカキ

唯「ふぁ~~~…」

唯「っと、いけないいけない」

唯「……」カキカキ

唯「そろそろ15分かな~…」チラッ

唯「って、まだ始めてから5分しか経ってない!?」

唯「……」

唯「5分でも私にとったら大きな進歩だよね」

唯「あんまりやりすぎても夢の中の和ちゃんみたいになったらいけないから、今日はこのくらいで…」

唯「それじゃあ、お休みなさい」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:51:17.82 ID:lzezYIJd0

数日後

澪「どうだ唯? やってるか?」

唯「え? 何を?」

律「進研ゼミに決まってるじゃん」

唯「あ、ああ! も、もちろん毎日やってるよ!!」

澪「そっか、じゃあ期末はバッチリだな」

唯「う、うん! 余裕だよ。あ、あははは…」

唯(しまった…初日に5分だけやってあとは手付かずだ…)

律「じゃあ今回の期末勝負するか?」

唯「!?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:56:28.43 ID:lzezYIJd0

唯「だ、だめだよりっちゃん!!」

唯「テストっていうのはそもそも自分との勝負なんだよ」

唯「それを、他人との優劣を競うために使うなんて」

唯「なっちゃいない…なっちゃいないよ!!」

律「そ、そっか…それもそうだよな…」

梓「なんだか唯先輩のほうが正論を言ってるように聞こえます…」

澪「これも進研ゼミを始めたおかげだろうな」

紬「さすが進研ゼミね」

唯(やばい…今日はちゃんとやろう!!)

唯「……」

唯(そういえば今日は見たいTVがあったんだよね)

唯「……」

唯(明日から本気だす!!)



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:02:12.25 ID:lzezYIJd0

期末当日

唯(ふっふっふ、とうとうこの日がきたか…)

唯(さぁこい! 今までの成果を見せてやるっ!!)

「それでは、始め」

唯「!?」

唯(こ、この問題っ!?)

唯(初見だっ!!)

唯「……」

唯(それもそうだよね…結局あれからやってないし…)

唯(どうしよう…ぜんぜんわからない…)




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:06:18.26 ID:mH2edtT40

初見だっ!!

ワロタ





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:09:41.36 ID:lzezYIJd0

テスト返却

唯(ひ、酷過ぎる…)

律「唯、テストどうだった?」

唯「う、うん。まぁまぁ…、かな」

律「そっか~。ちゃんと進研ゼミやってりゃ大丈夫だよな。ムギは~?」

紬「私はいつも通り」

律「ああ~、じゃあかなりいいってことか~」

律「梓は?」

梓「今回は結構がんばりましたよ」

律「そっかそっか~」

澪「……」

律「和も相当よかったんだろうな~」

澪「なぜ私には聞かない?」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:14:39.05 ID:lzezYIJd0

律「冗談だって。ほらほら言ってごらん。褒めてあげるよ~」

澪「こ、こいつ……もういいよ」

律「拗ねるなよ~」

澪「まぁ、でも実際和は校内1位らしいからな…」

唯「…そうなんだ」

律「かぁ~、やっぱり塾通いには敵わないな~」

紬「K大狙いだって言ってたわ」

梓「K大どころかT大だって行けるんじゃないですか?」

律「和だけは次元が違うよな~」

唯「……」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:20:31.10 ID:lzezYIJd0

紬「でもウチはウチで何事もなく部活続けられるわね」

梓「はい! 練習にも身が入ります」

律「唯もどうやら追試回避できたことだし」

澪「そうだな。それもこれもみんな進研ゼミのおかげだな唯」

唯「う、うんそうだね。進研ゼミってすご~い…」

唯(どうしよう…全教科赤点だったなんて言えないよ…)

唯(でも、家には進研ゼミがあるから今から始めれば追試はクリアーできるはずっ!!)

唯(なんとかみんなにバレずにやり過ごそう)

 しかし今までやってこなかった者が急にできるはずもなく
 私はあえなく追試も落とし部活も強制退部となり灰色の高校生活を送ったのです


 やらなきゃ意味ない進研ゼミ

 おしまい




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:21:24.40 ID:WztaeE2/0

乙。
俺も続かなかったわ。



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:25:20.46 ID:K4sxITbE0





93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:35:02.29 ID:mH2edtT40



できる奴は最初からできるよな



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 04:26:16.50 ID:ZcJwOwdY0

乙、やはりこれが現実



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 04:53:27.00 ID:zvzSXiI7P

つうか、高校で真面目に勉強してる奴あまりみたことねーな。
バイトざんまいな高校生が多いな。



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 06:34:29.47 ID:2UTqfxLkO

面白かった。




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 07:00:25.99 ID:1q+JQH66O

まあ現実はこんなもんだよな




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 08:53:50.65 ID:NHI+aZb0O

おつ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 09:41:08.74 ID:uZKbRDykO

おつ
小3から高1までやってました
目指せ!漫画家キットとストップウォッチとバリバリ財布はまだ持ってる



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:29:27.43 ID:XtQIuakC0

俺は和ちゃんが生徒会を辞めて塾通いする非進研ゼミ的な子になって
成績が落ちてしまって噛ませ犬のような扱いをされていたとしても和ちゃんを愛せるよ
でもさすが和ちゃんは格が違ったようでなによりです 乙






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「しんけん!」
[ 2011/09/13 20:20 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6