SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  紬「私、軽音部にいてもいいのかな・・・。」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「私、軽音部にいてもいいのかな・・・。」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1267694274/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:17:54.92 ID:fBXkCz+90

いつもの放課後、音楽室。

相変わらず私たち軽音部は練習をせずにお茶をしている。

唯「あずにゃ~ん!」

梓「ちょwwやめてくださいよ唯先輩ww」デレデレ

律「あっ唯のやつ!じゃあ私もっ!!みぃお~」

澪「こーら律ぅ!」ゴンッ

律「いったー!!」

澪「あっ・・つ、強すぎたか!?ご、ごめん!」

律「澪しゃん・・・」

紬「・・・」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:18:59.61 ID:fBXkCz+90

最初の内は私は見てるだけでいいの~とさみしさをごまかしていた。

実際女の子同士を見ているのは素敵な時間だと思う。

でも最近はみんな私にかまってくれない。

自分から行こうかとも思ったけど

みんな楽しそうなのに私なんかが入ったら邪魔なんじゃないかしら。

もしかして私は邪魔者なのだろうか。

お茶とお菓子。それにキーボードだけあればいいのだろうか。

私は軽音部にいてもいいのかな・・・。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:22:11.62 ID:fBXkCz+90

唯「ムギちゃ~ん、お茶おかわ・・・!む、ムギちゃん!?」

澪「わっ、む、ムギ!?」

律「な、なんで泣いてるんだ!?」

梓「お腹でも痛いんですかww」

紬「へ!?」

気が付いたら私の目からは涙があふれ出していた。

紬「あっ、ち、違うの、これは

唯「ムギちゃんないちゃやだぁ・・・うぅふえぇぇん」

梓「なんで唯先輩まで泣くんですかww」

澪「どうしたんだムギ、悩みがあるなら相談に乗るぞ!」

律「私たち、親友だろ」にこっ



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:24:36.30 ID:fBXkCz+90

みんなが私のことを心配してくれてる。

唯ちゃんも、りっちゃんも、澪ちゃんも、梓ちゃんも。

私はどうしてさっきこんな素敵な仲間を疑ってしまったんだろう。

自分の愚かさに腹が立つ。

紬「ご、ごめんなさい・・・ごめんなさい!!」ぐすっ

梓「ちょwwいきなり謝られても困りますってww」

澪「ムギ、ちょっと落ち着け。」ギュ

澪ちゃんが私を優しく抱きしめてくれる。

紬「・・・」ヒックヒック

律「・・・落ち着いたか?」

りっちゃんが私に優しく微笑みかける。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:28:16.15 ID:fBXkCz+90

唯「ムギちゃん、お茶はいったよ・・・」

唯ちゃんがなれない手つきでお茶を運んできてくれる。

梓「唯先輩ぐらぐらしすぎですよwwwてつだいますww」

梓ちゃんがそれを助ける。

澪「落ち着いたなら理由を話してくれないか?
  あっ、も、もし言いにくいことなら無理しなくていいんだぞ!」

紬「・・・あのね、澪ちゃん・・・」

紬「その・・・」

みんなが私を見る。

紬「・・・さみしかったの」

澪「は?」

律「ひ?」

唯「ふ?」

梓「へほ?ww」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:31:16.20 ID:fBXkCz+90

紬「みんなが仲良くしてるのになかなか入り込めなくて・・・
  もしかしたらみんな私のこと必要ないんじゃないかって思って・・・
  みんなのことをそんな風に疑う自分が恥ずかしくて・・・情けなくて・・・」ぐすっ

私はさっき思ってしまったことをみんなに告白した。

それと同時に再び涙がこみ上げてくる。

紬「・・・それで・・・ヒッく・・・私なんかが軽音部にいてもいいのかなって・・・」

梓「駄w目wでwすw」

紬「!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:32:45.39 ID:fBXkCz+90

律「おい!」

唯「あずにゃ澪「あずs梓「なんでそうやって自分のこと悪く言うんですかww」

梓「いてもいいに決まってるじゃないですかwwというかいないとだめです!ww」

紬「梓ちゃん・・・」

梓「ムギ先輩のいない軽音部なんて軽音部じゃないですww
  私たちは誰一人として欠けちゃいけないんですよw」

梓「みんな、ムギ先輩が大好きなんですよ」

唯「そうだよムギちゃん!私、ムギちゃんが大好きだよ!!
  ・・・その・・・友達じゃなくて、女の子として!」

律「ゆ、唯!何どさくさにまぎれて告白してるんだ!」

紬「え、えぇぇぇぇ!?」

突然の告白。頬を赤らめ、もじもじしながら涙目で私のようすを伺う唯ちゃん・・・か、かわ



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:34:35.66 ID:fBXkCz+90

澪「だ、だめだっ!!ムギは・・・ムギは私のほうが好きなんだぁ!!」

梓「ちょwwまじかにゃんww」

律「み・・・澪まで・・・」

紬「あ・・・あの・・・」

なんということだ。
私は超絶和風美人の澪ちゃんとふわふわ天然美少女唯ちゃんの二人に告白されてしまった。

てっきり澪ちゃんとりっちゃん、唯ちゃんと梓ちゃんのカップルがせいりつしているのかと

律「あっ!私今日ようじがあるんだった~!」がたっ

りっちゃんはそういうといきなり席を立つと走って音学室を飛び出していった。
もしかしてりっちゃん、澪ちゃんのことが・・・?

梓「わwたwしwもwよwうwじwがw」

叫びながら梓ちゃんはりっちゃんの後をおう。

・・・二人とも、荷物置きっぱなしなのに・・・



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:36:38.95 ID:fBXkCz+90

澪「で、ムギ。どうなんだ・・・?」

唯「わ、私と澪ちゃん、どっちを選ぶの…?」

いつもより凛として強気にたずねる澪ちゃん。

いつもと違いしおらしく、もじもじしながら顔を赤くする唯ちゃん。

紬「え、えぇと・・・」

澪「前に、軽音部に好きな人がいるって言ってたじゃないか・・・!」

唯「もしかして、私たちじゃ・・・ない?」うるうる

私は・・・どうすれば・・・



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:38:45.24 ID:fBXkCz+90


一方

唯が、ムギに告白した。澪も、告白した。

でも、私はいいんだ。わたしに恋なんて似合わないから。

あの二人なら、ムギを幸せにできるはずだから・・・。

気づいたら、わたしは逃げていた。

梓「律先輩!ww」はぁ・・・はぁ・・・

律「あ、梓・・・」

梓「何逃げてるんですかww戻りましょうww」

律「・・・無理だよ・・・」

一筋の涙が流れる。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:41:29.32 ID:fBXkCz+90


梓「律先輩ww」

律「私に恋なんて・・・変だし」

梓「そうですねww」

梓「今のそんな情けない顔した人に恋なんて無理です」

律「・・・お前に・・・お前に何がわかる!!」

つい怒鳴ってしまう。梓は悪くないのに。

梓「大方、ムギ先輩が好きだけど、唯先輩や澪先輩に勝ち目がないww」

梓「それで、私には変だしとか言っちゃって、
  あの二人に任せたら大丈夫だとか
  そんなこと思ってかっこつけてたんじゃないんですか?ww」

律「わっわたしはそんな」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:44:31.52 ID:fBXkCz+90


梓「最高にかっこ悪いですよ、今の律先輩は。
  勝ち目がないと思っても、友達と争うことになっても。」

梓「唯先輩も澪先輩もそれがわかっていても、それを覚悟して自分の思いを伝えたんです。」

梓「なんなんですか?あなたは。一人だけ逃げだして、一人でかっこつけて。」

梓「あなたは、そんなんでいいんですか?」

律「・・・そうだよな・・・うん!」グッ

私は決心した。ムギに、思いを伝えよう!
後輩に言われて決心するなんてかっこ悪いけど、同じかっこ悪い奴なら当たって砕けたほうがましだ!



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:48:13.21 ID:fBXkCz+90


律「ありがとう、梓!わたし・・・言ってくる!!」

梓「それでこそ、律先輩ですよ!
  ・・・あと、律先輩は唯先輩や澪先輩に負けないくらいいいところあります!!
  自信を持ってください!!」

梓・・・ありがとう・・・!

梓の激励を背に受けながら、私は走る。

ムギのいる、音楽室へと!


梓「勝ち目がなくて逃げ出してかっこ悪い・・・かww。」

梓「私も人のこと言えないんだけどね・・・www。」ポロポロ

梓「ガンバって下さい・・・律先輩!」

おわり



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:56:27.28 ID:fBXkCz+90


1です

なんかぐだぐだでごめん

続き書こうと思ったけどみんなそれぞれのキャラが好きだろうと思いやめました

唯ENDか澪ENDか律ENDかまさかの梓ENDかはどうかご自分で妄想してください

私は唯ENDを妄想してました

紬唯は俺のジャスティス

ここまで読んでくれてありがとうございました




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:49:27.16 ID:7XQdJaM7P

お、おわり




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 18:49:44.23 ID:okm/ZpYH0

おつwwww



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 19:06:08.36 ID:bIfy7Uvw0

乙www



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 19:12:23.36 ID:42dJKdIl0

乙wwwwwwwwww






関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「私、軽音部にいてもいいのかな・・・。」
[ 2011/09/14 22:32 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6