SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「納涼の中野梓」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「納涼の中野梓」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317127723/l50

梓「○○の中野梓」#index




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:48:43.49 ID:ac6hla6Q0

梓「はぁ~……」

梓「あっつぅ~……」

梓「夏が暑いのは当たり前だけど」

梓「こう真夏日続きだと、ついつい愚痴っちゃうよ」

梓「オマケにこのタイミングでエアコン故障とか……」

梓「修理業者は予定が詰まってて、まだまだ来られないって言うし」

梓「団扇と扇風機じゃおっつかないよ……」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:50:49.26 ID:ac6hla6Q0

梓「折角の夏休みにこの仕打ちって」

梓「…………」

梓「…………っっ~~~!」

梓「あっつ~~~い!!」

梓「こういう時は、少しでも暑さをまぎらわすようにしないと」

梓「そう言えばこの間――」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:54:13.69 ID:ac6hla6Q0

唯律「――あっつ~~~い!!」

澪「夏は暑いのが当たり前だろ」

唯「それはそうだけど~」

律「部室のエアコンが故障してるって聞いてないぞー!」

澪「私だって聞いてない! 今日のところは仕方ないだろ」

梓「そうですよ。少しくらい我慢しましょう」

唯「えぇ~」

律「無理だってー。汗で制服も引っ付いて気持悪いしよー」パタパタ

澪「やめろ、はしたない!」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:57:26.92 ID:ac6hla6Q0

紬「でも修理業者もこの季節は予定が一杯で、まだ来られないらしいし……」

唯「えぇ~!? もう待てないよ~」

梓「ワガママ言わないで下さいよ。仕方ないじゃないですか」

唯「う~……あ、学校パワーで優先してもらえないかな!?」

梓「もらえませんよ。何ですか、学校パワーって」

唯「ムギちゃ~ん! 何かないの!? 一瞬で冷え冷えになるアイテムとか!」

澪「またそういう事を……」

梓「ムギ先輩は便利な青いアレじゃありませんよ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:59:35.06 ID:ac6hla6Q0

紬「便利アイテムはないけど、今日はジェラート持ってきたの~」

律「お、さっすがムギ!」

唯「これでしばらくは戦える……ありがたや、ありがたや~」

紬「うふふ、どういたしまして」

澪「まったく……」

梓「でもまぁ唯先輩達じゃなくとも、この暑さじゃまいっちゃいますよね」

澪「そうだな。じゃあ食べたらちゃんと練習するんだぞ」

唯「は~い」

律「はいはいはーい」

澪「はい、は一回!――」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:07:21.01 ID:ac6hla6Q0

梓「――って事があったっけ」

梓「結局あの後も、ぐだぐだいつも通りだったなぁ」

梓「ジェラート美味しかったなー……」

梓「いま家には何もないし」チリン

梓「あー、また暑くなってきた」チリンチリン

梓「って、さっきから何の音……風鈴か」

梓「そういや、風鈴といえば唯先輩が――」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:11:23.26 ID:ac6hla6Q0

律「――何だよ、まだエアコン直ってないのかよー」

紬「今月中は厳しいかも、だって……」

律「暑い今にないと意味ないじゃんよー」

澪「文句ばっか言うな。暑いのは皆一緒なんだ」

律「一緒だろうが、一緒じゃなかろうが、暑い事に変わりないっての」

澪「だったらほら、団扇。思う存分扇いでろ」

律「うちわー? まぁ妥協するか……」パタパタ



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:19:44.38 ID:ac6hla6Q0

律「……」パタパタ

律「…………」パタパタパタパタ

律「………………」パタパタパタパタパタパタ

律「……澪ちゃ~ん」

澪「嫌だ」

律「扇いでくれよ~」

澪「嫌だって言ってるだろ」

律「少しだけ! ほんの数分でいいから!」

澪「いーやーだ!!」

梓「この暑いのによくやりますね……」

紬「夏の暑さに負けてない位に熱くていいわぁ」

梓「……ムギ先輩?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:24:22.04 ID:ac6hla6Q0

唯「みんなおはよ~、今日も暑いね」ガチャ

梓「遅かったですね、唯先輩」

律「また寝坊かぁ?」

唯「違うよー。来る途中で、隣のお婆ちゃんにあってね」ゴソゴソ

梓「?」

唯「これをもらったんだ」チリン

澪「風鈴か」

紬「素敵ね」

梓「夏の風物詩ってやつですかね」

唯「えへへ~、いいでしょ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:28:51.65 ID:ac6hla6Q0

律「で?」

唯「え?」

律「で、その風鈴どうするんだって」

梓「そりゃあどこかに取り付けるんじゃないですか」

唯「うん! せめて気持よく練習できればなぁって」

紬「じゃあ、少し風が出てるから付けてみるわね」チリン

梓「いい感じですね」

唯「そだね~」

澪「うん。じゃあ練習始めるぞ」

律「しゃーない、一丁やるか!――」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:34:20.97 ID:ac6hla6Q0

梓「――それで練習始めたけど」

梓「演奏してたら風鈴の音なんて全然聞こえないし」

梓「暑さが変わる訳でもないし」

梓「やっぱりぐだぐだになったっけ」

梓「気分だけ涼しくしてもね」

梓「実際には暑いんだし」

梓「まだまだその境地には辿り着けないよ」

梓「はぁ、暑い」

梓「氷すらないし……そうだ」

梓「純に何か買ってきてもらおう。どうせ暇でしょ」

梓「メールでいいか……『暑い。アイス買ってきて』……と」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:38:29.80 ID:ac6hla6Q0

梓「お、返信早い」

梓「『自分で行けば』……テンプレな返答だね」

梓「そうもいかない……
  『今留守番してて動けないんだ。お願い、純だけが頼りなんだ』……と。歩み寄りは必要だよね」

梓「……きた。何々……『仕方ないなぁ、ちょっと待ってなさい』」

梓「普段頼られないから、文章から嬉しさがにじみ出てるね」

梓「これでよし。後は純が来るまで耐え忍ぶだけ」

梓「それまでどうしようかな」

梓「あ、そうだ」

梓「えーっと、確かこの辺に……あったあった」

梓「以前に使ったライブ用浴衣」

梓「ちょっと着替えよう」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:43:48.75 ID:ac6hla6Q0

梓「――うん、涼しい涼しい」

梓「これに限った話じゃないけど」

梓「一人で全員の衣装作っちゃう先生」

梓「動機が少し不純だけど」

梓「うーん、いい仕事するなぁ」

梓「肝心の音楽に関してはあんまり口出さないけど……」

梓「まぁ……感謝、だよね」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:49:00.67 ID:ac6hla6Q0

梓「えーっと」

梓「何か恥ずかしい事を口走ってしまったような……」

梓「コホン」

梓「えっとえっと、何か涼しい事でも考えよう」

梓「かき氷! かき氷食べたいな」

梓「例えばこういうノリで――」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:55:00.73 ID:ac6hla6Q0

唯「――暑いねぇ、あずにゃん」

梓「そうですね」

唯「こう暑いと冷たいものが欲しくならない?」

梓「またアイスですか? さっき食べてたじゃないですか」

唯「いや~、夏はアイスがないと始まらないよ」

梓「唯先輩は一年中アイス食べてるじゃないですか」

唯「おおぅ、よくご存知で~」

梓「まったく……」

唯「あ、かき氷でもいいよ~。私、イチゴ~」

梓「そんな都合よく出てきま」

紬「は~い、お待たせ~」

梓「……出てきた」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 22:59:06.24 ID:ac6hla6Q0

唯「うわ~い、ムギちゃんありがと~」

紬「どういたしまして。梓ちゃんはブルーハワイでいいかしら?」

梓「それ何味なのかはっきりしないんでちょっと……」

澪「おはよう」ガチャ

梓「あ、澪先輩。おはようございます」

澪「いやぁ、今日も暑いな。来る途中見掛けたから買ってきたよ、かき氷」

梓「え」

紬「あら、私もかき氷持ってきたの」

澪「え、そうなのか。被っちゃったな」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:03:11.76 ID:ac6hla6Q0

唯「わ~い! 私、イチゴ味ね~」

梓「まだ食べるんですか。そして、またイチゴですか?」

唯「ん~、やっぱり好きな味だったら飽きないよね」

澪「そうだな、私もそういう所あるかも。梓はブルーハワイでいいか?」

梓「なんで澪先輩まで……私ってブルーハワイ好きそうに見えます?」

律「おーっす!」ガチャ

唯「あ、りっちゃん、お~っす!」

梓「律先輩遅かったですね」

律「んー? いやなに、今日も猛暑だしさ」ドンッ

紬「氷の……塊?」

律「それと、このかき氷製造機! たまには部長らしく差し入れだ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:07:40.02 ID:ac6hla6Q0

梓「わー……」

澪「律もかき氷持ってきたのか」

律「も、って……あら、みんな持ってきたのか?」

唯「いいじゃんいいじゃん~、いっぱいあった方が有事でも安心だよ!」

梓「かき氷で何とかなる有事って何ですか……」

律「あ、シロップも色々揃えてきたんだぜ」

澪「おお、本格的だな」

唯「わ~! それじゃあ私は――」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:11:31.45 ID:ac6hla6Q0

梓「またイチゴですか?」

唯「あ~、先に言わないでよ~」

律「はは、同じのばっかとか唯っぽいな」

紬「イチゴ、好きなのね」

唯「そんなにおかしいかなぁ?」

律「ま、いいんじゃないの? 梓はそうだな……ブルーハワイか?」

梓「もうブルーハワイでいいです……――」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:15:27.85 ID:ac6hla6Q0

梓「――う、うーん」

梓「以前にかき氷食べた時はいちごミルクだったけど」

梓「ブルーハワイ……子供の時にしか食べたことないから覚えてないなぁ」

梓「唯先輩は何て言ってたっけ……」

梓「あぁ、パープルアルゼンチン……だっけ? これも想像つかない」

梓「そもそも実在するのかな?」

梓「うーん」

梓「少しは気が紛れたかな? 他に涼しくなるような……」

梓「そうだ、肝試し!」

梓「以前にムギ先輩の別荘でやったノリで――」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:21:34.49 ID:ac6hla6Q0

律「――という訳で! 肝試しをしようと思います!」

唯「え~?」

紬「わぁ~」

梓「また唐突に……どうしてですか」

律「やっぱ夏といえば肝試しだろ。夏フェスだけで終わるほど、私らの夏は短くないのさ」

梓「はぁ……まぁいいですけど」

唯「ねぇねぇ、どこでやるの?」

律「よくぞ聞いてくれた!」バサッ

紬「地図? ここにチェックしてあるけど」

唯「ここ山だよね」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:26:10.21 ID:ac6hla6Q0

律「そう! 何を隠そう、その変哲もない山……最近ウワサなんだ」

唯「ウワサ? 何の?」

律「決まってんだろ? 出るって話だよ」

紬「おぉ~」

梓「ムギ先輩の目が輝いてる……あ、でも私もそのウワサ聞いたことあります」

唯「えっ、あずにゃん知ってるの?」

梓「はい。私は純に聞いたんですけど、最近有名みたいですよ」

律「そうそう! この大波に乗り遅れる訳にはいかないっしょ!」

紬「いかない、いかない!」

唯「私も暇だから別にいいよ~」

梓「受験生の台詞とは思えませんね……」

律「よーし、じゃあ皆OKって事で――」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:30:15.47 ID:ac6hla6Q0

梓「律先輩、律先輩」チョンチョン

律「っと、なーんだよ」

梓「澪先輩はいいんですか」

唯「あれ、そういえば澪ちゃんの姿がないね」

紬「さっきまでそこにいたのに……」

律「どうせ準備室の隅とかだろ……ほら」バタン

澪「……」

紬「あ、ホントだ」

唯「さすが、りっちゃん」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:35:56.73 ID:ac6hla6Q0

律「おーい、みーお!」

澪「……かない」

律「ん?」

澪「行かない、行かない、行かない、行かない……!」

唯「おお、凄い拒否反応」

梓「そりゃ、こうなりますよ。どうするんですか」

律「任せとけって。おい澪」

澪「……?」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:39:27.93 ID:ac6hla6Q0

律「いいか、今年の夏は私達の高校生活最後の夏休みなんだぞ」

唯「そうなんだよね~。いっそ、もうずーっと夏休みでいいのにね」

梓「いや、それはどうかと……」

律「そして私達と梓が、高校で一緒にいられる最後の夏休みでもあるんだぞ!」

澪「あ……うぅ……」

唯「そっかぁ、あずにゃんは来年も夏休みあるんだ~。いいな~」

梓「大学にも夏休みあるじゃないですか。もう、唯先輩は静かにしてて下さい!」

唯「しどい!?」

律「とーにーかーく! 思い出! 思い出作りだよ」

澪「思い出……そうだな、わかった。行くよ」

唯「やった~」

律「それじゃ、今日の夜に集合なー――」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:43:16.21 ID:ac6hla6Q0

律「――よーし、全員揃ったな」

唯紬「は~い!」

澪梓「はーい……」

律「テンション違うなぁ……まぁいいや。じゃあペアを作ってくださーい」

唯「そっか。二人一組で回るんだね」

澪(……ペア? 唯は勝手にどこか行きそうだし、ムギは何か撮られそうだし……)

澪「あ、梓っ!」

梓「は、はい! 何でしょうか」

澪「梓さえ良ければ、一緒に行かないか?」

梓「え……あ、はい、喜んで!」

梓(まさか澪先輩からお誘いがあるなんて! 高まれ、私のレイジングハート!!)



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:47:46.87 ID:ac6hla6Q0

唯「じゃあ、ムギちゃん一緒に行こうか」

紬「うん、お願いします」

律「決まったなー? それじゃあ、コースは――」

澪「そういや、律は行かないのか?」

律「あぁ、私はあれだよ。舞台裏。盛り上げ役は必要だろ」

澪「……いや、別にいいけど」

律「シャラップ! コースは紙に書いたから、さっさと出発する!」

澪梓「……はーい――」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:51:08.03 ID:ac6hla6Q0

梓「――わー……やっぱり夜の山は雰囲気ありますね」

澪「えー、あー、うん」

梓「明かりも懐中電灯だけ、人気も全くなし。絶好の肝試し場ですね」

澪「……んー、そう、だなぁ」

梓「? 澪先輩、何か反応が……って、目をつぶりながら歩いたら危ないですよ!」

澪「う……だってぇ……」

梓「わー! そこ崖になってますから! とりあえず目を開けて下さい!」

澪「もう、梓は心配性だな。この程度大丈夫だよ」

梓「いや、虚ろな顔であらぬ方向に話し掛けないで下さい。私まで怖いです」

澪「ううぅ……」

梓「澪先輩?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:54:22.09 ID:ac6hla6Q0

澪「梓ぁ!」ガバッ

梓「ひゃあっ!? ど、どうしたんですか!」

澪「も、もう私は限界だ……ここで一生を終えるよ」

梓「何言ってるんです、大した距離じゃありませんから」

澪「でも……」

梓「私もいますから……それより、少し離れてもらえないでしょうか」

澪「えっ」

梓「あの……密着されると、ちょうど澪先輩の胸で……息が……」

澪「わぁっ、わ、悪い!」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:57:31.27 ID:ac6hla6Q0

梓「ふうっ……さぁ、手を貸しますよ」

澪「梓……ありがとう……」

梓(うっ、震えながら涙ぐんでおずおずと手を出す澪先輩……なんて官能的な……)バサバサッ

梓「わっ、鳥ですかね。少し驚きましたね」

澪「」

梓「あ……み、澪先輩?」

澪「あ、あ、あ、ああ梓ぁぁっ!!」ガバッ

梓「わぷっ! み、澪先輩落ち着いてくださ……」

澪「わああぁっ!!」ギュウゥゥゥゥゥゥ

梓「み、みおせんひゃい……むねのあっぱくが……」

梓(あぁ……でも不思議と充足感が……ここが聖地エルサレム――)



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:00:04.88 ID:pOIUO9t70

梓「――あっ、そんなトコまで……あぁもう……」

純「」

梓「これ以上は……うふふふ……ネバーランド……」

純「梓」

梓「って……あ、あれ? 純!?」

純「お、お忙しいようで……」

梓「いや! これはちょっと……な、何でもないの!」

純「改造浴衣着て、謎の言語を発しながら身をくねらせるのが何でもないと……?」

梓「うっ……」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:04:20.01 ID:pOIUO9t70

純「ま、まぁ、アイス置いとくから、どうぞ続きをごゆっくりと。じゃあ!」

梓「あぁっ! 純、ちょっと!」ガツッ

梓「痛っ!」ベチャッ

梓「な、何これ……アイス?」

梓「…………」

梓「…………っっ~~~!」

梓「冷た~~~い!!」




おしまい!




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:08:27.68 ID:B4/0Crtx0


確かにあずにゃんはかわいい



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:09:10.02 ID:HyK+SWDg0

終わりか・・・・・・・・・・乙



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:09:37.30 ID:dV99WLad0

あずにゃんの色んな表情が見たい。あずにゃんは見てて飽きないねぇ
あずにゃん!あずにゃん!



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:21:56.37 ID:dV99WLad0

ああ…、あずにゃんの色んな表情が見れてぼくは幸せなのにゃん…
きっとぼくの知らないあずにゃんの表情が沢山あるんだろうにゃん…



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 23:20:16.43 ID:0azBwqX40

梓「調査の中野梓」
梓「待機の中野梓」
梓「ドミノの中野梓」
梓「バレンタインの中野梓」
梓「春眠の中野梓」
梓「お面の中野梓」

過去ので読んでるのはこんだけ
他にもあるかな?





79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/28(水) 00:24:30.25 ID:pOIUO9t70

書き忘れー

>>46
それだけです。
拙文に付き合って頂けて何よりです。


以上。
何気に自分のSSスレに、かずにゃんが常駐してくれたのは初めてでした。
俺もやっと認められてきたのでしょうか。
では。




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「納涼の中野梓」
[ 2011/09/28 20:09 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:3931 [ 2011/09/28 23:13 ] [ 編集 ]

この人の書いてくれるSSはすごくいい梓だわ...
みんなのキャラをわかってる!!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6