SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「ワタシノート」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「ワタシノート」 【非日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1316184005/




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:40:06.15 ID:2PJh67JSO

律「うーん」

今日、これで何回目だろう。

机の上に置かれている、白紙のレポート用紙を見る度、私は唸り声をあげている。

まぁ、誰も気付いてくれないけど

律(あぁー、ダメだぁ。なんも思い浮かばねぇ)

頬杖をついて、白紙のレポート用紙とにらめっこしても、文字が勝手に浮かんで来るワケもない。

朝の9時から、ずっとこんな調子だった。





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:41:09.33 ID:2PJh67JSO

律(もう午後3時か)

律「ふぅー」

一息つくと、携帯電話を取り出した。

律(ここは、あいつに電話するか)

今からかける電話の相手こそ、今回の悩みを作った原因だ。


プルルル、プルルル


数回のコール音のあと、その原因の人物が電話に出た。

『はい、もしもし』

律「おう! わたしわたし、りっちゃんだぞー」

『律?』

律「今日の澪ちゃんのパンツは、何色かなぁー」



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:42:05.63 ID:2PJh67JSO

澪『馬鹿律!』

律(はは、怒られちゃった)

律「あー、ごめんごめん。冗談だってばー」

澪『ったく! それで、なんの用だ?』

律「あー、ちょっと作詞の件で聞きたいことが……」

澪『もう出来たのか?』

律「いやー、全然。だから、聞きたいんだけど」

澪『そうか……』

律「そんで? 澪は出来たのか?」

澪『全くと言ってダメだ』

律(まぁ、そうだろな)



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:43:02.40 ID:2PJh67JSO



もうすぐ文化祭がある。
私達、三年生組にとっては最後の文化祭。

そこで新曲をやる予定なんだけど、
曲は既にムギが完成しているが、澪が担当する歌詞は未完成。

そこで、みんなで協力して歌詞を書いてみよう!
ってなったんだけど……以外と難しい。



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:43:45.10 ID:2PJh67JSO

律「なぁ、作詞のコツとかないのか?」

澪『コツねぇ。それが分かったら今頃、私はスランプになってないと思う』

律(そりゃそうだ)

澪『んー、とりあえず思い付いた言葉をメモするしかないな』

律「やっぱ、それが早いんかな?」

澪『まぁ、何もしないよりかは』

律「澪もそうしてるのか?」

澪『一応はな。あとは、そうだな……誰かに思いを伝えたい、とか』

律「私にラブソングを書けってか」

澪『ぷぷっ。律にラブソング……あはははは』

律「笑うな!」

澪『ごめんごめん。でも別にラブソングじゃなくても、
  大切な人に感謝を伝えたいというか、思いを伝えたいと言うか』

澪『そう言うのでもいいと思うんだ』



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:44:46.71 ID:2PJh67JSO

律「ふーん、分かった。参考にするよ」

律「じゃあ、澪も頑張れよ」

澪『ああ、律もな』

律「じゃあな」

澪『ばいばーい』

電話を切ると、私はまた作詞の作業に戻る。

律(よし、やるか!)




それから、どれくらい経過したんだろう。

私は澪の助言通り、大切な人に感謝を伝えたい気分で言葉を選び、レポート用紙に書き溜める。

大切な人……家族、友人。

そして、そこから歌詞になるようにしてみるけど……



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:45:24.34 ID:2PJh67JSO


律「あぁー、ダメだぁ!!」

目の前のレポート用紙を思いっ切り、クシャクシャに丸めて後ろに放り投げる。

もうこの動作を何十回繰り返したか、そろそろレポート用紙がなくなりかけていた。

律(ちょっと、休憩するか)

机に突っ伏す。

そして、少し考え事をしていたら、外で物音がした。

律(ん?)

気になった私は立ち上がって、閉めきってある部屋のカーテンを開ける。

律(あ、雨だ)

いつから降っていたのか、全く雨音に気付かなかった。



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:46:40.38 ID:2PJh67JSO

律(そういや、ずっと作詞に集中してたからな)

律(まだ全然、出来てないけど)

律「さて、続き……うわー」

さっき立ち上がった時に気付かなかったけど、今になってようやく気付いた。

部屋の床には、丸められたレポート用紙が散らばっていた。

律(まっ、歌詞を何度も書いたり消したり、そんで気に入らないから丸めて捨てて)

律「ふわー」

律(眠い……何時だ?)

時計を見ると、午後9時を少し過ぎたばっかりだった。



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:47:54.01 ID:2PJh67JSO

よくよく考えたら、日曜日という貴重な休みを丸々、作詞作業で半日も潰してしまった。

律(何やってるんだろなぁ)

丸められたレポート用紙を拾いながら、そんなことを考えた。

結局、この半日の成果はなく、レポート用紙を無駄にしたくらいだ。

律(まっ、澪が困ってるんだから、助けないとな)


全てを片付け終えると、私はそのままベッドにダイブした。

律(もう、寝ちゃお寝ちゃお)

律「おやすみー」



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:48:32.47 ID:2PJh67JSO

……

翌日、部活もほどほどにして、みんなで帰り道を歩いていた。


唯「さて、今日も作詞を頑張りますか!」

梓「唯先輩。憂に手伝わせるだけじゃなく、ちゃんとやって下さい」

唯「失礼だね、あずにゃん。憂の力は、ちびーっとだけしか借りてないよ」

梓「だといいんですが」


紬「作詞って、なんか楽しいわね」

律「そうか? なーんか、色々と考える部分があるっつーか、私には似合わん」

澪「律らしいな」

律「ひっでぇー!」


唯「じゃあーねー。りっちゃん、澪ちゃん」

梓「お疲れ様です」

紬「ばいばーい」



11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:48:59.32 ID:2PJh67JSO

律「おう」

澪「また明日」

……

律「さーて、帰ったらまた作詞するか」

澪「律、なんか楽しそうだな」

律「楽しくねぇーよ。でも、澪の大変さが身に染みたよ」

澪「だろ」

律「ああ。だから、明日の締め切りにはいい歌詞を披露してやるよ」

澪「私だって負けないからな」

律「まーた動物シリーズとか?」

澪「い、いいじゃないか。動物は可愛いんだぞ!」

律「ぷっ、あはははは」

澪「笑うな、りーつぅ!」



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:50:10.72 ID:2PJh67JSO

……

澪を茶化してはみたものの、

律(ダメだ)

私も人のことは言えなかった。

ノートに書き綴った詞を消しゴムで力を入れて消す。

レポート用紙が無駄になるから、ノートを使うことにした。

もう何度、書いたり消したりしたか、新品の消しゴムが半分くらいになっていた。

律(明日が締め切りなのに、本当に出来るんだろうか)

そう思った時、机の上に置いてある携帯電話が鳴った。

律(ん?)

携帯電話を手に取る。

律(澪からか……)

なんだろうと思いつつ、私は電話に出る。

律「もしもーし」

澪『律、大変だ!』

律「大変って、何が大変なんだ?」

澪『唯が……唯が……』

律「唯がどうし……」


澪『唯が風邪をひいた!!』


律「なんだってぇー!!」

それは、その日一番の絶叫だった。



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:50:53.66 ID:2PJh67JSO

……

結局のところ、風邪をひいたのは唯ではなく憂ちゃんだった。

まぁ、唯からしたら憂ちゃんが風邪ひいたら、そりゃパニクるだろう。

なんにせよ、早く回復して欲しいものだ。


私は今、平沢家を後にし、梓とムギと別れ、澪と並んで歩いている。

律「いやー、びっくりしたなぁ」

澪「うん。去年の文化祭、唯は風邪を引いたから、電話貰った時はかなり焦ったよ」

律「まっ、唯がついてるから、憂ちゃんもすぐに良くなるだろう」

澪「そうだな」



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:51:47.40 ID:2PJh67JSO

律「で、歌詞の方はどうなんだ?」

澪「まぁ、順調かな」

律「そっか」

澪「律」

律「ん?」

澪「絶対に、いい歌詞を完成させような」

ギュッ、と澪は私の手を握る。

律「あ、うん」

澪「じゃあな」

そう言い残し、澪は走り去った。

なんだろ、物凄くドキドキする。


もしかして、私の大切な人って……



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:52:28.26 ID:2PJh67JSO

……

帰宅して、私はノートに歌詞を綴った。

律(なんだろ、スラスラ書ける)

理由ははっきりしている。

大切な人に感謝の気持ちを伝えたい。


その大切な人は……


私が紡ぎ出した単語を一つずつ並べて、歌詞にして行く。

決して丁寧な出来じゃないけど、様にはなってると思う。


そして、空が徐々に明るくなり、太陽の光りがカーテンの隙間から差し込み始めた頃、

律「で、出来たー!!」

ようやく、私の歌詞が完成した。

タイトル決めてないけど、まぁいっか。



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:53:02.40 ID:2PJh67JSO

……

結局の所、歌詞は唯のを採用した。

澪が多少なり不服そうにしていたので、とりあえず澪のも採用しておいた。


律「あー、もう作詞は懲り懲りだぜ」

澪「いい勉強になったんじゃないか?」

律「まぁーな。ただ、唯のセンスには驚かされたな」

澪「あぁ」

律「これからスランプになったらさ、唯に頼め。私には無理だ」

澪「……」

律「さっ、早く帰ろうぜ」

澪「ま、待てよ!」

律「?」



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:53:45.95 ID:2PJh67JSO

澪「り、律の……」

律「私の?」

澪「律の歌詞! 私、まだ見てない!」

律「あっ」


そう。

実を言うと、私はまだ自分の歌詞をみんなに発表していない。

唯の歌詞の出来が良かったと言えばそれまでなんだけど、
なんつーか周りが唯の歌詞を絶賛してたから、
発表するタイミングを見失った。

それはそれで、好都合だったけどな。


律「覚えてたのかよ」

澪「当たり前だ。いい歌詞を完成させようって、約束しただろ」

澪「だから、見せて」

適当にはぐらかそうと思ったけど、隠す必要もなかった。

だから、私はノートを澪に渡した。



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:54:44.06 ID:2PJh67JSO

澪「う、上手く出来てるじゃないか!」

律「よせ、照れるだろ」

澪「明日、これをみんなに発表しようよ」

律「えー」

澪「いい歌詞だし、みんなも納得するよ!」

律「そ、そうかなぁ……」

澪「そうだよ」

律「うーん、でもやっぱり、やめとくわ」

澪「ど、どうして?」



19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:55:59.09 ID:2PJh67JSO

律「その歌詞な。私の大切な人に向けて書いたんだ」

澪「大切な、人?」

律「あぁ。だけど、よく考えたら歌うのは唯か澪のどっちかだから、別にいいかなぁって」

澪「わ、私が代わりに歌うよ」

律「いや、それは私が歌いたいんだよ」

律「他の誰でもない、私が」


大切な人の前で、声が枯れるまで、
ありのままの自分の想いを書いた、その歌詞を……


澪「律……」

律「だから、この歌詞はなし! さーて、明日から練習キツイぞ!」

律「がんばーるぞー!!」



20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:57:37.73 ID:2PJh67JSO

澪「なあ!」

律「ん?」

澪「教えて欲しいな、その大切な人のこと」

律「……」

澪「律がそこまで思っている、大切な人のことを」

澪「もしかしたら、私の知ってる人かもしれないから」

律「あぁ、いいぜ」

律「それはな……」




ノートに綴った私の大切な人への想い。

もちろん、家族や友人も大切だ。
だけど、中でも一番大切なその人は今、

私の目の前にいる。




おしまい



21 名前: ◆s7MKisDY42:2011/09/16(金) 23:59:31.15 ID:2PJh67JSO

終わりです


元ネタ

スキマスイッチ『ボクノート』
http://www.youtube.com/watch?v=AeMRXJtg500

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のエンディングテーマです


YouTube:スキマスイッチ / ボクノート



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/17(土) 00:01:34.85 ID:FK5IZ+lno

いいね




23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/17(土) 01:57:47.63 ID:pck1cOmao

おつおつです



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/17(土) 02:12:03.26 ID:WHVXak7+o

乙です!



25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/09/17(土) 11:57:14.34 ID:vcreFi2Yo

これはいい律澪
「冬の日」のお返しで書いたんだとか妄想が広がる
>>1乙です!



26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/17(土) 12:39:16.79 ID:CBIkR6s7o


歌詞見たけど自然にリンクしててよかったわぁ



28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府):2011/09/17(土) 21:32:18.37 ID:z7qTI8k/o


一度自覚しちゃうとスラスラ言葉が出てくる律がいいな






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「ワタシノート」
[ 2011/09/29 00:25 ] 非日常系 | 律澪 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6