SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#後編 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314020281/

唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#前編
唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#中編
唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#後編






161 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:44:50.80 ID:n19VmkMS0

豪華客船
Go on a Cruise http://www.youtube.com/watch?v=deyNwpDteho&feature=related

梓「レンズプレイヤーチームかあ……」

憂「どうしたの梓ちゃん?」

梓「あ、ううん。唯先輩と私がギターで、澪先輩がベース、
  ムギ先輩がキーボード、律先輩がドラム。これなら、バンド組めるなと思って」

純「確かに! なんか戦闘チームっぽいから忘れてたよ」

梓「うん……せっかくだから、今のうちに演奏できないかな……これから戦いになるんだし」


和「それにしても大所帯になったわね」

律「そうだな~。楽器持ちも5人になったし」

紬「じゃあ、せっかくだから……」

梓(あ……演奏かな?)ワクワク

紬「お茶にしましょうか♪」

唯律「「さんせーい!」」

梓「ええっ!?」

澪「? どうした、梓?」

梓「え、あ、いえ……なんでもないです」

紬「さ、お茶の用意をするわよ、菫ちゃん」

菫『はい、ただいまー!!』



162 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:46:04.51 ID:n19VmkMS0

……

紬「どうぞ~、お菓子もあるわ」コト

唯律「「やったー!!」」

憂「おいしい……」

梓「……ほんとだ、とてもおいしいです」

和「そういえば、どこからお湯を出したの?」

紬「菫ちゃんに出してもらったの~」

菫『はい、水と火の晶術を組み合わせて出しました』

澪「万能だな……」



163 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:47:18.78 ID:n19VmkMS0

……

純「あ~おいしかった……もう満足だよ」

梓「ちょっと純……これから本番でしょ」

憂「ふふ、でもほんとにおいしかった。ちょっと緊張してたけど、落ち着いたね」

唯律「「ほ~げぇ~」」

和「あなたたちは落ち着きすぎよ……」

澪「……そういえば、このメンバーならバンドが組めるな」

梓「!!」

紬「そうね。今まで戦いばかりで忘れていたけど」

梓「……今から、少し演奏しませんか!?」

澪「ああ、いいな! ほら、律、唯。くつろいでないで起きて」

唯「え~、もうちょっと休もうよ~」

律「そうだぞー。これから決戦なんだからなー」

澪「まったく……だからこそ、今ぐらいしか演奏できないだろ?」

梓「そうです! 今やりましょう――」

紬「あ、カルバレイスが見えてきたわ!」

梓「ああ……」ズーン


晶『……大丈夫かこのバンド?』

菖『いいんじゃない? お茶飲んでまったりしてるバンドも楽しそうだよー』

幸『みんなおもしろいしね』

晶『そういう問題か……? ま、こいつらにはお似合いっちゃお似合いかもな』



164 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:49:28.99 ID:n19VmkMS0

チェリク
The Rhythm Of A Southern Island  http://www.youtube.com/watch?v=7rzktcosjxE

律「着いたー!」

唯「あついよぉ……」

和「研究所跡はチェリクから少し行ったところの山のふもとにあるわ。暑いし、急ぎましょう」



「メイドさん」


律「しっかし暑いな……どうにかならんのかコレ」

菫『あ、はい。どうぞ!』ヒュー

律「うおっ涼しい! サンキューな菫ちゃん」

唯「うへえ……喉乾いたよお……」

菫『はい、ただいま!』コポコポ

唯「おお、冷たいお水だ! ありがと~」

澪「立派なメイドだな……」

紬「えらいわ菫ちゃん♪」



165 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:52:39.41 ID:n19VmkMS0

「大事なレンズ」


唯「あずにゃん、そのレンズ大事にしてくれてるんだね。ありがと~!」

梓「あ……はい、もらったものですし」テレテレ

純「梓ったら、ちょっとでも私がそのレンズさわると怒るんですよ?
  相当思い入れがあるんでしょうねー」ニヤニヤ

梓「なっ……そ、それは純が盗もうとしてるから――」

唯「あっずにゃーん!!」ダキッ

梓「に゛ゃっ!? ちょっと、こんなところで抱きつかないでください!
  う、憂も見てないで助けてよ!」

憂「お姉ちゃんあったかいでしょー♪」

梓「あったかいどころか……暑いって……うう……」ヘナヘナ

唯「あつい……」ヘナヘナ

晶『お前らいい加減私たちのことも考えろー!』ゴチンゴチン

奥田『もはやあきらめるしかないですね……』ゴチンゴチン



166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:54:23.39 ID:n19VmkMS0

「奥田さんって何者? 2」


菫『えーっと……奥田、さん?』

奥田『はい?』

菫『奥田さんはどのバンドだったんですか?』

奥田『い、いえ……私はバンドに属してはいません』

菫『うーん、それだと……いつどうやって……?』ムムム

奥田『はは……ちょっと話したくない過去があるんで……』ドヨーン

菫『あっ、ご、ごめんなさい!?』

菫(なんなんだろう……コトブキグループの許可がないと楽器は作れないはずなのに)



167 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:55:14.51 ID:n19VmkMS0

「ストレス解消」


菫『……ファイアーボール』ボウッ

菫『……ライトニング』ビリビリ

梓(あ、ムギ先輩のキーボードが置いてある……先輩はいないのかな?
  何か一人でぶつぶつと晶術唱えてるけどどうしたんだろう……)

梓「なにしてるの、菫?」

菫『……あ、晶術の練習をしてるんです。
  ストレス発散にもなりますし、楽しいですよ? うふふふふ……』

梓(何か苦労してるのかな……)



168 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:56:57.48 ID:n19VmkMS0

……

レンズギター研究所跡
Fill of Fire  http://www.youtube.com/watch?v=9-f0UGYoMwg&feature=related

唯「うわー、さらに暑いよ……」

菖『すごーい、マグマが流れてるよ!』

晶『前はここまで暑くはなかったはずだけどな……600年もこんなとこに埋まってればしょうがないか』

和「この奥に研究所跡があるはずよ」

紬「もしかしたらキャサリンもそこにいるかも……」

律「よっしゃ、急ごうぜ。こんなとこに長々といたら死んじゃうわい!」ダッ

奥田『あ、待ってください! こっちに近道があるはずです』

澪「……本当だ。こっちならマグマの上を渡らなくてすむな」

菫『こんな道があったなんて知らなかった……詳しいんですね』

奥田『あ……いや……』アセアセ

梓「うーん、ここへ来てからむったんの様子がおかしい……」



169 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 16:59:13.56 ID:n19VmkMS0

……

研究所最深部

律「ここか、研究所は?」

澪「ここだけはほとんど壊れてないな……機械も動かせそうだ」

唯「あ、見てあそこ! ぴかぴかのレンズがいっぱい積んであるよ!」

梓「ほんとだ、私のと同じレンズ……」

紬「何百個もあるわ……きっとデスデビルが集めたものね」

純「うわ、こりゃすごいね! これなら一個ぐらいいただいちゃっても――」

和「ダメよ。これはすべて回収して、一時的に政府で保管するわ」

純「ですよねえ……」ガクン


?「そうはさせないわよ?」ヌッ



170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:00:43.45 ID:n19VmkMS0

Crown of crosses  http://www.youtube.com/watch?v=W2VddZFmVeA&feature=relmfu

紬「!! ……あなたがキャサリンね?」

憂「やっぱり、あの時の……」

唯「激しい格好のお姉さんだ!!」

キャサリン「久しぶりね、そこのお二人さん。あの時はレンズを譲ってくれて助かったわ」

梓「……もし譲らなかったら、襲っていたんでしょう!?」

キャサリン「さあ、どうかしら? あら、あなたも持ってるのね。譲って――」

梓「絶対に嫌です!!」

キャサリン「なら仕方ないわ……さあ、来なさい」パチッ

モンスター「「ガルルル……」」ワラワラ

律「しまった、挟み撃ちだ!?」

澪「なんだこいつら……まるであいつが操ってるみたいな」

キャサリン「その通りよ。あれだけのレンズがあればこんなこともできるの」

和「モンスターは私が引き受けるわ!」

純「わ、私も手伝います!」

憂「私も手伝うよ、和ちゃん! お姉ちゃん……がんばって!」

唯「みんな……うん、がんばるよ!」

キャサリン「えせレンズプレイヤーが5人集まったところで私の敵じゃないわね。さあ、来なさい!!」



171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:03:15.26 ID:n19VmkMS0

boss; キャサリン
Maddy Candy http://www.4shared.com/audio/28P4N9wx/K-ON__-_03__Maddy_Candy_Instru.htm

律「早速くらえ、虎牙破斬!」

キャサリン「あら、そんなものなの?」キン

律「ガードが硬いっ!」

梓「晶術で攻めましょう!」

律「よっしゃ、私と唯で時間をかせぐぞ! 飛燕連脚!」

唯「了解っ! それー!」ジャーン

キャサリン「ふふ……効かないわね」キン

澪紬梓「「今のうちに……」」キュイイン

キャサリン「遅いわよ。そーれっ!!」ピョン クルクル シュタッ!

澪「な、回り込まれた!?」

律「アクロバティックすぎるだろ!!」

キャサリン「喰らいなさい。衝波激突剣!」シャキンシャキン

澪紬梓「「きゃあっ!?」」

律「こんの……魔神剣!」ギュイイン

キャサリン「はっ!」ピョン クルクル

律「烈空斬!」スカッ

キャサリン「当たらないわよ~? デモンズランス!」ブン

律「ぐはっ!?」ガクッ

キャサリン「ふふふ、もう終わりかしら?」クルクル シュタッ!



172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:05:15.75 ID:n19VmkMS0

晶『唯、やつの動きを止めるんだ!』

唯「え、えっと、じゃあ……ね~むれぇ~♪」

キャサリン「あら、なめられてるのかしら? それ!」ブン ゴチン!

唯「いたっ!?」

晶『バカか!? 効くわけないだろ!!』

紬「なら詠唱時間の短い晶術で……アイスニード――」

キャサリン「――はいっ!」タッタッタッ ブン ゴチン!

紬「いやあっ!」

澪「速いな……グレイブ!」

キャサリン「はっ!」ピョン

梓「これならどうですか……雹雨!」ヒュンヒュンヒュンヒュン

キャサリン「うっ!?」ドサッ

律「ナイス梓! 私に続け~、爪竜連牙斬!」

紬「アイストーネード!」ゴォォ

澪「ストーンウォール!」ガコンガコンガコン

キャサリン「きゃあ!? しまった、体が動か――」

梓「唯先輩! 今です!」

唯「よ~し……いっくよー!!」



173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:06:43.20 ID:n19VmkMS0

唯「わたしについてこれるかな?」
tod_yui1_aa.png

晶『どうしたどうした!!』ジャーンジャーン

唯「ノリが悪いよ~!」

晶『とっとと消えな!』

唯晶「『レイヤースフィア!!』」ドォォォン  (参考; http://www.youtube.com/watch?v=79wXRzTV0_U&feature=related )

キャサリン「いやあああああっ!?」ドサッ

Victory http://www.youtube.com/watch?v=TfjWLWpbwWE&feature=related

唯「私たちは!」

律澪紬梓「「負けない!」」

レベルアップ
唯 Level 19 ナースを習得
律 Level 21 ファイアストームを習得
澪 Level 22
紬 Level 22 レイを習得
梓 Level 21



174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:09:17.48 ID:n19VmkMS0

Crown of crosses  http://www.youtube.com/watch?v=W2VddZFmVeA&feature=relmfu

キャサリン「ぬかったわね……」

憂「こっちも倒したよ、お姉ちゃん!」

唯「憂~! よかったぁ」

和「観念しなさい。あなたを拘束し、そのレンズは全て回収するわ」

紬「待って、和ちゃん」

和「ムギ?」

紬「……えせレンズプレイヤー、と言いましたよね。それはどういう意味ですか?」

キャサリン「この研究所はもともと千年前にこのギターのオリジナルのマスターが作ったものよ。
    それを誰かが勝手に使ってあなたたちの楽器が作られたんでしょうね」

キャサリン「当然、正しい知識を持たずに作られた模造品であるあなたたちの楽器の性能は低いわ」

晶『なんだと……?』

紬「そんな……あなたたちが作ったこの研究所を600年前にうちのグループが発見したというの?」

キャサリン「あら、600年前なのね。なら納得だわ。天地戦争以降科学技術は衰えるばかり。
    その時代ならその程度の出来でしょうがないわね」

律「……馬鹿にしやがって……そうだ、こいつは操られてるんだろ?
  なら洗脳を解いてやんなきゃな!」チャキッ

紬「待って、りっちゃん! まだ訊きたいことが――」

キャサリン「こんなところでやられるわけにはいかないわ。千年越しの恨み……まだ晴らしていないんだから」



175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:11:42.50 ID:n19VmkMS0

キャサリン「力を……我がレンズギターに力を! 『神の眼』の破片よ!」ピカアァァ

唯「うわ、ぴかぴかのレンズが浮き始めたよ!?」

梓「あ、私のレンズも……共鳴してる?」ピカアァァ

晶『神の眼だって……!? やっぱりそうだったのか!』

キャサリン「きたれ死の翼よ――ブラックウイング!!」ゴオオオン

一同「きゃああっ!?」ドサッ

キャサリン「はあ、はあ……ここももうだめね。今回は見逃してあげるわ」

キャサリン「かつての騒乱の地……ダリルシェイドで待ってるわ。
    そこで決着をつけ、あなたたちのレンズも合わせて『神の眼』の復活の礎にしてあげる!」サッ ヒュンヒュン

和「くっ……待ちなさい!」

紬「レンズも一緒に飛んでいってしまったわね……」

澪「一旦町に戻ろう……回復しなきゃ」



176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 17:13:34.59 ID:n19VmkMS0

多分また明日投下します。そのさらに次で終了です。




177 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 18:48:14.31 ID:K1fTVw2Go

おっつ



178 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/09/18(日) 23:37:45.86 ID:gAM8wDdA0


神の眼か…





179 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:31:33.45 ID:/IUcdMQ70

チェリク 宿屋
Ancestral recall  http://www.youtube.com/watch?v=j8oOCHwF1ac&feature=channel_video_title

律「……なあ。キャサリンのやつ、『神の眼』の復活って言ってたよな?」

澪「ああ。あのたくさんのレンズは、四英雄が破壊した神の眼の破片だったってことか……」

梓「これが、神の眼なんだ……」キラッ

紬「そうすると、キャサリンの目的は……」

和「神の眼を再生して空中都市を復活すること、かしら」

唯「また、あの頃みたいに真っ暗になっちゃうの……?」

純「……また外殻が降ってくるなんてごめんですよ」

澪「……そうだな。絶対に、キャサリンを止めなくちゃ」

律「しっかしなあ……あいつレンズの力を使ってすごい晶術を使ってきたんだぜ?
  このまま行っても勝てるかどうか……」

憂「純ちゃん、前みたいにレンズを盗んじゃえば……」

純「ムリムリ! さすがにあんなにはいっぺんに盗めないって」



180 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:32:32.60 ID:/IUcdMQ70

唯「じゃあ、私たちがパワーアップすればいいんじゃないかな?」

律「そうは言ってもどうすんだ~? 地道に修行でもするか?」

和「そんなことしてる間に神の眼を再生されたら元も子もないわ」

澪「そういえば、キャサリンはあの研究所でギターを改造しようとしてるんじゃなかったか?」

紬「違ったみたいだけど……でももし、あそこで私たちの楽器を強化できれば……
  菫ちゃん、あの研究所の機械の操作の仕方、わかる?」

菫『すみません、わからないです……私自身はただのメイドでしたから』

菖『私たちも作ってもらっただけだから操作方法はわかんないよ』

奥田『……あ……あの……』

梓「ん、どうしたのむったん?」

奥田『もしかしたら、できるかもしれません。……パワーアップが』

梓「本当!? あの機械の使い方がわかるの?」

奥田『はい。もう一度、あの研究所へ連れていってもらえませんか?』



181 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:33:47.63 ID:/IUcdMQ70

……

レンズギター研究所跡 最深部
Fill of Fire  http://www.youtube.com/watch?v=9-f0UGYoMwg&feature=related

律「改めて見てみると、すごい機械だな」

澪「人が一人入れそうなポッドがたくさんあるけど……ここでレンズギターを?」

幸『そうだよ。ここにオリジナルのマスターが入って、あとはすぐにできたよね』

菖『うん、なんか研究者の人がポンってやったらあっという間にできちゃったから、仕組みはぜーんぜん』

唯「この真ん中にあるパネルを操作するのかな?」

奥田『はい。えっと、私が指示するのでパネルを操作してくれませんか? まずは右の……』

梓「わかった。これかな?」ピコンピコン


紬「すごいわ。どうしてわかるのかしら……もしかしてうちの研究者だったの?」

菫『いえ、そうじゃないと思いますけど……』

晶『そろそろ白状してもいいんじゃないか~? お前が何者なのか』

奥田『う……ま、まあ、仕方ないですね。あ、次はそこの左のボタンを』

梓「私も聞きたいな、むったんのこと」ピコンピコン



182 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:35:52.02 ID:/IUcdMQ70

奥田『そんな大層なことではありませんが……』

奥田『私は勉強以外はからっきしで、何か新しいことをやりたくて音楽を勉強し始めました。
   でもいくら理論がわかっていても体がついていかなくて何も弾けませんでした……』

奥田『そんなとき、コトブキグループのレンズギターの噂を聞いたんです。
   楽器とシンクロして演奏能力が上がるなら、私にもできるんじゃないかと』

晶『でもコトブキグループから許可が降りるのは活動中のバンドだけだったはずだぞ?』

奥田『はい。なので……夜な夜なこの研究所に忍び込んで、機械の操作法を勉強してました』

菫『ええっ!? そ、それで抜け道を……』

梓「じゃあ、自分で作ったってこと?」ピコンピコン

奥田『はい。でも……投射された人格も私自身ですから、
   いくらシンクロしても結局弾けず……慣れないことはするもんじゃないですね……』ズーン

梓「そ、そうだったんだ……なんかごめん、聞いちゃって。あ、終わったよ?」ピコン

奥田『……! これは……』

梓「どう? いけそう?」

奥田『はい! これから私がみなさんをパワーアップします!!』

梓(立ち直り早っ!)



183 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:37:12.21 ID:/IUcdMQ70

……

奥田『実はレンズに投射された人格とマスターの人格が異なると、本来よりも能力が落ちるんです』

奥田『それを克服するため、試練を受けてもらいます。
   みなさん、楽器を持って、装置の中に入ってください』

律「試練……か。なんか面白くなってきたな!」

唯「ほい、っと! 入ったよ~?」

奥田『これからみなさんの意識はこの世であってこの世でない場所へ飛びます』

奥田『そこで、私たちのオリジナル……元のマスターに打ち勝ってください。
   そうすれば、本来の力を引き出せるようになります』

澪「元の、マスターと……」

紬「……戦うのね?」

奥田『はい。では、誰か装置を……』

梓「憂、お願いできる?」

憂「うん。……がんばってください、みなさん」ピコン

唯「ん……あたまが……?」フワッ



184 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:38:12.10 ID:/IUcdMQ70

……

精神世界

唯「ここは、どこ?」

晶『わからないけど……なんか懐かしい気がする。私たちが作られたときに感じたような雰囲気だな』

唯「私……あなたと戦うの?」

晶『ああ。……来るぞ』


晶「……よく来たな、唯」

唯「……晶ちゃん、なの?」

晶『人間の形してれば名前で呼ぶんかい……』

唯「だってギー太はギー太だもん!」

晶「はっ、思ったより情けない面だな、唯。そんなんで私に勝てると思ってんのか?」

唯「……勝つよ。勝ってパワーアップして、あの激しい格好のお姉さんを倒すよ!
  もう、真っ暗な世界は嫌だもん」

晶『唯……』

晶「へえ……急にいい目になったじゃん。私の分身はどうだ? こんな腑抜けがマスターでいいのか?」

晶『ま、こんなやつでも少しづつは成長してるからな。私のマスターは、唯だ。行くぞ、唯!』

唯「うん!」チャキッ

晶「よーし、来い! 私を超えてみろ、唯!」チャキッ



185 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:39:09.15 ID:/IUcdMQ70

boss; 晶
Common Destiny http://www.youtube.com/watch?v=90ayqrtGwG4&feature=channel_video_title

唯「そーれっ!」ジャーン ヒュンヒュン

晶「なんだそのしょぼい音は? ギターはこうやって弾くんだ!」ギュイーン ヒュンヒュン

唯「きゃうっ!?」

晶「ほれほれ、どうした!」ジャーン ヒュンヒュン

唯「くうう……か~わ~せぇ~♪」サッ

晶「ほう……あーたーれー! それっ!」ジャーン ヒュンヒュン

唯「いたたっ! む~、ならこれなら……し~びれ――」

晶「しーびれろぉー!!」ビリビリ

唯「きゃあっ!?」ビリビリ

晶『同じ技じゃ劣るな……意表を突く攻撃をするしかないぞ、唯!』

唯「そ……そ、ん、なこ、と言っ、しびれ、るう……」ビリビリ

晶「もう終わりか? 拍子抜けだな……ねーむれぇー!」

唯「ふわぁ……」バタリ

晶『お、おい唯! バカ、起きろ!』

晶「散々だな……とどめだ、くらえ――」

唯「隙あり~!!」ギュイーン ヒュンヒュン

晶「ぐはっ!?」ガクン



186 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:40:43.39 ID:/IUcdMQ70

晶『唯! 起きてたのか……焦らせるなよ』

唯「えへへ、意表を突く攻撃をしてみました~」

晶「……キュア!」キュルリン

唯「あっ! ずるいよ!?」

晶『ずるいもへったくれもあるか! もたもたしてないで追撃すればよかったのに……』

晶「はっ、甘いな。もう同じ手は通用しないぞ? それそれ!」ジャーン ヒュンヒュン

唯「ひいいっ!」

晶『まずいな……意表を突いて、かつ一発で仕留められるような攻撃しか……』

唯「それなら……新技だね!」

晶『そうは言っても、この場でとっさに考えつくなんて――』

唯「行くよ、ギー太!! すぅぅぅぅぅぅぅ……」

晶『え、もう思いついたのか?』

唯「わああぁぁぁおぉっ!!」  ワ  ー  オ  !

晶「なっ、なんだそりゃ――へぶっ!?」ドサッ

Victory http://www.youtube.com/watch?v=TfjWLWpbwWE&feature=related

唯「やったよギー太!」

晶『はは……よくやったよ、唯』

レベルアップ
唯 Level 21



187 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:43:24.64 ID:/IUcdMQ70

晶「うう……あんな技でやられるなんて……」

晶『同情するよ……まったく、唯はよくわからんやつだな』

唯「なんか勝ったのに褒められてない気がするよ!?」

晶「……まあいい。よく私に勝ったな、唯。お前が真のレンズプレイヤーだ」

唯「えへへ、それほどでも~」

晶『またそうやってすぐ調子に乗る……お前はまだまだだからな!』

唯「も~、せっかくパワーアップしたんだからちょっとぐらいいいじゃん~」

晶「600年後にお前の世話が待ってると思うと憂鬱だな……ふふ。じゃ、頑張れよ、唯」

唯「うん、ありがとう晶ちゃん!」



188 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:44:03.56 ID:/IUcdMQ70

……

レンズギター研究所跡 最深部
Swordian team  http://www.youtube.com/watch?v=zQ982indB7I

唯「……あれ、戻ってきた?」

憂「お姉ちゃん! 大丈夫だった?」

唯「うん! 私、ちゃんと試練を乗り越えたよ!」

律「なんか、スティックがほとんど重さを感じなくなったな」ヒョイヒョイ

澪「ああ……まるで体の一部みたいだ」

和「パワーアップの効果は出てるみたいね」

紬「うん。前より晶術が全然扱いやすいわ!」

梓「これなら……だれにも負ける気がしません」

純「へー、すごい自信じゃん!」

和「じゃあ、一旦ノイシュタットに戻りましょう。決戦に備えて、いろいろ準備しなくちゃ」

一同「「おー!」」



189 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:46:24.64 ID:/IUcdMQ70

ノイシュタット 港
Lime Light Night http://www.youtube.com/watch?v=To7lZFesVRM&feature=related

紬「街で必要なものを準備して、うちに戻りましょう。今日はそこに泊まれるように言っておくから」

唯「またふかふかのベッドだね!」

澪「今度こそ寝坊するなよ?」

唯「だいじょーぶ!」ブイ

和「ふふ……唯、何か生き生きとしてきたね」



「それぞれの試練」


唯「澪ちゃんの試練はどんな感じだったの?」

澪「どんなって……そりゃ、熾烈な戦いだったよ。
  技に晶術に、私たちの全てを出し切ったって感じだったな」

幸『うん。晶たちはどうだったの?』

晶『えー、あー……』

唯「私がわ~おって言って勝ったんだよ!!」

澪「は……?」

幸『どういうこと?』

晶『聞かないでくれ……』



190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:47:06.16 ID:/IUcdMQ70

「それぞれの試練2」


澪「なあ……律。お前の試練はどうだったんだ?」

律「私か? 菖のオリジナルとひたすら魔神剣対決してたな~」

菖『危なかったよ~、あと少しで押し負けるとこだったんだから』

律「なんたってオリジナルは魔神炎とかいって炎出してくるからな!
  ずるいぜ、そんなんあったなら初めから教えてくれよ菖」

菖『ふっふーん、技は自分で編み出すもんだよりっちゃん!』

律菖「『』」キャッキャッ

澪(適当だな……唯もよくわかんないし……真面目にやってた私が馬鹿だったんだろうか……)



191 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:47:57.83 ID:/IUcdMQ70

「それぞれの試練3」


澪「なあ、ムギの試練は……」

菫『』ガクガクブルブル

紬「? 試練がどうかしたの? うふふ……」

菫『わ、私、オリジナルじゃなくてよかったです……お嬢さまがマスターでよかったです……』ガクブル

澪(一方的な展開だったみたいだな……どっちの試練なんだか)



192 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:48:29.74 ID:/IUcdMQ70

「それぞれの試練4」


澪「梓、試練はどうだった……?」

梓「かなり激しい戦いでした。今までにないくらい……」

奥田『私と同じくオリジナルは演奏ができませんから、主に晶術で攻めてきましたね』

梓「だからそれに対抗して、私は演奏で攻めました。いろんな種類の技を使って、……って澪先輩?」

澪「うう……私は間違ってなかったんだ……よかった……」ウルウル



193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:49:45.81 ID:/IUcdMQ70

……

琴吹邸前

紬「みんな、もう準備はできた?」

律「ばっちりだぜ!」

和「じゃあ、これからは自由行動ね。明日の決戦に備えて休むもいいし、各自のやりたいことをしましょう」

紬「もう暗くなってきたから、あんまり遅くならないでね?」

唯「了解です! どうしようかなあ……?」

晶『明日で最後なんだ、好きなようにしな』

唯「うーん、じゃあ……ふかふかのお布団で寝る!」ダッ

晶『お、おい唯! そんなんでいいのか!?』

梓「あ……行っちゃった」

澪「唯らしいな」

憂「もう、お姉ちゃんったら」

純「私もどっかぶらついてこよっかなー。んじゃ!」

律「ま、各自解散だな!」



194 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 00:50:29.58 ID:/IUcdMQ70

次回決戦前夜とラスボスです。ではまた!




195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 20:40:11.92 ID:1FpbkSoko





196 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/09/22(木) 02:29:24.54 ID:fGsO3TcG0


ディムロス戦は燃えたなぁ…
Common Destinyが良曲だから熱さを刺激されるし





197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:11:45.25 ID:RHFLXRN80

琴吹邸 
Fatalism http://www.youtube.com/watch?v=zJ2oeYJ5Zaw&feature=channel_video_title

唯「……」

晶『眠れないのか?』

唯「うん……ちょっと考え事」

晶『お前が考え事だなんて珍しいな』

唯「ぶー、私だって考えるときは考えるよ! ……ねえ」

晶『何だ?』

唯「明日、私たちが勝ったら……」

晶『……ああ。間違いなく私たちを壊すような命令が出るだろうな』

唯「私はイヤだよ!」

晶『そうは言ってもな……何か対策があるのか?』

唯「うーん……みんなに、聞いてみようかな。探しに行こう!」



198 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:13:04.11 ID:RHFLXRN80

ノイシュタット 市街

純「お? 何か光った! レンズはっけーん!」ヒョイ

純「……いいや」ポイ

梓「……どうしたの純?」

純「うわ、いたの梓!?」 

梓「純がレンズ捨てるなんて……珍しいね」

純「うん……なんかさ、破片とはいえ神の眼の力を目の当たりにしちゃったしさ~
  ……やっぱレンズって危ないものなんだなと思って」

梓「……」

純「レンズハンターなんてもうやめて、もっと楽しいこと探そうかな~?
  ねえ、梓はどうすんの? この戦いが終わったら」

梓「私は……先輩たちと、バンドを組みたい、かな」

純「そっか。てかまだ一回も演奏してないもんね。……お、あれは」

梓「? 何?」

純「私もう戻るね~。んじゃ!」ダッ

梓「あ、ちょっと純! ……なんなんだろ」

梓(レンズは危ない、かあ……この破片も、むったんも……)

唯「あ~ずにゃん!」ダキッ

梓「に゛ゃっ!?」



199 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:13:59.42 ID:RHFLXRN80

梓「もう……寝たんじゃなかったんですか、唯先輩?」

唯「うん、ちょっと眠れなくて……あのさ、あずにゃん」

唯(あずにゃんは、まだ知らされてないんだよね……私たちの楽器、壊されるかもしれないってこと)

梓「……何ですか?」

晶『唯……言うのか?』

唯「うん……あずにゃんにも、知っててほしいから」

……

梓「――そんな! 壊さなきゃいけないだなんて……そんなのイヤです!!」

晶『やっぱりこうなるか……』

唯「でもね、どうしたらいいかわからないんだ……」

梓「……他の先輩方にも、聞いてみましょう!」



200 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:15:07.07 ID:RHFLXRN80



律「いよいよ明日か~……なんか実感わかないな~。まさか私たちが神の眼と関わることになるなんて」

澪「……そうだな」

律「どうした澪、怖いのか~?」

澪「そ、そんなことないっ! ……あんな災害は、二度とごめんだからな……戦うよ」

律「あの時は何もできずに四英雄の活躍を待ってるだけだったけどな。
  今回は私たちの手で止めるんだ! 頑張ろうぜ、澪」

澪「……ああ!」


唯「りっちゃん、澪ちゃん!」

梓「ここにいたんですね」

律「おお、唯に梓じゃん!」

澪「どうしたんだ?」

唯「えっとね……ちょっと話したいことが」

梓「一緒にムギ先輩を探しましょう!」



201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:15:50.78 ID:RHFLXRN80

琴吹邸 屋上

紬「和ちゃん、明日全てが終わったら……」

和「……そうね。おそらく、命令が来ると思うわ……あなたたちの楽器を、破壊しろと」

紬「そう、やっぱり……」

和「ムギ、何かいい案は思いついた?」

紬「ううん、あれからずっと考えてたけど……ダメだったの」

和「唯たち、ちゃんとそのことを覚えてるのかしら?」


唯「あ、いたいた~! ムギちゃん、話があるんだけど……」

和「……ふふ。心配する必要はなかったみたいね。行ってきて、ムギ」

紬「……うん!」



202 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:17:07.32 ID:RHFLXRN80

琴吹邸 ロビー

律「唯、話ってなんだ?」

唯「……明日の戦いが終わったら、私たちの楽器は壊されちゃうんだよね」

澪「ああ……結局、どうすればいいか考えつかなかったな」

梓「むったんとお別れなんて、絶対にイヤです……
  ムギ先輩、政府にやめてもらえるように言ってもダメなんですか?」

紬「ごめんなさい、何度も言ったのだけど……聞く耳を持たなくて」

律「じゃあ、結局逃げるしかないってことか?」

澪「それしかないか……でもそれじゃ、私たちはおたずね者になっちゃうな」

紬「フィッツガルド政府から逃げ続ける生活は厳しいと思うわ」

梓「それでも……私は諦めたくないです。それに……先輩たちと、バンドを組みたいんです!!」

澪「そうだな。結局、一回も演奏してないし。私も、バンドをやりたい。みんなと一緒に旅がしたいな」

律「意外といけるんじゃないか?
  レンズプレイヤーが5人そろえば、政府相手でも敵なし! ってな。私もそれに賛成!」

唯「でも、ムギちゃんはいいの? おうちの人と敵同士になっちゃうんだよ?」

紬「……ふふ、いいの。私、短い間だけどみんなと過ごして、すごく楽しかったわ。
  だから、これからも一緒にいさせて」

唯「ムギちゃん……」

律「唯はいいのか?」

唯「……うん! 私も、みんなと一緒にバンドやりたい!!」

律「決まりだな。よし、今ここにバンド結成~! みんな、明日は絶対に勝つぞ~!!」

唯澪紬梓「「お~!!」」



203 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:17:46.70 ID:RHFLXRN80

晶『……だとよ。まったく無謀なやつらだな……どうする? 言っても聞かなそうだぞ』

菖『うれしいけど、心配だね~……また政府に捕まるぐらいならあきらめてほしいけど』

幸『私たちは、マスターの無事だけを考えればいいんじゃないかな』

菖『……そうだね! できることならみんなの望み通りにしてあげたい。でももし危なくなったら――』

晶『そのときはそのとき、だな』


奥田『私も同じ意見ですね。……斎藤さんは? 確か私たちを破壊するのが使命だとか』

菫『そうだけど、でも……使命よりも、マスターである紬お嬢さまのことが第一です。
  だから、お嬢さまの気持ちは大事にしたい、かな』



204 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:18:24.27 ID:RHFLXRN80

廊下

唯「……あ、和ちゃん」

和「唯、話は終わったの?」

唯「うん。……ねえ、和ちゃんは私たちの……味方、だよね?」

和「ええ。もう、どうするか決めたんでしょう? 私はそれをできるだけ手助けするわ」

唯「……ありがとう、和ちゃん。おやすみ!」

和「おやすみ、唯」



205 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:19:26.88 ID:RHFLXRN80

唯の部屋

唯「よーし、寝よ~っと!」

コンコン

唯「誰かな? はーい!」

憂「お姉ちゃん……」ガチャ

唯「憂? どうしたの?」

憂「……一緒に寝てもいい?」

唯「うん! いいよ~」

憂「えへへ、ありがとう」

……

唯「あったかあったかだね~。なんか久しぶりな気がするよ」

憂「うん。あの日、お姉ちゃんが海に落ちてから……今日まで、ほんとにいろいろあったよね」

唯「そうだね~。でもあっという間だったよ」

憂「……ねえ、お姉ちゃん。この戦いが終わったら……旅に出るの?」

唯「うん……どうしてわかったの?」

憂「なんとなく、そんな気がしてた。最近、お姉ちゃんすごく楽しそうだったから」

唯「ごめんね、憂……寂しいよね。憂も一緒に行く?」

憂「ううん、いいの。でも、今日だけは一緒にいてね?」

唯「うん! ありがと~、憂」

Day break http://www.youtube.com/watch?v=Fg0Fj4eLeA4&feature=related



206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:20:30.68 ID:RHFLXRN80

……

琴吹邸 会議室
Swordian team  http://www.youtube.com/watch?v=zQ982indB7I

和「これから作戦を説明するわ。唯は……来てるわね」

律「さすがに今日は大丈夫だったな」

唯「憂が起こしてくれました!」

澪「おいおい……」

和「ふふ。じゃあ始めるわよ。
  これから私たちはフィッツガルド兵士とともにセインガルドの元首都、ダリルシェイドに向かうわ」

和「報告によれば、ダリルシェイドの周りで急にモンスターが大量に現れたらしいの」

梓「また、キャサリンが操ってるんですか?」

和「おそらくそうよ。そのモンスターの相手は兵士が行うわ。
  そして、キャサリンの周囲にも護衛のモンスターがいると思われるから、これを私と憂と純ちゃんで抑える」

憂純「「了解です!」」

紬「キャサリンは、私たち5人で倒すのね!」

和「ええ。彼女に対抗できるのはパワーアップしたレンズプレイヤーのあなたたちしかいないわ。……頑張って」

唯「うん、絶対に勝つよ!」

律「最終決戦だな……よーし、出発だー!」

一同「「おー!!」」



207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:21:44.64 ID:RHFLXRN80

古都ダリルシェイド
Cold Rain  http://www.youtube.com/watch?v=r7XYcUsrgpg&feature=player_embedded#!

唯「ここが、ダリルシェイドかあ……ほとんど壊れちゃってるね」

律「久しぶりに来たけど、ほとんど変わってないな」

澪「ああ……思い出すな、あの時を」

梓「急ぎましょう……絶対にこれを繰り返しちゃダメです!」

モンスター「「グルル……」」

和「出たわね。さあ、私たちに任せて、唯たちは先に行って! ……やるわよ、憂、純ちゃん」

憂純「「はい!!」」

唯「みんな、行こう!」

律澪紬梓「「おー!!」」ダッ



208 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:23:25.93 ID:RHFLXRN80

……

紬「いたわ、キャサリンよ!」

唯「ぴかぴかのレンズもあるよ!」

キャサリン「来たわね……」

澪「この前と姿が少し変わってるな……神の眼の力を使ったからか?」

律「ハッ、私たちだってパワーアップしたんだ、今度は負けないぜ!」

キャサリン「ああん? あんたたち地上人ごときにこの私が倒せるわけないでしょう」

梓「地上人って……何を言ってるんですか?」

紬「教えてください。あなたは、いえ、あなたのギターに宿っているのは、何者なんですか?」

キャサリン「ふふ、じゃあ冥土の土産に教えてあげるわ」



209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:25:55.75 ID:RHFLXRN80

キャサリン「私たちは、天上人。天上軍の研究者だったのよ……ソーディアンのね」

紬「そんな……天上軍でもソーディアンを開発していたの?」

キャサリン「ええ。でも地上軍に遅れをとり……
    完成する前に地上軍のソーディアンチームによって天上軍は敗北したわ」

キャサリン「そして私たちはカルバレイスで屈辱の流刑生活を送ることになった……
    忌まわしき地上の民から受けた迫害は今でも忘れないわ」

律「自業自得じゃん!」

キャサリン「なんとでも言いなさい、地上の愚民ども。
    ……それから私たちは、地上軍に復讐し、
    天上王の目指した世界を取り戻すため、極秘にソーディアンの開発を開始したわ」

キャサリン「でも、地上軍の目の届くところで剣などを作っていれば
    すぐに取り上げられてしまう。だから……楽器にしたのよ」

澪「それで……! じゃあ、もともと戦闘のために作られたんだな」

キャサリン「そう。研究は順調だったわ。でも、あと一歩で完成というときに……ついに見つかったわ。
    そして私たちのオリジナルは殺され、楽器も研究所も封印された」

キャサリン「でも既に人格は投射してあったわ。そして千年後、この地上人によって私たちが発掘された」

梓「それで、その人を操ったってわけですね?」

キャサリン「そう。でも一足遅かったわね……まさか天地戦争が再発し、神の眼が砕かれていたなんて!」

キャサリン「憎き地上人め……またもや我らが誇り高き天上人を……!」ゴォォォ

律「……来るぞ!」チャキッ

キャサリン「今こそ千年にわたる恨み、はらすわよ! 行くぞ、てめえらぁぁぁぁ!!」



210 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:27:54.51 ID:RHFLXRN80

boss; キャサリン(第二形態)
GENOM  http://www.4shared.com/audio/Vp_7awVA/04_GENOM__Instrumental_.htm

律「よーし、私たちの力、見せてやるぜ! 爪竜連牙斬! おりゃおりゃぁ!!」

キャサリン「ぐはぁ!」

律「さらに! ファイアストーム!!」ゴォォォ

キャサリン「ぐうう……!」

澪「いける……! くらえ、エアプレッシャー!」ドオォォン

梓「疾風! ……豪烈!」ヒュンヒュンヒュン

紬「レイ!!」ズドドドン

キャサリン「調子に……のるんじゃねええぇぇぇぇ! ブラックウイング!!」ゴォォォン

律澪紬梓「「きゃあっ!?」」

唯「大丈夫、みんな!? ……ナース!」キュルリン

律「よっしゃあ復活!」

キャサリン「てめえが回復役か……はああああっ!」ダッ

晶『唯、危ない!』

唯「えっ、えっ?」

梓「させません! 飛燕!」ヒュンヒュンヒュン

キャサリン「うっ!?」



211 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:29:13.64 ID:RHFLXRN80

律「今だ、飛燕連脚!」

澪「ソニックレイブ!」ギュイイン

キャサリン「ぐっ!? ちっ……ヘルスライサー!」シャキン

唯「か~わ~せぇ~♪」

律澪「「それっ!」」サッ

キャサリン「この、ちょこまかと……くらいな!」シャキン

梓「当たりません! ……エアスラスト!!」シャキンシャキン

キャサリン「ぐっ!? そんな……なぜ、なぜなの!? てめえらごときに……この天上人の私がぁ!」

紬「そんな考えだから、いけないんですよ……! サンダーブレード!」ビリビリ

キャサリン「くう……もう一度くらえ、ブラック――」

唯「させないよ! し~びれるぅ~♪」

キャサリン「ううっ!?」ビリビリ

紬「今ね……菫ちゃん、準備はいい?」

菫『はい!』



212 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:34:54.38 ID:RHFLXRN80

紬「行くわよ、ありったけ!」
tod_tumugi1_aa.png

菫『うなれ、炎よ!』

紬「舞え、吹雪よ!」

菫『切り裂け、風よ!』

紬「とどめ!」

紬菫「『ディバインパウア!!』」 (参考; http://www.youtube.com/watch?v=zPOipjIFMGo )

キャサリン「なぜだ……なぜこの私が負けるのだぁぁぁぁぁっ!!!」ドサッ

唯律澪紬梓「「やったぁ~!」」

レベルアップ
唯 Level 23
律 Level 23 鳳凰天駆を習得
澪 Level 24
紬 Level 24 ホーリーランスを習得
梓 Level 23



213 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:36:23.17 ID:RHFLXRN80

Crown of crosses  http://www.youtube.com/watch?v=W2VddZFmVeA&feature=relmfu

キャサリン「ぐはっ……!」

律「どうで~い!」

唯「やったよ、倒したよ!」

梓「い、いや……まだです!」

キャサリン「おのれぇ……地上人ども……!」

キャサリン「神の眼を再生し、天上都市を復活させ、
    再び天上人による支配を取り戻すまで……負けるわけにはいかねえんだよぉ!!」ピカァァ

澪「神の眼の破片が光り出した……また何かするつもりか!?」

キャサリン「神の眼の本当の力……今、見せてやるよ!!」ピカァァ

紬「……変身した!?」

キャサリン「てめえらまとめて地獄行きだ……覚悟しなぁぁぁぁぁぁっ!!」



214 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:38:01.27 ID:RHFLXRN80

boss; キャサリン(最終形態)
LOVE  http://www.4shared.com/audio/2gVX0uji/Love-Death_Devil_Instrumental_.html

キャサリン「一瞬で終わる……耐えぬほうが身のためよ……ブラックホール!!」ゴォォォン

唯律澪紬梓「「きゃああっ!?」」ガクッ

澪「な、なんて力だ……!」

唯「……ナース!」キュルリン

キャサリン「小賢しい……シャドウエッジ!」

唯「きゃうっ!」

キャサリン「ブラッディクロス!」

唯「きゃあっ!?」ガクッ

律「この……負けるかよ! イラプション!」ゴォォ

キャサリン「晶術はそんなぬるっちいもんじゃねえ……ネガティブゲイト!」

律「ぐっ!?」

キャサリン「エクセキューション!」

梓「きゃあっ!? 晶術を連発されて近づけません!」

紬「まずいわ……隙を突いて一気に攻めましょう!!」



215 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:39:12.42 ID:RHFLXRN80

澪「っても、全然隙がないぞ……!」

キャサリン「もっと、もっとワイルドに!!」ゴォォォン ゴォォォン

唯「くう……! よ~し……あ~た~れぇ~♪」

律「よっしゃ、いちかばちか……みんな、突撃だ! 舞え、紅蓮の翼ぁ!!」ゴォォォン

キャサリン「ぬう!?」

梓「今です! ストリームアロー!!」ヒュンヒュンヒュン

澪「ビートヘヴン!」ズドン

キャサリン「ぐうっ!?」

紬「とどめ! ホーリーランス!」

キャサリン「ぐはああっ!?」ガクッ

律「やったか!?」

キャサリン「ぬるい……ぬるいんだよてめえらあぁぁぁぁ!!」ピカァァァ



216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:40:17.77 ID:RHFLXRN80

キャサリン「これぞ宇宙の真理!」
tod_kyasarin1_aa.png

キャサリン「レインティブ・オリオン!」

キャサリン「死ね死ね死ね死ね死ねぇぇぇぇぇぇぇーーーっ!!!」ズドドドォン (参考; http://www.youtube.com/watch?v=lTFw_vPJ22g&feature=related )

律澪紬梓「「きゃああああっ!?」」ドサッ

唯「みんな!?」



217 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:42:55.55 ID:RHFLXRN80

キャサリン「ぜえ、ぜえ……さあ、あとはてめえだけだ……」

唯「ど、どうしよう……えーい!!」ジャーン ヒュンヒュン

キャサリン「ああん? それでもギタリストか……ヘルスライサー!!」シャキン

唯「きゃっ!? うう……」

晶『唯!? しっかりしろ!』

唯「負けないよ……それ!」ジャーン ヒュンヒュン

キャサリン「ぐっ……効かねえ、効かねえんだよぉぉ!!」ゴチゴチ

晶『ダメだ……唯、もっと鋭い音を出せ! 相手を切り刻むんだ!』

唯「鋭く……鋭く……」

キャサリン「遊びは終わりだ……死ね、デモンズ――」

唯「鋭く……よ~し、いくよ……晶ちゃん!!」

晶『唯……ああ!』



218 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:43:57.23 ID:RHFLXRN80

唯「これで終わりだ~!」
tod_yui2_aa.png


唯「これは……未来へ託すえいごうの演奏だよ!」

晶『……意味分かって言ってんのか?』

唯「――ざん! ――くう!」

晶『……ふふっ。やってやろうぜ、唯!』

唯晶「『てんしょうけーーーーーん!!!』」 (参考; http://www.youtube.com/watch?v=LWs0q-2Gedk&feature=related )

キャサリン「グギャアァァァァァァァァァァ!!!」ドサッ


唯「勝っ……たぁ……」

晶『唯……頑張ったな』



219 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:45:20.64 ID:RHFLXRN80

Crown of crosses  http://www.youtube.com/watch?v=W2VddZFmVeA&feature=relmfu

律「くう、いてて……やったのか、唯……?」

唯「うん。倒したよ……」

梓「すごいです、唯先輩……ううっ」

唯「あずにゃん! 無理しないで……」

キャサリン「……」ムクリ

澪「う、うそだろ……まだ立ち上がるっていうのか!?」

キャサリン「……あれ? ここ、どこなの?」

紬「! 洗脳が解けているわ!」

レンズギター『ここまでか……』

律「唯……やれ!」

唯「うん……えーい!」ジャーン シャキン

レンズギター『貴様らが千年にわたり行ってきたこと……必ずや天罰が――』パキン

唯「これで……全部終わったんだね」



220 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:46:12.90 ID:RHFLXRN80

……

Unsophisticated http://www.youtube.com/watch?v=PLFT27xjvJQ&feature=channel_video_title

さわ子「私はさわ子よ。ごめんなさい……まさかこんな大事になってたなんて」

律「いえいえ、いいですって! 操られてただけだしな~」

澪「どこであのギターを手に入れたんですか?」

さわ子「ちょっと新曲のインスピレーションを得るために
    カルバレイスのトラッシュマウンテンに向かったんだけど……」

梓「なんでそんなところに……」

さわ子「そこであのギターと、他の楽器も一緒に見つけたのよ。神の眼の騒乱で地形が変わって出土したのかしら」

さわ子「それ以来記憶があいまいね……確か楽器を持って帰って他のメンバーに渡して……
    それでみんな操られちゃったってとこかしら。そういえば、彼女たちは?」

紬「みなさんもう洗脳は解けて、ノイシュタットで待っていますよ」

さわ子「そう。それじゃあ、ノイシュタットに向かわせてもらうわね」

唯「……バンド、頑張ってください!!」

さわ子「ふふ、ありがとう。あなたたちも、がんばってね? いつかどこかでまた会えるのを楽しみにしてるわ」サッ



221 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:50:00.89 ID:RHFLXRN80

律「さ~て、私たちも帰るか~」

澪「いや、待って。帰ったら……」

紬「……きっと、楽器を差し出すように要求されるわ。
  キャサリンを倒したら、もう私たちの楽器を残しておく必要がなくなるもの」

梓「じゃあ、今のうちに逃げましょう! まだ、政府も動いていないはずです!」


和「……待ちなさい」



222 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:54:18.48 ID:RHFLXRN80

Idle Fears http://www.youtube.com/watch?v=gcbDARWg1D8&feature=related

唯「……和ちゃん」

和「ごめんなさい……今しがた命令が出たの。神の眼の破片、及びあなたたちの楽器は政府が回収するわ」

和「おとなしく楽器を渡せば、あなたたちは自由よ。もし抵抗するなら……」

兵士「「……」」ゾロゾロ

澪「そんな、いつの間に兵士が……!」

梓「モンスターの討伐をしてたんじゃなかったんですか!?」

紬「まさか……この兵士たちは最初から私たちを捕らえるために?」

和「ええ、そうみたいね。モンスターの数が思ったより少ないから、おかしいと思ったのよ」

律「まずいな……さっきの戦いで消耗してんのに、この数相手じゃ……」

唯「和ちゃん……和ちゃんは私たちの味方だよね?」

和「……」シャキン

澪「和……やめてくれ!」

梓「剣士なんでしょう!? 兵士たちを引かせるように命令できないんですか!?」

紬「ダメよ……剣士にそこまでの権限はないわ」

律「ど、どうする……」

晶『……終わりだな』

菖『そうだね……』

幸『しょうがないよ。マスターを無事に返さなきゃ』

唯「……ギー太、何を言って――」


晶『もういいんだ、唯。ここでお別れだ』



223 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:56:11.98 ID:RHFLXRN80

Missing you http://www.youtube.com/watch?v=1C2_bhz9b94&feature=channel_video_title

菖『抵抗したらみんな捕まっちゃうよ! 今度こそ、重罪で処罰されちゃう』

幸『私たちのために、みんなが傷つくことなんてないよ』

澪「そんな……だからって!」

律「お前らを見捨てて、はいどうぞ、なんてできるかよっ!!」

菫『でも……先程のキャサリンも、神の眼もそうですが、
  やはりレンズは危険なものなんです! 私たちは、生きていてはいけないんです!!』

紬「それは本当にあなたの意見なの、菫ちゃん?」

菫『……すみません。本当は、紬お嬢さまにご無事でいてほしいだけです。どうか、あきらめてください……!』

紬「菫ちゃん……」

梓「いやだよ……むったんとお別れなんて、いやだよ!!」ポロポロ

奥田『そんなに泣かないでください……いいんです。私たちはマスターのことが第一ですから』

唯「……ギー太……」

晶『唯、しょうがないさ。私たちは永く生きすぎた』

唯「……」スタスタ

律「唯、何を……」

澪「和に……ギターを渡す気か!?」


和「……」

唯「和ちゃん……信じてるよ?」

和「……ええ」

唯「ギー太は……絶対に渡しません!!」チャキッ



224 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:57:58.38 ID:RHFLXRN80

Over the Rainbow http://www.youtube.com/watch?v=qbKoQ51i8pA&feature=related

晶『なっ!?』

梓「唯先輩……私も、渡しません! 戦ってみせます!」チャキッ

律「へへ、やっぱこうじゃなくっちゃな……私も戦うぜ!」チャキッ

澪「無謀かもしれないけど……見捨てるなんてできないからな」チャキッ

紬「覚悟してね、和ちゃん? 私、みんなと一緒の道を進むわ!」チャキッ

菖『みんな……』


和「ふふ……それがみんなの答えね? それを聞いて安心したわ」クルッ

兵士「……剣士殿?」

和「私は、たった今をもって、剣士の職を辞任します!」

兵士「な、なんだと!?」

唯「和ちゃん……えへへ」

兵士「剣士殿! 自分が何を言っているのかわかっているのですか!? 任務を途中で放棄など……!」

和「あら、もう私は単なる流浪の剣士よ。任務なんて知らないわね」シャキン

兵士「この……! いくら剣士殿といえど、この人数にはかなうまい……者ども、やれ!」



225 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 11:59:06.26 ID:RHFLXRN80

憂「――獅吼爆雷陣!」ズドォォン

純「スナイプエア!!」シャキン

兵士「「ぐはあっ!?」」ドサッ

唯「憂!!」

梓「純!?」

憂「お姉ちゃん、みなさんと一緒に、思いっきり旅を楽しんできてね?
  寂しくなったら、追いかけちゃうかもしれないけど……」

唯「ありがとう、憂……憂は自慢の妹だよ~!」

純「……梓、言ってなかったけど、私ベース弾けるから」

梓「えっ、そうなの!?」

純「ま、レンズハンターに飽き飽きしたら、仲間に入れてもらうかもしれないけど?
  ……それまでにすんごいバンドになっときなよ!」

梓「純こそ、練習しておきなよ? ……ふふ、ありがとう」

和「さあ、みんな、逃げて! ここは私たちで時間を稼ぐわ!!」

唯「うん……ありがとう! みんな、行こう!」ダッ

律澪紬梓「「お~!!」」ダッ



226 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 12:00:33.33 ID:RHFLXRN80

菖『結局こうなっちゃったね~。まあ、いいか!』

幸『ふふ……みんなおもしろい人たちだね』

菫『私、600年間生き続けて……紬お嬢さまに出会えて、よかったです』

奥田『これからはやっと、平和に音楽ができますね……それはそれで、ちょっと苦手分野ですが』

晶『まったくバカなやつらだな。まあ、それが……楽しい、というか……』


唯「――私たちの旅は、これからだよ!!」


おわり



227 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 12:01:45.87 ID:RHFLXRN80

おわりです。読んでくれた方ありがとうございました!




228 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東):2011/09/25(日) 12:03:39.25 ID:pCFU7QjAO

おつ



229 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 12:36:45.29 ID:fBHxVmzeo

乙!
最後まで楽しんだぜ!



230 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 16:43:14.88 ID:EcRuuWEZo

おっつ






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「テイルズオブデスティニー1.5!」#後編

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6