SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月1日

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月1日 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#index



1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 18:55:48.43 ID:hNaTs+3Io


朝、少女が目を覚ます

「・・・」

チュンチュン

小鳥が囀る

サヤサヤ

夏が過ぎ、少しだけ冷たさを帯びた風が部屋に流れる

縮こまった体を伸ばす少女

「・・・~」ノビノビ

一日が

―――――始まる 

「・・・?」

「???」

コンコン

「紬お嬢様、時間です」

紬「・・・」

「?」

コンコン

紬「・・・」

「お嬢様?」

テクテク

ガチャ

紬「・・・」

「おはようございます。紬お嬢様」

紬「・・・」コクリ

「・・・?」

紬「・・・」

「朝食の用意ができましたので」

紬「・・・」

「・・・どうかなさいましたか?」





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:00:39.97 ID:hNaTs+3Io


9月1日

『おはようございます。
 今日から新学期ですね、
 放課後に演奏するのが楽しみです!』

「・・・足りないかな」

ピッピッピ

『おはようございます、むぎ先輩
 今日から新学期ですよ!
 部室で待ってます!』

「待ってますって、なんか違うような・・・」

テクテク

「おはよう梓~、メールしながら歩くと危ないよー」

梓「うん~」

ピッピッピ

『おはようございます。むぎ先輩
 今日から新学期ですね、
 放課後にみなさんと演奏しましょう!』

梓「あれ、最初とあまり変わらないな・・・」
 
「恋人同士かよ・・・」

梓「・・・ま、いいか。あ、おはよう純」

ピッ

ドンッ

梓「にゃっ」

ポロッ

「おっと」

カラカラカラ

純「だから危ないっていったじゃん」

梓「すいません」

「こっちこそ余所見してたから。ごめん」

梓「いえ・・・」

ヒョイ

「あーずにゃーん!」

梓「それでは」ペコリ

タッタッタ

「・・・俺の携帯・・・あった」

ヒョイ



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:01:16.28 ID:hNaTs+3Io


梓「おはようございます唯先輩、和先輩、憂」

純「おはようございます」

唯「おっはよ~!」

和「おはよ」

憂「おはよ~」

唯「みてたよあずにゃん!」

梓「なにがですか?」

和「ぶつかった所よ」

唯「ひと夏のアバンチュールだね!」

憂「もう秋だよお姉ちゃん」

梓「さ、行きますよ」

テクテク

純「そっけないな」

唯「甘く危険なアバンチュールだよ!」

梓「・・・」

和「アバンチュールって言いたいだけじゃないの?」

憂「あれ、梓ちゃんストラップは?」

梓「むぎ先輩と買いに行くって約束したから、あれは外したんだよ」

純「・・・もはやなにも言うまい」

和「まだ病にかかっていたのね」

唯「むぎちゃんとアバンチュールだね!」

「傍から見ていたら恥ずかしいヤツだな唯は」

「・・・大して変わらないけどな律も」

律「なんだと!」プンスカ

「怒る所じゃないんだけど・・・」

梓「おはようございます。澪先輩」

澪「おはよう」

律「あれ、私は?」

梓「・・・律先輩」

律「付け足すな!」

和「朝から元気ね・・・校舎に入るわよ」

テクテク

純「・・・マイペースです」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:02:10.22 ID:hNaTs+3Io

律「今日から新学期かー」

唯「この夏は楽しかったよね」

憂「うん」

純「特別でしたね」

澪「むぎのおかげだ」

梓「・・・」

和「・・・耽っていると遅刻するわよ」

唯「もぉ~和ちゃんってば~」

澪「そうだな、ちゃんと前をみなくちゃな」

律「よぉーし!行くぞー」

純「はい!」

憂「なんだか新鮮な気分」ウキウキ

梓「・・・」

唯「どうしたの、あずにゃん?」

梓「いえ・・・、なんでもないです」

唯「行くよ~」

梓「・・・なんだろう、新鮮な気分だけど・・・ざわつく気分も混じってる・・・?」



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:02:55.29 ID:hNaTs+3Io


ザワザワ

唯「あれ、むぎちゃんは?」

律「来ないな・・・もうすぐさわちゃん来るのに」

澪「珍しいな」

和「・・・確かに珍しいわね」

ガチャ

さわ子「はい、席につきなさーい」

唯「来ちゃったよ」

和「・・・」

さわ子「HRを始めるわよ」

律「さわ、先生ー、むぎから連絡来ていますかー?」

さわ子「風邪ひいたみたいだから病院へ行くと連絡がありました」

ザワザワ

澪「むぎが風邪・・・?」

「律じゃあるまいし」クスクス

律「そうですね、って誰が病原菌だコラァ!」

「お、ノリツッコミ覚えたのか律!」

「あははは」

ワハハハ

さわ子「はい、みなさんしずかにしてね」

唯「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

和「・・・」



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:03:22.39 ID:hNaTs+3Io


さわ子「それじゃこれでHRはおしまい」

ザワザワ

さわ子「真鍋さん、ちょっと」

和「? はい」ガタッ

スタスタスタ

唯「?」

律「まさか、むぎが風邪をひくなんてな」

澪「新学期早々な・・・なんだろ、この違和感」

律「明日になれば回復するだろ」

澪「そうだな。けど、梓がっかりするかも」

唯「そこでわたしの出番ですよ」

律「キーボード弾けるのかよ」

唯「そこはむぎちゃんのポジションですから、無理です」

澪「じゃどうするんだ?」

唯「抱きしめます!」

律「さて、体育館に移動するか」

澪「そうだな」

唯「・・・」シーン

和「・・・」

唯「さわちゃん、なんだって~?」

和「いえ・・・、わたしたちも移動するわよ」

唯「・・・」

和「・・・」

唯「・・・和ちゃん」

和「・・・・・・放課後・・・ね」

唯「・・・」



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:03:57.66 ID:hNaTs+3Io


―――――昼

梓「・・・」ボケー

純「どうしたの梓は?」

憂「よく分からないよ」

梓「・・・」

純「食べないの?」

憂「どうしたの?」

梓「・・・うん」

pipipipipipi

梓「きたっ!」

バッ 

ピッ

純「この間、時間にして0.3秒である」

梓「あれ・・・電話?」

憂「?」

『てつ・・・くん・・・?』

梓「???」

『もしもし・・・轍くん?』

梓「誰ですか?」

『あ、すいません。番号かけ間違えました』

梓「いえ・・・」

『失礼しました』

プツッ

梓「・・・あれ?」

純「どうした?」

梓「待ちうけが・・・」

憂「待ち受け画面?」

梓「変わってる・・・」

純「どうせ紬先輩とのツーショットだったんでしょ?」

梓「うん」

純「おいっ!」ビシッ

憂「梓ちゃん?」

梓「・・・あれ?」

pipipipipipipipi

梓「芹沢暦・・・って誰?」



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:04:42.81 ID:hNaTs+3Io


純「知らないよ」

プツッ

梓「も、もしもし」

『あれ・・・、轍くんの携帯電話ですよね?』

梓「え・・・?」

『もー、貸しなさいよ暦!』

暦『あっ』

『ちょっと!その電話にぃにぃのなんだけど!?』

梓「に、にぃにぃ?」

純「セミの季節は終わったんだよ・・・」ガックリ

憂「そうだね・・・」

『テツにぃにぃの電話だって言ってるでしょ!?』

梓「え・・・ちょっとまってください、一旦切ります!」

『ちょっと!』

プツッ

梓「・・・」

ピッピッピ

梓「あい・・・ま・・・そうま・・・てつ・・・?」

憂「どうしたの?」

梓「このケータイ私のじゃ・・・ない・・・」

純「えっ!?」

憂「梓ちゃんの番号にかけてみるね」

ピッピッピ

trrrrrrr

梓「あ、朝のあの人!」

純「あーあの時か」

梓「・・・入れ替わっていたなんて」

純「お間抜けめ」

梓「ぐっ・・・」

憂「出ないよ~」

trrrrr

梓「ハァ・・・むぎ先輩にメール送ったきりなんだけど」

純「気にする所そこなんだ」



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:05:13.80 ID:hNaTs+3Io


pipipipipi

梓「はい・・・」

『いきなり切らないでよ!』

梓「すいません、この電話は相馬轍さんのみたいです」

『・・・そうでしょ、だからなんであなたがにぃにぃの電話もってんのよ』

梓「色々あって・・・」チラッ

憂「・・・」フルフル

純「出ないのね」

『Who are you』

梓「中野梓・・・です」

『私は真鶴・天継・テイラー。・・・真鶴でいいわ』

梓「・・・はぁ」

真鶴『で、にぃにぃは?』

梓「ここにはいません」

真鶴『どういうこと?』

―――――かくかくしかじか

真鶴『分かりました。それでは、にぃにぃに返したら電話するように伝えてください』

梓「うん」

真鶴『失礼します』

プツッ

純「なんだって?」

梓「12歳のハーフなんだって」

憂「そうなんだ」

純「いや、重要な所はそこじゃない」



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:05:46.03 ID:hNaTs+3Io


―――――放課後

梓「どうしたんですか唯先輩・・・?」

唯「・・・うん」

律「今日の唯はずっとこんな感じだったな」

澪「上の空っていうか・・・らしくないな・・・」

和「・・・」

純「あの・・・」

さわ子「・・・なに?」

憂「どうしてわたしたちまで部室に・・・?」

さわ子「ちょっとね・・・」

梓「・・・」

コンコン

唯「!」

さわ子「わたしが行くから、みん な座ってて」

律「・・・」

澪「・・・」

和「・・・」

純「・・・」

憂「・・・」

梓「・・・」

ガチャ

さわ子「・・・入って」

紬「・・・」コクリ

梓「!」

律「むぎ!」

澪「風邪ひいたって聞いてたんだけど・・・?」

唯「むぎ・・・ちゃん・・・」

紬「・・・」フリフリ

テッテッテ

梓「む、むぎ先輩・・・」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・?」



11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:06:29.68 ID:hNaTs+3Io


和「・・・」

憂「・・・?」

純「・・・?」

律「おい・・・むぎ?」

紬「・・・」

澪「どう・・・したんだ・・・?」

紬「・・・」ニコ

唯「むぎちゃん・・・」

紬「・・・」

梓「むぎ・・・せん・・・ぱい・・・」

さわ子「・・・むぎちゃんは」

紬「・・・」スッ

さわ子「分かったわ」

テクテク

純「ホワイトボード?」

憂「?」

和「・・・」

紬「・・・」カキカキ

唯「『声が』」

律「・・・『出なく』」

澪「・・・・・・『なったの』」

梓「え・・・」

純「うそ・・・」

憂「そ、そんな・・・」

和「・・・」

紬「・・・」コクリ

律「な、なんでだよ!」

澪「どうして!」

唯「・・・」

梓「・・・」

ガチャ

さわ子「入ってください、斉藤さん」



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:06:56.86 ID:hNaTs+3Io


斉藤「失礼します」

紬「・・・」

純「あ・・・」

斉藤「本日の朝、起きた時からこの症状が始まっていたそうです」

律「朝・・・」

斉藤「病院へ行って検査を行いましたが、原因究明に至っておりません」

澪「え・・・」

梓「す、すぐ治るんですよね・・・?」

斉藤「しばらくはこのままではないかと診断されました」

梓「・・・」

斉藤「一過性のものかもしれません」

唯「そ、それじゃあ・・・」

斉藤「持続性のものかもしれません」

憂「そんな・・・」

斉藤「精密検査に入るところでしたが、紬お嬢様が学校へ行くと仰いました」

純「・・・」

斉藤「明日も病院で検査をしますので、放課後の登校になります」

和「・・・」

斉藤「それでは、後ほど迎えに参ります。紬お嬢様」

紬「・・・」コクリ

斉藤「失礼します」

ガチャ

バタン



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:07:30.52 ID:hNaTs+3Io


紬「・・・」

唯「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

純「・・・」

憂「・・・」

和「むぎ・・・紅茶淹れてくれる?」

さわ子「そうね。むぎちゃんもいる事だし、ティータイムにしましょ」

紬「・・・」コクリ

テッテッテ

梓「なんで・・・むぎ・・・せんぱいが・・・」

pipipi

梓「なん・・・で・・・!」

pipipipipipi

梓「なんで・・・っ!」

唯「あずにゃん・・・」

pipipipipipipipipi

梓「・・・なんでッ!!」

律「梓ッ!」

梓「!」ビクッ

律「ちゃんと前を向け・・・」

澪「・・・・・・電話・・・鳴ってるよ」

pipipipipipi

梓「ぁ・・・」

ピッ

梓「・・・はい」

『桜が丘でいいんだよね?』

梓「・・・はい」

『・・・・・・忙しいなら待つけど?』

梓「今・・・行きます・・・」

『分かった』

プツッ



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:08:01.43 ID:hNaTs+3Io


梓「ちょっと・・・外へ・・・行ってきます」

ガチャ

バタン

和「危なっかしいわね」

唯「わたし行ってくるよ」

律「頼む」

ガチャ

バタン

紬「・・・?」

純「朝、ケータイを取り違えてしまって・・・」

憂「間違えた人が今来ているので、返してもらいに行きました・・・」

さわ子「そういう事ね」

紬「・・・」コクコク

澪(梓は・・・まだ・・・)



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:08:35.08 ID:hNaTs+3Io


ナニアノヒトー

「女子高だったのか・・・。気まずい」

アノバイクカッコイイ

「相棒を褒めてくれるなんて・・・」

ポンポン

・・・・・・

・・・

梓「・・・」テクテク

唯「あずにゃん」

梓「・・・」テクテク

唯「・・・」

梓「朝、普段通りだったんですよ」

唯「うん・・・」

梓「普段通りにごはん食べて」

唯「・・・うん」

梓「普段通りに仕度して」

唯「うん」

梓「夏が始まる前と同じように家から出て」

唯「うん」

梓「でも、少しずつなにかがズレ始めて・・・」

唯「・・・」

梓「完全におかしくなりました」

唯「おかしくなってないよ」

梓「おかしいですよ!」

唯「ううん」

梓「なんであんなに優しい人がッ!」

唯「・・・」

梓「なんであんなに暖かい人がッ!」

唯「・・・」

梓「なんであんなに素敵な人がッ!」

唯「・・・」

梓「なんでむぎ先輩なんですかッ!」

唯「むぎちゃんはむぎちゃんだよ」

梓「ッ!」



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:09:16.20 ID:hNaTs+3Io


唯「わたしも和ちゃんの雰囲気がおかしかったから不安だったんだけどね」

梓「・・・」

唯「さっきのむぎちゃんの笑顔をみたら安心しちゃった」

梓「どうして・・・笑顔で・・・いられるんですか・・・」

唯「多分むぎちゃんだから・・・」

梓「分からないです・・・」

唯「うん・・・。わたしも分からないや」

梓「なんですか・・・それは・・・」

「『最高の場所』」

梓「え・・・?」

「そこを知っているから・・・じゃないかな」

唯「お兄さんは誰ですか?」

「相馬轍・・・。はい、返す」

梓「はい・・・」

唯「・・・」

轍「迷惑かけたね。それじゃ」

ピッピッポ

trrrrr

梓「・・・『最高の場所』・・・ってなんですか・・・?」

轍「え・・・、あ、おやっさん?金が尽きそうだからさ・・・」

スタスタ

唯「行こう、あずにゃん」

梓「・・・」

唯「あずにゃん?」

梓「・・・」

轍「うん、サンキュー。それじゃ」

プツッ

スチャッ

ドルルルルン

轍「これで今週は持つな・・・助かった・・・」



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:09:43.96 ID:hNaTs+3Io


梓「あの・・・」

轍「ん?」

梓「さっき言った『最高の場所』ってなんですか・・・?」

轍「ひとそれぞれ、もっている大事な場所」

梓「どうやって見つけるんですか・・・?」

轍「探して・・・だよ。それじゃあね」

ドルルルン

ドルルルルル・・・

唯「探さないとみつからないもんね・・・」

梓「・・・」

唯「行こう、むぎちゃんが待ってるよ」

梓「・・・はい」



19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:10:12.26 ID:hNaTs+3Io


律「みおが教科書忘れてさ~」

澪「忘れるくらい誰にでもあるだろっ」

和「よりによって遠い教室でね」

澪「う・・・」

紬「・・・」ニコニコ

純「という事は到着してから気づいたんですか?」

律「そういう事だ」

憂「クスクス」

澪「た、偶々だ」

さわ子「遅刻しなかったでしょうね」

澪「ぴぃ~ぷぅ~」

さわ子「遅刻したのね」

純「み、澪先輩が・・・白を切った・・・」

和「レアね」

紬「・・・」コクコク

律「いや、結構やってるぞ」

澪「言うなっ!」

純「そんな澪先輩も素敵です」キラキラ

憂「なにがあっても揺るがないんだね」



20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:11:00.93 ID:hNaTs+3Io


梓「・・・」

唯「普段通りだね」

梓「どうして・・・」

唯「むぎちゃんが笑ってくれているからだよ」

梓「・・・」

唯「あずにゃん」

梓「・・・はい」

唯「わたしたちは多分、斉藤さんよりもむぎちゃんの声が聴こえると思う」

梓「・・・どうして、そう言いきれるんですか」

唯「音楽があるから」

梓「!」

唯「だからゆっくり耳を傾けようよ」

梓「・・・」

唯「むぎちゃんが支えてくれるなら、わたしたちも支えられるように頑張ろう」

梓「・・・っ」

唯「なんてね、えへへ~」

梓「・・・」



21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:11:34.85 ID:hNaTs+3Io


澪「そういや、唯が朝言っていたアバンチュールってケータイの人?」

さわ子「話題変えたわね」

紬「・・・?」

和「男の人とぶつかって、携帯電話を間違えて拾っちゃったのよ」

紬「・・・」コクコク

憂「それでお姉ちゃんがアバンチュールと」

紬「・・・」

律「いや、心配しなくても大丈夫だろ。取りに行っただけだし」

紬「・・・」

澪「唯も一緒に行ったから心配する事ないよ」

紬「・・・」コクリ

憂「お昼に電話がかかってきたんですけど、女性の方でしたよ」

純「二人のうち一人は12歳でハーフらしいです」

律「なんだそれは」

和「よく分からない情報ね」

さわ子「そんなに悪い人でもないって事?」

憂「見た感じそうですね」

律「じゃあもう1人の方が彼女さんか」

紬「・・・」コクコク

純「なーんだ。アバンチュールは無しか」

ガチャ

紬「!」

唯「誰がアバンチュールするの!?」

律「しないっつの」

タッタッタ

紬「・・・」

梓「むぎ・・・先輩?」

紬「・・・」

梓「?」

さわ子「梓ちゃんがその人とアバンチュールするんじゃないか心配だったんだって」

和「・・・」

梓「し、しませんよ!」

唯「ちぇー」

梓「自分でしてくださいよ」



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:12:19.54 ID:hNaTs+3Io


紬「・・・」スッ

梓「私のケータイがどうしました?」

紬「・・・」チョンチョン

唯「・・・ストラップ?」

梓「あ・・・今日買いにいく予定でしたね」

紬「・・・」ションボリ

梓「気にしないでください。いいですよ」

紬「・・・」

ギュ

梓「?」

紬「・・・」スラスラ

梓「あ・・・し・・・た・・・」

唯「あずにゃんの掌に文字を書いてるんだね・・・?」

紬「・・・」スラスラ

梓「か・・・い・・・に・・・っ」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・っ」

律「あー、すとらっぷかえたくなったなー」

澪「また棒読み」

純「わたしもかえよっかなー」

憂「私もそうしようかな」

紬「・・・」

グイグイ

梓「・・・っ」

紬「・・・」ポンポン

梓「・・・・・・はい」チョコン



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:12:48.10 ID:hNaTs+3Io


紬「・・・」

コポコポ

梓「ありがとうございます」

紬「・・・」ニコニコ

唯「むぎちゃんや、私もおねがいしますだ」

紬「・・・」コクリ

テッテッテ

コポコポ

唯「ありがと~」

紬「・・・」ニコニコ

和「むぎ、明日の放課後に買いに行くの?」

紬「・・・」コクコク

和「丁度よかったわ」

唯「おぉ、和ちゃんも乗り気だ!」

さわ子「二人お揃いじゃなくなるかもね~」ニヤリ

梓「あ・・・」

律「そこは妥協してくれないか」

梓「しませんよ!」

律「しろよ!」

紬「・・・」ニコニコ

さわ子「まだ病にかかっていたのね・・・」

唯「むぎちゃん病だね」

澪「やれやれ」



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:13:15.71 ID:hNaTs+3Io


ギュ

律「ん?」

紬「・・・」スラスラ

律「あ・・・ば・・・ん・・・ち・・・ゅ・・・ーる・・・?」

紬「・・・」コクリ

律「言いたかったのか!」

梓「む、むぎ先輩、そういうのは私を通してください」

律「なんでだよ!」

梓「わ、私がむぎ先輩の声になります!」

紬「・・・」パチパチパチ

純「よく言った」パチパチパチ

憂「梓ちゃんかっこいいよ」パチパチパチ

律「なんの拍手だ」

さわ子「いつもそばにいないといけないじゃない」

梓「だからです」

和「自己完結しないでほしいわね」

唯「キーボードだよ!」

憂「キーボード?」

唯「みなさん、鍵盤にもコードがある事はご存知ですかな」フフン

紬「・・・?」

さわ子「なるほど。コードを声に置き換えるのね」

唯「そうです!」

紬「・・・」キラキラ

梓「・・・」

律「それは途方も無い作業だな」

澪「・・・でも、やる価値は大きい」

唯「あずにゃん・・・負けないよ」

梓「! やってやるです!」

さわ子「見守っていましょうか」

和「そうですね。わたしはコード分かりませんから」

純「鍵盤かー!」

憂「少しなら分かるんだけど・・・」



25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:13:43.05 ID:hNaTs+3Io


唯「むぎちゃん、また明日ね~」フリフリ

和「じゃあね」

紬「・・・」フリフリ

律「・・・明日な」

澪「明日」

梓「・・・」

純「ほら、梓・・・」ツンツン

憂「梓ちゃん・・・」

紬「・・・」

ギュ

梓「あ・・・」

紬「・・・」スラスラ

梓(ま・・・た・・・あ・・・し・・・た・・・)

紬「・・・」ニコ

梓「はい、また明日です」

斉藤「・・・どうぞ」

ガチャ

紬「・・・」

バタン

斉藤「それでは失礼致します」ペコリ

唯「気をつけてね~」

バタン

ブオオオオオオオ



26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:14:10.57 ID:hNaTs+3Io


梓「・・・」

純「それでは、先輩方。私は梓を送っていきますので」ビシッ

唯「頼んだよ」ビシッ

梓「1人でいいよ」

律「送ってもらえって。部長命令だ!」

梓「・・・」

澪「明日な、梓」

唯「明日ね~」

和「学校で」

憂「気をつけてね」

純「それでは~」

梓「失礼します」



27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:14:39.59 ID:hNaTs+3Io


唯「じゃ、明日ね~」

憂「ここで失礼します」

和「・・・学校で会いましょう」

律「あぁ、明日な」

澪「また・・・明日・・・」



28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:15:06.26 ID:hNaTs+3Io


澪「この言葉がこれほど大切だと思ったのは初めてかもしれない」

律「あぁ・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「どうしよう・・・」

律「・・・」

澪「・・・現実が追いついてこない」

律「うん・・・」

澪「梓と唯が一番現実を受け入れているんだと思う・・・」

律「うん・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

律「帰るぞ」

澪「・・・うん」

律「・・・」

澪「・・・」

律「私もみおと一緒だ・・・追いついてこないよ・・・」

澪「・・・うん」



29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:15:34.22 ID:hNaTs+3Io


唯「ありがとね、和ちゃん」

和「え?」

憂「?」

唯「ティータイムにしようって言ってくれて」

和「私は知っていたから、放課後までに準備ができていただけ」

憂「知っていた?」

和「えぇ、山中先生から聞いていたから。むぎの事」

唯「そっかー」

憂「・・・」

和「ねぇ、携帯電話のメールを打つように変換したらどう?」

唯「うーん」

憂「私もそう思ったよ」

和「ドを一回弾くと『あ』、二回続けて弾くと『い』」

唯「・・・」

憂「ド、ドドって弾くと『愛』になるってことだね?」

和「そう。それなら・・・」

唯「モールス信号みたいで・・・」

和「・・・お気に召さないのね」

憂「どうして?」

唯「なんだか作業のようで・・・いや・・・かな・・・」

憂「そっか・・・」

和「そうね。むぎが奏でる音を、気持ちものせた声に変換しないと意味ないわね」

唯「ありがと、和ちゃん」

和「私もむぎの声を聴きたいからね」

憂「・・・うん」

唯「よぉーし!」フンス!



30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:16:08.43 ID:hNaTs+3Io


純「よっ」シュッ

チョンチョンチョンチョン

ポチャン

純「4回かー」

梓「・・・」

純「難しいね、水面石飛ばし」

梓「子供っぽいよ」

純「まだ子供だよ。よいしょ」

スト

梓「・・・」

純「・・・」

梓「夕陽なのに・・・色がついてないみたい」

純「あらら」

梓「・・・」

純「成長したんでしょ」

梓「夏は・・・終わったんだよ・・・」

純「じゃあ止まったんだ」

梓「・・・」

純「・・・紬先輩の一番近くにいた梓が、梓自身が遠くに行ってどうすんのさ」

梓「・・・」

純「唯先輩に負けるよ?」

梓「・・・唯先輩は・・・凄い人だから」

純「負ける言い訳を今言うのか」

梓「・・・」

純「・・・」

梓「・・・」

純「紬先輩のそばで・・・いや、けいおん部の中で成長していく梓が羨ましく思ってた」

梓「・・・」

純「今も羨ましいかも」

梓「今でも?」

純「怒るなって。状況を羨ましがってるんじゃないよ」

梓「じゃあ、なに?」

純「ごめん。言い方が悪かった」

梓「・・・」



31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:16:36.48 ID:hNaTs+3Io


純「部室で梓がケータイの人に会いに行ったとき、すぐに紬先輩の表情が曇ったんだよ」

梓「え・・・」

純「律先輩と澪先輩がすぐ察知して、フォローして始めて私は気づいた
  梓を心配してるんだって。自分の事は置いておいて、梓をね」

梓「・・・っ」

純「2人の・・・いや、5人の結束は固いなって、絆は深く結ばれているなって」

梓「・・・」

純「そういう事だから・・・ごめん」

梓「ううん・・・。・・・・・・ありがと」

純「よかった・・・。よっと」ピョン

タッタッタ

梓「・・・」

純「よっ」シュッ

チョンチョン

ポチャン

純「なんでだ!」

梓「・・・・・・・・・ありがと」



32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/09/01(木) 19:17:03.73 ID:hNaTs+3Io


―――――夜


『音楽があるから』

そうだ

わたしにも音楽がある

音がある


むぎ先輩の音が

声が

聴こえる


ピンッ

シュルルルルル

バシッ




コイントスで道が開けるなんて思っちゃいけない

けど・・・、勇気が欲しい

手を開くのが

怖い





―――よかった




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月1日
[ 2011/09/30 01:31 ] クロス | 風雨来記 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6