SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「ね~ね~あずにゃん、今日泊まりに行ってもいいかな~?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ね~ね~あずにゃん、今日泊まりに行ってもいいかな~?」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1270848922/




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 08:45:36.82 ID:XHF3ZNwEO

梓「え…うちにですか?」

唯「うん!」

梓「何でまた私の家なんですか?」

唯「明日がお休みだからです!そしてあずにゃんのお家に行きたくなったからです!」ふんす

梓「(何ですかそれ)」





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 08:53:56.34 ID:XHF3ZNwEO

唯「駄目かな?」

梓「いやまぁ…明後日まで親がいないんで構いませんが」

唯「本当!?ありがとあずにゃん!」だきっ

梓「ちょ//唯先輩ここ道の真ん中ですよ」

唯「じゃあ、早く帰って準備してくるよ!」

タッタッタッ

梓「(唯先輩と一緒かぁ…たまには良いですよね♪)」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 10:02:12.77 ID:mvK4fSv5O

唯「ただいま~♪」ガチャ

憂「おかえり、お姉ちゃん……
  あ、そうだ!今日の晩ご飯はお姉ちゃんが好きなハンバーグにしよ……」

唯「今日はご飯いらないよ~」

憂「うと思って……え?」

唯「今からあずにゃんの家に行くんだよ~♪お泊まりで!」キリッ

憂「と、泊まり!?」ガタッ

唯「うん!だから明日の朝ご飯もいらないよ~」

憂「……そうなんだ……そっか……ふふっ……梓ちゃんに迷惑かけちゃダメだよ?」

唯「大丈夫だよ~……あっ!もうこんな時間だ!
  は、早く準備しなきゃ……そういうことだから、憂!お留守番お願いね!」タッ

憂「そんなに慌てたら転んじゃうよー!…………はぁ……」

憂「……明日ハンバーグにしようかな……」ポツーン



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 12:32:39.45 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
梓「ゆ、唯先輩が家に来るんだよね……掃除も終わったし……うん、だいじょぶ……」ソワソワ

梓「…」チラッ

梓「…まだ早いよね」

梓「…」チラッ

梓「…流石にこんなに早くは来ないよね」

梓「…」チラッ

梓「……ハッ!こ、これじゃあ私が楽しみにしてるみた……」

ピンポーン

梓「にゃっ!?」ビクッ

梓「き、来たっ!」ピンッ



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 12:41:26.48 ID:mvK4fSv5O

梓「今行くです!」

ガチャ

唯「あっずにゃ~ん」ダキッ

梓「にゃあぁぁぁぁっ!!?」

唯「会いたかったよぉ」スリスリ

梓「せ、せんぱっ…いきなりっ…やめっ……やめてくださいよっ!!」カアァッ

唯「ちぇー」パッ

梓「あ……」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 12:59:13.05 ID:mvK4fSv5O

唯「ん~?」ニヤニヤ

梓「な、なんでもないですっ!……あ、ギター持って来たんですね」

唯「えへへ、せっかくだからあずにゃんと弾こうかな~って」

梓「言ってくれれば父のギター貸しましたよ?」

唯「いやぁギー太じゃないとね、しっくりこないんだよぉ……」

梓「へー」

唯「ギー太は私の恋人だよぉ」スリスリ

梓「……」ムッ

梓「馬鹿なこと言ってないで早く中に入って下さいよ!!」

唯「……え…?……あはは…ご、ごめんね…?……おじゃまします」

梓「……全く」

唯(あずにゃん……怒ってるのかな?)



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 13:11:44.03 ID:mvK4fSv5O

梓「えっと……私の部屋ここなんで中で待ってて下さい、お茶とお菓子持って来るので……」

唯「おぉ!さっすがあずにゃん!!大好きっ!!」ダキッ

梓「だ、だからそれをやめて下さいっ!!」カアァッ

――――――――――
梓「うぅ…」ドキドキ

梓「さっきからドキドキしっぱなしだよぉ……」ドキドキ



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 13:33:37.30 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
梓「さて……何をしましょうか?」

唯「ゴロゴロ……」

梓「ダメですよ!」

唯「えー」

梓「ギターやりましょう!それがいいです!」

唯「そうだねぇ……じゃあやろっか~」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 13:47:15.03 ID:mvK4fSv5O

唯「あずにゃ~ん、ココなんだけど……」

梓「ソコは……見てて下さいね……指をこうして……」ジャカジャカ

唯「ん?もう一回!」

梓「……じゃあもう一回やりますね」

唯(もっと近くで見ようかな)ズイッ

梓(……あ……先輩…いい匂い……)

梓「あっ!……はは…失敗しちゃいました…」

唯「あずにゃんも失敗するんだねぇ」ニコニコ

梓「せ、先輩のせいです!!」

唯「ほぇ!?」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 14:32:23.74 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
唯「あずにゃんのおかげで上達した気がするよ~」

梓「そんなこと…先輩の飲み込みが早いんですよ」

唯「えへへ、そうなのかなぁ?」テレッ

梓「そろそろご飯食べましょうか……あ、何食べたいですか?」

唯「……え~とね」

『今日の晩ご飯はハンバーグに~』

唯「ハンバーグ!!」

梓「ハンバーグですか……材料は確か……ちょっと見て来ます!」

唯「わーい」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 14:42:08.49 ID:mvK4fSv5O

梓「……あっ!偶然にも挽き肉がある!!」

――――――――――
――――
――

梓(出来ましたよー)

梓(あずにゃんのハンバーグ美味しいね!
  憂に負けないくらい、いや、憂のよりも美味しいよ!)

梓(先輩のために頑張っちゃいました♪)

梓(あずにゃんの手料理毎日食べたいよ~)

梓「えへ……えへへ……」ニヤニヤ

唯「あずにゃーん、手伝うよ~」ガラッ

梓「にゃあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!?」ビクッ



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 14:51:27.19 ID:mvK4fSv5O

梓「なんでここにっ!?」

唯「手伝うよ~」

梓「け、結構です!!」

唯「…むぅ」

梓「…ハッ!(唯先輩との共同作業……隣で…隣…)」

梓「……じゃあ野菜切ってもらえますか?」

唯「おっけーい!!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 14:59:15.33 ID:mvK4fSv5O

梓「……そういえば先輩って料理するんですか?憂から聞いたこと無……」

ガンッ ヒュン

梓「いんです…けど……え?……今の…何…?」

唯「ほぁあ~っ!!」
ガンッ ガンッ

梓「ちょ…え?……!!!!ストップ!ストーップ!!
  飛んでますから!!野菜が飛んでますからっ!!」

唯「ほぇ?」ピタッ



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:03:41.32 ID:mvK4fSv5O

梓「で、出来ないんだったら待ってて下さいよ!」

唯「ごめんよぉ……ぐすっ……」

梓「っ!!な、何も泣かなくても…」オドオド

唯「玉葱だよぉ……ぐしっ……」

梓「…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:14:37.97 ID:mvK4fSv5O

梓「……見てるか部屋で待ってて下さい」

唯「見てる!」

梓「いいですか?野菜はこう…」トントン

唯「おぉ!上手だねぇ!すごいねぇ!!」

梓(……ずっと見られるのも調子狂うなぁ……)ドキドキ

トントン

梓「……っ!い、痛っ!!」

唯「あずにゃん!?」

梓「へへ……指をちょっと切っちゃいました……」クパァ

唯「貸してっ!」

梓「へ?何を……」

パクッ

梓「!!!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:21:57.87 ID:mvK4fSv5O

梓「あわ…あわわわ……せ、先輩…なにを…」ドキドキ

唯「……ん…」チュー

梓「あぅ…ぁ……ぅ」ドキドキ

唯「……ぷはっ!…舐めれば治るんだって!怪我した時憂もやってくれるんだよ~」

梓「あ……あの……ば、絆創膏取ってきますから!!」ダッ

唯「…」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:45:39.27 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
唯「だいじょぶ?」

梓「だ、大丈夫ですから……あの…部屋で待ってて下さい」ドキドキ

唯「で、でも…」

梓「……お願いします…」

唯「う、うん……」

梓「…」

梓「……ふぅ…(先輩がいると…駄目です……)」ドキドキ

梓「……よし!作らなきゃ!」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:53:19.45 ID:mvK4fSv5O

梓「……っと、後は焼くだけ……先輩のために…」

梓「……先輩…」

梓「……熱っ!油が…」ジュッ

梓(……うぅ……やっぱり意識しちゃうといつも通りに出来ない……)ドキドキ

梓(……先輩が…私の指を……)ポーッ



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 15:57:42.67 ID:mvK4fSv5O

梓「っ!!こ、焦げちゃうっ!」ジュー

梓「は、早くひっくり返さないと……」アタフタ

梓「あっ!!あぁ…崩れちゃ……」ジュー

梓「……ちょっと焦げちゃったし……原型とどめてないや……」

梓「……ぐすん」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 16:08:48.76 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
ガチャ

梓「出来ました…」

唯「待ってたよぉ、あずにゃ~ん!!もうお腹ペコペコ……」

コト

唯「……」

唯「……あずにゃん?コレは…?」

梓「……肉そぼろです」

唯「あの……ハンバー…」

梓「肉そぼろですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

唯「……あ、うん……そうだよね……美味しそうだなぁ……」チラッ

梓「…っく……ふぇ……ひぐっ…ふぇぇぇぇぇぇ……」ポロポロ

唯「…え…えぇっ!?あ、あずにゃん!?どうしたの!?」オドオド



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 16:30:47.06 ID:mvK4fSv5O

唯(ど、どうしよう……そうだ!)

ガバッ

唯「よしよ~し、良い子良い子~」ナデナデ

梓「…っく……ぅ……」

唯「良い子だから、ね?」ナデナデ

梓「ぐすっ……ふぁい……」ポーッ

唯(…よかったぁ~)

唯「一瞬にご飯食べよ?ね?」

梓「…」コクリ



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 16:36:54.98 ID:mvK4fSv5O

梓「……あ、あの…」

唯「なぁに?」

梓「もう少し…もう少しだけ…抱き締めていて下さい…」

唯「はぅっ!」ドキッ

唯「あずにゃ~ん!」ギューッ

梓(あぁ……)

梓(やっぱり……)

梓(唯先輩はあったかいな……)

梓(……落ち着くよ…)



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 16:43:29.61 ID:mvK4fSv5O

唯(……あずにゃん可愛いよぉ)ナデナデ

グー ギュルルル…

唯「あ」

梓「ふふっ…食べましょうか、ご飯」ニコッ

唯「うん!……それじゃ、頂きます!」パクッ

梓「頂きまーす」パクッ

唯「ん?んん?イケる!!美味しいよ、あずにゃん!!」ガツガツ

梓「…ん、ホントだ…美味し…」

唯「ハンバーグみたいな味がするよ!!」

梓「……いじわる…」ボソッ



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 17:00:08.50 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
憂「いただきまーす!」パクッ
憂「憂のご飯は今日も美味しいね~」
憂「ふふっ、どう致しまして♪」
憂「そうだ!憂~、あーんしてあげるよ~……ほら、あーん…」
憂「お、お姉ちゃん!?恥ずかしいよぉ…」
憂「いいからいいから~♪はいっ、あーん…」
憂「あ、あー……んっ」パクッ
憂「ん、美味しい!お姉ちゃんが食べさせてくれたからかな~、なんて……へへ…」
憂「うーいー、私にもあーんして~」
憂「ふふっ、しょうがないなぁ……はい、あーん♪」
憂「んっ」パクッ
憂「美味しいね!憂のあーんは別格だね!」
憂「も~、お姉ちゃんったら……」

カチャ

憂「ごちそうさま」

憂「…」
憂「……」
憂「………今日はお風呂入って寝よう」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 17:26:51.05 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
唯「ごちそうさま~」

梓「お粗末様でした」

唯「ご飯も食べたし……お風呂に入ろっか~」

梓「あぁ、お風呂ですか?だったらここを出て左に真直ぐ行けばありますよ?」

唯「何言ってるの?」

梓「はい?」

唯「お風呂は一緒に入るんだよ?」

梓「…はい?」

唯「洗いっこできるね~」ニコニコ

梓「…は?ちょっ…えっ?」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:08:01.08 ID:mvK4fSv5O

唯「……ダメなの?」

梓「あぅ……ダメというか…その…恥ずかしいので…」モジモジ

唯「合宿は皆で入ってじゃん!」

梓「!!!!」

唯「だからね、ね?」

梓「で、でも…」ドキドキ



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:19:20.27 ID:mvK4fSv5O

唯「……わかったよ…あずにゃんって私のことが嫌いなんだね…」

梓「え…?ち、ちが…」ズキッ

唯「……そうだよね、嫌いなら一緒にお風呂なんて嫌だもんね……」

梓「…え…なん…で…そんなこと……」

唯「抱き付かれるのだって迷惑だったんだよね……」

梓「~~っ!!す、好きです!!その…唯先輩のこと……
  も、勿論先輩としてですよ!?だから……」ハッ

唯「あずにゃんか~わい~い♪」ニヤニヤ

梓「なっ!?」カァッ



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:24:05.93 ID:mvK4fSv5O

唯「よーしよし、可愛いねぇ」ナデナデ

梓「茶化さないで下さいっ!!」

唯「じゃあお風呂行こう!」キリッ

梓「…ぅ……はい…」カァッ

唯「じゃあ先行ってるね!!」タッ

梓(……どうしよ…)ドキドキ



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:31:45.17 ID:mvK4fSv5O

だついじょ!

梓「……唯先輩の下着だ…」

梓「…」

梓「……」

梓「………」

『あずにゃーん!はーやくー!』

梓「は、はひっ!?」ビクッ

梓(私は何をっ…)

梓「今行くです!」ヌギッ



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:45:20.62 ID:mvK4fSv5O

梓「…失礼します」ガラッ

唯「来たねぇ…まぁゆっくりしてくれたまえ~」

梓「……何馬鹿なこと言ってるんですか」

ザパァ

唯「じゃあ……さっそく洗おっか」

梓「え…あの…(唯先輩のハダ…ハダカ…)」ドキッ

唯「ほらほら座って~」

梓「あぅ…は、はい」

唯「髪から洗おっか……髪長いね~、洗うの大変でしょ?あ、目つぶっててね」

シャカシャカ

梓「まぁそれなりに…慣れましたけど…」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:49:53.04 ID:mvK4fSv5O

シャー

唯「はい、髪終わったよー」

梓「ありがとうございます」プルプル

唯「わっぷ!あずにゃ~ん、プルプルしちゃダメだよぉ…」

梓「す、すいません!つい癖で!」

唯「猫みたいだね」

梓「はぅ…」カァッ



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 20:57:23.28 ID:mvK4fSv5O

唯「背中流すよー」ゴシゴシ

梓「ひゃっ!」

唯「ヌルヌルだねぇ」

梓「…ボディーソープ使いすぎですよ……それに…あの…スポンジはそこに…」ドキドキ

唯「…?手じゃダメなの?」

梓「ダ…メ…じゃないです…けど……んっ…」ドキドキ

唯「あずにゃん肌スベスベだねぇ」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 21:05:35.40 ID:mvK4fSv5O

唯「そのままバンザイして~」

梓「あ…はい」

唯「前洗うよ~」ムニッ

梓「ひあぁっ!!ちょっ…せんぱっ……前は自分で…」

唯「よいではないかよいではないか~」ムニュムニュ

梓「んっ……ふぁ……先輩…なんか…えっちぃです……」

唯「あずにゃんおっぱいちっちゃいね~」

梓「なっ!?」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 21:14:25.01 ID:mvK4fSv5O

梓「先輩だってあんまり変わらないじゃないですかっ!」

唯「なにおぅっ!」ムニムニムニムニ

梓「ひゃあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

唯「ちっちゃいけど柔らかい…」ハッ

梓「な、何です?」

唯「ここは硬い…」ツンッ

梓「んあぁっ!」ビクッ

唯「あずにゃんのえっちー」

梓「…な…な……(……恥ずかしくて死にそう)」バックンバックン



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 21:25:48.97 ID:mvK4fSv5O

唯「んっふっふっ……下行くよ~」ペタペタ

梓「んっ…」ピクンッ

唯「あずにゃん足開いて~」

梓「へ!?あのっ…今下はっ…だ、ダメです!も、もう十分ですからっ!」

唯「下こそしっかり洗わないと~」

梓「ホントにっ!自分で出来ますからっ!」

唯「…じゃあ見ててあげるよ~」

梓「!!!!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 21:32:01.54 ID:mvK4fSv5O

唯「こっち向いて洗うんだよ~」

梓「そ、それも…恥ずかし…(ど、どうしよう…)」

唯「やっぱり私がっ!」ふんす

梓「じ、自分でやります!!」

唯「うんうん」

梓(もう…どうでもいいや…)



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 21:38:57.13 ID:mvK4fSv5O

梓(無心、無心で…)

梓「……んっ…」ニュルッ

唯「ツルツルだねぇ」

梓「よ、余計なお世話です!!」

唯(うわぁ……耳まで真っ赤だよ……)

梓「……ん…ふっ…」

梓(終わった…あとは足を…)ゴシゴシ

梓「お、終わりです!」

唯「む~……それじゃ駄目だよ」

梓「っ!!!!!」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:04:41.24 ID:mvK4fSv5O

唯「中まで洗わないと~」グイッ

梓「っ!せんぱっ…」

唯「こういうふうに…」ヌプッ

梓「んぁっ!!や、やめっ!…んっ…くぅっ!」ビクンッ

唯「こうやって…」クチュッ

梓「んっ…あぁっ!」

唯「ヌルヌルしてるね」クチュクチュ

梓「ひぁっ!ち…ちがっ……くっ…ぁ…それはっ…あっ…ボディーソープ…ですっ…んぁっ!」

唯「ふーん」クチュッ

梓「やっ…ぁ…あぁっ!(…ダメ!これ以上は……)」

唯「終わり!」

梓「…ふぇっ?」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:14:26.01 ID:mvK4fSv5O

唯「綺麗になったよ」

梓「はぁっ…はぁっ……(うぅ…もうちょっと…なのに…)」

唯「体流すよ~」

シャー

梓「はぁ…はぁ…」

唯「じゃあ私上がるよ~」

梓「…え…先輩…体は…」

唯「あずにゃん来るのが遅いから終わっちゃったよ~」

梓「……あ…」

唯「じゃあね~」パタン

梓「…」

梓(……ずるいよぉ…)



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:20:54.29 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
ふろあがり!

梓「はぁ……洗いっこ……出来なかったな……」

梓「……唯先輩何であんな…」ドキドキ

梓「……気持ち良かった…けどさ…」ムズ

梓「……中途半端だよぉ…」

ガチャ

梓「お待たせしました~」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:27:49.48 ID:mvK4fSv5O

梓「先輩?」

唯「……むにゃ…」

梓「…寝てる……しかも人のベッドで…」

梓「違う布団出したのに……仕方ない…私が床で…」

唯「…あずにゃ~……んん…」スピー

梓「!!」

梓「…」

梓「…と、隣…いいかな?」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:37:55.58 ID:mvK4fSv5O

パチン

梓「し、失礼します…」モゾ

梓「……」ドキドキ

梓「あったかい…」

梓「へへ…」

唯「ん~…」ゴロン

梓「っ!!」

梓(ち、近い!!)



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:44:20.86 ID:mvK4fSv5O

梓(これは…先輩は寝てる……そして顔が近い…)

梓「…」ドキドキ

梓「…い、いいよね」

梓「……ん…」チュウ

梓「あわわわ…」

梓「お、おやすみなさい」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 22:54:13.22 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
梓「くしゅっ!」

梓「さむ…」

梓「……先輩が布団を絡めとってる…」

梓「……寒いよぉ…」

梓「…」ギュッ

梓「…先輩が悪いんです」ボソッ

梓「……やっぱりあったかい…」ギューッ

――――――――――
―――――
―――




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:04:49.41 ID:mvK4fSv5O

――――――――――……ん
…にゃん
あずにゃーん

梓「ん…朝…」パチ

唯「おはよ~」

梓「!お、おはようございます!!」

唯「……この手は何かな?」

梓「っ!!」パッ

梓「これは…その……えと…なんでしょう?」アタフタ

唯「一緒に寝てたんだねぇ」

梓「…そ、そうですね…あはは…」ドキドキ



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:11:59.37 ID:mvK4fSv5O

梓「あ、朝ご飯作っちゃいますね」

唯「手伝う~?」

梓「け、結構です!!簡単なもので済ませますから!」

唯「肉そぼろ?」

梓「ち、違いますよ!!」

唯「じゃあ待ってるよ~」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:14:51.09 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
憂「お姉ちゃーん!朝ご飯できたよー!」ガチャ

憂「……あ…」

憂「……いないんだった…」

憂「……」

憂「二人分作っちゃったよ…」

憂「うぅ…」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:31:33.03 ID:mvK4fSv5O

――――――――――
梓「ごちそうさま」

唯「ごちそうさま~」

梓(……今日は土曜日…親は明日までいない…)

梓「あ…あの……先輩?」

唯「ん~?」

梓「もし…もし良かったらですね……その、今日も親がいないんですよ……」

唯「うん」

梓「き、今日も泊まって行きませんか!?」

梓(……言っちゃった…)ドキドキ



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:48:32.64 ID:mvK4fSv5O

唯「……ごめんね」

梓「……あ…」ズキッ

唯「憂にお昼まで帰るように言ってるから…」

梓「あはは…はは……い、いいんです…思い付いただけですから……はは…」

唯「あーずにゃん」ギューッ

梓「あぅっ…」

唯「また来るよ~♪」ナデナデ

梓「……ホント…ですか?」

唯「ホントだよ~?だから寂しそうな顔しちゃダメだよ?」

梓「!!」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 23:53:16.42 ID:mvK4fSv5O

梓「し、してません!!」カァッ

唯「可愛いんだぁ♪」

梓「……から…」

唯「ん~?」

梓「待ってますからね」ニコッ

唯「はうぅっ!」ドキッ



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 00:00:41.21 ID:lMyu1JwbO

唯「可愛いよぉ…可愛いよぉ…」スリスリ

梓「えへへ…」

唯「…あれ?嫌がらないんだね」

梓「今はいいんですよ」

唯「そうなの?」


梓「ふふっ、そうなんですよ」

梓(…二人きりの時くらい)

梓(…贅沢したっていいよね?)

梓(…だって)

梓(…唯先輩が)





梓(…好きだから)



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 00:18:38.57 ID:lMyu1JwbO

~エピローグ的な何か~

ガチャ

唯「ただ~いま~」

憂「き、来た!」バッ

唯「おな~かす~いた~」

憂「!!ご飯もう出来てるよ!」

唯「流石!」

憂「さ、一緒に食べよ!」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 00:24:04.61 ID:lMyu1JwbO

カチャカチャ

唯「やっぱりハンバーグはこうだよねぇ」モッキュモッキュ

憂「?……あ、梓ちゃんの家どうだった?」

唯「楽しかったよ!えっとね、まずギターの練習したんだ~」

憂「偉いね、お姉ちゃん!」

唯「へへ…そしてね、晩ご飯食べて…ちょっと手伝ったんだよぉ」

憂「凄いね、お姉ちゃん!」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 00:36:37.15 ID:lMyu1JwbO

唯「それからあずにゃんと一緒にお風呂入って~」

憂「良かったね、お姉ちゃ……ん?」

唯「あずにゃんの体洗ってあげたんだよ~」

憂「ん……うん?」

唯「あずにゃんのおっぱいはちっちゃいけど柔らかいんだよ~」

憂「…え……?あの…え?」

唯「そういえばあずにゃんを舐めたりしたんだよ(指を)」

憂「…は?ちょ…ちょっと…何言って…」

唯「そしてね、二人で一緒のベッドに寝たんだ~(いつの間にか寝ちゃってたけど…)」

憂「…」

唯「あずにゃんってば抱き付いて離れなかったんだ~」

憂「……」

唯「……憂?」

憂「っ!!な、なんでもないよっ!!」

唯「へんなの~」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 00:51:39.43 ID:lMyu1JwbO

げつよう!

梓「あ、憂おはよー」

憂「おはよ♪」ニコッ

梓「っ!」ゾクッ

梓(な、何今の!?寒気が…)

憂「大丈夫?顔色悪いよ?」ニコニコ

梓「だ、だいじょぶ……」

憂「お姉ちゃん迷惑じゃなかった?」ニコニコ

梓「め、迷惑なんてそんなことないよっ!!」バッ

憂「……ねぇ、お姉ちゃんと何したのかな?」ニコニコ



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 01:03:29.74 ID:lMyu1JwbO

梓「何って……えへへ…」テレッ

憂「……変なことしなかった?」

梓「なっ!?し、してないよ!するわけが…」カァッ

憂「へぇ」ニコニコ

梓「ギターの練習してご飯食べて……そ、それだけ!」

憂「嘘付くんだ」ニコニコ

梓「…え?」

憂「…お仕置だね」ボソッ

梓「ひっ!!」ゾクゾクッ

梓「う、憂…?今なんて…」

憂「なぁに?」ニコッ

憂「 気 の せ い だ よ 」ニコニコ


お わ り



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 01:06:51.59 ID:lMyu1JwbO

本当に終わりです、ありがとうございました

憂編を書きたい人は書いて下さい

おやすみなさい




194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 01:07:15.29 ID:PhfM5+rQ0

おつ!



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/11(日) 10:59:02.27 ID:AmsDPMJ+0







関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ね~ね~あずにゃん、今日泊まりに行ってもいいかな~?」
[ 2011/10/01 07:46 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:承認待ちコメント
NO:6871 [ 2019/09/03 09:31 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6