SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「えぇっ!?澪ちゃん家って部落なの!?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「えぇっ!?澪ちゃん家って部落なの!?」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272645605/


管理人:差別的な内容を含みます。閲覧にご注意下さい。




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 01:40:05.34 ID:SJpOn+Hd0

唯「うぃ~っす」ガチャリ

律「おお唯!おいーっす!」

梓「唯先輩こんにちはです」

紬「今日はチョコレートケーキよ、唯ちゃん」

澪「っておい、むぎ。ケーキよりもまずは練習だ」

紬「はいはい、ウフフ」

澪「ほらみんな!全員揃ったことだし練習始めるぞー」

律「あいあいさー」

唯「えぇ~、ケーキ!ケーキ!ブツブツ」

梓「まったく、唯先輩は・・・さっさと準備してくださいね」

唯「うぅ~いけず~」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 01:47:32.59 ID:SJpOn+Hd0

ジャンジャカジャカジャカジャンジャカジャーン

澪「ふぅ~・・・うん、いい感じだな!」

澪「みんなのテンポもあってきたし、このままだったら次のライブも成功だな!」

律「そうだな!このままだったら武道館も夢じゃないな!」

梓「律先輩ったら、夢が壮大すぎますよ」

紬「じゃ、このへんでお茶にしましょうか。唯ちゃんも腹ペコみたいだし」

唯「やったー!はやく食べようよ~!」

澪「おいおい・・・」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 01:53:18.26 ID:SJpOn+Hd0

唯「モグモグ今度のモグモグ中間試験のモグモグ勉強さモグモグ」

律「唯、食べるか喋るかのどっちかにしたらどうだ?何言ってるか分からんぞ」

唯「コクリッ・・・モグモグモグモグ」

唯「えっとね・・・あれ・・・なんだっけ・・・」

唯「ああ、そうだそうだ!」

唯「今度の中間試験の勉強、だれんちでやるの?」

澪「勉強って、唯は食べてるだけだろ・・・」

唯「えぇー、いいじゃーん。食べるのも勉強のうちだよー」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 01:57:47.11 ID:SJpOn+Hd0

律「ん~そうだなー、そろそろ中間試験かー、勉強会しないとなー」

律「梓も一緒にくるか?この律先輩が勉強を教えてやるぞー」

梓「律先輩は結構です。澪先輩に教えてもらえるならいきますけど」

律「なんだとー!どの口がそんなことを言うんだ!どの口が!」

紬「まあまあ。そんなことより、唯ちゃんの言うとおりどこでやるの?」

律「むぎんちはだめか?」

紬「ごめんなさい、うちはもうイッパイイッパイなの」

律「じゃあ、唯ん家かなやっぱり」

唯「えー、この前もうちだったじゃん。次は別のところがいいー!」

律「そうかー。むぎも唯も駄目となると、残るはあたしんちか。まあたまには」

唯「ねーねー、私から提案があるんだけど、澪ちゃん家はどうかな?」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 02:03:14.13 ID:SJpOn+Hd0

律「え・・・み、澪ん家か・・・え、えっと・・・」

梓「わ、私も澪先輩の家にお邪魔してみたいです!!!!是非!!!」

紬「私も澪ちゃん家にいってみたいわぁ・・・ポッ」

律「い、いやぁ・・・おいおい、みんな・・・そういうのは澪が決めることで」

唯「なんでなんでー?別に澪ちゃん家でもいいじゃーん!」

唯「何かダメな理由でもあるのー?」

紬「予定が入っているとか?」

梓「私たちにはそこまで心を開いていないとかですか?」

律「あ・・・え・・・み、澪!」

澪「えっと・・・その・・・私は・・・」

唯「もちOKでしょ?澪ちゃん?」

澪「み、みんながどうしても来たいって言うなら・・・」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 02:12:39.99 ID:SJpOn+Hd0

律「!!!み、澪!!!バカ!」

唯「やった!じゃあ決まりだね!私もあずにゃんもむぎちゃんも行きたいから決定!!」

紬「わーいパチパチ」

紬「やっぱり澪ちゃんのお部屋って女の子らしくて可愛いのかしら。楽しみだわ」

梓「私も澪先輩の部屋、どんなのか楽しみです!」

唯「じゃあ、今度の日曜日に澪ちゃん家ってことでいいよね?」

唯「あっ・・・でも、澪ちゃんの家がどこにあるかわかんないな・・・」

唯「ってことで、日曜日も学校に集合!それからみんなで澪ちゃん家に行くことにしよう!」

紬&梓「はーい」

律「・・・」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 02:16:43.57 ID:SJpOn+Hd0

帰り道

律「おい澪どうするんだよ・・・いくらなんでもまずいんじゃないのか?」

澪「でも、だって・・・こうするしかなかったんだよ!」

律「澪・・・」

澪「それに、いつかは結局皆にも知られることだ」

澪「それにな、私は信じてるんだ軽音部の皆を」

澪「私の出自のことをしったからってそれを馬鹿にするような奴らじゃないさ」

澪「唯だって、むぎだって、梓だって。みんな私の大切な友達だ」

澪「それに律、律も私のことをバカにしないじゃないか」

澪「だから大丈夫。みんな受け止めてくれるよ」

律「澪・・・」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 02:21:46.20 ID:SJpOn+Hd0

澪「それともなんだ律。律は唯やむぎや梓がそんなことで私を馬鹿にする人間だと思うのか?」

澪「大切な仲間を、大切なバンドメンバーを信じられないのか?」

律「そういうわけじゃないけど・・・わけじゃないけどさ」

律「こういうことにはなるべく慎重になったほうがいいと思うんだ」

律「用心を重ねて重ねすぎることはないだろ」

律「これじゃあまりにも急だよ。もっとゆっくり明かすべきだよ澪」

澪「律・・・」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:34:04.62 ID:flwiMu5+0

澪「じゃあもし、唯やむぎや梓が私の思っていないような人間だったと仮定しよう」

澪「勿論、そんなことはありえないんだけどな」

澪「でだ、そう仮定して、私が馬鹿にされたとしよう」

澪「そしたらな、少なくとも律、律だけは私の味方になってくれる」

澪「私を守ってくれる」

澪「そうだよな?」

律「当たり前じゃないか澪!私をなんだと思ってるんだ!」

律「秋山澪の幼馴染にして大々々々々親友の田井中律様だぞ!」

澪「ありがとな律」

律「ううん、澪」

澪「大丈夫、大丈夫。唯たちは優しいから」

澪「唯たちはいい奴らだから」

澪「唯たちは私の親友だから」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:43:28.81 ID:flwiMu5+0

日曜日

唯「あっ!澪ちゃん!りっちゃん!おっはよー」

梓「澪先輩、律先輩、おはようございます」

澪「やあ、なんだお前たちもう来てたのか」

紬「みんな、澪ちゃん家に行けるのが楽しみなのよ」

律「・・・」

澪「じゃあ早速私んちにいくとするか!」

唯&紬&梓「おーっ!!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:46:39.37 ID:flwiMu5+0

律「・・・」

唯「あれー?りっちゃん、何か元気ないねー?どうしたの?」

梓「律先輩、もしかして具合がわるいんですか?」

紬「それなら、なにも無理しなくてもいいのよ?」

律「いや、ごめん。ちょっと考え事していただけだよ」

唯「ふーん・・・それならいいけど・・・」

澪「ほらほら!そんなことより早くわたしんちにいくぞ!」

唯「あーい!」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:46:46.50 ID:kJsx9QNy0

本当に教科書で言うような部落なんてあるの?
実際に見たことも聞いたこともないんだが



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:47:33.19 ID:AJCaJVOi0

部落はただの地方って意味の所もあるけどな



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:52:11.58 ID:+IVBadOw0

>>45
東北とかだと部落=集落だな





50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:52:34.85 ID:flwiMu5+0

テクテク テクテク

唯「ね、ねえ・・・これって本当に澪ちゃん家に向かってるの?」

紬「なんだか不気味なところね・・・澪ちゃんには似合わないわ」

梓「それになんだかすっさまじっくクッサイです・・・」

律「お、おい!ばか・・・!」

唯「ううっ!!!!!!!!!くっさーーーい!!!!!!!!!」

紬「ひどい臭いね・・・」

梓「最悪です」

唯「なにあれなにあれ!カワ・・・カク・・・?」

梓「皮革って読むんですよ唯先輩・・・」

紬「皮革工場があるなんて・・・もしかしてこの辺・・・」

律「・・・」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 12:56:36.11 ID:flwiMu5+0

唯「あっ!みんな!みてこれ!おもっしろーい!」

唯「『差別はやめましょう。人権尊重』だってw気持ち悪いねー」

梓「うわぁ・・・なんだかその看板不気味です・・・」

紬「もう私、早いところこんなところでたいわ」

唯「うわぁ!!!あのへんもすごいよ!」

唯「同じような家がいくつもある!不気味な光景だね!!ね?」

紬「なんだか虫の卵を見ているようで気持ち悪いわね」

梓「気分最悪です」

律「・・・」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:01:40.85 ID:flwiMu5+0

唯「あそこにも変な建物があるね。リン・・・ポ・・・カン・・・?」

梓「ええ、あれはリンポカンって読むんですよ」

紬「隣保館まであるなんてもうあれ確定じゃないの・・・」

梓「ねえ!澪先輩!はやくこんな不気味なところでましょうよ!」

紬「私たちにまでこの陰鬱で総毛立つような空気が感染してしまうわ」

唯「っていうか、澪ちゃんって毎日毎日こんなところを通って学校に来てるの?」

唯「すごく大変だね。同情するよ」

梓「ホントです・・・こんな胸糞悪いところ澪先輩の通る場所じゃないですよ」

紬「まったくよ!ああ、気分が最悪よ!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:10:17.68 ID:flwiMu5+0

律「・・・お前ら、いいかg」

澪「いやあ、どうやらみんなを随分と悪い気分にさせてしまったようだな!」

梓「いえ、澪先輩は悪くありません!悪いのはこの場所です!」

唯「うん、そうだよ澪ちゃん、あずにゃんの言うとおりだよ」

紬「そうよそうよ、だからはやくこんな場所は出ましょうよ!」

律「・・・」

律「あ、あのな!実はみんなにいい忘れてたことがあってな」

唯「??ん?なに?どうしたのりっちゃん?」

律「実はな、今日はな・・・澪んちには親戚の人がいっぱい集まってるらしくてな」

律「それで、澪んちじゃ勉強会はできないって事になってたんだ・・・」

律「そんなわけでわたしんちでしようってわけで・・・」

律「突然こんなこといってごめんな!唯、むぎ、梓!」

唯「えぇ~・・・そうなんだぁ・・・」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:15:48.94 ID:flwiMu5+0

梓「澪先輩のうちで勉強するの楽しみにしてたのになあ・・・」

律「なんだよお前ら!あたしんちじゃ不満だってのかコンニャロー!」

唯「あははーwそんなこといってないよ~」

紬「まあ、用事が入っているなら仕方ないわね。私も他人のこといえないし」

梓「でも、律先輩の家も行ったことがないので結構楽しみです」

律「おっ!?そうかー?へへへーあたしの部屋はなすっごく綺麗で女の子らしいんだぞー」

唯「絶対嘘だ」

紬「嘘ね」

梓「嘘です」

律「んっ・・・なんだとー」

唯「あははーま、とにかくりっちゃんちにレッツゴー!」

紬「早くいかないとその分勉強時間もなくなっちゃうものね」

律「よーし、あたしについてこーい!まずはこっちだ!」

唯&紬&梓「おーっ!!」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:23:24.74 ID:flwiMu5+0

テクテク

澪「・・・ううぅ・・・グスッ」

唯「???ん?澪ちゃん、どうしたの?あれ?なんで泣いてるの?」

紬「も、もしかして、今日澪ちゃんちで勉強会できないことに責任感じてるの?」

梓「もしそうだったら気にしなくても大丈夫ですよ!また別の日にやりましょうよ!」

澪「うぅ・・・グスッ・・・ヒック・・・」

律「お、おい澪!わりぃ、唯たちは先に行っててくれるか?」

律「そこの道をまっすぐいって二つ目の信号を右に曲がってだな」

律「しばらくいくとコンビニあるからそこで休憩していてくれ」

唯「うん、いいけど・・・澪ちゃん大丈夫?」

梓「なにかいやなことでもあったんですか?」

紬「とにかく、落ち着いたらりっちゃんと一緒にきてね・・・?」

澪「グスッ・・・あぁ・・・うん・・・わかった・・・ごめんな・・・グスッ」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:33:14.54 ID:flwiMu5+0

律「と、とにかくお前たちははやくいっててくれ」

唯「澪ちゃん・・・もしかして・・・もしかしてだよ・・・?」

唯「あの気味の悪くて胸糞悪くなる気色悪いところ・・・」

唯「もしかしてあそこ・・・あそこ」

律「・・・!ゆ、唯!」

唯「あの最悪な場所通ったから気分が悪くなったとか?」

紬「ああ・・・確かに・・・あんなところ通ったら誰でも気分が悪くなるわね」

梓「私も気分が悪くなりました。繊細な澪先輩のことならなおさらでしょう」

唯「もう!りっちゃんったら!あんなホームレスもよりつかなさそうな所通るなんて!」

唯「少しは澪ちゃんの気持ちを考えてよ!!!」

律「あっ・・・う、うん・・・わりぃ・・・」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:39:21.54 ID:flwiMu5+0

紬「まあまあ、りっちゃんだって本気で嫌がらせしようと思ってたワケじゃないんだから」

梓「そうですよ唯先輩。そんなに律先輩を責めたら駄目ですよ」

唯「・・・そうだね、ごめんねりっちゃん」

唯「一番悪いのはさっきの場所だよねー」

梓「確かに!あの掃き溜めみたいなところが澪先輩を泣かせたんです!最悪です!」

紬「ほんとよまったく!なんであんなところがまだ現代日本に残っているのかしら!」

律「お前らいい加減にしろ!!!!!」

唯&紬&梓「!!」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:44:59.45 ID:flwiMu5+0

唯「り、りっちゃん・・・ど、どうしたの・・・?」

律「い、いや・・・なんでもないんだ・・・うん、なんでも」

梓「律先輩までさっきのところのせいで気分が悪くなったんですか・・・?」

律「・・・いや・・・あの・・・」

律「あはは!お前らいつまでもしゃべってるからさ!」

律「はやくいけよオイッって思ってついついどなっちゃって・・・」

唯「そうなんだぁ・・・よかったぁびっくりしちゃったよ」

紬「そういえば今日はりっちゃんの女の子の日だものね」

律「おいむぎなぜそれを」

紬「うふふ」

唯「ま、じゃ、りっちゃんにも怒られたことだし、皆ではやくコンビニにいっちゃおー」

紬&梓「おーっ!」

テクテク



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:50:15.77 ID:flwiMu5+0

澪「うぐっ・・・グスッ・・・ヒッグ・・・エッグ・・・」

律「澪・・・大丈夫か・・・?」

律「無理するなよ・・・?」

律「駄目なようだったら具合が悪いことにして帰ってもいいんだぞ?」

澪「いや・・・だいじょうヒック・・・大丈夫だ・・・スン」

澪「うぅっ・・・グスッ・・・」

律「澪・・・」

澪「・・・なあ律・・・グスッ・・・」

律「ん?どうした澪?」

澪「あのな、さっきな、律が私を庇ってくれただろ・・・グスン」

澪「私の家の前まで来たのにグスッ、用事も何も無いのにグスッ」

澪「行き先をりつんちに変更してくれただろ?ヒック」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 13:57:56.98 ID:flwiMu5+0

律「ああ・・・あのままじゃな・・・さすがにな・・・」

澪「私な、とても嬉しかった。律がいて本当によかったと思った」

澪「律、お前だけはなずっと私のそばにいてくれよ」

律「あぁ、勿論だ澪」

澪「お前がいなくなっちゃったらな・・・グスン」

澪「私は死んじゃうよ・・・律ぅ・・・ヒック」

律「澪・・・大丈夫だよ澪・・・私はついてるから」

澪「ありがとな・・・グスッ」

律「とりあえず落ち着くまでここにいような」

律「それに今は誰も見てないから好きなだけ泣いてもいいんだぞ」

澪「ありがとな律、本当にありがとう」

律「澪・・・」

澪「うっ、ぐっ、ひっく」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:04:59.14 ID:flwiMu5+0

店員「いらっしゃいませー」

唯「おっ、ここがりっちゃんのいってたコンビニだね!」

梓「結構歩きましたね」

紬「あらそうかしら?全然だとおもうんだけど」

梓「ムギ先輩は馬鹿力・・・いやなんでもないです!」

紬「いま何か聞こえたんだけど私の気のせいかしら」

梓「な、なんのことでしょうか?先輩の思い違いですよ!」

唯「あっ、そうだ!勉強会するのにお菓子買っていこうよ!」

梓「勉強するのにお菓子は必要じゃないですよ・・・」

唯「えー、いいじゃーん!あった方がたのっすぃよー!」

梓「まったく・・・仕方ないですね唯先輩は・・・」

紬「私も一応ケーキとお茶を何個か持ってきたのよ」

唯「おぉーさすがむぎちゃん!気がきくー!」

梓「ムギ先輩も唯先輩を甘やかさないでください!」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:11:13.14 ID:flwiMu5+0

唯「それにしても・・・澪ちゃん大丈夫かな・・・」

梓「ええ、心配ですね」

紬「一体どうしちゃったのかしら・・・」

唯「やっぱりあの場所を通ったのがいけなかったんだよ」

唯「りっちゃんには後でガツンといっとかないとね!」

紬「確かにりっちゃんは何を思ってあんな部落を通ったのかしら」

唯「ん?部落・・・?部落って何?」

梓「唯先輩、どんだけ無知なんですか・・・」

梓「部落ってのは穢多非人の住む穢土ですよ」

紬「唯ちゃんもあの場所の気持ち悪さを感じたでしょ?」

紬「とにかくカスみたいな場所ってことよ」

唯「へ~、だからなんだか気色悪かったんだー」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:19:32.76 ID:flwiMu5+0

唯「でもなんでムギちゃんはあそこがその部落だって分かったの?」

紬「まず皮革工場があったでしょ。精肉店やああいうのがあるところは部落なの」

紬「ああいう生き物を殺してどうこうするっていうのは穢れた仕事って考えられてたの」

紬「だから基本的には身分の低い、いわゆる被差別階級の人達が主にやってたのよ」

紬「臭いも凄まじいから自然とまともなところからは離れちゃうしね」

紬「それと関連して戒名にもそれっぽい字を入れられたりしたわ」

紬「たとえば玄と田、これで家畜の畜みたいな感じで」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:25:37.87 ID:flwiMu5+0

紬「それから同じような住宅が何軒も続いてたでしょ?」

紬「あれはね、部落民が行政に圧力をかけて私たちの税金使って建てさせた家なの」

紬「部落解放同盟、いわゆる解同がいろいろなことに差別だなんだといちゃもんをつけるの」

紬「すこしでも差別っぽいことを言った人間を糾弾会に召還していじめ抜くの」

紬「何も言わなきゃ風化するのにわざわざ騒ぎ立てて」

紬「あまつさえ小学校すら脅して自分たちの作った本を売りつけるのよ」

紬「全ては自分たちの利権のためね」

紬「そして、差別を反対する看板。普通はあんなのないわよね」

紬「あれがあるってことは差別が日常的に行われている土地であることを示すわ」

紬「それがどういう土地かを考えれば、唯ちゃんにもわかるでしょ」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:30:25.11 ID:flwiMu5+0

紬「さらには隣保館の存在。これがあるところは十中八九そういうところよ」

紬「隣保館はもともとイギリスで貧困と差別をなくすための社会福祉施設として誕生したの」

紬「でも日本じゃ被差別部落に対する差別をなくそうという目的を主として作られてるわ」

紬「気になるんだったら自分の住んでいる地名+隣保館でググるといいわ」

紬「まあとにかくそんなのを総合的に判断するとあそこは被差別部落」

梓「またの名を同和地区ですね」

紬「そして、通称部落・・・」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:34:19.61 ID:flwiMu5+0

梓「部落なんかを通ったら繊細な澪先輩が気分が悪くなるのは当たり前です」

唯「うわぁ・・・メチャクチャ嫌なところだったんだね・・・」

唯「帰り道はあそこ通りたくないなあ・・・」

梓「律先輩は冗談であそこ通っただけだから大丈夫じゃないですか?」

紬「帰りはちゃんとまともな道を通ってくれるわよ」

梓「にしてもひどい冗談ですよね。律先輩のことちょっと見損ないました」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:39:01.28 ID:flwiMu5+0

律「おっみんなー!おっまったー!」

澪「ごめんなみんな、迷惑かけて」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん。悪いのは全部りっちゃんだから」

律「っておい」

唯「私たちや澪ちゃんに迷惑をかけた罰としてお菓子をかってね」

律「えっ」

唯「勉強会の時に食べるんだよー。勿論私たちも少しはお金だすからさー」

律「おいおい、唯・・・まったく・・・もう」

澪「わ、私も買うよ!私がみんなに一番迷惑をかけたからな」

唯「ええーっ、澪ちゃんは大丈夫だよ」

唯「全ての元凶はあんなところを通ったりっちゃんにあるんだから」

澪「・・・」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:42:41.05 ID:flwiMu5+0

律「あっ、ええと・・・あたしが全部出すよ!うん!」

律「ほら、お菓子をジャンジャンかごにいれーい!」

唯「おーっ!」

梓「・・・唯先輩ったら・・・勉強会の意味わかっているんでしょうか」

紬「まあこういうのもありじゃないかしら」

梓「そういうものなんですか?」

澪「・・・」

梓「・・・澪先輩?やっぱりどこかおかしいですよ?」

紬「澪ちゃん、やっぱり具合が悪いの?大丈夫?」

澪「あ、ああ。大丈夫だ。ちょっと考え事していただけだよ」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:46:53.59 ID:flwiMu5+0

梓「それならいいんですけど・・・無理はしないでくださいね?」

紬「そうよ澪ちゃん。私たちみんな澪ちゃんのこと大好きなんだから」

澪「ありがと・・・ありがと・・・みんな・・・ありがと・・・」

律「おーい、澪、むぎ、梓ー買い物終わったぞー」

梓「じゃ、早く行きましょ澪先輩」

紬「悪いものからはなるべく早く離れた方がいいわ」

澪「・・・」

店員「ありがとうございましたー」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 14:54:36.57 ID:flwiMu5+0

テクテク

唯「へへへ・・・お菓子大量だねりっちゃん!こんなにあったらお腹膨れるよー」

律「私の財布はぺしゃんこだけどな・・・ははは・・・」

唯「ドンマイりっちゃん!」

律「ってお前がいうかい!」

紬「あらあらうふふ」

梓「澪先輩、調子はどうですか?」

澪「うん大丈夫だ。心配かけて悪いな」

梓「いえ気にしないでください。大好きな澪先輩のことなんですから」

澪「梓・・・」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:02:38.55 ID:flwiMu5+0

テクテク

律「よーし!ほらみろここがあたしんちだぞー!」

唯「おおー!綺麗な家だねりっちゃん!」

梓「さっきのところとは大違いです」

紬「まあこれがりっちゃんち?綺麗・・・うっとり・・・あそことは大違いだわ」

唯「あそこはキモ過ぎたもんね・・・そのせいで澪ちゃんも気分を悪くするし」

澪「・・・」

唯「でもなんだか綺麗すぎてりっちゃんにはふさわしくないね」

律「おいそこどういう意味だコラ」

律「まあいいや、はやく入るぞー」

唯「あーい」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:10:27.40 ID:flwiMu5+0

ガサゴソ

唯「おじゃましーます」

紬「おじゃましまーす(ワクワク」

梓「おじゃましますです」

澪「おじゃまします・・・」

律「ほいほい、こっちだぞ皆の衆」

聡「あっ、姉ちゃん・・・どうしたの?」

聡「今日は友達の家にいくって・・・」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:11:18.61 ID:flwiMu5+0

律「あぁ~いや~急用ができてなー」

律「急遽うちってことになったんだよ」

聡「ふーん・・・あっ、姉ちゃんのお友達ですか?」

聡「俺、弟の聡っていいます。駄目な姉ですけどよろしくお願いします」

律「おい・・・」

唯「いやいや、こちらこそどうかよろしくおねがいしますですだ」

梓「よ、よろしくお願いします(ポッ」

紬「こちらこそよろしくね。ちょっとうるさくなると思うけど我慢してね」

澪「・・・」



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:16:49.90 ID:flwiMu5+0

トントントントン(階段を上る音)

唯「ねーねーりっちゃーん」

律「ん?なんだ唯」

唯「さっき聡くんが言ってたけど、澪ちゃんの親戚来訪って急遽決まったの?」

律「えっ・・・ああ・・・うん」

唯「でも私たちに行き先変更を告げるときは
  なんだか前々から決まってたような言い方したよね」

律「え・・・ああ・・・そうだっけか?そんなこともう忘れちゃったなー」

律「あははー・・・」

唯「まあいいかー」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:26:06.64 ID:flwiMu5+0

ガチャリ

律「ほらみろ、これがあたしの部屋だぞーどうだーかわいいだろー」

唯「あれ・・・?ゴミが散らかってない」

紬「下着が脱ぎ散らかしてない」

梓「何故か整理整頓されてます」

律「おまえらひどい」

澪「・・・」

唯「よーし、とにかく勉強会始めよー!」

律「ああそうだな」

澪「うん」

唯「ええとまずは・・・」

律「どれにするんだ?数学か?その場合は教え役は澪だな」

唯「コンソメポテト!」

律「おい・・・お菓子じゃなくて勉強を・・・」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:37:20.28 ID:flwiMu5+0

唯「うぅ・・・じゃあせめて食べながら勉強することは許して下さいませ」

律「まあそれならいいけどさ」

梓「あの、私は数学がいいです・・・教えてください」

律「ん~なんだ~梓は数学ができないのか~まったくダメダメだな」

梓「律先輩には言われたくないです」

律「いうようになったな・・・よし、澪梓に教えてやれ」

澪「あ・・・う、うん・・・」

律「えっと・・・じゃ・・・むぎ!私と唯になにか教えてやってください!」

紬「ええいいわよ。それじゃ英語でいいかしら」

律「はい、どうかお手やらわかに」

唯「うんボリボリバリバリ」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:44:26.70 ID:flwiMu5+0

カキカキ バリボリ カキカキ

澪「これはな接点をTとおいてだな・・・こうすれば・・・それで・・・」

梓「ふむふむ」

澪「あとはこれが正の解を・・・場合分けで・・・」

紬「ここはね、まず注目すべきは・・・で・・・そして・・・」

律「ほほお・・・」

唯「わさビーフ鼻に来るね・・・バリボリ」

澪「あとはこれを図示して通過範囲に・・・」

梓「なるほど!わかりやすい説明です澪先輩!」

澪「あとそれから・・・包絡線を使っても・・・」

律「おっ、澪ー元気が出てきたみたいだなー」

澪「ああまあな」

紬「まあよかった澪ちゃん」

唯「モグモグ」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:51:08.83 ID:flwiMu5+0

唯「あっ!そろそろお昼だねみんな!お腹減ったね」

律「いや唯、お前はずっと食いっぱなしだっただろ・・・」

唯「ブー」

紬「じゃあ、お昼にケーキ食べる?」

梓「ムギ先輩、ケーキはお昼に食べるもんじゃないですよ・・・」

唯「たべよーたべよー」

紬「じゃあ紅茶用意するわね。りっちゃん、キッチン貸してくれる?」

律「ああいいぞー。キッチンは階段降りて右行ったあたりにあるから適当に使ってくれ」

紬「わかったわ」

トントントントン(階段を降りる音)

ガタガタ(いろいろする音)



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 15:56:57.20 ID:flwiMu5+0

トントントントン(階段を上る音)

紬「はい、紅茶の用意できたわよ」

唯「おおっー!ん~、いいかおり!」

律「ま、頂くとするか」

唯「いただきまーす!」

一同「いただきます」

唯「これおいしいねモグモグ」

唯「あ、あずにゃんのたべてるのも美味しそうだね!ちょっと分けてよ!」

梓「別にかまいませんけど」

律「ふぅ~・・・でもなんだかお昼って感じはしないな・・・」

澪「いつもの部活って感じだな・・・」

梓「そうですね」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:03:03.38 ID:flwiMu5+0

唯「でもいいじゃん!」

唯「みんなで一緒にいてさ、みんなで一緒にお茶して」

唯「少なくとも私は幸せだよ!」

澪「唯・・・」

澪「よし・・・」

澪「あ、あのなみんな実はな、実はな私は」

唯「それにしても、あの場所ひどかったよねー」

唯「今思い出しても吐き気がするもん」

梓「ちょっと先輩、食事中にそんな話はしないでください」

紬「やめてよ唯ちゃん、気持ち悪いわ」

唯「ごめんごめん、えへへ」

唯「でもあんなところ通ったから澪ちゃんの具合も悪くなっちゃったんだよ」

唯「反省してるのりっちゃん?」

律「・・・え・・・あ・・・ええと・・・」

澪「・・・」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:06:53.30 ID:flwiMu5+0

唯「そうそう、あそこって被差別部落って言うんだって!」

唯「気持ち悪いよねー」

唯「ほんと最悪。あそこ住んでるひとってどんだけー」

紬「部落のヤツらと同じ空気吸ってるって考えるだけで・・・」

梓「うぅ・・・最悪です・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

唯「あ・・・そういえば澪ちゃん、さっき何かを言おうとしてたけど・・・」

澪「い、いや・・・なんでもないんだ・・・」

唯「そうなの?」

澪「あ・・・うん・・・なんでも・・・」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:10:30.74 ID:flwiMu5+0

律「よ、よしみんな!お腹も膨れたことだし、勉強会午後の部を始めるぞ!」

唯「はーい!」

唯「じゃあ、まずはさっそくじゃがりこだね!」

律「こら」

律「じゃあ次はあたしと唯が澪に数学を教えてもらおう」

唯「うん」

澪「っていうか、これじゃ私は全然勉強できないじゃないか」

紬「他人に教えることで自分の知識を確認できるって言うわよ」

澪「・・・そういうものなのか・・・」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:18:27.90 ID:flwiMu5+0

カキカキ カキカキ ペラッ

澪「ここはこうで・・・で・・・」

律「プシュー」

唯「モグモグ」

紬「ここはねこうなの・・・でね・・・」

梓「ふむふむ」

カキカキ モグモグ カキカキ

律「ん・・・!!!おっと、もうこんな時間か!」

紬「あら気がつかなかったわ」

唯「勉強に夢中になりすぎたんだねー」

律「お前はほとんどくってばっかだろ」

梓「明日学校ありますしそろそろ帰りましょうか」

律「んーそうだなー名残惜しいけどそうするか」

律「じゃーお前ら忘れ物するなよ」

律「ま、忘れ物しても明日の部活で届けてやるけどな」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:25:20.71 ID:flwiMu5+0

唯「ふう・・・お菓子のおかげでお腹いっぱいだよ」

紬「あらあら唯ちゃんったら」

梓「もう、唯先輩・・・私の方が勉強できるんじゃないですか?」

唯「なにぃ!?聞き捨てならないぞあずにゃん!」

澪「ほらー唯、梓ーくだらないことしてないで帰るぞー」

唯&梓「はーい」

唯「澪ちゃん、元気になったみたいでよかったね」

梓「ホントです。ほんとに良かったです」

トントントントン(階段を降りる音)

ガチャリ(玄関を開ける音)

律「えーっと・・・皆いるなー」

律「じゃ、気をつけて帰れよ」

唯「あいあいさー」



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:29:48.86 ID:flwiMu5+0

唯「じゃ、いこあずにゃん、澪ちゃん、ムギちゃん」

梓「はいです」

紬「うふふ」

澪「ああ悪いな唯、梓。私はこっち方向なんだ」

唯「・・・え?だってそっちは」

梓「・・・先輩、そっちは・・・」

紬「ちょ、ちょっと澪ちゃん、そっち方向って・・・」

唯&紬&梓「さっきの部落・・・」

律「!!!!!!!!!!!!!!!」



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:34:23.76 ID:flwiMu5+0

澪「え・・・あ・・・」

律「いやあいやいやあ・・・あーははははー!」

澪「じょ、冗談だよ!そう、冗談!」

律「今のは澪なりのジョークなんだぜ!」

律「私はこんなに元気になったんだっていうな!」

律「いやー、澪もすっかりげんきになったなーうんうん」

澪「そうそう、本当は私の家はあっちなんだ」

澪「唯たちとは方向が逆になっちゃうから一緒には帰れないんだ」

澪「ごめんな」

唯「ううん、全然大丈夫だよ澪ちゃん」

紬「それにしても今のジョークにはびっくりしたわ」

梓「ホントですよ、澪先輩ちょっとジョークが恐ろしすぎます」

澪「・・・ははは・・・」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:41:20.84 ID:flwiMu5+0

律「えっと・・・じゃあ皆帰ろうか」

律「澪、唯、むぎは明日教室でな!!」

律「梓は部活でな!」

律「ま、本来はテスト期間だから部活やっちゃだめなんだけど・・・」

律「じゃあな!」

唯「じゃあねりっちゃん、澪ちゃん!」

紬「さようならー」

梓「さようならです」

澪「じゃ、みんな」



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:42:39.08 ID:flwiMu5+0

唯「ああっ!!!!そうだっ!!!!」

紬「ど、どうしたの唯ちゃん?」

唯「私、憂に早く帰ってくるように言われてるんだった!」

唯「どうしよう!はやく行かないと!」

梓「それなら急いだ方がいいんじゃないですか?」

唯「うん!そうだね!じゃね皆!」

律「おー、気をつけて行けよー」

ダダダダ



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:53:08.56 ID:flwiMu5+0

律「まったく忙しいやつだな」

梓「ははは・・・本当にそうですね」

澪「じゃあ私たちも帰るとするか」

紬「そうね」

梓「あ、あの律先輩?」

律「うん?どうした?」

梓「あの、聡くんは・・・?」

律「ん?聡か?聡になんか用か?」

梓「いや、そういうんじゃなくて」

律「おーい、さとしー!」



340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 16:53:49.77 ID:flwiMu5+0

ガチャリ

聡「なんだよ姉ちゃん、もう夜だぞ。近所迷惑だ」

梓「あ、聡くん・・・(ポッ」

聡「あっ、姉ちゃんのお友達。えっとその・・・」

聡「気をつけて帰ってください」

梓「・・・はい・・・コクリ(ジュンッ」

律「ま、そんなわけで」

律「じゃあなみんな!」



360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:03:28.38 ID:flwiMu5+0

テクテク

澪「はあ・・・」

澪「私はどうしたらいいんだろうか・・・」

澪「素直に打ち明けるべきなのか?それとも」

澪「でもいつかは分かることじゃないのか?」

澪「いや、なんで同和地区に住んでいるってだけで差別されるんだ」

澪「私自身の中身とは何も関係がないじゃないか・・・」

澪「律だって唯だってむぎだって梓だって・・・」

澪「私のことは本気で心配してくれた」

澪「あれに嘘偽りがあるとは到底思えない」

澪「つまり、あれは私の中身を評価してくれったことじゃないか」

澪「いまさら出自を打ち明けたところでその評価は簡単に変わるか?」

澪「そんなやつらじゃないと信じたい」

澪「しかし、あの部落に対する異常なまでの嫌悪感・・・」

澪「やはり、すこしは不安になるな」



370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:08:03.26 ID:flwiMu5+0

澪「一体私はどうしたら・・・」

澪「ただ生まれた場所、そんな些細なことでこんなに悩むなんて!」

澪「お風呂にでもゆっくりはいって良く考えてみるか」

澪「ブツブツ・・・」

ガサガサ

澪「きゃっ!!!!」

猫「ニャ、ニャーーーニャー」

澪「って、なんだ猫・・・?か・・・びっくりした・・・」

澪「はあ・・・」



389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:13:57.38 ID:flwiMu5+0

翌日

澪「やあみんなおはよ」

律「おーっす澪」

紬「おはよう澪ちゃん」

メガネ「おはよう澪」

唯「あっ、おはよう澪ちゃん。昨日のお風呂はゆっくりできた?」

澪「おかげさまで、もうすっかり元気だよ」

メガネ「あら、なにかあったの?」

唯「昨日ね、りっちゃんちでテスト勉強会やったんだけどさ」

唯「途中、部落を通ったせいで澪ちゃんの気分が悪くなったんだー」

唯「ほんと最悪だよねー」

メガネ「うわあ・・・それは最悪ね・・・澪、大丈夫だったの?」

澪「あ・・・ああ・・・」




391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:15:09.13 ID:mHEGgYVE0

>>389
メガネだと?お前ちょっと校舎裏来いや



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:16:36.41 ID:fEmXXn+XO

和wwwwwwww



393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:16:46.28 ID:v726RzVk0

さわちゃんもメガネだぞっ☆





395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:17:27.15 ID:flwiMu5+0

唯「部落って最悪だよね、なんだか汚いし気持ち悪いし」

唯「あそこ住んでるひとって性格も歪んでるんだろうなー」

唯「もし自分の知っている人が部落民だったらもう最悪!」

唯「それがどんな人であろうと軽蔑しまくっちゃうかも」

メガネ「まったくそうよね・・・差別を笠に着て好き勝手やりたい放題」

メガネ「自分たちが差別を助長する原因を行っているというのに・・・」

紬「私もあんなところ二度と近づきたくないわ・・・」

澪「・・・う・・・ああ・・・」

律「・・・」

ガラガラ

ババア「はいみんな席ついて、HRはじめるわよー」

皆「はーい」




396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:17:53.67 ID:x7v+0OSL0

あのクラスにはメガネ何人いると思ってんだコラ



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:18:27.98 ID:Uw0CcLlH0

ババアだあ?



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:18:43.28 ID:v726RzVk0

おいパーツで呼ぶのまでは許したけど
さわちゃんの侮辱はゆるさん



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:19:04.16 ID:EzfOnPov0

バwwwwwバwwwwwアwwwww





404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:19:48.98 ID:flwiMu5+0

放課後

梓「こんにちはー」

唯&律&紬&梓「ういーっす」

梓「練習しますか」

唯「あずにゃん、あと少しでテストだよ?勉強しなくていいの?」

梓「唯先輩に言われるとなんかむかつきます」

唯「ぶー」

澪「まあそうだな今日は昨日の続きで勉強会といくか」

律「ま、それもありだな」

澪「よし、じゃあ私は・・・あずs」

梓「私はムギ先輩に英語教わりたいです」

澪「・・・あ、そうか・・・」

紬「いいわよー・・・じっくり教えてあげるわ」



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:23:17.24 ID:flwiMu5+0

澪「それじゃあ私は唯n」

唯「私は自分でプリントやるねー。とりあえず古典と英語の訳覚えなきゃ」

澪「・・・え・・・あ・・・ああ・・・じゃあ律か」

律「じゃ、澪、ここをだな」

唯「あれれー?りっちゃん、まずは古典とか英語とかやったほうがいいんじゃないの?」

律「えっ・・・ああそうだな、私も訳覚えなきゃなー・・・ってこれ勉強と呼べるのか?」

唯「完全に定期テストにしか通用しないよねーあはは」

澪「・・・じゃあ私も自習しようかな・・・」



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:27:19.97 ID:flwiMu5+0

カキカキ カキカキ

紬「そろそろお茶入れようかしら」

唯「うんそうだね!今日のお菓子はなになにむぎちゃん?」

紬「今日はワッフルを持ってきたの」

唯「うひょひょーいいねいいねー」

梓「唯先輩ったら」

紬「じゃ、お茶入れてくるから待っててね」

唯「はーい」

澪「唯ったら勉強する気あるのか?なあ梓?」

梓「ムギ先輩!私も手伝いますよ!」

紬「あらありがとう」

澪「・・・は・・・ははは・・・」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:31:21.39 ID:flwiMu5+0

澪「り、律はどう思う?」

律「・・・ブツブツ」

澪「ああ、覚えるのに真剣なのか・・・」

唯「ねーねーりっちゃん」

律「ん?なんだ唯?」

唯「もうお勉強は休憩してお菓子の時間だよ?」

律「ん?ああそうか?」

澪「おいおい・・・律、私には気づかなくて唯には気づくなんて酷いじゃないか」

律「ごm・・・えっと、じゃあ、勉強道具をちょっと片付けるか」

唯「そうだねりっちゃん!」

澪「・・・」



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:39:17.72 ID:flwiMu5+0

紬「みんなー、お茶はいったわよ」

唯「ん~いいかおりですなー」

律「むぎの入れる紅茶はいつもおいしそうだな」

紬「うふふありがと」

梓「こんかいは私も手伝ったんですからね」

唯「はいはい、あずにゃんも偉い偉い」

梓「なんだか微妙です」

澪「梓はえらいな。立派だぞ梓!」

梓「・・・えっとじゃあ紅茶みなさんにくばりますね」

梓「これが律先輩でこれが唯先輩」

紬「で、これが私と梓ちゃんの」

紬「はい、でこれがワッフルよ」

澪「ちょ・・・な、なあ・・・」



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:47:03.22 ID:flwiMu5+0

紬「ベルギーのお土産なの」

紬「はい梓ちゃん唯ちゃんりっちゃん」

律「おぉぉーうまそうだなー」

澪「・・・お、おい」

唯「それじゃー早速食べよう!」

梓「はいです」

唯「モグモグ」

澪「律!唯!なあ!」

紬「唯ちゃんたらそんなに一生懸命食べなくても」

律「あはは、唯は食いしん坊だな」

梓「そんなに食べてよく太りませんね」

唯「あずにゃんみたいに小食だと、胸もちっちゃくなっちゃうもんね」

梓「なんですかそれは!いくら先輩でも言って良いことと悪いことがあります!」



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:55:17.28 ID:flwiMu5+0

澪「むぎ!梓!ちょっとまてよ!」

唯「へへへー、あずにゃんのワッフルちょっともーらい」

梓「あ、こらなにするんですか先輩!」

唯「気を抜くのが悪いのだよ梓隊員。ですよねりっちゃん隊員?」

律「ああそうだな梓隊員。戦場では気を抜いてはいけないのだよ」

澪「みんな・・・なあ、みんな・・・」

梓「二人してなに馬鹿みたいなこと言ってるんですか!」

梓「ムギ先輩もなにか言ってやってください!」

紬「えー、ではコホン・・・梓隊員の健闘を祈る!」

梓「あーもうムギ先輩までもう!」

澪「皆!!!!!!!!!!!バン!!!!」



502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 17:58:10.79 ID:flwiMu5+0

律&唯&紬&梓「・・・」

澪「なあ!なんで私の声が聞こえないんだよ!聞いてくれよ!」

唯「・・・なに?どうしたの澪ちゃん?」

律「いきなり大声出すなんてびっくりするだろ・・・出すときは出すっていってくれよ」

紬「りっちゃんったらその発言はちょっと大人だわ」

梓「澪先輩どうしたんですか?なにかあったんですか?」

唯「もしかして昨日部落に行ったから?」

梓「あー、やっぱりあれ引きずってるんですか」

紬「まあ仕方ないわよね」

唯「部落民って恥とか外聞とかないのかな」

梓「ほんとですよね」

紬「ないからああやって生きていけるのよ」



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:10:47.64 ID:1okpBlNt0

唯「部落民が生きているせいで、普通の一般人の澪ちゃんが迷惑を被る」

梓「最悪ですね・・・部落民は等しく死ねばいいのに」

紬「生きてる価値なんてないのよ。私たちと一緒に生き様ってのがそもそも間違い」

唯「りっちゃんもそう思うよね?」

律「・・・ん、ああそうだな・・・ほんと最悪だな部落民は。死んだ方がましってもんだ」

澪「・・・律・・・」

唯「とにかくさ、そんなところにいっちゃ澪ちゃんは参っちゃうよね」

梓「そうですそうです。ごくごく普通の一般人の澪先輩にはきついですよ」

紬「うんうん」

律「・・・」



607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:16:12.08 ID:1okpBlNt0

唯「あれ、りっちゃんはなにかいうことないの?」

律「え、ああ、昨日は手違いで部落なんかに澪を連れ込んで悪かったな・・・本当にごめん!」

律「本当に許してくれ澪!悪いと思っている!でも・・・でも・・・あたしは弱い人間なんだ」

唯「あははwりっちゃんったら、部落に連れ込んだのと弱い人間なのは関係ないよー?」

唯「ねえねえ、何を謝ってるの?」

梓「律先輩、まさかですよね」

紬「うふふ」

律「・・・いや、なんでもない・・・」

唯「あっ、そうだ、澪ちゃん。で、なんの用なの?」

梓「まさか用がないのに大声出したんですか?」

紬「それじゃまるで部落民ね」

唯「ちょ、むぎちゃんひどーいw澪ちゃんと部落民を一緒にするなんて」

梓「そうですよ、まさか澪先輩が部落民の訳ないじゃないですか」

律「・・・はは・・・ははは・・・ほんとほんと、部落民と澪を一緒にするなっつーの」



615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:22:25.78 ID:1okpBlNt0

唯「で、澪ちゃん、なんの用なの?」

澪「いや、その・・・私の分だけ、紅茶とワッフルがないんだが・・・」

唯「へー、そうなんだー」

梓「ありゃりゃ、気づきませんでした」

紬「ごめんね澪ちゃん」

澪「いや、別に・・・そんな責めるつもりはなくてだな」

紬「すぐにお茶入れてくるわね」

澪「あ、いや、そこまでしなくても」

梓「まあまあ、澪先輩、穢れを払う意味でも紅茶のみましょうよ」

澪「うん、ああ・・・そうだな」



624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:29:25.14 ID:1okpBlNt0

数分後

紬「はい、紅茶はいったわよ。はいどうz・・・あっ!」

澪「きゃあああああああああああああああ」

ガラガッシャーン

律「澪!!大丈夫か!澪!」

澪「熱い・・・顔が・・・痛い・・・」

唯「ちょ、大丈夫?大丈夫?」

梓「大変です!」

唯「ホント大変だよ!だってだって」

梓「あーあ、高そうなカップが粉々です・・・」



629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:37:17.05 ID:1okpBlNt0

唯「ねえ、大丈夫なの?」

紬「ええ、安物だから大丈夫よ」

唯「そう、それなら安心だね!」

澪「ぅぅ・・・いたい・・・火傷したみたい・・・」

律「大丈夫か?保健室行こう、いやこれは病院いった方が」

梓「律先輩」

律「え、ああ、なんだ梓」

梓「・・・わかってますよね?」

律「・・・」



632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:39:31.73 ID:1okpBlNt0

唯「りっちゃーん、カップは大丈夫だってムギちゃんが言ってるんだよ?」

紬「そうよ、だから何も心配することはないのよ?」

律「・・・あ、ああ・・・そうだな・・・」

澪「私は大丈夫だから・・・ごめん、ちょっと保健室いってくる・・・」

唯「さーて、じゃティータイム再開といきますか!」

紬「そうね」

梓「ですね」

律「・・・」



640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:50:52.16 ID:1okpBlNt0

カチャカチャ ズズズ モグモグ

唯「そういえばさりっちゃん?」

律「・・・な、なんだ?」

唯「なんか様子が変だよ?」

紬「そうそう、さっきからなにかおかしいわよりっちゃん」

梓「そうですそうです、どうしたんですか?」

唯「りっちゃんはいい子だからちゃんと分かってるよね?」

梓「部長ですもんね?」

律「ああ、勿論だ・・・」



641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:52:05.57 ID:1okpBlNt0

唯「部落ってキモイよね?」

律「・・・ああ、部落はキモイ!」

梓「部落民は死んだ方がいいですよね?」

律「ああ、部落民は死んだ方がいい!」

紬「どんな人でも部落民であるってだけで近づきたくないわよね?」

律「ああ、どんな人でも部落民なら近づきたくない!!!」

澪「・・・」

律「み、澪!」



649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 19:59:47.07 ID:1okpBlNt0

律「いつからそこに!」

唯「うん?ずーっといたよ」

梓「部落マジきもいのあたりからいましたよ」

紬「どうしたの?なに焦ってるの?りっちゃんったら」

律「いやなんでもないんだ・・・」

澪「・・・」

唯「じゃ、お勉強再開しようか」

梓「ですね」

唯「じゃあ今度はむぎちゃん、私になにかおしえてよー」

紬「ええ、いいわよ」

梓「わたし、教わる人が律先輩しかいないんですけど・・・自習しますか」

律「なんだよその言い方は。わたしだって教えることぐらいできるからな」

澪「私もいるんだが・・・」

唯「んじゃ、各自勉強開始!」

澪「・・・」



653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:08:08.57 ID:1okpBlNt0

唯「プププ・・・んぐふふふっ」

梓「ぐふっ・・・ひっふふふ・・・」

紬「くくくく・・・くひぃ」

唯「あははははははははwwwwもうだめw」

梓「無理です耐えられないですwふふふふw」

紬「うふふふふふw」

唯「澪ちゃんの顔のガーゼおもしろすぎだよー」

梓「なんでそんなのつけてるんですか?」

紬「澪ちゃんったらケガでもしたの?大変ねえ・・・うっ・・・くふふふ」

唯「あはははwwwwやばいってやばいwwうふふふw」

澪「あははは・・・ははは・・・そうなんだ・・・怪我しちゃってさ・・・」

唯「ふふふ・・・ふー、ひぃ・・・ほぉ・・・」



661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:13:37.19 ID:1okpBlNt0

梓「あれ?律先輩どうしたんですか?なんで笑わないんですか?」

律「え?いや・・・だって・・・さすがに・・・」

紬「あらあら、りっちゃん・・・澪ちゃんの怪我面白いわよね?」

律「ん、ああそうだな、傑作だなはははは」

澪「・・・」

唯「ふーん・・・」

唯「もしかして、部落民って今の澪ちゃんみたいな顔してるのかな」

唯「顔面が面白くてwwぷはwww」

紬「ちょっとそれはいいすぎよ唯ちゃんw」

梓「そうですよ、澪先輩と部落民なんかを一緒にしちゃいけませんよw」

梓「ねー?澪先輩?」

澪「う、うん・・・そうだな・・・部落民なんかと一緒にされたらたまらないな」

唯「へー、澪ちゃんもいうようになったねー」

紬「まあたしかにそうよね。純然たる一般人の澪ちゃんと」

梓「生きる価値のない部落民を一緒にしたら流石の澪先輩も怒るってもんですよ」



671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:20:11.00 ID:1okpBlNt0

唯「あははー、たしかにそうだね」

唯「ごめんね、澪ちゃん、部落民なんかと一緒にして」

澪「いや、いいんだべつに・・・別に、私は気にしていないから」

唯「よかったー。じゃ、改めてお勉強再開だねっ」

梓「です」

カキカキ カキカキ

澪「な、なあ!むぎ!ここの問題なんだけどな」

紬「それでこうなるわけよ・・・分かった唯ちゃん?」

唯「ほほう」

澪「って、唯に教えるので手一杯か」

梓「あのムギ先輩、この問題なんですけど」

紬「あらなーに梓ちゃん?」

唯「ぶー、ずるいよあずにゃん。私のムギちゃんとらないでよね!」

梓「別にムギ先輩は唯先輩だけのものではありませんよ!」

紬「ま、私をとり合って喧嘩するなんて・・・ポッ」



679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:28:27.96 ID:1okpBlNt0

澪「・・・」

澪「ま、私に気付かなかっただけだよな・・・あはは・・・」

澪「なー律ー、ひょっとしてこの英語の問題分かるか?」

律「・・・えっと、南ベトナム解放民族戦線が・・・で・・・ああ!」

律「おいむぎ!私に世界史をおしえやがれ!お願いします!」

紬「まあ、りっちゃんったら仕方ないわね」

唯「ちょっとまってよ、ムギちゃんは今は私のものだよ!」

梓「いや私のです!」

律「いんやー!今からは私のむぎだい!」

紬「あらあら、みんなにちゃんと平等に教えるから喧嘩しなくても大丈夫よ」

律「さすがはむぎ様ですだ」

唯「ありがてーこって」

梓「神様ですね」

澪「・・・」



682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:35:43.76 ID:1okpBlNt0

カキカキ コリコリ

唯「ふぅー、もうこんな時間かー」

紬「そろそろ終わりの時間ね」

梓「もうそんな時間なんですか?」

梓「確かに外も真っ暗ですね」

律「じゃあ帰るとしますか」

唯「そうだね、じゃりっちゃんムギちゃんあずにゃんいこー」

梓「ちょ、はやいですよー。ちょっとまってくださいよ唯先輩」

澪「・・・」



695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:46:20.53 ID:1okpBlNt0

唯「んじゃ!じゃーねーみんなー」

梓「さようならです」

紬「さようなら」

律「おっす!じゃーなー!」

唯「あっ、そうだ澪ちゃん!」

澪「ん?なんだなんだ?私になんか用か?」

唯「明日もちゃんと学校にくるんだよ?休んじゃだめだよ?」

澪「え?ああ、もちろん・・・どうしたんだいきなり?」

唯「ううん、なんでもないえへへ」

唯「じゃそういうことで、じゃーねー」

澪「ん・・・ああ・・・うん」



701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:54:28.25 ID:1okpBlNt0

テクテク

澪「な、なあ律・・・?」

律「・・・」

澪「なあ!なあ・・・無視しないでくれよ・・・律ぅ・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

律「昨日な・・・」

澪「律!」

律「昨日、帰ったあとでさ、唯からメールがあって・・・それで・・・」

澪「メール?どうしたんだそれで?」

律「これなんだ・・・」



702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 20:58:19.87 ID:1okpBlNt0

唯『今日ね、早く帰るっていったけどあれは嘘で』

唯『実はこっそり澪ちゃんのあとをつけてみたんだ』

唯『そしたら、澪ちゃんの家どこだったとおもう?』

唯『なんとなんと・・・あの部落なのでした!』

唯『マジキモくない?』

唯『部落民とかまじひくわ』

唯『しかも、それを隠すとか・・・友達じゃないのかも澪ちゃんって』

唯『ま、そういうことで』

澪「・・・」

律「これが、多分私とむぎと梓、和のところに送られて・・・それで今日みたいに・・・」

澪「そ、そうか・・・つ、ついにバレたのか」

澪「ははは・・・あははは・・・」

澪「もしかしたらあの猫は唯だったのかも・・・」

律「あの猫?」

澪「いやなんでもない・・・」



708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:06:50.36 ID:1okpBlNt0

律「それでな、ごめんな澪・・・あんなに言ったのに・・・」

律「結局は澪のこと守れず、その上唯たちに加担しちゃって」

澪「いやいいんだ・・・仕方ないよ」

澪「もし、律が私のことを守ろうとしていたら、律も私みたいに・・・」

律「・・・ごめん、本当にごm」

唯「あれれー、りっちゃんに澪ちゃん!何話してるの?」

律「ゆ、唯!」



712 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:09:21.60 ID:1okpBlNt0

澪「・・・!!」

律「おい、唯、どうしたんだよこんなところに!別方向だろ!」

唯「別にいいじゃん。ただ、二人のあと追っかけてただけだよ」

律「は?」

澪「い、いつから・・・?」

唯「いつからって、最初からに決まってるじゃん、えへへ」

律「・・・」

唯「ねえねえ、さっきなんのお話していたの?」

律「いや、なんでもない・・・」

唯「そう、ならいいんだけどね。へへへ」

唯「じゃ、私帰るから!じゃーねー、りっちゃんに澪ちゃん!」

タタタ



719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:12:19.39 ID:1okpBlNt0

律「・・・」

澪「お、おい律・・・まずいんじゃないのか?」

澪「私はともかくとして、このままじゃ律が・・・」

律「・・・」

澪「ん?律?」

澪「どうしたんだ?なんで反応しないんだよ」

律「テクテク」

澪「お、おいなにか言ってくれよ」

律「テクテク」

澪「律・・・」

テクテク トボトボ



722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:15:54.88 ID:1okpBlNt0

翌日

ババア「はい、席について。HR始めるわよ」

ババア「と、そのまえに・・・」

ババア「今日は秋山さんは遅刻してくるわ」

ババア「秋山さんの家でちょっとした火事騒ぎがあったみたい」

ババア「事情が事情だから休んでもいいんだけど、それを押して登校してくるみたい」

ババア「だからみんなも秋山さんには優しく接するのよ」

皆「はーい」



735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:21:05.09 ID:1okpBlNt0

お昼休み

澪「や、やあ・・・」

唯「あっ!澪ちゃん!大丈夫なの?無理しなくてもいいんだよ?」

メガネ「澪、大丈夫なの?」

澪「ああ・・・」

紬「もし住むところが無いようだったら私の別荘使う?」

澪「いや、大丈夫だ・・・ぼやですんだから」

唯「でもひどいよねー」

唯「放火なんて重罪じゃん!最悪ー!澪ちゃんかわいそう!」

紬「ほんとほんと」

メガネ「ひどいことするやつもいたもんだわ」

律「・・・!?ちょ、ちょっと・・・」

律「な、なんで・・・澪んちが放火されたって知ってるんだ?」



744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:27:06.85 ID:1okpBlNt0

唯「ん~、なんでだろうね」

律「なんでだろうねって」

唯「たまたまケータイでニュース見ただけだよ」

紬「澪ちゃんのことは気になるもんね、チェックしてもおかしくはないわよ?」

律「・・・」

澪「・・・ん・・・ああ・・・気を使わせて悪かったな・・・」

紬「そんなことよりお昼食べましょうよ」

唯「そうだねー、もうお腹ペコペコだよ」

澪「私は今日はコンビニ弁当なんだ」

唯「あっそ」

澪「・・・」



748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:31:02.05 ID:1okpBlNt0

律「ガサゴソガサゴソ」

律「あっれー・・・おかしいな・・・」

唯「どうしたのりっちゃん?」

律「私のお弁当がないんだよ・・・」

メガネ「忘れてきたんじゃないの?」

律「いやそんなことはない」

律「この田井中律、教科書は忘れてもお弁当だけは忘れない女だ」

モブ1「うわっ・・・なにこれ」

モブ2「うわきたな・・・」

モブ3「ゴミ箱にお弁当箱捨ててあるんだけど、だーれー?掃除が困るでしょ」

律「!!!ちょ、ま・・・」



755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:40:30.46 ID:1okpBlNt0

律「これ、あたしのだ・・・なんでゴミ箱に・・・」

唯「えっ、りっちゃんお弁当捨てちゃったの?」

メガネ「なかなか豪快ね」

紬「食べ物が勿体無いわ・・・りっちゃん最低ね・・・」

律「違う!違うんだ!誰かが私のお弁当を・・・誰かが・・・」

唯「どうしたのりっちゃん?皆の顔をジロジロと見回して」

メガネ「もしかして私たちがやったとでも疑っているの?」

紬「ひどいわりっちゃん・・・」

律「・・・みんな・・・もう分かったから!分かったから!」

律「分かったからやめてくれよ、あたしにこんなことは・・・」

唯「へぇー」

紬「あらあら、何が分かったのかしら」

メガネ「で、律はお昼どうすんの?ゴミでも食べるの?」

律「・・・」



763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:48:09.47 ID:1okpBlNt0

澪「律・・・?私のお弁当あげようか?」

律「・・・いい、いらない・・・話しかけないで・・・」

唯「おおっ、いいねえりっちゃん」

澪「律・・・どうしたの?」

律「澪のせいだから・・・澪の・・・」

澪「そ、そんな・・・律・・・なあ律・・・!」

律「うるさいだまれ!喋るな見るな呼吸するな、この部落!」

澪「!!!!」

唯「えぇっ!?澪ちゃん家って部落なの!?」

紬「あらまあ」

メガネ「それじゃ随分と悪いこと言っちゃったわねー」

モブ一同「ざわ・・・ざわ・・・部落だって・・・うわぁ・・・」

澪「・・・」



768 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 21:56:43.59 ID:1okpBlNt0

律「澪と一緒にいるだけで、普通の私まで変な目で見られるんだ!」

律「こんなのおかしいだろ!不条理だろ!」

澪「私がなにしたの・・・私は何もしてない・・・」

律「生まれたのがいけないんだ!」

律「澪が生まれなきゃ澪も私もこんな目にあわずに住んだのに!」

唯「ヒューヒュー」

澪「・・・」

澪「・・・ごめん、なんだか疲れたから帰るな・・・」

澪「あ、そうだ唯」



776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:04:48.36 ID:1okpBlNt0

唯「ん?なーに?澪ちゃん?」

澪「今日って部活あるのか?」

唯「うんあるよ」

澪「みんなくるのか?」

唯「みんなくるよ?」

澪「そうか・・・じゃあ、そうだな・・・和も来てくれるか?」

メガネ「え?私も・・・?なんでよ」

澪「一日くらいいいじゃないか」

メガネ「ま、生徒会の仕事ないから別にいいけど」

澪「そうか・・・よかった・・・」

澪「じゃ、私は一度帰るから・・・それで放課後部活に行くから」

唯「うん・・・わかったよ・・・じゃあね、澪ちゃん」

澪「ん、ああ」

唯「・・・」



783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:09:50.57 ID:1okpBlNt0

秋山家

澪「もうだめだ・・・」

澪「生きていくことはもうできないよ・・・」

澪「・・・」

澪「死のう・・・」

澪「このまま生きることと、死ぬこと・・・どちらが辛いか・・・」

澪「律にも捨てられた今、私にとっては生きていく事の方が辛い」

澪「でも、どうせ死ぬなら・・・みんな一緒に・・・」

澪「大丈夫かな、私に殺せるかな・・・大丈夫だよね・・・」

澪「自殺に先立ち遺書でも書こうかな・・・」

カキカキ カキカキ



789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:12:56.08 ID:1okpBlNt0

お父さん、お母さん先立つ不孝をお許しください。

私はどうにも生きるのが辛くなりました。

このままでは生きている意味というものがないように思われて仕方が無いのです。

なぜ私は被差別部落に生まれたのでしょうか。

それはお父さんもお母さんもなんども考えたことでしょう。

しかし、私はそれに耐えることもできず自ら命を絶つという選択を致します。

本当に申し訳ないです。

しかし私は強く思うのです。

なぜ、たかが生まれた場所で差別されねばならぬのでしょう。

あまりにも不条理ではないでしょうか。あまりにもおかしい。

信じたい、あの世には同和差別などがないと。

私はいまの軽音部メンバーを恨んではおりません。

あの世でも来世でも、私は律や唯、むぎや梓と一緒にいたい。

だから私は彼女たちを私と一緒にあの世に連れていきます。

さようなら



796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:16:34.34 ID:1okpBlNt0

放課後

ガチャリ

澪「やあ、皆揃ってるか?」

唯「やあ澪ちゃん!」

律「お、澪か。よくもまあのこのこと」

紬「まあまありっちゃん」

メガネ「で、私はどうすればいいの?演奏聞いて感想いえばいいのかしら」

澪「・・・あれ?梓は?」

唯「あー、あずにゃんはね今日聡くんとの約束があるんだって」

律「あいつらいつのまにかできてたからなー」

律「あの年でもうCまでいったらしいからなー」

律「まったくけしからん」

唯「妊娠しちゃったらどうするんだろねー」

澪「あ、ああそうなんだ・・・」



800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:19:59.59 ID:1okpBlNt0

唯「あれ・・・?なにか困ってるの?」

澪「いやなんでもない・・・」

唯「そうだ、澪ちゃん。そのバッグ持ってあげるよ」

澪「え?」

唯「いろいろあって疲れたでしょ?持ってあげるよ」

澪「いや大丈夫だよ・・・大丈夫大丈夫!」

唯「無理しなくてもいいんだよ澪ちゃん・・・グイグイ」

澪「いや大丈夫だからって」

バッグ「バラバラ」



808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:27:19.70 ID:1okpBlNt0

紬「きゃっ!!」

唯「なにこれ包丁!?」

メガネ「なんで澪そんなのもってるのよ」

澪「いや・・・これは・・・その・・・」

律「おい、なんだよこれ・・・遺書・・・?」

澪「あっ・・・!」

唯「なんてなんて・・・」

紬「これって・・・」

律「澪、私たちを殺すつもりだったのかよ・・・」

唯「最低・・・犯罪者じゃん」

澪「いや、その、ちが」

メガネ「私、先生と警察呼んでくるわね」



819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:36:39.21 ID:1okpBlNt0

澪「ちょ、ちょっとま」

唯「澪ちゃんさいあく」

律「死ね」

澪「う・・・ああ・・・」

ババア「ちょっと秋山さん、あなたなんてことしてくれたの!!」

体育教師「動くな秋山」

澪「いたい・・・いたたた腕が折れる」

ババア「おとなしくしなさい」

パトカー「ウーウーウー ウーウーウー」

澪「うあ・・・あああ・・・ジョジョー」

唯「うわ、澪ちゃんおしっこもらしてるwきたなーいw」

メガネ「うわw」

紬「あらまあ汚い」

律「うわっくっさいっ」

澪「あう・・・あう・・・あうあうあー」



833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:40:58.39 ID:1okpBlNt0

数ヶ月後

唯「澪ちゃん良かったね」

澪「あうあう」

紬「心神喪失のおかげでどうにもならなくて」

唯「でも私たちを殺そうとしたときはしっかりと意思はあったのにね」

澪「あう?」

唯「まあいいか」

律「にしても暇だなー」

唯「あずにゃんも聡くんの子供孕んで退学しちゃうし・・・」

律「聡、最悪だな・・・どっかにいったっきり帰ってこないし・・・」

唯「ま、いいか」

紬「このままゆっくりとお茶するだけでも楽しいもんね」

律「そうだな」

唯「この澪ちゃん、叩いてもなにしても『あう』しか言わないから面白いよね」

澪「あう」



844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:44:04.28 ID:1okpBlNt0

律「それにそろそろ本格的な受験勉強しなきゃな」

紬「私はもう推薦で決まってるから大丈夫なんだけどね」

律「ちぇーっ、むぎはいいよなー」

唯「ほんとほんと。ねー澪ちゃん?」

澪「あうあう」

唯「あははは」

澪「あうあう」

唯「あれ?さっき澪ちゃん笑わなかった?」

律「うん?そうか?」

紬「唯ちゃんの気のせいじゃない?」

律「実は澪の演技で頭おかしくなってるふりしてるだけだったりw」

唯「あはははwだったらこわいねw私たち殺されちゃうじゃん」

澪「あうあう」

澪「・・・ニヤッ」


END




845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:45:02.63 ID:vGSAy9J80





847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:45:11.67 ID:PT5wUSf80

最高に後味の悪い終わり方ワロタ



849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:45:31.46 ID:MExz6jMW0

otu



850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:45:46.76 ID:Kce/drxd0


一日中はりついてたらもうこんな時間か



852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:45:51.53 ID:ESVqG2N60

乙 

ニヤリ



853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:46:18.23 ID:EzfOnPov0

「  計  画  通  り  」



854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:46:35.71 ID:oMR+cV0b0

ハリウッド映画にありそうな終わりかたww



855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:46:52.10 ID:v726RzVk0





858 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:47:20.41 ID:gPToWKG60

乙  

あずにゃん もう始末済か



859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:47:21.50 ID:Mz1lPjFZ0



律だけは良い人で固定して欲しかった



861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:49:17.07 ID:c5HOvdxLO

律に惚れそうだったのに・・・orz

まあ乙!



866 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/01(土) 22:52:14.76 ID:nyvRCy9G0






1001 :1001:Over 1000 Thread





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「えぇっ!?澪ちゃん家って部落なの!?」
[ 2011/10/01 11:06 ] 非日常系 | | CM(5)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5356 [ 2012/01/20 02:14 ] [ 編集 ]

唯律紬はこの後、地獄へ

タイトル:
NO:5366 [ 2012/01/21 00:05 ] [ 編集 ]

凄いな···



タイトル:
NO:5375 [ 2012/01/21 15:02 ] [ 編集 ]

胸糞悪くて後半ほぼ飛ばし飛ばしで読んじまった。
まぁこんなのありえないだろ                     と思いたい

タイトル:承認待ちコメント
NO:6707 [ 2012/09/27 03:44 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトル:承認待ちコメント
NO:6794 [ 2014/02/03 11:10 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6