SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「ドラムやーめた!」唯「えっ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「ドラムやーめた!」唯「えっ」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272947944/
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272960662/
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272985248/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 13:39:04.74 ID:0yEt9DHk0

おんがくしつ!

唯「りっちゃんこの前も同じようなこと言ってみんなを騒がせたばっかりじゃん!」

律「……」

澪「まーた律のドラムやめます病か。今度はなに?もう汗かくのやだーとか?」

律「そんなんじゃないやい」

紬「じゃあどうしたの?よかったら話してくれない?」

梓「真に受けちゃダメですよムギ先輩!」

律「……」

紬「でも…」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 13:47:41.10 ID:0yEt9DHk0

律「いいよもう…どうせお前らに言っても仕方ないし…」

唯「え?ま、マジなのりっちゃん?」

律「……」

梓「またまたそんな深刻そうな顔して!どうせいつものつまらない冗談でしょう?ね?」

律「……」

梓「あ、あの…律先輩?」

律「……」

唯澪紬梓「……」

唯澪紬梓(マジ……?)



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 13:51:23.80 ID:0yEt9DHk0

唯「よーし!りっちゃん、また楽器交換しよ!ギー太貸してあげる!」

律「いい…」

唯「じゃあベースならいいよね!澪ちゃん、りっちゃんにベースを貸してあげて!」

澪「お、おお…律だから特別だぞ!」

律「いらない…」

紬「じゃあ私のキー」

律「それは100%ねえよ!」

紬「ガーン!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 13:55:35.43 ID:0yEt9DHk0

律「もういいんだって……」

梓「もういいって、律先輩…?」

律「ごめん、今日は帰るよ。じゃあな」ガタン

ガチャ、バタン

唯澪紬梓「……」

唯「澪ちゃあん…」

澪「いや、私に聞かれてもな…教室ではいつも通りだったのに…」

梓「何か気に入らないことでもあったんでしょうか?」

唯「りっちゃんの分だけケーキが小さかったとか?」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:01:15.59 ID:0yEt9DHk0

紬「そんな。ちゃんと8等分にしたはずけど…」

澪「いくらなんでもそんなにみみっちい奴じゃないよ、あいつは」

唯「じゃあ他に何が考えられるのさ!」

澪「うーむ…」

梓「あのう」

唯「ん?どうしたのあずにゃん?」

紬「何かわかったの?」

梓「多分なんですけど」

唯「うん」

梓「律先輩、今日は女の子の日なんじゃあ…」

唯澪紬梓「……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:13:12.70 ID:0yEt9DHk0

唯「なるほど」

澪「そうかなぁ…?」

唯澪紬梓「……」

梓「私達が悩んでても仕方ないですよ。とりあえず帰りませんか」

紬「そうね」

梓「きっと明日になれば律先輩も
  「うおおおお!」とか言ってドラムを叩き始めるに決まってますよ!」

澪「そうだよな!あいつはそういう奴だよな」

唯「うんうん!りっちゃんが私達を置いてドラムをやめるわけないよ!」

せいとかいしつ!

ガララ

律「和ぁ、退部届けの用紙ちょーだい」

和「えっ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:23:25.51 ID:0yEt9DHk0

和「いきなり何よ」

律「何って何が?」

和「質問を質問で返さないで。退部って…部活で何かあったの?」

律「んー、別にぃ」

和「じゃあなんで退部届けなんて…」

律「ちょっとな…私もバカなりに色々考えた結果なのよ」

和「色々…?みんなに相談はしたの?」

律「してないけど?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:31:07.33 ID:0yEt9DHk0

和「どうして?そういうことはまず…そうね、澪に話すべきじゃない?」

律「どうせ私の話なんて真面目に聞くはずねーもん」

和「そんなことないわよ。澪ならちゃんと話を聞いてくれる」

律「ぅうん……」

和「ね?いきなり退部届けなんて言わないでまずは誰かに相談してみて。
  それからでも絶対遅くないはずよ。
  今退部届けなんて出したら律もみんなも絶対に後悔すると思うの。
  もし軽音部メンバーに言いづらかったら私が話を聞いてもいいし」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:53:21.53 ID:0yEt9DHk0

律「そっか…そうだな。うん、もう一度考えてみるよ!」

和「うんうん、誰にでも壁にぶち当たることはあるわ!
  それをどう乗り越えるか、それが人生の醍醐味よ!」

律「確かに!なんだか元気が出てきたぜ!そんじゃ、ありがとな、和!」

ガララ、バタン

和「ほっ、一時はどうなるかと思ったけど…」

和(でも律のあんな真面目な顔、初めて見たわ…)

しょくいんしつ!

ガララ

律「さわちゃん、退部届けの用紙ちょーだい」

さわ子「えっ」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:55:12.11 ID:8He7zs7sO

りっちゃんワロタ



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:55:29.17 ID:YNl59tfd0

えっ



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 14:57:04.40 ID:43ko5zyM0

ちょw





17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 15:18:23.54 ID:0yEt9DHk0

さわ子「はいはい、仕事中だから出ていってちょうだい。
    それに私はそういう面白くない冗談は嫌いなの」

律「冗談じゃないよ」

さわ子「は?」

律「……」

さわ子「……」

律「冗談じゃないよ」

さわ子「……!?」

律「くれ、用紙」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 15:25:47.44 ID:0yEt9DHk0

さわ子「りっちゃん、あなた…本気で?」

律「うん」

さわ子「退部ってあなた部長でしょう!みんなを軽音部に引き入れた責任はどうなるのよ!」

律「…もう、もう決めたから」

さわ子「どうして…」

律「色々と今の軽音部に思うところがあってさー」

さわ子「それを聞いてなおかつその理由に私が納得するまで退部を受理することはできないわね」

律「そか…んじゃいいや。バイバイさわちゃん。失礼しましたー」

さわ子「ちょっとりっちゃん!」

ガララ、バタン

さわ子「いきなりどうしたっていうのよ…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 15:42:33.65 ID:0yEt9DHk0

ゆいんち!

唯「でねー、またりっちゃんが「ドラムやめる!」なんて言い出してさー」

憂「そっかぁ。律さん、何かあったのかな?」

唯「知らなーい。どうせまた前みたいに
  「やっぱりドラムは最高だぜ!」とか言ってヒョッコリ帰ってくるよ~」

憂「そうだといいけど…」

prrr

唯「お、メールだー。誰かな?」

憂「お姉ちゃん!食事中に携帯いじっちゃダメ!」

唯「ほいほーい」ポイッと



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 15:53:02.60 ID:0yEt9DHk0

みおんち!

澪「ええ!?」

むぎんち!

紬「りっちゃんが!?」

あずにゃんち!

梓「軽音部を!?」

ゆいんち!

唯「やめるってーーーーーーッ!?」

唯「マジンガー?っと」ポチポチ

prrr

和『Z』

唯「うえええええぇぇぇえええぇえ!?」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:00:58.42 ID:0yEt9DHk0

わんち!

prrr

和「あ、唯からメール」

唯『マジンガー?』

和「あらら…」ズルル

和「唯は本当に緊張感がないわね……。
  律のあの顔を見て何も思わなかったのかしら?」

和「まあ…たまには合わせてやってもいいかしら…Zっと。送信」

prrr

和「ん、今度は澪からね」

澪『確かに今日の律は思いつめたような感じだったけど…
  でもまさか退部なんて…悪い冗談じゃないのか?』

和「私もそう思いたいわよ。って、律ったら結局まだ澪に相談してなかったのね」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:01:29.48 ID:ONnB8KbP0

何なんだそのノリはwww



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:05:11.39 ID:PHg894KV0

わんち!





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:09:23.46 ID:0yEt9DHk0

みおんち!

prrr

澪「きたきた!」

和『わからない(汗の絵文字)一応諭してみたけど、
  その時は部を続けるような感じだった(矢印が下向いてる絵文字)』

澪「そうか…なら安心だな。
  話は変わるけど、和って結構絵文字使うよなぁ…意外。っと」ポチポチ

prrr

和『私の勝手でしょ(グーパン絵文字)』



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:15:42.68 ID:0yEt9DHk0

りつんち!

prrr

律「ほいほーいっと」

パカ

律「うわ……4通もメールが着てる」

唯『和ちゃんから聞いたよ!部活を辞めるってどういうことさ!
  お母さん、そんなこと絶対に許しませんからね!』

澪『明日詳しく聞かせてもらうからな』

梓『ドロリッチイチゴ味買ってきて』

紬『明日もおいしいお茶とお菓子を用意して待ってます』

律「……」

律「みんな……」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:22:55.35 ID:0yEt9DHk0

パタン

律「はあ~あっと」ゴロン

律「……」

律(私、何やってんだろ。みんなに心配かけて引っ掻き回して……。
  こんなことして、部長失格じゃないか。
  でも……あんなの見ちゃったら今まで通りに部活を続けることなんてできねえよ……。
  やだなぁ…明日みんなに会いたくないや…)

prrr

律「ん?またメール?」

パカ

梓『お母さんに送るメールを間違って律先輩に送っちゃいました…。
  律先輩!辞めるなんていわないでください!』

律「……っぷ。心配してくれてありがとな、梓」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:39:11.66 ID:0yEt9DHk0

ゆいんち!

唯「うい~~~~!う~~~~い~~~~!」ドタバタ

憂「どうしたの?お姉ちゃん」

唯「大変だよ憂!りっちゃんがマジで部活辞めちゃうかも!」

憂「律さんが!?」

むぎんち!

紬「斎藤!斎藤ー!」

斎藤「はい、お呼びでしょうか紬お嬢様」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:44:15.43 ID:0yEt9DHk0

紬「今すぐイギリスから紅茶とケーキを取り寄せて!」

斎藤「はい。……い、今から…でしょうか?」

紬「今すぐ!明日の部活に間に合うように!」

斎藤「しかし…すでに21時ですが……」

紬「……」ウルウル

斎藤「う……」

紬「……」ウルルルー

斎藤「よ、喜んで!」

紬「はあ///」ニコッ

斎藤(紬お嬢様にあんな顔をされて断る男はおりません!)



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 16:53:05.47 ID:0yEt9DHk0

つぎのひ!おんがくしつ!

澪「リツガ、ブカツニ、コナイ」

梓(澪先輩が壊れた…)

唯「本当にやめちゃうのかな…りっちゃん…」

紬「話しかけようとしても私達を避けるし…
  まさかドラムだけじゃなく、軽音部までやめちゃうなんて…」

澪「和と話したときは考え直した風だったらしいから安心してたんだけどな…」

唯澪紬梓「……」

梓「あのう…」

唯「なぁに?あずにゃん」

梓「このメンバー的に考えてドラムが抜けるって割と致命的ですよね……」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:00:34.19 ID:0yEt9DHk0

澪「そうだよな…私達の中でドラムに向いてるのは律だけだし」

唯「そうそう!私達を置いてりっちゃんが辞めるはずないよ!」

紬「りっちゃんなら、おいしいお菓子を用意してればその匂いを嗅ぎ付けてくるはず!」

梓(みんな自分に言い聞かせてる…)

澪「……」

澪「万一のこともある。律が戻るまでドラムは私が担当する」

唯「ええ!?どうして澪ちゃんが!?」

澪「みんなをこの部に引き入れたのはあいつだろ。
  もし、本当にもしだけど、あいつがいなくなったらその責任は私が取るべきだと思うんだ。
  律は私の親友だから。私があいつのケツを拭いてやらないと……みんなにも申し訳ないよ…」

紬「澪ちゃん……」

紬(澪ちゃんがりっちゃんのお尻を!?///)プシュー…



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:04:39.15 ID:0yEt9DHk0

梓「でも澪先輩、ドラムできるんですか?」

唯「そうだよぉ。それに澪ちゃん、前にベース以外はやりたくないって」

澪「うん、正直自信はない。でも…見てたから」

紬「見てたって何を?」

澪「あいつのこと、ずっと隣で見てたから。みんなよりちょっとだけ長く、な」

唯「ふふ、そっか」

紬「幼馴染だものね」

澪「そ、それは別に……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:22:16.98 ID:0yEt9DHk0


紬「そうそう、澪ちゃんの代わりにベースも必要よね」

唯「私ギー太以外弾けないよ……」

梓「わかってますよ唯先輩」

唯「あずにゃん!」

梓「澪先輩だけに苦労させるわけにいきませんからね!ベースなら多少知識もありますし!」

澪「ありがとう梓。それじゃあ悪いけど臨時ベースを頼むよ」

梓「任せてください!ベースは家にたくさんありますから!」

紬(ふふ、りっちゃんがいなくなってどうなるかと思ったけど、
  意外に澪ちゃんがリーダーでうまくまとまってるわね。
  でもやっぱり……この部はりっちゃんが上に立っていないとダメよ。
  みんなりっちゃんが部長だからここまで付いて来たんだから…)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:27:35.77 ID:0yEt9DHk0

澪「みんな、私がドラムでやり辛いだろうけど……。
  あいつが戻ってくるまでなんとかついてきてほしい」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん。
  澪ちゃんのこともりっちゃんのことも信じてるから」

紬「私達も澪ちゃんに負担がかかりすぎないようにサポートするわ」

梓「きっとすぐ戻ってきますよ!律先輩のことだもん」

澪「そうだな。そうだといいな」

澪「……」

澪(バカ律……みんなにこんなに心配かけて……。
  帰ってきたらゲンコツじゃ済まないからな)



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:04:22.79 ID:0yEt9DHk0

つうがくろ!

律「今日一日みんなを避けてしまったな……」

律「……」

律(とりあえずこの空いた時間を何に使うか……。
  受験勉強でもするか?いやいや、そんなバカな。
  だったら部活してたほうがマシだっての)

和「律!」

律(それともバイトでもすっかなぁ…そうすりゃ私もあいつのように……)

和「ちょっと律!」

律「うわ!の、和!?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:25:39.00 ID:0yEt9DHk0

和「聞いたわよ。結局今日は部活に参加しなかったそうじゃない」

律「うん……」

和「はぁ……どうしてそうなっちゃったのよ…軽音部のみんなにも言えない事なの?」

律「……」

和「…みんなに言えないなら私が聞くわ」

律「和……」

和「私も律には軽音部の部長でいて欲しいのよ。
  だって唯の世界を広げてくれたのは律だもの。
  律がいなかったらきっとあの子は今でもダラダラした生活を続けていたと思うわ。
  だから…これからもあの子を支えてあげて欲しいの」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:37:23.58 ID:0yEt9DHk0

律「う、うわああああん!和あああ!」ダキッ

和「うわっと」

律「うわーん!ああーん!」ポロポロ

和「律……こんなになるまでどうして一人で悩んでいたのよ…」

律「だって…!だって私、音楽なんてやる資格ないんだ……!
  こんな曖昧な気持ちでドラム叩いてたらあいつに…あいつに失礼なんだ…!」ポロポロ

和「あいつ?ねえ律、詳しく聞かせて?」

律「うっぐ…ひぐ…」ポロポロ



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:39:14.62 ID:0yEt9DHk0

律「実はな…」

和「ええ……」

和(心の準備は…できてる!)





律「というわけなんだよぉ…」ポロポロ

和「……」

和「は?」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:44:10.87 ID:0yEt9DHk0

おんがくしつ!

~♪

じゃがじゃん!

澪「ふぅ……」

唯「うーん、なんて言うか…澪ちゃん、もっとパワーでないかなぁ?」

澪「ごめん、これでも精一杯叩いてるんだけど…」

紬「梓ちゃんももう少し周りの音に合わせてリズムキープしてもらわないと」

梓「す、すみません……」

唯澪紬梓「……」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:48:40.75 ID:0yEt9DHk0

唯(やっぱり…放課後ティータイムのドラムは…)

澪(周りに合わせるのが苦手でも迫力ある演奏ができるのは…)

紬(この部屋を明るい雰囲気にしてくれるのは…)

梓(お腹…すいたな…)

唯澪紬梓「……」

ガチャ

唯澪紬梓「!?」

澪「律か!?」

和「ごめんなさい、私よ」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:52:00.38 ID:0yEt9DHk0

澪「和か…」

和「ふふ、律もいるけどね」ポイッ

律「ぐぇあ」ベチャ

唯紬梓「りっちゃん(律先輩)!」

澪「律…お前…」

律「……」

澪「な、何しに帰ってきたんだよっ!もう部活は辞めるんじゃなかったのか?」

律「……」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:04:46.58 ID:k/FIpYMS0

唯「んもう!澪ちゃんたらまたそんなこと言って!
  りっちゃんが戻ってきて一番嬉しいのは澪ちゃんのくせに!」

澪「そ、そんなことは…」

梓「律先輩!もう軽音部を辞めるなんていいませんよね!?
  これからも私達を引っ張っていってくれますよね!?」

律「それは……」

和「それについては大丈夫よ。律の退部は絶対許可できないから」

唯「どういうこと?」

律「……」

紬「りっちゃん、私達に話してくれない?どうしてこんな行動をとったのか……」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:33:16.81 ID:k/FIpYMS0

律「音楽をな…好きで好きで堪らない子がいたんだ…」

唯(おお…!何か語りだした!)

律「その子はな…頭もよくてどんな大学でも入れるような子だった……!
  けれどその子は先生の説得に耳も貸さず、
  卒業と同時に上京して音楽で生きていくと言い放ったんだ」

澪「一体誰だ?私達の同級生か?」

律「いや……多分この場でその子を知ってるのは私だけだろうな…。
  話を続けるぞ。

  その子がなぜそこまで音楽に固執したのか、それはそこ子が音楽に救われたからだよ。
  飲んだくれの父親との生活に嫌気が差していた彼女を救ったのはSAD MACHINEというバンドと、
  ゴミ捨て場にあった一本の汚いギターだった。
  彼女は弾いた。来る日も来る日も、雨の日も風の日も、飽きもせずな。
  しかも親に頼りたくないってんで、彼女は卒業後のために
  バイトをしながらそんな生活を続けていたんだ。けれど…」

梓「けれど…どうしたんです?」

律「ある日、両親の喧嘩を止めようとした彼女は、
  父親が振り回した酒瓶が頭にぶつかり脳梗塞で倒れてしまったんだ…!」ポロッ

紬「そんなことって…!?」

和「…………」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:44:57.95 ID:k/FIpYMS0

律「彼女は…脳梗塞の影響で失語症になり…
  ひぐ…大好きな歌もギターも弾けないまま死んでしまったんだよぉ…」ポロポロ

唯「うえーん!」ポロポロ

澪「ちょ、ちょっと待て。それはそれとして、律が部を辞めるのとどう関係が…」

律「うっぐ…だってさ…そいつの生き様を見てたら、
  今までこんな適当な気持ちでドラム叩いてきたのが恥ずかしくてさ…。
  それを思うと……おーいおいおい!」ポロポロ

梓「た、確かに……下手すれば1週間楽器に触らずお菓子食べてるだけですもんね…」

律「ああ…私がこのままドラムを続けてるのは岩沢には申し訳ないよ…」ポロポロ

澪「律……」

澪(そっか、そういう奴だもんな律は。
  相手の気持ちを察してあげられる優しい子。
  だから私は今まで律と一緒にやってこれたんだよ)

澪「律、その岩沢さんのためにもこれからも頑張って
  ドラムを続けていくのが岩沢さんに対する供養になるんじゃないのかな」

律「へ……?」ポロポロ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:51:55.49 ID:k/FIpYMS0

澪「だってそうだろう?
  きっと岩沢さんだって律にはいつまでもドラムを叩いてて欲しいって思ってるはずだよ」

律「は?何言ってんのお前…?あ、唯ティッシュちょーだい」

唯「あいあいさー…」ポロポロ

澪「いや、友達なんだろ?その岩沢さんて子」

律「ずびびー!いや、岩沢はアニメのキャラだぜ」

唯澪紬梓「え?」

和「…………」

律「いやー久しぶりにいいアニメ見たなー。
  まあ~私はあそこまで音楽にのめり込むのは無理だけど。
  お!なんだムギ!今日のケーキはいつもより豪華じゃね?
  いっただきまーす!もぐもぐ、うまー!やっぱりこれだよな!
  あ、ごめんみんな。軽音部辞めるのやめるわ。
  ムギのお菓子がないと生きていけまへん」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:37:34.05 ID:QZYZedim0

ABかよ…



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:37:49.85 ID:wAPfp0oT0

まさかのAB



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:52:27.74 ID:rLRWahIP0

このやろうw



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:53:27.27 ID:wAPfp0oT0

ちょww律AB厨wwww



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:56:55.48 ID:QZYZedim0

なんだそれwwwww





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:01:25.92 ID:k/FIpYMS0

澪「くぉらぁーーー!」

ググググ

律「うご…!く、くるし…!」

澪「私が…私がどんな気持ちでドラムを叩いてたと思ってるんだ……!」ギリギリ

律「だ、だから戻ってきたじゃないか…!梓たすけ…!し、死ぬ…!」

梓「律先輩、私ドロリッチと湖池屋のガーリックチップスで」

律「今はそんなこと言ってる場合じゃ…!唯…!」

唯「今回はりっちゃんが悪いよー」

紬「りっちゃんは1ヶ月お菓子抜き!」

律「そ、そんな…!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:14:11.77 ID:k/FIpYMS0

パシイ

澪「あ!こら逃げるな!」

律「げほげほっ…。なんだよお前ら!昨日はあれだけ私のことを心配してたくせに!」

梓「そんなくだらない理由だと知っていたら心配なんてしてませんよ」

律「んなっ!?」

唯「ねえねえ、そんなことよりアイス食べに行こうよー」

紬「いいわねー♪」

律「行こう行こうー」

澪「り~~~~つ~~~~。
  何ちゃっかり溶け込んでるんだ~?まだ話は終わってないぞ……!」

律「ひいっ!?」

澪「絶対に許さなーい!」ガバッ

律「ぎゃああああああああああ!!!」

和「やれやれ…」

おわり!



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:15:08.98 ID:k/FIpYMS0

なんなんだこれはwww
シリアスと見せかけたほのぼのです
お粗末様でした




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:16:18.40 ID:QZYZedim0

おつ!

面白かったwww



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:16:30.62 ID:rLRWahIP0

乙w
律は折檻受けろよwww






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「ドラムやーめた!」唯「えっ」
[ 2011/10/01 11:45 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6