SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  律「な・・・ないっ!処女膜がないっ!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「な・・・ないっ!処女膜がないっ!」 【エロ】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1273404206/

唯「催眠術かあ……」


管理人:エロです。閲覧にご注意下さい。




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:23:26.23 ID:/S1TqOhg0

律「え、え……なんで……?」

律「私はどこぞの男に捧げた覚えはないぞ!」

律「お、オナニーのしすぎが原因なのか……?」

律「でも、血なんか出たことないし……」

律「ああ、なんでだなんでだー!」ジタバタ

律「……私、処女じゃなくなっちゃったのかな……」

律「……」グスン



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:26:42.47 ID:/S1TqOhg0

律「誰かに相談したいけど…誰にすればいいんだよぉ…」

律「やっぱり澪か?」

律「…澪とは処女云々の話はしたくないな…。私が処女じゃないって知ったら…」

律「……嫌われそうだし」

律「唯は…さすがに頼りないな」

律「ムギはー…あー…」

律「相手はだれ?とか、ニコニコして聞いてきそうだもんなぁ……」

律「あーー…くそぉっ!」

律「なんで膜がないんだよぉ…」グス

律「残るは…あいつに相談するしか…」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:28:50.52 ID:/S1TqOhg0

──学校

律(部活前に話しておきたいな…帰り際に引き止めるのも嫌だし)

律(放課後に、すぐに梓のクラスに行って見るか!)



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:31:36.63 ID:/S1TqOhg0

──放課後

律「あのー!このクラスに梓…中野さんいますかー?」

憂「あ、律さんこんにちはー」

律「おっ、憂ちゃん久しぶりー!梓はいるか?」

憂「梓ちゃんなら、チャイムなったらすぐに教室出ちゃいましたけど…」

律「え…そうなのか…」

純「あ、梓なら保健室に入っていくの見ましたよー」

律「保健室ねー…ありがとう、行って見るよ!それじゃっ!」

律(梓が保健室…?具合でも悪いのかな?)



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:35:12.03 ID:/S1TqOhg0

──保健室前

律「ここかー。普段使わないから、場所分からなかったぜ…」

律「ん、外出中ってなってるけど…」

律「おっかしーなー…どこにいったんだろ…」

律「…ん?中から声が聞こえてくる…」

律「誰かいるみたいだな!おじゃましまーっす!」

ガラガラ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:39:07.60 ID:/S1TqOhg0

梓「う、うわぁっ!!り、律先輩ですか…」

律「なんだよその言い方ー。律先輩で悪かったなー!」

唯「…すー…すー…」

律「お、唯もいたのか…って寝てるし!」

梓「あ、あはは。唯先輩が寝たいって言い出したから、ベッドまで連れてきたんですよー」

律「こいつは授業中もずっと寝てたくせに…」

梓「律先輩はどうしたんですか?」

律「お、おう。それが、ちょっと梓に相談があってさ…」

梓「相談…?私にですか?」

律「あんまり人には聞かれたくないからさ…場所変えないか?」

梓「あ、ここは誰も来ませんよ。先生は出かけてるし、唯先輩はぐっすりですし…」

律「そ、そうか…じゃ、ちょっと話聞いてくれよ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:41:19.73 ID:/S1TqOhg0

律「その……なんだ」

梓「律先輩…顔めちゃくちゃ赤いですよ?」

律「あー気にすんな気にすんな!あー…!」

梓「…?」

律「あ、梓はさ…処女か?」

梓「ぶふっっ!!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:45:09.89 ID:/S1TqOhg0

梓「せ、先輩っ…いきなり何を言い出すんですか!!」

律「あーー、ごめんごめん…!!その…い、痛いのかなーって…」

梓「痛いって…」

律「ま、膜が破れる時って……」

梓「あー…あー…い、痛いんじゃないんですか?」

律「だよなぁ…はぁ…」

梓「先輩…あのー…もしかして…」

律「…いつの間にか、なくなってるんだよ…」

梓「……はぁー……」

律「な、なんでお前がため息つくんだよ!!」

梓「いえ…なんでもないです…本当にごめんなさいです…」

律「なんで謝るんだよ…」

梓「いえ…はい…」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:49:05.98 ID:/S1TqOhg0

梓「あのー…先輩は、膜破れたことを覚えてないんですよね?」

律「覚えてないも何も、破った記憶がないんだよ!激しい運動した訳でもないし…」

律「朝起きたら、いきなり破れてて…もうなにがなんだか…」グス

梓「うー…。律先輩…ちょっといいですか?」

律「ん…?」グスン

梓「一回、落ち着きましょう…。私と一緒に、深呼吸をしてください…」

律「…うん…」

梓「吸ってー…吐いてー……ゆっくり、呼吸を落ち着けてください…」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:53:27.04 ID:/S1TqOhg0

律「すー…はー…」

梓「もっとゆっくり……吸って~~…吐いて~~…」

律「すー……はー……」

梓「そうです…ゆっくり呼吸をして、リラックスをしましょう…」

梓「リラックス、リラックス……全身の力を抜いていきましょう……」

律「すー………はー………」

梓「そう、リラックス…。リラックスが出来たら、このライターの火を見てください…」

梓「火に集中……ゆらゆら……火に集中…」

梓「ほら、もう、火に意識が吸い込まれていくように……力が抜けていく……」

梓「瞬きが増えてますね……そのまま、ゆっくり目を閉じてください…」

梓「そう……リラックスしたまま、目を閉じる……」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 20:56:46.22 ID:/S1TqOhg0

梓「目を閉じたらー……体の力がもっと抜けますねー……」

梓「右腕の力が……すっと…抜ける…」

梓「左腕の力も……すっと、抜ける…」

梓「右足も……ほら、もう入らない…」

梓「左足も……力が、抜けていきます……」

梓「もう、力は入りません……
  そのまま、ゆっくりゆっくり、意識の深いところに、落ちていきましょう…」

梓「私の声しか、聞こえません…」

律「……すー………はー……」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:00:56.51 ID:/S1TqOhg0

梓(ううっ……律先輩すいませんです……)

梓(昨日、催眠状態に落ちた澪先輩が、双頭バイブで律先輩の膜を破っちゃったんです…)

梓(もちろん、二人ともの記憶はうまく誤魔化しましたけど…)

梓(先輩の膜に対する記憶は修正してませんでしたです…)


梓(昨日も掛けたから、大分被暗示性は高くなってますね…)

梓(このまま、膜に対する意識とかを無くすこととかも出来るけど…)

梓(いつ催眠が解けるか分からないのに、意識の改ざんは危ないですね…)

梓(しょうがない…荒療治ですけど、あの方法しか……)

梓「さぁ、律先輩……今からみっつ数えたら…」

───・・・・・・
──…
─…




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:12:48.70 ID:/S1TqOhg0

──部室

梓「すいません、遅くなりましたですっ!」

澪「お、やっときたかー…しかも三人そろってどこに行ってたんだ?」

律「いやー、どこぞの寝太郎を起こすのに時間がかかりましてなぁ」

唯「ひ、ひどいよりっちゃん!私はすぐに起きたのに…」

梓「あと一分を何回繰り返したんですか!まったくもー…」

澪「はぁ…もうすぐ文化祭だっていうのに…」

律「そうだぞみなのもの!今日も張り切って練習頑張ろう!」

「「「「おー!」」」」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:16:25.69 ID:/S1TqOhg0

律「ワンツースリー」カンカンカン

ジャンジャンジャン
ドンドンドン

梓(今日のメインは律先輩ですからね…ドSの唯先輩は普段のままでいてもらいますよ)

唯「君を見てるとー、いつもハートドキドキ♪」

澪(何か脱がなきゃいけない気が…ってそんな訳ないよな……どうしたんだ私!)

律「……」

───……
──…
─…




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:21:04.81 ID:/S1TqOhg0

澪「ふぅ…今日の練習はこれくらいでいいか」

唯「うーん、今日もたくさん練習したね!」

梓「今日は、ですよ。本当はいつもこれくらい練習しなきゃいけないです!」

唯「あずにゃん怖いよー。鬼だよー」

澪「さて、帰る準備っと…」

律「あ、み、澪。ちょっとだけ残っててくれないか?リズムの打ち合わせしたくて…」

澪「?……全然かまわないけど…」

梓「さ、唯先輩!私たちは帰りましょう」スタスタ

唯「あ、待ってよあずにゃーん」ドタドタ

ガチャン



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:22:46.04 ID:/S1TqOhg0

梓「あ、唯先輩」

唯「ん、どーしたのあずにゃん?」

梓「おやすみなさいです」パチンッ

唯「あ……」パタン

梓(さて、後はドアの隙間から覗いてっと…)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:27:23.93 ID:/S1TqOhg0

律「み、澪…あのさ!」

澪「どーした律ー。リズムの打ち合わせじゃないのか?」

律「う、うん…。澪……昨日の部活のこと、覚えているか?」

澪「昨日のこと…?普段どおり練習して、ちょっとティータイムして、帰っただけだろ」

律「し、しらばっくれるな!」

澪「ッッ!」ビクッ

律「覚えてない訳ないだろ……澪は昨日、私の処女を奪ったんだぞ!」

澪「し、し、処女…を……?」

律「ぜ、全部梓から聞いたんだ!澪が双頭バイブを使って、私を無理やり犯したって…」

澪「え、え…?」

律「朝起きてびっくりしたよ…本当に膜が無くなってたんだ…」

澪「あ、あのー……律?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:31:35.27 ID:/S1TqOhg0

律「でもな……私、もう怒ってないんだ」

澪「いや、あの…」

律「確かに聞いたときは、腹が立ったよ。私の大事な処女をどうしてくれるんだーって…」

律「でも、梓に相談したら、全部解決したんだ」

律「あいつはさ、こう言ったんだよ…『それじゃあ、処女は諦めて、童貞になりましょう』って…」

澪「しょ…どうて…///」

律「私も最初は意味が分からなかったよ……でも、あいつが『おまじない』を唱えたとたんに!」

バッ

澪「わ、わ、きゃあああああああ!!」

律「こんなに立派なおちんちんが生えて来たんだ!!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:35:16.78 ID:/S1TqOhg0

律「私は処女じゃない……でも、童貞は守ってるんだ!」

澪「ば、りつ……お前、何変なもんつけてるんだよ!!」

律「つけてる…?よく見ろよ、これはれっきとした、私のおちんちんだ!」

澪「ペ、ペ、ペニバンとかなんとかいうやつだろっ!!ふざけるのもいいかげんにしろ!」

律「ふざけてなんかない!ふざけてるのは澪だろっ!」

澪「いい加減にしろっっ!!」

律「ばか澪!せっかく仲直りしようと思ってたのに……!」

律「……澪にも、私と同じ気持ちを味あわせてやる……!」スタスタ

澪「え、え……?ばか、律…こっちに来るなぁぁ!」

律「私が止めても、澪は止めなかった…!」

澪「きゃ、きゃ、きゃああああ!!」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:39:21.57 ID:/S1TqOhg0

律「へへ…やっぱり、澪の胸はでかいなぁ…」モミモミ

澪「ば、ばか律!正気に戻れ!律!!」

律「澪こそ早く謝れよ!処女を奪ってすいませんでしたって!」

澪「私は知らないって!」

律「まだしらばくれるのかよぉ……怒ったぞ!」グイッ

澪「んぐぅぅっ!」

律「ほら……澪のせいでこんなになってるんだ……早く舐めてくれよ…」

澪「んぐぅぅ…んぐぅ…」

律「痛っ、歯を立てるなって!!」パシィ

澪「いたいぃ……んぐぅぅ……」

律「そう……あっ……ちゃんと舐めろよ…」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:42:31.20 ID:/S1TqOhg0

澪「んんん……グスン」ペロ…ペロ…

律「ふぁ、んっ……おちんちんって……気持ちいいんだな……」ハァハァ

澪「りつぅ……」

律「とめるなよ!ちゃんと舐めろって!」グイッ

澪「ひっ……んぐっ……んっ…」ペロ…ペロ…

律「んんっ……すご……んふぁ…」

澪「……グスンッ……」ペロ…ペロ…



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:45:54.14 ID:/S1TqOhg0

梓「……すごっ……」

梓「律先輩、本当に気持ちよさそうな顔してる…」

梓「澪先輩には悪いけど…元はといえば澪先輩の豹変振りが原因だし…」

梓「それにしても……フェラってなんか……えっちぃ……な」

梓「……」ドキドキ

梓「ゆ、唯先輩……」

梓「今から私がみっつ数えると、先輩は目を覚まします。
  そして、先輩は──…」

───……・・
──…・・・
─…




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 21:57:00.51 ID:/S1TqOhg0

律「もっと舐めろよー…」ハァハァ

澪「な、なめてるから……落ち着いて、りつ…」ペロペロ

律「なんか…奥まで……」グイッ

澪「えっ……んぐぅぅぅっ……!!!」

律「あっ、気持ちいい…!あったかい…」グイッグイッ

澪「んぐぁっ、げほっ……げほっ……」

律「今の気持ちよかった……もっかい…」グイッ

澪「んんんんぅぅぅーー……っ!!」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:00:29.47 ID:/S1TqOhg0

唯「……あずにゃん」

唯「私知ってるんだよ?あずにゃんが私に催眠術掛けてるの」

梓「えっ……」ドキッ

唯「今の私から元の私に戻すときは、ちゃんと記憶消してるけど…
  今、この私にする時、記憶消さなかったでしょ?」

梓「あっ……」ドキドキ

唯「ふふ…そこまでして、私にいじめられたかったんだ……あずにゃん」

梓「あ、あ、……」

唯「可愛い……」ちゅっ

梓「──っ」

唯「いいよ、いじめてあげるから……。自分で、制服脱ごうね?」

梓「ふぁ、ふぁい……」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:08:35.97 ID:/S1TqOhg0

梓「ぬ、ぬぎました……」

唯「あずにゃん可愛いね。でも、下着がまだだよ?」

梓「え、あ……はい…」

唯「いじめてほしいんでしょ?それじゃ、ちゃんと全部脱ごうね」

梓「は、はい……唯先輩…」

唯「ふふ……あずにゃん、顔真っ赤だよ?」

梓「こ……こーふんしてるからです……」

唯「こーふんしてるんだー。どうしてかな?」

梓「ゆ、ゆい先輩が…」

唯「私が……?」

梓「み、見てるから……」

唯「それだけじゃないよねー、あずにゃん……」

梓「う、あ……いじめてくれるって、言ってくれたから、で、す……」

唯「ふふっ…」かぷっ

梓「ひゃぁぅっ!!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:13:04.53 ID:/S1TqOhg0

唯「知ってるよー。あずにゃんは耳も弱いんだよね」

唯「耳に息吹きかけたとき、体中がピクンッてなるんだよね」ふーっ

梓「にゃ、ふぁぁ…」ピクンッ

唯「あずにゃんはやっぱり、ねこみたいだねー……ふふっ」

唯「あずにゃん、『にゃん』って言ってみて?」

梓「あ…う…」

唯「言わないといじめてあげないよ?」

梓「あぁぅ……にゃ、……にゃん…」

唯「もう一回」

梓「にゃん…」

唯「もう一回鳴くと、あずにゃんは本当に猫になっちゃうよ。はいっ」パチンッ

梓「……にゃん」

唯「ふふっ……あーずにゃん!」

梓「にゃん~…」スリスリ



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:16:11.53 ID:/S1TqOhg0

唯「あまえんぼうだなー、あずにゃんは」

唯「あ、あずにゃん猫さんなのにしっぽがないね!」

唯「昨日取り寄せたアレ……あずにゃん持ってるかな?」ガサゴソ

唯「あ、ちゃんと持ってたね。双頭バイブ…」

梓「にゃ、にゃぅ…」

唯「怖がらなくていいよー。あずにゃんに、しっぽを付けてあげるだけだからね!」

唯「ネコさんなんだから、しっぽは欲しいでしょ?」

梓「にゃんっ!」

唯「うん、それじゃ、こっちにお尻向けてごらんー♪」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:19:46.65 ID:/S1TqOhg0

唯「うわー、あずにゃん、もうココびしょびしょだよー?」

梓「にゃっ……にゃぅぅ…」ビクッ

唯「触っただけで、すごく感じちゃうね。それじゃ、しっぽ挿してあげるからねー」

グリ…ヌチュ…

梓「にゃ、にゃぁ、にゃぁぁぁあぁぁ……」ブルブル

唯「……よしっ!奥まで入ったよ、あずにゃん♪」

梓「にゃぅーん♪」フリフリ

唯「そんなに嬉しいんだー!良かったね♪」

唯「ところであずにゃん、ネコさんの性感帯って、どこか知ってる?」

梓「にゃん?」

唯「それはねー……尻尾の付け根なんだよー」

唯「たとえばー……ここらへんかな」グリ

梓「にゃ、にゃあぁぁ……っっ!」ビクンビクン



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:23:44.04 ID:/S1TqOhg0

律「はぁ……はぁ……み、みおぉ…」

澪「んっ……んっ……」チュパッグチュ

律「も、もう我慢出来ないっ……!」ドンッ

澪「きゃぁっ!」

律「い、いれてもいいよな、澪!」

澪「え、り、律……」

律「ほら、澪のここだって!」ガバッ

澪「ば、ば、ば……見るなぁ………」

律「もうこんなにぬるぬるで……興奮してるじゃんかよぉ……」

澪「ばかりつぅ……言わないで…」

律「みおぉ……入れるからな……」

澪「………んっ…」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:27:17.11 ID:/S1TqOhg0

律「うぁっ、ぁぁっ……」グリッ…グチュ

澪「はぁぁっ……んんっっ…」ブルブル

律「やばい……澪の中……あったかいナリ…」

澪「ぷっ…ばかりつぅ……こんなときまで……」

律「へへ……だって澪、震えてたから……」

澪「……律が、怖かったんだもん…」

律「……ごめんな、澪……でも……」グチュ、ズチュッ!!

澪「ぁあああっ!ふぁっ!んんっ!!」

律「すんげー気持ちよくて……もう止められないよぉ……」ズチュ、ズチュッ!!



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:30:54.25 ID:/S1TqOhg0

唯「ほらー、しっぽをグリグリしちゃうよー」グリグリ

梓「にゃぁ、にゃっ、にゃぁぁぁ!」

唯「そんなに嬉しいの、あずにゃん?じゃあ、しっぽフリフリしなくちゃね」ポチッ

ブブブブブブブブ

梓「にゃあああああっっ!!」

唯「あははは!バイブがくねって、しっぽ振ってるみたいだよ!」

梓「にゃああっ!ふにゃぁ!にゃぁぁっ!」

唯「何言ってるのか全然わかんないよ、あずにゃん」

梓「にゃぁっ、にゃぁぁぁぁぁっ、ふにゃぁぁぁぁん!」

唯「えへへ……あずにゃんは変態さんだねー」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:36:36.40 ID:/S1TqOhg0

梓「にゃぁぁっ、にゃぁぁっ!」ブブブ

澪「ぁっ、ぁっっ!ふぁぁっ、んんっ!」ズチュ、ヌチュ

唯「あずにゃん、イキそう?変態ネコさんがしっぽでイクの?」

律「みぉ…ぁぁぁっ…みおぉ……」グチュ、ズチュ

唯「ほら、みっつ数えるよ?数えたらどうなるか分かるよね?」

澪「りつぅ…ぁぁぁぁっ!きもちぃ……もっとぉ…ふぁぁぁぁぁっ!」

梓「にゃぁぁぁっ、にゃぁあぁぁぅっ!!」

律「やばい……みお、イキそう……みおぉ…!」

唯「さん、にぃ、」

梓「にゃあぁぁぁぁっ、ふにゃぅぅっっ!」

澪「りつ、わたしも、だめっ、きちゃうっ、りつっ、ぁぁぁぁああっ!!」

唯「いち」

パチンッ



澪律梓「あっ、ぁぁぁぁぁぁ…ふぁぁぁっぅぅぅっ!」ビクンビクンッッ!!



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:40:21.12 ID:/S1TqOhg0

澪「り……つぅ……」ちゅっ

律「みお……」ぎゅぅっ


唯「はい、あずにゃんもお疲れ様」ポチッ

梓「にゃ、にゃぁ……」

唯「いっぱい可愛い声聞かせてくれてありがとうね♪」ちゅっ



キーンコーンカーンコーン

唯「……あ、おやすみなs…」パタン

律「チャイm……」パタン

───……・・
──…
─…




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:45:47.50 ID:/S1TqOhg0

───…・・・
──…
─…
・・

梓「にゃーん、にゃーん」

唯「すー……すー……」

梓「にゃーん……」

カツッ、カツッ

梓「にゃぁっ……」コソコソ

カツッ、カツッ、カツッ、




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:51:12.89 ID:/S1TqOhg0

憂「……梓ちゃん、出ておいで」

梓「にゃんっ!にゃん~っ!」ダダダッ

憂「はぁ……7時になったら全ての催眠が解ける様に、自己暗示掛けてなかったの?」

梓「にゃうぅ…」

憂「お姉ちゃんは7時には全てを忘れて眠るように掛けたなら、自分のことはちゃんと守らなきゃ」

梓「にゃん…」

憂「梓ちゃんなら、きっとお姉ちゃんをエッチに変えてくれると思ったのに…。
   こんな危なっかしいなら、もう催眠術は使用禁止にしなきゃね…」

梓「にゃ、にゃんっ!」

憂「もう駄目だよ。部員のみんなまで巻き込んで、後処理も出来ないようじゃね…。
  残念だけど、私が教えた催眠のことは、全部忘れてもらうから…」

梓「にゃ、にゃん!にゃぁぁっ!」

憂「律さんも澪さんも紬さんも大丈夫。私がきちんと記憶整理させとくから」

憂「だから梓ちゃんも……全てを忘れて、おやすみなさい……」パチンッ

──……
─…

おわり




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:52:17.92 ID:DxeGrouI0

おつー



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:56:44.27 ID:Fd2pjko60

乙。黒幕は梓と見せかけ憂だったのかw



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:57:03.29 ID:PPS8BeH10

乙!



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 22:59:23.26 ID:Ir6Q/3Zz0



次はトンちゃんも参加させてやってくれ



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 23:06:40.19 ID:vIeAYwX+0

おつ!



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 23:16:20.61 ID:f3Ah8Ptc0


これは抜ける



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 23:39:44.52 ID:CHy/qiAGO

憂ちゃんの活躍待ってる乙



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/10(月) 00:03:09.64 ID:cGNusD12O

おつー






関連記事

ランダム記事(試用版)




律「な・・・ないっ!処女膜がないっ!」
[ 2011/10/01 12:51 ] エロ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6