SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「メルー砂漠の移動湖でライブすることになりました」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「メルー砂漠の移動湖でライブすることになりました」 【クロス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1273669262/

梓「えっ、唯先輩をルドン高原送りに……?」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:01:02.03 ID:lkT5xBn70

律「何いってんだ、いきなり」

唯「実は私達宛に手紙が来たんだよ。
  『移動湖まで来て私のために演奏してください』って」

澪「誰から来たんだ?」

唯「えーっとね、ノエルさんだって」

梓「の、ノエル!?」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:05:40.06 ID:lkT5xBn70

紬「知ってるの? 梓ちゃん」

梓「知ってるも何も、ノエルと言ったら七英雄の一人ですよ。
  しかも七英雄の中で実力がナンバーワンと言われています」

澪「し、七英雄……?」

律「実力ナンバーワンだなんて……
  そんな奴の依頼を無視したら、何をされるか」

澪「考えただけでも恐ろしい……おい、どうすればいいんだ」

梓「いやいや、これはむしろチャンスですよ。
  私たちの方から移動湖に乗り込んで、ノエルを……」

律「そうだな、適当にノエルのご機嫌をとって、さっさと帰ってこよう!!」

澪「ああ」

紬「名案だわ~」

梓(ヘタレ共が……)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:09:09.35 ID:lkT5xBn70

メルー砂漠。

唯「あ……あづい」

梓「そりゃ砂漠ですから」

澪「しかしこの暑さは尋常じゃないぞ」

律「あまりに暑くて体力が半分に減ってる気がする」

梓「気のせいでしょう」

紬「唯ちゃん、移動湖ってどこにあるの?」

唯「さあ」

律「さあ……って、お前、場所分かってないのかよ!?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:17:24.79 ID:lkT5xBn70

唯「うん、手紙に書いてなかったし。
  でもメルー砂漠のどこかにはあるよ~」

律「それがどこなのか分かんなきゃダメだろ!
  まさかメルー砂漠をしらみ潰しに探す気か、
  このクソ暑い中を!」

唯「まあ、そうするしかないかな」

律「はあ? ふざけるなよ、私帰る!」

澪「おい待てよ、
  お前が帰ったら演奏はどうすんだ」

紬「そうよ、ノエルに何をされるか」

律「ぐっ……」

梓「くだらない喧嘩してないでキビキビ探しましょう」

唯「おー」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:25:52.98 ID:lkT5xBn70

紬「……あっ、あれじゃない? ほら」

澪「ん、どれどれ」

紬「ほら、あそこの湖!」

律「お、ほんとだ! よーし、さっさと行こうぜ!」だだだだっ

澪「あ、律、追いてかないでよ~!」だだだっ

紬「待って~」だだっ

唯「あずにゃん、私たちも行こうよ」

梓「私たちは後から行きましょう」

唯「? なんで?」

梓「なんでも」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:31:40.62 ID:lkT5xBn70

律「わーい、みずうみみずうみ」だだだだだ

澪「はあ、はあ、まてよ律う……」

紬「あ、あら……?」

律「あれ……湖が、消えた?」

澪「えっ」

梓「ああ、メルー砂漠ではあちこちで湖の蜃気楼が見えるんです。
  それで湖が移動しているように見えることから移動湖と呼ばれるようになったそうです。
  今のも蜃気楼でしたね」

律「なんだよ、そういうことは早く言えよ……
  無駄に体力消費しちゃったよ」

澪「私も……」

紬「じゃあ、お茶にしましょうか」

梓「お茶って……砂漠のど真ん中で」

律「うるせー、いいだろ疲れたんだから」

澪「ああ、ちょっと休憩しよう」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:37:37.00 ID:lkT5xBn70

紬「さあ、紅茶が入ったわよ」

律「おーサンキュー」

唯「わーい」

梓「あ、澪先輩は飲まない方がいいです」

唯「えっ、なんで?」

梓「なんでも」

紬「はい、澪ちゃんもどうぞ」

澪「ああ、ありがとう……ごくごくブハァッ!」

紬「ど、どうしたの!?」

澪「く、腐ってるぞこの紅茶」

紬「ええっ!?」

梓「そりゃー砂漠に紅茶なんか持ってきたら腐りますよ」

律「うげえー……いっぱい飲んじまった」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:42:52.14 ID:lkT5xBn70

澪「あー、余計HPが減った」

紬「ごめんなさい、私のせいで」

律「おい梓、お前さっきから余裕そうなツラしてるな。
  なんでこんなクソ暑いのに平気なんだよ」

梓「あ、私、水の術使えるんで。
  水舞い超涼しいです」

唯「私も水舞いかけてもらってるんだ~」

律「なに! ずるいぞ、二人だけ!
  私にもかけろ!」

梓「もうJPないんで無理です」

律「なんだと!?」

梓「いいから早く移動湖探しましょうよ。
  このままだと日が暮れますよ」

律「くっ……」

澪「律……後輩にアゴで使われて……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:48:40.07 ID:lkT5xBn70

数時間後。

紬「はあ、はあ、暑いわ」

律「幻に突撃すること20回……」

澪「いったいどこにあるんだ、移動湖ってのは……」

唯「あっ、水舞いが切れちゃった」

梓「もう一度かけてあげますよ」

唯「わーい」

律「あ、ずるいぞお前!!
  JPないって言ってたじゃないか!」

梓「私たち2人分のJPしかない、という意味です」

律「うるせー、いいから私たちにもかけろ!」じゃきん

澪「律、斧はヤバイって」

紬「あっ、あそこに湖が……」

律「どうせ幻だろ! オラ梓、私たちにも水舞いをかけろ!
  かけねーと高速ナブラで脳天カチ割るぞ」

梓「分かりましたよ……じゃああの湖がハズレだったらかけてあげますよ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:52:56.30 ID:lkT5xBn70

律「よし、あの湖に突撃だ!
  ハズレであることを祈りながら!」だだだだっ

澪「本末転倒だな……」

紬「いいかげん本物であって欲しいわ」

律「おらー、幻め、このりっちゃんの目を惑わすことは……
  ………………あれ?」

澪「どうした、律」

律「これ、ホンモノだ。本物だよ!!」

澪「ほ、ほんとか!」

梓「良かったですね」ニヤ

律「くっ……素直に喜べない」

紬「とにかく中に入りましょう」

唯「わーい」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:56:59.27 ID:lkT5xBn70

移動湖。

唯「おー、涼しい~」

紬「ほんとね」

律「おっ、澪、水だ! 水があるぞ!」

澪「おー、さすが湖だ。助かった~」ごくごく

律「助かった~」ごくごく

梓「あ、その湖の水を飲むと……」

澪「美味しいな、この水」ごくごく

律「ああ、超うめえ」ごくごく

梓「移動湖から出たときにLPが1になるんですよ」

澪「ブーッ!!」

律「そういうことは早く言え!
  思いっきり飲んじゃったよ!」

梓「言う前に飲んだじゃないですか」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:00:48.82 ID:lkT5xBn70

澪「LPが1になるなんて……
  もう移動湖から出られないじゃないか」

梓「はい、ですからここの移動湖には
  澪先輩のような人がたくさん居座ってるそうです」

律「こともなげに言うなよ」

唯「ねえねえ、早くノエルさんとこに行こうよ。
  きっと首を長くして待ってくれてるよ」

律「冷静だなお前は」

紬「ノエルさんなら、LPを元に戻す方法を知ってるかもね」

律「ほんとかよ……
  取って食われたりすんじゃないのか、
  相手は七英雄だぞ」

梓「まあそれは会ってみなけりゃ分かんないでしょう」

紬「そうね、じゃあノエルさんのところに行きましょうか」

唯「おーっ」

律「ノンキだなぁ……七英雄と対面するってのに」

澪「LPが……1……」がくがく



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:06:43.95 ID:lkT5xBn70

遺跡内。

ノエル「いらっしゃい、よく来てくださいました。
     大変だったでしょう、砂漠は」

梓「ええ、まあ」

律(あれ? 礼儀正しい……)

澪(七英雄っていうから、
  もっとバケモノみたいなのかと思ってた)

ノエル「このたびはわざわざお呼びして申し訳ありませんでした。
     しかし、帝国一と言われる貴方がたの演奏を
     聴きたくなったもので……」

紬「光栄ですわ」

梓「なぜ突然、我々の演奏を?」

ノエル「実は……貴方がたの曲は、私の思い出の曲なんです。
     その思い出に浸り、過去を精算しようと思いまして」

梓「そうだったんですか」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:11:48.25 ID:lkT5xBn70

ノエル「もちろん報酬はお支払いします。
     50万クラウンでよろしいでしょうか」

梓「はい、充分すぎるくらいです」

唯「わーい、これで大学が建つよ」

律(紳士的だ……
  私たちのLPも、どうにかしてくれたりして)

澪(頼んでみる価値はありそうだ)

律「あのう、すみません……
  実は私たち、湖の水を飲んでしまってLPが……」

ノエル「ああ、それはどうにもなりませんね。
     ではさっそく演奏をお願いします」

唯「はーい」

律(バッサリだー!)

梓「ほら澪先輩、何泣いてるんですか。
  早く用意してください」

澪「ううう……ぅぅ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:18:35.91 ID:lkT5xBn70

唯「じゃあいきます、ノエルさん」

ノエル「はい」

唯「一曲目……私の恋は炎の剣」

じゃーじゃじゃじゃっじゃじゃーんじゃじゃじゃじゃーん

唯「なんでなんだろ♪ 気になる夜♪
  君へのこの思い……」

ノエル「ああ……これは私の一番好きな歌です……
     そして、妹も……」

唯「きらきらひかる願いごとも
  ぐちゃぐちゃへたる悩みごとも~
  全部プロミネンス斬で~
  焼いちゃおう~♪」

ノエル「……妹……ああ……」

――

――――

――――――



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:28:32.44 ID:lkT5xBn70

ジャーン

唯「……以上です!」

ノエル「ああ、ありがとうございました……
     とても素晴らしい演奏でした」ぐすっ

梓「泣いてるんですか」

ノエル「はい、過去を思い出してしまって……
     でも大丈夫です、すべて精算できました。
     もう過ぎてしまったことはひきずらず、
     未来を見据えて生きていこうと思っています」

梓「そうですか」

唯「そういえば妹とか言ってましたけど、
  思い出したことってそれですか?」

紬「唯ちゃん、そういうこと聞いちゃダメよ」

ノエル「いえ、構いませんよ。
     彼女は、聡明で美しく、
     とても素晴らしい妹でした……
     名前はサワコーンと言いました」

梓「サワコーン……!?」

澪「LP……LP……」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:37:01.61 ID:lkT5xBn70

ノエル「はい。サワコーンは男遊びが激しかったのが
     唯一の欠点でしたが……それでも私にとっては大事な妹でした。
     しかしある時……サワコーンは、殺されてしまったのです」

梓「……」

ノエル「私はサワコーンの仇を討ちたい、
     サワコーンを殺した相手を許さない……
     ずっとそればかりを考えていました」

澪「LP……」

ノエル「ですがある時、同じ七英雄のノードカに言われたのです。
     『過去を引きずっていてはダメだ、
      それではサワコーンも浮かばれない』……とね。
     私はハッとしましたよ……
     それで、思い出を精算することに決めたんです」

梓「……」

ノエル「今日は本当にありがとうございました。
     あなたがたのおかげで、前を向いて生きることが出来そうです。
     サワコーンもきっと喜んでくれるでしょう」

梓「は、はは……そりゃどうも……」

澪「……LP……」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:46:49.12 ID:lkT5xBn70

梓「じゃあそろそろ帰りましょうか、ね」

律「……あれ?
  サワコーンって、唯と梓が倒した七英雄じゃなかった?」

梓「オラァ!」ボカッ

律「ぐぇあ」

ノエル「……唯さんと梓さんが……サワコーンを……?
     今のはどういうことです?」

梓「ああああいえ、なんでもないんですよ、なんでも……」

律「なんでもなくないだろ、
  唯と梓がルドン高原に行ったとき、
  七英雄のサワコーンを倒したって言ってたじゃないか」

梓「黙ってろ!」ボカッ

律「ぐぶは」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:52:44.61 ID:lkT5xBn70

ノエル「…………」じーっ

梓「は……ははは」

ノエル「サワコーンを殺したのは貴方がたなのですか?
     どうなんですか、唯さん」

唯「そうですよ」

梓「なんで言っちゃうんですかっ!」

律「なんで唯は殴らないんですかっ」

唯「えっ、いいじゃん。
  このノエルさんのこともスキを見てブッ殺すつもりだったんでしょ?」

梓「そりゃ最初はそのつもりでしたけど」

ノエル「ほう……そうですか」

梓「やば」

ノエル「妹の仇……
     殺らせていただきます!」じゃきん



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:56:57.74 ID:lkT5xBn70

律「おい梓、やばいんじゃないのか!」

梓「はい、超やばいですね」

澪「ひいいいいい!」

律「こ、こんなところにいられるか!
  私はひとりで帰るっ!!」だだだだっ

梓「あっ、逃げた!」

ノエル「あのデコはどうでもいい……
     私の敵は、唯と梓……貴方がただ」

梓「くっ……」

唯「あれ、私も狙われてんの?」

梓「ノンキすぎますよ流石に」

澪「パリイパリイパリイパリイパリイパリイ」

紬「頑張って~」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:03:01.12 ID:6PHmt0jJ0

ノエル「水鳥剣!」ずばぁっ

唯「いてっ」

梓「ふっ、そんなの効きませんよ」

ノエル「な、何故……!?
     もっとダメージを受けていいはずですが……」

唯「そっか、さっきの水舞いのおかげだね」

梓「はい」

ノエル「小癪な……」

梓「あなたも妹さんと同じ攻撃で葬ってあげますよ……
  いきますよ、唯先輩!」

唯「はいな! 流し斬り!」

ノエル「ふっ……
     そんなくだらない技が
     当たるとでも思っているのですか」

澪「パリイパリイパリイパリイパリイパリイ」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:07:14.94 ID:6PHmt0jJ0

梓「クイックターイム!」

唯「ぎゅーん」

ノエル「なっ……スピードが上がった?
     とらえきれない……」

唯「ひゅんひゅんひゅん」

ノエル「くっ……!」

唯「くらえー!」どぅぶぉぁっ

ノエル「ぐあああっ……
     七英雄最強と言われたこの私が、
     こんな娘たちに負けてしまうとは……
     不覚……
     サワコーン…………!!」


――

――――

――――――



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:09:50.71 ID:6PHmt0jJ0

澪「パリイパリイパリイパリイパリイパリイ」

梓「いつまでやってんですか。
  もう終わりましたよ」

澪「あ、そ、そうなのか……?
  すまないな、2人だけで戦わせて」

梓「いえ……この戦いは、
  私たちが引き起こしたようなものですから」

唯「お腹すいちゃった。早く帰ろ~」

梓「そうですね」

紬「お食事も持ってくればよかったわね」

梓「どうせ砂漠の熱気で傷みますよ」

澪「あっ……
  そういえばLP、どうしよ」

梓「あー……」

唯「大丈夫だよ、なるべく死なないようにすれば」

梓「そういう問題ですか」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:20:50.02 ID:6PHmt0jJ0

砂漠。

梓「もうすっかり夜ですね」

澪「あ、私のLP減ったよ! 今1に減ったよ!」

梓「ヤケクソにならないでください」

紬「そういえば、りっちゃんもLP1のはずよね」

唯「りっちゃんどこ行っちゃったんだろ」

梓「ほんとですね……あ、あれ!」

梓が指さした先には律が倒れていた。
一人で砂漠に飛び出したところをモンスターに襲われたのだろう。
そしてLPが1しかなかった律は、戦闘不能になったまま
もう二度と起き上がることはなかったのだ。

澪「り……律」

唯「りっちゃん……」

律を失ったことで仲間の大切さを再認識した唯たち。
彼女たちはノエルのようにこの喪失を乗り越えられるのか。
ケイオン帝国の、そして人々の未来の為に
彼女たちの戦いは続く!

     お         わ         り



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:21:40.44 ID:6PHmt0jJ0

これでおしまい

ロマサガ2のラスボスを倒した勢いで書いた
サワコーン編↓
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272199822/




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「メルー砂漠の移動湖でライブすることになりました」
[ 2011/10/01 13:04 ] クロス | ロマンシング サ・ガ2 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6